Twitter広告のクリック単価(CPC)を詳しく解説!費用相場や高騰する原因、CPCを抑える方法などをご紹介

Twitter広告のクリック単価(CPC)を詳しく解説!費用相場や高騰する原因、CPCを抑える方法などをご紹介

「クリック課金(CPC課金)でのTwitter広告運用が良いと聞いたけれど、よくわかっていない」「クリック単価(CPC)の高騰の原因が知りたい」などとお悩みではないでしょうか。

当記事では、Twitter広告のCPC課金やCPCの概要、CPCの高騰原因、CPCを抑える方法について詳しく解説します。Twitter広告のCPCにご興味がある方は、ぜひ最後までご覧ください。

目次

まずは押さえておきたいTwitter広告の基本

まずはTwitter広告の基本を押さえましょう。この章では、Twitter広告がどのような広告なのかについて解説します。

Twitter広告とは?

Twitter広告のイメージ画像

引用元:Twitter公式

Twitter広告とは、Twitter社が運営するSNSサービス「Twitter」のタイムラインや検索結果に、広告出稿する広告形式を指します。Twitter広告には、下記の3種類があります。

  • プロモツイート:タイムラインに表示される広告
  • プロモアカウント:タイムラインやアカウントの下部など、さまざまな場所に表示される広告
  • プロモトレンド:「おすすめ」や「トレンド」欄に表示される広告

※参考:Twitter広告の種類についてさらに詳しく解説した記事はこちら

関連記事

ユーザーによる拡散効果など、リスティング広告やディスプレイ広告にはない特徴を持っているTwitter広告は、さまざまな種類があるSNS広告の中でも、特におすすめの広告の一つです。 このTwitter広告には、いくつかの種類があり、利用[…]

Twitter広告の種類と上手な選び方を完全ガイド!メニューや配信面、メリット・デメリットまで詳しく解説

それぞれの手法の相違点については上述したとおりです。いずれの形式であっても共通することは、InstagramやFacebookなど他のSNS媒体に比べて、拡散性が高いことです。Twitterには拡散性を高めるさまざまな仕組みが施されています。

例えば「リツイート(RT)機能」では、フォロー関係にないユーザーにまで、投稿が拡散されます。またTwitterの「いいね!」機能は、ただ「いいね!」マークがついて終わるだけではありません。

Aさんがある投稿に「いいね!」をつけた場合、AさんのフォロワーであるBさんにもその投稿が表示される仕組みとなっています。このTwitter独自の拡散性の高さにより、ある1つの投稿がTwitterを利用している多くのユーザーの目にとまりやすくなっているのです。

こういった特徴により、ある広告がユーザーに拡散された場合に、想像を絶するほどの広告効果を得られる可能性があります。

※参考:Twitterについて詳しく解説した記事はこちら
関連記事

国内の月間利用者が4,500万人を超えるTwitter。ユーザーへの拡散効果が高く、SNS広告の中でも特に注目度が高い広告だと言えます。 とはいえ、広告の種類が多く、初めて出稿する場合は不安もあるでしょう。いざTwitter広告を始め[…]

【初心者向け】Twitter広告入門ガイド!種類や費用などの基礎からツイッター広告の出し方、各種設定方法までわかりやすく解説

Twitter広告の課金方式

Twitter広告の課金方式は下記の6種類です。

  • クリック課金
  • フォロー課金
  • インプレッション課金
  • エンゲージメント課金
  • アプリインストール/アプリクリック課金
  • 再生数課金

 クリック課金
クリック課金は、広告もしくは広告のリンクが1クリックされるたびに費用が生じる課金方式です。WEBサイトへのアクセス獲得を狙いたい場合や、リンク先の商材をコンバージョンさせたい場合におすすめの手法です。

 フォロー課金
フォロー課金は、運用アカウントのフォロワー数が1人増えるごとに、費用が発生する課金方式です。獲得したフォロワーに対してのみ課金され、クリックやインプレッションなどその他の行動は課金対象外となっています。

外から見たアカウントの人気度(フォロワー数の多さ)をアピールしたい場合や、運用アカウントにおける日々のツイートのエンゲージメントを伸ばしたい場合におすすめの手法です。

