ダイナミック広告を詳しく解説!種類一覧や上手な運用方法、代理店を紹介

ダイナミック広告を詳しく解説!種類一覧や上手な運用方法、代理店を紹介

ユーザーに最適な広告を配信できるダイナミック広告は、WEB広告の中でも非常に有効な手段として多く利用されています。

今回こちらの記事では、ダイナミック広告の種類や効果に運用方法、そしてダイナミック広告の運用代行が可能な広告代理店について詳しく解説します。

目次

ダイナミック広告とは?基礎知識を詳しく解説

ダイナミック広告イメージ

引用元:Yahoo!

WEB広告の中でも非常に高い効果を得られるダイナミック広告。まずはダイナミック広告がどのようなものなのか、効果的な利用シーン、そして費用相場について解説します。

ダイナミック広告とは?

ダイナミック広告とは動的広告の意味で、ユーザーごとにカスタマイズされた広告を配信できる仕組みです。反対に、すべてのユーザーへ同じバナー広告を配信する場合は静的広告(スタティック広告)と言います。

ダイナミックリターゲティング広告と呼ばれることもあるように、ダイナミック広告は過去にユーザーが閲覧した情報を元に広告を配信します。ただし、厳密にはダイナミック広告とリターゲティング広告は別の広告となります。

通常のリターゲティング広告との違い

ダイナミック広告もリターゲティング広告も、ユーザーの過去の閲覧情報を利用して広告を配信します。しかし、リターゲティング広告は、過去にLPを訪問したユーザーにのみ広告を配信する仕組みです。

一方ダイナミック広告は、リターゲティング広告と同じく過去に訪問したLPの情報や、その他にcookie情報も利用します。その上で、事前に用意された複数の商品情報からユーザーに最適と思われる広告を表示させることが可能となります。

※参考:リターゲティング広告に関して更に詳しく解説した記事はこちら
関連記事

リターゲティング広告は、リスティング広告などを運用する際に、同時に運用することが多い広告手法のひとつです。WEB集客を行う上で、実は非常に重要な役割を果たしているリターゲティング広告。 しかし、自社で運用するとなると、運用経験や知識な[…]

リターゲティング広告運用代行に強みをもつおすすめ代理店7選と上手な選び方

ダイナミック広告が効果的に利用されるシーン

ダイナミック広告は、ユーザーの過去の行動履歴を元に広告を表示します。ユーザーが関心のある広告が表示されるので、クリック率が高いことはもちろん、購入や申込などのコンバージョンを狙った広告運用にもっとも効果を発揮してくれます。

ダイナミック広告の費用相場

ダイナミック広告の費用はクリック単価制となっており、媒体によっても異なりますがクリック単価は数十円程度となります。

どれくらい費用を使うかはコントロール可能となりますが、ダイナミック広告の一つである「Criteo」であれば最低50万円からでないと出稿できないといったルールがあるので注意が必要です。

 

ダイナミック広告で実現できる3つのメリット

ダイナミック広告で実現できる3つのメリット

他のWEB広告にはない、ダイナミック広告ならではのメリットを3つご紹介します。

  1. ユーザーごとに配信広告を最適化できる
  2. 複数の商品を表示可能
  3. 費用対効果が高い

1.ユーザーごとに配信広告を最適化できる

ダイナミック広告で表示される広告は、ユーザーの過去の行動履歴を元に行います。そのため、他のWEB広告よりもユーザーにマッチした広告配信が可能となり、精度の高い広告運用が行えます。

2.複数の商品を表示可能

ダイナミック広告にはカルーセルフォーマットが利用できます。カルーセルフォーマットは、複数の商品を同時に表示できるので、ユーザーが関心を持つであろう商品をいくつか並べることで、アクションを促すことが可能となります。

