動画広告の制作会社選びガイド!上手な選び方や費用を詳しく解説

動画広告の制作会社選びガイド!上手な選び方や費用を詳しく解説

近年、ネット広告の中でも特に注目を集めているのが動画広告です。動画広告はユーザーの視覚と聴覚を通じて情報を伝達できる上、インパクトも強いため、従来の広告よりも高い効果が期待できます。

しかし、動画広告を運用するためには動画の制作が必要なため、ノウハウがない状態で参入するのはハードルが高いと感じている企業も多いでしょう。

上記の問題は、動画広告制作会社に依頼することでおおよそ解決できます。当記事では動画広告の制作会社について、サービス内容やメリット、選び方を解説の上、おすすめの制作会社を紹介していきます。

目次

動画広告制作会社とは?

動画広告制作会社とは

動画広告制作会社とは、動画制作会社の中でも広告用の動画を手がけている会社のことです。近年、ネット広告市場の拡大と動画プラットフォームの普及により、動画広告が効果的なマーケティング手法として注目されるようになりました。

しかし、動画の制作には専門的なスキルが必要なため、一般企業が自前で動画広告を用意するのは現実的ではありません。動画制作会社に動画広告の制作を依頼すれば、自社に動画制作のノウハウがなくても広告用の動画を制作できるため、利用する企業が増えてきています。

動画広告制作会社のサービス内容

動画広告制作会社のサービス内容は、基本的に広告用動画の制作がメインとなります。集客したいターゲットに合わせた動画の企画や撮影、編集までを一手に担ってくれるので、発注側は動画広告制作会社とのコミュニケーションや中間制作物の確認、納品された動画の最終確認などを行うだけで広告用動画を用意することが可能ですよって、発注側は動画広告の運用に力を入れることができます。

また、動画広告制作会社の中には動画制作から運用まで代行してくれる会社も存在しており、動画広告に関する業務の大半を任せることが可能です。広告運用の代行まで行ってくれる会社であれば、運用を見越した動画の制作が可能なので、より効果的な広告運用が実現できます。

動画広告に関する業務に自社のリソースを割く余裕がない場合には、動画広告運用まで行ってくれる動画広告制作会社に依頼すると良いでしょう。

 

制作会社に依頼した際の動画広告の制作費用

制作会社に動画広告の制作を依頼した際の費用について、料金体系と全体の相場に分けて解説します。

制作会社に依頼した際の動画広告の制作料金体系

動画広告の制作における料金体系は、制作会社によって異なります。しかし、一般的な料金体系の主な内訳は以下のようになっていることが多いです。

企画・構成に関する費用 企画・構成費

脚本代

ディレクション費

撮影に関する費用 撮影機材費

撮影場所のレンタル費

特機費

編集に関する費用 映像編集費

3DCG・イラスト制作費

音響関連の録音費

人件費等 カメラマン・照明エンジニア代

ナレーター・キャスト出演費

ヘアメイク・スタイリスト代

その他経費 ロケハン費

交通費

上記のように、動画制作の費用は細かい内訳から成り立っています。予算に限りがある場合は、各内訳にかかる費用を必要に応じて抑えるか、必要のない項目を削っていくことになるでしょう。

動画広告の制作費用相場

動画広告の制作費用は、一般的に「30万円~」としている企業が多いです。しかし、撮影が必要な実写の動画広告を制作するのであれば、40万円~100万円程度かかることを想定しておいた方が良いでしょう。

もちろん、有名人のキャスティングや最新技術の利用などを行った場合、金額は上限なく上がります。

 

動画広告の制作を制作会社に依頼する5つのメリット

動画広告の制作を制作会社に依頼する5つのメリット

  1. クオリティが担保される
  2. 自社制作よりも短納期になりやすい
  3. 自社のリソースを割く必要がない
  4. 専門会社ならではのネットワークが利用できる
  5. 最新の技術が利用できる

