記事広告に強みをもつおすすめ広告代理店5選と上手な選び方

Web広告の中でも、広告色が弱いものとして「記事広告」が挙げられます。記事広告はWebコンテンツと同様の形式で文章が掲載されるため、製品・サービスの詳しい説明を加えてPRすることが可能です。

本記事ではこの記事広告について、特徴や活用するメリット、おすすめの広告代理店など詳細を解説していきます。記事広告の運用を考えている方はぜひ一読してみてください。

目次

まずは確認しておきたい記事広告の基礎知識

まずはじめに、記事広告の基礎知識についてチェックしていきましょう。

記事広告とは?

引用元:https://toyokeizai.net/

記事広告とは、Webメディアなどに掲載されている記事コンテンツと同様の形式で書かれた広告になります。サイトコンテンツの中に「広告」や「AD」と書かれた記事がありますが、このような広告は基本的に「記事広告」であるケースが多いです。

記事広告は他のコンテンツに同化させて掲載できるので、ユーザーに広告であることを認知されにくい点が強みです。

記事広告が効果を発揮するシーン

記事広告は「文章で商材を自然にPRしたい」シーンで活用すると、より高い効果を発揮しやすいです。バナー広告やリスティング広告の場合、クリックすると専用のランディングページに飛ぶため、「商材を売りつけられる」イメージをユーザーが少なからず抱いてしまいます。

記事広告であれば、掲載メディア内と同じフォームで自然に商材を宣伝可能です。広告に嫌悪感を抱くユーザーでも、記事広告であれば自然と目を通してもらいやすいです。

主要な記事広告の媒体の種類

次に主要な記事広告の媒体について確認していきましょう。

Gunosy

引用元:https://gunosy.co.jp/

Gunosyはエンタメやスポーツ、時事ニュースなど様々な情報記事が掲載されているメディアです。スマホ向けアプリもリリースしており、幅広い年齢層のユーザーにリーチすることが可能です。

月間PV数は3,000万PV以上で、商材・サービスの認知度を高めるのに最適な媒体となっています。商材に合ったカテゴリーで掲載すれば、広告であることを悟られずに、ユーザーにPRすることができます。

掲載費用は「140万円~」となっており、やや高額ではありますが、その分多くの人に記事広告を見てもらうことが可能です。

東洋経済オンライン

引用元:https://toyokeizai.net/

東洋経済オンラインは、経済ニュースやコラムを中心に掲載しているビジネスメディアになります。雑誌版の東洋経済の知名度も高く、多くのビジネスマンに読まれているメディアです。ビジネス系の商材・サービスの記事広告を掲載するのに最適です。

月間PV数は2億PVを超えており、経済メディアのなかでは最大級のPV数です。記事広告の掲載費用は「250万円~」となっています。費用は決して安くはありませんが、商材・サービスの知名度を着実に高めることが可能です。

CanCan.jp

引用元:https://cancam.jp/

CanCan.jpは有名女性ファッション誌「CanCan」のWebメディア版となります。CanCanは20代女性の読者層が多いため、ファッション系商材をPRするのに適した広告媒体です。

記事コンテンツでもファッション系の記事が多いため、記事広告を掲載しても自然とコンテンツに溶け込ませることが可能です。月間PV数は2000万PV以上となっており、安定したPV数を誇っています。記事広告の掲載費用は「250万円~」です。

記事広告の掲載料金

記事広告の掲載料金は一般的に、PV数が多い媒体ほどの単価が高くなります。PV数が数千万以上のメディアの場合は、記事広告の掲載費用が「100万円以上」になると考えて良いでしょう。

PV数が少ないWebメディアであれば、記事広告の費用は低くなりますが、宣伝効果もその分低くなってしまいます。多少費用がかかっても大手Webメディアで記事広告を掲載した方が宣伝効果は高いです。

※参考:記事広告の費用について詳しく解説した記事はこちら
関連記事

記事広告は、一般的なWEB広告とは違ったアプローチによって、大きな効果が得られるマーケティング手法のひとつです。しかし、リスティング広告などに比べて費用が高額で、なかなか手が出しにくいと感じている方も多いのではないでしょうか。 そのよ[…]

