楽天広告に強みをもつおすすめ代理店5選と上手な選び方

楽天広告に強みをもつおすすめ代理店5選と上手な選び方

Google広告やYahoo!広告など、Web広告には様々なものがありますが、中でも楽天サービスでの広告表示に特化しているのが「楽天広告」です。本記事ではこの楽天広告について、利用するメリットやおすすめの広告代理店など詳細を解説していきます。

これから楽天広告を利用していきたい方、楽天広告の利用を検討している方はぜひ一読してみてください。

目次

運用する前に押さえておきたい!楽天広告の基礎知識

楽天広告に強みをもつ広告代理店について見ていく前に、楽天広告の概要や種類、効果を発揮するシーンなど、基礎知識を確認していきましょう。

楽天広告とは?

楽天市場

引用元:https://www.rakuten.co.jp/

楽天広告とは、楽天が提供しているプラットフォームやサービス上で掲載できるWeb広告です。楽天は日本を代表するECサイト「楽天市場」や各種メルマガを配信しています。

楽天のプラットフォーム、サービスに広告を掲載することで、幅広い年齢層のユーザーにリーチすることが可能です。

楽天広告の3つの分類と種類

楽天広告の形式は、大きく分けて下記の3種類に分かれています。

  • 掲載系広告
  • 成果報酬型広告
  • メルマガ配信系広告

それぞれ詳細を確認していきましょう。

掲載系広告

引用元:楽天広告

掲載系広告は、楽天市場のトップページ、商品紹介ページ、特集記事などに掲載される楽天広告になります。通常のWeb広告でいうところの「ディスプレイ広告」に近いです。

掲載系広告では、バナー画像を利用して視覚的に認知させることが可能になります。商材・サービスの認知度を高めていきたい際に、掲載系広告は最適です。

掲載系広告は、下記の2種類に分かれています。

  • 楽天市場広告
  • 特別大型企画

楽天市場広告は、その名の通り楽天市場のページに掲載できる広告になります。特別大型企画は、楽天スーパーセールやお買い物マラソンの期間中に掲載できる特別枠の広告です。

超大型企画に関しては、楽天市場広告よりも広告費が高くなるため、広告予算にゆとりがある会社向けの広告になります。

*各広告の費用に関しては、後の章で詳しく解説します

※参考:ディスプレイ広告について詳しく解説した記事はこちら
関連記事

ディスプレイ広告は、WEB広告の中でも主要な手法の一つです。WEB広告を利用している多くの企業が、ディスプレイ広告を活用しています。 今回こちらの記事では、これからディスプレイ広告の導入を検討している方に向けて ディスプ[…]

ディスプレイ広告の費用がまるわかり!課金形態や媒体別費用相場、代理店手数料まで詳しく解説

成果報酬型広告

引用元:楽天広告

成果報酬型広告とは、クリックや商品購入に応じて広告費が発生する広告形態です。楽天広告では、下記の3種類の広告が成果報酬型広告となっています。

  • RPP広告
  • クーポンアドバンス広告
  • CPA広告

RPP広告は、楽天市場の検索結果画面に表示される広告です。GoogleやYahoo!などの検索画面に表示される「リスティング広告」の楽天バージョンになります。

検索された商品と関連性の高い広告を自動で表示してくれるので、特定のターゲット層に向けて広告配信したい際におすすめです。

クーポンアドバンス広告は、楽天ユーザー向けのクーポンが付いた楽天広告になります。事前に値引きできる予算を設定することで、自動的にクーポンを表示させることが可能です。

クーポンを表示させれば、商品購入希望者の購買意欲を高めることができるので、効率よく売上を伸ばしていきたい方に最適な広告形態になります。

CPA広告は、すべての商品に対して適用可能な成果報酬型広告です。ユーザーが広告を経由して商品を購入した際、売上の20%が広告費として発生します。

CPA広告の設定は簡単に行えるので、楽天広告の運用に慣れていない場合でも無理なく運用することが可能です。

※参考:リスティング広告について詳しく解説した記事はこちら
関連記事

ディスプレイ広告は、WEB広告の中でも主要な手法の一つです。WEB広告を利用している多くの企業が、ディスプレイ広告を活用しています。 今回こちらの記事では、これからディスプレイ広告の導入を検討している方に向けて ディスプ[…]