 インプレッション課金
インプレッション課金は、ユーザーに広告が1,000回表示されるたびに費用が発生する課金方式です。他の方式に比べた際に、もっとも低単価で最大数のユーザーへリーチが可能です。商品やサービス、アカウント自体の認知度向上を狙いたい場合におすすめの手法です。

なお、リーチ数とインプレッション数は別物ですので、混同しないように注意しましょう。

  • リーチ数:同一ユーザーが1日に該当広告を見た回数(最大数は1日1回)
  • インプレッション数:広告が表示された回数

例えば、同じユーザーがある日に同じプロモツイートを4回見た場合、リーチ数は1、インプレッション数は4となります。

 エンゲージメント課金
エンゲージメント課金は、各ユーザーとの初回接触時に費用が発生する課金方式です。ツイートに対してのエンゲージメント(ツイートへのクリックやリツイート、いいね!など)を増加させたい場合におすすめの方法です。

ブランド認知の拡大や情報の拡散をしたい場合に向いています。

 アプリインストール/アプリクリック課金
アプリインストール/アプリクリック課金は、アプリクリックやアプリインストールを目的とした課金方式です。それぞれの違いは下記のとおりです。

  • アプリインストール課金:アプリのクリック数またはインストール数単位で課金
  • アプリクリック課金:アプリのクリック数単位で課金

アプリインストール課金は、アプリをまだダウンロードしていないユーザーに、広告を出稿したい場合におすすめの方法です。一方アプリクリック課金は、既にアプリをダウンロードしているユーザーに向けて広告を出稿したい場合に適しています。

 再生数課金
再生数課金は、Twitter上に投稿された動画が再生されるたびに費用が発生する課金方式です。動画はスクロール時に自動再生されるため、ユーザーのタップやクリックを獲得しやすい仕組みとなっています。

広告に貼り付けた動画や、GIF画像の再生回数を増加させたい場合に、おすすめの方法です。

Twitter広告が効果を発揮するシーン

上述したとおり、Twitter広告は多数のインプレッションの獲得に長けています。このため、自社製品やサービスを多数のユーザーに認知してもらいたい場合に、特に効果を発揮します。実例を挙げてみましょう。

ロッテ雪見だいふくの公式アカウントが2021年9月9日から「雪見だいふく40周年記念Twitterキャンペーン」を開催しました。フォロー&RTを目的とした当キャンペーン。開催からわずか1日後の2021年9月10日時点で、ユーザーから4,200件を超えるいいね!、1,600件を超えるRT、218件のリプライを獲得しています。

このように、ユーザーにとってキャッチーさのある内容で広告の出稿をし、ユーザーに拡散されれば、短期間で膨大な数のユーザーにアプローチできます。このため、自社製品やサービスを多数のユーザーに認知してもらいたい場合に、Twitter広告はその真価を発揮するのです。

 

Twitter広告のクリック単価や入札単価の費用相場、仕組みについて詳しく解説

Twitter広告のクリック単価や入札単価の費用相場、仕組みについて詳しく解説

この章では、Twitter広告のクリック単価や入札単価の費用相場、仕組みについて見ていきましょう。

そもそも、クリック単価(CPC)とは?

クリック単価(CPC)とは、Twitter広告において1クリックされるにあたって生じた費用を指し、CPC(Cost Per Click)と表記されます。なおCost Per Clickとは、日本語で「1クリックあたりに必要となる費用」を意味します。

 クリック単価(CPC)とインプレッション単価(CPM)の違い

クリック単価(CPC)は、広告が1クリックされるのに生じた費用を指します。一方インプレッション単価(CPM)は、広告が1,000回表示されるのにかかった費用を意味しています。

Twitter広告のクリック単価(CPC)はどうやって決まる?