記事広告の費用がまるわかり!掲載費用、代理店手数料まで詳しく解説

記事広告の運用を代理店にお願いする5つのメリット

記事広告の運用を代理店にお願いする5つのメリット、デメリット

費用対効果の高い記事広告運用を実現するには、「代理店」の利用がおすすめです。代理店を利用するメリットとして、下記の5点が挙げられます。

  1. 記事広告運用のプロに運用してもらえる
  2. 適切な掲載媒体を選んでくれる
  3. 広告部門がなくても記事広告を利用できる
  4. 記事の作成も請け負ってくれる
  5. 他のWeb広告運用にも対応してくれる

それぞれ詳細を確認していきましょう。

メリット1:記事広告運用のプロに運用してもらえる

代理店に記事広告の運用を依頼することで、記事広告運用のプロに運用してもらうことが可能です。記事広告運用で成果を出すためには、詳細なターゲティングや読者を惹きつけるようなキャッチコピーなど、高度なテクニックが必要になってきます。

代理店であれば、記事広告に精通していますので、安心して広告運用を依頼することが可能です。

メリット2:適切な掲載媒体を選んでくれる

代理店に記事広告の運用を依頼すれば、記事広告を掲載する適切な掲載媒体を選択してくれます。記事広告で扱う商材にマッチした掲載媒体を選ぶことで、商材・サービスを効率よく宣伝することが可能です。

メリット3:広告部門がなくても記事広告を利用できる

中小企業やスタートアップ企業の場合だと、本業に注力しなければならず、記事広告の運用にリソースを回せないケースが多いと思います。中には、記事広告運用を行いたいけれど、リソース不足で諦めざるを得ない企業もあるかもしれません。

代理店に依頼すれば、記事広告の運用をすべて任せることができるので、自社に記事広告運用のリソースがなくても広告運用が可能になります。リソース不足で記事広告の運用を諦める必要もありません。

メリット4:記事の作成も請け負ってくれる

代理店の中には、記事広告に掲載する「記事」の作成を請け負ってくれるところもあります。広告に掲載する記事は、記事広告の要です。記事で如何に読者を惹きつけるかが、その後の売上に直結してきます。

広告代理店は、どのような記事を書けば読者の反応が良いのか熟知しています。自前で記事を用意するよりも、広告代理店に記事作成を依頼した方が、クオリティの高い記事広告に仕上がりやすいといってよいでしょう。

メリット5:他のWeb広告運用にも対応してくれる

Web広告には、記事広告以外にも様々な種類があります。宣伝する商材によっては、記事広告以外のWeb広告が適していることもしばしばです。

代理店の多くは、記事広告以外のWeb広告運用にも対応しています。自社商材・サービスに最適なWeb広告を選択してくれるので、費用対効果の高い広告運用を実現させることが可能です。

 

記事広告の運用を代理店にお願いする3つのデメリット

記事広告の運用を代理店に依頼する際は、メリットのみならずデメリットも生じてきます。記事広告運用を代理店に依頼するデメリットは、下記の3点です。

  1. 運用代行費用がかかる
  2. 必ず成果が出るとは限らない
  3. 運用担当者によってスキルに差がある

デメリット1:運用代行費用がかかる

広告代理店に記事広告の運用を依頼する場合、必ず「運用代行費用」がかかってきます。運用代行費用の相場に関しては、次の章で詳しく解説しますが、費用は概ね「広告費の20%」としている代理店が多いです。

記事広告の広告費は単価が高いこともあり、運用代行費用も高くなる傾向にあります。

 デメリットの対応策

運用代行費用を下げるためには、広告代理店と直接交渉することが有効です。半年~1年以上の長期契約で運用代行費用を安くしてくれる代理店もあるので、打診された見積もりを鵜呑みにせず、交渉を持ちかけるようにしましょう。

デメリット2:必ず成果が出るとは限らない

広告代理店に記事広告の運用を依頼しても、必ず成果が出るとは限りません。記事広告の運用では成果が反映されるのに時間がかかることも多く、目に見える成果が中々確認できないこともあります。

 デメリットの対応策

記事広告の成果をなるべく早い段階で得るためには、記事広告運用の実績が充実した広告代理店に依頼することが肝要です。他のWeb広告の実績ではなく、記事広告の運用で成果を出せているか、必ず確認するようにしましょう。

