グノシー広告の費用がまるわかり!課金形態や費用相場、代理店手数料まで詳しく解説

グノシー広告の費用がまるわかり!課金形態や費用相場、代理店手数料まで詳しく解説

ニュースアプリとして知名度を高めている「グノシー」、実はこのグノシーに広告を掲載できることをご存じでしょうか。グノシー広告を利用することで、幅広い世代に商品・サービスを認知させることが可能です。

本記事ではグノシー広告の課金形態、費用相場、代理店手数料まで詳細に解説していきます。

目次

まずは押さえておきたいグノシー広告の基本

まずは押さえておきたいグノシー広告の基本

グノシー広告の費用について確認していく前に、まずばグノシー広告の基本事項について確認していきましょう。グノシー広告をこれから初めて利用される方、基本事項を今一度把握したい方は、ぜひ一読ください。

グノシー広告とは?

グノシー広告とは、ニュースアプリ「グノシー」に掲載するスマホ向け広告になります。グノシーでは下記の12個のジャンルからユーザーの興味・関心に応じたニュースが配信されます。

  • エンタメ
  • 社会
  • 政治
  • 国際
  • 経済
  • スポーツ
  • テクノロジー
  • グルメ
  • アウトドア
  • おもしろ
  • おでかけ
  • まとめ

各記事分量のボリュームはそこまで重くなく、1~2分ほどで読了できる内容です。スマホでまとめてニュースを見たい人に適したアプリになっています。

このグノシーで配信できるのが「グノシー広告」です。グノシーを利用しているユーザーに確実に広告を配信できるので、商品・サービスの認知度向上に適したアプリ広告となります。

グノシー広告のターゲティングの特徴

グノシー広告の特徴として「詳細なターゲティング」が挙げられます。グノシー広告ではユーザーの興味・関心・行動に応じてターゲティングを行って、配信先を絞りこむことが可能です。

グノシー広告のターゲティングでは、下記のセグメントで絞りこむことができます。

  • 利用しているOS
  • 性別
  • 年代
  • 地域
  • 曜日
  • スマホのキャリア
  • タブ指定
  • 時間
  • トピック

ターゲットの属性に合わせてセグメントを選択することで、効率的に商品・サービスの認知度を高めることが可能になります。

グノシー広告の配信面の種類

グノシー広告では、広告配信の目的に合わせて配信面を選択することが可能です。

グノシー広告の代表的な広告配信面として下記の種類が挙げられます。

  • Gunosy Premium Ads 1day MAX
  • Gunosy Premium Ads Video
  • Gunosy Premium Native Ads

それぞれ詳細を確認していきましょう。

 グノシー広告の主要な配信面1. Gunosy Premium Ads 1day MAX

(引用元:Gunosy

Gunosy Premium 1day MAXとは、掲載機関が1日のディスプレイ広告・動画配信広告になります。視認性の高いトピックヘッダーとインフォード面に自社の広告のみを掲載することが可能です。

商品やサービスのリリース日に合わせて1day MAXを利用することで、効率よく商品・サービスの認知度を高められます。

 グノシー広告の主要な配信面2. Gunosy Premium Ads Video

(引用元:Gunosy

Gunosy Premium Ads Videoは、各種タブのヘッダー部分に掲載できる動画広告になります。カテゴリーやユーザーの興味・関心に合わせて動画を配信可能です。

ニュース記事は基本的に静止画になるため、Gunosy Premium Ads Videoを利用することで配信情報を目立たせることもできますね。

 グノシー広告の主要な配信面3. Gunosy Premium Native Ads

(引用元:Gunosy

Gunosy Premium Native Adsは、通常のニュース記事と同様の形式で掲載できる広告になります。記事と同じフォーマットであるため、ユーザーに広告であることを強調せずに情報配信ができます。

ユーザーが注目しているトピックタブに広告が掲載される点もGunosy Premium Native Adsの特徴です。広告内容によっては、Gunosy編集部がユーザーに合わせて文章編集を行ってくれる点もメリットになります。

グノシー広告が効果を発揮するシーン

グノシーを利用しているユーザーは性別や年齢に大きな偏りがありません。幅広いユーザー層の中から、自社商品・サービスに合ったユーザーにターゲットを絞って広告配信ができます。

