LINEマーケティング支援会社おすすめ7選|メリット、料金体系や上手な選び方も解説

LINEマーケティング支援会社おすすめ7選|メリット、料金体系や上手な選び方も解説

LINEを活用したマーケティング、いわゆる「LINEマーケティング」は、現在多くの企業が導入しています。これは、日本国内におけるLINEユーザーが多数存在しており、効果的なマーケティングが実施できるためです。

しかし、LINEマーケティングを実施して成果を得るためには、基本的な知識はもちろんのこと、成果につながる戦略の立案やノウハウが欠かせません。

そこで今回こちらの記事では、LINEマーケティングを支援している会社を紹介します。料金体系や支援会社の上手な選び方も解説していますので、ぜひ参考にご覧ください。

目次

はじめに押さえておきたい「LINEマーケティング」の基礎知識

まずは、LINEマーケティングがどのようなものなのか、種類やメリットに触れながら概要を確認していきましょう。

LINEマーケティングとは?

LINEマーケティングとは?

引用元:LINE for Business

LINEマーケティングとは、LINEを使ったマーケティング施策を意味しています。現在さまざまなSNSが利用されていますが、その中でもLINEはもっともユーザーが多いSNSです。

ですから、LINEをマーケティングに活用することで、多くのユーザーにリーチすることが可能となります。

LINEマーケティングの主な種類

LINEマーケティングには、主に2種類の方法がありますので、それぞれの概要とどんなシーンでの利用がおすすめなのか紹介します。

 1.LINEアカウントの運用

LINEアカウントの運用は、企業やブランドの公式アカウントを運用する方法です。LINE公式アカウントを開設してユーザーを「友だち」として増やしていきます。友だちになったユーザーには、企業側からメッセージを発信できるので、キャンペーンや商品紹介などを行うことが可能です。

こんな方におすすめ

LINEアカウントの運用は、ある程度認知のある商材や、顧客情報を保有している企業におすすめです。LINEアカウントを利用すれば、広告費を使わなくても多くのユーザーに情報を届けられます。

また、LINEアカウントと友だちになっているユーザーは、商品や企業に興味のあることがわかっているので、広告よりも高い反応を得られます。

 2.LINE広告の運用

LINE広告の運用は、LINEのさまざまな配信面へ広告を出稿する方法です。LINE広告には多数の配信面があるので、商材のターゲットに最適な配信面を利用すれば、高い効果を得られます。

LINEアカウントと友だちになっていないユーザーにリーチできるので、新規ユーザーの獲得にも効果的です。

※参考:LINE広告運用について詳しく解説した記事はこちら
関連記事

国内でもっとも利用されているSNSであるLINE、そこへ広告を配信できるLINE広告は、圧倒的なユーザー数に広告を届けられるため、たいへん魅力的だといえるでしょう。しかし、これからLINE広告を配信したいと考えているものの、自社で運用するに[…]

LINE広告運用完全ガイド!種類や費用、効果、運用ノウハウをまとめて解説
こんな方におすすめ

LINE広告の運用は、商材の認知拡大やコンバージョン獲得を優先したい方におすすめです。LINEはSNSの中でも特にアクティブユーザー数が多いため、多くのリーチを獲得しやすい手法です。

また、リターゲティング配信も可能なので、費用対効果の高い広告運用を実現できます。

※参考:LINE広告のリターゲティングについて詳しく解説した記事はこちら
関連記事

多くのアクティブユーザーへ広告を配信できるLINE広告は、WEB広告のプラットフォームとして非常に注目が集まっています。 そのLINE広告の費用対効果を高める上で欠かすことができないのが、「リターゲティング」です。 今回こちらの[…]

LINE広告のリターゲティング入門ガイド!効果的なリスト作成から設定手順まで丁寧に解説

LINEマーケティングを行う3つのメリット

LINEマーケティングを行うメリットを3つにまとめましたのでご覧下さい。

  1. リーチを最大化しやすい
  2. ユーザーの反応を得やすい
  3. 効率の良いマーケティングが実施できる

 メリット1:リーチを最大化しやすい

LINEマーケティングは、リーチを最大化しやすいメリットがあります。LINEはFacebookやTwitter、Instagramなど主要なSNSの中でも、もっともユーザー数が多いSNSです。