デメリット3:運用担当者によってスキルに差がある

広告代理店では、複数の広告運用担当者が分担して運用を行っているケースが多いです。運用担当者によって、記事広告運用のスキルに差が出ることもあります。

運用担当者が異なっても、依頼費用に違いはありません。同じ費用を支払っているのに、成果に差が出てしまうこともしばしばです。

 デメリットの対応策

広告代理店の中には、広告運用担当者を指名できる代理店もあります。運用担当者ごとの実績を見せてくれるところもあるので、依頼前に代理店に確認してみてください。

 

記事広告の運用を代理店に依頼した際の手数料相場とサービス範囲

記事広告の運用を代理店に依頼した際の手数料相場とサービス範囲

次に記事広告運用を代理店に依頼した際の手数料相場・サービス範囲について確認していきましょう。

記事広告運用の代理店の手数料体系

記事広告運用の手数料体系は、「初期費用」と「運用代行費用」によって決まってきます。初期費用には、記事広告のアカウント開設費用など、記事広告の運用前にかかる費用が含まれてきます。

記事広告の運用代行では、通常の運用代行費用に加えて、記事や画像などのクリエイティブ制作費をオプションとして設けている代理店もあります。運用代行費用の中にクリエイティブ制作費を組み込んでいるケースもあるので、利用予定の代理店に事前に確認するようにしましょう。

一般的な代理店手数料の料金体系

一般的なWeb広告代理店の料金体系も、記事広告の運用代行代理店と同様に「初期費用」と「運用代行費用」で料金体系が構成されています。ただ、最近のWeb広告代理店では初期費用を設けていないところも多く、実質的には運用代行費用によって手数料が決まる形です。

記事広告運用の代理店料金相場まとめ表

料金 こんな方におすすめ サービス対応範囲
月10万円
  • 運用代行費用を抑えたい方
  • 記事広告運用の一部を依頼したい方
  • アカウント開設
  • 記事広告の一部運用 など
月20~30万円
  • 記事広告の運用を全体的に依頼したい方
  • 運用レポートの制作をして欲しい方
  • アカウント開設
  • 掲載先媒体の選定
  • 記事広告の運用
  • 運用レポートの作成 など
月50万円以上
  • クリエイティブ制作も含めて、記事広告の運用をすべて任せたい方
  • 詳細な運用レポートを制作して欲しい方
  • Webマーケティングも併せて依頼したい方
  • アカウント開設
  • 掲載先媒体の選定
  • 記事広告の運用
  • クリエイティブ制作
  • 詳細な運用レポートの制作
  • Webマーケティング業務 など

記事広告の運用代行を依頼する際、費用を10万円以下に抑えることは不可能ではありません。ただし、依頼できる業務内容が限定されてしまいます。

記事広告の運用を一部依頼する場合であれば問題ありませんが、全体的に記事広告の運用代行を依頼する場合は「月20~30万円」ほどの費用を見込んでおいた方がよいでしょう。

記事や画像など、クリエイティブ制作まで合わせて依頼する場合は、費用が月額50万円以上になることもあります。また、掲載先媒体の広告費によっては月額費用が100万円を超えることもあるので、見積もり時に確認するようにしてください。

 

記事広告運用を担う代理店を上手に選ぶ5つのチェックポイント

記事広告運用を担う代理店を上手に選ぶ5つのチェックポイント

記事広告運用を担う代理店を上手に選ぶには、下記の5つのポイントを押さえるようにしてください。

  1. 記事広告運用に精通した担当者が在籍しているか
  2. 記事コンテンツ制作の業務を行っているか
  3. 自社メディアを運用しているか
  4. 記事広告の運用実績が豊富かどうか
  5. どのようなバックグラウンドを持っている会社か

POINT1.記事広告運用に精通した担当者が在籍しているか

記事広告を扱っているWeb広告代理店は数多くありますが、実は記事広告運用代行に精通した運用担当者が在籍していないこともあります。リスティング広告など他のWeb広告運用代行の延長として記事広告を扱っている代理店もあるため、満足のいく成果を出してくれないこともしばしばです。

