Gmail広告の費用・料金がまるわかり!課金方式や料金相場、代理店手数料まで詳しく解説

Gmail広告の費用・料金がまるわかり!課金方式や料金相場、代理店手数料まで詳しく解説

Gmail広告は、仕事やプライベートで使用頻度の高いGmail上に配信できる広告です。細かなターゲティングが可能で、最適なターゲットにリーチしやすい、という特徴があります。

今回はGmail広告を配信したい方へ向けて、Gmail広告の課金方式や料金相場など、費用面について詳しく解説していきます。

代理店を利用したい方向けに、代理店へ依頼したときの手数料や、おすすめの代理店についても説明しますので、ぜひご覧ください。

自社運用を検討している場合には、最後に業務効率化ツールもご紹介していますので、参考にしていただけますと幸いです。

目次

まずは押さえておきたいGmail広告の基本

Gmail広告の費用及び料金について説明する前に、まずは基本となる情報を押さえておきましょう。Gmail広告の概要や利用するメリット、どのような商材の宣伝に向いているか、について解説していきます。

Gmail広告とは?

引用元:Gmail

Gmail広告は、GDN(Googleディスプレイネットワーク)の配信先であるGmail上に表示される広告です。メールボックス内では、通常のメールと同じ形式で表示され、ユーザーのクリックによって広告が展開する仕組みです。

件名の前や広告内の右上に「広告」と表記され、通常のメールと区別されます。広告がクリックされると、ランディングページへ遷移します。

なおGmail広告は、2021年7月1日からキャンペーンの新規作成や、既存キャンペーンの編集ができなくなります。もしGmail上に広告を配信する場合は、ファインド広告を利用する必要があります。

Gmail広告の配信面の種類

引用元:Gmail

Gmail広告の配信面は、受信トレイの①「ソーシャル」及び②「プロモーション」内の2か所です。ユーザーの目に留まりやすい、受信ボックスの最上部に2件ずつ配信可能です。

「ソーシャル」にはSNSからの通知が、「プロモーション」には企業からのメルマガなどが自動的に振り分けられます。なお、「メイン」タブ内に広告は配信されないので、注意が必要です。

他のGoogle広告と比較した際のGmail広告を利用するメリット

他のGoogle広告と比較した際のGmail広告を利用するメリットは、以下の3つです。

  1. コンバージョンを獲得しやすい
  2. ターゲティング機能が豊富
  3. ユーザーに違和感を持たれにくい

 1.コンバージョンを獲得しやすい

Gmail広告が配信される「プロモーション」タブでは、楽天やAmazonなどショップのセール情報や、クーポン情報を管理します。

「プロモーション」タブを表示させているユーザーは、お得な情報を求めている可能性が高い、と考えられます。広告に反応しやすいユーザーに対して配信できるので、クリック率が高くなり、コンバージョンを獲得しやすい、といえるのです。

 2.ターゲティング機能が豊富

Gmail広告では性別や年齢、家族構成などの属性や、ユーザーの趣味・嗜好などに基づき、細かくターゲティングできます。キーワードでのターゲティングも可能で、検索語句に応じて最適なユーザーへ広告を配信します。

広告配信の対象を絞ることで、売上につながりやすいクリックを集める、といった効率的な運用が実現できます。

 3.ユーザーに違和感を持たれにくい

Gmail広告は受信ボックス内での表示形式や、展開された状態が通常のメールと同じフォーマットで表示されます。そのためユーザーに違和感を与えにくく、自然な形でアピール可能です。

タイトルの文面に広告感を出しすぎず、他のメールに溶け込ませることで、クリックされやすくなります。

Gmail広告が効果を発揮するシーン

Gmail広告はターゲティング機能が豊富と説明しましたが、ライフイベントでのターゲティングも可能です。ライフイベントとは、人生の節目となるイベントを指します。

以下は、Gmail広告で配信可能なターゲティングの一例です。

  • マイホームの購入
  • 自宅のリフォーム
  • 就職・転職・退職・起業
  • 引越し
  • 結婚
  • 新しいペットを飼う

上記のようなタイミングで広告を配信すれば、関心を引きやすく、コンバージョンを獲得できる可能性が高まります。

※参考:Gmail広告の運用や出稿方法について詳しく解説した記事はこちら
関連記事

Gmailの受信BOX上に出稿可能な「Gmail広告」について紹介しています。メールはビジネスシーンやプライベートでも必ず利用するツールとなるため、「Gmail広告」を活用することで多くのユーザーにアプローチすることが可能です。 しか[…]

