【Googleデータポータル×スプレッドシート】連携・レポート作成完全ガイド!接続方法からデータソースの切り替え方法まで詳しく解説

近頃、計算ソフトとしてGoogleスプレッドシートを活用する企業が増えています。インストール不要でインターネット上で共有できる便利さもGoogleスプレッドシートの魅力です。

このスプレッドシートと同じGoogleが提供するレポーティングツールのデータポータルを連携させると、さまざまなメリットがあります。

本記事ではGoogleのデータポータルとスプレッドシートを連携して使用することのメリットから、実際の連携方法・使い方までを総合的に解説します。Webマーケティング担当者のデータ管理や分析にぜひお役立てください。

目次

押さえておきたい「Googleデータポータル」の基礎知識

まず、Googleデータポータルについての基礎知識を押さえておきましょう。Googleデータポータルの概要を紹介します。

「Googleデータポータル」とは?

データポータル

引用元:Google データポータル

Googleデータポータル(旧Googleデータスタジオ)とは、Googleが提供するBI(ビジネスインテリジェンス)ツールです。直感的で簡単な操作方法と豊富な外部データ連携機能を備え、さまざまなデータの可視化を行えます。

Googleのアカウントを開設していれば誰でも無料で利用できます。基本的にドラッグアンドドロップでレポート作成を行うため、プログラミングの知識や高度なPCスキルを必要としないところも特徴です。

※参考:Googleデータポータルの料金について詳しく解説した記事はこちら

関連記事

Googleデータポータルは、簡単な操作でデータをビジュアル化できる優れたツールです。導入を検討されている方も多いと思いますが、料金が気になるところです。 そこで今回は、Googleデータポータルの特徴をふまえ、他サービス連携や有料テ[…]

Googleデータポータルの料金に関する疑問を徹底解説!他サービス連携やテンプレなど有料になるケース、費用を抑えるポイントも紹介

Googleデータポータルで連携できるデータの種類

連携可能データ

引用元:Google データポータル

Googleデータポータルは非常に多くのデータと連携できます。「Googleコネクタ」を使用して、インターネットでアクセス可能なデータソースに接続します。

現在コネクタの数は、約500種類(2022年1月現在)です。Googleアナリティクス、スプレッドシート、広告、BigQuery、YouTubeなどGoogle提供のツールとの相性が良く、簡単に接続できます。

WEBマーケティング担当者がよく使う、Facebook、Instagram、Twitter、LinkedInの各種SNS広告とも連携可能です。ただし、Yahoo!広告とLINE広告はそのままコネクタが用意されていません。

ただし、これらのデータをGoogleデータポータルで利用できないという訳ではありません。スプレッドシートやBigQueryにデータを渡すことで、Googleデータポータルで利用できるようになります。

さらに詳しくGoogleコネクタを知りたい・利用できるコネクタを探したい場合は、以下の公式ヘルプをご参照ください。

Googleコネクタ|データポータルのヘルプ

高度なコネクタ検索|データスタジオリファレンス

Googleデータポータルの3つの特徴

レポート作成に便利なGoogleデータポータルの、主な特徴を3つ紹介します。

  1. 連携したデータを組み合わせて活用できる
  2. 簡単な操作でデータを視覚化できる
  3. データの共有が簡単に行える

 1.連携したデータを組み合わせて活用できる

Googleデータポータルは、連携したデータを組み合わせて活用できるのが特徴です。さらに、元データを使って新しい計算指標やディメンションを作成できます。

高度なプログラミングの知識は必要ありませんが、持っていれば高度な関数を使ったフィールドも作成可能です。社内のエンジニアに依頼すれば、さらに強力なマーケティングツールとなります。

 2.簡単な操作でデータを視覚化できる

必要な基本操作は、クリックとドラッグアンドドロップのため、いろいろ試しながらレポートを作成できます。変更結果は即時に反映されるので、試行錯誤にも時間がかかりません。

基本的にデータのみのスプレッドシートのデータも、わかりやすいグラフなどの視覚化ができるので結果をすぐに把握できます。

 3.データの共有が簡単に行える

作成したレポートは、インターネット経由で共有可能できるので、レポートのURLを伝えるだけで共有できます。アクセス権も細かく設定できるので、間違って編集されてしまう心配もありません。

※参考:Googleデータポータルについて詳しく解説された記事はこちら

関連記事

GoogleアナリティクスやGoogle広告を利用している方で、日々のレポーティングに手間がかかってお悩みの方はいらっしゃいませんか? Googleデータポータルは、BIツールの中でも特に初心者におすすめできる便利なツールです。Goo[…]

GoogleのBIツール「Googleデータポータル」とは?料金や分析できる内容、初心者向けの使い方など詳しく解説

 

スプレッドシートはGoogleデータポータルに連携できる!

