記事広告の費用がまるわかり!掲載費用、代理店手数料まで詳しく解説

記事広告の費用がまるわかり!掲載費用、代理店手数料まで詳しく解説

記事広告は、一般的なWEB広告とは違ったアプローチによって、大きな効果が得られるマーケティング手法のひとつです。しかし、リスティング広告などに比べて費用が高額で、なかなか手が出しにくいと感じている方も多いのではないでしょうか。

そのような場合、まずは記事広告によってどのような効果が得られるのか、どのようなシーンで利用するべきか、どれくらいの費用がかかるのかといった具体的な情報を知った上で、利用するかどうかを検討するのがおすすめです。

そこで今回こちらの記事では、記事広告の費用や活用方法などを詳しく解説していきます。

目次

まずは押さえておきたい記事広告の基本知識

はじめに、記事広告とはどういったものなのか、メリットデメリットや出稿の流れなど基本的な情報を確認していきます。

記事広告とは?

新R25広告

引用元:新R25

 

記事広告とは、ブログ記事の形式で掲載する広告のことです。上記は新R25に掲載されたPayPayの記事広告ですが、一見広告っぽさがなく、単なるインタビュー記事に見えますが、こちらは立派な広告です。

記事自体は、掲載する媒体が基本的に作成します。

参考:記事広告とバナー広告、オフライン広告の違い

記事広告とバナー広告の大きな違いは、その情報量です。バナー広告はあくまでバナー上に掲載できる情報量しか、ユーザーに伝えることができません。

しかし記事広告は、WEBサイトの1ページ分の内容を掲載することができますので、一度に多くの情報をユーザーに伝えられます。

また、単に情報量が多いだけでなく、なぜその商品が必要なのか、商品を購入することでどのようなメリットがあるのかといった内容により、ユーザーに深く営業をかけられるといった利点があります。

次にオフライン広告との違いですが、ターゲティングの精度が大きく異なります。

オフライン広告は、一般的に非常に多くの方に見てもらうことができます。しかし、広告を目にする対象は不特定多数となりますので、必ずしも商品の購入につながる層とは限りません。

一方記事広告は、掲載する媒体によってユーザー層がわかりますので、商品に興味を持つであろうと想定されるユーザーが多く集まる媒体に掲載することができます。

さらに、オフライン広告では広告効果を正確に測定することは困難ですが、記事広告はPVやランディングページへの流入数、コンバージョン数など明確にデータが取れるため、精度の高い効果測定が可能です。

※参考:バナー広告について詳しく解説した記事はこちら
関連記事

バナー広告は、私たちがインターネットを利用している際、非常によく見かける広告のひとつです。 このバナー広告、実際に掲載しようと思った場合に、制作費用や掲載費用がどれくらい必要となるかご存じでしょうか。 今回こちらの記事では、これ[…]

バナー広告の費用がまるわかり!制作費用から掲載費用、代理店手数料まで詳しく解説

記事広告のメリット

記事広告を掲載することで、どのようなメリットがあるのか具体的に解説していきます。

 1.狙ったユーザー層にリーチできる

広告にする商品やサービスにマッチするユーザー層に対して、ピンポイントでリーチできるメリットがあります。

媒体によってユーザー層には違いがありますが、広告の内容に興味を持つ可能性のあるユーザー層が多い媒体に掲載すれば、記事を読んでもらえるだけでなく、そこからコンバージョンを獲得できる可能性が非常に高まります。

 2.媒体の力を利用して認知向上やブランディングができる

媒体の力を利用して商品やサービスの認知向上、ブランディングなどができます。

リスティング広告などは、あくまでランディングページへ集客するためのきっかけでしかありません。しかし、記事広告の場合は多くの情報をユーザーに届けることができるため、商品やサービスについてしっかりと理解してもらうことが可能です。

