YouTubeマーケティング支援会社おすすめ9選|メリット、料金体系や上手な選び方も解説

YouTubeマーケティング支援会社おすすめ9選|メリット、料金体系や上手な選び方も解説

YouTubeは日本国内で6,500万人、世界では20億人以上のアクティブユーザー数を誇る、巨大な市場です。若者のテレビ離れが進む一方、YouTubeをはじめとする動画コンテンツを視聴するユーザーは年々増加しています。

こうした影響から、YouTubeを利用したマーケティングも活発に利用されるようになりました。そこで今回こちらの記事では、おおすすめのYouTubeマーケティング支援会社を紹介します。支援会社を利用するメリットや料金体系、支援会社を上手に選ぶ方法も併せて解説します。

目次

はじめに押さえておきたい「YouTubeマーケティング」の基礎知識

まずはYouTubeマーケティングとはどのようなものなのか、主な種類、そしてメリットなどYouTubeマーケティングの基礎知識から見ていきましょう。

​​YouTubeマーケティングとは?

​​YouTubeマーケティングとは

引用元:動画幹事

YouTubeマーケティングとは、チャンネル運用やYouTube広告など、YouTubeを活用したマーケティングです。YouTubeという市場を利用すれば、自社商品の認知を獲得したり、興味や関心を持ってもらったり、購入や申込みを得ることが可能です。

目的によって種類は異なりますが、種類に関する詳細はのちほど解説します。

YouTubeマーケティングが注目されている背景

近年YouTubeマーケティングが注目されている背景には、ユーザーの急激な増加があります。現在のYouTubeは多くのYouTuberが活躍しており、さらに芸能人や企業なども積極的に参加しています。

そのため視聴するユーザー層も非常に幅広くなっており、YouTube動画が世間に与える影響力も大きくなってきました。従来マーケティングと言えばテレビCMが大きな影響力を持っており、現在もその効果は顕在です。

しかしテレビCMは放映するために多くの時間と費用がかかる一方、YouTubeマーケティングは低コストでしかもスピーディーに実施できることから、多くの企業が興味を持ち、参入してきているのです。

YouTubeマーケティングの主な種類

YouTubeマーケティングの主な種類は3つあります。

YouTubeマーケティングの種類 概要 こんな方におすすめ
YouTubeチャンネルの運用 自社または商品公式チャンネルで動画を配信 アップセルやリピーターを獲得したい方
YouTube広告の運用 自社商品の広告をYouTube上で配信 費用対効果の高いマーケティングを実施したい方
YouTuberの活用 YouTuberの影響力で自社商品を紹介 商品の認知拡大を目的とする方

YouTubeマーケティングには上記のように3つの方法があります。どれも動画を利用する点は共通していますが、得られる効果に違いがあります。そのため、どのような目的や効果を求めてYouTubeマーケティングを実施するかによって、使い分けることが重要です。

※参考:YouTube広告について詳しく解説した記事はこちら
関連記事

YouTube広告はさまざまな使い方ができるため、これから運用を開始される方も多いでしょう。動画コンテンツが主流となりつつあるため、今後さらにYouTube広告を含めた動画広告の需要も高まっていくことが想定されます。 ただ、YouTu[…]

YouTube広告出稿入門完全ガイド!種類、費用などの特徴から掲載のやり方までわかりやすく解説

YouTubeマーケティングを行う3つのメリット

YouTubeマーケティングを行うメリットを3つ紹介します。

  1. 低コストで実施できる
  2. 多くのユーザーにリーチできる
  3. 潜在顧客にリーチできる

 メリット1:低コストで実施できる

低コストで実施できるメリットがあります。YouTubeチャンネルの運用では、動画の制作などにコストはかかるものの、別途出稿費用のかかる動画広告などと比べると費用を抑えて運用できます。

また、YouTubeチャンネルにアップロードした動画は削除しない限り残りますので、長期的な効果も期待できます。

 メリット2:多くのユーザーにリーチできる

多くのユーザーにリーチできるメリットもあります。YouTubeの月間アクティブユーザー数は6,500万人以上と非常に多く、しかも年齢層も幅広いのであらゆる商品の顧客層にリーチできます。