表計算の代表的なソフトであるExcelと似ているGoogleスプレッドシートも、Googleデータポータルと連携可能です。まず、Googleスプレッドシートの概要とGoogleデータポータルと連携することによるメリットを紹介します。

参考:「Googleスプレッドシート」とは?

スプレッドシート

引用元:Googleスプレッドシート

Googleスプレッドシートとは、Googleが提供するオンラインで利用する表計算ソフトです。マイクロソフトのExcelと似た操作感で、ExcelのようにPCにインストールすることなくWebに接続するだけで使えるところが特徴です。

使用に必要な条件はGoogleアカウントを持っていることのみで、すべて無料で利用できます。データの共有もオンライン上で簡単に設定できるので、共同作業のしやすい点もポイントです。スマホ用のアプリも提供されているため、外出中どこでも確認できる利便性も魅力だと言えます。

Googleデータポータルとスプレッドシートを連携する3つのメリット

Googleデータポータルとスプレッドシートを連携する、主なメリットを3つ紹介します。

 メリット1:Googleデータポータルのコネクタがないデータソースを利用できる

日本でメジャーな広告として利用者が多いYahoo!広告は、現時点ではコネクタがリリースされていません。しかし、Yahoo!広告からダウンロードしたデータをスプレッドシートに貼り付ければ、Googleデータポータルとの連携が可能です

BigQuetyとの接続は多少のステップや知識が必要になりますが、Googleスプレッドシートとの連携は簡単で専門的なPCスキルを必要としません。誰でも扱いやすいところがスプレッドシートのメリットです。

 メリット2:スプレッドシートを統合したデータを利用できる

スプレッドシートではシートごと、ファイルごとで管理していたデータを、Googleデータポータル上では1枚のレポートに可視化してまとめることができます

同じ作業をExcelで行うと更新の度に手間がかかりますが、Googleデータポータルなら一度レポートを作成してしまえば、スプレッドシートの更新のみでレポートは自動的に反映するので作業時間の短縮にもつながります。

 メリット3:1枚のレポートで複数媒体のデータを確認できる

Googleデータポータルは、スプレッドシートのデータ以外に広告媒体や分析ツールなどと連携できます。スプレッドシートの内容にプラスして他のツールのデータも組み込めるので、1枚のレポートで複数媒体のチェックが可能です

必要なデータをすぐに確認できることに加え、複数媒体を比較した分析などにも利用できます。

Googleデータポータルとスプレッドシートの連携はこんな方に特におすすめ!

スプレッドシートのデータを視覚化してダッシュボードを作成できるので、スプレッドシートで進捗管理や予算管理を行っているマーケティング担当者におすすめです。

スプレッドシート内の必要なデータを1枚のレポートに集約させることで、日々のデータの動向も手早くチェックできます。

 

Googleデータポータルとスプレッドシートを連携する方法

Googleデータポータルとスプレッドシートの連携方法は簡単です。実際の操作画像を使用して、データの接続方法を解説します。

事前準備として「Googleアカウントを作成」「連携するスプレッドシート内にデータを格納」しておきましょう

⇒サンプルデータの引用元:Google データポータルのレポートサンプル紹介|月別キーワード別サンプルデータ

STEP1:Googleデータポータルを開いてレポートを新規作成する

データ接続1

引用元:Google データポータル

Googleデータポータルのホーム画面を開きます。

データ接続1-2

引用元:Google データポータル

左上の「作成」ボタンを押し、「レポート」または「データソース」を選択します。今回は新規レポートとそれに使用するスプレッドシートを連携するため、「レポート」を選択していきます。

「データソース」はレポートは作成せず、データソースの連携のみを行います。

STEP2:Googleスプレッドシートを接続する

データ接続2

引用元:Google データポータル

連携するデータのコネクタが表示されるので、Googleスプレッドシートをクリックします。Google提供のコネクタは最上部に出てくるのですぐに見つけられるので便利です。