しかも、記事広告を掲載する媒体は元々集客力を持っていますので、掲載するだけで多くのユーザーに記事を閲覧してもらうことができます。

 3.一度掲載すれば長期的に効果を得られる

一度掲載してしまえば情報が残るため、長期的に効果を得られます。

リスティング広告などは、広告費をかけて掲載し続けている間は効果がありますが、止めてしまうとその効果はゼロになります。

しかし記事広告は、媒体の「記事」として残り続けますので、掲載した媒体が閉鎖してしまわない限り、広告としての効果が継続するのです。

※契約内容によっては、掲載期間が限定される場合があります。

※参考:リスティング広告について詳しく解説した記事はこちら
関連記事

リスティング広告の運用代行を担う代理店は、クライアントに代わってリスティング広告の運用全般を行ってくれます。この運用代行サービスは、自社でリスティング広告の運用が難しい企業にとって、非常に有用なサービスです。 しかし、リスティング広告[…]

リスティング広告代理店選び完全ガイド〜上手な選び方や手数料の仕組み詳しく解説〜

記事広告のデメリット

記事広告のメリットをご紹介しましたが、記事広告にはデメリットと捉えられる点もあります。

 掲載費用が高額になる

記事広告のデメリットは、掲載費用が高額になるという点です。一般的なWEB広告は、自社の広告予算に合わせて少ない金額からでも出稿することが可能です。

しかし、記事広告は掲載を決めるタイミングでまとまった金額を支払わなくてはならず、その規模は媒体によって異なりますが、高額となる傾向があります。

そのため、ある程度の規模の広告予算を組めない企業にとって、記事広告を利用することは少々ハードルが高くなります。

 デメリットの対応策

記事広告の掲載費用は一見高額に感じますが、それは一度にまとめて支払うから、とも考えられます。

また、記事広告は商品の顕在層や潜在層に対して強くアプローチできる広告なので、正しく活用すれば他のWEB広告よりもはるかに高い効果を得られる場合もあります。

ですから、記事広告を掲載するかどうかの判断を行う場合、掲載費用だけで考えるのではなく、どれだけの効果が得られるのか、費用対効果としてはどうなのかといった視点で検討すると良いでしょう。

記事広告が効果を発揮するシーン

記事広告は、狙ったユーザー層にしっかりと情報を届けたい場合に、高い効果を発揮します。

例えばバナー広告などは、ユーザーによっては「広告」とはっきり認識しており、敬遠されてしまうケースも少なくありません。しかし記事広告は、他のWEB広告に比べて、宣伝色が少ない特徴を持っています。

よって、ユーザー層がマッチする媒体に掲載できれば、記事を読み込んでもらえる可能性が高く、高い効果が期待できます。

記事広告の一般的な作成から出稿までの流れ

記事広告を掲載すると決めた場合の、記事広告作成から出稿までの流れをご紹介します。細かな点は媒体によりますので、記事広告掲載の全体像としてご覧ください。

 STEP1:掲載媒体の選定

まずは、どの媒体に記事広告を掲載するか選定します。ポイントは、媒体のユーザー層と宣伝したい内容がマッチするか、そしてその媒体にどれくらい集客力があるかを把握することです。

気になる媒体や、掲載したい媒体が決まったら、直接問合せを行ないます。

 STEP2:記事広告の内容やスケジュールを決める

掲載する媒体が決まったら、どのような記事広告を作成するかについて、打ち合せを行ないます。また、同時に掲載スケジュールについても決めていきます。

 STEP3:記事広告の作成

詳細が確定すると、媒体側で記事広告の作成に入ります。必要に応じて媒体へ情報の提示なども行ないます。記事広告が完成したら、自社でもチェックを行ない、問題がないかを確認します。

 STEP4:掲載開始

記事広告の最終チェックが終わったら、スケジュールに合わせて記事を公開します。

 

記事広告の掲載費用の仕組みと費用相場を詳しく解説

記事広告の掲載費用の仕組みと費用相場を詳しく解説

記事広告の掲載費用がどのように決まるのか、そして記事広告の掲載費用相場について解説します。

記事広告の掲載費用の仕組み

記事広告の仕組みは、媒体によって異なる部分が多くなります。主な記事広告の費用構造は以下のようになります。

  • 掲載費用:PV保証/掲載期間
  • 制作費用:記事広告の制作するための費用

掲載費用だけ請求される場合と、掲載費用と制作費用を別々に請求される場合があります。

また、掲載費用については、「PV保証」による料金体系と、「掲載期間」による料金体系の媒体があります。PV保証の場合は、想定PV数によって価格帯が異なっており、より多くのPV数を設定すると料金が高くなりますが、その分記事は多くのユーザーに閲覧されます。