記事広告運用に精通した担当者が在籍しているかどうか、必ず確認するようにしてください。回答を濁すような代理店であった場合は、別の代理店の利用を検討するようにしましょう。

POINT2.記事コンテンツ制作の業務を行っているか

広告代理店が「記事コンテンツの制作」業務を行っているかどうかも重要なチェックポイントです。記事広告では、読者の関心を高めるようなクオリティの高い記事が必要になります。

記事コンテンツの制作業務を行っていれば、記事作成のノウハウを蓄積していることが多いので、記事広告に掲載する記事クオリティも高いことが多いです。

広告代理店の中には、記事広告の文章を外部のライターに依頼していることもあります。スキルが豊富なライターに依頼していれば問題ありませんが、クラウドソーシングなどで安価なライターを雇っているケースも少なくありません。

広告代理店がどのように記事を制作しているかも、併せて確認するようにしましょう。

POINT3.自社メディアを運用しているか

広告代理店が自社でメディアを運用しているかどうかもチェックポイントです。自社でメディアを運用している場合、メディア内で記事広告の運用を行っているケースがあります。

実際に自社メディアで記事広告を運用していれば、記事広告の運用ノウハウを豊富に蓄積している可能性が高いです。

自社メディアの有無は、広告代理店のホームページ上では公表されていないこともあります。こちらも問い合わせや面談の際に直接確認してみてください。

POINT4.記事広告の運用実績が豊富かどうか

記事広告の運用実績が豊富かどうか、必ずチェックするようにしましょう。繰り返しになりますが、記事広告の運用を他のWeb広告運用の延長として行っている代理店も存在します。

このような代理店だと、記事広告に注力している代理店よりも運用のクオリティが低いケースが多いです。Web広告運用全体の実績ではなく、記事広告の運用実績に限定して確認するようにしてください。

POINT5.どのようなバックグラウンドを持っている会社か

記事広告の運用代行代理店が、どのようなバックグラウンドを持った会社なのかもチェックするようにしましょう。

記事広告の運用を専門に行ってきた代理店、Web広告の運用代行を広く行ってきた代理店、Webマーケティング事業の一環として記事広告の運用を行っている代理店など、バックグラウンドを確認することで、代理店ごとの特徴を大まかに把握することが可能です。

広告代理店のバックグラウンドは、企業ホームページの「沿革」などで確認可能です。また、他のWebメディアで特集されていることもあるので、併せてチェックしてみてください。

 

【厳選】記事広告に強みをもつおすすめ広告代理店5選

次に、記事広告に強みをもつおすすめの広告代理店を厳選して5社、紹介していきます。

PLAN-B

引用元:https://www.plan-b.co.jp/

株式会社PLAN-Bは大阪市西区に本社を置く広告代理店です。記事広告やリスティング広告、ディスプレイ広告など幅広くWeb広告運用代行を請け負っています。

こんな方におすすめ!

株式会社PLAN-Bでは最終的な数値目標を達成するために、動線設計と負うべきKPIを適切に設定してくれます。数値を明確にして記事広告運用を行いたい方におすすめの代理店です。

 株式会社PLAN-Bの強み

株式会社PLAN-Bの強みとして、記事広告の運用実績が充実している点が挙げられます。ユーザーのニーズに合わせた記事広告を展開することに加えて、広告色を抑えた記事広告に定評があります。

質の高い記事広告を作成してくれる点も、PLAN-Bの強みです。記事広告の運用で着実に成果を出したい方にとって、PLAN-Bは心強いパートナーになってくれるでしょう。

株式会社PLAN-Bの概要

  • 会社名:株式会社PLAM-B
  • 本社所在地:大阪府大阪市西区新町1-28-3四ツ橋グランスクエア6F
  • URL:https://www.plan-b.co.jp/
※参考:リスティング広告の運用に強みをもつ代理店を特集した記事も併せてご覧ください。
関連記事

リスティング広告の運用代行を担う代理店は、クライアントに代わってリスティング広告の運用全般を行ってくれます。この運用代行サービスは、自社でリスティング広告の運用が難しい企業にとって、非常に有用なサービスです。 しかし、リスティング広告[…]

リスティング広告代理店選び完全ガイド〜上手な選び方や手数料の仕組み詳しく解説〜

株式会社ユニークワン

引用元:https://unique1.co.jp/

株式会社ユニークワンは、新潟市東区に本社を構えるWebマーケティング会社です。地方初のIT系メガベンチャーとして創業しており、都心部のWebマーケティング企業に引けを取らない広告運用サービスを提供しています。

こんな方におすすめ!