Twitter広告のクリック単価(CPC)は、下記の計算式によって決まります。

クリック単価(CPC)=広告掲載費÷クリック数

例えば、広告掲載費用が20万円、クリック数が1,200回だったとしましょう。この場合は次のとおりです。

CPC=200,000÷1,200=166円

Twitter広告のクリック単価は、オークション形式によって決定されます。このためある広告枠において、競合との競り合いの影響を受け、CPCが大きく変動します。

Twitter広告の平均クリック単価(CPC)と他媒体との比較

Twitter広告の平均クリック単価(CPC)は、おおむね下記のとおりです。

Twitter広告の平均クリック単価=36円

出典:2021 Social Media Benchmarks Facebook| Instagram |Twitter – Statusbrew

【参考】他のSNS広告の平均クリック単価(CPC)

他のSNS広告の平均クリック単価(CPC)は、おおむね下記のとおりです。

  • Facebook広告:100円
  • Instagram広告:40円~100円
  • LINE広告:24円~200円

なおこれらは業界業種や商材、ターゲット、広告設定によって左右されますので、およその目安として捉えてください。Twitter広告ではおよそ36円ですので、Twitter広告は他のSNSに比べCPCが安価となっています。

実際にどれくらいクリックされる?Twitter広告の平均クリック数やクリック率

Twitter広告において、「平均クリック数」という概念は存在しません。クリック数は広告費次第です。広告費が増えれば増えるほど、より多くのユーザーにクリックしてもらえるようになります。

Twitter広告の平均クリック率については、おおむね下記のとおりです。

Twitter広告の平均クリック率=1.55%

出典:2021 Social Media Benchmarks Facebook| Instagram |Twitter – Statusbrew

クリック単価と共にチェックしたい「入札単価」とは?

「入札単価」とは、広告を出稿するにあたって必要となる費用を意味します。例えばクリック課金なら、1クリックされるにあたって生じる費用が、これに該当します。なお入札はオークション形式となっているため、必ずしも希望した金額で広告費用が決まるわけではありません。

競合や広告の品質なども入札単価に影響を与えます。

Twitter広告の入札単価の特徴

Twitter広告の各手法の平均入札単価は、下記のとおりです。

  • クリック課金:1クリックにつき24円~200円
  • フォロー課金:1フォローにつき40~100円
  • インプレッション課金:1,000インプレッションにつき400円~650円
  • エンゲージメント課金:1エンゲージメントにつき40~100円
  • アプリインストール/アプリクリック課金:1インストールにつき100~250円
  • 再生数課金:1再生につき5~20円

なおTwitter広告には、3種類の入札方法があります。ここからは、これらについて見ていきましょう。

  • 自動入札
  • 上限入札単価
  • 目標入札単価

 自動入札

自動入札では、細やかな設定をする必要がありません。Twitter社が開発したアルゴリズムをもとに、費用対効果が最大化されるように入札が行われます。

 上限入札単価

上限入札単価では、広告のクリックなどユーザーのアクションごとに、入札額の上限を広告主自身で設定できます。推奨入札額が表示されるため、ある程度はTwitter社(機械)からのサポートを受けられますが、基本的に広告主自身で細かく入札単価の管理をする方法です。

 目標入札単価

目標入札単価でも上限入札単価と同様に、ユーザーのアクションごとに入札設定が可能です。目標入札単価の上限入札単価と違う点は、「上限」ではなく、あくまでも「目標(目安)」である点です。

各アクションの設定をし、1日の合計支払い金額が決まった後に、各アクションの平均額が算出されます。1回あたりの入札金額は、この平均額を目安に入札される仕組みとなります。

Twitter広告の費用をシミュレーションして計算する方法

Twitter広告の費用を事前に掴むために役立つ、シミュレーション方法をご紹介します。Twitter広告の費用は、広告目標からの逆算により算出できます。例えば、1人あたり50円で月間10,000人をサイトに誘導したい場合で、シミュレーションをしてみましょう。

Twitter広告の費用=50×10,000=500,000円

この場合、上記のとおり、費用は単純計算で500,000円となります。このように、「1人あたりいくらで」「どのくらいの人数を集客したいのか」を決定し、それをもとに計算することによって、Twitter広告の費用を事前に算出できます。

※参考:Twitterの費用について詳しく解説した記事はこちら
関連記事

Twitter広告は、SNS広告の中でもユーザーによる拡散効果が期待できる、費用対効果の高い広告です。そのため、コンバージョン獲得以外に、商品の認知向上やブランディング効果を目的としたマーケティングにおいて、利用されることが多くなっています[…]

