メルマガ広告に強みをもつおすすめ代理店4選と上手な選び方

メルマガ広告に強みをもつおすすめ代理店4選と上手な選び方

リスティング広告やSNS広告など、現代では様々なWeb広告がありますが、中でも根強い人気を誇っているのが「メルマガ広告」です。メルマガ広告は自社で運用することもできますが、Web広告代理店に依頼した方が着実に広告運用成果を得られます。

本記事ではメルマガ広告に強みをもつおすすめ代理店について、詳細を解説していきます。これからメルマガ広告を運用していきたい方は、ぜひ一読してみてください。

目次

まずは確認しておきたいメルマガ広告の基礎知識

メルマガ広告の代理店について見ていく前に、まずはメルマガ広告の基礎知識を確認していきましょう。

メルマガ広告とは?

引用元:https://www.mag2.com/sv/more_readers/yuryo/

メルマガ広告とは、配信されるメルマガ上に掲載される広告になります。テキスト広告の場合もあれば、画像広告の場合もあります。

無料で配信されているメルマガには、高確率でメルマガ広告が掲載されています。メルマガ広告の掲載料金を収入源にして配信を行っているメルマガも少なくありません。

メルマガ広告が効果を発揮するシーン

メルマガ広告が効果を発揮するシーンとして「多数のメルマガ購読者に、確実に広告を見せたい」シーンが挙げられます。メルマガ広告は、広告枠を買い取ることで確実に広告内容を購読者に見せることができます。

リスティング広告などの運用型広告のように、キーワード選定・入札などを行う手間もかかりません。商材のターゲット層に合わせてメルマガを選択すれば、広告のクリック率向上・流入先ページでの商品・サービス購入にも繋げやすいです。

主要なメルマガ広告の媒体の種類

メルマガ広告の媒体には様々な種類がありますので、それぞれ特徴を把握しておくことが肝要です。今回は、主要なメルマガ広告媒体を厳選して3つ紹介していきます。

まぐまぐ

引用元:https://www.mag2.com/

まぐまぐは1997年からメルマガサービスを提供しているメルマガ媒体です。実業家の堀江貴文氏など、多くの著名人がまぐまぐでメルマガを配信しています。

まぐまぐの特徴は「圧倒的なユーザー数の多さ」です。まぐまぐのユーザー数は1,000万人を超えており、多くの人にメルマガ広告で宣伝することが可能です。

著名人のメルマガごとにターゲット層が変わってくるので、自社の商材に合わせて掲載先のメルマガを選定することが、利用のポイントになります。

マイナビニュース

引用元:https://news.mynavi.jp/

マイナビニュースは、日本国内で最大級のニュースメディアサイトになります。扱われるジャンルはビジネスから日常生活、エンタメまで非常に幅広いです。

メルマガの購読者数は200万人以上で、主に20代~30代の社会人が主要購読者層になります。社会人向けの商材をメルマガ広告で宣伝したい際に、マイナビニュースのメルマガは最適です。

日経ビジネス

引用元:https://business.nikkei.com/

日経ビジネスは、国内大手のビジネスメディアサイトです。雑誌版も発行されており、主要ビジネス誌として確固たる地位を築いています。

日経ビジネスの購読者数は250万人以上です。企業の管理職・経営職など上級役職についている社会人が主な購読者層になります。

マイナビニュースと比べると、購読者層の年収は高い傾向にあるので、高価な商材・サービスをPRしたい際に日経ビジネスは適しています。

メルマガ広告の掲載料金

メルマガ広告の掲載費用は、課金方式によって変わってきます。下記、メルマガ広告で採用されている主な課金方式になります。

  • クリック課金:メルマガ広告が1回クリックされる都度、広告費が発生
  • 配信課金:メルマガ広告の配信数によって広告費が決定

クリック課金の場合、料金相場は「1クリックあたり300円~800円」ほどです。配信課金の料金相場は「1件あたり5~100円」になります。

広告費の総額は、クリック数・配信数によって変わってきます。広告媒体ごとにクリック数・配信数に差がありますので、メルマガ広告を利用する前に確認するようにしましょう。

※参考:メルマガ広告の費用について詳しく解説した記事はこちら
関連記事

現在、数多くのWeb広告が登場してきていますが、Web広告が出てくる前から多くの企業に利用されてきている広告が「メルマガ広告」です。 メルマガと聞くと「今は廃れているのでは?」と思われる方もいるかもしれませんが、現在は大手Webメディ[…]