YouTube広告を利用すれば、自社商品のターゲット層にマッチするユーザーへピンポイントで訴求できるといった点も、YouTubeマーケティングならではのメリットと言えます。

 メリット3:潜在顧客にリーチできる

潜在顧客にもリーチができます。YouTube広告やYouTuberを起用したマーケティングを行えば、自社商品を知らないユーザーにも効果的にアプローチできます。

そうして認知を広げたり、コンバージョンを獲得できるのが、YouTubeマーケティングの強みと言えます。

 

YouTubeマーケティング支援会社の基礎知識

YouTubeマーケティング支援会社の基礎知識

YouTubeマーケティングは、自社で実施する以外に支援会社を利用する方法があります。そこで、まずはYouTubeマーケティング支援会社とはどのようなものなのか、基本的な情報を整理して紹介します。

YouTubeマーケティング支援会社とは?

YouTubeマーケティング支援会社とは、自社に代わってYouTubeマーケティングを実施する会社を指します。YouTubeマーケティングの需要が年々増加してきていることで、このような支援会社も非常に多くなってきています。

YouTubeマーケティング支援会社の主な分類

YouTubeマーケティング支援会社は、主に3つに分類されます。

 1.YouTubeチャンネルを使ったマーケティングに強みを持つ支援会社

一つ目はYouTubeチャンネルを使ったマーケティングに強みを持つ支援会社です。自社や商品ブランドの公式チャンネルを開設し、さまざまな情報を発信するサポートを行います。

 2.YouTube広告に強みを持つ支援会社

二つ目はYouTube広告に強みを持つ支援会社です。いわゆる広告代理店と言われるもので、YouTube上に配信する広告の制作や運用を行います。

 3.動画制作に強みを持つ支援会社

三つ目は動画制作に強みを持つ支援会社です。YouTubeチャンネルの運用やYouTube広告の運用では、動画制作の工程が発生します。この動画制作を専門に扱う支援会社となります。

 

YouTubeマーケティングを支援会社にお願いする5つのメリット

YouTubeマーケティングを支援会社にお願いする5つのメリット

YouTubeマーケティングを支援会社に依頼するメリットを5つ紹介します。以下の内容を参考に、支援会社を利用するかどうか検討してみましょう。

  1. 自社リソースを必要としない
  2. スピーディーに施策を実施できる
  3. ノウハウを利用できる
  4. クオリティの高い動画が利用できる
  5. PDCAも任せられる

メリット1:自社リソースを必要としない

YouTubeマーケティングを支援会社に依頼すると、自社のリソースを使わずにマーケティングを進めることが可能になります。自社でYouTubeマーケティングを実施する場合、企画や戦略の立案から実務まで対応しなければならず、多くのリソースを必要とします。

しかし支援会社へ依頼すれば、ほとんどの作業を担ってもらえるため、実質リソース負担ゼロでYouTubeマーケティングを実施できます。リソースに余裕がない企業にとっては、非常に大きなメリットとなるでしょう。

メリット2:スピーディーに施策を実施できる

支援会社なら、スピーディーに施策を実施できるのもメリットのひとつです。はじめてYouTubeマーケティングを行うとなると、すべて手探りで進めていくこととなり、施策を実施するまでに多くの時間が必要になります。

一方、支援会社なら多数のYouTubeマーケティング実績があるので、自社で行いたい施策をスムーズに実施することが可能です。

メリット3:ノウハウを利用できる

支援会社が持つYouTubeマーケティングのノウハウを利用できるメリットもあります。すでにYouTubeマーケティングは多くの企業が参入しているので、初心者が参入して簡単に成果を得られる環境ではありません。

その点支援会社は多くのYouTubeマーケティングを実施した経験、そしてそれにもとづくノウハウを蓄積していますので、効果的な施策を実施することが可能です。

メリット4:クオリティの高い動画が利用できる

YouTubeマーケティングにおいてもっとも重要な動画のクオリティが高いという点も、支援会社を利用するメリットです。YouTubeチャンネルの運用、YouTube広告の運用などいずれの施策も質の高い動画が制作できなければ成り立ちません。

