Google広告の「分析情報(インサイト)」機能とは?機能の詳細や成果を上げる分析のコツまとめてご紹介

Google広告の「分析情報(インサイト)」機能とは?機能の詳細や成果を上げる分析のコツまとめてご紹介

Google広告の「分析情報(インサイト)」では、Google広告のキャンペーン、広告グループ、キーワードのパフォーマンスに関するデータを見つけることができます。この中のデータには、広告パフォーマンス向上に必要な情報が含まれます。

しかし、Google広告の「分析情報(インサイト)」を活用する上で、下記のようなお悩みはないでしょうか。

「分析情報を使うメリットがわからない」

「どんな情報を見られるか知りたい」

「分析情報データの活用方法がわからない」

本記事では、Google広告の「分析情報(インサイト)」の「特徴」「重要性」「運用へ活かすコツ」を解説しています。

目次

Google広告の「分析情報(インサイト)」機能とは?

Google広告の「分析情報(インサイト)」機能とは?

引用元:Google Ads

Google広告の「分析情報(インサイト)」は、自社アカウントに合わせた検索トレンド情報が表示される機能です。自社が「リスティング広告」「ショッピング広告」で設定しているキーワードのトレンド情報が確認できます。

例えば、アウトドア商品のリスティング広告を出稿しているアカウントがGoogle広告分析情報(インサイト)を活用すると、「近年テントの需要が高まっている」といった情報を入手できるチャンスがあるということです。

Google広告分析情報(インサイト)は、市場の傾向を特定し、パフォーマンスを理解するのに役立つものだと理解しましょう。

Google広告分析情報(インサイト)を使う実務上のメリットとは?

Google広告分析情報(インサイト)を使う実務上のメリットを3つ紹介します。

  1. 消費者行動の変化を理解できる
  2. 競合他社よりも先にトレンドを把握できる
  3. アカウントを最適化

 メリット1.消費者行動の変化を理解できる

Google広告分析情報(インサイト)を活用すると、消費者行動の変化を理解できるメリットがあります。Google広告分析情報(インサイト)では、アカウントのパフォーマンス履歴、キャンペーン設定などのデータを基に、消費者行動に関する洞察と推奨事項を自動的に生成します。

Google広告分析情報(インサイト)は、「マーケターと広告主が急速に変化する消費者行動に追いつくのを助けるためのツールである。」とGoogleが発表している点からも、このようなメリットがあるといえるでしょう。

 メリット2.競合他社よりも先にトレンドを把握できる

Google広告分析情報(インサイト)を活用すると、競合他社よりも先にトレンドを把握できるメリットがあります。Google広告分析情報(インサイト)は、消費者行動の変化を理解できるだけではなく、さらにその先のトレンド把握が可能です。

例えば、パンデミックの際に「カーブサイドピックアップ(ネットで注文した商品を実店舗で車から降りることなく、受け取れるサービス)の検索が3000%以上増加した」とGoogleが発表しています。

このクエリに関連する企業は、競争がトレンドに追いつく前にこのキーワードをターゲットにできれば、多くの利益を獲得できたということです。

 メリット3.アカウントを最適化

Google広告分析情報(インサイト)を活用すると、アカウントを最適化できるのもメリットです。Google広告分析情報(インサイト)では、トレンド対象期間の検索数増加と、発生したクリック数を確認できます。

このデータを自社のキャンペーン予算に反映すれば、トレンドを考慮した予算調整が実現でき、アカウント最適化に繋がります。

 

そもそも「トレンド」とは何なのか?トレンドを確認する重要性

Google広告分析情報(インサイト)のトレンドの定義と重要性について紹介します。下記内容を理解してから、トレンド考察を実施するようにしましょう。

分析情報機能で確認できる「トレンド」とは?

分析情報機能で確認できる「トレンド」とは?

引用元:Google Ads Help

検索トレンドは、よく検索されているキーワードや、相対的に増えたキーワードを確認する機能です。検索トレンドを使用すると、検索需要の変化に対応し、企業の成長に必要な機会を特定できます。また、トレンドは「毎週」「月々」「毎年」の3つの期間で分析できます。

なぜトレンドがGoogle広告の運用では大切なのか?