株式会社ユニークワンは、地域情報メディアとタイアップした記事広告運用サービスを提供しています。本社のある新潟エリアのみならず、全国の地域で活用可能です。地域の強みを活かした商材・サービスを記事広告で宣伝していきたい方に、ユニークワンはおすすめです。

 株式会社ユニークワンの強み

株式会社ユニークワンの強みとして、記事制作のサービスを提供している点が挙げられます。記事広告で成果を出すためには、質の高い記事が必要になってきます。

記事制作サービスを提供しているユニークワンであれば、記事広告で必要なクオリティの高い記事制作に対応してくれます。自社でライターを雇う必要もないので、トータルの記事広告運用コストを下げることも可能です。

株式会社ユニークワンの概要

  • 会社名:株式会社ユニークワン
  • 本社所在地:新潟県新潟市東区江南1-9-11
  • URL:https://unique1.co.jp/

株式会社シード

引用元:https://www.seedinc.jp/

株式会社シードは、東京都千代田区に本社を置く広告代理店です。記事広告や動画広告、バナー広告など様々な形態の広告運用・作成に対応しています。

こんな方におすすめ!

株式会社シードは、記事広告の流入先となるランディングページの制作まで請け負ってくれます。流入先のランディングページが充実していないと、せっかく記事広告で集客したとしても売上アップに繋がりにくいです。ランディングページの制作まで併せて依頼したい方に、株式会社シードはおすすめです。

 株式会社シードの強み

株式会社シードは、記事広告の運用に加えて、アフィリエイトの運用代行やホームページ制作、Webシステム・アプリケーション開発のサービスも提供しています。

Web関連の事業を幅広く扱っているので、記事広告以外の業務も依頼したい際に最適な会社です。自社サイトのSEO対策も行ってくれるので、メディア運営で行き詰っている場合も心強いサポーターになってくれます。

株式会社シードの概要

  • 会社名:株式会社シード
  • 本社所在地:東京都千代田区飯田橋2-14-2雄邦ビル3F
  • URL:https://www.seedinc.jp/

株式会社LIG

引用元:https://liginc.co.jp/

株式会社LIGは、東京都台東区に本社を構えるWeb制作会社です。事業の一環としてコンテンツマーケティング支援を行っており、記事広告の運用・制作を請け負ってくれます。

こんな方におすすめ!

株式会社LIGは自社で「LIGブログ」というオウンドメディアを運営しています。作成した記事広告をオウンドメディアですぐに運用してくれるので、制作・公開までスムーズに進めることが可能です。記事広告の制作・運用をワンストップで依頼したい方におすすめの会社になります。

 株式会社LIGの強み

株式会社LIGの強みとして、Webコンテンツ制作のノウハウを豊富に蓄積している点が挙げられます。Webコンテンツの制作歴は10年以上で、業種を問わず様々なプロモーションに参画してきた実績もあります。

実績に裏付けされた質の高い記事広告を制作して欲しい際に、LIGは最適な会社です。

株式会社LIGの概要

  • 会社名:株式会社LIG
  • 本社所在地:東京都台東区小島2-20-11 LIGビル1F受付
  • URL:https://liginc.co.jp/

Mtame株式会社

引用元:https://mtame.co.jp/

Mtame株式会社は、東京都新宿区西新宿に本社を構える広告代理店です。記事広告やリスティング広告、ディスプレイ広告、SNS広告など主要なWeb広告の運用代行を網羅しています。

こんな方におすすめ!