支援会社ではYouTubeマーケティングに必要な動画の制作体制も整っているので、クオリティの高い動画を利用したマーケティングを実施できます。

メリット5:PDCAも任せられる

支援会社はYouTubeマーケティングを実施して終わりではなく、PDCAまでしっかりと任せることが可能です。実施した結果を分析し、改善点を洗い出して新たな施策に反映することで、より効果的なYouTubeマーケティングを実施できるようになります。

 

YouTubeマーケティングを支援会社にお願いする3つのデメリット

YouTubeマーケティングを支援会社にお願いする3つのデメリット

YouTubeマーケティングを支援会社に依頼するメリットを紹介しましたが、デメリットについても必ず把握した上で、利用するべきか判断しましょう。

  1. 追加コストがかかる
  2. ノウハウが貯まらない
  3. 成果が保証されない

デメリット1:追加コストがかかる

YouTubeマーケティングを支援会社に依頼すると、別途手数料のコストが発生します。自社で実施すれば発生しない追加コストが負担となるケースも考えられます。

 デメリットの対応策

支援会社を利用することで新たなコストが発生します。しかし、YouTubeマーケティングを実施するためのリソースを割かずに済みます。また、支援会社が持つノウハウを利用することで、短期間で成果を得られるメリットもあります。

一方自社でYouTubeマーケティングを実施した場合、人件費や成果が得られるまでにかかるコストなどもあるため、ある程度コストをかけても支援会社を利用した方が結果としてプラスになるケースもあります。

デメリット2:ノウハウが貯まりにくい

支援会社を利用すると、自社にノウハウが貯まりにくいというデメリットがあります。基本的に支援会社は、YouTubeマーケティング全般を自社に代わって実施するため、その具体的な手法などを細かく説明されることがないのです。

 デメリットの対応策

支援会社を利用しつつ自社にノウハウを蓄積するためには、定期的にミーティングを開催して情報共有を行います。どのような戦略で、どのような施策を実施して、どんな結果が得られたのかなど細かく共有してもらえば、社内にノウハウとして徐々に蓄積していくことが可能です。

デメリット3:成果が保証されない

YouTubeマーケティングを支援会社に依頼しても、成果が保証されるわけではありません。コストをかけて支援会社に依頼したのに、期待していたような成果が出ないといったケースも十分考えられます。

 デメリットの対応策

支援会社を利用して高い成果を得るためには、実績のある会社へ依頼することが大切です。過去にどんな企業や業種でYouTubeマーケティングを行い、どのような成果が得られたのかなど、依頼する前に必ず確認して、信頼できる支援会社を選択しましょう。

 

YouTubeマーケティング支援の料金相場とサービス範囲

YouTubeマーケティング支援の料金相場とサービス範囲

YouTubeマーケティング支援の料金相場とサービス範囲を見ていきましょう。支援会社を利用するにあたり、どの程度の費用が必要となるのか、どこまで対応してもらえるのかを理解すれば、支援会社の利用がより具体的にイメージできるようになります。

YouTubeマーケティング支援の料金体系

YouTubeマーケティング支援の料金体系は、実施する内容ごとに異なります。YouTubeチャンネルの運用代行であれば動画制作費用、さらに運用代行費用がかかります。

YouTube広告の運用代行は、一般的なWEB広告の運用代行と同じく使った広告費の数%が手数料となります。そして動画制作については、動画の編集や企画などにそれぞれ費用が発生する仕組みとなります。

YouTubeマーケティング支援の料金相場とサービス範囲まとめ表

料金帯 サービス対応範囲 こんな方におすすめ
月10万円 ・簡単な動画の制作(または編集のみ)
・小規模な広告運用
低予算でYouTubeマーケティングをはじめてみたい方
月20~30万円 ・企画や構成も含めた動画の制作
・本格的な広告運用
本格的なYouTubeマーケティングを実施したい方
月50万円以上 ・企画や構成、分析、コンサルティングを含めた動画制作とチャンネル運用
・本格的な広告運用
本格的なYouTubeマーケティングをすべて支援会社に任せたい方

YouTubeマーケティング支援の料金は、求めるクオリティやどこまで支援会社に任せるかによって変わります。費用を抑えたい場合は、尺の短い動画の制作や少額予算での広告運用が可能です。