動画広告の制作を制作会社に依頼すると様々なメリットがあります。自社では制作が難しいような、最新技術を使用した動画の制作が行えることも大きな利点です。5つのメリットについて詳しく見ていきましょう。

メリット1:クオリティが担保される

1つ目のメリットは動画のクオリティが担保されることです。動画制作を専門にしている組織によって動画が制作されるため、一般の企業が自前で制作するよりもクオリティが高い動画を制作できます。

特に、撮影の技術はカメラマンと現場を回すディレクターの腕に大きく依存するため、自社で優秀なカメラマンを用意できるような人脈がないのであれば、制作会社に依頼した方が安心でしょう。

メリット2:自社制作よりも制作期間を短くすることができる

自社制作よりも制作期間が短くなりやすいことも、動画広告の制作を制作会社に依頼するメリットです。制作会社は動画制作の経験が豊富なこともあり、制作業務が効率化されています。

よって、自社でノウハウがない状態から動画制作を始めるよりも、短期間で確実に動画を準備することが可能です。

動画広告に限らず、広告運用は広告を出稿してから効果が出るまである程度の時間がかかります。動画広告の恩恵を早く受けたいのであれば、動画広告制作会社に依頼するのがおすすめです。

メリット3:自社のリソースを割く必要がない

制作会社に動画制作を依頼すれば、自社のリソースを動画制作に割く必要がありません。自社で動画を制作するとなると、担当者が動画制作に専念することになり、日常の業務に支障が出てしまう可能性が高いです。

動画制作に関するノウハウがない場合は特に制作に時間がかかるため、より長期間通常業務を圧迫してしまいます。

動画広告を制作会社に依頼すれば、自社の人的リソースが割かれることがないため、通常業務に支障を出すことなく動画広告を準備することが可能です。

メリット4:専門会社ならではのネットワークが利用できる

専門会社ならではのネットワークが利用できるのも、動画広告を制作会社に依頼するメリットです。自社で動画広告を制作するとなると、カメラマンや照明エンジニアなどの手配に時間がかかったり、希望通りの出演者をキャスティングできない可能性があります。

メリット5:最新の技術が利用できる

動画広告制作会社の中にはドローンや6Kカメラといった最新の機材を使用した撮影にも対応している会社があります。のような機材を扱うためには、確かな経験と技術が必要になるため、自前で撮影するのは現実的ではありません。

よって、最新の技術を使用した動画広告を制作したいのであれば、動画広告制作会社に依頼した方が良いでしょう。

 

動画広告を制作会社に依頼する3つのデメリット

  1. 修正等のやり取りにラグがある
  2. 自社製品に関する知識に乏しいケースがある
  3. 金銭的コストがかかる

製品に関する知識に乏しいケースは、動画の品質に大きく関わるので、依頼する際には制作会社に事前にしっかりと製品の概要を伝えることが重要になります。

デメリット1:修正等のやり取りにラグがある

まず挙げられるデメリットは、修正等のやり取りにラグがあることです。自社で制作する場合は社内で密にコミュニケーションが取れるので、修正や内容変更などに即時に対応できます。

しかし、動画広告制作会社に依頼する場合はメール等でのやり取りが必要なため、直接伝えるよりも時間がかかりがちです。修正回数が少なければそこまで問題にはならないですが、回数が重なると大きなラグになってしまいます。

 デメリットの対応策

上記のデメリットを軽減するためには、企画や中間報告などでしっかりと動画の内容を擦り合わせ、制作された動画に修正が発生しないよう努めることが重要になります。

また、修正等に関するやり取りをメールではなく、ZoomなどのWeb会議ツールで行うようにすれば、細かいニュアンスも伝えられるため、やり取りの回数を減らすことができるでしょう。

デメリット2:自社製品に関する知識に乏しいケースがある。

自社製品に関する知識に乏しいことも、動画広告を制作会社に依頼するデメリットです。自社で動画を制作する場合は、担当者も社内の人間になるため、製品についての理解度が高く、魅力を最大限に活かした動画を作りやすくなります。