扱う商材としては「話題の出来事、流行に合った商品・サービス」がおすすめです。ニュースアプリという性質上、グノシーを利用しているユーザーは「情報に敏感」であることが伺えます。流行や話題になっている出来事に合わせた商品・サービスを宣伝することで、認知度を飛躍的に高められます。

たとえば、コロナ禍などで外出ができない状況であれば、この際に「家で楽しめるゲーム」をグノシー広告で宣伝すれば、外出自粛の時期に広告配信するよりもページ流入が見込めます。

逆に、古くからあるサービスや新しさに欠ける商品・サービスは、グノシー広告で宣伝するには少々不向きです。ユーザーが常に新しい情報を求めている」点に留意して、宣伝する商材を選ぶようにしましょう。

 

グノシー広告の掲載費用を課金形態と共に詳しく解説

グノシー広告の掲載費用を課金形態と共に詳しく解説

それでは実際にグノシー広告を掲載する際の費用と課金形態について、詳細を確認していきましょう。

グノシー広告の掲載費用相場

グノシー広告の掲載費用の相場は、広告の配信形態によって異なります。下記、配信形態ごとの費用相場となります。

  • Gunosy Premium Ads 1day MAX:5,000,000円~/日
  • Gunosy Premium Ads Video:250万円~/1週間
  • Gunosy Premium Native Ads:200万円~/2週間

視認性の高いトピックでファーストビューを獲得できる1day MAXの費用が最も高くなっています。Ads Video、Native Adsに関しては、広告表示回数を保証してくれる「インプレッション保証型広告」となっているので、長期間に渡って確実に広告表示させたい際におすすめです。

グノシー広告の主な課金方式の種類

グノシー広告ではCPM(インプレッション課金)CPC(クリック課金)で入札選択が可能な広告配信も行えます。また、あらかじめ掲載期間と料金を定めた「予約型」での広告配信も行えるので、広告主の都合や予算に合わせて選択可能です。各課金方式、性別・年代など各セグメントを指定して広告配信が行える点もグノシー広告の特徴です。

グノシー広告で採用されている各課金方式について詳細を確認していきましょう。

 クリック課金

クリック課金とは、広告がクリックされる度に広告料が発生する課金方式です。広告をクリックするユーザーの大半は、広告内容に興味・関心があるユーザーですので、費用対効果の高い集客に適した課金方式となります。

広告が表示されるのみで広告料が発生しないので、広告費の管理を行いやすい点もクリック課金の特徴です。

 インプレッション課金

インプレッション課金とは、広告が表示される度に広告料が発生する課金方式になります。インプレッション課金はクリック課金と比べて単価が安くなることが多く、幅広い媒体で広告配信を行いたい場合に適しています。ただ、広告表示回数に対してクリック数が十分に得られないと、思ったような流入が見込めないこともあります。

 予約型

予約型とは、あらかじめ広告の掲載期間や広告費が決められている課金方式になります。クリック課金やインプレッション課金と異なり、発生する広告費が最初から明確ですので、広告費の管理がより容易になります。

また、クリック課金やインプレッション課金の場合、広告掲載は入札によって決まります。設定した広告予算によっては、十分な広告表示回数を得られないケースもしばしばです。予約型の課金方式であれば、表示回数も保証されているので、確実に広告配信を行うことが可能です。

クリックの課金方式の場合のグノシー広告費用相場

グノシー広告におけるクリック課金方式の費用相場は、1クリックあたり「20円~60円」ほどです。ただし、広告内容によっては上記相場よりもクリック単価が高くなることもあります。

インプレッション課金方式の場合のグノシー広告費用相場

グノシー広告におけるインプレッション課金方式の費用相場は、1表示あたり「0.5~1.5円」ほどになります。こちらもPV数によってトータルの費用感は変わってきますが、クリック課金方式よりはトータルの費用は低くなることが多いです。

予約型方式の場合のグノシー広告費用相場

予約型方式の場合のグノシー広告費用相場は「2,000,000円~5,000,000円」ほどになります。グノシー広告では、予約型広告で「最低インプレッション回数」が設定されています。たとえば、Gunosy Premium Native Adsでは「200万imps」を最低imp数として保証しています。

このため、費用相場もクリック課金やインプレッション課金と比べると高くなります。

グノシー広告の最低出稿金額について

グノシー広告の最低出稿金額は「50万円」となっています。予約型広告の場合は、広告料金があらかじめ決まっていますが、クリック課金・インプレッション課金の場合は50万円以上の広告予算を見込んで出稿する必要があります。

