LINE広告のシミュレーション作成ガイド!費用と効果の予測方法や費用対効果の高め方を詳しく解説

LINE広告のシミュレーション作成ガイド!費用と効果の予測方法や費用対効果の高め方を詳しく解説

LINE広告は他SNS広告に比べて、幅広いターゲットにリーチできる運用型広告のため、広告出稿を検討する企業も多いのではないでしょうか。しかし、比較的新しい媒体となるため、どれくらいのパフォーマンスが見込めるか事前に予測したいという方も多いかと思います。

そんな方におすすめなのが「LINE広告のシミュレーション」です。シミュレーションを活用すると、広告出稿前にパフォーマンスが予測できます。本記事では、広告担当者様へ向けてLINE広告の「シミュレーションの定義」「作成方法」「運用結果との比較方法」「代理店」について解説しています。

目次

LINE広告のシミュレーションに関する基礎知識

LINE広告のシミュレーションに関する基礎知識について解説します。「シミュレーションの定義」「シミュレーションを作成する重要性」「シミュレーションを作成するおすすめのタイミング」について理解しましょう。

LINE広告のシミュレーションとは?

LINE広告のシミュレーションとは?

引用:LINE Ads

LINE広告のシミュレーションとは、広告パフォーマンスを事前に確認できる機能です。予算やターゲットなどの必要事項を入力すると、どれくらいのユーザーにリーチできて、どれくらいクリックされるかを事前に予測できます。

そのため、初めてLINE広告を出稿する方や、予算感を把握したい方向けの機能といえます。LINE広告のシミュレーションは、管理画面でキャンペーンを作成するときに利用できる機能です。シミュレーション用にツールを用意する必要もないので、気軽に利用できるのも特徴です。

LINE広告でシミュレーションを作成する重要性

LINE広告でシミュレーションを作成する重要性は下記3つです。

  1. 予算感を把握できる
  2. 広告媒体の選定に役立つ
  3. キャンペーンの目標となる

 1.予算感を把握できる

LINE広告でシミュレーションを作成すると、予算感を把握できます。シミュレーションでは「リーチ」「クリック」を事前に予測可能です。例えば自社の目的が「トラフィック獲得」であれば、一日にどれくらいの予算を投入すれば「何件のトラフィックを獲得できるか」が予測できるということです。

トラフィック獲得の目標数から予算を逆算すれば、自社の広告予算の参考になります。

※参考:LINE広告の費用について詳しく解説した記事はこちら
関連記事

LINE広告は、SNS広告の中でもユーザー数が多く、高い効果が期待できる広告のひとつです。しかし、実際に運用するためには必要な費用についても正しく理解しておかなくてはなりません。 また、自社でLINE広告の運用が難しい場合は、代理店へ[…]

LINE広告の費用がまるわかり!課金形態や費用相場、代理店手数料まで詳しく解説

 2.広告媒体の選定に役立つ

LINE広告でのシミュレーション作成は、広告媒体選定に役立ちます。シミュレーションでは、入力したターゲットを基にパフォーマンス結果が表示されるため、LINE広告が自社に合った媒体なのかを判断するにも役立ちます。

例えば「認知」を目的としたキャンペーン作成を検討しているとします。シミュレーションにて自社のメインターゲットの「推定オーディンスサイズ」が少ない場合は、LINE広告出稿が向いていない可能性があると判断できます。

別広告媒体のシミュレーションと比較し、自社のメインターゲットにより多くリーチできる媒体を選定すれば、効率の良い広告媒体を探すことができます。

 3.キャンペーンの目標となる

LINE広告のシミュレーション結果は、キャンペーンの目標にもなります。例えば、シミュレーション結果を参考に目標を設定し、その結果を下回った指標があれば、PDCAを回します。これを繰り返すことで、成果の見込める広告運用が実現できます。