なぜトレンドがGoogle広告の運用では大切なのか?その理由を3つ紹介します。

 理由1.新たなトレンドを見けるため

新たなトレンドを見つけるためにも、Google広告分析情報(インサイト)は重要です。自社製品に関する検索トレンドを分析することで、あらたなトレンドが見つかり、自社広告運用に反映できます。

 理由2.成長の機会を特定するため

成長の機会を特定するためにも、Google広告分析情報(インサイト)は重要です。検索トレンドのパフォーマンスを分析すると、現在広告出稿していない検索需要の領域を特定できます。そこに需要が確認できれば、企業としての新しいチャレンジへのきっかけとなります。

 理由3.消費者行動変化に対応する

消費者行動変化に対応するにも、Google広告分析情報(インサイト)は重要です。各検索トレンドの推奨事項を確認して検索インタレストの変化に対応しないと、消費者行動変化についていけず、広告パフォーマンスが低下するリスクがあります。

どんな広告を運用する時に「分析情報(インサイト)」を重要視するべき?

Google広告分析情報(インサイト)が向いているケースについて紹介します。下記ケースに当てはまる方は、Google広告分析情報(インサイト)を活用してみましょう。

 ケース1.リスティング広告とショッピング広告を出稿している方

リスティング広告とショッピング広告を出稿している方は、Google広告分析情報(インサイト)の活用がおすすめです。まず、Google広告分析情報(インサイト)は「リスティング広告」「ショッピング広告」でしか利用できない機能だと覚えておきましょう。

そして「リスティング広告」「ショッピング広告」はどちらもキーワードの選定と入札単価調整が重要であることも忘れないでください。そのため、コンバージョンが見込みやすいキーワードは、大手企業が独占しており、入札単価も高くなっているため、中小企業がなかなか参入しにくい現状があります。

しかし、Google広告分析情報(インサイト)を活用すれば、まだどの競合他社も把握できていないトレンドキーワードを入手できます。これをすぐ反映させれば、低いコストで多くのコンバージョンを獲得できるチャンスがあるということです。

※参考:Googleショッピング広告について詳しく解説した記事はこちら
関連記事

ユーザーが検索エンジンで調べたキーワードに対して関連商品を表示するGoogleショッピング広告。Googleショッピング広告はリスティング広告に比べてクリック単価が安価なため、ECサイト運営者にとってはメリットが多い広告となりますが広告出稿[…]

Googleショッピング広告入門・活用ガイド!費用や出稿方法、運用のポイントを完全解説

 ケース2.ECサイト運営者

ECサイト運営者には、Google広告分析情報(インサイト)の活用がおすすめです。ECサイトは、消費者行動を常に把握して商品に反映させる必要があります。そのためにもGoogle広告分析情報(インサイト)が有効になります。

例えば「トレンド内容に合わせてショッピング広告の入札を変更する」「トレンドに合わせて在庫数を調整する」といった対策に活かすことができます。

※参考:EC広告について詳しく解説した記事はこちら
関連記事

ECサイトの運営をしていると、どうすれば売り上げを上げられるかといった課題に直面することがあると思います。 その際、もっとも有効と考えられる方法のひとつが「WEB広告」の利用です。ただ、一口にWEB広告と言ってもたくさんの種類がありま[…]

EC広告入門ガイド!ECサイトの集客に有効なWEB広告の種類と上手な選び方

 ケース3.先を見据えたキーワードを選定したい方

先を見据えたキーワードを選定したい方にもGoogle広告分析情報(インサイト)の活用がおすすめです。リスティング広告出稿であれば、キーワードプランナーで検索ボリュームを調査してから、キーワードを選定するかと思います。

しかし、キーワードプランナーの予測は、過去7~10日間のデータを季節ごとの要因を考慮して更新されたデータのため、「そのキーワードの需要が年々増加しているのか」「減少しているのか」までは細かく把握できません。