グノシー広告を出稿する際は、広告文やクリエィティブの審査が行われますが、出稿料金に関してはあくまでも50万円以上の金額となっていればO.K.です。広告料金を理由に出稿が拒否されることはほぼないと考えてよいでしょう。

ただし、出稿金額によって表示回数には差がついてきます。どれくらいのコンバージョンを得たいか、どこまでの費用を支払えるか踏まえた上で出稿料金を決めるようにしてください。

 

グノシー広告の費用対効果を最大化する3つのポイント

グノシー広告を運用する際、何も考えずに適当に広告運用してしまうと、無駄な費用をかけてしまったり、狙ったコンバージョン数が獲得できないケースが生じてきます。グノシー広告の費用対効果を最大化するために、下記の点をおさえるようにしましょう。

  1. 各広告形式を試してみる
  2. 獲得コンバージョン数、PV数から費用を逆算する
  3. 確実性をとるか、費用削減をとるか決めておく

POINT1.各広告形式を試してみる

グノシー広告は、ディスプレイ広告や動画広告、記事広告など様々な配信パターンがあります。どの配信パターンであれば集客を効率よく行えるか、把握することが大切です。初めてグノシー広告を利用する際は、期間ごとに複数の広告形式を試してみることをおすすめします。

百聞は一見にしかずですので、実際に広告運用をしてみて初めて分かることも多いはずです。自社の商品・商材に合った配信形式を見つけていきましょう。

POINT2.獲得コンバージョン数、PV数から費用を逆算する

獲得したいコンバージョン数、PV数から費用を逆算するのもおすすめです。たとえば、グノシー広告経由で10万PVの獲得を目指すとします。クリック課金であれば、およそ200万円ほどの費用が発生してきますが、インプレッション課金にしてクリック率を高める工夫を凝らせば、200万円よりも安い費用で同じPV数獲得を狙えます。

各課金方法でどれほどの費用が発生するのか逆算した上で、広告配信の方法を選択すれば費用面で後悔することは少ないです。

POINT3.確実性をとるか、費用削減をとるか決めておく

グノシー広告で確実に商品・サービスの認知度を高めたいのであれば、予約型広告が最適です。ただし、予約型広告の場合だと費用が固定で200万円以上発生してきます。

クリック課金・インプレッション課金にすれば、金額次第で費用を削減することが可能です。ただ、予約型広告のように確実にコンバージョンが得られる保証はありません。

グノシー広告運用において、確実性をとるのか、それとも費用削減を優先するかによって、選択すべき課金方式・配信方式が変わってきます。どちらをとるか、あらかじめ決めた上で広告運用を行うことをおすすめします。

 

グノシー広告の出稿方法まとめ

グノシー広告の出稿方法まとめ

グノシー広告を出稿する際は、下記の流れで行っていきます。

  1. グノシー広告に掲載できるか審査を受ける
  2. 正式に申し込みを行う
  3. 計測タグを設置する
  4. 広告の入稿を行う
  5. グノシー広告の掲載開始

グノシー広告を掲載するためには、宣伝する商品・サービスの内容がグノシー広告に適してしるか審査を受けなければいけません。明確な基準は公表されていませんが、基本的にはニュースアプリに掲載しても違和感のない商品・サービスがグノシー広告の対象となります。

審査に通ったら、正式にグノシー広告に申し込みを行います。申し込み後に計測タグを設置して、各種数値データが反映されるかチェックしていきます。

計測タグの設置が完了したら、グノシー広告を実際に入稿します。広告入稿後に、グノシーから再度審査です。広告文やクリエイティブが適切か確認されます。

グノシーの審査をパスしたら、いよいよ広告配信開始です。下記記事にて、グノシー広告の出稿方法について詳細を解説していますので、より詳しく知りたい方はぜひ参照ください。

関連記事:グノシー広告出稿入門ガイド!種類、費用などの特徴から掲載方法までわかりやすく解説

関連記事

人気ニュースアプリ「グノシー(Gunosy)」に広告を配信できるグノシー広告は、多くのグノシーユーザーへ訴求できる、効果の高いWEB広告のひとつです。 しかし、リスティング広告などとは運用方法が異なるため、一から運用を始めるには少々難[…]

グノシー広告出稿入門ガイド!種類、費用などの特徴から掲載方法までわかりやすく解説

 

費用対効果を最大化するならグノシー広告に強みを持つ代理店利用もおすすめ!

