Web広告運用における競合分析入門ガイド!競合分析手順から便利なツール、上手に分析結果を活かすポイントまで詳しく解説

Web広告運用における競合分析入門ガイド!競合分析手順から便利なツール、上手に分析結果を活かすポイントまで詳しく解説

広告運用では、競合分析をしながら自社の広告運用を改善していかなくてはいけません。広告業界は非常に競争の激しい場所のため、キャンペーンを成功させるには、競合他社を認識して特定するだけでなく、その取り組みを追跡する必要があります。

しかし、自社で競合分析する上で、

「競合分析の必要性が分からない」

「競合分析方法が分からない」

「競合分析に便利なツールが知りたい」

上記のような課題が生じるかと思います。

本記事では、企業の広告担当者様へ向けて、Web広告競合分析の「基礎知識」「具体的な手順」「おすすめのツール」「競合分析を踏まえた広告運用が可能なおすすめの代理店」を紹介しています。

目次

なぜWeb広告では競合分析が重要なのか?

なぜWeb広告では競合分析が重要なのか?

はじめに、なぜWeb広告では競合分析が重要なのか?その理由を3つ紹介します。競合分析の重要性が分からない方は、下記内容を参考にしてください。

理由1・競合などの外部環境によって自社の強みや弱みは決まるため

1つ目は、競合などの外部環境によって自社の強みや弱みが決まるためです。広告運用では、自社の強みを全面に出した訴求が基本です。しかし、その強みが競合と被っていた場合、訴求ポイントを見直す必要が出てくるかもしれません。

例えば、低価格を売りにしているのに、競合他社よりも商品価格が高い場合、その強みはユーザーに響かない可能性があります。競合分析は自社の現状の強みで戦えるかを確認するためにも重要であると理解しましょう。

理由2・自社製品の訴求ポイントを明確にするため

2つ目は、自社製品の訴求ポイントを明確にするためです。広告の訴求ポイントは「価格型訴求」「限定型訴求」「贅沢型訴求」さまざまですが、競合調査により、自社の訴求ポイントと比較する必要があります。

仮に、訴求ポイントが同じ場合、競合他社より優れている部分を確認します。それが差別化となり、コンバージョンに繋がります。同じ訴求ポイントでの出稿が多い場合は、違う角度からの訴求を考える必要があります。

理由3 ・競合の状況によって広告予算や表示場所が左右されるため

3つ目は、競合の状況によって広告予算や表示場所が左右されるためです。例えば、リスティング広告で、各企業がコンバージョンの見込みやすい「特定のキーワード」に出稿しているとしましょう。

基本的にこのキーワードで広告表示を狙うのであれば、競合よりも多くの予算を投入する必要があります。それを確認するためにも競合分析が必要ということです。予算的に難しいと判断できれば、別のキーワードに出稿するなどの対策も可能です。

 

Web広告で競合分析する具体的な手順

Web広告で競合分析する具体的な手順

Web広告で競合分析する具体的な手順を紹介します。競合分析は下記5STEPで実施します。

  • STEP1.競合となる企業候補をリストアップ
  • STEP2.フレームワークを活用して自社と競合の分析
  • STEP3.どんなタグを設置しているかを見て、実施している広告媒体を調査
  • STEP4.リスティング広告で競合他社の出稿状況を調査
  • STEP5. SNS広告は媒体公式ツールで出稿状況を調査

STEP1.競合となる企業候補をリストアップする

はじめに競合となる企業候補をリストアップしましょう。検索エンジンでキーワードを検索する方法が一般的です。STEP1では、下記企業候補をリストアップします。

  • 商品・サービスと価格帯が似ている企業
  • 扱う商品・サービスは似ているが価格帯が異なる企業
  • 自社商品・サービスの代替品になる可能性が高い企業

ポイントは、代替品を扱う企業もリストアップすることです。代替品とは自社商品と同じニーズを満たす商品です。自社でカメラを扱っているのであれば、スマートフォンが代替品といえます。代替品に関しても目を向けることで、自社の差別化が明確になるので、忘れずに実行しましょう。