メルマガ広告の運用代行を代理店にお願いする5つのメリット

メルマガ広告の運用代行を代理店にお願いする5つのメリット

自社でメルマガ広告を運用する余裕がない場合は、メルマガ広告の運用代行を代理店に依頼するのがおすすめです。代理店にメルマガ広告の運用を依頼するメリットとして、下記の5点が挙げられます。

  1. メルマガ広告のプロが運用を行ってくれる
  2. 自社商材に合ったメルマガ媒体を選定してくれる
  3. メルマガ広告の最新情報を把握できる
  4. 画像などのクリエイティブ制作も依頼できる
  5. メルマガ広告のインハウス運用を支援してくれる

それぞれ詳細を確認していきましょう。

メリット1:メルマガ広告のプロが運用を行ってくれる

広告代理店に依頼することで、メルマガ広告のプロに運用を行ってもらえます。社内にメルマガ広告の運用経験者がいなくても安心して運用を進めることが可能です。

メルマガ広告の運用経験者を自前で雇うとなると、求人公表から実際の採用まで時間を要してしまいます。必要なときに、迅速にメルマガ広告運用のリソースが確保できる点も、広告代理店を利用するメリットです。

メリット2:自社商材に合ったメルマガ媒体を選定してくれる

広告代理店は自社商材のPRに最適なメルマガ広告を選定してくれます。メルマガ媒体によって購読者数や購読者層は異なるので、適切な媒体を選択することが、メルマガ広告の運用において重要です。

広告代理店に依頼することで、自前で媒体のリサーチをする手間も省けます。

メリット3:メルマガ広告の最新情報を把握できる

広告代理店は、メルマガ広告をはじめとした各種Web広告の最新情報を集めています。広告代理店を利用することで、これらの最新情報を共有してもらうことが可能です。

メルマガ広告の情報を得るためにセミナーに参加したり、情報商材を購入する必要もなくなります。

メリット4:画像などのクリエイティブ制作も依頼できる

広告代理店の中には、メルマガ広告で利用する画像制作など、各種クリエイティブ制作に対応している代理店もあります。メルマガ購読者の興味・関心を惹きつけるためには、印象的な広告画像・キャッチコピーが不可欠です。

広告代理店はどのようなクリエイティブが有効か熟知していますので、自社で案を考えるよりも効率よくクリエイティブ制作を行ってくれます。

メリット5:メルマガ広告のインハウス運用を支援してくれる

メルマガ広告のインハウス支援を行ってくれる広告代理店も存在します。将来的に自社でメルマガ広告の運用を行いたい際も、広告代理店は力になってくれます。

インハウス支援は「コンサルティング」という形で提供されているケースが多いので、事前にインハウス支援を行ってもらえるか確認をとるようにしましょう。

 

メルマガ広告運用代行を代理店にお願いする3つのデメリット

メルマガ広告の運用代行を代理店に依頼するデメリットとして、下記の3点が挙げられます。

  1. 運用代行費用が発生してしまう
  2. 広告運用が100%成功するとは限らない
  3. メルマガ広告運用がサブ事業の可能性がある

デメリット1:運用代行費用が発生してしまう

広告代理店にメルマガ広告の運用を依頼すると、運用代行費用が必ず生じてきます。運用代行費用の相場については後の章で詳しく解説しますが、おおむね「広告費の20%」発生すると考えてください。

広告費が高くなるにつれて、運用代行費用も高くなります。

 デメリットの対応策

運用代行費用を下げるためには、広告代理店と個別に交渉を行う必要があります。1年以上の長期契約など、広告代理店にとってメリットのある条件を提示することが交渉成功のポイントです。

広告代理店の中には、複数の広告媒体での運用契約で割引きを提示してくれるところもあるので、事前に確認しておくことをおすすめします。

デメリット2:広告運用が100%成功するとは限らない

メルマガ広告のプロに依頼したとしても、広告運用が100%成功するとは限りません。どんなプロでも、時には成果を出せないこともあります。

広告代理店の中には「必ず運用成果を出す」といった過大なアピールをしているところもありますが、過信するは禁物です。

 デメリットの対応策

依頼候補先の広告代理店がメルマガ広告の運用代行で成果を出しているか、必ず確認しましょう。ホームページ上で「メルマガ広告対応可能」と記載されていても、実際はメルマガ広告の運用実績が乏しいケースも少なくありません。

問い合わせや面談の際に、メルマガ広告運用の実績データを提示してもらいましょう。

デメリット3:メルマガ広告運用がサブ事業の可能性がある

広告代理店の中には、リスティング広告やSNS広告の運用を主軸にしているところが多いです。そのため、メルマガ広告運用がサブ事業であることもしばしばです。

メルマガ広告の運用が後回しにされてしまい、希望の成果が得られない可能性もあります。

 デメリットの対応策

メルマガ広告の運用実績を確認する際に、リスティング広告など他のWeb広告の運用実績も合わせてチェックしておきましょう。他のWeb広告の運用実績がメルマガ広告よりも大幅に充実している場合は、メルマガ広告運用が主軸のサービスから外れている可能性があります。