Gmail広告完全ガイド!掲載料金や出稿方法、運用のポイントを詳しく解説

Gmail広告の課金方式と掲載料金相場を詳しく解説

Gmail広告の課金方式と掲載料金相場を詳しく解説

ここからは、Gmail広告の費用について解説していきます。具体的には、Gmail広告の掲載料金の相場や、課金方式について詳しく説明します。

Gmail広告の有料掲載料金相場

Gmail広告の掲載料金の相場は、30万円です。ディスプレイ広告や、SNS広告の費用相場も30万円前後とされることが多く、他の広告と同じ予算感での運用が可能です。

ただし、設定したキーワードやターゲットに応じて金額は大きく変動するので、あくまでも目安としてとらえてください。なおGmail広告では、予算の上限を設定できるので、費用がかかりすぎることはありません。

Gmail広告の課金方式

Gmail広告の課金方式は、クリック課金型です。広告がクリックされた分だけ、費用が発生します。なお課金対象となるのは広告の展開時で、ランディングページへの遷移時には課金されません。

他にはコンバージョン単価や費用対効果も設定でき、効果測定に活用できます。

 Gmail広告クリック単価相場

Gmail広告のクリック単価相場は、10円といわれており、コストパフォーマンスが良い点が、Gmail広告のメリットです。

Google広告のクリック単価相場は50~100円なので、Gmail広告は費用を抑えて運用できることがわかります。クリック単価も予算と同じく自由に設定できるので、運用していく中で最適な単価に調節していくことが大切です。

 

Gmail広告の費用対効果を最大化する5つのポイント

Gmail広告の費用対効果を最大化する5つのポイント

ここからは、Gmail広告の費用対効果を最大化するための方法をご紹介します。以下の5つのポイントを取り入れ、掲載費用を抑えつつ、効果的に活用しましょう。

  1. タイトルや本文を工夫する
  2. 効果的なキーワードを選ぶ
  3. 競合サイトやドメイン名を登録する
  4. 保存数や転送数を確認しておく
  5. 広告費が発生するタイミングに気をつける

POINT1.タイトルや本文を工夫する

広告のタイトルや本文を工夫し、ユーザーの興味を惹けるような内容にしましょう。メールの「件名」にあたる広告タイトルは、ユーザーが最初に目にする項目です。

全角12文字、半角25文字以内で広告の内容を的確に伝えられる文面を考えましょう。無料サンプルの配布や無料会員登録など、支払いが発生しないような、ユーザーにメリットのある内容が効果的といわれています。

本文は、クリエイティブを工夫することが大切です。バナー画像やテキスト、ロゴ画像のほか動画も使用できるので、商材やターゲットに合わせて使い分けましょう。

また、Gmail広告の独自フォーマットである「カタログ画像」を使えば、1:1のスクエア画像で複数の商材のバリエーションをアピールできます。

POINT2.効果的なキーワードを選ぶ

Gmail広告では、キーワードを設定することで、検索語句とメール内の語句の抽出が可能です。具体的な商品名をキーワードとして設定すれば、過去にGoogleで検索したユーザーにGmail広告上でアプローチできます。

よく検索されているキーワードを調べるためには、GoogleAdsが提供する「キーワードプランナー」などのツールを利用しましょう。

POINT3.競合サイトやドメイン名を登録する

競合となる企業のサイトや、ドメイン名の設定もおこないましょう。Gmail広告では、ターゲットとなるユーザーが受信している、他社のドメインを設定可能です。

競合の商材に興味があるユーザーに対して、他社とは異なる独自の強みをアピールできます。

POINT4.保存数や転送数を確認しておく

Gmail広告は、通常のメールと同じように保存や転送が可能で、その数は管理画面で確認できます。広告のクリック数も管理画面で確認できますが、ランディングページへの遷移数などは分からず、コンバージョン率の計測ができません。