一方掲載期間による料金体系の場合、2週間や4週間など、記事広告を掲載する期間によって料金が異なるタイプです。長期間掲載することで、多くのPV数を得ることが可能です。

なお、媒体によっては複数のプランを設けていなかったり、記事広告がアーカイブとして残り続けるケースもあります。

記事広告の掲載費用相場

記事広告の掲載費用相場は、概ね100万円~200万円程度となります。これは、4週間程度の掲載を想定した場合の数値です。

ただし、掲載する媒体のPV数が高い場合には、相場価格よりも高額となるケースがあります。もちろん、その分広告としての効果は高まることが期待できますが、費用対効果や自社の予算と照らし合わせて媒体を選定しましょう。

 

主要な記事広告媒体の種類と費用感

ここからは、主要な記事広告媒体の特徴、そして費用感について解説していきます。

主要な記事広告媒体の種類と費用感まとめ

媒体 強みを持つ領域 1記事あたりPV数 費用の情報
朝日新聞デジタル ニュース全般 20,000~10,000PV 350万円~
マイナビウーマン 20~30代の働く女性向け 7,000~15,000PV 100万円
ザ・テレビジョン テレビ・芸能関係 5,000~10,000PV 50万円~
antenna* 旅行・グルメ・ファッションなど20~30代向け 18,000PV 150万円~
新R25 20代~30代のビジネスマン向け 20,000PV 100万円
MarkeZine マーケティング関連 2,000〜4,000PV 90万円
AppBank Apple製品やガジェット系 3,000〜10,000PV 30万円~
日刊住まい 住宅関連 4,000PV 100万円
MERY 美容・コスメ・ファッションなど10~20代の女性向け 45,000PV 180万円
女子SPA! トレンド・美容・恋愛系など30代女性向け 20,000PV 75万円

自社にマッチする記事広告媒体の上手な選び方

記事広告を掲載できる媒体は多数ありますが、その中から自社にマッチする記事広告媒体を上手に選ぶためのポイントを、3つご紹介します。

 POINT1.媒体のユーザー層が自社商品とマッチするか

記事広告を掲載する上でもっとも大切なのが、媒体のユーザーと自社商品がマッチするかどうかです。

媒体のユーザーと自社商品がマッチしていなければ、たとえ記事広告がたくさん読まれたとしても、その先の狙った効果が期待できません。

ですから、必ずユーザー層がマッチする媒体を選ぶ必要があります。

 POINT2.十分な集客力があるか

記事広告は、媒体の集客力がなければ効果は期待できませんので、PV数を必ず確認しましょう。

どんなにユーザー層がマッチする媒体であったり、掲載費用が安い媒体であっても、PV数が少なければコンバージョン・認知向上・ブランディングのいずれの効果も期待できません。

 POINT3.費用感に問題がないか

記事広告は媒体のPV数が大きければ大きいほど高い効果が期待できますが、PV数が大きい媒体は費用も高騰する傾向があるため、事前に掲載費用についてもしっかり確認を行いましょう。