Twitter広告の費用がまるわかり!課金形態や費用相場、代理店手数料まで詳しく解説

Twitter広告のクリック単価(CPC)が高騰してしまう主な3つの原因

Twitter広告のクリック単価(CPC)が高騰してしまう主な3つの原因

Twitter広告のクリック単価(CPC)が高騰してしまう原因としては、下記の3点が考えられます。

  1. 広告の品質が低い
  2. 競合が多い領域で出稿している
  3. 手動での入札に失敗している

原因1:広告の品質が低い

広告の品質の低さは、クリック単価(CPC)高騰の原因となります。前の章で解説したとおり、Twitterはオークション形式を採用しており、最終的な入札価格はさまざまな要素によって左右されるものです。

その価格を決定する要素として、広告の質も関連があると公式HPでTwitter社は明記しています。

従来のオークションとは異なり、Twitterの広告オーディションでは広告主様が支払う価格だけではなく、広告の品質も考慮されます。

引用元:Twitter公式

原因2:競合が多い領域で出稿している

競合が多い領域での出稿は、クリック単価(CPC)高騰の原因となります。競合が多ければ多いほど、オークションでの競い合いは激しくなるものです。同じ広告枠を競い合っている他社が、自社よりも高い金額で入札した場合、自社はそれよりも高い金額で入札しなければいけません。その結果、CPCは高騰します。

原因3:手動での入札に失敗している

手動での入札に失敗している場合も、クリック単価(CPC)高騰の原因となります。上限入札単価や目標入札単価では、機械が最適値を計算してくれる自動入札とは異なり、広告主自身で細かく入札設定を管理しなければいけません。

これには、ある程度の知見と専門性が必要です。それらが欠けている状態で手動入札をしている場合、不必要に高い値段で入札してしまい、CPCを高騰させる可能性があります。

 

Twitter広告のクリック単価(CPC)を抑えつつ効果を最大化する5つのTIPS

Twitter広告のクリック単価(CPC)を抑えつつ効果を最大化する5つのTIPS

Twitter広告のクリック単価(CPC)を抑えつつ効果を最大化する方法は、下記の5つです。

  1. 共感度を上げる
  2. 関連性を意識する
  3. リーセンシーを意識する
  4. 競合が多すぎる領域を避ける
  5. 自動入札をする

1.共感度を上げる

出稿広告の共感度を上げましょう。共感度は、Twitter社が公式に提唱する「広告品質スコア」の決定要因の1つです。ユーザーの広告への反応度合いが審査対象となります。このため広告出稿をするにあたり、想定しているターゲット・ペルソナから共感の得られる(多くのクリックやいいね!などが得られる)広告を事前に作成しておくことが重要です。

2.関連性を意識する

出稿広告と出稿領域の関連性を意識しましょう。こちらもTwitter社が提供する「広告品質スコア」の決定要因の1つです。出稿する広告の内容が、対象とするユーザーの興味関心に合っているかが審査されます。

このため自社が投稿する内容と出稿する領域の関連性を、適切に一致させましょう。

3.リーセンシーを意識する

出稿広告のリーセンシーを意識しましょう。こちらもTwitter社が提供する「広告品質スコア」の決定要因の1つです。リーセンシーとは、「新しさ」を意味します。Twitterで話題になっている内容と関連性の高い広告内容にすれば、このリーセンシーのスコアを高められます。

ユーザーや世間の動向を意識し、トレンド性のある広告を出稿していきましょう。

4.競合が多すぎる領域を避ける

競合が多すぎる領域を避けましょう。資金に十分な余裕がない場合は、激戦区から身を引くことが大切です。潤沢な資金を持つ大企業を相手に、中小零細企業が同じ領域で競い合うのは得策ではありません。

5.自動入札をする

「自動入札」で広告を入札しましょう。手動入札は、うまくいけば自動入札以上のコストパフォーマンスを発揮できる可能性があります。しかし知見が浅い状態では、リスクがある入札方法です。

一方自動入札は、初心者向けではありますが、費用対効果の悪い手法ではありません。Twitterに蓄積された膨大なデータをもとに最適値で入札してくれるため、ある程度のコストパフォーマンスは担保されています。

 

費用対効果を最大化するならTwitter広告に強みを持つ代理店利用もおすすめ!