複数の広告代理店を比較して、メルマガ広告の運用に力を入れている代理店を探すことが肝要になります。

 

メルマガ広告運用代行の代理店手数料相場とサービス範囲

メルマガ広告運用代行の代理店手数料相場とサービス範囲

次にメルマガ広告運用代行の代理店手数料相場・サービス範囲について確認していきましょう。

メルマガ広告運用代行の代理店手数料体系

メルマガ広告運用代行の代理店手数料体系は、「初期費用」「運用代行費用」「クリエイティブ制作費用」の3つで大きく構成されています。初期費用は「2万円~3万円」、運用代行費用は「広告費の20%」が相場になってきます。

クリエイティブ制作費用に関しては、広告代理店によって料金体系は様々ですが、数万円ほどで収まると考えて問題ありません。

一般的な代理店手数料の料金体系

一般的な広告代理店の手数料体系に関しても、「初期費用」と「運用代行費用」で構成されています。リスティング広告の運用代行に関しては、クリエイティブ制作費用がかからないケースが多いです。

SNS広告、ディスプレイ広告運用など広告画像や動画を利用する場合は、メルマガ広告と同様にクリエイティブ制作費用が発生してきます。

メルマガ広告運用代行の代理店料金相場まとめ表

料金 こんな方におすすめ サービス対応範囲
月10万円 ・メルマガ広告の運用を一部依頼したい

・メルマガ広告の掲載媒体を選定して欲しい

・メルマガ広告の登録、アカウント開設

・メルマガ広告の掲載媒体の選定

・メルマガ広告の一部運用 など

月20~30万円 ・メルマガ広告の運用を全面的に依頼したい

・メルマガ広告で利用するクリエイティブの制作も依頼したい

・メルマガ広告の登録、アカウント開設

・メルマガ広告の掲載媒体の選定

・メルマガ広告の運用

・メルマガ広告で使用するクリエイティブの制作 など

月50万円以上 ・メルマガ広告の運用に加えて、各種Webコンサルティング、Webマーケティング業務も依頼したい ・メルマガ広告の登録、アカウント開設

・メルマガ広告の掲載媒体の選定

・メルマガ広告の運用

・メルマガ広告で使用するクリエイティブの制作

・Webコンサルティング、Webマーケティング業務の代行 など

月10万円ほどでメルマガ広告の運用代行を依頼することも可能ですが、依頼できる内容は限られてしまいます。メルマガ広告の運用を全面的に依頼したい場合は、月額「20~30万円」ほどの費用を見込んでおきましょう。

メルマガ広告の運用に加えて、WebコンサルティングやWebマーケティングも依頼したい場合は、月50万円以上の予算を設定しておくと安心です。

 

メルマガ広告運用代行を担う代理店を上手に選ぶ5つのチェックポイント

メルマガ広告運用代行を担う代理店を上手に選ぶ5つのチェックポイント

メルマガ広告の運用代行を代理店に依頼する際に、重要になってくるが「広告代理店の選定」です。依頼先の広告代理店次第で、メルマガ広告の運用成果が変わってくるといってもよいでしょう。

メルマガ広告の運用代行代理店を上手く選ぶポイントとして、下記の5点が挙げられます。

  1. メルマガ広告の運用実績が充実している
  2. 運用者の担当広告数が適正範囲
  3. クリエイティブ制作の実績も充実している
  4. 自社でメルマガ運営を行っている
  5. 料金体系が明確

POINT1.メルマガ広告の運用実績が充実している

まずはメルマガ広告の運用実績が充実しているか、必ず確認するようにしましょう。重要なのは「メルマガ広告単体での運用実績」です。

他のWeb広告と合わせた運用実績だと、メルマガ広告運用に強みを持っているか把握できません。メルマガ広告の運用実績開示に応じてくれない代理店は、利用を見送った方がよいでしょう。

POINT2.運用者の担当広告数が適正範囲

広告運用者の担当広告数が、適正範囲であるか確認するようにしてください。運用数が1桁で収まっていれば特段問題はありませんが、2桁以上の場合は要注意です。

1人あたりの運用広告数が多すぎると、各広告運用のクオリティが低くなる可能性が高くなります。

POINT3.クリエイティブ制作の実績も充実している

メルマガ広告の運用実績に加えて、広告画像などクリエイティブ制作の実績も確認するようにしましょう。クリエイティブの制作実績が充実していれば、要望に沿ったクリエィティブ制作に対応してもらいやすいです。