企業としては、今後需要が伸びる可能性があるキーワードを選定したいものです。そんなときにGoogle広告分析情報(インサイト)が有効になるということです。

 

Google広告「分析情報(インサイト)」機能で見られる情報の種類

Google広告「分析情報(インサイト)」機能で見られる情報の種類を紹介します。分析できる情報を理解した上で、導入を検討しましょう。

情報1.「広告を掲載しているトレンド」

情報1・「広告を掲載しているトレンド」

引用元:株式会社カルテットコミュニケーションズ

「広告を掲載しているトレンド」では、既存の広告のデータをもとに、より多くの需要を獲得する機会のデータが確認できます。「検索数の増加・変化」「検索インタレスト」「検索クエリのトレンド」が分析可能です。詳細は下記の通りです。

項目 詳細
検索数の増加・変化 自社アカウントに関連するキーワードの検索数の増減率
検索インタレスト 検索数の日ごとの増減率
検索クエリのトレンド 地域や検索クエリなど、より詳細なトレンド

 向いている人・使いたい場面

「広告を掲載しているトレンド」は自社キャンペーンのパフォーマンス改善に最適です。例えば、自社で出稿しているキーワードと関連した「急上昇の検索語句」を確認し、未出稿のものがあれば、キーワード追加を検討しても良いでしょう。

また、出稿しているキーワードに関しては、検索インタレストで需要と比較したパフォーマンス分析が可能です。

検索インタレストでは、市場から見て予算が少ないことで獲得を逃してしまった「クリック数」「インプレッション数」を可視化するため、「もっと予算を投入してもよかったのでは」などの課題を発見できます。

情報2.「お客様のビジネスに対して推奨されるトレンド」

情報2・「お客様のビジネスに対して推奨されるトレンド」

引用元:株式会社カルテットコミュニケーションズ

「お客様のビジネスに対して推奨されるトレンド」は、Googleがアカウントに関連すると判断した、トレンドデータを表示する機能です。「検索数の増加・変化」「検索インタレスト」が分析可能です。

項目 詳細
検索インタレスト 検索数の日ごとの増減率
検索クエリのトレンド 地域や検索クエリなど、より詳細なトレンド

 向いている人・使いたい場面

「お客様のビジネスに対して推奨されるトレンド」は、新しいキーワード設定やターゲティング設定に有効な情報が入手できます。

情報としては「広告を掲載しているトレンド」と同じですが、自社では思いつかないトレンドキーワードがこちらに表示されることがあります。

あくまで、Googleが自社のアカウントに関連すると判断したキーワードが表示されるため、すべてを活用できる訳ではありませんが、新規顧客獲得などPRの幅を広めていきたいときに有効です。

Google広告の「分析情報」はチューニングできる

Google広告で成果を出すには、広告媒体の仕組みについて理解した上で、チューニングを実施する必要があります。Google広告の「分析情報」のデータには、チューニングにも活用できる機能も搭載しています。詳細は下記の通りです。

 トレンドの期間

引用元:株式会社キーワードマーケティング

Google広告「分析情報(インサイト)」では、トレンド情報を「毎週」「月々」「毎年」で比較して分析できます。期間の詳細は下記の通りです。

トレンド期間 詳細
毎週 過去7日間と比較したさらに前の7日間の検索インタレストを表示
月々 過去28日間と比較したさらに前の28日間の検索インタレスト表示
毎年 1年前の同じ28日間と比較した、過去28日間の検索インタレスト表示

例えばトレンド期間を「毎週」にすると、過去7日間と比較したさらに前の7日間の検索インタレストを分析できるので、新しいトレンドを見つけやすくなります。このように、自社の目的によって「期間」を選定するのがポイントです。

 概要と表

概要と表

引用元:アナグラム株式会社

Google広告「分析情報(インサイト)」の分析データは「概要と表」で確認できます。「概要」では「検索語句」や「検索インタレスト」が一覧で確認できるので、分析情報をまとめて閲覧したいときに最適です。

「表」ではトレンドキーワードをグラフで表示できるので、キーワードボリュームの変化を把握したいときに向いています。

 そのほか

そのほか

引用元:アナグラム株式会社

Google広告「分析情報(インサイト)」では、地域別の「検索インタレスト」を分析できます。ローカルビジネスでGoogle広告を出稿している方は、参考にしてみましょう。

Google広告の「分析情報」についてのよくある疑問

Google広告の「分析情報」のよくある疑問について紹介します。

 疑問1.Google広告分析情報で何も表示されないのはなぜ?