LINE広告のシミュレーションを作成するおすすめのタイミング

LINE広告のシミュレーションを作成するおすすめのタイミングは、下記3つです。

 1.はじめて広告出稿するとき

はじめて広告出稿するときにシミュレーション作成はおすすめです。運用型広告初心者はもちろんですが、別媒体で広告出稿経験があっても、LINE広告の費用感を把握していない場合は、シミュレーションで費用感を確認しましょう。

費用感を事前に確認できれば、社内で予算申請するときのデータとしても役立ちます。

 2.新規キャンペーンの立ち上げ時

新規キャンペーンの立ち上げ時もおすすめのタイミングです。シミュレーションでは、これから立ち上げるキャンペーンにどれくらい予算がかかるかを予測できます。

キャンペーン立ち上げ時に予算把握ができれば、今後の入札単価調整にも役立つ情報となります。

 3.最適な予算やターゲットを知りたいとき

広告運用初心者では、最適な予算やターゲットを判断するのは難しいので、最適な予算やターゲットを知りたいときにも、シミュレーション作成はおすすめです。

ただしシミュレーションでは、入力した情報がすぐに予測として反映されるので、自社で入力した予算が的確なのかを理解できます。

 

LINE広告のシミュレーションで確認できる主な指標

LINE広告のシミュレーションで確認できる主な指標

シミュレーションでは「リーチ数」「クリック数」の指標が確認できます。これらの指標は「上限CPC」「1日の予算」の設定によって自動的に試算され変化すると覚えておきましょう。「リーチ数」「クリック数」の定義と重要性について紹介します。

指標1.リーチ数

リーチ数は、LINE広告を閲覧したユーザー数です。インプレッションと混同しやすいので注意が必要です。インプレッションは、広告が表示された回数となります。1人のユーザーに対して、同じ広告が3回表示された場合は「リーチ数=1」「インプレッション=3」となります。

 この指標が重要である理由

リーチ数は、シミュレーションの中でも最も重要な指標です。どんなに優れたクリエイティブでも、リーチ数が少ない場合、パフォーマンスはほとんど見込めないためです。

シミュレーションでは、予算が少ないとリーチが制限されるので、一定のリーチが見込める費用をシミュレーションで確認する必要があります。

指標2.クリック数

クリック数は、広告がクリックされた回数です。LINE広告の平均クリック率は「0.3~1.5%」と言われています。「広告クリック=LPへの誘導」となるため、コンバージョンやトラフィック獲得を目的としたキャンペーン出稿では重要な指標です。

 この指標が重要である理由

クリック数は、広告出稿の効果を予測するためにも重要な指標です。クリック数を予測できれば、詳細なパフォーマンス予測も実現できます。例えば、シミュレーション結果のクリック数が1日で約100件だったと仮定しましょう。

LINE広告の平均コンバージョンは「1%~2%」なので、最低でも100人のユーザーをLPに誘導して、その内1人がコンバージョンを達成すると予測できます。

 

LINE広告のシミュレーション作成手順全体像

LINE広告のシミュレーション作成手順全体像

LINE広告シミュレーション手順の全体像について、概要は下記の通りです。

  1. シミュレーションの準備
  2. シミュレーションを作成
  3. 運用結果とシミュレーションを比較・分析する

STEP1.シミュレーションの準備

シミュレーションの準備では、「広告の目的」「ターゲティングや配信面」「目標値」等を事前に準備します。これらを具体的に設定するほど、シミュレーション精度は向上するので、時間をかけて準備しましょう。

STEP2.シミュレーションを作成

LINE広告の管理画面からシミュレーションを作成します。実際の広告出稿と同じ手順になるため、クリエイティブも必要です。

STEP3.運用結果とシミュレーションを比較・分析する

広告出稿後、運用結果とシミュレーションを比較・分析します。

 

LINE広告のシミュレーションの準備

シミュレーションの準備は下記手順で実行します。

  1. 広告の目的を決める
  2. ターゲティングや配信面を決める
  3. 目標値を決める

手順1.広告の目的を決める

はじめに広告出稿の目的を決めます。「トラフィック獲得」「認知」「ウェブサイトコンバージョン」など、自社が達成したい目的を事前に決めてください。広告出稿の目的は、シミュレーション作成時に必ず必要な項目となります。