STEP2.フレームワークを活用して自社と競合の分析をする

続いて、フレームワークを活用して自社と競合の分析をします。フレームワークとは戦略を考えるための枠組みです。フレームワークを活用すると分析業務がスムーズになるメリットがあります。広告運用では、主に下記2つのフレームワークを使用します。

3C分析

3C分析

引用:ferret

3C分析は「自社」「顧客・市場」「競合」3つの観点から、戦略を練るためのフレームワークです。「顧客の変化が掴めない」「なぜ競合他社が結果を出してるか理由が知りたい」「どのような戦略を取るべきなのか見えてこない」場合は3C分析を活用してください。

Customer(市場の状況・顧客)分析

3C分析では、はじめに「顧客・市場」を分析します。「顧客・市場」を分析し、自社のポジションを明確にするのが目的です。その結果、自社に足りない強みが理解できます。

Customer分析では主に下記3つの方法を実践します。

ミクロ分析 業界の競争環境を分析(ファイブフォース分析が有効)
マクロ分析 景気や法律の改正、人口や流行などを分析
顧客分析 アンケート調査にてニーズの影響度を把握する

上記3つの分析を実施することで自社のポジションが明確になります。

Competitor(競合他社)分析

次に競合他社を分析します。先ほどリストアップした競合他社が得た「結果」と、その「方法」に着目します。広告運用であれば、競合他社がどの広告媒体で、どれだけの成果を上げたかを分析するということです。

Company(自社)を分析

市場・顧客・競合の分析が終わったら最後に自社を分析します。自社を分析する時は、下記6つの項目に着目してください。

  1. 自社の戦略
  2. 自社の強み・弱み
  3. 自社が市場に提供できる価値は何か
  4. 自社が捻出できるリソース
  5. 結果を生み出すまでのプロセス
  6. 今までの結果

上記項目をCustomer(市場の状況・顧客)分析とCompetitor(競合他社)分析の結果と照らし合わせて、今後の戦略の方向性を決めましょう。

ファイブフォース分析

ファイブフォース分析

引用:繁盛マーケティング

ファイブフォース分析は「業界への参入」や「競合への対策」のためのフレームワークです。「参入予定の業界で収益を上げることができるか知りたい」「業界での課題を見つけて解決したい」という方や、3CのCustomer(市場の状況・顧客)分析の一部として使用されるのが一般的です。

以下5つの要因をもとに、業界の構造を分析し明確化していきます。

要因 詳細
業界内の競争 同じ業界内に競合他社がどれくらい存在するか
売り手の交渉力 供給業者、商品に必要な原料・部品などの仕入先が強い交渉力を持っているかを確認、別の仕入れ先がある場合は売り手の交渉力は低い
買い手の交渉力 消費者、低価格が強みの場合、買い手の交渉力は強いといえる
新規参入の脅威 他企業の業界の新規参入の可能性(自社のビジネスモデルは簡単に真似できるか)
代替品の脅威 似たような代替品によって、商品のサービスや価格が下がる可能性を判断

例えば、売り手(供給業者)の交渉力が強い場合、商品のコストは高くなる傾向があります。ここで独自の供給業者を開拓できれば、競合よりも価格面に優位に立つことができます。

買い手の交渉力では、ユーザーが自社商品を「値段」で選んでいるのか「品質」で選んでいるか分析しましょう。買い手の交渉力が強く、ユーザーが自社商品を「値段」で選定している場合、商品価格を抑えるための戦略が必要になってくるということです。

STEP3.どんなタグを設置しているかを見て、実施している広告媒体を調査する

次のステップでは、競合サイトのタグ設置を調査して出稿している広告媒体を特定します。

タグとは、コンバージョンを測定するための計測タグです。例えば、Google広告を出稿している企業であれば、競合サイト上にGoogle広告から流入したユーザーのコンバージョンを測定するためのタグが設置されています。これをツールを使って分析するということです。