費用対効果を最大化するならグノシー広告に強みを持つ代理店利用もおすすめ!

グノシー広告の費用対効果を最大化するには、グノシー広告に強みを持つ代理店を利用するのもおすすめです。最近はグノシー広告の認知度が高まってきたこともあり、グノシー広告の運用代行を担う代理店が増えてきています。

自社に広告運用部門がなかったり、リスティング広告運用など他の広告運用で手一杯の場合でも、広告代理店を利用することで無理なくグノシー広告の運用を行えます。

グノシー広告の運用を代理店に依頼する3つのメリット

グノシー広告の運用を代理店に依頼するメリットとして、下記の3つが挙げられます。

1.グノシー広告のプロが運用を行ってくれる

広告代理店に依頼することで、グノシー広告のプロが運用を行ってくれます。グノシー広告で成果を出すために何を行えばよいのか熟知しているので、自前で運用するよりも効率的に成果獲得へ繋げられます。

自社でグノシー広告のプロを雇う必要もありません。必要なときに、必要なリソースを確保することが可能です。

2.グノシー広告運用のノウハウを学べる

グノシー広告の運用を担う広告代理店の中には、広告運用のインハウス支援を行ってくれる代理店もあります。実際の広告運用現場で蓄積されたノウハウを学べるので、書籍やセミナーで学ぶ情報よりも質の高い情報が得られます。

3.出稿手続きをすべて代行してくれる

グノシー広告の出稿では、グノシーの審査申し込みや広告文・クリエイティブの作成など各種作業が生じてきます。広告代理店に依頼すれば、これらの出稿作業を代行してくれるので、グノシー広告の出稿に時間を割けない企業でも安心です。

代理店の利用はこんな人におすすめ!

グノシー広告の運用に興味があるけれど、自社で運用するには時間や人手が足りない。

こういった悩みを抱えている人に、広告代理店の利用はおすすめです。

Google広告やYahoo!プロモーション広告など、他のリスティング広告で知識がある方でも、グノシー広告に関しては詳しくない方が多いと思います。

グノシー広告の運用に合わせて、自社で運用リソースを確保できれば問題ありませんが、規模の大きくない企業だとそういった余裕もないかもしれません。グノシー広告の運用を広告代理店に依頼すれば、時間・人手・情報といったリソース不足を補填して、グノシー広告の運用を行うことができます。

 

グノシー広告の運用を代理店に依頼する際の費用

グノシー広告の運用を代理店に依頼する際の費用

それでは、グノシー広告の運用を実際に代理店に依頼する際に、どういった費用が発生してくるのか、構造・費用相場に着目して確認していきましょう。

広告代理店を利用してグノシー広告を運用する場合の費用の構造

広告代理店を利用してグノシー広告を運用する場合、発生する主な費用は下記の3つです。

  • 初期費用
  • 運用代行費用
  • クリエイティブ作成費用

初期費用は、グノシー広告の出稿にかかる手数料という認識で問題ありません。審査に際して、グノシーに適した広告内容を策定する必要があるため、運用代行費用とは別に手数料がかかってくることが多いです。

運用代行費用は、その名の通りグノシー広告の運用代行の手数料となります。クリエイティブ作成費用に関しては、運用代行費用や初期費用に含めている広告代理店もあります。別途、クリエイティブ作成費用が設けられているか否か、事前に確認するようにしてください。

広告代理店を利用してグノシー広告を運用する場合の費用の相場

広告代理店を利用してグノシー広告を運用する場合の費用相場は、おおむね「30万円~50万円」ほどになります。まず、グノシー広告で運用型広告を選ぶか、それとも予約型広告を選ぶかで運用代行費用に差がついてきます。運用代行費用は「広告費の20%」としている広告代理店が多数ですので、広告費によって代行費用が変わります。

特に、予約型広告の場合だと価格が数百万円以上になるため、代行費用も自ずと高くなります。

初期費用に関しては、5万円~10万円ほどに設定している代理店が多いです。初期費用と運用代行手数料を合わせて「30万円~50万円」の相場になる形です。

グノシー広告を代理店に依頼する際に手数料を抑えるポイント

グノシー広告を代理店に依頼する際に手数料を抑えるポイントとして、「広告費を可能な限り安くする」点が挙げられます。

前述した通り、多くの広告代理店ではグノシー広告の運用代行費用を「広告費の20%」としています。グノシー広告の広告費用が安いほど、代理店に支払う手数料も安くなるので、如何に広告費を抑えるかが手数料削減の鍵になってきます。