3.費用対効果が高い

ユーザーが関心のある広告を表示できて、複数の商品を一度に提示できるといった特徴から、ダイナミック広告は非常にクリック率・コンバージョン率が高い広告となります。

リスティング広告のような検索連動型広告も、ユーザーの興味関心に近い広告表示が可能ですが、ダイナミック広告はそれよりもさらに費用対効果の高い広告運用が実現できます。

 

ダイナミック広告の主要媒体種類一覧と選び方

ダイナミック広告にはいくつかの媒体が存在しています。こちらでは、その中から主要となる媒体と、媒体の選び方について解説します。

種類1:Google広告

ダイナミック広告GDN

引用元:Google

リスティング広告やディスプレイ広告でおなじみのGoogle広告も、ダイナミック広告の配信が可能です。上図のように、検索結果の画面に表示されるパターンもあります。

 Google広告のダイナミック広告の特徴

通常、リスティング広告などは出稿の際、ユーザーが検索すると思われるキーワードを設定します。CPAを抑えつつCVRの高い広告運用を行うには細かいキーワード設定が必要となりますが、商品の型番などを網羅することは現実的ではありません。

しかし、Google広告のダイナミック広告であれば、そうした細かいキーワードを設定しなくても、過去にユーザーが閲覧したページや商品情報を元に、関連した広告を配信できます。

 こんな人におすすめ

販売したい商品数が多い場合、または型番が分かれていて数が多い場合など、ダイナミック広告を利用するのがおすすめです。

通常の広告では、すべての型番や商品の登録が必要となり、ミスが発生する可能性や工数が非常に多くなってしまいます。ダイナミック広告を利用すれば、そうした工数をかけずにユーザーに合わせた広告配信ができます。

※参考:Google広告に関して更に詳しく解説した記事はこちら
関連記事

Google広告の代理店に広告運用を依頼する際、どのように選べば良いか迷ってしまうケースが多いと思います。Google広告の代理店を選ぶポイントを把握しておけば、依頼する際に迷うこともありません。 本記事ではGoogle広告代理店の選[…]

Google広告代理店選び完全ガイド~上手な選び方や手数料の仕組みを詳しく解説~

種類2:Yahoo!広告

ダイナミック広告YDN

引用元:Yahoo!

Yahoo!広告では、YDNの機能として「Dynamic Ads for Display」という名称でダイナミック広告が配信可能です。Yahoo!JAPANをはじめとするYahoo!のコンテンツなどへ配信されています。

 Yahoo!広告のダイナミック広告の特徴

Yahoo!広告のダイナミック広告は、YDNの配信面で利用できます。YDNの配信面は、Yahoo!コンテンツのほか、Amebaや朝日新聞デジタル、クックパッドなど多くのユーザーが集まるメディアがあり、多くのリーチが望めます。

 こんな人におすすめ

Yahoo!広告のダイナミック広告は、CPC(クリック単価)を抑えた運用を行える特徴があります。また、単純なリターゲティング広告とは違い、コンバージョンする可能性が低いユーザーを除外設定できる、サイト別配信ができるなど独自の機能があるので、より細かくターゲットを絞って配信を行いたい場合におすすめです。

※参考:Yahoo!広告に関して更に詳しく解説した記事はこちら
関連記事

Yahoo!JAPANは、検索、ニュース、地図、ファイナンスなど100以上のサービスを提供する国内最大級のポータルサイトです。スマートフォン、PCそれぞれの月間アクティブユーザー数は6,800万UU、2,100万UUに達し、スマートフォン利[…]

Yahoo!広告運用代行ならここ!おすすめ正規代理店5選と上手な選び方

種類3:Criteo

ダイナミック広告CRITEO

引用元:Yahoo!