この方法で分析すれば、GoogleやYahoo!などの広告サービス名まで特定することが可能です。分析ツールに関しては記事後半で紹介しています。

STEP4.リスティング広告で競合他社の出稿状況を見る

引用:Google Ads

リスティング広告に出稿している方は、競合他社の出稿状況を確認しましょう。Google広告であれば管理画面で、オークション分析レポートを活用できます。

オークション分析レポートでは、同じキーワードに出稿している競合の掲載結果データ(掲載順位・上位掲載率)を確認できます。この方法で自社の現状を把握しましょう。

例えば、ページ上部の掲載率が10%程度だった場合は「入札単価向上」や「キーワードの見直し」等の判断が必要になります。

STEP5. SNS広告は媒体公式ツールで出稿状況を調査する

STEP5. SNS広告は媒体公式ツールで出稿状況を調査する

引用:Facebook広告ライブラリ

SNS広告(Facebook広告)を出稿している方は、媒体公式ツール「Facebook広告ライブラリ」を活用します。Facebook広告ライブラリでは、Facebook上とInstagram上で掲載されている競合の広告を簡単に検索できます。

また「7日間」「30日間」「90日間」と広告掲載期間の検索も可能です。例えば「90日間」と長い期間出稿している広告があった場合、この広告は多くのコンバージョンを獲得している可能性があると推測もできます。

 

より精度高く、楽に競合分析をするためのおすすめツール7選

広告分析に役立つツールを7つ紹介します。下記内容を参考にツール導入を検討してみましょう。

競合分析に役立つオススメツールまとめ

ツール 概要 こんな方におすすめ
Google広告オークション分析 競合の出稿状況を確認 リスティング広告/ショッピング広告を出稿している方
Googleトレンド 特定のキーワードがどれくらい話題に上っているかを調べる リアルタイムでキーワード分析を実施したい方
Similar Web アクセス状況が分析できる 競合がどの広告媒体を利用しているか分析したい方
Facebook広告ライブラリ FacebookとInstagramに出稿されている広告を確認できる クリエイティブやLPを参考にしたい方
Keywordmap 「自社サイト・競合サイトのSEO分析」「ユーザーニーズの可視化」「Web広告の調査分析」 詳細な広告データを分析したい方
LP視える堂 クリック発生なしで、LPに直接訪問できる 競合LP調査を頻繁にする方
GRC 検索順位チェックツール リスティング広告の競合分析作業を効率化したい方

ツールによって使用用途が異なるので、まずは競合分析でどんなデータを調査したいかを明確にしてからツール選定しましょう。

Google広告オークション分析

引用:Google Ads

Google広告オークション分析は「Google検索広告」「ショッピング広告」の競合出稿状況を確認できるツールです。分析レポートはGoogle広告の管理画面上にて、「キャンペーン」→「広告グループ」→「オークション分析」で確認可能です。

 特徴的な機能

Google広告オークション分析では「競合他社の出稿状況」「インプレッションシェア」「自社と競合他社の重複率」「競合が自社よりも上位に掲載された割合」が分析できます。各項目を分析することで、自社にあった戦略を練ることができます。

 費用

Google広告オークション分析は無料で利用可能です。

こんな方におすすめ!

リスティング広告またはショッピング広告をしており、自社に合った戦略を探している方におすすめです。

https://ads.google.com/intl/ja_jp/home/

Googleトレンド

Googleトレンド

引用:Googleトレンド

Googleトレンドは、特定のキーワードがどれくらい話題に上っているかを確認できるツールです。検索キーワードは世間の需要を表わしているため、主に市場調査向けのツールといえます。

 特徴的な機能

Googleトレンドでは「検索ボリュームや推移」「急上昇ワード」の機能が設けられています。

競合分析では、関連するキーワードのトレンドを調べることで、検索数が上がったのはどんなタイミングだったのか、逆に競合他社はどうだったかといった分析ができます。他にも自社でプレス・リリースを発信した時の影響度を調べるといった使い方もできます。

 費用

Googleトレンドは無料で利用できます。

こんな方におすすめ!