そのため、自社商材に興味を持ってくれるユーザーの数も必然的に多くなります。また、LINEユーザーは年齢層も幅広いので、どんな商材でもリーチを獲得しやすいといった特徴もあります。

 メリット2:ユーザーの反応を得やすい

LINEマーケティングには、ユーザーの反応を得やすいというメリットもあります。メリット1で解説したように、LINEはもっともユーザー数の多いSNSですが、そのアクティブユーザー数は8,900万人以上となっています。

つまり、LINEにアクセスしているユーザーが多いので、広告を出稿した場合には、ユーザーの目に触れる可能性が非常に高いと言えます。

 メリット3:効率の良いマーケティングが実施できる

効率の良いマーケティングが実施できるのも、LINEマーケティングのメリットです。LINEアカウント運用なら、自社や商品に興味を持っているユーザーが集まるため、配信したメッセージに対する反応やコンバージョンを獲得しやすい環境と言えます。

また、LINE広告運用においても、ユーザー属性に合せて配信面を選択したり、広告フォーマットを選択できるため、ピンポイントでターゲティングすることが可能です。

 

LINEマーケティングを支援会社にお願いする5つのメリット

LINEマーケティングを支援会社にお願いする5つのメリット

LINEマーケティングを自社で実施することが難しい場合、支援会社を利用するという方法があります。そこで、支援会社を利用するメリットを見ていきましょう。

  1. 自社リソースを使わずに実施できる
  2. 知識がなくても実施できる
  3. ノウハウを活用した効果の高いマーケティングを実施できる
  4. 複数の施策を同時に進行できる
  5. 自社にノウハウを蓄積できる

メリット1:自社リソースを使わずに実施できる

支援会社を利用すると、自社リソースを使わずにLINEマーケティングを実施できます。通常であれば、自社のスタッフがLINEマーケティングの計画から運用まですべてをこなす必要があり、一定のリソースを確保しなくてはなりません。

しかし支援会社に依頼すると、LINEマーケティング業務全般に対応してもらえるため、人員確保が難しい企業であってもスムーズに実施できます。

メリット2:知識がなくても実施できる

支援会社を利用することは、LINEマーケティングの知識がなくても実施できるというメリットもあります。LINEマーケティングを行うには、アカウント運用や広告運用に関する知識が最低限必要となります。

もし自社に知識のある人材がいない場合、すべての情報をリサーチしながらマーケティングを実施するため、非常に時間がかかってしまいます。その点支援会社はLINEマーケティングを熟知しているので、自社に知識がなくても問題なく実施できます。

メリット3:ノウハウを活用した効果の高いマーケティングを実施できる

ノウハウを活用した効果の高いマーケティングを実施できるのも、支援会社を利用するメリットのひとつです。仮にある程度LINEマーケティングの実施方法に関する知識があっても、効果の出る施策を実施できるかどうかは別問題です。

LINEマーケティングはすでに多くの企業が導入しているので、ライバルも多くなります。その中で競合企業に負けず効果を得るには、LINEマーケティングに関するノウハウは必須です。

支援会社は多数のLINEマーケティング経験とノウハウを蓄積しているため、自社での実施と比べて効果の高いマーケティングを実現できる可能性が高くなります。

メリット4:複数の施策を同時に進行できる

支援会社を利用すれば、複数の施策を同時に進行することも可能です。前述した通り、LINEマーケティングにはアカウント運用や広告運用などがあります。この2つを同時に進めようと思った場合、ひとつの施策を進行する場合に比べてより多くのリソースが必要となります。

もちろんそれぞれの知識やノウハウがないと、実施できても成果は期待できません。支援会社にはLINEマーケティングを実施するためのリソース、知識、ノウハウがすべて揃っていますので、希望すれば同時に複数の施策を進めることも問題ありません。

メリット5:自社にノウハウを蓄積できる

支援会社を利用することで、自社にノウハウを蓄積できるメリットもあります。支援会社にLINEマーケティングを依頼すると、基本的に自社で行う業務はありません。しかし、マーケティングを実施した結果や市場に関するレポートを提出してもらうことはできます。