ユーザーのアクションを示す指標として、広告の保存数や転送数をKPIに設定し、広告配信の最適化を図りましょう。クリエイティブの出来を判断する基準にもなるので、広告を改善しやすくなります。

POINT5.広告費が発生するタイミングに気をつける

他のクリック課金方式の広告は、基本的に広告クリックによってランディングページへ遷移します。しかし、Gmail広告はクリックによって、広告の本文が展開されるだけです。

広告クリックの時点で費用が発生しますが、ランディングページに遷移するわけではありません。広告クリック後のアクションは保証されていないので、注意が必要です。

クリック単価が低いからといって配信を続けていると、コンバージョンを獲得できずに費用をムダに消化してしまう、という状態に陥る可能性があるので気をつけましょう。

 

費用対効果を最大化するならGmail広告に強みを持つ代理店利用もおすすめ!

費用対効果を最大化するならGmail広告に強みを持つ代理店利用もおすすめ!

Gmail広告をより効果的に活用したいのであれば、代理店の利用がおすすめです。Gmail広告に強みを持つ代理店を利用すれば、費用対効果の最大化が可能です。

ここからは、Gmail広告の運用を代理店に依頼する具体的なメリットを、3つご紹介します。また、代理店の利用がおすすめな方についても併せて解説しますので、ぜひ参考にしてください。

Gmail広告の運用を代理店に依頼する3つのメリット

Gmail広告の運用を代理店に依頼するメリットは、以下の3つです。

  1. 運用コストを抑えられる
  2. 実績やノウハウを豊富に有している
  3. Gmail広告のインハウス運用を支援してもらえる

 運用コストを抑えられる

Gmail広告に限らず、広告運用にはさまざまなコストが発生します。広告運用においては、キーワードのリサーチや日々の予算調整など、複数の作業をこなさなければなりません。

運用担当者が他の業務と兼任している場合には、広告運用に多くの時間を割いてしまい、本来の業務がおろそかになるおそれがあります。

また、広告効果を高めるためには、配信結果の分析や改善が欠かせません。広告運用に力を入れるのであれば、専門的な知識やスキルを持つ人材の配置が求められます。

しかし、人を雇うとなると、継続した人件費の支払いが必要です。費用に見合った効果が出なければ、人件費が経営を圧迫する可能性が出てきます。

広告代理店には業務を一任できる体制や、運用を専門的におこなう人材がそろっており、自社運用における問題を解決できます。費用、時間などのコストを抑えられるので、効率的な運用を実現できるのです。

 実績やノウハウを豊富に有している

広告運用で成果を出すためには、効果的な戦略や施策を打ち出すことが大切です。しかし、広告運用の経験がない企業にはノウハウがないため、運用の方向性が定まらず、効果の薄い戦略しか打ち出せないことがあります。

広告代理店は、長年にわたり数多くの企業と取引しており、広告運用の実績やノウハウを豊富に有しています。その経験を広告運用に生かすことで、優れた費用対効果を発揮できるでしょう。

広告配信後の分析や改善も迅速におこない、PDCAサイクルを早く回すことで、成果を最短で獲得できる可能性が高まります。またGmail広告の運用を扱う代理店は、Googleや他の媒体から広告業界の最新情報をキャッチしており、よりユーザーから反応を得やすい方法でのアピールが可能です。

 Gmail広告のインハウス運用を支援してもらえる

広告代理店では運用業務の代行が可能ですが、インハウス運用に関するノウハウも共有してもらえます。広告アカウントを開示してもらったり、レポート内容を解説してもらったりなど、代理店の担当者とコミュニケーションをとることで、自然とノウハウを蓄積できるでしょう。

手数料を抑えたいという理由で自社運用を始めても、効果的な運用は期待できません。成果を得ながら運用ノウハウを蓄積できるという点も、代理店へ依頼するメリットの一つです。

代理店の利用はこんな人に特におすすめ!