関連するキーワードのデータをすぐに分析できるので、リアルタイムでキーワード分析を実施したい方に向いています。

https://trends.google.co.jp/trends/?geo=JP

Similar Web

Similar Web

引用:Similar Web

SimilarWebは、競合サイトのアクセス状況が分析できるツールです。URLを入力するだけで簡単に分析することができます。

 特徴的な機能

SimilarWebでは、競合サイトのアクセス数や利用時間だけではなく、どんなキーワードでサイトにアクセスしたかの分析もできます。また、競合サイトへの訪問を生み出しているソースの分析も可能です。

例えば「広告を表示している参照元のサイト」「広告ネットワークの内訳」も分析できるので、競合他社がメインで活用している広告媒体を簡単に特定できます。

 費用

SimilarWebは「無料版」「有料版」のプランが用意されています。無料版でも「1ヶ月分のモバイルアプリデータ」「3ヶ月分のウェブトラフィックデータ」の分析が可能です。「有料版」の費用に関しては要問合せとなります。

こんな方におすすめ!

競合がどの広告媒体を利用していて、どれくらいのトラフィックがあるか分析したい方におすすめです。

https://www.similarweb.com/ja/

Facebook広告ライブラリ

STEP5. SNS広告は媒体公式ツールで出稿状況を調査する

引用:Facebook広告ライブラリ

Facebook広告ライブラリは、Facebookが提供する公式のツールです。FacebookとInstagramに出稿されている競合他社の広告をライブラリで確認できます。

 特徴的な機能

Facebook広告ライブラリでは広告の「掲載日」「クリエイティブ」「リンク先」等を確認できます。競合がどのようなクリエイティブで広告出稿しているか確認できるだけではなく、リンク先のLPも分析できるのが最大の特徴といえます。

また、出稿が終わった広告に関しては、ライブラリで確認できないので注意が必要です。

 費用

Facebook広告ライブラリは無料で利用できます。

こんな方におすすめ!

Facebook広告ライブラリは誰でも利用できるツールなので、Facebook広告出稿を検討しており、競合がどんなクリエイティブで出稿しているか確認したい方に最適です。

https://www.facebook.com/ads/library/

Keywordmap

Keywordmap

引用:Keywordmap

Keywordmapは「自社サイト・競合サイトのSEO分析」「ユーザーニーズの可視化」「Web広告の調査分析」を一括で実施するツールです。

 特徴的な機能

Keywordmap最大の特徴は「PPC広告ワード」機能です。分析したいURLを入力するだけで、競合が出稿しているキーワードを一覧で確認できます。

また、キーワードを確認するだけでなく「想定費用」「CPC」も分析することができます。この他にもディスプレイ広告のクリエイティブ分析やLPを分析する機能も搭載しています。

 費用

Keywordmapの費用は要問合せです。有料にはなりますが、全機能を無料で試すことができるトライアル期間が設けられています。

こんな方におすすめ!

Keywordmapでは「リスティング広告」「ディスプレイ広告」どちらにも対応しており、詳細なデータを分析できるので、競合分析をして自社の広告戦略に反映させたい方に向いています。

https://keywordmap.jp/

LP視える堂

LP視える堂

引用:LP視える堂

LP視える堂は、WEB広告関連の方向けに開発された、広告経由のLP確認アドオンです。Googleの拡張機能となるので、Google Chromeからのみ利用可能となります。

 特徴的な機能

LP視える堂は、他社サイトを調査する際に1クリックを発生させないで、直接LPを確認できるツールです。そのため、毎回直リンクのURLを抜き出さなくても良いメリットがあります。

 費用

LP視える堂は、無料で利用できます。

こんな方におすすめ!

リスティング広告を出稿しており、競合LP調査を頻繁にする方におすすめです。

https://chrome-stats.com/d/gohddhijdmgpipjepdkhaochalbfiooj/download

GRC

GRC

引用:GRC

GRCは、検索エンジンGoogle、Yahoo!、Bingに対応した検索順位チェックツールです。「順位履歴グラフの表示」「レポート印刷」を一括で実施します。

 特徴的な機能

GRCは、基本的に検索順位チェックツールとなるため、SEO対策で利用されることが多いですが、「広告追跡」を活用すれば、同じキーワードに出稿している競合の順位定点観測データ・広告文を分析できますまた、上位サイトの順位履歴を記録できるので、順位変動を可視化して分析できるのが特徴です。

 費用

プラン 料金
ベーシック 495円/月
スタンダード 990円/月
エキスパート 1,485円/月
プロ 1,980円/月
アルティメット 2,475円/月

※税込表示

項目数に制限はありますが、無料で検索順位チェックも可能です。

こんな方におすすめ!