対して、動画広告制作会社に依頼する場合は、制作側の製品に関する知識がないケースがあります。よって、クオリティは高いものの、製品の魅力を活かしきれない動画に仕上がってしまう場合があります。

 デメリットの対応策

上記のデメリットは製品に関する知識を事前にしっかりと共有することで解消できます。企画の打ち合わせ時に製品の特徴や魅力が伝わるような資料を作成しておけば、制作会社にスムーズに製品に関する知識を共有することが可能です。

口頭では伝え漏れや伝達ミスなどが起こる可能性があるので、できる限り資料を用意することをおすすめします。

デメリット3:金銭的コストがかかる

金銭的コストがかかるがかかることも、動画広告を制作会社に依頼するデメリットです。動画広告制作会社に依頼すると、動画の制作に人的リソースを奪われずに済む代わりに、金銭的コストが必要になります。

前述の通り、費用は数十万~数百万円に上るため、依頼の際にはある程度の覚悟が必要です。

 デメリットの対応策

上記デメリットに関しては必要経費なので、根本的な解決はできません。ただし、動画の内容や使用する機材などを限定することで、制作費用を抑えることが可能です。特に、アニメーション動画は撮影をする必要がないため、撮影機材費や各種人件費が必要なくなります。

とはいえ、予算を第一に考えて動画広告の質が下がってしまっては本末転倒です。動画制作を依頼する際には、ある程度予算を決め、予算内で最もクオリティの高い動画を制作できるよう、擦り合わせていくと良いでしょう。

 

動画広告制作会社の利用はズバリ、こんな方におすすめ!

動画広告制作会社の利用はズバリ、こんな方におすすめ!

動画制作に関するノウハウがない方

まずおすすめできるのは、動画制作に関するノウハウがない方です。動画制作に関する知識や技術がない状態で制作した動画は質の担保ができず、広告として運用しても大きな成果を期待できません。

動画広告制作会社を利用すれば、制作会社内の企画の打ち合わせに参加できるため、どのように動画の内容を決めているかを知ることができ、制作の流れも掴むことができます。今後自社内での動画制作を目指しているとしても、最初のうちは動画広告制作会社に依頼し、ノウハウを蓄積した方が良いでしょう。

短期間で動画広告を準備したい方

動画広告の制作を制作会社に依頼すれば、短期間で動画広告が仕上がります。また、動画のクオリティも担保されるので、企画段階でしっかりと打ち合わせを行い、動画の完成イメージが共有できていれば、修正回数も少なく済むことが多いです。

よって、動画広告制作会社での依頼は短期間で動画広告を準備したい方にもおすすめです。自社で動画広告を準備するとなると、担当者が動画制作の専門家ではないため時間がかかる上、クオリティが担保できないので、修正の回数が増えてしまう可能性があります。

また、動画の制作中は担当者のリソースを他の業務に回せないこともデメリットです。

以上を踏まえると、短期間で動画広告を準備したい方は制作会社に依頼した方が賢明でしょう。

高クオリティな動画を求めている方

動画広告のクオリティを重視したい方も、動画広告制作会社に依頼した方が良いでしょう。前述の通り、動画広告制作会社は動画制作を専門としている組織なので、クオリティの高い動画を制作できます。特に撮影に関しては一朝一夕で習得できるスキルではないので、制作会社に依頼した方がクオリティを担保しやすいでしょう。

また、最新機材や最新の技術を使うことができる制作会社もあるので、自社では制作が難しいような動画も制作できます。動画広告のクオリティを求めるのであれば、制作会社への依頼を検討してみましょう。

 

動画広告の制作会社を上手に選ぶ5つのチェックポイント

動画広告制作会社を上手に選ぶチェックポイント

動画広告の制作会社を選ぶ際には、以下の5つのポイントに注目してみましょう。

  • 動画制作の実績が豊富か
  • 動画マーケティングの知見があるか
  • 自社が属する業界に詳しいか
  • スケジュールが適切か
  • 見積もりが明確か

POINT1.動画制作の実績が豊富か

まずは動画制作の実績が豊富かどうかを確認しましょう基本的に、動画制作会社は公式ホームページなどに今までの実績を掲載しています。大手企業との取引があったり、予定している運用方法に近い形式の動画の制作経験が豊富な会社であれば、安心して制作を依頼することができるでしょう。