費用対効果を最大化するならTwitter広告に強みを持つ代理店利用もおすすめ!

ここからは、Twitter広告の費用対効果を最大化するうえで役立つ、Twitter広告代理店についてご紹介します。

Twitter広告の運用を代理店に依頼する3つのメリット

Twitter広告の運用を代理店に依頼するメリットは、下記の3つです。

  1. ノウハウが豊富なプロに運用をしてもらえる
  2. リソースに余裕がなくても高品質な運用を行える
  3. 認定代理店制度により、安心して任せられる

 ノウハウが豊富なプロに運用をしてもらえる

代理店に依頼をすれば、ノウハウが豊富なプロにTwitter広告の運用をしてもらえます。このため、たとえ自社にTwitter広告運用の知見がまったくない場合でも、問題なく運用を行えます。

またTwitter広告は、変化の激しい領域です。これにより常に最新の情勢に対応していく必要があります。自社でこれに対応するのは困難でしょう。しかし代理店であれば、最新情報の知見が深く、柔軟に対処してくれます。

このように、変化に左右されず、安定した成果を出せるのも代理店利用のメリットです。

 リソースに余裕がなくても高品質な運用を行える

代理店への依頼により、時間や人材などのリソースに余裕がなくても高品質な運用を行えます。上述した項目では、「ノウハウが浅くても問題がない」とのお話をしました。しかし実際問題として、時間や人材などその他の懸念点も山積みかと思われます。

代理店に運用を任せれば、定期的な打ち合わせや結果報告などを除く、大部分の運用業務を代行してもらえます。このため、時間や人材などのリソースに余裕がなくても、本格的なTwitterの広告運用が可能です。

 認定代理店制度により、安心して任せられる

代理店がHPなどで謳う宣伝文句を、あまり信用できない方もいらっしゃるかもしれません。その場合には、Twitter社が正式に認定した代理店に依頼をすれば、Twitter社に広告運用の品質が認められた代理店に運用をしてもらえます。

弊社ではTwitter広告の豊富な販売実績・運用経験を持つ広告会社・代理店に対して、規定の基準を満たした場合に限りTwitter広告認定代理店として公式に認定しています。

引用元:Twitter公式

これにより、代理店の利用が不安な方も安心してTwitterの広告運用を任せられます。

代理店の利用はこんな人に特におすすめ!

上述した内容をまとめると、Twitter広告運用の代理店は下記のような方におすすめです。

  • 高品質なTwitter広告運用を行いたい方
  • リソースに余裕がない方

また一般的な代理店に不安がある方には、Twitter広告認定の代理店へのご依頼がおすすめとなります。

 

Twitter広告の運用を代理店に依頼する際の費用

ここからは、実際にTwitter広告の運用を代理店に依頼したい方に向け、下記について詳しく解説します。

  • 費用構造
  • 相場
  • 手数料を抑えるポイント

広告代理店を利用してTwitter広告を運用する場合の費用の構造

広告代理店を利用してTwitter広告を運用する場合には、下記3種類の費用がかかります。

  • 広告費:自社がTwitterで広告運用する際に必要な費用
  • 手数料:代理店へ支払うもの
  • 初期費用:代理店へ支払うもの

上記のうち自社での広告費は必須となりますが、それに加えて「手数料」のみが加算されるのか、「手数料+初期費用」が加算されるのかは、各代理店のプランによって異なります。

広告代理店を利用してTwitter広告を運用する場合の費用の相場

広告代理店を利用してTwitter広告を運用する際の費用の相場は、おおむね下記のとおりです。

  • 手数料:自社で使った広告費の20%(毎月)、もしくは代理店指定の金額(毎月)
  • 初期費用:0円~5万円程度

手数料の具体例としては、自社の広告費用が月額20万円であれば、そのうちの20%(4万円)が手数料となります。

この場合の計算式:200,000+40,000=240,000円(月額)