順位履歴を確認できるツールのため、リスティング広告の競合分析作業を効率化したい方に向いています。

https://seopro.jp/grc/

 

競合分析の結果を運用改善に上手に活かす5つのポイント

競合分析の結果を運用改善に上手に活かす5つのポイント

競合分析の結果を運用改善に上手に活かす5つのポイントを紹介します。

POINT1.勝てない訴求は潔くやめる

競合を分析した上で、勝てない訴求は潔くやめましょう。同じ訴求で戦うよりも別の訴求に切り替えた方が効率が良いためです。

例えば、価格訴求を強みとしたが、大企業による参入で価格面で負けてしまった場合、無理して価格を下げても勝ち目はないということです。それであれば、競合分析から新しい訴求ポイントを見つけて、広告出稿する方が低リスクで広告運用を改善できます。

POINT2.クリエイティブで競合との違いを出す

競合分析の結果を元にクリエイティブで差をつけるのもポイントです。特にSNS広告の場合は、クリエイティブでパフォーマンスが決まるといっても過言ではありません。

競合分析で得たデータを元に、いくつかのパターンのクリエイティブを作成し、ABテストを実施しながら、自社に最適なクリエイティブを選定してみましょう。

POINT3.競合が使っていない媒体に挑戦する

分析ツールにて競合が出稿している媒体を把握できているのであれば、競合が使っていない媒体に挑戦するのも有効です。同じ媒体に出稿しており、ニーズも似ている場合はユーザーの取り合いになるので、競合が出稿していない媒体でまだ見ぬユーザーにアプローチした方が良いでしょう。

POINT4.仮説を立てる

競合分析をすると、自社が競合よりも劣っている課題が見つかると思います。その課題を解決すれば競合と勝負ができますが、この時仮説を立ててから施策に移行するようにしてください。

例えば、リスティング広告で同じキーワードを出稿している競合他社が、自社よりも多くのインプレッションを獲得していたとしましょう。

このとき、仮説を立てずにただ入札単価を引き上げても危険ということです。自社のインプレッションが低い理由は「入札単価」以外にも原因が考えられます。

競合分析により、自社の課題を見つけたら、根拠も把握して仮説を立ててから施策に移ればこのようなミスも軽減できます。

POINT5.広告代理店に依頼する

競合分析は自社でも実施できますが、多くの時間とスキルが必要です。自社での分析が難しい場合は、広告代理店を利用するのも有効な方法です。

代理店には、それぞれ得意分野があるので、自社の課題にあった代理店を選定できれば広告パフォーマンスの向上が期待できます。

 

競合分析をしっかりするならWeb広告に強みを持つ代理店利用もおすすめ!

競合分析をしっかりするならWeb広告に強みを持つ代理店利用もおすすめ!

競合分析をしっかりするならWeb広告に強みを持つ代理店利用もおすすめです。代理店の特徴について紹介します。

Web広告の運用を代理店に依頼する3つのメリット

Web広告の運用を代理店に依頼する3つのメリットは下記の通りです。

 1.広告パフォーマンスの向上が期待できる

代理店に依頼すると広告パフォーマンスの向上が期待できます。代理店には多くの実績とノウハウがあるため、インハウス運用よりも成果が見込める可能性が高いためです。

 2.競合分析も依頼できる

代理店に依頼すると競合分析も依頼できます。広告運用業務だけでもこなす作業が多いですが、これに合わせて競合分析業務も加わると担当者にさらに大きな負担がかかります。

また、競合調査はツールの活用が前提となるので、ツールの使用方法についても学ばなくてはいけません。しかし、代理店であれば、競合分析を実施して結果をそのまま広告運用に反映してくれるメリットがあります。

 3.企業全体のWeb施策も改善できる

代理店に依頼すると企業全体のWeb施策も改善できます。代理店によっては広告運用だけではなく、Web施策改善のためのコンサルを実施しているケースもあります。

代理店のコンサルを受けることで、広告以外のWeb施策も改善でき、企業全体の売り上げが向上できるメリットもあります。

代理店の利用はこんな人に特におすすめ!

