豊富なデータ出力先

pc-03 first visual

Databeatが自動で収集・蓄積した広告データは、さまざまなフォーマットで出力が可能です。

Looker Studio(旧Googleデータポータル)はもちろん、BIツールなどへ出力してマーケティングに必要な広告以外のデータとの統合・分析も容易に実施できます。

広告データをどのような形式で利用しますか?

pc-03 広告データをどのような形式で利用しますか? image

Databeatは、さまざまな形式で
データ出力が可能

ガートナー社のマジック・クアドラントで10年連続「リーダー」の評価を獲得した「Tableau」や、Googleが提供する無料BIツール「Looker Studio(旧Googleデータポータル)」へデータを出力してレポート作成が可能。

また、ExcelやGoogleスプレッドシートへのデータ出力にも対応しており、柔軟なデータ活用を実現します。

pc-03 Databeatは、さまざまな形式でデータ出力が可能 image
Merit 1

Looker Studioと連携して
自動レポート化

Databeatが収集したデータをLooker Studio(旧Googleデータポータル)へ連携すれば、自動でレポート作成が可能です。豊富なレポートテンプレートをご利用いただけるため、さまざまな角度での分析に活用できます。

merit 1 image
Merit 2

BIツールと連携して
マーケティングデータを
統合して分析

Databeatが収集したデータとそのほかのマーケティングに必要なデータをBIツールで連携・統合すれば、より精度の高い検証や分析が可能になります。

merit 2 image
Merit 3

ExcelやGoogleスプレッドシートへ
出力して進捗を管理

Databeatは、データをExcelやGoogleスプレッドシートへ出力することも可能です。顧客向けレポートをExcelで作成したい場合や、全顧客の広告データの進捗管理のためGoogleスプレッドシートにデータを出力したいという方にもご利用いただけます。

merit 3 image

「37の広告サービス」と連携できる、広告レポート自動化ツール

広告レポートの自動化ならDatabeat