疑問1・Google広告分析情報で何も表示されないのはなぜ?

引用元:Google Ads

アカウントによっては、Google広告分析情報のページに「分析情報はまもなく表示されます」「分析情報は毎日更新されるため、定期的にご確認ください」の画面になる場合があります。

これは、すべての業界で検索ボリュームが急増するわけではないためです。自社で出稿している業界内で「検索ボリューム」に変動がない場合は、Google広告の「分析情報」は活用できないと覚えておきましょう。

しかし、トレンドが発展するにつれて新しいクエリが出現したり、検索ボリュームが急増する可能性も十分考えられるので、定期的にGoogle広告の「分析情報」を確認しましょう。

 疑問2.すべてのキャンペーンでGoogle広告「分析情報(インサイト)」は利用できる?

Google広告「分析情報(インサイト)」は「リスティング広告」と「ショッピング広告」のみに対応している機能です。それ以外の広告出稿には対応していません。

 疑問3.検索インタレストってなに?

Google広告「分析情報(インサイト)」内で活用されている検索インタレストは、トレンドキーワードに対する Googleでの検索数を表しています。

値は0 ~100で表示されます。検索インタレストの値が100の期間は、総検索数に対する割合が最も多い期間であるということです。

 

Google広告の成果を分析・改善するコツ

Google広告の成果を分析・改善するコツを紹介します。下記内容を参考にしながら、Google広告「分析情報(インサイト)」を活用しましょう。

Google広告の「分析情報」を運用へ活かすコツ

Google広告の「分析情報」を運用へ活かすコツは下記の通りです。

  1. 広告パフォーマンスが落ち着いてきたときがベストタイミング
  2. トレンド期間の特徴を理解する
  3. トレンドキーワードで広告出稿する

 コツ1:広告パフォーマンスが落ち着いてきたときがベストタイミング

Google広告「分析情報(インサイト)」をはじめるベストタイミングは、広告パフォーマンスが落ち着いてきたときです。Google広告「分析情報(インサイト)」は、アカウント内の情報を基に、トレンドを表示します。

そのため「広告掲載をはじめたばかりである」「登録しているキーワードが数件しかない」といった状況だと、有益なデータとして活用できない可能性があるためです。

 コツ2:トレンド期間の特徴を理解する

Google広告「分析情報(インサイト)」を上手に活用するには、参考にするトレンド期間の特徴を理解する必要があります。Google広告「分析情報(インサイト)」では、トレンド情報を「毎週」「月々」「毎年」で比較できますが、それぞれの活用ポイントには下記のような違いがあります。

トレンド期間 目的
毎週 新しいトレンドを見つける
月々 継続的な関心を見つける
毎年 成長分野の特定

上記表を参考に、自社が知りたい情報に合ったトレンド期間を選択して分析しましょう。

 コツ3:トレンドキーワードで広告出稿する

トレンドで表示されたキーワードは積極的に追加して、広告出稿しましょう。特に検索ボリュームの増加率が高いキーワードの場合、成果を見込める可能性が高くなります。また出稿後は、キーワードごとのパフォーマンス分析も忘れずに実行しましょう。

ほかにも覚えておきたいGoogle広告運用成果の分析のコツ

ほかにも覚えておきたいGoogle広告運用成果の分析のコツを紹介します。Google広告「分析情報(インサイト)」と下記内容を一緒に実施すると、自社の広告パフォーマンスを改善できます。

  1. レポートを活用しよう
  2. 具体的な目標設定
  3. ツールを活用する

 コツ1.レポートを活用しよう

Google広告運用成果を分析するときは、レポートを活用しましょう。レポートを活用すると「設定した目標の達成の把握」や「広告運用の改善施策を作る手がかり」になります。