またこれに初期費用が5万円かかるとしましょう。この場合は、初月にのみ5万円の支払いが発生します。なお代理店が「手数料:月額5万円」と金額を指定している場合については、「広告費の○%」を支払う必要はありません。

その指定金額が毎月の手数料となります。

代理店を利用する場合に手数料を抑えるポイント

代理店を利用する際に、手数料を抑えるポイントは、下記の2つです。

  • 実力のある代理店へ依頼
  • 契約費が安い代理店へ依頼

実力のある代理店へ依頼すれば、契約費用がかさむかもしれません。しかし、しっかりと成果(利益)を出してくれるため、結果的に手元に残るお金が大きくなります。またシンプルに契約費が安い代理店へ依頼するのもおすすめです。

運用実績がまだ少ない代理店の場合、相場で値付けをしても売れない可能性があるため、相場以下の費用で依頼できるところもあります。

 

費用を抑えたTwitter広告運用が実現できるおすすめ代理店3選

この章では、費用を抑えたTwitter広告運用が実現できる代理店を3社ご紹介します。契約費用が安い代理店、実力のある代理店をピックアップしました。

Catwork株式会社

Catwork株式会社のHP画像

引用元:Catwork株式会社

こんな方におすすめ

費用を抑えたい方

 Catwork株式会社の強み

Catwork株式会社は、WEB広告全般の運用代行やホームページ制作、SEO対策などを専門に請け負う広告代理店です。同社の強みは、相場よりも運用依頼料が安価な点です。初期費用が3万円で、運用手数料が1万円となっています。

例えば広告費が10万円であれば、下記の料金で依頼が可能です。

依頼料:30,000+10,000+100,000=140,000円

このように、小規模の費用で依頼できる点が同社の強みです。なお安価なだけではありません。WEBサイト上でTwitter広告運用のノウハウが公開されており、十分な知見を有していることがうかがえます。

Catwork株式会社の概要

・料金体系:初期費用3万円。運用手数料1万円
・対応可能な媒体:Google広告/Yahoo!広告/Facebook広告/Twitter広告/Instagram広告/LINE広告/YouTube広告/Indeed広告
・会社名:Catwork株式会社
・本社所在地:〒468-0073 愛知県名古屋市天白区塩釜口2-1509
・URL:https://ppc.homepage-make.jp/

株式会社グラッドキューブ

株式会社グラッドキューブのHP画像

引用元:株式会社グラッドキューブ 

こんな方におすすめ

WEB広告での幅広い知見を持った代理店に依頼したい方

 株式会社グラッドキューブの強み

株式会社グラッドキューブは、WEB広告運用を専門に事業を展開する、広告運用のエキスパートです。リスティング広告にてGoogle Premier Partner認定。Facebookでは、Facebook Business Partners認定。そしてTwitter広告では、Twitter広告正規代理店に認定をされるなど、各SNS本社からの信頼が厚い代理店です。

Twitter広告運用の宣伝ページでは、「Twitter広告以外のさまざまな広告媒体も利用して売上を上げるサポートをします。」と宣言がしてあります。このことからTwitterにこだわりすぎず、貴社の事業で成果を出すことを見据えた、本質的な助言・運用をしてもらえることが期待されます。

株式会社グラッドキューブの概要

・料金体系:月間広告費の20%
・対応可能な媒体:Google広告/Yahoo! 広告/Facebook広告/Instagram広告/Twitter広告 /YouTube広告/LINE広告/Amazon広告/アプリ広告
・会社名:株式会社グラッドキューブ
・本社所在地:〒541-0048 大阪府大阪市中央区瓦町2-4-7 新瓦町ビル8F
・URL:https://corp.glad-cube.com/

アナグラム株式会社

アナグラム株式会社のHP画像

引用元:アナグラム株式会社

こんな方におすすめ

Twitter広告の正規認定代理店に依頼したい方

 アナグラム株式会社の強み

アナグラム株式会社は、リスティング広告やTwitter広告など運用型広告の運用代行やコンサルティングを行っている広告代理店です。同社の強みは、Twitter広告の正規認定代理店である点です。

Twitter社から正式にTwitter広告運用の知識や実績が認められており、その品質が担保されています。また、ファッション・美容や飲料・食品、各種ECサイトと幅広い業界・業種に対応しており、貴社の事業に寄り添った運用代行が期待されます。

