スマートニュース広告出稿入門ガイド!種類、費用などの特徴から掲載方法までわかりやすく解説

スマートニュース広告出稿入門ガイド!種類、費用などの特徴から掲載方法までわかりやすく解説

今、メディア等でも話題のスマートニュースに広告出稿する企業が増えています。

スマートニュース広告は、スマホ上のニュースアプリ上に広告出稿が可能なサービスです。後発なプラットフォームながら集客が多く見込めるということで評価も高くなっています。

そんな、スマートニュースに広告出稿する上で、

「スマートニュース広告ってなに?」

「スマートニュース出稿方法が知りたい」

「スマートニュース広告を上手に運用する方法が知りたい」

上記のようなお悩みはないでしょうか?

今回は、これからスマートニュース広告を出稿する企業の広告運用担当者に向けて、スマートニュース広告の「特徴」「出稿方法」「運用ポイント」を紹介しています。

目次

運用する前に押さえておきたい!スマートニュース広告の基礎知識

まず、出稿方法について紹介する前に、スマートニュース広告の基礎知識について紹介をします。

スマートニュース広告とは?

スマートニュース広告とは?

引用元:SmartNews

スマートニュース広告とは、ニュースアプリ「スマートニュース」のサービス上にて「純広告」「インフィード広告」「動画広告」などの様々なフォーマットで広告出稿ができるサービスです。

ユーザーが閲覧している記事の行動履歴を元に広告配信を行うため、コンバージョンが見込みやすい広告配信が可能となっています。

スマートニュース広告の特徴

スマートニュース広告の3つの特徴について紹介します。

スマートニュース利用者層の特徴

スマートニュース利用者層の特徴

引用元:key_mediaguide_smartnews

スマートニュースの月間アクティブユーザー数は2,000万人を超えているため、多くのユーザーに広告配信することができます。男女比率に関しては半数ずつとなっています。

ユーザー層と

引用元:key_mediaguide_smartnews

また、ユーザー層としては、20代~50代の利用者が7割を占めているのと、約半数近いユーザーの平均年収が500万円を超えているのも特徴といえます。

ある程度の富裕層でありながら、常に最新の情報を求めているユーザーがターゲットになる事業の場合は、スマートニュース広告出稿が適しています。

スマートニュース広告の掲載費用面での特徴

スマートニュース広告では、自動入札機能を搭載しています。(運用型のインフィード広告のみ)スマートニュース広告の自動入札機能の特徴は下記の通りです。

  • コンバージョンの最大化=設定した予算内でコンバージョンが最大になるように調整
  • CTRの最大化=設定した予算内でCTRが最大になるように調整

スマートニュースの自動入札機能を利用すれば手動よりも、費用対効果の高い広告出稿が可能です。このような自動入札機能もスマートニュース広告の費用面での特徴といえるでしょう。

その他スマートニュース広告の媒体の特徴

スマートニュース広告では、行動ターゲティング広告の出稿も可能です。行動ターゲティング広告とは、スマートニュースユーザーのニュース閲覧履歴などを元に行動分析して広告出稿するサービスです。

そのため、自社の広告内容に興味を持ちやすいユーザーに広告出稿することが可能です。

スマートニュース広告が効果を発揮するシーン

スマートニュース広告が効果を発揮するシーン

引用元:SmartNews

スマートニュース広告が効果を発揮するシーンは、多くの説明が必要な商材を扱っている場合です。何故なら、スマートニュースユーザーはコンテンツを熟読するユーザーが多いためです。スマートニュース1日の平均滞在時間は「12.2分」となっています。

Facebookでも平均滞在時間が「9.4分」なので、スマートニュースには、SNSよりもコンテンツ内容をしっかり読むユーザーが多いといえます。

そのため、広告から誘導したLP上でもコンテンツを読み込んでくれるユーザーも多いため、多くの説明が必要な商材でもコンバージョンが見込める広告配信媒体といえます。

スマートニュース広告の主な種類

スマートニュース広告の種類について紹介します。下記内容を参考に自社にあった広告の種類を見つけてみましょう。

SmartNews Standard Ads(運用型のインフィード広告)

SmartNews Standard Ads(運用型のインフィード広告)

引用元:SmartNews

SmartNews Standard Adsは、運用型の運用型のインフィード広告となります。主に獲得を目的として運用されることが多く、スマートニュース広告運用者の約7割がこのSmartNews Standard Adsを利用しています。

SmartNews Premium Video/Display Ads(純広告)

SmartNews Premium Video/Display Ads(純広告)