逆に、公式ホームページで実績が確認できなかったり、運用を予定している動画に近い実績がない場合は、求めているクオリティの動画が納品されない可能性があるので、注意しましょう。

POINT2.動画マーケティングの知見があるか

動画マーケティングの知見があるかどうかも、動画広告の制作会社を選ぶ際のポイントです。制作会社自体に動画マーケティングの知識やノウハウがあれば、運用方法に適した動画を制作してくれます。

特に、動画広告運用まで請け負っている動画制作会社は、運用を見越して動画を制作してくれるので、運用時に大きな成果を期待することが可能です。

POINT3.自社が属する業界に詳しいか

動画広告の制作会社を選ぶ際には、自社が属する業界に詳しいかも確認しておきましょう。今までに自社と同じ業界の企業の動画を制作した実績があれば、業界の大まかなターゲット層などを把握している可能性が高いです。結果、より効果的な集客が期待できます。

POINT4.制作スケジュールが適切か

制作スケジュールが適切かどうかも、動画広告の制作会社を選ぶ際に確認しておきたいポイントです。動画の製作期間が他の会社よりも長い傾向にある制作会社は、余分な工数で見積もりの金額を上げている可能性があります。

制作会社を選ぶ際には複数の企業を検討の上、スケジュールを比較し、他よりも時間がかかるようなら理由を聞くようにしましょう。

POINT5.見積もりが明確か

スケジュールと同様、しっかりと確認したいのが見積もりです。制作会社によっては見積もりに内訳が掲載されておらず、何にどれだけの費用がかかっているのか不明瞭なことがあります。見積もりが明確でない会社は注意が必要です。

当記事で紹介している料金体系を参考にしつつ、見積もりが明確でない場合は内訳を聞いて、金額が適切かを確認した方が良いでしょう。

 

動画広告を制作会社への依頼から納品されるまでの一連の流れ

動画広告を制作会社への依頼から納品されるまでの一連の流れ

動画広告を制作会社へ依頼するメリットやポイントなどが分かったところで、制作会社へ依頼してから納品されるまでの一連の流れを紹介します。

1.動画の内容を企画する

まずは動画の内容を企画します。打ち合わせでどのような動画にしたいかを制作会社に伝え、脚本や絵コンテを作成してもらいましょう。脚本や絵コンテで動画の内容が大まかに確認出来たら機材準備やキャスティングに入ります。

2.機材の準備やキャスティングを行う

動画の内容が決まったら、必要な機材の準備やキャストの選出を行います。撮影機材については、制作会社の手持ちで用意できないものに関してはレンタルで調達することが多いです。キャストの選出は指名がない場合はオーディションなどで決定します。キャストや機材調達の目途が立ったら、次は香盤表の作成です。香盤表は撮影当日のスケジュールや動きをまとめたものになります。

3.動画素材を撮影する

撮影当日は、基本的に香盤表の通りに撮影を進めていきます。撮影されたカットに対してOKを出すのは依頼者側の仕事なので、当日は必ず担当者が立ち会うようにしてください。

撮影は一度きりなので、後から他のカットが必要になったとしても取り返しがつきません。後々のトラブルを避けるためにも、なるべく動画制作に関する裁量権を持つ人が参加するようにしましょう。

4.撮影した動画を編集し完成

素材の撮影が完了したら、動画の編集を行います。動画に専用のBGMやナレーションなどを入れる場合は編集前に完了しておく必要があるので注意しましょう。編集が完了したら完成品をチェックし、問題なければ納品されます。

 

【厳選】動画広告に強みを持つおすすめ制作会社5選

以下からは動画広告の制作に強みもつ会社を紹介します。それぞれ特徴があるので、自社に合った制作会社を探してみてください。

株式会社LOCUS

引用元:https://www.locus-inc.co.jp/

株式会社LOCUSは、1,500社を超える企業の広告用動画を手がけた実績のある動画制作会社です。動画制作だけでなくコンサルティングにも力を入れており、運用方法に合わせた効果的な動画制作をサポートしてます。

こんな方におすすめ!