アナグラム株式会社の概要

・料金体系:月間広告費の20%(※取り扱う業種やタスクのボリュームなどによって変動)
・対応可能な媒体:Google広告/Facebook広告/Instagram広告/Twitter広告運用/Criteo(クリテオ)/LINE広告/Amazon広告/アプリ広告
・会社名:アナグラム株式会社
・本社所在地:〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4丁目4-4 フィールド北参道 1F・2F (受付:1F)
・URL:https://anagrams.jp/

※参考:Twitter広告運用代行におすすめの代理店について詳しく解説した記事はこちら
関連記事

SNSの中でも特にユーザー数が多いTwitter(ツイッター)は、個人だけでなく法人(企業)アカウントによっても、国内外への情報発信に利用されています。そのため企業のPRや新商品・サービスリリースはもちろん、広告を配信するのにも適していると[…]

Twitter広告運用代行おすすめ代理店9選と上手な選び方

Twitter広告の効果検証におすすめのツール

最後にTwitter広告運用の効果検証におすすめの、広告レポート自動化ツールを紹介します。Twitter広告のCPC改善には、効果検証にもとづいた改善策が必要です。

Databeat Explore

Databeat Exploreは、広告運用に必要なデータの抽出・更新・集計・可視化を行うツールです。当ツールの活用により、Twitter広告運用の質を高められ、業務をスムーズにこなせるようになります。

Twitter広告運用における「Databeat Explore」の3つの活用ポイント

Twitter広告を運用するうえで役立つ、Databeat Exploreの活用ポイントを3つご紹介します。

  1. データの一元管理ができる
  2. 最新のデータをすぐに確認できる
  3. 柔軟なレポート出力ができる

 データの一元管理ができる

Databeat Exploreでは、データの一元管理が可能です。SNSやGoogleなどで運用中の自社広告データや競合のデータを、ワンストップで集計・蓄積できます。これにより、データの保管場所ごとに面倒なログインをする必要がなく、業務の手間を削減できます。

なおデータの一元管理は、他サービスと機能を連携できる仕組みであるAPIの採用によって実現しました。

 柔軟なレポート出力ができる

Databeat Exploreでは、柔軟なレポート出力が可能です。現在貴社で使用中のツールやデータの集計方法に合わせてデータ出力ができるため、Databeat Exploreの導入にあたって、データ集計の環境を大幅に変更する必要はありません。

なお集計したデータは、ExcelやGoogle Data Potal、BIツール、Google Analyticsなどのツールへの出力にも対応しています。

 最新のデータをすぐに確認できる

Databeat Exploreでは、最新のデータをすぐに確認できます。データの更新状態が遅い場合、必要なタイミングで即座にデータ分析を行えません。これでは、運用の実行・改善スピードが遅れてしまうでしょう。

しかしDatabeat Exploreでは、最新のデータをすぐに確認できるため、こういった心配がありません。自社での分析や他社との打ち合わせなどをスムーズに行え、これまでよりも業務を速くこなせるようになります。

 

まとめ

ここまで、Twitter広告の基礎からクリック課金(CPC課金)・クリック単価(CPC)の概要・発展編まで、詳しく解説してきました。CPC課金でのTwitter広告運用をする場合には、当記事の内容をぜひご実践ください。

CPC高騰の原因や高騰時の対処法を押さえ、必要な際には代理店に依頼をすれば、コストパフォーマンス高くTwitter広告を運用していけます。

Googleデータポータルを活用して分析業務を効率化するツール
DatabeatExplore

こんな方にオススメ

・広告数字の集計が大変

GAと広告数字を同時に集計したい

・人力レポートではミスが発生する

Googleデータポータルを活用したい

Twitter広告のクリック単価(CPC)を詳しく解説!費用相場や高騰する原因、CPCを抑える方法などをご紹介
最新情報をチェックしよう!
>広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

Databeat Exploreは、WEB広告データの見える化を実現するサービスです。
様々な広告データを抽出・統合・一元化し、見たいデータを見たい時に見たい場所で見ることができます。

CTR IMG