もちろん、広告費を節約しすぎてしまい、狙った広告効果が得られないと本末転倒ですので、費用対効果を踏まえて広告費を抑えることが肝要になります。グノシー広告の広告費設定が分からない場合は、その点も含めて広告代理店に相談してみるとよいでしょう。

 

費用を抑えたグノシー広告運用が実現できるおすすめ代理店3選

それでは、実際に費用を抑えたグノシー広告運用が実現できるおすすめの広告代理店を厳選して3社、紹介していきます。

株式会社キーワードマーケティング

(引用元:https://www.kwm.co.jp/

株式会社キーワードマーケティングは、東京都中央区に本社を置く広告代理店です。グノシー広告やGoogle広告、Yahoo!広告、SNS広告など各種Web広告の運用を広く扱っています。

こんな方におすすめ!

株式会社キーワードマーケティングは、グノシー広告で利用する広告文やクリエイティブの制作まで請け負ってくれます。納期も明確に示してくれるので、信頼性の高い運用業務を進めて欲しい方におすすめです。

 株式会社キーワードマーケティングの強み

株式会社キーワードマーケティングの強みとして、運用型広告の専門組織がグノシー広告の運用を担当してくれる点が挙げられます。Web広告代理店の多くは、Google広告などのリスティング広告に精通している担当者は在籍していますが、グノシー広告に精通している担当者が在籍しているところは少数派です。

運用経験豊富な担当者がグノシー広告を運用してくれるので、着実な成果獲得を期待できます。

株式会社キーワードマーケティングの概要

  • 料金体系:(初期構築費)10万円 (運用代行手数料)広告費の20%
  • 対応可能な媒体:Gunosy Ads、SmartNews Ads、Google広告、Yahoo!広告、SNS広告
  • 会社名:株式会社キーワードマーケティング
  • 本社所在地:東京都中央区築地7-2-1 THE TERRACE TSUKIJI 2F
  • URL:https://www.kwm.co.jp/

アナグラム株式会社

(引用元:https://anagrams.jp/

アナグラム株式会社は、東京都渋谷区に本社を置く広告代理店です。グノシー広告など媒体特化の運用型広告を広く取り扱っています。Google広告などのリスティング広告運用、Webマーケティング支援など幅広いサービスを提供しています。

こんな方におすすめ!

アナグラム株式会社は運用型広告を専門に扱うプロフェッショナル集団です。経験豊富な運用担当者にグノシー広告の運用を依頼したい方におすすめの広告代理店です。

 アナグラム株式会社の強み

アナグラム株式会社の強みとして、グノシー広告の運用を専門の担当者が一貫して運用してくれる点が挙げられます。グノシー広告運用の詳細な内容まで担当者と共有できるので、効率よく広告運用を進めていくことが可能です。

アナグラム株式会社の概要

  • 料金体系:(運用代行費)月額利用広告費の20%
  • 対応可能な媒体:Gunosy Ads、SmartNews Ads、Google広告、Yahoo!広告、Facebook広告、Instagram広告
  • 会社名:アナグラム株式会社
  • 本社所:東京都渋谷区千駄ヶ谷4-4-4フィールド北参道1・2F
  • URL:https://anagrams.jp/

合同会社ビーエイチ

(引用元:https://bhllc.co.jp/

合同会社ビーエイチは、東京都品川区に本社を置くWebマーケティング会社です。グノシー広告、リスティング広告、SNS広告の運用代行に加えて、Webマーケティングのコンサルティング、各種コンサルティング施策の実行まて請け負っています。

こんな方におすすめ!