また、定期的にミーティングを行って、LINEマーケティングの方向性や戦略などを共有してもらうことで、自社にないノウハウを蓄積しながら運用するといったことも可能です。

 

LINEマーケティングを支援会社にお願いする3つのデメリット

LINEマーケティングを支援会社に依頼するデメリットを確認しましょう。支援会社を利用すれば、スムーズに成果の出るマーケティングを実施できますが、一方でデメリットとなる部分もありますので、必ず認識した上で、支援会社の利用を検討してみてください。

  1. コストがかかる
  2. 100%望んだ成果が得られるとは限らない
  3. 社内に蓄積できるノウハウが少ない

デメリット1:コストがかかる

LINEマーケティングを支援会社に依頼すると、追加でコストが発生します。依頼する内容によって具体的な金額は異なりますが、自社の業務を委託する形となりますので、当然ながらコストは発生してしまうのです。

 デメリットの対応策

支援会社を利用することによって発生するコストは、自社でマーケティングを実施すれば発生しません。しかし、ノウハウのないまま手探りでマーケティングを実施しても、効果を得られる可能性は低いでしょう。

そうなると、成果を得られない業務に人的リソースを投入したことによる損失が発生します。一方支援会社を利用すると、コストはかかりますがその分成果も得られます。また、自社リソースも利用しないで実施できるので、「成果+リソース」の対価と考えれば、決して無駄な出費とはならないでしょう。

デメリット2:100%望んだ成果が得られるとは限らない

LINEマーケティングを支援会社に依頼しても、100%望んだ成果が得られるとは限りません。当然ながら、支援会社も多数存在しており、同じようにノウハウをもとにマーケティングを実施している企業があるためです。

 デメリットの対応策

支援会社を利用しても100%望む成果を得ることは難しいかもしれません。しかし、ノウハウを持たない自社で行った場合には、さらに成功する可能性が低くなります。

もし支援会社を利用して成果を得る可能性を高めたいのであれば、LINEマーケティングにおいて実績のある支援会社を利用してみるとよいでしょう。

デメリット3:社内に蓄積できるノウハウが少ない

支援会社を利用すると、自社で行うことはほとんどないため、具体的なLINEマーケティングに関するノウハウを社内に蓄積しにくくなります。

 デメリットの対応策

実務はすべて支援会社が行いますが、どのようなマーケティングを実施しているのか、実施した結果どのような成果が得られたのかといった情報は手に入れることができます。

また、中にはLINEマーケティングの内製化をサポートする企業もあるため、そういった支援会社を利用するという方法もあります。

 

LINEマーケティング支援の料金相場とサービス範囲

LINEマーケティング支援の料金相場とサービス範囲

LINEマーケティング支援を利用するにあたり、料金相場とサービス範囲について理解しておきましょう。この2つを理解することで、支援会社の利用がよりリアルにシミュレーションできます。

LINEマーケティング支援の料金体系

LINEアカウントの運用支援を受ける場合、初期費用と運用代行費用が発生します。初期費用は初回のアカウント設定等にかかるもので、運用代行費用は毎月発生するコストとなります。

LINE広告運用の支援を受ける場合は、こちらも同様に初期費用と運用代行費用が発生します。なお、LINE広告の運用代行費用は、広告費として利用した実費の20%程度が相場になります。

LINEマーケティング支援の料金相場まとめ表

LINEマーケティング支援の料金相場、サービス対応範囲を価格帯ごとにまとめました。また、それぞれの価格帯によってどんな方におすすめかも記載しましたので、自社の状況と合わせて参考にしてみてください。

料金帯 サービス対応範囲 こんな方におすすめ
月10万円 ・LINEアカウント初期設定
・LINEアカウント運用
・LINE広告運用
・LINEマーケティングをはじめて実施する方
・お試しでLINEマーケティングを利用してみたい方
月20~30万円 ・LINEアカウント初期設定
・LINEアカウント運用(レポートやPDCA含む)
・LINE広告運用
・本格的にLINEマーケティングに取り組んでみたい方
・LINEからの集客で売上を立てたい方
月50万円以上 ・LINEアカウント初期設定
・LINEアカウント運用
・LINE広告運用(規模の大きなマーケティング)
・LINEマーケティングを主軸に事業を展開したい方
・LINE広告を使って大きな利益を創出したい方
・LINEマーケティングに利用できる予算が豊富な方