Google広告では主に「事前定義レポート」「カスタムレポート」といった2つの作成方法が用意されているので、活用してみましょう。

 コツ2.具体的な目標設定

Google広告運用成果を分析するときは、具体的な目標設定が必要です。具体的な目標がないと、パフォーマンスとのすり合わせができず、課題が見つけにくくなります。

例えばリスティング広告の場合、年間売上目標を設定して、それを達成するために必要なコンバージョンを逆算しましょう。さらに、年間売上目標を達成するためのコンバージョン数を一か月ごとに分割して、月末に広告データと比較すると、スムーズな広告分析が実現できます。

 コツ3.ツールを活用する

Google広告運用成果を分析するときは、ツールの活用も有効です。例えば、広告レポートを自動で作成するツールを活用すると、広告業務の負担が軽減されて、分析に使う時間を多く確保できるようになります

Google広告に対応した作業効率化ツールはたくさんあるので、導入を検討してみましょう。

 

オススメのGoogle広告レポート自動化ツールDatabeat Explore

Databeat Explore

最後に、Google広告の分析業務をさらに効率化させるレポート自動化ツール「Databeat Explore」を紹介します。Databeat Exploreはアジト株式会社が提供するマーケターの業務効率化を目的としたツールです。

Databeat Exploreでは、広告データの抽出や出力を自動で実施するため、これまで多くのマーケターの頭を悩ませていたレポート作成業務を自動化できます。

Google広告運用における「Databeat Explore」の3つの活用ポイント

Google広告運用における「Databeat Explore」の3つの活用ポイントは下記の通りです。

  1. 広告プラットフォームごとのパフォーマンス分析
  2. スムーズなPDCAを実現
  3. リアルタイムな予算管理

 広告プラットフォームごとのパフォーマンス分析

広告レポートを自動で作成するだけではなく、広告プラットフォームごとのパフォーマンス分析に対応しているのが「Databeat Explore」の特徴です。

Databeat Exploreでは、各広告プラットフォームから自動でデータを抽出し、自社で設定したフォーマットへ自動で出力します。プラットフォームによって異なる指標も自動で統一されるので、広告プラットフォームごとのパフォーマンス分析に最適です。

 スムーズなPDCAを実現

スムーズなPDCAを実現できるのも「Databeat Explore」の特徴です。自動で取得した広告データは、企業が採用している「BIツール」や「Googleスプレッドシート」に自動で反映されます。

そのため、PDCAを回す上で重要なデータをいつでもリアルタイムで確認できます。スムーズなPDCAを実現したい企業はぜひ、導入してみましょう。

 リアルタイムな予算管理

「Databeat Explore」を活用すると、ダッシュボードやBIツール上でGoogle広告のリアルタイムの予算管理が実現できます。

特にトレンドキーワードを使用する場合は、常に動向を確認しておく必要がありますが「Databeat Explore」であれば、社内で共有しながら予算管理ができるので、広告パフォーマンスの向上が期待できます。

まとめ

Google広告分析情報(インサイト)は、自社アカウントに合わせた検索トレンド情報が表示される機能です。Google広告の「分析情報(インサイト)」には「消費者行動の変化を理解できる」「競合他社よりも先にトレンドを把握できる」「アカウントを最適化できる」といったメリットがあります。

トレンドは「新たなトレンドを見つけるため」「成長の機会を特定するため」にも必要になるので、自社広告運用を改善したい方は活用してみましょう。

Googleデータポータルを活用して分析業務を効率化するツール
DatabeatExplore

こんな方にオススメ

・広告数字の集計が大変

GAと広告数字を同時に集計したい

・人力レポートではミスが発生する

Googleデータポータルを活用したい

Google広告の「分析情報(インサイト)」機能とは?機能の詳細や成果を上げる分析のコツまとめてご紹介
最新情報をチェックしよう!
>広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

Databeat Exploreは、WEB広告データの見える化を実現するサービスです。
様々な広告データを抽出・統合・一元化し、見たいデータを見たい時に見たい場所で見ることができます。

CTR IMG