手順2.ターゲティングや配信面を決める

目的が明確になったら、次にターゲティングや配信面を決めます。LINE広告は幅広いユーザー層にアプローチできる運用型広告ですが、メインユーザー層は配信面によって、多少の違いがあります。詳細は下記の通りです。

代表的な配信面 ユーザー層の特徴
LINE News 20代~40代
タイムライン 女性ユーザーが多い
LINEマンガ 10代~30代
LINE BLOG ユーザー全体の7割が女性
LINEポイント 40代~50代
LINEウォレット 10代~50代
LINEチラシ 主婦層が多い
LINEショッピング 20代~30代の女性

上記を参考に、自社のメインターゲットの利用が多い配信面を選択しましょう。

※参考:LINE広告の種類や配信面について詳しく解説した記事はこちら
関連記事

本記事では、LINE広告出稿ガイドを初心者向けに解説しています。LINE広告はコミニケーションツールのライン上に広告出稿できるサービスです。 多くのユーザーにリーチが可能となるため人気を集めている広告媒体ですが、LINE広告をはじめる[…]

LINE広告出稿入門ガイド!種類、費用などの特徴から各種設定方法までわかりやすく解説

手順3.目標値を決める

最後に目標を決めます。目標はできるだけ具体的な数値に設定しましょう。「トラフィックを月に1,000件獲得する」「コンバージョンを月に100件獲得する」など具体的にすれば、広告分析の時に比較がしやすくなるためです。

LINE広告のシミュレーションの準備の注意点

広告の目標値に関しては、この段階で無理して設定する必要はありません。特に広告運用初心者の場合は、どれくらいの目標を設定して良いかの目安が分からないと思います。現実的ではない目標値は、逆に広告パフォーマンスの低下にも繋がります。

シミュレーションの結果から具体的な目標値を設定できるので、現時点では「広告の目的」「ターゲティングや配信面」に合わせて、どれくらいの予算をLINE広告に投入できるかを明確にしておきましょう。

 

LINE広告のシミュレーションを作成する方法

LINE広告のシミュレーションを作成する手順は下記の通りです。下記手順に沿ってシミュレーションを作成してみましょう。

参考:パフォーマンスシミュレーターとは?

LINE広告のシミュレーションとは?

引用:LINE Ads

パフォーマンスシミュレーターは、LINE広告のキャンペーン作成時に利用できるツールです。広告作成に必要なデータを入力すると「上限CPC」「1日の予算」を基にして、推定オーディエンスと推定パフォーマンスを表示できます。

手順1.キャンペーン作成

手順1.キャンペーン作成

引用:LINE Ads

LINE広告マネージャーから新しいキャンペーンを作成します。「目的」「基本情報」「掲載期間」を入力して広告グループを作成してください。

手順2.広告グループ作成

手順2.広告グループ作成

引用:LINE Ads

広告グループでは「入札単価情報」や「1日の予算」を入力します。1日の推定パフォーマンスに関しては「1日の予算」「上限CPC」を入力しないと反映されないので、注意が必要です。

手順3.完了

手順3.完了

引用:LINE Ads

上記画像のように、1日の推定パフォーマンスが表示されれば完了です。

【参考】LINE広告の費用を予測したい場合のシミュレーション活用方法

LINE広告の費用を予測したい場合の、シミュレーション活用方法を紹介します。シミュレーションでは、一日の予算に対してのクリック数やリーチ数が表示されます。

手順3.完了

引用:LINE Ads

上記のトラフィック獲得を目的としたケースで考えてみましょう。パフォーマンスに問題がなければ、下記計算式で予算を予測できます。

入力した一日の予算×30(1か月の日数)=1か月の予算

ただし、クリック数に「60~179」と大きな差があるため、正確な予算とは言えないでしょう。さらに詳細な1か月の予算を算出するのであれば、クリック数「60~179」から1日のトラフィック獲得目標数を決めてください。仮に1日のトラフィック獲得数100件を目標とします。