専門家によるコンサルティングが受けられるので、動画広告の運用の方向性が決まっていない人におすすめです。製品の特性やターゲット層に合わせて、効果的な動画の内容と運用方法を提案してくれます。

 株式会社LOCUSの強み

株式会社LOCUSは特にCM制作に強みを持っており、広告代理店を介さずにCM動画を出稿することで、コストを抑えた動画制作を実現しています。CM動画の制作を考えているのであれば、まず検討したい企業です。

株式会社LOCUSの概要

  • 会社名:株式会社LOCUS
  • 本社所在地:東京都渋谷区道玄坂2-10-7 新大宗ビル2号館15階
  • URL:https://www.locus-inc.co.jp/

モバーシャル株式会社

引用元:https://www.mobercial.com/

モバーシャル株式会社は18,000本を超える動画制作実績を持つ動画制作会社です。キリンビバレッジやキッコーマンといった大手企業の動画を制作した実績もあり、安心して動画制作を任せることができます。

こんな方におすすめ!

モバーシャル株式会社は特にYouTube用の動画制作のノウハウが豊富です。YouTubeにおける動画広告の他、チャンネルでの運用を考えている企業にもおすすめします。

 モバーシャル株式会社の強み

YouTubeをはじめとしたオンラインビデオの制作に強みを持っているのがモバーシャル株式会社の特徴です。一般的な動画の他、ライブ配信なども得意としており、広告の枠を超えた動画マーケティングを実施できます。

モバーシャル株式会社の概要

  • 会社名:モバーシャル株式会社
  • 本社所在地:東京都渋谷区恵比寿南2-23-17 MOBERCIAL BLDG.
  • URL:https://www.mobercial.com/

株式会社サムシングファン

引用元:https://www.somethingfun.co.jp

株式会社サムシングファンは、動画広告から展示会用動画、テレビCMまで幅広く手がけている動画制作会社です。実写動画はもちろん、アニメーションや3DCGなどを活用した動画制作の実績も豊富です。

こんな方におすすめ!

通常の撮影だけでなくドローンやサーモカメラなどの特殊機材による撮影を実施できる技術力があります。クリエイティブな動画広告を作りたい場合は、強い味方になってくれるでしょう。

 株式会社サムシングファンの強み

動画制作のみならず、動画の活用提案も行っているのが株式会社サムシングファンの強みです。動画広告の活かし方についてもノウハウを持っているので、運用方法を見越した上で動画を制作することができます。

株式会社サムシングファンの概要

  • 会社名:株式会社サムシングファン
  • 本社所在地:東京都千代田区九段南3-1-1 久保寺ビル7階
  • URL:https://www.somethingfun.co.jp

株式会社プルークス

引用元:https://proox.co.jp/

株式会社プルークスは特にコンサルティングに力を入れている動画制作会社です。マーケティングに関するスキルに長けたスタッフが想定している運用に最適な動画内容を提案してくれるため、大きな成果が期待できます。

こんな方におすすめ!

先に述べたようにコンサルに力を入れており、動画広告に関する知見がなくても安心して制作を任せることができます。よって、動画広告に関するノウハウを持っていない企業におすすめです。

 株式会社プルークスの強み

株式会社プルークスは営業コストを削減することによって、低価格化に成功しています。クオリティの高い動画を手ごろな価格で制作できるのは、大きな強みといえるでしょう。

株式会社プルークスの概要

  • 会社名:株式会社プルークス
  • 本社所在地:東京都中央区銀座6−16−3 東京真珠ビル4階
  • URL:https://proox.co.jp/

株式会社Global Japan Corporation

引用元:https://gjc.me/

株式会社Global Japan Corporation広告媒体に合わせた動画の制作を得意としており、3.000社を超える動画制作の実績があります。顧客満足度も96%と高く、確かなクオリティの動画広告を制作してくれます。

こんな方におすすめ!