代理店の利用は、広告運用のコストパフォーマンスを高めたい場合におすすめです。代理店には運用体制が整っているので、時間や手間のかかる作業をすべて、もしくは一部を外注すれば、業務の効率化が可能です。

また、代理店や担当者が有する豊富な知識やスキルを活用することで、効果の高い運用が実現します。代理店への依頼には手数料がかかりますが、支払う費用に見合った、もしくは費用以上の効果が期待できます。

 

Gmail広告の運用を代理店に依頼する際の費用

Gmail広告の運用を、代理店に依頼する際の費用について解説します。費用の構造や相場について説明していきますので、大まかな費用感をとらえておきましょう。

広告代理店を利用してGmail広告を運用する場合の費用の構造

広告代理店を利用してGmail広告を運用する場合には、実際の広告費に加え、運用手数料が必要です。広告費はGmail広告で自由に設定できる予算やクリック単価で、運用業務を代行してもらう報酬を手数料として支払います。

運用手数料の主な料金体系は、広告費に応じて変動する「料率制」と、広告費にかかわらず決まった金額を支払う「固定制」の2種類です。

代理店によっては、一定の金額までは固定制、それ以降は料率制を採用しているところもあります。広告費や運用手数料のほか、広告アカウントの開設や設定などで発生する初期費用や、最低出稿金額が設けられている代理店も存在するので注意しましょう。

また、バナーやランディングページの制作、データ分析などをオプションとして設けている場合は、別途費用が発生します。

広告代理店を利用してGmail広告を運用する場合の費用の相場

Gmail広告の運用手数料の相場は、料率制では広告費の20%であることが多いです。他の広告における運用手数料も、広告費の20%に設定されていることが多く、一般的な相場と同じといってよいでしょう。

固定制の場合は、3~5万円の範囲に収まることがほとんどです。なお費用に関しては、要望に応じて細かく調整できる代理店も多いので、まずは相談してみることをおすすめします。

代理店を利用する場合に手数料を抑えるポイント

代理店を利用する場合に手数料を抑えたいのであれば、依頼する業務の量を見直しましょう。自社での対応が難しい作業だけを外注すれば、運用業務全般をこなすよりも担当者の負担が少なくてすむので、手数料の減額に応じてもらえる可能性があります。

また、手数料を相場よりも安く設定している代理店を探すのもよいでしょう。Gmail広告の運用が可能な代理店の中には、運用手数料を広告費の10~15%に設定しているところがあります。相場よりも安い価格設定の代理店に依頼すれば、手数料を抑えた運用が可能です。

 

費用を抑えたGmail広告運用が実現できるおすすめ代理店3選

ここからはGmail広告の運用が可能で、低価格なサービスを提供している代理店を3つご紹介します。費用を抑えながらGmail広告を運用したい方は、ぜひ参考にしてください。

株式会社メディックス

引用元:メディックス

株式会社メディックスは、インターネット広告全般を取り扱う広告代理店です。クリエイティブの制作やデータ分析にも対応しており、企業のWEBマーケティングを総合的に支援しています。

こんな方におすすめ!

・広告運用業務を総合的にサポートしてほしい
・Googleのパートナー代理店に依頼したい
・クリエイティブも制作してもらいたい

 メディックスの強み

株式会社メディックスの強みは、長年にわたり積み上げられたインターネット広告代理店としての実績にあります。創業35年の歴史の中で築き上げた専門性とノウハウを生かし、WEBマーケティングを一貫してプランニングすることで、マーケティング全体を最適化します。

全体を統括するアカウントプランナーと、専門領域を担当するエキスパートスタッフとの連携体制によって、高水準な運用が可能です。

Gmail広告の運用においては、課題に合わせた戦略や施策を提案し、広告効果の最大化を図ります。Googleから認定を受けたパートナー代理店でもあるので、ノウハウを活かした効果の高い運用が期待できます。

バナー制作にも力を入れており、広告クリエイティブの専門組織による、効果的なバナークリエイティブの提案が可能です。データ分析にも対応しているので、広告運用を総合的にサポートしてほしい方に特におすすめです。

メディックスの概要

・料金体系:要お問い合わせ(月間広告費200万円以上)
・対応可能な媒体:Google広告/Yahoo!広告/Twitter広告/Facebook広告/Instagram広告/LINE広告/YouTube広告/TikTok広告/Amazon広告/SmartNews広告/Criteo広告/アフィリエイト広告
・会社名:株式会社メディックス
・本社所在地:〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-105 神保町三井ビルディング19F
・URL:https://www.medix-inc.co.jp/

ヴァンテージマネジメント株式会社

引用元:ヴァンテージマネジメント

ヴァンテージマネジメント株式会社の主な事業内容は、WEBマーケティングのコンサルティングです。企業のビジネス支援のため、業績拡大に直結するソリューションを提供しています。

こんな方におすすめ!