自社で準備できる予算規模や、掲載した場合の費用対効果についてもあらかじめ確認した上で、費用感の合う媒体を選定することが重要です。

朝日新聞デジタル

朝日新聞デジタル

引用元:朝日新聞デジタル

 朝日新聞デジタルの特徴

朝日新聞デジタルは、新聞社が運営する媒体ということもあり、不特定多数のユーザーが多数閲覧します。

 朝日新聞デジタルが強みを持つ領域

朝日新聞デジタルは、幅広いジャンルのニュース全般を掲載していますので、ユーザー層に偏りが少なく、どんなジャンルの記事でも一定の効果が期待できます。

 1記事あたりの目安PV数

朝日新聞の1記事あたりの目安PV数は、20,000~10,000PVくらいです。

 朝日新聞デジタルの費用

朝日新聞デジタルの費用は、PV数によって料金が異なります。

  • 2万PV保証:350万円〜
  • 5万PV保証:650万円〜
  • 10万PV保証:1,005万円〜
    ※すべて4週間掲載

マイナビウーマン

マイナビウーマン

引用元:マイナビウーマン

 マイナビウーマンの特徴

マイナビウーマンは、20代から30代の働く女性をターゲットとした媒体です。

 マイナビウーマンが強みを持つ領域

女性ユーザーが多いマイナビウーマンでは、美容やコスメ、ファッション、恋愛、ライフスタイル、ヘルスケアなど女性が興味を持つジャンルに強みを持っています。

 1記事あたりの目安PV数

マイナビウーマンの1記事あたりの目安PV数は、7,000~15,000PVくらいです。

 マイナビウーマンの費用

マイナビウーマンの費用は、制作費30万円込みで100万円となっています。また、オプションで記事の掲載方法にバリエーションを加えることも可能です。

  • 座談会型:15万円
  • 専門家起用:40万円
  • 編集部体験型:10万円
  • 診断型:5万~110万円
  • 小説、マンガ :30万円

ザ・テレビジョン

ザ・テレビジョン

引用元:ザ・テレビジョン

 ザ・テレビジョンの特徴

ザ・テレビジョンは、1982年創刊の雑誌「ザ・テレビジョン」のWEB版です。紙媒体として古くから販売されており、知名度が高いのが特徴です。

 ザ・テレビジョンが強みを持つ領域

ザ・テレビジョンは、テレビや芸能関係の情報に強みを持つ媒体です。

 1記事あたりの目安PV数

ザ・テレビジョンの1記事あたりの目安PV数は、5,000~10,000PVくらいです。

 ザ・テレビジョンの費用

ザ・テレビジョンの費用は、掲載期間によって料金が異なります。制作費込みですが、別途取材が必要となる場合は、追加費用が必要です。

  • 2週間掲載:50万円〜
  • 4週間掲載:80万円〜

antenna*

antenna

引用元:antenna*

 antenna*の特徴

antenna*は、幅広い情報を取り扱っている媒体です。スマートフォンアプリでの閲覧も可能です。

 antenna*が強みを持つ領域

antenna*は、20代から30代を中心としたユーザーが多く、ファッションからグルメ、ガジェット、旅行まで幅広い情報を発信しています。

 1記事あたりの目安PV数

antenna*の1記事あたりの目安PV数は、18,000PVくらいです。

 antenna*の費用

antenna*の費用は、150万円からとなっています。

新R25

新R25

引用元:新R25

 新R25の特徴

新R25は、一般記事の他に著名人が新R25レギュラーズとして、定期的にコンテンツを掲載しています。

 新R25が強みを持つ領域

新R25は、20代から30代のビジネスマン向けのコンテンツが中心で、仕事やお金などのテーマに強みを持っています。

 1記事あたりの目安PV数

新R25の1記事あたりの目安PV数は、20,000PVくらいです。

 新R25の費用

新R25の費用は、100万円となっています。

MarkeZine

MarkeZine

引用元:MarkeZine

 MarkeZineの特徴

MarkeZineは、ITやマーケティング関連書籍を出版している翔泳社の運営媒体です。無料会員登録をすると、過去記事の閲覧やメルマガの受信も可能となります。

 MarkeZineが強みを持つ領域

MarkeZineは、IT・マーケティング領域に強みを持つ媒体です。

 1記事あたりの目安PV数

MarkeZineの1記事あたりの目安PV数は、2,000〜4,000PVくらいです。

 MarkeZineの費用

MarkeZineの費用は、90万円で掲載期限はありません。

AppBank

AppBank

引用元:AppBank

 AppBankの特徴