可能であれば、実際に制作した広告画像を見せてもらいましょう。

POINT4.自社でメルマガ運営を行っている

広告代理店が自社でメルマガ運営を行っているかもチェックポイントです。自社でメルマガ運営を行っている場合、メルマガ広告の運用データを豊富に蓄積している可能性が高いです。

データが豊富に揃っていれば、どのようなメルマガ広告であれば集客に繋がりやすいか、的確にアドバイスしてもらえます。また、代理店のメルマガに広告を掲載してもらえるケースもあるので、事前に確認しておきましょう。

POINT5.料金体系が明確

メルマガ広告運用代行の料金体系が明確であるかも、必ず確認するようにしてください。広告代理店の中には「成果報酬」と称して、運用後に追加で料金を請求してくるところもあります。

面談時に料金体系を確認するのは勿論のこと、契約書に料金体系が明確に記載されているかチェックするようにしましょう。

 

【厳選】メルマガ広告に強みをもつおすすめ広告代理店4選

次にメルマガ広告に強みをもつおすすめの広告代理店を厳選して4社紹介していきます。

株式会社CryptoPie(クリプトパイ)

引用元:https://cryptopie.co.jp/

株式会社CryptoPie(クリプトパイ)は東京都渋谷区に本社を構える広告代理店です。メルマガ広告・SNS広告の運用をメインに広告運用代行を請け負っています。

こんな方におすすめ!

株式会社CryptoPieは、自社でメルマガ運営を行っています。メルマガの購読者数は20万人を超えており、購読者層も様々な年代に渡ります。

広告代理店が運営しているメルマガに広告を掲載したい方に、株式会社CryptoPieはおすすめです。

 株式会社CryptoPie(クリプトパイ)の強み

株式会社CryptoPieの強みとして、メルマガ広告に対応したランディングページの制作を行ってくれる点が挙げられます。LP制作経験が豊富なデザイナー・ライターが制作してくれるので、クオリティの高いLP制作を実現可能です。

別会社にLPの制作を依頼する手間もかけずに済みます。

株式会社CryptoPie(クリプトパイ)の概要

  • 会社名:株式会社CryptoPie(クリプトパイ)
  • 本社所在地:東京都渋谷区渋谷2-12-12三貴ビル3階
  • URL:https://cryptopie.co.jp/

株式会社ティーエフアライアンス

引用元:https://www.trustspell.com/

株式会社ティーエフアライアンスは、大阪市西区に本社を構える広告代理店になります。大阪以外にも東京に営業所を置いているので、関東圏内からの依頼にも広く対応しています。

こんな方におすすめ!

株式会社ティーエフアライアンスは、高度なターゲティングを活用したメルマガ広告運用を行ってくれます。無駄な広告配信を減らして、効率よく集客していきたい方におすすめの広告代理店です。

 株式会社ティーエフアライアンスの強み

株式会社ティーエフアライアンスの強みとして、Web広告の運用代行に広く対応している点が挙げられます。リスティング広告やモバイル広告、予約型広告などメルマガ広告以外の広告運用代行も依頼することが可能です。

メルマガ広告以外の広告運用も検討している際に、ティーエフアライアンスは最適な代理店になります。

株式会社ティーエフアライアンスの概要

  • 会社名:株式会社ティーエフアライアンス
  • 本社所在地:大阪府大阪市西区立売堀4-7-24 TMG阿波座ビル7F
  • URL:https://www.trustspell.com/

メディアマックスジャパン株式会社

引用元:https://www.mmj.ne.jp/

メディアマックスジャパン株式会社は、京都市左京区に本社を置くWebマーケティング・システム制作会社です。インターネット広告の代理店業務にも力を入れており、メルマガ広告をはじめとして、幅広くWeb広告の運用代行を請け負っています。

こんな方におすすめ!

メディアマックスジャパンは、広告運用の効果測定・分析、経過報告・月次報告などを細かく行ってくれます。Webマーケティング・システム制作を扱っていることもあり、詳細なデータ分析に定評があります。

データに基づいた客観的な広告運用を行いたい方に、メディアマックスジャパンはおすすめです。

 メディアマックスジャパン株式会社の強み

メディアマックスジャパンの強みとして、メルマガ広告の流入先であるランディングページ、オウンドメディア、サテライトサイトの制作に対応している点が挙げられます。

メルマガ広告で集客できたとしても、流入先のページ・サイトのクオリティが低いと顧客が離脱してしまう可能性が高いです。メルマガ広告での集客を無駄にせず、効率よく売上に繋げていきたい際に、メディアマックスジャパンは心強い会社です。

メディアマックスジャパン株式会社の概要

  • 会社名:メディアマックスジャパン株式会社
  • 本社所在地:京都府京都市左京区吉田泉殿町1-34ダイショウ百万遍ビル3F
  • URL:https://www.mmj.ne.jp/

株式会社ライフマップ

引用元:https://lifemap.jp/

株式会社ライフマップは、東京都渋谷区に本社を置くマーケティング・プロモーション企画会社です。専門学校やスクールなど、教育機関の広報・集客支援に特化したサービスを提供しています。

こんな方におすすめ!