今回、大きく3つの価格帯に分けてまとめました。支援会社によって費用は違いますので、LINEアカウント運用については月額10万円以内でも可能です。ただし、少ない費用だと配信回数が少なかったり、配信結果のレポートや、PDCAまでは対応していないケースもありますので注意しましょう。

LINE広告も少額から始められる手法ではありますが、ある程度の予算がないとリーチできる数も少ないため、高い効果を実感することは難しくなります。

 

LINEマーケティング支援会社を上手に選ぶ5つのチェックポイント

LINEマーケティング支援会社を上手に選ぶ5つのチェックポイント

LINEマーケティング支援会社を利用するにあたり、どのように支援会社を選定するかが問題となります。そこで、支援会社を上手に選ぶポイントを5つにまとめましたのでご覧下さい。

  1. 費用が予算内に収まるか
  2. LINEマーケティングの実績があるか
  3. 業種や業界・商材についての知識があるか
  4. 契約期間の縛りがないか
  5. LINEマーケティング以外にも対応できるか

POINT1.費用が予算内に収まるか

支援会社を選ぶ際は、費用が予算内に収まるかをまず確認しましょう。マーケティング支援における費用は、支援会社ごとに大きな差が生まれる場合があります。

よって、自社の予算内に収まるかどうかはもちろんですが、他社よりも高い費用を設定しているところへ依頼する場合は、見合ったサービスを提供できるかどうかについてもチェックすることをおすすめします。

POINT2.LINEマーケティングの実績があるか

LINEマーケティングを依頼する支援会社に、「LINEマーケティングの実績」があるかどうかも必ず確認しましょう。LINEマーケティングを請け負っている会社は多数ありますが、ただ業務を委託するだけでは成果は得られません。

正しいノウハウを以て実施することにより、成果が見込めるのです。ですから、過去にどのようなLINEマーケティングを実施して、どんな成果を得られたのかを確認した上で、信頼できる支援会社を見つけることが重要となります。

POINT3.業種や業界・商材についての知識があるか

支援会社が自社の業種や業界・商材についての知識を持っているかどうかも大切なポイントです。仮にLINEマーケティングの実績を持っていたとしても、自社商材に対する知識がゼロであれば、まず商材について理解してもらうところからスタートとなります。

これでは成果が出るまでに時間がかかってしまうので、業界や商材に対する理解がある支援会社を選んだ方がよいでしょう。

POINT4.契約期間の縛りがないか

LINEマーケティングを依頼する際、契約期間の縛りがないかどうかもチェックしましょう。中には数ヶ月単位や、年間契約が必須となっている支援会社もあります。このような支援会社と契約してしまうと、思うような成果が得られなかった場合でも、すぐに撤退することができずに損失が積み上がってしまうリスクがあります。

ですから、なるべく短い契約期間で更新できる支援会社を利用するのがおすすめです。

POINT5.LINEマーケティング以外にも対応できるか

支援会社を選定する場合、LINE以外のマーケティングにも対応できる会社が理想的です。LINEは非常に多くのユーザーを抱えているため、あらゆる商材において成果を得られる可能性は高いと言えます。

しかし、商材によってはLINEよりも適している市場が存在しているという可能性もゼロではありません。あるいは、LINEマーケティングが好調な場合、さらに利益を拡大させるために他のプラットフォームでのマーケティングも同時進行したい、といったケースもあります。

このようなシーンで支援会社が他のマーケティングにも対応できれば、スムーズにマーケティングの効果を最大化することが可能となります。

 

LINEマーケティング支援に強みをもつおすすめの支援会社5選

LINEマーケティング支援に強みを持つ、おすすめの支援会社を5社紹介します。自社で実施することが難しいという方は、以下の支援会社を参考にしてみてください。

LINE Marketing Partners株式会社

LINE Marketing Partners株式会

引用元:LINE Marketing Partners株式会

こんな方におすすめ!