データ接続3

引用元:Google データポータル

追加したいGoogleスプレッドシートを選択します。スプレッドシート名とその中のどのワークシートを連携するかをそれぞれ指定します。

連携はワークシート別に指定する必要があります。スプレッドシート全体ではありません。

データ接続4

引用元:Google データポータル

レポート追加のメッセージが出たら「レポートに追加」をクリックして完了です。このメッセージは「次回から表示しない」にチェックを入れれば、次回の連携から表示されなくなります。

 

Googleスプレッドシートのデータを使ってGoogleデータポータルでレポートを作成する方法

次は、前章で連携したGoogleスプレッドシートのデータを利用して、Googleデータポータルのレポートを作成します。今回は、前章の「レポートに追加」後の状態の画像から解説します。

STEP1:レポートを編集モードに切り替える

レポート作成1

引用元:Google データポータル

レポートの作成や変更は「編集モード」で行います。編集モードは画面右上の「編集」ボタンをクリックして切り替えます。

モードによるボタンの違いは以下のとおりです。

レポート作成2

引用元:Google データポータル

「編集モード」中は、「表示」に変化します。クリックすると表示モードに切り替わります。

レポート作成3

引用元:Google データポータル

「表示モード」中は、「編集」に変化します。クリックすると編集モードに切り替わります。

レポート編集画面

引用元:Google データポータル

編集画面では、表やグラフなどの要素を選択し、右側でデータ内容や見た目を選択していきます。

STEP2:レポートを編集する

レポート作成4

引用元:Google データポータル

表やグラフはクリックして選択し、位置や大きさなどはドラッグアンドドロップで操作できます。レポート上に表やグラフを配置していくイメージです。

レポート作成7

引用元:Google データポータル

新しく表やデータを追加するには、「グラフの追加」ボタンを押すと要素がイラストで表示されます。設置後も自由に変更できるので、とりあえず作ってみたいグラフなどを選んでみましょう。

レポート作成8

引用元:Google データポータル

グラフの種類を変更したい場合は、右側の「グラフ>棒(種類によって名前は変更されます)」の右端をクリックします。ここから好きなグラフを選ぶだけでOKです。

STEP3:使用するデータを選択する

レポート作成5

引用元:Google データポータル

ディメンションと指標は、「データ」タブで行います。ディメンションと指標は、スプレッドシートの1行目のタイトルが表示されます。そのため、Googleデータポータル上でわかりやすい短めの名前をつけておくことをおすすめします。

レポート作成6

引用元:Google データポータル

「ディメンションを追加」「指標を追加」ボタンで新しいフィールドの追加が可能です。また、現在設定されているフィールドを変更したい場合は、フィールドをクリックします。

いずれも上図のようなリストが表示され、クリックすれば各フィールドを追加・変更できます。

STEP4:レポートの見た目を整える

レポート作成9

引用元:Google データポータル

グラフや表の見た目は、「スタイル」タブをクリックして設定します。グラフの種類によって設定できる項目は自動的に切り替わります。こちらで色やフォントの大きさなどを変更し、見栄えのよいレポートを作成していきましょう。

レポート作成10

引用元:Google データポータル

Googleデータポータルで用意しているレポートテーマを設定することも可能です。「テーマとレイアウト」をクリックしてテーマを選べば、レポート全体の配色などを統一できます。

色合いの統一などのデザインに自信がないときや時短を実現したい場合などのシーンでは、使ってみてもよいでしょう。

 

Googleデータポータルに複数のスプレッドシートを読み込ませる方法

ここまで1枚のスプレッドシートを連携してきましたが、読み込みたいスプレッドシートが複数ある場合の方法を解説します。

事前準備として、読み込みたいスプレッドシートをあらかじめ用意しておきましょう。今回は「月別キーワード別追加データ」というシートを追加します。

STEP1:追加するスプレッドシートを選択する

データの追加1

引用元:Google データポータル

画面上部の「データを追加」ボタンをクリックすると、下に「データのレポートへの追加」が表示されます。基本的な操作方法はスプレッドシートを連携したときと同じです。

データの追加2

引用元:Google データポータル

追加したいスプレッドシートの名前とワークシートのシート名(ここではSheet1)を選択します。右下にある「追加」ボタンをクリックすれば完了です。

STEP2:追加したデータを確認する

データの追加3

引用元:Google データポータル

追加したデータを確認する方法は、メニューから「リソース」-「追加済みのデータソースの管理」を選択します。

データの追加4

引用元:Google データポータル

追加済みのデータソースが表示されます。さらにデータを追加したい場合は「データソースを追加」をクリックすれば、本章STEP1と同じ画面が表示され同じステップでデータを追加できます。