Criteoのダイナミック広告は、上図のようにYahoo!などのポータルサイト上で配信を確認することができます。

 Criteoの特徴

Criteoはその配信アルゴリズムが優秀であることで知られています。また、Yahoo!への配信が可能であること、そしてGoogle広告やYahoo!広告のダイナミック広告と比較して単価が安いといった特徴があります。

 こんな人におすすめ

少ない広告予算の中で、ダイナミック広告の効果を試してみたいという方に、Criteoはおすすめです。

※参考:Criteoに関して更に詳しく解説した記事はこちら
関連記事

Criteoを導入したい… 代理店って使った方がいいのかな? 代理店を使う際のメリット・デメリットは? Criteo広告は初心者が十分な知識がないまま始めてしまうと、効果を発揮できず挫折してしまうことがあり[…]

Criteo広告運用代行おすすめ代理店

種類4:Facebook広告

ダイナミック広告(Facebook)

引用元:Facebook

実名制SNSのため、精度の高いターゲティングによる広告配信が可能なFacebook広告でも、ダイナミック広告が利用できます。

 Facebook広告のダイナミック広告の特徴

Facebook広告のダイナミック広告では、カルーセルフォーマットから動画、スライドショーなど用途に合わせたフォーマットが利用できます。

また、ダイナミック広告はFacebook広告の中でも関連度の高い広告と判断される傾向があるので、低コストで配信が可能といった特徴もあります。

 こんな人におすすめ

ユーザーの行動履歴に基づく配信のため、そもそもターゲティング精度が高いダイナミック広告ですが、Facebookの情報を紐づけることが可能なため、より関連性の高い広告配信を行いたい場合におすすめです。

※参考:Facebook広告に関して更に詳しく解説した記事はこちら
関連記事

Facebook広告の運用を自社で行えない際に活用してもらいたいのが「Facebook広告運用代行」です。Facebook広告の運用代行を利用すれば、自社に広告部署がなくても広告運用が可能になります。 本記事ではFacebook広告の[…]

Facebook広告運用代行おすすめ代理店7選と上手な選び方

種類5:Instagram広告

ダイナミック広告(Instagram)

引用元:Instagram

Instagram広告は、一般ユーザーの投稿と同じようにタイムラインへの広告配信が可能です。また、その際ダイナミック広告を利用することもできます。

 Instagram広告のダイナミック広告の特徴

広告っぽさのない、自然な形で広告を配信できるInstagram広告は、ダイナミック広告を利用することでさらにCVRを高めることが可能になります。

また、Instagram広告はFacebook広告からの配信が可能なため、FacebookとInstagramそれぞれ異なるユーザー層へ同時にダイナミック広告を配信できるといった特徴があります。

 こんな人におすすめ

画像や動画の投稿がメインとなるInstagram広告は、女性向けコンテンツと相性が良いため、美容やコスメ商品のコンバージョンを狙いたい場合におすすめです。

※参考:Instagram広告に関して更に詳しく解説した記事はこちら
関連記事

Instagram広告は、SNSの中でも特に若年層のユーザーを多く抱えている媒体です。リスティング広告などの検索連動型広告とは違ったターゲティングやリーチが獲得できることから、マーケティングに取り入れる企業も増えてきています。 Ins[…]

Instagram広告運用代行おすすめ代理店7選と上手な選び方

ダイナミック広告の選び方

ダイナミック広告の運用をはじめる場合、どの媒体で配信を行うかを決めなくてはなりません。媒体の選び方は、媒体ごとの特徴と利用する目的を照らし合わせて考えるとよいでしょう。

例えば低コストで運用したい場合は、GDNやYDNよりも単価が低い傾向があるCriteo、ターゲティングの精度を求めるのであればFacebook広告、美容やコスメなどの商材販売であればInstagram広告など、広告運用の目的やターゲットに合わせて適切な媒体を選択することで、ダイナミック広告の効果を高めることが可能となります。

 

ダイナミック広告出稿のために準備すべきこと

ダイナミック広告出稿のために準備すべきこと

ダイナミック広告の概要や媒体ごとの特徴を理解したところで、今度は実際にダイナミック広告を出稿するために必要な準備について解説します。

タグの準備

ダイナミック広告の運用に際し、必ず設置しなければならないのがタグです。タグを設置することによって、ユーザーがサイトのどのページへアクセスしたか、どの商品を閲覧したのかといった詳細な情報を把握することができます。