次に、LINE広告クリック単価を確認しましょう。手動入札の場合、入札単価は24円~200円程度と言われています。これを基に予算を計算します。

  • 100件(1日に必要なトラフィック数)×24円(最低入札単価)=2,400円(1日の最低予算)
  • 100件(1日に必要なトラフィック数)×200(最低入札単価)=20,000円(1日の最高予算)

これにより、トラフィックを1日に100件獲得するには「2,400円~20,000円」の費用がかかると予測できます。あとは、1か月の日数を掛ければ、1か月あたりの最低予算と最高予算を把握できます。

【参考】LINE広告の効果を予測したい場合のシミュレーション活用方法

LINE広告の効果を予測したい場合も、先ほど紹介した「LINE広告の費用を予測したい場合のシミュレーション活用方法」と考え方は同じです。

1日の目標値を、シミュレーションのデータから選定します。先ほど同様、トラフィック獲得100件を1日の目標値とするのであれば、これに1か月の日数を掛ければ月の目標となります。

これを、自社の目標として、広告出稿後のパフォーマンスと比較してみましょう。

LINE広告のシミュレーションを作成する際の注意点

LINE広告のシミュレーション結果には、クリエイティブの内容やLPの情報は加味されていないので注意が必要です。これはシミュレーション結果がいくら良くても、最適なクリエイティブやLPでないとシミュレーション通りの結果は得られないということです。

 

運用結果とシミュレーションを比較・分析する方法

運用結果とシミュレーションを比較・分析する方法

運用結果とシミュレーションを比較・分析する方法の手順は下記の通りです。

手順1.運用結果と事前に作成したシミュレーションの数値を比較

シミュレーションの数値と広告パフォーマンスを比較します。シミュレーションでクリック数「60~179」と表示されていたのであれば、実際の広告運用でこれに近いクリック数が獲得できているかを確認するということです。

手順2.シミュレーションを下回った指標のPDCAを回す

シミュレーションの数値を大きく下回った場合は、指標のPDCAを回します。クリック数が想定より悪かった場合の考え方を紹介します。

【参考】クリック数が想定より悪かった場合のPDCAの考え方

 PLAN.クリック数改善の計画を立てる

はじめに、クリック数が悪かった原因を追求して、改善のための計画を立てます。クリック数が低い原因は「リーチが足りない」「ターゲットのズレ」「クリエイティブ」などさまざまです。

まずは、他の指標も併せて分析しながら、クリック数が低い原因を特定してください。ただし、クリック数が低い原因は1つとは限らないので、複数の原因があればそれぞれをリストアップします。

その後、各原因を改善するための改善策を考えます。

クリック数が低い原因 改善策
リーチが足りない 1日の予算または上限CPCを上げる
ターゲットのズレ ターゲットを変更、または広くする
クリエイティブ 広告文を変更する

上記のように、原因ごとの改善策をまとめてみましょう。

 DO.クリック数改善の計画を実行

PLANで計画したクリック数改善の計画を実行します。PLANで判明した原因が複数だった場合、すべての計画を一度に実行しないよう注意してください。

今回の例であれば「1日の予算または上限CPCを上げる」「ターゲットを広くする」「広告文を変更する」を同時に実行した場合、クリック数は改善できるかもしれませんが、どれが原因だったのか特定できません。

この原因の特定は、今後自社でPDCAを回す上で貴重なデータとなるので、計画は1つずつ実行してください。

 CHECK.達成度を確認

計画の達成度を確認します。「目標が達成できたのか」ではなく「どのくらい目標達成できたのか」を確認するようにしてください。計画を実行し、1日のクリック獲得100件を目標とするのであれば、下記表のように計画別の達成度を記録します。