「広告運用業務が負担である」「広告パフォーマンスが改善できない」などインハウス運用に限界を感じている方に代理店はおすすめできます。

また、費用面で代理店をあきらめている方も多いですが、代理店を利用することで、タスク作業から解放されて、新しい戦略を練る時間が増えるので、企業全体としてはプラスになるケースもあります。多角的な観点で代理店を検討することをおすすめします。

 

Web広告の運用を代理店に依頼する際の費用

Web広告の運用を代理店に依頼する際の費用

Web広告の運用を代理店に依頼する際に実際にかかる費用について構造や相場を紹介します。

広告代理店を利用してWeb広告を運用する場合の費用の構造

広告代理店を利用してWeb広告を運用する場合の費用は「広告費の○○%」「定額制」などの料金体系になります。現在主流になっているのは、広告予算の○○%という料金体系です。

また、代理店手数料とは別に代理店によっては初期費用などを設定しているケースもあります。

広告代理店を利用してWeb広告を運用する場合の費用の相場

広告代理店を利用してWeb広告を運用する場合の費用の相場は、代理店によって変動しますが広告費の20%です。広告にかけられる月額予算が20~30万円など低予算となる場合、代理店が利用できないケースもあるので、依頼する代理店に問い合わせてみましょう。

代理店を利用する場合に手数料を抑えるポイント

代理店の手数料を抑えるには「一部媒体を代行依頼する」「インハウス支援制度を受ける」の2点です。自社で複数の媒体を運用している場合、すべてを代行するのではなく一部のみ依頼すれば費用を抑えることができます。

さらに費用を抑えるのであれば「インハウス支援制度」がおすすめです。「インハウス支援制度」は代行ではなく広告運用のアドバイスがもらえるサービスです。

基本的にはインハウス運用となりますが、代行よりも費用を抑えながら自社の広告運用スキルを向上させることができます。

 

競合分析を踏まえたWeb広告運用が実現できるおすすめ代理店3選

競合分析を踏まえたWeb広告運用が実現できるおすすめ代理店3選紹介します。

株式会社グラッドキューブ

株式会社グラッドキューブ引用:株式会社グラッドキューブ

こんな方におすすめ

・複数の広告媒体を依頼したい方
・広告代行〜制作〜解析を丸投げしたい方

 株式会社グラッドキューブの強み

株式会社グラッドキューブはリスティング広告運用に強みを持つ広告代理店です。GoogleやYahoo!などの媒体に認定された分析力により、成果を5倍にも10倍にも膨らませます。

他代理店では難しい「広告代行」「LP制作」「競合分析」「解析」を一社で完結できるので、Web施策を丸投げしたい企業に最適な代理店です。

株式会社グラッドキューブの概要

・料金体系:広告費の20%
・対応可能な媒体:Google広告/Yahoo!広告/Facebook広告/LINE広告/Twitter広告
・会社名:株式会社グラッドキューブ
・URL:https://www.glad-cube.com/

株式会社グラシズ

株式会社グラシズ

引用:株式会社グラシズ

こんな方におすすめ

・Webマーケティング全般を依頼したい方
・インハウス化支援を行う代理店を探している方

 株式会社グラシズの強み

株式会社グラシズは戦略的・網羅的なWebマーケティングを強みとする代理店です。これまでに40業種以上、延べ200社以上の実績があります。Web広告の継続改善率に関しては、78.9%という高い改善実績を誇っています。

Webマーケティングがメインの代理店となるため、競合調査のスキルも優れており、データによる根拠に基づいた改善策を提供するのが特徴です。

株式会社グラシズの概要

・料金体系:広告費の20%
・対応可能な媒体:リスティング広告/SNS広告/LINE広告
・会社名:株式会社グラシズ
・URL:https://glasses-jp.com/