そして、これらユーザーの行動情報を元に、ダイナミック広告の配信を行います。

タグを設置する際の注意点として、サイトに複数のページがある場合や、複数の商品を販売しているような場合、必ずすべてのページにタグを設置しなくてはなりません。

タグが設置されていないページがあると、そのページへユーザーがアクセスした情報を取得できず、正確なターゲティングが行えなくなってしまいます。

フィードの準備

タグによってユーザーの行動を把握できたら、その情報に適した広告が配信されるようにデータフィードを作成します。

データフィードとは、商品や型番ごとの情報をまとめたCSVファイルです。媒体によって若干仕様は異なる場合がありますが、商品名・説明文・商品のURL・画像URL・金額などの情報をまとめた形式になります。

商品ごとに広告を作成するのと違い、CSVファイルにまとめてアップロードできるため、商品数が数百点以上あるような場合でも、一度フィードを作成してしまえばあとは自動的にユーザーに最適な商品を表示できます。

 

ダイナミック広告に強みをもつ広告代理店も存在する!

ダイナミック広告に強みをもつ広告代理店も存在する!

リスティング広告やSNS広告などに特化したWEB広告運用を行う代理店があります。中には、ダイナミック広告の運用に特に強みを持った代理店もあります。

ダイナミック広告運用を広告代理店に依頼するメリット

ダイナミック広告の運用を、広告代理店に依頼した場合のメリットをまとめてみました。以下を参考に、自社で運用するか広告代理店に依頼するかを判断してみてください。

メリット1:設定や入稿から運用管理まで代行してもらえる

広告代理店にダイナミック広告の運用を依頼すると、初期設定から入稿、そして運用の管理まですべてを対応してもらうことができます。

ダイナミック広告は、初期設定を済ませてしまえばあとはユーザーの行動履歴に応じて適切な広告を配信してくれますが、だからといってそのまま放置で良いという訳ではありません。

やはり、他のWEB広告と同様に運用データを分析しながら常に改善をしていく必要があります。そうした作業も合わせて依頼できるため、自社で運用する場合に比べてリソースの負担は大幅に減らすことが可能となります。

メリット2:ダイナミック広告の効果の最大化が可能

リスティング広告などと比較すると、ダイナミック広告は費用対効果が高くなる傾向があります。しかし、その効果を最大限まで高めるには、初期設定はもちろんのこと、運用データを元に適切な改善を実施していくことも必要です。

広告代理店には、ダイナミック広告を含むさまざまなWEB広告の運用経験とノウハウがありますので、自社で運用するよりも短期間で最適な広告運用を実現し、広告効果を高めてくれます。

メリット3:運用ノウハウを共有して貰える

広告代理店がダイナミック広告の運用代行を行う中で、どういった設定を行っているのか、どのようなノウハウに基づいて運用しているのかなどの情報共有をもらえる場合があります。

WEBで調べるとダイナミック広告運用に関する情報は出てきますが、やはり実際に現場で運用している担当者から生の情報をもうことの方が有益であり、ノウハウとしても蓄積しやすくなります。