引用元:SmartNews

SmartNews Premium Video/Display Adsは、1日150万程度のインプレッションが可能な広告枠に出稿できるサービスです。いわゆる純広告となります。静止画と動画での出稿が可能です。

SmartNews Standard Adsよりも、インパクトのある訴求が可能となっています。

※参考:純広告とは何かを更に詳しく解説した記事はこちら

スマートニュース広告の掲載費用

スマートニュース広告の掲載費用の形態および、一般的なスマートニュース広告の掲載費用相場を紹介します。

スマートニュース広告では、プランごとに掲載費用と課金方法が異なります。先ほど紹介したプランでは、

  • SmartNews Standard=CPC課金
  • SmartNews Premium=CPM課金

上記課金方法が適用されます。プランの詳細は下記の通りです。

プラン 費用 最低費用
SmartNews Standard CPC1円ネット 50万円ネット
Cover Story Ads imp@2.33円グロス 700万円グロス(想定300万imp)
1Day Premium imp@2円グロス 800万円グロス
Premium Video Ads vimp@2.5円グロス 200万円グロス

※参考:下記の記事では、スマートニュース広告について詳しく解説しています。併せてご覧ください。

関連記事

「スマートニュース広告の運用代行を依頼するメリット・デメリットは?」 「スマートニュース広告運用を代行している代理店はどう選ぶべき?」 「スマートニュース広告運用を代行しているおすすめの代理店は?」 スマートニュースへの広告出稿を考え[…]

スマートニュース広告運用おすすめ代理店

 

スマートニュース広告スタートガイド!出稿方法チュートリアル

スマートニュース広告スタートガイド!出稿方法チュートリアル

スマートニュース広告の出稿方法について紹介します。

出稿前に確認しておきたいスマートニュースの広告審査基準

スマートニュース広告出稿前に、広告審査基準について理解しておきましょう。チェックすべき項目は下記の通りです。

誘導先 チェック項目
全てのLP 広告主体者の正式名称が表示されているか
主体者の所在地、問合せ先が表示されているか
ECサイトの場合 特定商取引法に基づく表示がされているか(リンクでも可能)
プライバシーポリシーが表示されているか(リンクでも可能)
記事風LPの場合 ファーストビュークレジットの表示がされているか

掲載が禁止されている業種

また、スマートニュースでは下記ジャンルに関しては広告掲載が禁止されていますので、自社の業種が当てはまらないか確認しておきましょう。

  • 成人対象の性的な商品
  • 児童ポルノ
  • タバコ・電子タバコ
  • 美容整形関連の商品
  • マルチ商法関連
  • ぺニーオークション関連
  • クレジットカードの現金化サービス
  • 日本未承認の医薬品、医療器具関連
  • 情報商材
  • オンラインカジノ

スマートニュース広告の入稿STEPまとめ

スマートニュース広告の入稿方法を紹介します。下記ステップに従って広告出稿してみましょう。

STEP1:広告出稿用のアカウント作成

こちらから、スマートニュースの広告出稿用アカウントを作成します。記載する内容は下記の通りです。

  • 広告主の正式名
  • 誘導するLPのURL
  • 代理店名
  • ログイン用のユーザーID
  • メールアドレス等の連絡先

フリーメールアドレスだと登録ができないので注意が必要です。申し込みをしてから3日以内にアカウントが発行されます。

STEP2:キャンペーンの目的設定

アカウントが発行されたらキャンペーンの目的を決定します。スマートニュース広告に用意されている目的は下記3つです。

キャンペーンの目的 詳細
App Installations Appのインストールの獲得
App Engagement Appのエンゲージメントの獲得
Website Conversions コンバージョンの獲得

STEP3:ターゲティング設定

続いて、ターゲティング設定を行います。スマートニュースで設定できるターゲティングは下記の通りです。

ターゲティング項目 詳細
OS iOS/Android
性別 男性/女性
年齢 19歳~50歳以上
時間帯 時間ごとに設定可能
スマホキャリア docomo/au/Softbank
オーディエンス リマーケティング/キーワード/類似拡張
ジャンル エンタメ/ビジネス/グルメ/スポーツ他
興味 自動車/キャリア/恋愛/政治他
都道府県 47都道府県

STEP4:予算と入札方法設定

続いて予算と入札方法の設定です。

予算は通算か日額で選択ができます。入札方法に関しては、自動入札か手動入札の選択が可能です。

STEP5:キャンペーン情報の入力

キャンペーン情報の入力を行います。クリエイティブの種類と配信面を選択します。

STEP6:クリエイティブ登録

クリエイティブの登録を行います。クリエイティブにより入稿規定が異なるため、下記図を参考にクリエイティブを登録しましょう。

種類 テキスト クリエイティブサイズ
SmartNews Standard Ads 10文字以上35文字以内(静止画)
10文字以上90文字以内(説明文)
①300px×300px
②1200px×628px
Standard Video Ads 10文字以上28文字以内 アスペクト比16:9
カルーセル広告(3枚~10枚) 10文字以上35文字以内 300px×300px
Cover Story Ads 10文字以上35文字以内 300px×300px
SmartNews Premium Video 10文字以上28文字以内 1200px×628px