ディスプレイ広告の費用がまるわかり!課金形態や媒体別費用相場、代理店手数料まで詳しく解説

メルマガ配信系広告

引用元:楽天広告

メルマガ広告とは、楽天がユーザーに配信するメルマガ上に掲載する楽天広告になります。メルマガは、楽天が直接発信するものと、楽天に出店している店舗が配信するメルマガに分かれており、目的に応じて使い分けることが可能です。

楽天配信のメルマガ広告の場合は、新しい商材・サービスのPRに向いています。ユーザーの購入履歴などから、ユーザーが購入してくれそうな商材・サービスを自動で選出してくれます。

店舗配信の場合は、新規ユーザーの獲得というよりも、既存の顧客に対してフォローアップを行う色が濃いです。購入先の店舗が提供している商品とニーズが似通っている商材・サービスをアピールするのに適しています。

※参考:メルマガ広告について詳しく解説した記事はこちら
関連記事

現在、数多くのWeb広告が登場してきていますが、Web広告が出てくる前から多くの企業に利用されてきている広告が「メルマガ広告」です。 メルマガと聞くと「今は廃れているのでは?」と思われる方もいるかもしれませんが、現在は大手Webメディ[…]

楽天広告が効果を発揮するシーン

楽天広告が効果を発揮するシーンとして、下記の3つが挙げられます。

  1. 楽天で販売している商品とタイプが似ている
  2. 幅広い形態で広告配信を行いたい
  3. 広告の詳細設定をせずに運用を行いたい

 楽天で販売している商品とタイプが似ている

楽天広告で宣伝したい商材・サービスが楽天市場で扱われている商品と似ている場合、楽天ユーザーの購買意欲を効率よく高められます楽天市場では「ネット上で商品を購入したい」というユーザーが集まっているので、類似商品を掲載できれば商品販売に直結させることが可能です。

 幅広い形態で広告配信を行いたい

幅広い広告形態で広告配信を行う際にも、楽天広告は最適です。ディスプレイ形式、リスティング形式で広告表示できる点に加えて、メルマガにも広告を付けることが可能となっています。

「楽天」という1つのプラットフォームで様々な広告を打ち出せるので、複数の媒体に広告掲載する手間も省けます。

 広告の詳細設定をせずに運用を行いたい

楽天広告ではCPA広告のように、細かな広告設定をしなくてもすぐに配信できる広告があります。広告運用のリソースやノウハウが不足している場合でも無理なく広告運用を行うことが可能です。

楽天広告に登録さえすれば、広告配信をすぐに開始できます。アカウント開設の手続きも時間をかけずに行えますので、広告運用初心者の方にもおすすめのWeb広告です。

楽天広告の掲載費用

楽天広告の掲載費用は、配信形態によって異なってきます。配信形態ごとに費用を確認していきましょう。

掲載系広告

掲載系広告は、楽天市場広告か特別大型企画かによって費用が変わってきます。楽天市場広告は「4万円~120万円」の範囲で費用設定が可能です。広告費の金額によって、楽天市場広告の掲載場所、掲載期間が変わってくるので注意してください。

特別大型企画では、広告費が「200万円以上」になるケースが多いです。楽天スーパーセールやお買い物マラソン時は、通常時よりも多くのユーザーが楽天のサイトに集まるため、その分広告費も高く設定されている形です。

成果報酬型広告

成果報酬型広告のうち、RPP広告は「クリック課金型」となっています。広告が1クリックされる度に広告費が発生する形です。Googleなどのリスティング広告と同様、自由にクリック単価を設定することができます。

最低広告予算は「5,000円」からとなっているので、広告費にゆとりがない方でも無理なく運用可能です。

クーポンアドバンス広告の場合、発生したクーポン数によって費用が生じる形です。1つのクーポン発行につき「40円」という費用設定になっています。費用が固定されているので、広告費の管理が行いやすい点が、クーポンアドバンス広告のメリットになります。

メルマガ配信系広告

メルマガ配信系広告は、楽天配信・店舗配信ともにクリック課金型となっています。メルマガに掲載された広告がクリックされて費用が発生する形です。広告表示のみでは広告費が発生しないので、費用対効果の高い広告運用を実現することができます。

楽天配信の場合は月あたり「5,000円」、店舗配信の場合は「3万円」から費用設定が可能となっています。

 