データ接続5

引用元:Google データポータル

各データソースは右側の「アクション」-「編集」を選択するとデータ型のタイプや集計方法、接続方法の編集などが行えます。「データの更新頻度」をクリックすれば、更新速度の指定も可能です。

 

Googleデータポータルと連携しているデータソースを変更する方法

作成済みの表やグラフのデータソースを変更したい場合の方法を解説します。

STEP1:変更したデータソースを選択する

データの追加5

引用元:Google データポータル

変更したいグラフや表を選択後、右側の「データソース」をクリックすると、「添付のデータソース」内に前章までに追加した2つのデータソースが表示されます。

新しく追加した方のデータをクリックします。

STEP2:データが反映されているかどうか確認する

データの変更1

引用元:Google データポータル

変更前のデータは上記のようになっています。

データの変更2

引用元:Google データポータル

データソースを変更した後は、CV数と表示回数が変化しています。

ただし、変更したデータのタイトルやデータ型が元データと異なる場合はエラーとなり、正しく表示できません。あらかじめ、スプレッドシートのタイトルやデータ形式を同じにしておくか、違う場合はデータポータル内でディメンションや指標を選択しなおしましょう。

参考:データが変更されない場合

データの変更3

引用元:Google データポータル

通常、Googleデータポータルはレポート内容に変更を加えるとすぐに内容が更新されます。もし、データが更新されない場合は、画面右上のボタンをクリックして「データ更新」を押してみてください。

データを手動で更新できます。

 

Googleデータポータルとスプレッドシートを連携する際の注意点

Googleデータポータルとスプレッドシートを連携する際の注意点

基本的に必要箇所をクリックするだけで進められるGoogleデータポータルですが、連携の際に注意しておきたいポイントを紹介します。

以下のポイントを意識しておくと、途中でエラーが出て先に進めなくなるなどのリスクも回避しやすくなります。

1.スプレッドシートをGoogleドライブ内に保存する

利用するスプレッドシートは、必ずGoogleデータポータルと同じアカウントのGoogleドライブに入れる必要があります。また、共有フォルダにあるスプレッドシートはGoogleデータポータルと連携できません。

共有フォルダになるデータを利用する場合は、コピーを作成しマイドライブに格納すれば利用できるようになります。

2.シートの入力は縦長の形式に整える

スプレッドシートに入力するデータは、縦に伸びる形で整えましょう。Excelのピボットテーブルをよく使う方であれば、ピボットテーブルの元データと同じ形式とイメージしていただくと理解しやすくなります。

データはA1のセルからはじめ、余分な空白をデータの上に作らないようにしてください。

よいデータ例

良いデータの例(年月・媒体名・広告グループ名・表示回数・クリック数・CV数がディメンションや指標のフィールド名となる)

悪いデータ例

こちらはGoogleデータポータルでうまく認識できず、エラーの原因にもなる

Googleデータポータルの公式ヘルプにも理想的なスプレッドシートのデータの作成方法が記載されていますので、参考にしてみてください。

Google スプレッドシートのデータソースを作成する|データポータルのヘルプ

3.セルの結合を行わない

スプレッドシートのセル同士を結合すると、Googleデータポータルで読み込めず、エラーが発生する場合があります。1つのセルにはデータ(数値、文字列、日付など)のみを格納してください。長いテキストを入力するのも避けましょう。

また、データ以外の要素(グラフや画像など)も取り込むことはできません。レポートに画像が必要な場合は、Googleデータポータル上で画像を挿入するようにします。

4.同じフィールド名を使用しない

Googleデータポータルは、スプレッドシートの1行目を指標やディメンションの名前として使用します。そのため、スプレッドシートのヘッダーは1行にする必要があります。さらに、フィールドの名前は重複しないように注意しましょう。

フィールド名が重複していると、Googleデータポータルが認識できず、データが連携できない原因となります

5.データの総計行を入れない

データの総計などの余分な行も入れないようにしましょう。Googleデータポータルでは、総計も通常のデータと同じように集計するため、間違った結果がでる要因になります。元データはシンプルに、余計なものは入れないと心がけておくことをおすすめします。

 

Googleデータポータルとスプレッドシートを連携する際によくある疑問Q&A

Googleデータポータルとスプレッドシートを連携する際によくある疑問Q&A

Googleデータポータルとスプレッドシートを連携する際に、よくある疑問点についてQ&A形式でまとめました。困ったときにぜひ参考にしてみてください。

Googleデータポータルとスプレッドシートが接続できない!原因と対応策は?