短編動画の動画を格安で制作できるため、短編でも効果が期待できるSNSやYouTube広告などでの運用を考えており、動画制作の価格を抑えたい人におすすめです。

 株式会社Global Japan Corporationの強み

株式会社Global Japan Corporationの強みはクオリティの高い動画を安く制作できることです。短編であれば10万円程度で制作が可能で、制作分の予算を運用費用に回すことができます。

株式会社Global Japan Corporationの概要

  • 会社名:株式会社Global Japan Corporation
  • 本社所在地:東京都東京都千代田区内神田1-8-9
  • URL:https://gjc.me/

※参考:下記の記事ではYouTube広告制作会社について特集しています。是非ご覧ください。

関連記事

YouTube広告と言えば、今注目が高まっている動画広告のひとつです。これまでWEB広告と言えばリスティング広告やディスプレイ広告でしたが、今後は5Gの普及によって、さらにYouTube広告などの動画広告の需要が高まってくることが考えられま[…]

YouTube広告制作ガイド!制作手順やツール、おすすめ制作会社を詳しく解説

 

動画広告制作も可能なおすすめ広告代理店3選

続いて、動画広告の制作も請け負っている広告運用代理店を紹介します。紹介する企業は動画の制作から運用までワンストップで行ってくれるので、動画広告運用に関する業務を外部に一任したい人におすすめです。

株式会社グラッドキューブ

引用元:https://www.glad-cube.com/

株式会社グラッドキューブは、動画広告の制作や運用の他、Webサイトの制作や解析、Web広告の運用までを代行している企業です。特に広告運用については幅広く対応しており、Web集客に関する業務を一任できます。

こんな方におすすめ!

Web集客に関する業務を包括的に代行してくれるため、動画広告に限らず多角的に集客を行いたい企業におすすめです。

 株式会社グラッドキューブの強み

株式会社グラッドキューブは2019年のGoogle Premier Partner Awardsの動画広告部門にて第1位を受賞しています。動画制作から運用まで、Googleも認めるクオリティで代行してくれるため、大きな成果を期待することが可能です。

株式会社グラッドキューブの概要

  • 会社名:株式会社グラッドキューブ
  • 本社所在地:大阪府大阪市中央区瓦町2-4-7 新瓦町ビル 8F
  • URL:https://www.glad-cube.com/

株式会社PLAN-B

引用元:https://www.plan-b.co.jp/

株式会社PLAN-Bは基本的には広告運用代理店ですが、株式会社プルークスと業務提携することで、動画制作から運用までを一本化して請け負っています。規模の大きい広告運用を得意としており、短期で確かな成果を出したい企業に向いています。

こんな方におすすめ!

あくまで広告代理店なので、動画制作は広告運用のオプションとして考えたほうが良いでしょう。広告運用は50万円~請け負っているので、ある程度規模の大きな広告運用を検討している企業におすすめです。

 株式会社PLAN-Bの強み

株式会社PLAN-Bの強みは、動画制作を自社ではなく専門家に任せていることです。株式会社プルークスの技術力を利用しつつ、運用まで外部に一任したい人は検討する価値があるといえるでしょう。

株式会社PLAN-Bの概要

  • 会社名:株式会社PLAN-B
  • 本社所在地:大阪府大阪市西区新町1-28-3 四ツ橋グランスクエア 6階
  • URL:https://www.plan-b.co.jp/

CINEMATO

引用元:https://cine-mato.com/

CINEMATOは株式会社EXIDEAが運営する動画マーケティング総合支援サービスです。動画の制作から運用までを請け負っている他、運用のコンサルティングなども行っています。

こんな方におすすめ!