AppBankは、記事ごとのユーザーの滞在時間が長いのが特徴です。

 AppBankが強みを持つ領域

AppBankは、iPhoneなどのApple製品やガジェット、ゲーム関連に強みを持つ媒体です。スマホアプリやコスプレ関連の記事も掲載されています。

 1記事あたりの目安PV数

AppBankの1記事あたりの目安PV数は、3,000〜10,000PVくらいです。

 AppBankの費用

AppBankの費用は、2週間で30万円からとなっています。

日刊住まい

日刊住まい

引用元:日刊住まい

 日刊住まいの特徴

日刊住まいは、記事広告掲載の目的に応じたメニューを利用することができます。また、PV数は少なくなりますが少額予算で利用できるトライアルプランなどもあります。

 日刊住まいが強みを持つ領域

日刊住まいは、住宅関連や暮らしの情報に強みを持つ媒体です。有名人による連載記事などもあります。

 1記事あたりの目安PV数

日刊住まいの1記事あたりの目安PV数は、4,000PVくらいです。

 日刊住まいの費用

日刊住まいの費用は、制作費込みで100万円となっており、記事はアーカイブとして残されます。また、55万円のトライアルプランなどもあります。

MERY

MERY

引用元:MERY

 MERYの特徴

MERYは、ターゲットを女性に特化させています。また、記事を執筆したライターが掲載されており、気になるライターの記事を読むことも可能です。

 MERYが強みを持つ領域

MERYは、美容やファッション、コスメ、恋愛、グルメなど女性ユーザーに人気のコンテンツが非常に豊富です。

 1記事あたりの目安PV数

MERYの1記事あたりの目安PV数は、45,000PVくらいです。

 MERYの費用

MERYの費用は、180万円となっています。

女子SPA!

女子SPA!

引用元:女子SPA!

 女子SPA!の特徴

女子SPA!は、30代から40代の女性をターゲットとした媒体で、マンガやイラストを活用した読みやすいコンテンツが特徴です。

 女子SPA!が強みを持つ領域

女子SPA!は、女性が興味をもつ美容やファッション以外にも、お金に関する話題など、やや年齢層が高めの女性向けコンテンツに強みを持っています。

 1記事あたりの目安PV数

女子SPA!の1記事あたりの目安PV数は、20,000PV くらいです。

 女子SPA!の費用

女子SPA!の費用は、2週間で75万円となっています。

 

記事広告の費用対効果を最大化する3つのポイント

記事広告の費用対効果を最大化する3つのポイント

記事広告の費用対効果を最大化するためのポイントを3つ解説します。これから記事広告の出稿を検討している方は、ぜひこちらの内容を参考にしてみてください。

  1. 記事広告を利用する目的を明確にする
  2. 最適な媒体選定を行う
  3. 記事広告の効果を可視化する

POINT1.記事広告を利用する目的を明確にする

記事広告をどのような目的のために利用するのかを明確にして、その目的に向かって進めて行くことが大切です。

記事広告の目的が、商品購入やサービスの申込みであれば、記事広告からのコンバージョン率やコンバージョン数が重要となります。

一方、認知向上やブランディングが目的であれば、コンバージョンではなくPV数やUU数、滞在時間などを重視するため、目的によってゴールは大きく異なるのです。

POINT2.最適な媒体選定を行う

記事広告を利用する目的、そして広告で宣伝する内容、この2つに適した媒体を選ぶようにしましょう。

記事広告の意図にマッチしない媒体に掲載してしまうと、ユーザー層がターゲットと異なり、想定していたような効果は得られません。

そうなると、ただお金をかけて記事を掲載しただけということになり、費用対効果としては良くない結果を招く恐れがあります。

POINT3.記事広告の効果を可視化する

記事広告は、掲載したらそれで終わりではありません。必ず記事広告の効果を可視化して、分析することを忘れないようにしましょう。

「記事広告の掲載が成功だったのか、失敗だったのか」については、数値で効果を分析することで明確になります。もし、思ったような効果を得られていなかったり、さらに費用対効果を高められるポイントが見つかったのであれば、次回の記事広告掲載に活かすことができます。

記事広告は、リスティング広告のようにその場でPDCAを回して手を加えることが難しい手法ですが、次に記事広告を利用する場面では、過去の運用データを活用することが可能です。

 

費用対効果を最大化するなら記事広告に強みを持つ代理店の利用もおすすめ!

費用対効果を最大化するなら記事広告に強みを持つ代理店の利用もおすすめ!