・資格保有者の知識とノウハウを運用に生かしてほしい
・相場よりも安い代理店を探している
・バナー制作やデータ分析も依頼したい
・他の代理店からの乗り換えを検討している

 ヴァンテージマネジメントの強み

ヴァンテージマネジメントでは、Googleの上級資格保有者が広告運用を担当します。担当者は、広告運用の専門的な知識と最新の動向を熟知しており、効果的な運用が期待できます。

月間650社を超える運用実績があり、BtoBやBtoCを問わず多業種にわたってのサポートが可能です。平均広告効果上昇率は141%、平均反響獲得数は156%増を記録していることからも、多くの成果を上げていることが分かります。

また他店より安い価格設定も、ヴァンテージマネジメントの特徴の一つです。運用手数料は広告費の15%に設定されており、相場の20%よりも低くなっています。

バナー制作やデータ分析・改善も可能なので、別の業者に外注する必要がなくなり、運用コストを削減できます。他店からの乗り換えで手数料が割り引かれるサービスも実施しているので、既に代理店を利用しているが効果が出ていない、もっと売上を伸ばしたいという場合には、乗り換えを検討してみるのもよいでしょう。

ヴァンテージマネジメントの概要

・料金体系:【運用手数料】広告費の15%
・対応可能な媒体:Google広告/Yahoo!広告/Twitter広告/Facebook広告/Instagram広告/LINE広告/YouTube広告/アフィリエイト広告
・会社名:ヴァンテージマネジメント株式会社
・本社所在地:〒104-0045 東京都中央区築地2-3-4 築地第一長岡ビル7F
・URL:https://www.vantage.jp/

株式会社Tumugu(ツムグ)

引用元:Tumugu

株式会社Tumuguは、リスティング広告やSNS広告を中心に取り扱う、大阪の広告代理店です。広告運用以外にも、ランディングページやバナーの制作、データ分析なども実施しています。

こんな方におすすめ!

・広告運用のノウハウが豊富な代理店に依頼したい
・Gmail広告以外の手法も試したい
・代理店への依頼に初期費用をかけたくない
・現在依頼している代理店の運用が適切か相談したい

 Tumuguの強み

リスティング広告など、運用型広告のノウハウを豊富に有している点が、株式会社Tumuguの強みです。広告運用全般のノウハウをGmail広告の運用にも生かし、最適なユーザーに対して広告を配信できるよう、アカウントを設計・構築します。

ランディングページやバナー制作、データ分析を軸とした改善コンサルティングも実施しています。Twitter広告やFacebook広告など、運用型広告を複数取り扱っているので、Gmail広告以外の方法を取り入れたい場合にもおすすめです。

料金体系は初期費用不要、広告費が20万円未満の場合は、一律3万円に設定されています。別の代理店を利用している場合でも、現在の運用内容に関する相談に応じてもらえます。

要件・要望に応じて個別に手数料を検討してもらえるので、まずは相談してみましょう。

Tumuguの概要

・料金体系:【初期費用】0円【運用手数料】広告費が20万円未満:3万円/広告費が20万円以上:広告費の20%
・対応可能な媒体:Google広告/Yahoo!広告/Twitter広告/Facebook広告/LINE広告/アフィリエイト広告
・会社名:株式会社Tumugu(ツムグ)
・本社所在地:〒545-0011 大阪府大阪市阿倍野区昭和町2-7-20
・URL:https://www.tumugu15.co.jp/

 