ダイナミック広告に強みを持つ代理店を上手に選ぶポイント

WEB広告運用代行を行う代理店が数多く存在する中で、ダイナミック広告に強みを持つ代理店を上手に選ぶポイントを3つご紹介します。

実際に代理店を選ぶ際の基準として参考にしてみてください。

ポイント①:ダイナミック広告運用の実績があるか

当然のことですが、ダイナミック広告の運用実績があるのか、ダイナミック広告運用で成果を出せるのかという点は必ず確認しましょう。

多くの代理店は、リスティング広告やSNS広告の運用実績を持っていますが、ダイナミック広告はそれほど運用していないというケースもあります。

確認方法としては、代理店のホームページでダイナミック広告の運用実績について記載があるかどうか、あるいはCriteoからの認定を受けているかどうかなどがあります。

ポイント②:運用代行にかかる費用

ダイナミック広告の運用代行費用は、他のWEB広告運用代行にかかる費用と同等です。よって、費用相場は広告費の20%前後となります。

これよりも高い場合は、その理由について必ず代理店へ確認し、その内容に納得できなければ別の代理店を検討しましょう。

また、初期費用や月額の固定費などが別途かかるケースもあるので、費用については細かく確認することをおすすめします。

ポイント③:利用可能な媒体の種類

本記事でもご紹介しましたが、ダイナミック広告にはGoogle広告・Yahoo!広告・Facebook広告・Instagram広告・Criteoなど複数の媒体があります。

媒体によって特徴が異なっており、商品やサービスによる相性などもあります。例えばGoogle広告で運用してみたら思ったような効果が得られず、Criteoで運用してみたところ良い効果が得られるといったこともあり得ます。

このように、いろいろな媒体を臨機応変に利用できる環境を用意するためにも、さまざまな媒体に対応可能な代理店を選ぶのがおすすめです。

 

ダイナミック広告の運用代行に強みをもつおすすめ代理店3選

株式会社 キーワードマーケティング

株式会社 キーワードマーケティング

引用元:https://www.kwm.co.jp/

こんな方におすすめ!

  • Facebook広告の正規代理店に依頼したい
  • Twitter広告の正規代理店に依頼したい
  • Google広告の正規代理店に依頼したい
  • Yahoo!広告の正規代理店に依頼したい
  • インハウス支援の受けられる代理店に依頼したい

 株式会社 キーワードマーケティングの強み

株式会社 キーワードマーケティングは、東京に本社を置き、九州佐賀にも支店がある代理店です。

リスティング広告・SNS広告・アプリ広告やアドネットワークの運用を行っており、GoogleとYahoo!、Facebook、そしてTwitterの正規代理店となっていることから、WEB広告運用全般で実績があることがわかります。

また、ダイナミック広告は「データフィード広告」という名称でサービスを提供しています。株式会社 キーワードマーケティングでは、LPの訪問履歴がないユーザーの中から、商品やサービスに興味を持つ可能性があるユーザーに対してダイナミック広告の配信を行う「プロスペクティング配信」を実施しています。

プロスペクティング配信は、通常のダイナミック広告やリターゲティング広告でユーザー母数が頭打ちとなってしまうといった課題を解消できる配信方法です。

株式会社 キーワードマーケティングの概要

・料金体系:初期費用10万円/広告費の20%
・会社名: 株式会社 キーワードマーケティング
・本社所在地:東京都中央区築地7-2-1 THE TERRACE TSUKIJI 2F
・URL:https://www.kwm.co.jp/

株式会社ブレイク・フィールド社

株式会社ブレイク・フィールド社

引用元:https://breakfield.co.jp/

こんな方におすすめ!

  • Google広告の正規代理店に依頼したい
  • クリエイティブ制作も依頼したい

 株式会社ブレイク・フィールド社の強み

株式会社ブレイク・フィールド社は、東京本社と九州熊本に支店を構える代理店です。

リスティング広告・ディスプレイ広告・SNS広告・動画広告・アフィリエイト広告・タイアップ広告などに対応しています。

また、自社で運用する住宅系や金融系、人材系のメディアにおいて年間10億円以上の広告出稿を行い、そのノウハウを蓄積しています。

この実際に広告運用を行ったノウハウを元に、GoogleやYahoo!、Criteo、Facebook、LINEなどのダイナミック広告配信を行います。

クリエイティブ制作にも対応しているので、広告運用と合わせて依頼することも可能です。

株式会社ブレイク・フィールド社の概要

・料金体系:要問合せ
・会社名:株式会社ブレイク・フィールド社
・本社所在地: 東京都千代田区一番町7-1
・URL:https://breakfield.co.jp/

株式会社メディックス

株式会社メディックス

引用元:https://www.medix-inc.co.jp/

こんな方におすすめ!

