広告ダッシュボード-dark

Google データポータル無料テンプレート活用ガイド!シーン別のおすすめテンプレートの紹介やテンプレートの使い方まで一挙解説

簡単な操作でグラフィカルなレポートが作成できるGoogle データポータル。

広告の効果検証を行う上で、常に最新のデータをモニタリングし、分析結果を素早く把握しなければなりません。さまざまなデータを集計するときに、自動でキレイなレポートが作成できれば業務の効率化が図れます。

日頃、さまざまな広告の運用をしている方で、このような疑問や悩みをお持ちの方はいらっしゃるのではないでしょうか。

「Google アナリティクスでわかりやすいレポートを作る方法を探している」

「Google データポータルは便利だと知ってはいるが、使い方がわからない」

「日々のレポートに費やす時間がかかりすぎて作成を効率化する方法を知りたい」

今回はレポート作成でお困りの広告担当者、WEBマーケティング担当者の方に、見やすくてわかりやすいGoogleデータポータル用テンプレートの使い方と、WEBマーケティングの現場ですぐに使えるおすすめの無料テンプレートをご紹介します。

目次

広告運用担当者必見!Google データポータルで実現できる3つのこと

広告の分析や配信結果をレポートするのは時間と手間がかかります。こういうときにはGoogle データポータルの利用がおすすめです。

Google データポータルで実現できることを3つ紹介します。

  1. データを視覚化できる
  2. さまざまなデータと連携できる
  3. データをリアルタイムで確認できる

Google データポータルとは?

Google データポータルとは、Googleが提供するBI(ビジネスインテリジェンス)ツールです。BIツールを使用すると、広告やマーケティングなどのデータ処理や分析を効率的に行えます。プログラミングや専門的な知識を必要とせずに、直観的に扱えるところも特徴です。

また、Google データポータルはサイト解析で使われるGoogle アナリティクスやSearch Consoleとの相性も最高です。連携が簡単に行えるのでデータをGoogle データポータルで確認することができます。Google データポータルの使用料は「無料」で、すべての機能を利用可能です

特にグラフや表のが見やすさは抜群で、簡単な操作で複雑なデータを一目でわかりやすいレポートに仕上げてくれます。

データポータル引用: Google Analytics Acquisitions Overview

Google データポータルはこんな方におすすめ

Google データポータルは、日々数字の変化をモニタリングしたり、レポートの作成に追われている広告担当者におすすめです。レポート作成の作業時間を大幅に短縮してくれるので仕事の効率化も図れます。

また、データの共有も簡単なので、レポーティング結果をチームやクライアントと共有したい場合もGoogle データポータルが重宝するでしょう。

Google データポータルで実現できること「1.データを視覚化できる」

Google データポータルは、各種グラフ(棒、線、円、面など)や表、ピボットテーブルなどを使ってデータを視覚化できます。さらに色やフォントなどの見た目の調節もできるので、格段に見やすいレポートを作成可能です。

分析内容にあったグラフや表を使用すれば、数字を正しく素早く把握する手助けになるでしょう。

データポール2引用:Google Analytics Behaviors Overview

データポータルで実現できること「2.さまざまなデータと連携できる」

Google データポータルはGoogle製品との連携が簡単に行えます。Google アナリティクスの他にもGoogle 広告、Search Console 、Google スプレッドシート、Youtube アナリティクスなどが用意されています。その他にもSNSやデータべースなど、パートナーのコネクターを含めると全部で370個以上のデータと連携できます。

データポータル3

引用:Googleデータポータル

データポータルで実現できること「3.データをリアルタイムで確認できる」

Google データポータルは、連携したデータソースの最新情報を常に表示してくれます。数値の流れを常時監視することで、わずかな数値の動きにも即座に対応することが可能になります。Google データポータルでレポートを作成しておけば、あとは自動でデータが更新されます。また、日付やフィルタなどを設定しておけば、レポートを見た人がそれぞれ自分に必要なデータを見ることもできるので便利です。

データポータル4
引用:Google Ads Overview Report

 

Google データポータルのテンプレートを使えば初心者でも簡単に分析可能!