月20~30万円程度かければ、制作する動画の企画や構成を依頼できたり、本格的なYouTube広告の運用も実施可能となります。さらに月50万円以上の費用があれば、YouTubeチャンネル運用のコンサルティングや、大きな成果を狙った広告運用も実施できるようになります。

 

YouTubeマーケティング支援会社を上手に選ぶ5つのチェックポイント

YouTubeマーケティング支援会社を上手に選ぶ5つのチェックポイント

YouTubeマーケティング支援会社は多数ありますので、選び方も重要となります。ここでは、支援会社を上手に選ぶためのチェックポイントについて紹介します。

  1. コストが予算内に収まるか
  2. YouTubeマーケティングにおける実績があるか
  3. 自社と同じ業種を取り扱った経験があるか
  4. 何を得意としているか
  5. 動画制作実績

POINT1.コストが予算内に収まるか

支援会社へ依頼する際は、コストが予算内に収まるかチェックしましょう。費用は支援会社によってまちまちです。依頼する内容によっても異なってくるため、大幅に予算をオーバーするようであれば、別の会社への依頼を検討したり、業務の一部を自社で補うなどの対応が必要になります。

POINT2.YouTubeマーケティングにおける実績があるか

YouTubeマーケティングにおける実績がある支援会社を選択しましょう。支援会社の実績は、ホームページなどで確認できます。確認できない場合は、直接問い合わせるなどして信頼できる実績のある会社を選定します。

POINT3.自社と同じ業種を取り扱った経験があるか

自社と同じ業種で、YouTubeマーケティングを実施した経験があるかどうかも重要なポイントです。まったく知見のない業種だった場合、業界やユーザーの傾向などを理解するまでに時間がかかってしまい、YouTubeマーケティングの成果がスムーズに得られない可能性があります。

POINT4.何を得意としているか

支援会社が、YouTubeマーケティングにおいて何を得意としているかを確認してから依頼しましょう。支援会社にはYouTubeチャンネル運用を得意としている会社、YouTube広告運用を得意としている会社など、得意分野が異なるケースがあります。

まずは自社でどのようなマーケティングを実施したいのかを決めて、マッチする支援会社を選定する必要があります。

POINT5.動画制作実績

動画制作を伴う支援を依頼する場合には、過去の動画制作実績を必ず確認しましょう。動画のクオリティはもちろんですが、制作会社によって動画の雰囲気や作り方にも違いがあります。

事前に制作実績をチェックしておけば、どんな動画ができあがるのかイメージできます。

 

YouTubeチャンネルを使ったマーケティング支援に強みをもつおすすめ企業3選

YouTubeチャンネルを使ったマーケティング支援に強みを持つ、おすすめの支援会社を3社紹介します。

株式会社suneight

株式会社suneight

引用元:株式会社suneight

こんな方におすすめ!

  • YouTubeチャンネル運用全般を支援会社に任せたい方

 株式会社suneightの強み

株式会社suneightは、YouTubeマーケティングに特化した会社です。企業の公式YouTubeアカウントの運用や管理をはじめ、YouTubeチャンネルを通じて潜在顧客へリーチし、新たな顧客を開拓することが可能です。

YouTubeチャンネルで利用する動画の撮影から編集、運用サポートまでを一貫して対応します。

株式会社suneightの概要

・会社名:株式会社suneight
・本社所在地:東京都新宿区西新宿7-20-1 住友不動産西新宿ビル32階
・URL:https://suneight.co.jp/

株式会社VIDWEB

株式会社VIDWEB

引用元:株式会社VIDWEB

こんな方におすすめ!

  • BtoB向けにYouTubeマーケティングを実施したい方

 株式会社VIDWEBの強み

株式会社VIDWEBは、4,000本以上の動画制作実績を持つ会社です。会社紹介や商品紹介、アニメーション、ロケを伴う撮影など幅広く対応しています。YouTubeチャンネル運用代行については、以下の3つのプランが用意されています。

プラン 動画本数 料金
1ヶ月プラン 4本 50万円~/初期費用無料
3ヶ月プラン 12本 150万円~/初期費用10万円
6ヶ月プラン 24本 300万円~/初期費用10万円

3ヶ月プランまたは6ヶ月プランにすると、動画制作だけでなくコンセプト設計からキーワードリサーチなども行います。また、株式会社VIDWEBはBtoB向けの動画制作に強いため、企業向け商品やサービスを取り扱う際にもおすすめです。

株式会社VIDWEBの概要

・会社名:株式会社VIDWEB
・本社所在地:東京都港区新橋1丁目18番21号 第一日比谷ビル5F
・URL:https://vidweb.co.jp/

モバーシャル株式会社

モバーシャル株式会社

引用元:モバーシャル株式会社

こんな方におすすめ!