  • Google広告の正規代理店に依頼したい
  • Yahoo!広告の正規代理店に依頼したい
  • Criteoの正規代理店に依頼したい
  • Facebook広告の正規代理店に依頼したい
  • LINE広告の正規代理店に依頼したい
  • SEO対策を依頼したい
  • クリエイティブ制作を依頼したい
  • コンテンツマーケティングを依頼したい
  • インハウス支援の受けられる代理店に依頼したい

 株式会社メディックスの強み

株式会社メディックスは、リスティング広告からSNS広告まであらゆるWEB広告に対応している代理店です。

Google・Yahoo!・Criteo・LINE・Facebookの正規代理店となっており、リスティング広告はもちろんダイナミック広告の運用にも精通しています。

特にダイナミック広告では、メディックス独自のサービス「MEDIX Feed Management:M-Feed」を活用することで、広告の作成からメンテナンス、PDCAを効率よく進めることが可能です。

株式会社メディックスの概要

・料金体系:要問合せ
・会社名:株式会社メディックス
・本社所在地:東京都千代田区神田神保町1-105 神保町三井ビルディング 19F
・URL:https://www.medix-inc.co.jp/

 

ダイナミック広告の効果を測定する際にオススメのツール

ダイナミック広告の運用に強みを持つ代理店をご紹介してきましたが、ここからは自社でダイナミック広告を運用する際におすすめのツールについて解説します。

ダイナミック広告運用の効果を可視化する「Databeat Explore」

データビートロゴ

Databeat Exploreは、ダイナミック広告の運用データや効果を可視化できるツールです。ダイナミック広告は、運用で得られたデータを正確に分析し、改善を行う必要があります。

その際のデータ収集や分析しやすくまとめる作業を、Databeat Exploreがすべて自動で行ってくれるのです。

ダイナミック広告運用における「Databeat Explore」の3つの活用ポイント

自動でデータの収集・更新が可能

Databeat Exploreは、広告データを自動的に収集・更新できます。

ダイナミック広告だけでなく、リスティング広告やSNS広告など複数の広告運用を行っている場合も、Databeat Exploreでデータの一元管理ができるので、各媒体にアクセスして情報を集める手間が省けます。

データの出力やインポートの柔軟性が高い

Databeat Exploreに集められたデータは、ExcelやGoogleデータポータル、Googleスプレッドシートなど好みのフォーマットで出力可能です。

さらに、GoogleアナリティクスやBIツールと合わせて利用することで、広告運用データの検証や分析を行うことも可能です。

整形された広告データによる可視化工数の削減

Databeat Exploreは、ただ広告データを収集するだけではなく、マーケターが把握しやすい形で管理できます。

Databeat Exploreへアクセスすれば、現在の運用状況がすぐに把握できますので、分析を行う前の可視化作業も不要。データ共有もダッシュボードを利用できます。

 

まとめ

商品に興味関心のあるユーザーへ広告配信を行うことで、費用対効果の高い運用を実現できるダイナミック広告は、WEB集客に欠かせない手法です。

ただ、出稿の際に掛かる工数や最適な運用を行うためのノウハウ不足が懸念されるため、ダイナミック広告の運用に強みを持つ広告代理店への依頼も検討してみてください。

自社でダイナミック広告の運用を行うのであれば、データの収集や可視化をサポートしてくれるDatabeat Exploreの利用がおすすめです。

Googleデータポータルを活用して分析業務を効率化するツール
DatabeatExplore

こんな方にオススメ

・広告数字の集計が大変

GAと広告数字を同時に集計したい

・人力レポートではミスが発生する

Googleデータポータルを活用したい

ダイナミック広告を詳しく解説!種類一覧や上手な運用方法、代理店を紹介
最新情報をチェックしよう!
>広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

Databeat Exploreは、WEB広告データの見える化を実現するサービスです。
様々な広告データを抽出・統合・一元化し、見たいデータを見たい時に見たい場所で見ることができます。

CTR IMG