Google データポータルは、「テンプレート」を利用するとで、さらに効率よくレポートが作成できます。テンプレートを利用するメリットをご紹介します。

Google データポータルの「テンプレート」を利用するメリット

Google データポータルは、ドラッグ&ドロップの簡単操作で自由に表やグラフを作成できるところが魅力です。ただし、他のGoogle提供のツールと同じく、サポートがないため独学で使用方法を習得する必要があります。関連書籍なども少ないため、初心者はとまどうことがあるかもしれません。

しかし、Google データポータルの「テンプレート」を使用すれば、プロが作った美しいレポートの雛形をそのまま利用できます。ゼロから作る手間もなく、簡単な操作で、すぐにレポートを使いこなせます。

 

Google データポータルの「テンプレート」の使い方を5ステップで解説

実際にGoogle データポータルのテンプレートの使用方法を解説します。

※下準備:テンプレートをダウンロード

  1. Google データポータルにアクセスする
  2. Google アナリティクスのデータソースを作成する
  3. テンプレートをコピーする
  4. 使用するデータソースを選ぶ
  5. テンプレートのコピーを完了する

事例:Google アナリティクスでのアクセス解析テンプレートを使用する場合

今回は使用する場面が多いGoogle アナリティクスと連携する方法を紹介していきます。データソースにGoogle アナリティクスのデータを使用してGoogle データポータルのテンプレートと接続してみましょう。

下準備:テンプレートのダウンロード

まずは、下準備として、今回使用するテンプレートをダウンロードしておきましょう。

▼今回使用するテンプレート(サンプルURL):Google Analytics(UA) – 無料テンプレート / light themeアナリティクスlight

 

※Googleデータポータル用テンプレートは下記のチュートリアルで使用するので、上記の「無料テンプレートダウンロード」ボタンより手続きを進めてください。

STEP1:Google データポータルにアクセスする

データポータルトップ

引用:Googleデータポータル

Google データポータルにアクセスします。

初めて利用する場合はレポートの作成と表記され、すでに作成済みのレポートがあれば、レポート名のリストが表示されます。

STEP2:Google アナリティクスのデータソースを作成する

データソースボタン

引用:Googleデータポータル

画面左上の「作成ボタン」を押し、出てきたリストの「データソース」を選択します。

データソースの選択

引用:Googleデータポータル

接続可能なコネクタの一覧が表示されます。最上段左端にある「Google アナリティクス」をクリックしてください。

ソースの選択

引用:Googleデータポータル

データソースとして使用したいソースを選択します。「アカウント」-「プロパティ」-「表示」の順にそれぞれ選んでいきましょう。

選択が終わったら、画面右上の「接続」ボタンをクリックします。画面の左上、赤枠内はデーターソースの名前となるので、必ず変更しましょう。

例:「すべてのウェブサイトのデータ」→「GAテスト」

STEP3:テンプレートをコピーする

レポートのコピー

引用:Googleデータポータル

下準備でダウンロードしたテンプレートの画面右上にある四角いマーク「このレポートのコピーを作成」をクリックします。テンプレートのコピーが作成されるので、こちらを使用します。

STEP4:新しいデータソースから「STEP2」で作成したデータソースを選ぶ

データソース選択

引用:Googleデータポータル

コピーしたレポートで使いたいデータソースを選択します。今回はSTEP2で作ったデータソースを選んでください。他にもデータソースがある場合は、画像のようにリストで出てきます。

STEP5:テンプレートのコピーを完了する

コピー完了

引用:Googleデータポータル

「新しいデータソース」を決定したら「レポートをコピー」ボタンをクリックして完了です。

コピーしたテンプレートは、カスタマイズも行えます。慣れてきてさらに自分に合ったレポートにしたい場合は編集してみてください。

次にGoogle データポータルを開くとSTEP1の画面でコピーしたテンプレートの名前が表示されるようになります。

 

今すぐ使えるGoogle データポータル無料テンプレート

無料で使える美しいGoogle データポータルのテンプレートを紹介します。レポートの用途によって6種類、背景色はlightとdarkの2タイプがあります。各テンプレートの特徴を参考に、目的にあったテンプレートを使ってみてください。

Google アナリティクス アクセス解析テンプレート(light theme / dark theme)

Google アナリティクスをデータソースに使用した、アクセス解析のテンプレートです。Google アナリティクスに関する各種レポートを網羅しています。レポートの種類は29個と多岐に渡るので、必要なデータをピックアップしてみるのもよいでしょう。

Google アナリティクスのレポートを視覚的にわかりやすく把握したい、カスタムレポートの作り方がわからない方にもおすすめです。テンプレートの上から下いくにつれてデータの分かれ方が細かくなるので、目的に合わせて使い分けてみてください。

アナリティクスlight

テンプレートサンプルを見る

 