  • YouTubeチャンネル運用のサポートをしてほしい方

 モバーシャル株式会社の強み

モバーシャル株式会社は、YouTubeチャンネル運用のサポートをメインに行う会社です。基本的には自社でチャンネル運用を行いますが、煩雑な作業のみアウトソースできます。

また、動画検索における上位表示を目指すための最適化、いわゆるVSEOを行ったり、マニュアルの制作を依頼することも可能です。

モバーシャル株式会社の概要

・会社名:モバーシャル株式会社
・本社所在地:東京都渋谷区恵比寿南2-23-17 MOBERCIAL BLDG.
・URL:https://www.mobercial.com/

 

YouTube広告運用に強みを持つおすすめ代理店3選

自社商品やサービスを効率良く広めたい、販売したいといった際におすすめのYouTube広告運用に強みを持つ、おすすめの代理店を3社紹介します。

デジマール株式会社

デジマール株式会社

引用元:デジマール株式会社

こんな方におすすめ!

  • YouTube広告運用の内製化も考えている方

 デジマール株式会社の強み

デジマール株式会社ではさまざまなWEB広告の運用代行を行っており、Google広告とYahoo!広告においては正規代理店として認定されています。そのため、YouTube広告運用についてもノウハウを活かした高いパフォーマンスが期待できます。

すでに代理店の運用代行を利用している場合は、乗り換え相談も可能です。さらに、将来的にYouTube広告運用をインハウス化したいという方向けに、インハウス支援も行っています。

デジマール株式会社の概要

・会社名:デジマール株式会社
・本社所在地:東京都品川区北品川5-5-15 大崎ブライトコア4F
・URL:https://digimarl.com/

株式会社アクシス

株式会社アクシス

引用元:株式会社アクシス

こんな方におすすめ!

  • 広告戦略からPDCAまで一貫して依頼したい方

 株式会社アクシスの強み

株式会社アクシスは、リスティング広告・SNS広告の運用代行や、WEB集客コンサルティングを行っている代理店です。多数のWEB広告運用によるノウハウを活用して、YouTube広告の運用を代行します。

広告運用を代行するにあたっては、広告主のビジネス内容の把握、市場調査を実施した上で広告戦略を立案し、効果的なキーワード・ターゲット選定を行います。

単なる外注先としてではなく、専任の担当者として運用前から改善まで一貫して対応するのが、株式会社アクシスの強みです。

株式会社アクシスの概要

・会社名:株式会社アクシス
・本社所在地:岐阜県岐阜市金宝町1-3 第一生命ビル 2F
・URL:https://www.axis-corp.com/

デジタルアスリート株式会社

デジタルアスリート株式会社

引用元:デジタルアスリート株式会社

こんな方におすすめ!

  • YouTube広告と他の広告媒体を掛け合わせたマーケティングを実施したい方

 デジタルアスリート株式会社の強み

デジタルアスリート株式会社は、もともと株式会社リスティングプラスという社名で事業を行っていましたが、2022年1月6日に社名変更を行いました。

事業内容は以前と変わらず広告の運用代行、マーケティング支援、WEB制作などを行っています。デジタルアスリート株式会社はこれまで1,000社以上の広告運用を経験してきており、キーワード選定やターゲティングに関するノウハウを蓄積しています。

YouTube広告については動画クリエイティブの制作も併せて対応可能です。さらに、YouTube広告とその他の広告媒体を組合わせることで、相乗効果を生み出すことに強みを持っています。

デジタルアスリート株式会社の概要

・会社名:デジタルアスリート株式会社
・本社所在地:東京都新宿区西新宿6-24-1西新宿三井ビルディング4階
・URL:https://ppc-master.jp/