記事広告の費用対効果を高めるには、ある程度の知識や経験も必要です。自社での運用に慣れていない場合は、記事広告に強みを持つ代理店の利用もおすすめです。

記事広告の運用を代理店に依頼する3つのメリット

記事広告の運用を代理店に依頼するメリットを3つご紹介します。記事広告の出稿で迷っている方は、以下を参考に代理店の利用も検討してみてください。

  1. 媒体とのやり取りも含めた業務全般を担ってくれる
  2. 最適な媒体選定や効果の高い企画を作成してくれる
  3. 効果検証を行なってくれる

 1.媒体とのやり取りも含めた業務全般を担ってくれる

記事広告は他のWEB広告と違い、運用中に細かい調整などの業務は発生しません。しかし、出稿するまでには多くの作業が必要です。特に、媒体とのやり取りが多くなる傾向があります。

これらの業務に時間を取られてしまい、本来の業務が滞ってしまうという恐れがあります。

しかし、代理店に代行を依頼すれば、媒体とのやり取りもふくめた業務全般を担ってもらうことができるため、リソース不足に頭を悩ませる必要がなくなります。

 2.最適な媒体選定や効果の高い企画を作成してくれる

記事広告の成功のカギは、媒体選定にあります。ですが、記事広告の出稿経験がなかったり、知識がない場合には、どの媒体に出稿するのが最適なのか、見極めることが困難です。

そんな場合、記事広告に強みを持つ代理店を利用すれば、広告の効果を最大限発揮できる媒体を選定してもらうことができます。

また、記事広告の企画についても、効果を最大化するための案を作成して媒体側と進めてもらえるなどのメリットがあります。

 3.効果検証を行ってくれる

記事広告の効果検証も、初心者では十分に行うことができませんので、代理店に依頼するのがおすすめです。

出稿した記事広告のデータは、成功したか失敗したかだけでなく、その後のWEBマーケティングに役立つ重要な情報となります。

もちろん、次回また記事広告を出稿する際には、前回の正確なデータがあった方が、より効果の高い記事広告を出稿できるようになります。

代理店の利用はこんな人に特におすすめ!

記事広告の出稿経験がまったくない場合は、代理店の利用をおすすめします。

記事広告を出稿した経験がないと、どうしても媒体側からの提案に乗っかる形となってしまいます。媒体が持ち合わせるノウハウも貴重ですが、客観的に意見を出して、より効果の高い広告を作成するためには、代理店の力を借りるのがおすすめです。

 

記事広告の運用を代理店に依頼する際の費用

記事広告の運用を代理店に依頼する際の費用

記事広告の運用を代理店に任せると発生する費用の構造や、相場を解説します。

広告代理店を利用して記事広告を運用する場合の費用の構造

代理店に記事広告運用を依頼すると、以下の費用が必要になります。

  • 記事制作費用
  • 手数料

記事制作費用は、記事を代理店で制作する際に発生しますので、媒体側で作るのであれば不要となります。

広告代理店を利用して記事広告を運用する場合の費用の相場

代理店で記事広告の運用を行った場合、手数料は最低でも30万円程度からと考えてください。

一般的なWEB広告の手数料相場は、広告費の20%です。記事広告の掲載費用は100万円から200万円となりますので、仮に100万円の20%とした場合は、20万円です。

ただし、記事広告はその他のWEB広告とは工数が違うため、これよりも金額が高くなる可能性があります。

記事広告を代理店に依頼する際に手数料を抑えるポイント

記事広告を代理店に依頼する際に、手数料を抑えるための方法は、複数の代理店を比較することです。

記事広告の運用代行に対応している代理店は、手数料について明確に打ち出しているところはそれほど多くありません。

そのため、料金を比較するには直接媒体を運営する会社へ問い合わせた上で、比べるしかないのが現状です。もちろん、単に料金のみで代理店を決めてしまうことは危険なので、対応内容などについても打ち合せをして、信頼できる代理店を選んでください。

場合によっては、他社の料金を伝えて価格交渉をするという方法もあります。

 

費用を抑えた記事広告運用が実現できるおすすめ代理店

費用を抑えて記事広告運用ができるおすすめの代理店をご紹介します

株式会社 PLAN-B

株式会社 PLAN-B

引用元:https://www.plan-b.co.jp/

こんな方におすすめ!