Gmail広告の費用対効果を可視化するオススメの広告レポート自動化ツール

Gmail広告は管理画面で運用データを確認できますが、より分かりやすい形でレポーティングするためには、専用ツールの使用が望ましいです。

今回ご紹介する「Databeat Explore」というツールを使えば、レポートが自動的に出力され、広告に詳しい人材が自社にいなくても詳細なデータ分析が可能になります。

手数料がかかるなどのデメリットから、代理店へ依頼せず自社で運用をおこなう場合には、レポート自動化ツールを利用して業務を効率的に進めましょう。

Gmail広告運用を可視化する「Databeat Explore」

Databeat Explore
「Databeat Explore」は、広告の運用データを可視化できるツールです。データの「抽出」「集計」「更新」といったレポート作成に欠かせない作業を自動的におこなうことで、データ分析業務における負担を軽減し、業務効率化を促します

ほかにも、データの収集がシステム化されることでヒューマンエラーが減る、導入や運用に手間がかからない、など多くのメリットがあります。

Gmail広告運用における「Databeat Explore」の3つの活用ポイント

Gmail広告運用における「Databeat Explore」の活用ポイントは、以下の3つです。

 レポート作成を自動化できる

ExcelやGoogleスプレッドシート、Googleデータポータルなどのツールで、広告レポートを自動的に作成します。煩雑なレポート作成業務が自動化されることで、大幅な業務効率の向上が期待できます。

また出力したレポートは、複数のフォーマット及びツールに対応しており、関係者との情報共有もスムーズです。

 データを分かりやすく可視化できる

ダッシュボード上や各種レポートで、可視化されたデータを確認できます。グラフィカルに表示されるので理解しやすく、専門的な知識がなくても詳細な分析が可能です。

レポートの種類は、広告詳細レポート、広告パフォーマンスレポート、広告&Googleアナリティクスレポートなどがあります。

これらのレポートは、テンプレートを使うことで利用可能となります。テンプレートは無料で提供されており、導入に追加費用はかかりません。

 データを最新の状態に保てる

収集されたデータは、常に最新の状態を保つよう、自動的に更新されます。情報が必要になったときに、その都度管理画面へアクセスする手間が省けますし、手動で更新をかける必要もありません。

まとめ

今回は、Gmail広告の概要や掲載にかかる料金、代理店利用時の費用、おすすめの代理店などについて解説しました。Gmail広告は、比較的クリック単価が低く、費用を抑えながら運用できます。

しかし、課金されるタイミングは広告の展開時で、ランディングページへの遷移が保証されているわけではありません。そのため、コンバージョンを獲得していないのに、予算だけ消化してしまった、という状態に陥らないよう注意が必要です。

広告代理店には運用コストを抑えられる、豊富なノウハウで効果的な運用が可能、といったメリットがあるので上手に活用しましょう。

代理店への依頼時に発生する手数料は、外注する業務を限定することで安く抑えられます。他店よりも安い価格設定の代理店を探す場合には、今回ご紹介した3つの代理店を参考にしてみてください。

本記事の内容を元に、費用を抑えたGmail広告の運用に取り組んでみましょう。

広告レポート作成を自動化しませんか?

 

Databeat Explore_CTA

「広告データの集計に時間を取られている」
「アクセス解析と広告データを同時に集計したい」
「Looker Studio(旧Googleデータポータル)を使ってレポート作成工数や手動によるミスを削減したい」

このような課題は、Databeat Exploreで解決できます。

Databeat Exploreとは、自動で収集した広告データをオリジナルフォーマットでレポート化する、広告レポート作成自動化ツールです。

  • 導入にエンジニアスキルは不要
  • 国内最多の37サービスと連携が可能
  • 無料BIツールLooker Studio(旧Googleデータポータル)でレポート作成を自動化できる

詳しくは以下のリンクよりサービスサイトをご覧ください。

Gmail広告の費用・料金がまるわかり!課金方式や料金相場、代理店手数料まで詳しく解説
最新情報をチェックしよう!
>広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

Databeat Exploreは、WEB広告データの見える化を実現するサービスです。
様々な広告データを抽出・統合・一元化し、見たいデータを見たい時に見たい場所で見ることができます。

CTR IMG