CINEMATOでは動画広告の制作や運用代行の他、各種セミナーも開催しています。今後動画広告運用の内製化を考えているのであれば、一度参加して見ると良いでしょう。

 CINEMATOの強み

動画広告の制作から運用までワンストップで行ってくれる上、コンサルも入るので、動画広告に関する業務をほとんど一任できます。動画広告運用に自社のリソースを割きたくない企業は、利用する価値があるでしょう。

CINEMATOの概要

  • 会社名:株式会社EXIDEA
  • 本社所在地:東京都墨田区本所1-4-18
  • URL:https://cine-mato.com/

※参考:下記の記事では動画制作も行ってくれる広告代理店を特集しています。

関連記事

Web広告の運用を行う際、画像やテキストに加えて「動画」を活用することで視覚効果の高い広告運用が可能になります。広告代理店の中には、広告用の動画制作に強みを持っている代理店も多いです。 本記事では動画制作にも強みをもつおすすめ広告代理[…]

動画制作にも強みを持つおすすめ広告代理店7選と上手な選び方

 

クリエイティブ変更と一緒に考えたい「動画広告効果測定」のススメ

動画広告の効果を正確に読み取るには、効果測定が不可欠です。以下からは動画広告の効果測定をするメリットや、おすすめのツールを紹介します。

動画広告効果測定のメリット

動画広告効果測定の最大のメリットは、出稿した動画広告に効果があるかを数値で確認できることです。広告の視聴回数やクリック数、コンバージョンにつながった数などを確認することで、動画広告が成果を出しているかを把握できる他、問題点を洗い出し、改善につなげることができます。

動画広告の効果を可視化するおすすめツール:「Databeat Explore」

データビートロゴ

Databeat ExploreはAPIなどを活用してデータを収集し、可視化してくれるツールです。動画広告をはじめとしたデジタルマーケティングに関するデータを管理し、一目で分かるようにまとめてくれるので、広告運用において改善すべきポイントをすぐ洗い出すことができます。

動画広告運用における「Databeat Explore」の3つの活用ポイント

Databeat Exploreには、以下の3つの活用ポイントがあります。

1.常に最新のデータを収集できる

Databeat ExploreはAPIなどを活用することでデータ収集を自動化しているため、常に最新のデータを確認できます。データの取得先で情報を確認し、手動で情報を更新する必要がないため、業務効率化につながります。

2.フォーマットに合わせてデータ出力方式を変更できる

Databeat Exploreでは、Google Analytics、Google Data Portal、BIツールなどのフォーマットに合わせてデータを出力できます。データの移行は使用しているツールが多いほど手間がかかるため、出力方式を柔軟に変えられることは大きなメリットといえるでしょう。

3.ダッシュボードでデータが一目で分かる

必要な情報が一目で見られるよう、ダッシュボードが上手くまとめられていることもDatabeat Exploreのポイントです。主要な情報を俯瞰で見ることができるので、問題点の洗い出しがしやすく、早期の改善につなげられます。

 

まとめ

動画広告の制作会社についてお話ししてきました。動画広告の制作を制作会社に依頼すれば、クオリティが担保された動画を短期間で準備することができます。また、自社の労働力を割く必要がないため、業務に支障が出づらいのもメリットです。

動画広告制作会社を選ぶ際には、実績やマーケティングへの知見を確認する他、スケジューリングや見積もりの内訳にも注目しましょう。

ぜひ当記事を参考に、自社に合った動画広告制作会社を探してみてください。

Googleデータポータルを活用して分析業務を効率化するツール
DatabeatExplore

こんな方にオススメ

・広告数字の集計が大変

GAと広告数字を同時に集計したい

・人力レポートではミスが発生する

Googleデータポータルを活用したい

動画広告の制作会社選びガイド!上手な選び方や費用を詳しく解説
最新情報をチェックしよう!
>広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

Databeat Exploreは、WEB広告データの見える化を実現するサービスです。
様々な広告データを抽出・統合・一元化し、見たいデータを見たい時に見たい場所で見ることができます。

CTR IMG