アナリティクスDark

テンプレートサンプルを見る

無料テンプレートダウンロードはこちら

このテンプレートの3つの特徴

・1:Google アナリティクスの基本指標からカスタムレポートで対応するデータまで網羅
・2:eコマースのデータにも対応
・3:使用頻度の高いレポートを視覚化した上でさらに細かく見ることができる

このテンプレートの使い方

・STEP1:全体的に把握したいときはサマリーを見る(サマリー・サマリー02)
・STEP2:中分類で見たいときは(集客・行動・コンバージョン)サマリーをチェックする
・STEP3:見たい切り口のレポートで目的のデータの詳細を確認する
(日時別、ユーザー属性、参照元/メディアやランディングページとの組み合わせなど)

Google サーチコンソール テンプレート(light theme / dark theme)

Google サーチコンソールをデータソースに使用したテンプレートです。サーチコンソール自体のレポート画面よりもグラフィカルでわかりやすく設計されています。1ページでデータを確認できるので、サーチコンソールの画面が使いにくいと感じる方にもおすすめです。

各レポートのタイトルは、サーチコンソール内の項目と同じなので、とまどうことなく目的のデータを見ることができます。サマリーで検索パフォーマンスについてひと目で把握できるようになっているので、データのチェック時間の短縮にもなり重宝します。

サーチコンソールlight

テンプレートサンプルを見る

 

サーチコンソールDark

テンプレートサンプルを見る

無料テンプレートダウンロードはこちら

このテンプレートの3つの特徴

・1:検索パフォーマンスの結果をグラフでわかりやすく視覚化
・2:指標(表示回数・クリック数・CTRなど)が別々のグラフで表示されていてわかりやすい
・3:月別・日別・曜日別でデータを見ることができる

このテンプレートの使い方

・STEP1:サマリーで検索パフォーマンスの概要を把握する
・STEP2:クエリ・ページ・デバイス・国で必要項目の各種指標をチェックする
・STEP3:日時を切り口にして分析したい場合は、月・日・曜日別のレポートを活用する

Google 広告 レポート テンプレート type A(light theme / dark theme)

Google 広告をデータソースに使用したテンプレートです。広告の詳細を把握したいときに使います。レポートの種類は15個。typeAのレポート形式は横型なので、縦バージョンのtypeBと比べてお好きなテンプレートを利用してみてください。

Google 広告を利用している方にはメインで利用することが多いテンプレートです。広告全体の把握からキーワードや検索クエリなど細かいところまでをカバーしています。Google 広告のダッシュボードよりもさらに視覚化することでわかりやすいレポートとなっています。

各レポートにはセレクタがついており、「キャンペーン」「広告グループ」「デバイス」でさらにフィルタをかけて分析することも可能です。

広告A-light

テンプレートサンプルを見る

 

広告A-Darkテンプレートサンプルを見る

無料テンプレートダウンロードはこちら

このテンプレートの3つの特徴

・1:Google 広告のダッシュボードを上回る視覚化でわかりやすい
・2:指標別にグラフが分かれているので、個々の指標の動きを把握しやすい
・3:横型のすっきりとしたレイアウトで、シンプルなレポートが好みの人に向いている

このテンプレートの使い方

・STEP1:サマリ01と02を使用してGoogle 広告全体の状況を把握する
・STEP2:日時別の動きを把握したい場合は月・日・曜日別のレポートで各指標をチェック
→時間単位のレポートもあるので、さらに詳細を知りたい場合でも対応OK
・STEP3:キャンペーン・広告グループ・年齢・性別などの項目別のレポートを確認する

Google 広告 レポート テンプレート type B(light theme / dark theme)

Google 広告をデータソースに使用したテンプレートです。typeBは広告詳細レポートの縦長タイプ。レポートの種類は15個でtypeAの横バージョンと同じです。扱っているレポートもtypeAと似ていますが、1ページに入っているグラフの量がtypeBの方が多くなっています。

シンプルに必要なデータの把握に使いたい方はtypeA、詳細までグラフで確認しておきたい方はtypeBと使い分けるとよいでしょう。視覚的に見やすいのはどちらも同じですが、typeBは円グラフや面グラフなども利用してさらにグラフィカルなレポートになっています。

 

広告B-light

テンプレートサンプルを見る

 

広告B-Dark

テンプレートサンプルを見る

無料テンプレートダウンロードはこちら

このテンプレートの3つの特徴

・1:縦長のフォーマットを活かし、グラフの数と種類が充実している
・2:typeAよりもさらに表示している指標の数を増やし、それぞれをグラフ化
・3:データは多めに見ておきたい人に向いている、1枚に情報を多く組み入れた詳細タイプ