※参考:YouTube広告運用代行におすすめの広告代理店について詳しく解説した記事はこちら
関連記事

Youtube広告は、動画需要が高まっている中で非常に注目されている広告です。このYoutube広告を利用してwebマーケティングを行いたい、あるいはすでに実施している企業も多くなっています。Youtube広告の運用には広告製作や運用管理の[…]

Youtube広告運用代行おすすめ広告代理店7選と上手な選び方

 

動画制作に強みを持つおすすめ制作会社3選

YouTubeマーケティングにおいてもっとも重要と言える「動画制作」に強みを持つ、おすすめの制作会社を3社紹介します。YouTubeチャンネルの運用やYouTube広告の運用を行う際、クオリティの高い動画を利用したい場合、動画制作のみ制作会社へ依頼するという方法もあります。

参考:動画制作の料金体系や費用相場は?

制作会社へ動画制作を依頼したい場合の料金体系は、動画一本ごとに価格が決まっています。費用相場は依頼する会社にもよりますが、動画の長さや求めるクオリティで変動します。

尺の長い動画の方が価格は高くなり、そのほかロケを伴う動画、アニメーション、CGの利用などによって、さらに高くなる場合があります。

ただ、制作会社は依頼主の予算に合せてプランを提案してくれるため、動画制作の予算を伝えた上で、見積もりを依頼するのがおすすめです。

参考:動画制作を制作会社に依頼するメリット

動画制作を制作会社に依頼するメリットは、クオリティの高い動画を短期間で制作できる点にあります。最近はYouTube広告運用を代行している代理店などでも、広告で使用する動画を制作できるケースが多くなっています。

しかし制作会社は、もともと動画制作が本業であるため、非常に質の高い動画を制作できます。また、制作体制も整っているので、依頼から納品までスピーディーであると言う点も特徴のひとつです。

株式会社LOCUS

株式会社LOCUS

引用元:株式会社LOCUS

こんな方におすすめ!

  • 費用を抑えつつ質の高い動画を制作したい方

 株式会社LOCUSの強み

株式会社LOCUSは、動画制作や動画制作のコンサルティングを行っている制作会社です。ホームページでは、これまでの制作実績が多数掲載されています。

年間1,000本以上の動画制作を600名体制のクリエイターが実施しているので、希望に沿った内容の動画を、クオリティ高く制作できます。VRやドローン撮影などさまざまな撮影方法にも対応しています。

株式会社LOCUSの概要

・会社名:株式会社LOCUS
・本社所在地:東京都渋谷区道玄坂2-10-7 新大宗ビル2号館15階
・URL:https://www.locus-inc.co.jp/

Crevo株式会社

Crevo株式会社

引用元:Crevo株式会社

こんな方におすすめ!

  • 大手企業の動画制作実績がある制作会社へ依頼したい方

 Crevo株式会社の強み

Crevo株式会社は、これまでに2,000社以上4,000件の制作実績を持つ制作会社です。大手ファストフードチェーンや保険会社、通信会社などでの動画制作実績もあります。

サービスや商品の紹介動画、インタビュー動画などをはじめ、さまざまな形式の動画を高いクオリティで制作できます。費用も50万円以下から相談できるので、予算に合わせた依頼が可能です。

Crevo株式会社の概要

・会社名:Crevo株式会社
・本社所在地:東京都目黒区中目黒2-10-15 フロンティア中目黒3F
・URL:https://crevo.jp/

株式会社プルークス

株式会社プルークス

引用元:株式会社プルークス

こんな方におすすめ!

  • どのような動画を制作するべきかわからない方

 株式会社プルークスの強み

株式会社プルークスは、動画の制作を行っている「動画マーケティング会社」です。クオリティの高い動画を制作することはもちろんですが、単に動画を制作するだけではなく、マーケティングの視点も持っているのが強みです。

制作会社へ動画の制作を依頼したいけど、具体的にどんな動画を依頼すればよいかわからないといったシーンでは、株式会社プルークスが効果の出る動画を提案してくれます。予算もエントリープランなら50万円以下から依頼可能ですが、さらにクオリティを求める場合は、予算に応じた制作プランが利用できます。