クリック数が低い原因 改善策 達成度
リーチが足りない 1日の予算または上限CPCを上げる 達成度90%
ターゲットのズレ ターゲットを変更、または広くする 達成度85%
クリエイティブ 広告文を変更する 達成度80%

達成度を記録すると、どの計画が一番有益だったかを把握できます。この達成度を理解しておけば、また同じ課題に直面した時に、達成度の高い計画から実行でき、スムーズにPDCAを回すことができます。

 ACTION.再度計画を練る

クリック数が改善できたのであれば、さらにクリック数を改善するにはどうすれば良いかを計画して、再度PDCAを回します。クリック数が改善できなかった場合は、再度原因を追求し、新しい計画を練る必要があります。

運用結果とシミュレーションを比較・分析する際の注意点

運用結果を分析するときは、根拠のない改善策を考えてはいけません。例えば、クリック数が低いので広告出稿のターゲットを20代男性から30代男性に変更するといった根拠のない改善策は危険ということです。

改善策を考える時は、必ず根拠のある仮説を立てることで、無駄な改善策の実行を削減できます。

 

費用対効果の高いLINE広告運用を実現するための3つのポイント

費用対効果の高いLINE広告運用を実現するための3つのポイント

費用対効果の高いLINE広告運用を実現するための3つのポイントを紹介します。

  1. 自動入札の活用
  2. リターゲティングの活用
  3. 類似オーディエンスの活用

POINT1.自動入札の活用

自動入札を活用すると、費用対効果の高いLINE広告運用を実現できます。自動入札とは、事前に設定したイベント単価や予算内で入札額を自動調整する機能です。

LINE広告では「バランス型」「効率重視型」「予算消化重視型」の入札戦略が用意されているので、自社の最適な戦略を選ぶことで、費用対効果の高い広告運用が実現できます。

※参考:LINE広告の自動入札について詳しく解説した記事はこちら
関連記事

LINE広告では広告主が運用しやすいように、年々プラットフォームが変更されています。その中の1つが自動入札機能です。LINE広告を運用する上で、広告グループごとに入札単価を手動で調整しており、多くのタスクが発生しているお悩みはないでしょうか[…]

LINE広告「自動入札」入門ガイド!入札戦略の種類や上手な選び方、設定方法、運用上のポイントまで詳しく解説

POINT2.リターゲティングの活用

リターゲティングを活用すると、費用対効果の高いLINE広告運用を実現できます。リターゲティングとは、自社のWebサイトの訪問履歴があるユーザーに対して広告配信する機能です。

Webサイトの訪問履歴があるということは、見込み客である可能性が高いため、新規ターゲットに広告配信するよりも、高い費用対効果が期待できます。

※参考:LINE広告のリターゲティング配信について詳しく解説した記事はこちら
関連記事

多くのアクティブユーザーへ広告を配信できるLINE広告は、WEB広告のプラットフォームとして非常に注目が集まっています。 そのLINE広告の費用対効果を高める上で欠かすことができないのが、「リターゲティング」です。 今回こちらの[…]

LINE広告のリターゲティング入門ガイド!効果的なリスト作成から設定手順まで丁寧に解説

POINT3.類似オーディエンスの活用

類似オーディエンスを活用すると、費用対効果の高いLINE広告運用を実現できます。類似オーディエンスとは、コンバージョン済みのユーザーと傾向が似たユーザーをLINE上から見つけて広告配信する機能です。

コンバージョン済みのユーザーと趣味趣向が似たユーザーに的確にアプローチできるので、高い費用対効果が期待できます。類似オーディエンスの濃度は1%~15%まで選択できるので、類似するユーザーが少ない場合でも対応可能です。

 

LINE広告初心者は代理店にシミュレーション、運用依頼するのもおすすめ

LINE広告のシミュレーションは、広告運用の知識も必要となるので、LINE広告初心者は代理店にシミュレーション、運用依頼するのもおすすめです。代理店に依頼するメリットについてみていきましょう。