  • LINE公式アカウントの運用を一から学びたい方
  • LINEによる集客力をアップさせたい方

 LINE Marketing Partners株式会社の強み

LINE Marketing Partners株式会社は、LINE公式アカウントの運用を中心としたサポートを行っている企業です。LINE公式アカウントの開設、友だちの集め方、集客などをサポートしています。

飲食店や小売店の集客に必要なメッセージの作成方法、画像作成の仕方、クーポンやショップカードの活用方法など、具体的な運用について知りたい方は、LINE Marketing Partners株式会社へ問い合わせてみてください。

LINE Marketing Partners株式会社の概要

・会社名:LINE Marketing Partners株式会社
・本社所在地:宮城県仙台市青葉区一番町1-9-1 仙台トラストタワー20階
・URL:https://linemp-corp.com/

株式会社シェアコト

株式会社シェアコト

引用元:株式会社シェアコト

こんな方におすすめ!

  • LINE運用をすべて委託したい方
  • LINEマーケティングに活用できるツールを利用してみたい方

 株式会社シェアコトの強み

株式会社シェアコトは、各種SNSの運用代行を行っている企業です。Twitter、Facebook、Instagram、YouTube、Pinterest、LINEと幅広いプラットフォームに対応しています。

LINEマーケティングに関しては、LINE運用代行サービスのほか、レポートサービス、キャンペーン作成サービスを提供しています。さらに、自社で行うLINEマーケティングを円滑に進めるために役立つ「LINEツール」の提供も行っています。

株式会社シェアコトの概要

・会社名:株式会社シェアコト
・本社所在地:東京都渋谷区恵比寿四丁目20番3号 恵比寿ガーデンプレイスタワー29F
・URL:https://www.sharecoto.co.jp/

株式会社エフエーアイ

株式会社エフエーアイ

引用元:株式会社エフエーアイ

こんな方におすすめ!

  • LINEマーケティングについての知識がない方
  • 運用サポートと運用代行で迷っている方

 株式会社エフエーアイの強み

株式会社エフエーアイは、LINEマーケティング支援事業を中心とした企業です。サポート内容は細かく分かれており、企業の需要に応じたプランを選択できます。

LINEマーケティングについてまったくわからないという方は、初期設定や運用代行まですべてを委託することが可能です。自社で運用したいけれどサポートが必要といったシーンでは、運用サポートプランのみ利用することもできます。

株式会社エフエーアイの概要

・会社名:株式会社エフエーアイ
・本社所在地:大阪府大阪市中央区北浜2-1-5 平和不動産北浜ビル3F
・URL:https://linemarketing.jp/

株式会社バリューワン

株式会社バリューワン

引用元:株式会社バリューワン

こんな方におすすめ!

  • 店舗の新規顧客獲得やリピーターの獲得を強化したい方

 株式会社バリューワンの強み

株式会社バリューワンは、アプリ作成やマルチ決済サービス、店舗集客支援などを行っている企業です。低コストでオリジナルのアプリを作成したり、メール会員CMSによるメール配信や顧客管理、リピーター獲得のための集客支援などを実施しています。

LINEマーケティングに関しては、LINE公式アカウントの導入から活用方法まで、正規代理店のノウハウを活かしてサポートします。

株式会社バリューワンの概要

・会社名:株式会社バリューワン
・本社所在地:東京都渋谷区東3-14-15 MOビル5F
・URL:https://valueone.jp/

トランスコスモス株式会社

トランスコスモス株式会社

引用元:トランスコスモス株式会社

こんな方におすすめ!

  • LINEマーケティングに関する戦略や実務などトータルでのサポートを利用したい方

 トランスコスモス株式会社の強み

トランスコスモス株式会社では、LINEアカウントの解説から運用まで、トータルサポートを提供しています。電話によるカスタマーサポートをLINEチャットへ移行したり、独自開発のAPIによってLINEと各種ツールをつなぎ、売上効果の最大化も目指せます。

また、LINE公式アカウント運用以外にLINE広告運用のサポートも可能となっています。

トランスコスモス株式会社の概要

・会社名:トランスコスモス株式会社
・本社所在地:東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60
・URL:https://www.trans-cosmos.co.jp/

 

LINE広告運用をお願いするなら、LINE認定パートナー企業がおすすめ

LINEマーケティングの中でもLINE広告を支援会社へ依頼する場合には、「LINE認定パートナー企業」を選択するのがおすすめです。その理由とおすすめの企業を紹介します。

LINEの認定パートナー「LINE Biz Partner」とは?