スプレッドシートの接続時に目的のスプレッドシート名が出てこない場合は、前章の1.で解説したスプレッドシートを保管するGoogleドライブの場所とGoogleアカウントを確認してみましょう

もし、間違えて接続してしまった場合は、接続を解除・正しいアカウントでログインした上で、再度接続を試してみてください。

スプレッドシートに接続したGoogleデータポータルが更新されない!原因と対応策は?

自動でGoogleデータポータルのデータが更新されない場合は、手動でページを更新してみてください。また、スプレッドシートが更新されていなければ、Googleデータポータルのデータも更新されないので、スプレッドシートが正しく変更されているかどうかも確認します。

ページの更新方法は、上述の「Googleデータポータルと連携しているデータソースを変更する方法」のセクション内の「参考:データが変更されない場合」をご参照ください。

Googleデータポータルとスプレッドシートを連携したのにデータが表示されない!原因と対応策は?

データの連携は正しく完了したにもかかわらず、データが表示されない場合はまずデータを手動で更新してみてください。それでも表示されない場合は、スプレッドシートのデータ型をチェックしてみましょう

「Googleデータポータルに複数のスプレッドシートを読み込ませる方法」の章で解説した、データソースごとの編集画面を開き正しいデータ型でセットされているかどうか確認してください。

他の対応策としては、スプレッドシートの再接続も有効です

Googleデータポータルのフィードに格納するデータ型の詳細については、以下の公式ヘルプをご参照ください。

データ型|データポータルのヘルプ

Googleデータポータルが自動更新できない!原因と対応策は?

データの更新頻度は元データの種類によって異なります。Googleスプレッドシートの場合は最短15分です。レポートの内容を変更したときなどは更新がかかりますが、データが反映されない場合は、手動で更新を行ってください。

データの更新頻度

引用元:Google データポータル

詳しいデータ更新頻度については、以下の公式ヘルプをご参照ください。

データの更新頻度を管理する|データポータルのヘルプ

Googleデータポータルで作成したレポートの共有方法は?

レポートは「画面を他のユーザーと共有」「PDFファイルでダウンロード」の2つパターンで共有できます。

レポートの共有1

引用元:Google データポータル

画面右上の「共有」ボタンをクリックして、「他のユーザーを招待」「レポートをダウンロード」で行えます。また、「メール配信をスケジュール」はPDFを自動的にメール配信します。

レポートの共有2

引用元:Google データポータル

他のユーザーを招待する場合は、共有するユーザーやユーザーのアクセス権を細かく設定できます

チーム全体に見てほしいレポートがある場合は、上図のように「リンクを知っている全員が表示できます」を選んで、記載されている共有リンクを伝えれば皆で確認できるのでおすすめです。

Googleデータポータルからスプレッドシートにエクスポートできる?

Googleデータポータルの表示モードで、要素の右上をクリックして「エクスポート」を選択します。

エクスポート1

引用元:Google データポータル

エクスポート2

引用元:Google データポータル

「データのエクスポート」で「Googleスプレッドシート」にチェックを入れて「エクスポート」ボタンを押します。グラフや表に反映されているデータがスプレッドシートに転送され、自動的にマイドライブに格納されます。

Googleデータポータルにスプレッドシートを埋め込むことはできる?

スプレッドシートなど、外部のWebページを埋め込むことが可能です。メニューの「挿入」-「URLの埋め込み」を選択し、レポートの任意の場所に配置してください

「外部コンテンツURL」にスプレッドシートのURLを入力すれば、下図のように埋め込むことができます。

シート埋め込み
引用元:Google データポータル

 

レポート作成が効率化できるデータポータルの「テンプレート」

レポートを作成する方法では、無地のレポートにグラフや表を追加する方法を解説しました。しかし、最初から作成するのは手間がかかり、ある程度の時間が必要です。ここではレポートを効率的に作成できるテンプレートについて解説します。

データポータルのテンプレートとは?