LINE広告の運用代行を代理店に依頼する3つのメリット

LINE広告を代理店に依頼するメリットは下記の通りです。

  1. 正確なシミュレーションが実現できる
  2. Web施策全体の強化も可能
  3. 最新のアップデート情報を入手できる

 メリット1.正確なシミュレーションが実現できる

代理店に依頼すると、自社で実施するよりも正確なシミュレーションが可能です。LINE広告のシミュレーション作成では「予算」「ターゲット」などの設定が必要です。

自社に合った最適な「予算」「ターゲット」を設定するには、事前の調査や計画が必須となるため、広告運用初心者では、正確なシミュレーション作成ができないリスクがあります。

しかし代理店に依頼すれば、豊富な実績から自社に合った最適なプランを提案してくれるので、正確なシミュレーションが実現できます。

 メリット2.Web施策全体の強化も可能

代理店に依頼すると、Web施策全体の強化も可能です。代理店の中には広告運用だけではなく、LP制作やSNS集客などのWeb施策も同時に依頼できるケースがあります。Web広告以外の集客を検討している方にとっては、Web施策全体を強化できるメリットといえます。

 メリット3.最新のアップデート情報を入手できる

代理店に依頼すると、最新のアップデート情報を入手できるメリットがあります。LINE広告では定期的に仕様変更のアップデートがあり、近年では、日予算最適化がリリースされ、広告グループ単位での予算管理以外にも、キャンペーン単位での自動化が実施可能になりました。

このような広告主にとって有益な情報も、インハウス運用だと常にアンテナを張っていないと入手できませんが、代理店を利用していれば、簡単に担当者から入手できます。

 

LINE広告運用代行に強みをもつおすすめ広告代理店3選

LINE広告運用代行に強みをもつおすすめ広告代理店3選を紹介します。代理店の選定にお悩みの方は下記代理店に相談してみましょう。

株式会社アイレップ

株式会社アイレップ

引用:株式会社アイレップ

こんな方におすすめ!

・複数の広告媒体を運用している
・Webコンサルの相談もしたい

 株式会社アイレップの強み

株式会社アイレップは、広告運用代行やコンサルティング事業を展開する企業です。「動画広告」「ソーシャル広告」「EC広告」「ディスプレイ広告」「リスティング広告」など、各プラットフォームの特性を理解した運用戦略を強みとしています。

LINE広告であれば、他メディアではリーチできない独自ユーザーが多いという特性を活かして「新規ユーザー獲得による顧客の事業拡大」を実現します。

株式会社アイレップには「実績に基づいたストラクチャ設計」「動画戦略」「クリエイティブ制作ノウハウ」「独自ロジック」という4つの勝ちパターンがあり、これらを反映させることで、広告効果を最大限向上させることが可能です。

株式会社アイレップの概要

・料金体系:要問合せ
・会社名:株式会社アイレップ
・本社所在地:東京都渋谷区恵比寿四丁目20番3号 恵比寿ガーデンプレイスタワー21F
・URL:https://www.irep.co.jp/

株式会社K2コミュニケーションズ

株式会社K2コミュニケーションズ

引用:株式会社K2コミュニケーションズ

こんな方におすすめ!

・全てのコンセプトを統一したい
・経験豊富な代理店に依頼したい

 株式会社K2コミュニケーションズの強み

株式会社K2コミュニケーションズは、テレビCMやデジタルマーケティング事業を展開する広告代理店です。800社以上の運用実績があり、経験豊富なコンサルタントがLINE広告を運用してくれます。

LINE広告に関しては、LINEが提供する「LINE Biz-Solutions Partner Program」の認定パートナーとなっているため、安心して依頼できます。

また、株式会社K2コミュニケーションズはテレビCMなども作成する総合代理店となるため、自社の全てのコンセプトを統一したいといった企業にもおすすめです。

株式会社K2コミュニケーションズの概要

・料金体系:最低出稿料金50万円以上
・会社名:株式会社K2コミュニケーションズ
・本社所在地:東京都品川区東五反田1-21-9 ウィスタリア東五反田ビル6F
・URL:https://k2c.co.jp/

サイバーホルン株式会社

サイバーホルン株式会社

引用:サイバーホルン株式会社

こんな方におすすめ!