STEP7:審査申請

最後に「審査申請」を選択して終了です。スマートニュース広告では、入稿しただけでは広告審査は始まらないので、「審査申請」選択を忘れずに実施しましょう。また、審査に関しては3日営業日ほど時間が掛かります。

 

スマートニュース広告を上手に運用する3つのポイント

スマートニュース広告を上手に運用する3つのポイント

スマートニュース広告を上手に運用する3つのポイントを紹介します。

POINT1:クリエイティブは見出しに力を入れる

スマートニュース広告では、クリエイティブの画像よりも見出しに力を入れるようにしましょう。

SNS広告等の場合は、画像の影響力が強いのでクリエイティブの画像にこだわる必要がありますが、スマートニュースのユーザーは文字を読むということを重視しているため、見出しなどのキャッチコピーの方が影響力が高くなります。

そのため、SNS広告などのクリエイティブを使い回しても効果が見込めない可能性がありますので、スマートニュース用に見出しに特化したクリエイティブを作成するようにしましょう。

POINT2:広告色の強い画像は利用しない

スマートニュースでは、広告色の強い画像の利用はおすすめできません。スマートニュースではニュースフィード内に広告が表示されますが、他媒体で使用している広告色が強いクリエイティブを使用すると浮いてしまうためクリックが見込めません。

一度スマートニュース内の記事を閲覧した上で、スマートニュース内でなじむような画像の選定が必要となります。

POINT3:テストを繰り返し効率の良いパターンを発見する

スマートニュース広告は、「テキスト+画像や動画」で構成されるフォーマットです。このような組み合わせの場合、テキストと画像素材を複数用意しておき、いくつかのパターンを掛け合わせたもの出稿し最適な組み合わせを選定することが大切です。

1つのパターンでの出稿ではなく、PDCAを回しながらスマートニュース広告を出稿することで、最適な組み合わせが把握でき、上手に広告運用ができるようになります。

 

スマートニュース広告の出稿・運用を代理店に依頼することもおすすめ

スマートニュース広告の出稿・運用を代理店に依頼することもおすすめ

スマートニュース広告の運用代行を代理店に依頼する3つのメリット

 メリット1:自社広告運用の負担がなくなる

広告運用を代理店に依頼することで、自社広告運用の負担がなくなります。広告代理店はクリエイティブの作成~効果計測までを一括して行ってくれるためです。

自社がやるべきことは、効果測定の結果を代理店からもらって指示を出すだけです。現状「広告運用に多くの時間を費やしている」といった企業には、広告代理店の利用はメリットといえます。

 メリット2:広告運用に関する最新の情報が集まりやすい

広告代理店を利用すると広告運用に関する最新情報が集まりやすくなります。

広告代理店は常に広告運用におけるトレンドを掴んでいるため、成果が見込める広告運用が可能ですが、インハウスで広告運用の情報を収集するとなれば「セミナー」などに参加しなくてはなりません。

一方、代理店に依頼すれば時間を掛けずに最新の情報を共有してもらえるでしょう。

 メリット3:マーケティング施策の相談もできる

広告運用を代理店に依頼するとマーケティング施策の相談も可能です。広告代理店は広告運用だけではなく、成果のでやすいLPなどのノウハウを持っているため、自社のマーケティング施策改善も総合的に代理店にコンサルしてもらうこともできます。

広告運用で成果を出すには、クリエイティブだけではなく、コンバージョンまでの流れも重要です。導線設計を全て自社で実施するとなると、相当なスキルが求められますが、広告代理店に依頼することで成果が見込みやすいマーケティング施策の実行に繋げることができます。

スマートニュース広告の代理店を上手に選ぶ3つのチェックポイント

スマートニュース広告の代理店を上手に選ぶ3つのチェックポイントを紹介します。

 POINT1:取り扱いの広告媒体を確認する

スマートニュース広告運用を代理店に依頼する際は、代理店が取り扱っている広告媒体の種類を確認を必ず行うようにしましょう。スマートニュースを取り扱っていない代理店に運用を依頼しても成果が見込める可能性が低いためです。