Databeat

テンプレートとは、レポートを作成するひな型のことです。プロが作成したデザインの枠組みのことで、こちらに自社のデータを流し込んでそのまま利用できます。Googleデータポータルでは、無料でグラフィカルなデザインのレポートを入手できます。

テンプレートの種類は、Googleが提供するものから世界中のクリエイターが作成したものまで多種多様です。国内でもさまざまなテンプレートが存在しているので、自社の目的に合ったテンプレートが見つかることでしょう。

データポータルのテンプレートを利用するメリット

今までご紹介したとおり、Googleデータポータルは高度やPCスキルやプログラミングの知識がなくても扱えるツールです。しかし、真っ白なレポートにパーツを配置していくのは、それなりに時間と労力がかかります。

テンプレートを利用すれば、データソースを入れ替えるだけで見やすくわかりやすいレポートを短時間で作成できます。スキルが高い方も、テンプレートをベースにカスタマイズをしていくほうがレポート作成が効率化できるので利用をおすすめします。

おすすめのGoogle製品対応の無料データポータルテンプレートはこちら

Googleもテンプレートギャラリーから、さまざまな無料テンプレートをダウンロードできます。ただし、英語版のためディメンションや指標を調べて日本語に直す作業がかかります。

日本語対応でレポートの用途がわかりやすい、おすすめのテンプレートを紹介します。下記の記事では無料で利用できるテンプレートの紹介や使い方を詳しく紹介しています。

カスタマイズも可能なので、自社に合ったテンプレートが見つけられないという方もぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

簡単な操作でグラフィカルなレポートが作成できるGoogle データポータル。 広告の効果検証を行う上で、常に最新のデータをモニタリングし、分析結果を素早く把握しなければなりません。さまざまなデータを集計するときに、自動でキレイなレポー[…]

広告ダッシュボード-dark

 

広告レポート自動化ツールなら多様な広告媒体のレポートをデータポータルで作成できる!

マーケティング関連のレポートを総合的に作成したいときに重宝する、広告媒体に特化したレポート自動化ツールをご紹介します。

おすすめの広告レポート自動化ツール:Databeat Explore

Databeat-Explore
Databeat Exploreは、アジト株式会社のデータパイプラインサービスです。Webマーケティング担当者がデータをチェックしたいタイミングで自由にデータを確認できる環境を提供できます。短時間で効率よくデータを扱えるように支援を行います。

Databeat Exploreが連携可能な主な広告媒体

Databeat Exploreは、Google広告、Yahoo!広告、Facebook広告、Instagram広告、Twitter広告、LINE広告など日本で多く利用されている広告媒体のほとんどに対応しています。自動連携を行えるサービスは、これからも増えていく予定です。

Googleデータポータルでは個別では対応していない、Yahoo!広告とLINE広告も扱っています。簡単な操作でダイレクトに連携可能なところもポイントです。

Databeat Exploreを利用する3つのメリット

Databeat Exploreを利用することで実現できる、活用ポイントを3つ紹介します。

 1.マーケティングに使用するレポートを構築できる

Databeat Exploreは、Googleデータポータルのデータに加えてTableauなどのBIツールとも連携可能です。自社で活用しているさまざまなBIツールと連携して、独自のマーケティング用ダッシュボードを構築できます。

 2.媒体を横断した広告分析が可能

Databeat Exploreは、膨大なデータをBigQueryを介して出力します。複数媒体を利用している場合でも、Databeat Exploreに集約してデータを一元管理することで、媒体を横断しての効果検証や分析を行えます

 3.豊富なテンプレートを用意している

Databeat Exploreは、GoogleデータポータルとExcelのテンプレートを用意しています。テンプレートは用途別に分かれているので、どのテンプレートを使用したらよいか迷う心配もありません。いずれのテンプレートも無料で提供しています。

 

Databeatサービスサイト

 

まとめ

今回は、Googleデータポータルとスプレッドシートの連携について紹介しました。非常に多くのデータソースと連携可能なGoogleデータポータルですが、対応していないソースはスプレッドシートシートの連携を活かして連携することが可能です。

ご紹介したとおり、接続方法もシンプルで難しい知識も必要ありません。普段からスプレッドシートを活用しているWebマーケティング担当者は、Googleデータポータルと連携して効率よくレポートを作成してみてください。

また、Databeat Exploreのような広告レポート自動化ツールを併用すれば、効果検証や分析の幅も広がります。ぜひ利用を検討してみてはいかがでしょうか。

Googleデータポータルを活用して分析業務を効率化するツール
DatabeatExplore

こんな方にオススメ

・広告数字の集計が大変

GAと広告数字を同時に集計したい

・人力レポートではミスが発生する

Googleデータポータルを活用したい

最新情報をチェックしよう!
>広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

Databeat Exploreは、WEB広告データの見える化を実現するサービスです。
様々な広告データを抽出・統合・一元化し、見たいデータを見たい時に見たい場所で見ることができます。

CTR IMG