  • 記事広告の制作から運用、媒体選定まですべて任せたい

 株式会社 PLAN-Bの強み

株式会社PLAN-Bは、大阪府にある広告代理店です。SEOをはじめとして、WEB制作やマーケティングに幅広く対応しています。

記事広告については、ユーザーのペルソナを明確に設定した上での記事制作や、効果に大きく影響する媒体選定、さらにKPIの設定まで実施してくれます。

過去に記事広告やオウンドメディアにて、新規ユーザー数やCPAを大きく改善した実績もあり、信頼して運用を依頼できます。

株式会社 PLAN-Bの概要

・会社名:株式会社 PLAN-B
・本社所在地:大阪府大阪市西区新町 1-28-3 四ツ橋グランスクエア 6 階
・URL:https://www.plan-b.co.jp/

 

記事広告運用のコスパ改善のヒントを得る効果計測のススメ

記事広告の運用を行う場面で、コスパを改善するヒントを得るには、効果測定が必須です。

記事広告の効果を計測するメリット

記事広告の効果を計測すると、その記事広告が想定する目標をどこまで達成できているのかがわかります。

コンバージョンを目的とする記事広告であれば、記事広告のCVRが指標となり、認知向上やブランディング、あるいは潜在層をターゲットとしている場合は、PV数やURLのクリック数、ビュースルーコンバージョンなどが指標となります。

効果計測を行えば、これらの指標に対してどのような数値が出ているかを把握できますので、問題点や改善点を見つけ出すきっかけにもなります。

記事広告のおすすめ効果計測ツール:「Databeat Explore」

Databeat Explore

Databeat Exploreは、記事広告の効果測定におすすめのツールです。広告のデータやマーケティングに必要となるさまざまな情報を、自動で収集して可視化できるのが、Databeat Exploreです。

記事広告運用における「Databeat Explore」の3つの活用ポイント

記事広告の運用で、Databeat Exploreを活用するポイントをご紹介します。

 自動でデータを収集・更新できる

Databeat Exploreは、記事広告からリスティング広告まで、WEB広告の運用データを自動で収集することが可能です。更新ももちろん自動なので、さまざまな媒体のデータを集める手間を省くことができます。

 テンプレートによる広告効果の見える化

Databeat Exploreに収集したデータは、ダッシュボードや各種テンプレートによって、マーケターが見やすいように見える化できます。

わざわざ記事広告のデータやその他のデータ、Googleアナリティクスのデータをまとめて分析表を作成する必要はありません。

 柔軟なエクスポート機能

Databeat Exploreからデータを出力する際は、ExcelやGoogleスプレッドシート、Googleアナリティクス、Looker Studio(旧Googleデータポータル)、BIツールなど形式を柔軟に変更できます。

データを共有したり、アナリティクスベースで分析を行うなど、Databeat Exploreを利用すればスムーズに実行できるようになります。

 

まとめ

記事広告は、宣伝色を抑えつつ広告効果を得られるマーケティングです。ユーザーに対してたくさんの情報を伝達できるため、コンバージョン目的以外に認知向上やブランディングなどにも活用できます。

やや高額な費用が発生するイメージがありますが、費用対効果という視点で見た場合には、妥当かそれ以上の効果を得られるケースも少なくありません。

記事広告を成功させるためには、媒体の選定がとても重要です。記事広告初心者の方は、代理店を利用すれば、媒体の選定から運用、効果測定までを一環して依頼することも可能です。

また、効果測定については、Databeat Exploreを活用すれば自動でデータ収集ができる上、広告データが可視化されているので、自社での運用を検討されている方におすすめです。

広告レポート作成を自動化しませんか?

 

Databeat Explore_CTA

「広告データの集計に時間を取られている」
「アクセス解析と広告データを同時に集計したい」
「Looker Studio(旧Googleデータポータル)を使ってレポート作成工数や手動によるミスを削減したい」

このような課題は、Databeat Exploreで解決できます。

Databeat Exploreとは、自動で収集した広告データをオリジナルフォーマットでレポート化する、広告レポート作成自動化ツールです。

  • 導入にエンジニアスキルは不要
  • 国内最多の37サービスと連携が可能
  • 無料BIツールLooker Studio(旧Googleデータポータル)でレポート作成を自動化できる

詳しくは以下のリンクよりサービスサイトをご覧ください。

記事広告の費用がまるわかり!掲載費用、代理店手数料まで詳しく解説
最新情報をチェックしよう!
>広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

Databeat Exploreは、WEB広告データの見える化を実現するサービスです。
様々な広告データを抽出・統合・一元化し、見たいデータを見たい時に見たい場所で見ることができます。

CTR IMG