株式会社アドウェイズ

株式会社アドウェイズ

引用:株式会社アドウェイズ

こんな方におすすめ

・豊富な実績を持つ広告代理店に依頼したい方
・海外でのプロモーションのノウハウを持つ代理店に依頼したい方

 株式会社アドウェイズの強み

アドウェイズはWeb広告、アプリ、メディア、ECの各関連サービスを展開する代理店です。Web広告における豊富なノウハウと技術が強みです。

広告運用の戦略面だけではなく、分析・改善・情報収集などに関連したツール提供もしているので、独自の競合分析も実現できます。また、海外にも事業を展開しているため、海外でのプロモーションのノウハウを持つ代理店を探している方にも最適です。

株式会社アドウェイズの概要

・料金体系:要問合せ
・対応可能な媒体:Google広告/Facebook広告/Twitter広告
・会社名:株式会社アドウェイズ
・URL:https://www.adways.net/

 

WEB広告の効果検証はレポート自動化ツールで効率化がおすすめ!

WEB広告の効果検証は、レポート自動化ツールを活用するとさらに効率化できます。レポート自動化ツールの特徴について紹介します。

広告レポート自動化ツールの概要と利用するメリット

databeat

広告レポート自動化ツールは、広告業務におけるレポート作成業務を自動化するためのツールです。レポート作成業務で発生する「データ出力」「共有」等の作業を自動化することで広告運用業務を改善できます。また、テンプレートなどを利用することで、わかりやすく綺麗なレポートを作成することが可能です。

おすすめの広告レポート自動化ツールDatabeat Explore

Databeat Explore

Databeat Exploreは、広告効果検証に最適なツールです。競合分析後のデータを広告運用に反映された後はパフォーマンスを確認する必要があります。

通常であれば、各広告媒体から手動でレポートを作成しなくてはいけませんが、Databeat Exploreであれば、この作業を自動で行います。

WEB広告運用における「Databeat Explore」の3つの活用ポイント

Databeat Exploreの活用ポイントを紹介します。

 広告データの可視化

Databeat Exploreを活用すると、担当者が把握したいデータを自動で可視化できます。さまざまな広告媒体に対応したレポートに可視化することで、広告単位の分析だけではなく、各広告媒体の比較も実現できます。

 BIツールを活用した広告分析

Databeat Exploreを活用すると、BIツールを活用した広告分析が可能です。広告データをLooker Studio(旧Googleデータポータル)などのBIツールで確認することで、通常よりもわかりやすく詳細な分析をタイムリーに実現できます。

 ダッシュボードで広告データ社内共有

Databeat Exploreでは、ダッシュボードで広告データ社内共有できます。データ反映も自動で実施されるので、都度数字を集計する必要もありません。

 

 

まとめ

Web広告運用における競合分析について紹介しました。競合分析は自社の強みや訴求ポイントを明確にするために必要です。競合分析は競合となる企業候補をリストアップして、分析に便利なツールを使って調査してみましょう。

自社での競合分析が難しい場合は、代理店への依頼もおすすめです。さらに広告業務を効率化させるにはレポート自動化ツールも活用もおすすめです。

広告レポート作成を自動化しませんか?

 

Databeat Explore_CTA

「広告データの集計に時間を取られている」
「アクセス解析と広告データを同時に集計したい」
「Looker Studio(旧Googleデータポータル)を使ってレポート作成工数や手動によるミスを削減したい」

このような課題は、Databeat Exploreで解決できます。

Databeat Exploreとは、自動で収集した広告データをオリジナルフォーマットでレポート化する、広告レポート作成自動化ツールです。

  • 導入にエンジニアスキルは不要
  • 国内最多の39サービスと連携が可能
  • 無料BIツールLooker Studio(旧Googleデータポータル)でレポート作成を自動化できる

詳しくは以下のリンクよりサービスサイトをご覧ください。

Web広告運用における競合分析入門ガイド!競合分析手順から便利なツール、上手に分析結果を活かすポイントまで詳しく解説
最新情報をチェックしよう!
>広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

Databeat Exploreは、WEB広告データの見える化を実現するサービスです。
様々な広告データを抽出・統合・一元化し、見たいデータを見たい時に見たい場所で見ることができます。

CTR IMG