LINEの認定パートナーのことを「LINE Biz Partner」と言います。LINE Biz Partnerとは、LINE広告やアカウント運用において、豊富な実績などがLINEから公式に認められた企業です。

LINEの認定パートナーを選ぶメリット

LINE広告運用を代行する企業は多数存在していますが、LINE Biz Partnerなら一定の実績がLINEから公式に認められているため、高い効果が期待できるというメリットがあります。

LINE認定パートナーのおすすめ代理店:「アナグラム株式会社」

LINE認定パートナーの中から、今回はアナグラム株式会社をおすすめします。

アナグラム株式会社

引用元:アナグラム株式会社

 アナグラム株式会社の強み

アナグラム株式会社は、LINE広告に限らずリスティング広告や各種SNS広告など、幅広い広告に対応できる代理店です。また、広告だけではなくマーケティング全般の支援も行っています。

LINE広告運用では、サービス開始当初から認定代理店としてサービスを提供しており、2020年にはLINE Biz Partner Programの広告部門で「Basic」を受賞した実績を持っています。

さらにアナグラム株式会社では、自社でLINE広告を運用したい方のために、インハウス支援サービスも提供しています。

アナグラム株式会社の概要

・会社名:アナグラム株式会社
・本社所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷4丁目4-4 フィールド北参道 1・2F(受付1F)
・URL:https://anagrams.jp/

※参考:LINE広告運用代行におすすめの代理店について特集した記事はこちら
関連記事

LINE広告を使って競合に一歩リードしたい。 本業がいそがしいから運用をプロにまかせたい。 自社で運用してみたがうまくいかなかった。 本記事は上記のような悩みをもつビジネスパーソンに向けたものです。LINE広告はま[…]

LINE広告運用代行おすすめ代理店

 

LINE公式アカウントの運用代行に強みをもつおすすめ代行会社

LINE公式アカウントの運用代行に強みを持つ、おすすめの代行会社を紹介します。広告よりもアカウント運用に興味がある方は、こちらを参考にご覧下さい。

LINE公式アカウントとは?

LINE公式アカウントは、自社の顧客とのコミュニケーションを円滑に進めてファンを作ったり、販促にも利用できるツールです。

LINE公式アカウントの運用代行で実現できること

LINE公式アカウントの運用代行を利用すれば、社内のリソースを圧迫することなく、かつ効果的なアカウント運用を実現できます。

LINE公式アカウントの運用代行を強みにもつ会社:「株式会社メンバーズ」

LINE公式アカウントの運用代行に強みを持つ会社として、株式会社メンバーズを紹介します。

株式会社メンバーズ

引用元:株式会社メンバーズ

 株式会社メンバーズの強み

株式会社メンバーズのLINEアカウント運用代行は、コンテンツ制作力に強みを持っています。LINEやFacebook、Twitter、YouTubeなどさまざまなSNS運用を行ってきた実績をもとに、LINEマーケティングを実施します。

数十名規模のソーシャルメディア専任担当者が、アカウント開設から友だちの獲得、キャンペーンの考案など総合的なサポートを実施します。また、メンバーズでは「エンゲージメント・ラボ」というSNSやWEBマーケティングの研究体制があり、競合他社の動向や効果測定によるPDCAも実施しています。

株式会社メンバーズの概要

・会社名:株式会社メンバーズ
・本社所在地:東京都中央区晴海1丁目8番10号 晴海アイランド トリトンスクエアオフィスタワーX 37階
・URL:https://www.members.co.jp/

 

LINEマーケティングを自社で行うならLINEマーケティングツールの導入もおすすめ

LINEマーケティングを支援会社へ委託するのではなく、自社で運用したいといったシーンでは、LINEマーケティングツールの導入という選択肢もあります。

LINEマーケティングツールとは?