広告代理店のホームページでは、取り扱いのある広告媒体が記載されているので確認しましょう。また、実際にスマートニュース広告の運用事例などを公開している代理店もおすすめできます。

 POINT2:自社の目的や予算に合わせて広告代理店を選定する

スマートニュース広告運用で代理店を選定する際は、自社の目的や予算に合わせた選定を行いましょう。広告代理店を大きく分類すると下記のように分かれます。

  • 広告媒体を絞って運用する代理店(低価格)
  • マーケティング施策など幅広い対応が可能な代理店(高価格)

広告の運用だけで良ければ、広告媒体を絞っている代理店がおすすめできますし、LPの改善やクリエイティブ制作などの対応も依頼したい場合は、幅広いサービスに対応している代理店を選びましょう。

まずは、自社がどこまで依頼するべきか明確にすることで、自社に合った代理店が見えてきます。

 POINT3:アカウントの開示が可能かどうか

スマートニュースの広告運用を代理店に依頼する場合は、広告アカウントの開示が可能かどうかも確認しましょう。代理店によっては、ノウハウが漏れてしまうリスクがあるためアカウントが開示できないというケースもあります。

すべてを代理店に任せるという体であれば問題ないですが「どんな広告運用をしているのか自社でも確認したい」という方は、契約前にアカウントの開示についても確認するようにしましょう。

 

【厳選】スマートニュース広告の運用代行おすすめ代理店3選

株式会社キーワードマーケティング

株式会社キーワードマーケティング

引用元:株式会社キーワードマーケティング

株式会社キーワードマーケティングはこんな方におすすめ!

  • しっかりヒアリングしてもらいたい
  • 運用実績が豊富な代理店がいい

 株式会社キーワードマーケティングの強み

株式会社キーワードマーケティングは、SmartNews Ads、DSP、Gunosy Adsなど様々な広告媒体の運用が可能な代理店です。月間の運用アカウント数は319アカウントで、業種に関しては118種類にも及ぶ実績があります。

ヒアリングにも力を入れているため、初めて広告運用を依頼する方でも安心して利用ができる代理店です。

株式会社キーワードマーケティングの概要

  • 料金体系:要問い合せ
  • 会社名: 株式会社 キーワードマーケティング
  • 本社所在地: 東京都中央区築地7-2-1
  • URL:https://www.kwm.co.jp/about

※参考:DSP広告に強みを持った代理店をお探しの方はこちらの記事もおすすめです。

関連記事

ネット広告の仕組みや関連技術は年々進化しています。現在、リスティング広告、DSP広告、SNS広告、アフィリエイト広告、メール広告、ネイティブ広告など様々な広告配信が企業の広告活動に利用されています。 本記事ではDSP広告に着目し、DS[…]

DSP運用代行おすすめ広告代理店

株式会社ユニークワン

株式会社ユニークワン

引用元:株式会社ユニークワン

株式会社ユニークワンはこんな方におすすめ!

  • 自社の課題を解決したい
  • 地方企業で広告運用代理店を検討している

 株式会社ユニークワンの強み

株式会社ユニークワンは、地方企業の課題解決に特化した代理店です。ただ広告を運用して終わりではなく、その先の成果を見据えたマーケティング施策も可能となっています。

株式会社ユニークワンは「集客」「採用」「メディア運営」の3つの視点からアプローチすることにより、クオリティの高い施策が行えます。広告運用だけではなく、自社課題を解決したいといった地方企業にはおすすめの代理店となります。

株式会社ユニークワンの概要

  • 料金体系:要問い合せ
  • 会社名:株式会社ユニークワンの強み
  • 本社所在地:新潟県新潟市東区江南1-9-11
  • URL:https://unique1.co.jp/

アナグラム株式会社

アナグラム株式会社

引用元:アナグラム株式会社

アナグラム株式会社はこんな方におすすめ!

  • 複数の広告媒体の運用を依頼したい
  • 多くの実績がある代理店に依頼したい

 アナグラム株式会社の強み

アナグラム株式会社は、スマートニュース広告、Google広告、SNS広告など幅広い媒体の広告運用に対応している代理店です。

アナグラム株式会社では、各広告を熟知したプロの担当者が時間を掛けて広告アカウントを育てるため、成果が見込める広告運用が可能となります。

アナグラム株式会社の概要

  • 料金体系:要問い合せ
  • 会社名:アナグラム株式会社
  • 本社所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷4丁目4-4 フィールド北参道 1・2F
  • URL:https://anagrams.jp/

※参考:Google広告の運用に強みをもつ代理店を特集した記事はこちら

関連記事

Google広告の代理店に広告運用を依頼する際、どのように選べば良いか迷ってしまうケースが多いと思います。Google広告の代理店を選ぶポイントを把握しておけば、依頼する際に迷うこともありません。 本記事ではGoogle広告代理店の選[…]