・少額予算だが代理店を利用したい
・契約期間の縛りがない代理店に依頼したい

 サイバーホルン株式会社の強み

サイバーホルン株式会社は、契約期間の縛りなし、初期費用無料、最低予算額の設定なしで、LINE広告の運用代行を依頼できる代理店です。広告予算の下限を設けていないので、どんな広告主の依頼にも対応できます。

また、緻密なターゲティングと配信戦略も強みにしており、6か月以上の継続契約率は、95%以上を維持しているのも最大の特徴です。

サイバーホルン株式会社の概要

・料金体系:広告費の20%(初期費用・最低契約期間なし)
・会社名:サイバーホルン株式会社
・本社所在地:東京都新宿区津久戸町4-7OSビル9F
・URL:https://cyberhorn.co.jp/

※参考:LINE広告運用代行におすすめの代理店について詳しく解説した記事はこちら
関連記事

LINE広告を使って競合に一歩リードしたい。 本業がいそがしいから運用をプロにまかせたい。 自社で運用してみたがうまくいかなかった。 本記事は上記のような悩みをもつビジネスパーソンに向けたものです。LINE広告はま[…]

LINE広告運用代行おすすめ代理店

 

LINE広告運用の効果を可視化するオススメの広告レポート自動化ツール

LINE広告のシミュレーションと併せて活用すると便利な広告レポート自動化ツールを紹介します。

Databeat Explore

Databeat Explore

Databeat Exploreは、広告データを一元管理し、レポート作成までを自動化するツールです。LINE広告運用にてDatabeat Exploreを活用すると下記内容を実現できます。

LINE広告運用における「Databeat Explore」の3つの活用ポイント

LINE広告運用におけるDatabeat Exploreの活用ポイントを3つ紹介します。

  1. 広告レポートの自動作成
  2. リアルタイムでの可視化
  3. クリエイティブのパフォーマンスレポート

 広告レポートの自動作成

LINE広告のレポート作成は、管理画面から手動でレポートを作成しなくてはいけません。しかし、Databeat Exploreはデータの収集から出力までを自動化するため、手動でのレポート作成業務負担を削減できます。

 リアルタイムでの可視化

Databeat Exploreは、LINE広告データをリアルタイムで可視化できます。LINE広告から自動出力されたデータは、各種BIツールや、企業で利用するスプレッドシートに自動で反映されます。そのため、社内ではいつでも最新の広告データを可視化した状態で確認できます。

 クリエイティブのパフォーマンスレポート

Databeat Exploreでは、クリエイティブ分析に便利な画像サムネイル出力もできるため、LINE広告で最も重要なクリエイティブ分析にも活用できます。

まとめ

LINE広告のシミュレーション作成について紹介しました。シミュレーション作成は「予算感の把握」「広告媒体の選定」「キャンペーンの目標設定」などさまざまな用途に活用できます。

LINE広告では、通常のキャンペーン作成画面から簡単にシミュレーションを作成できるので、是非実践してみましょう。自社でのシミュレーション作成が難しい場合は、LINE広告運用を得意とする代理店に相談するのもおすすめです。

Googleデータポータルを活用して分析業務を効率化するツール
DatabeatExplore

こんな方にオススメ

・広告数字の集計が大変

GAと広告数字を同時に集計したい

・人力レポートではミスが発生する

Googleデータポータルを活用したい

LINE広告のシミュレーション作成ガイド!費用と効果の予測方法や費用対効果の高め方を詳しく解説
最新情報をチェックしよう!
>広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

Databeat Exploreは、WEB広告データの見える化を実現するサービスです。
様々な広告データを抽出・統合・一元化し、見たいデータを見たい時に見たい場所で見ることができます。

CTR IMG