LINEマーケティングツールとは、LINEからのメッセージ配信や顧客管理などを、効率良く実施するための機能が備わったツールです。

LINEマーケティングツールの導入で実現できること

LINEマーケティングツールを導入すれば、少ない人員で施策を実施することが可能となります。運用負担を削減しつつ、効果の高いLINEマーケティングを実施したい方におすすめです。

オススメのLINEマーケティングツール:「Liny」

LINEマーケティングに活用できるおすすめのツールとして、Linyを紹介します。

Liny

引用元:Liny

 Linyの強み

Linyは、これまでに3,500社以上の導入実績があります。蓄積した顧客情報を活用して、顧客それぞれの好みに合わせたメッセージ配信を行うことが可能です。顧客情報の収集も自動で実施できるため、LINEマーケティングの運用負担を軽減しながらも、反応率や売上アップにつながる運用を実現できます。

Linyの概要

・提供会社:ソーシャルデータバンク株式会社
・本社所在地:東京都港区芝大門2丁目3-6
・ツールURL:https://line-sm.com/index.html
・提供会社URL:https://social-db.co.jp/

 

LINE広告の効果検証におすすめの広告レポート自動化ツール

LINE広告運用を自社で行う方は、広告配信後の効果検証も自社で行う必要があります。そこで、LINE広告の効果検証におすすめの広告レポート自動化ツールを紹介します。

Databeat Explore

Databeat-Explore

Databeat Exploreは、LINE広告やその他のさまざまなWEB広告における効果検証が可能なツールです。広告レポートの作成を自動化できるため、分析や運用に集中しやすくなります。

LINE広告運用における「Databeat Explore」の3つの活用ポイント

LINE広告運用を進める上でのDatabeat Exploreの活用ポイントを3つにまとめました。

  1. LINE広告の運用データを自動で収集できる
  2. LINE広告の結果を簡単に可視化できる
  3. 他のツールとの連携も可能

 LINE広告の運用データを自動で収集できる

Databeat Exploreは、LINE広告の運用データを自動で収集できます。従来であれば、LINE広告の管理画面から必要なデータを抽出する作業が必要でしたが、Databeat Exploreを導入すればそのような作業も削減可能です。

LINE広告以外の広告媒体にも利用できますので、多数の媒体を扱っている方には特におすすめです。

 LINE広告の結果を簡単に可視化できる

Databeat ExploreはLINE広告の結果を簡単に可視化することも可能です。現在の数値を確認したい場合はダッシュボードですぐに確認できます。さらに詳細なデータは自動で生成されるレポートによって、いつでも最新の運用結果を把握できます。

 他のツールとの連携も可能

Databeat Exploreは、他のツールとの連携も可能となっています。例えばLINE広告以外に店舗販売などを行っているシーンでは、店舗のデータとDatabeat ExploreのデータをBIツールに統合して、より詳細な分析を実施することもできます。

 

 

まとめ

LINEマーケティングは、国内におけるマーケティングでは欠かせない存在となりつつあります。LINEアカウントの運用、LINE広告の運用は、どちらも幅広い業種で高い効果が期待できます。

ただし、ノウハウを持たない企業が実施してもすぐに成果を得ることは難しいため、LINEマーケティングを支援する企業への依頼も検討してみましょう。LINEマーケティング支援を行っている企業であれば、自社の目的や目標にあわせて、最適なマーケティングプランを提案してくれます。

LINEマーケティングを支援する企業には、アカウント運用や広告運用などそれぞれ得意分野があるので、特徴を見極めつつ選定することをおすすめします。他社へ委託せず自社でマーケティングを実施する場合には、LINEマーケティングツールの利用も検討してみましょう。

LINE広告を自社運用するなら、最後に紹介したDatabeat Exploreの導入もおすすめです。

Googleデータポータルを活用して分析業務を効率化するツール
DatabeatExplore

こんな方にオススメ

・広告数字の集計が大変

GAと広告数字を同時に集計したい

・人力レポートではミスが発生する

Googleデータポータルを活用したい

LINEマーケティング支援会社おすすめ7選|メリット、料金体系や上手な選び方も解説
最新情報をチェックしよう!
>広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

Databeat Exploreは、WEB広告データの見える化を実現するサービスです。
様々な広告データを抽出・統合・一元化し、見たいデータを見たい時に見たい場所で見ることができます。

CTR IMG