このテンプレートの使い方

・STEP1:サマリーで全体を把握する。情報が詳しいので基本指標はほぼ把握できる
・STEP2:日時別を把握する
→日別についてはデータとグラフが別々なので、グラフのみで概要を理解してもOK
・STEP3:目的にあった切り口のレポートを確認していく。表の部分もtypeBの方が詳しい
→表のデータはExcelやcsvにダウンロードできるので、さらなる分析に利用することも可能

Google 広告 ダッシュボード テンプレート(light theme / dark theme)

Google 広告をデータソースに使用した、ダッシュボードのテンプレートです。Google データポータルのならではの見やすさは抜群。数値そのものを確認するよりひと目で状況を把握したいときに使用します。

ダッシュボードなので、構造もシンプル。「コスト」「コンバージョン」「CPA」の数値が目に止まるように強調されています。上層部やクライアントに成果を第一に報告したいケースなどでは、こちらのダッシュボードタイプを共有しておくのもよいでしょう。

月別や日別のダッシュボードもグラフで数値を把握できるようにしたデザインになっています。時間のないときはダッシュボード、じっくり数値を把握したいときは、広告レポートテンプレートと複数利用する使い方がおすすめです。

広告ダッシュボードlight

テンプレートサンプルを見る

 

広告ダッシュボード-dark

テンプレートサンプルを見る

無料テンプレートダウンロードはこちら

このテンプレートの3つの特徴

・1:視覚に訴えた、見るだけで状況がわかりやすいレイアウト
・2:グラフ表示に特化し、カラフルな色彩で重要な数値だけをしっかり把握しやすい
・3:レポートの種類も4種類と必要最低限のデータにフォーカス

このテンプレートの使い方

・STEP1:サマリーで重要な数字を把握。リアルタイムで短時間でのチェック用にも向いている
・STEP2:もう少し詳しく見たいときは、キャンペーンレポートを利用する
・STEP3:月別と日別はグラフでチェック。個々の数字は時間がある時に別レポートで確認する

Google 広告 & Google アナリティクス サマリー テンプレート(light theme / dark theme)

Google アナリティクスとGoogle 広告をデータソースに使用したテンプレートです。Google アナリティクスとGoogle 広告のサマリーをピックアップ。サマリーのみをまとめて把握したいときに便利です。

アクセス解析と広告両方のサマリーを一度でチェックできるので、どちらも常に動向を把握しておきたいときに重宝します。各ツール内のレポートより視覚的にも見やすくなっているので、数字をじっくり読めない場面でも直感的に把握することが可能です。

ひとつのレポートで管理できるので、それぞれのツールを立ち上げる手間も省けます。

サマリーlight

テンプレートサンプルを見る

 

サマリーDark

テンプレートサンプルを見る

無料テンプレートダウンロードはこちら

このテンプレートの3つの特徴

・1:アクセス解析と広告両方のまとめを一緒に把握できる
・2:重要な指標をしっかりカバーしているので概要の理解に役立つ
・3:eコマースの商品サマリーまで対応

このテンプレートの使い方

・STEP1:広告・アクセス解析の必要な情報のサマリーを確認する
・STEP2:アクセス解析でさらに集客や行動なども知りたい場合は続けてチェック
・STEP3:コンバージョンを確認し、eコマースを行っていればすべてに目をとおす

まとめ

今回は、Google データポータルのテンプレートの活用方法を紹介しました。操作がしやすいとはいえ、初心者には難しく感じるもの。テンプレートを利用すればさらに簡単にわかりやすいレポートを作成できます。

Google データポータルは、データの視覚化の他にもさまざまなメリットがあります。一度作ったデータは常に最新の状態でチェックが可能になるので、忙しい担当者でも都合のよい時間で確認できます。

Google アナリティクスをはじめ、連携可能なデータソースの数が豊富なのも特徴です。本記事を参考にぜひGoogle データポータルのテンプレートを使って、レポート業務の効率化をしてみてください。

Googleデータポータルを活用して分析業務を効率化するツール
DatabeatExplore

こんな方にオススメ

・広告数字の集計が大変

GAと広告数字を同時に集計したい

・人力レポートではミスが発生する

Googleデータポータルを活用したい

広告ダッシュボード-dark
最新情報をチェックしよう!
>広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

Databeat Exploreは、WEB広告データの見える化を実現するサービスです。
様々な広告データを抽出・統合・一元化し、見たいデータを見たい時に見たい場所で見ることができます。

CTR IMG