株式会社プルークスの概要

・会社名:株式会社プルークス
・本社所在地:東京都中央区日本橋大伝馬町14-17大伝馬町千歳ビル4階
・URL:https://proox.co.jp/

※参考:動画制作にも強みを持つおすすめ広告代理店について詳しく解説した記事はこちら
関連記事

Web広告の運用を行う際、画像やテキストに加えて「動画」を活用することで視覚効果の高い広告運用が可能になります。広告代理店の中には、広告用の動画制作に強みを持っている代理店も多いです。 本記事では動画制作にも強みをもつおすすめ広告代理[…]

動画制作にも強みを持つおすすめ広告代理店7選と上手な選び方

 

YouTube広告の効果検証におすすめの広告レポート自動化ツール

YouTube広告の効果検証におすすめの広告レポート自動化ツールを紹介します。自社でYouTube広告の運用を検討している場合は、このあと紹介するツールの導入もご検討ください。

Databeat Explore

Databeat-Explore

Databeat Exploreは、YouTube広告運用における効果検証に活用できるツールです。YouTube広告の効果を最大限発揮するためには、効果検証を伴うPDCAが欠かせません。

Databeat Exploreなら、YouTube広告の効果検証に必要なデータを自動的に集約することが可能です。

YouTube広告運用における「Databeat Explore」の3つの活用ポイント

YouTube広告運用におけるDatabeat Exploreの活用ポイントを紹介します。

  1. YouTube広告運用データを自動的に集約
  2. 最新の運用レポートがいつでも利用できる
  3. 他の広告媒体のデータも活用できる

 YouTube広告運用データを自動的に集約

Databeat Exploreは、YouTube広告の運用データを自動的に集約することが可能です。APIによって連携してしまえば、Databeat Exploreが運用データを自動で集計・更新します。

そのため、YouTubeアナリティクスを開かなくても、過去のデータから最新のデータまで、すべてをDatabeat Exploreひとつで管理できるようになります。

 最新の運用レポートがいつでも利用できる

Databeat Exploreには、広告レポートを自動で作成する機能があります。自動で集約した運用データをもとに、わかりやすいテンプレートを用いて広告レポートを自動で作成できるため、レポート作成作業に必要なリソースを削減可能です。

 他の広告媒体のデータも活用できる

Databeat ExploreはYouTube広告専用のツールではなく、WEB広告全般に活用できるツールです。YouTube広告以外にGoogle広告やYahoo!広告など、いくつかの広告媒体を利用しているシーンでは、すべての媒体の運用データをDatabeat Exploreが集約し、レポート作成まで行えます。

媒体同士の効果を比較検証することもできるので、費用対効果を重視した広告費の分配を行いたい方にもおすすめです。

まとめ

YouTubeは、現在もっとも注目されている市場のひとつです。テキストやバナーを中心としたこれまでの広告とは違い、動画を活用することでより多くの情報をユーザーに提供できます。

また、手法もひとつではないので、自社商品の特徴やターゲットの性質に合わせたマーケティングを実施できるメリットがあります。しかし実際にYouTubeマーケティングを行うとなれば、動画制作やチャンネル運用、広告運用などのリソースとノウハウが必要になります。

ゼロからYouTubeマーケティングを始める場合には、これらの体制を整えるだけでも多くのコストと労力がかかりますので、支援会社を利用するといった方法も検討してみましょう。

YouTubeマーケティングの支援会社を利用すると、手数料などの追加コストが発生しますが、その分短期間で質の高いマーケティングを実施できるようになります。

なお、自社でYouTube広告の運用を行う際は、最後に紹介したDatabeat Exploreの導入もご検討ください。

Googleデータポータルを活用して分析業務を効率化するツール
DatabeatExplore

こんな方にオススメ

・広告数字の集計が大変

GAと広告数字を同時に集計したい

・人力レポートではミスが発生する

Googleデータポータルを活用したい

YouTubeマーケティング支援会社おすすめ9選|メリット、料金体系や上手な選び方も解説
最新情報をチェックしよう!
>広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

Databeat Exploreは、WEB広告データの見える化を実現するサービスです。
様々な広告データを抽出・統合・一元化し、見たいデータを見たい時に見たい場所で見ることができます。

CTR IMG