株式会社ライフマップは教育機関の広報・集客支援実績が豊富です。現在、スクールや専門学校を経営・運営していて、集客に困っている方におすすめのマーケティング会社になります。

 株式会社ライフマップの強み

株式会社ライフマップの強みとして、メール広告をはじめとした純広告の運用に広く対応している点が挙げられます。Web媒体のみならず、雑誌媒体での広告運用実績も充実しており、幅広い年齢層の読者層にPRすることが可能です。

雑誌媒体では、スクールの主な集客対象となる高校生向けの雑誌で特に運用実績が豊富となっています。

株式会社ライフマップの概要

  • 会社名:株式会社ライフマップ
  • 本社所在地:東京都渋谷区渋谷2-16-5-11F
  • URL:https://lifemap.jp/

 

メルマガ広告を自社運用する際にオススメの業務効率化ツール

メルマガ広告を自社運用する場合、広告運用業務を可能な限り効率化することが肝要です。人員が限られている中小企業・スタートアップ企業となると、メルマガ広告運用に人員を割く余裕がないケースも多いと思います。

そこでおすすめしたいのが、メルマガ広告運用の業務効率化ツール「Databeat Explore」です。

メルマガ広告運用の効果を可視化する「Databeat Explore」

Databeat Explore
Databeat Exploreを利用することで、メルマガ広告運用の効果を可視化することが可能です。Databeat Exploreでは、各種広告運用データを自動で抽出して数値化・グラフ化を行ってくれます。

手動でデータを収集・入力する必要がなくなり、メルマガ広告運用担当者の負担軽減に繋げることができます。

メルマガ広告運用における「Databeat Explore」の3つの活用ポイント

メルマガ広告運用におけるDatabeat Exploreの活用ポイントとして、下記の3点が挙げられます。

  1. 取得したメルマガ広告のデータを最新の状態で保持可能
  2. リアルタイムで予算・目標値の管理ができる
  3. メルマガ広告の運用レポートを自動で作成
 取得したメルマガ広告のデータを最新の状態で保持可能

Databeat Exploreでは、取得したメルマガ広告のデータを最新の状態で保持することが可能です。データ元のページにアクセスして、更新をかける必要もありません。

最新のデータを確認できるので、古いデータを利用することなく運用を進めることができます。

 リアルタイムで予算・目標値の管理・変更ができる

Databeat Exploreのダッシュボードでは、メルマガ広告の予算・目標をリアルタイムで管理・変更することができます。ツール利用者の間で手軽に予算・目標値を共有できるので、情報共有の手間を省くことも可能です。

 メルマガ広告の運用レポートを自動で作成

Databeat Exploreを利用することで、メルマガ広告の運用レポートを自動で作成することができます。自動で収集したデータをもとに、自動でレポートを作成可能ですので、メルマガ広告運用の業務を大幅に効率化することが可能になります。

 

まとめ

メルマガ広告の運用で着実に成果を出したい場合は、広告代理店に運用代行を依頼するのがおすすめです。広告代理店に依頼することで、メルマガ広告のプロが運用を行ってくれます。メルマガ広告を代理店に依頼する際は、本記事で紹介した選定ポイントを参考にしてみてください。

メルマガ広告を自前で運用する場合は、広告運用の業務効率化ツール「Databeat Explore」の利用をおすすめします。Databeat Exploreは「2週間無料」で試すことが可能ですので、これを機にぜひ利用してみてください。

Googleデータポータルを活用して分析業務を効率化するツール
DatabeatExplore

こんな方にオススメ

・広告数字の集計が大変

GAと広告数字を同時に集計したい

・人力レポートではミスが発生する

Googleデータポータルを活用したい

メルマガ広告に強みをもつおすすめ代理店4選と上手な選び方
最新情報をチェックしよう!
>広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

Databeat Exploreは、WEB広告データの見える化を実現するサービスです。
様々な広告データを抽出・統合・一元化し、見たいデータを見たい時に見たい場所で見ることができます。

CTR IMG