Google広告代理店選び完全ガイド~上手な選び方や手数料の仕組みを詳しく解説~

 

【番外編】スマートニュースにクーポン掲載するならこちらの代理店がおすすめ

スマートニュースにクーポン掲載する方法

スマートニュースでは、集客を目的としたクーポン掲載が可能です。以前までは大手チェーン店のクーポンがメインでしたが、中小規模の店舗でもクーポン掲載が可能となりました。スマートニュースでクーポンを掲載するには下記2つの方法があります。

【クーポン掲載方法①】直接問い合わせ

自社でクーポンを出稿する場合は、こちらのクーポン出稿お問合せフォームに必要事項を記入することで、クーポンの出稿が可能です。

【クーポン掲載方法②】広告代理店に依頼

スマートニュースと提携するパートナー代理店に問い合わせすることでもクーポンの記載が可能です。スマートニュースクーポンに対応した代理店は下記の通りです。

おすすめ代理店:株式会社H2

おすすめ代理店:株式会社H2

引用元:株式会社H2

株式会社H2の強み

株式会社H2は、スマートニュースのクーポン掲載が可能な代理店です。店舗ビジネスの集客に特化した企業となっており、集客支援ツールなどの開発も行っています。集客ツールの実績も豊富なため、スマートニュースのクーポン掲載で店舗ビジネス展開していきたい方には、おすすめできる代理店となります。

株式会社H2の概要

  • 料金体系:要問合せ
  • 会社名:株式会社H2
  • 本社所在地:東京都港区南青山2丁目2番8号 DFビル7階
  • URL:https://h2-g.co.jp/

 

スマートニュース広告運用の効果を可視化するオススメの広告効果測定ツール

最後に、スマートニュース広告運用の効果を可視化するオススメの広告効果測定ツールを紹介します。

Databeat Explore

Databeat Explore

引用元:Databeat Explore

Databeat Exploreは、アジト株式会社提供の広告効果測定ツールです。スマートニュース広告効果測定のデータの「抽出」「集計」「更新」「可視化」を自動で行うことで広告運用の業務改善が可能になります。

スマートニュース広告運用における「Databeat Explore」の3つの活用ポイント

スマートニュース広告運用における「Databeat Explore」の3つの活用ポイントを紹介します。

各広告媒体の指標を統一

Databeat Exploreでは、各広告媒体の指標の統一が可能です。広告媒体によっては指標が異なり比較するのが困難ですが、Databeat Exploreであれば、異なる指標を自動で統一することが可能です。

スマートニュース以外にも広告出稿をしている方は、より効率的な広告効果測定が可能となります。

広告測定結果のリアルタイムの共有

Databeat Exploreでは「BIツール」や「Googleスプレッドシート」などのフォーマットにデータを出力することが可能です。

スマートニュース広告のデータを「Googleスプレッドシート」に出力することで、社内で最新の広告測定結果をリアルタイムで共有できるので、スピーディーな対策が行えます。

Googleアナリティクスとの連携

Databeat Exploreでは、Googleアナリティクスとの連携も可能です。抽出し集計したデータも自動でアナリティクスに反映させます。

スマートニュース広告の管理画面では分からないLP上のユーザー行動の分析も同時に行うことで、質の高いマーケティング施策を練ることが可能となります。

 

まとめ

スマートニュース広告出稿入門ガイドを紹介しました。スマートニュース広告は、月間アクティブユーザー数が2,000万人のニュースアプリ上に広告を出稿することが可能な広告媒体です。

利用ユーザーは、ニュースを読むことを目的としているため画像ではなく、タイトルや見出しに力を入れることで効果が見込めるクリエイティブが作成できます。

インハウスでの運用が難しい場合は、広告代理店を利用することも検討してみましょう。また。店舗ビジネスであれば、中小規模の店舗でもスマートニュースでクーポンを記載できるので合わせて活用してみましょう。

Googleデータポータルを活用して分析業務を効率化するツール
DatabeatExplore

こんな方にオススメ

・広告数字の集計が大変

GAと広告数字を同時に集計したい

・人力レポートではミスが発生する

Googleデータポータルを活用したい

スマートニュース広告出稿入門ガイド!種類、費用などの特徴から掲載方法までわかりやすく解説
最新情報をチェックしよう!
>広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

Databeat Exploreは、WEB広告データの見える化を実現するサービスです。
様々な広告データを抽出・統合・一元化し、見たいデータを見たい時に見たい場所で見ることができます。

CTR IMG