Mtame株式会社では、獲得したいユーザー層に合わせて最適な記事広告を作成・運用してくれます。ターゲット層によっては、他の広告形態も提案してくれるので、多角的な視点からWeb広告運用を進めたい方におすすめの広告代理店です。

 Mtame株式会社の強み

Mtame株式会社の強みとして、記事広告を含めたデジタルマーケティング全体のコンサルティングを行ってくれる点が挙げられます。リンク先のWebサイト改善やキーワード選定の見直しなど、Webマーケティング全体のサポートを受けることが可能です。

自社のWebマーケティング・広告運用部門のように動いてくれるので、人員が不足しているスタートアップ企業や中小企業に最適です。

Mtame株式会社の概要

  • 会社名:Mtame株式会社
  • 本社所在地:東京都新宿区西新宿2-3-1新宿モノリス19F
  • URL:https://mtame.co.jp/
※参考:SNS広告に強みを持つ代理店を特集した記事はこちら
関連記事

SNS広告は、SNSの利用者増加と共に活用する企業が続々と増えてきているマーケティング手法のひとつです。一般的な広告に比べて拡散力があったり、細かなユーザーのターゲティングができるといった点が、リスティング広告などとは異なります。 上[…]

SNS広告運用代行おすすめ代理店11選と上手な選び方

記事広告を自社で運用する際にオススメの業務効率化ツール

記事広告を自社で運用する場合は、記事広告の運用データ収集やレポート作成を効率的に行う必要があります。限られた人員で記事広告を制作・運用するとなると、工夫なしに業務を行うのは担当者の負担を増やしてしまいます。

かといって、記事広告の運用に人員を割きすぎると、今度は本業の方に支障が出てきてしまいます。そこでおすすめしたい記事広告の業務効率化ツールが「Databeat Explore」です。

記事広告運用の効果を可視化する「Databeat Explore」

Databeat Explore
Databeat Exploreを活用することで、記事広告の運用効果を可視化することができます。記事広告の運用データを自動で取得して数値化してくれるので、広告運用担当者の負担を軽減することが可能です。

データ元のページにアクセスして、手動でデータを集める必要もありません。

記事広告運用における「Databeat Explore」の3つの活用ポイント

記事広告運用におけるDatabeat Exploreの活用ポイントとして、下記の3点が挙げられます。

  • 記事広告の運用データを使い慣れたツールに出力できる
  • 記事広告の運用データをもとに自動でレポート作成が可能
  • 記事広告のコストデータ、アクセスデータなどを統合して分析できる
 記事広告の運用データを使い慣れたツールに出力できる

Databeat Exploreで収集した記事広告の運用データは、Google Analyticsなどの外部ツールに出力することが可能です。データの収集はDatabeat Exploreで行って、分析は使い慣れたツールで行うといった使い方もできます。

 記事広告の運用データをもとに自動でレポート作成が可能

Databeat Exploreでは、記事広告の運用データをもとにして自動でレポートを作成することが可能です。レポート作成は広告運用担当者にとって負担がかかる業務です。自動化することで運用担当者の業務効率向上に繋げられます。

 記事広告のコストデータ、アクセスデータなどを統合して分析できる

Databeat Exploreを利用することで、記事広告のコストデータ・アクセスデータなど各種データを統合して分析することができます。複雑な設定を行わなくてもデータ統合して解析が可能ですので、PC操作に慣れていない人でも無理なくDatabeat Exploreを活用できます。

 

まとめ

記事広告は、Webメディアのコンテンツに同化させて掲載可能な広告です。掲載先媒体と商材のタイプを合わせれば、広告色を弱めつつ効率的に宣伝することができます。

記事広告の運用では、商材に合った適切な広告文の作成など、高度なスキルが要求されてきます。記事広告の運用成果を着実に出したい場合は、記事広告に強みを持った広告代理店の利用がおすすめです。

本記事で紹介した広告代理店を参考に、自社のニーズに応えてくれる広告代理店を探してみてください。記事広告を活用して、自社商材を効率よくPRしていきましょう。

Googleデータポータルを活用して分析業務を効率化するツール
DatabeatExplore

こんな方にオススメ

・広告数字の集計が大変

GAと広告数字を同時に集計したい

・人力レポートではミスが発生する

Googleデータポータルを活用したい

最新情報をチェックしよう!
>広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

Databeat Exploreは、WEB広告データの見える化を実現するサービスです。
様々な広告データを抽出・統合・一元化し、見たいデータを見たい時に見たい場所で見ることができます。

CTR IMG