合同会社ビーエイチはグノシー広告の初期設定から運用改善までワンストップで代行してくれます。グノシー広告のクリエイティブ作成まで請け負ってくれるので、グノシー広告の運用を一括して依頼したい方におすすめです。

 合同会社ビーエイチの強み

合同会社ビーエイチは、グノシー広告運用のコンサルティングまで行ってくれます。すでに自社でグノシー広告運用を行っていて、インハウス支援を受けたい企業に最適です。各種分析レポートの制作やオンライン相談など、依頼主の要望に応じて細かく対応してくれる点、ビーエイチの強みとなります。

合同会社ビーエイチの概要

  • 料金体系:(初期設定費用)5万円 (運用代行費)広告費の20%
  • 対応可能な媒体:Gunosy広告、SmartNews広告、Google広告、Yahoo!広告、SNS広告 など
  • 会社名:合同会社ビーエイチ
  • 本社所在地:東京都品川区中延5-4-15
  • URL:https://bhllc.co.jp/

 

グノシー広告の効果測定におすすめのツール

グノシー広告を自社運用する場合、自身で広告の効果測定を行って運用成果を分析する必要があります。手動でデータ入力したり、レポートを作成するとなると、広告運用担当者の負担が重くなってしまいます。

そこでおすすめしたいのが、グノシー広告の運用データを可視化できる「Databeat Explore」です。

グノシー広告運用を可視化する「Databeat Explore」

データビートロゴ

Databeat Exploreは、API等によってデータを自動で収集・蓄積してくれるため、グノシー広告の運用データを効率よく集計することができます。手入力でデータを集める必要がなくなり、広告運用担当者の負担も減らせます。

グノシー広告の運用データを必要なときに閲覧・分析することができるので、広告データの可視化工数を大幅に削減することも可能です。

グノシー広告運用における「Databeat Explore」の3つの活用ポイント

グノシー広告運用におけるDatabeat Exploreの活用ポイントとして、下記の3点が挙げられます。

 グノシー広告のデータを一元管理できる

Databeat Exploreを利用することで、グノシー広告の運用データを一元管理することが可能です。他のツールを利用して別個にデータを管理する必要がなくなり、運用担当者が必要なデータを必要なタイミングですぐに抽出・利用することができます。グノシー広告の運用担当者の負担削減にも繋げられますね。

 グノシー広告のデータをもとに、自動でレポートを作成できる

Databeat Exploreではグノシー広告の運用データをもとに自動で運用レポートを作成することができます。クリック率やインプレッション回数など、グノシー広告運用で重要となる指標を効率的に可視化可能です。データの集計からレポート作成まで、一括して自動で行ってくれる点、Databeat Exploreの強みになります。

 Databeat Explore以外のツールへデータを出力可能

Databeat Exploreで集めたグノシー広告の運用データをGoogle AnalyticsやBIツールなどの外部ツールへ出力することもできます。データの抽出は自動で行いたいけど、レポート作成やデータ分析は使い慣れたツールで行いたい」という方にも、Databeat Exploreはおすすめです。

 

まとめ

グノシー広告の費用は、予約型の配信では数百万円以上かかってきますが、運用型の配信スタイルであれば広告主が広告費を設定することが可能です。自社の広告運用目的や広告予算に応じて配信スタイルを使い分けることが肝要になります。

グノシー広告はリスティング広告やSNS広告と比べると、運用ノウハウを保有している人材が少ない傾向にあります。グノシー広告運用のリソースを確実に確保するには、グノシー広告運用に対応した広告代理店の利用がおすすめです。広告代理店の運用代行費用は、大半の場合「広告費の20%」ほどになります。

自社でグノシー広告運用を行う場合は、本記事の後半で紹介した「Databeat Explore」の利用をおすすめします。グノシー広告の運用データを自動で集計してくれるので、広告運用担当者の負担を減らすことが可能です。

グノシー広告を利用して、より広範なWeb広告運用を進めていきましょう。

広告レポート作成を自動化しませんか?

 

Databeat Explore_CTA

「広告データの集計に時間を取られている」
「アクセス解析と広告データを同時に集計したい」
「Looker Studio(旧Googleデータポータル)を使ってレポート作成工数や手動によるミスを削減したい」

このような課題は、Databeat Exploreで解決できます。

Databeat Exploreとは、自動で収集した広告データをオリジナルフォーマットでレポート化する、広告レポート作成自動化ツールです。

  • 導入にエンジニアスキルは不要
  • 国内最多の39サービスと連携が可能
  • 無料BIツールLooker Studio(旧Googleデータポータル)でレポート作成を自動化できる

詳しくは以下のリンクよりサービスサイトをご覧ください。

グノシー広告の費用がまるわかり!課金形態や費用相場、代理店手数料まで詳しく解説
最新情報をチェックしよう!
>広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

Databeat Exploreは、WEB広告データの見える化を実現するサービスです。
様々な広告データを抽出・統合・一元化し、見たいデータを見たい時に見たい場所で見ることができます。

CTR IMG