楽天広告の運用代行を代理店にお願いする5つのメリット

楽天広告の運用代行を代理店にお願いする5つのメリット、デメリット

楽天広告を運用する際は「広告代理店」へ依頼することがおすすめです。楽天広告の運用を広告代理店に依頼するメリットとして、下記の5点が挙げられます。

  1. 楽天広告に精通している
  2. 楽天広告の配信形態から最適なものを選んでくれる
  3. ECサイト・商品購入ページの改善も依頼できる
  4. 運用業務を一任できる
  5. 楽天広告以外のWeb広告運用も依頼できる

メリット1:楽天広告に精通している

楽天広告を扱う代理店は、楽天広告の運用に精通しています。自社で楽天広告運用のリソースが必要なときに、すぐリソースを確保できるので、人手が足りない中小企業・スタートアップ企業にとって心強いパートナーとなってくれます。初めて楽天広告を利用する場合でも安心して依頼することが可能です。

メリット2:楽天広告の配信形態から最適なものを選んでくれる

楽天広告には様々な配信形態がありますが、自社で運用するとなると、どの形態を選べばよいか迷ってしまうこともあるでしょう。

広告代理店に運用を依頼すれば、楽天広告の配信形態から自社に合った最適な広告形態を選んでくれます。自社では思いつかないような広告配信のアイディアも共有してくれるので、自社の広告運用部門のように広告代理店を活用することが可能です。

メリット3:ECサイト・商品購入ページの改善も依頼できる

広告代理店の中には、商品購入ページなどの作成サービスを提供している代理店もあります。楽天広告でユーザーを流入できたとしても、流入先のサイト・ページのクオリティが低いとすぐにユーザーが離脱してしまう可能性が高いです。

楽天広告の運用と合わせて、ECサイト・商品購入ページの改善を依頼すれば、効率的に広告運用成果を高めることができるでしょう。

メリット4:運用業務を一任できる

広告運用の予算管理など細かな運用作業をすべて任せることも可能です。予算管理などの細かい業務は、意外と広告運用担当者の負担になりやすいです。

広告運用担当者のリソースが十分でないと、広告運用全体の効率が下がってしまうことも。広告代理店に楽天広告の運用業務をすべて任せれば、ゆとりが生まれたリソースを本業に注力させることができます。

会社全体の営業効率を高めることにも繋げることが可能です。

メリット5:楽天広告以外のWeb広告運用も依頼できる

楽天広告でのPRに加えて、他の広告媒体の運用も併せて進めていくことも可能です。広告代理店ごとに強みとしている広告種別は異なるので、事前にどのWeb広告を楽天広告と併せて運用してくか決めておくことをおすすめします。

 

楽天広告運用代行を代理店にお願いする3つのデメリット

楽天広告運用を広告代理店に依頼するデメリットとして、下記の3点が挙げられます。

  1. 運用代行費用がかかってしまう
  2. 満足のいく結果が出ないこともある
  3. 他の広告の延長上で楽天広告を扱っているケースもある

デメリット1:運用代行費用がかかってしまう

楽天広告の運用代行を広告代理店に依頼した場合、運用代行費用がかかってしまいます。これは代理店を利用する以上避けようのないことですが、会社全体の業績が苦しい際は広告費の捻出が難しいこともあります。

 デメリットの対応策

運用代行費用を抑えるためには、依頼先の広告代理店と交渉して費用を割引いてもらうことが有効です広告代理店側としては、長期的に安定して運用代行費用を得ることが業績アップにつながります。

そのため、「半年~1年以上」の長期契約を提示すれば広告費の割引に応じてくれることもあります。すべての広告代理店が交渉に応じてくれる訳ではありませんが、費用削減のために交渉を持ち出すことは無駄にはなりません。

他の広告代理店の利用も検討している旨を伝えて、広告代理店に費用の割引きを求めてみてください。

デメリット2:満足のいく結果が出ないこともある

広告運用の依頼をしても、満足のいく結果が得られないこともあります。広告代理店は広告運用のプロではありますが、毎回100%成果を出せるとは限りません。どんなプロでも失敗してしまうことはあります。

 デメリットの対応策

広告代理店に依頼する際に、必ず「楽天広告の運用実績」を確認するようにしてください。Web広告代理店の中には、楽天広告の運用実績を他のリスティング広告・ディスプレイ広告と併せて提示しているところもあります。

他のWeb広告の運用実績で数字を良く見せることが可能になってしまうのも事実です。楽天広告単体で運用実績を確認するようにしましょう。

デメリット3:他の広告の延長上で楽天広告を扱っているケースもある

Web広告代理店は数多くありますが、他のWeb広告の延長で楽天広告を扱っている代理店が多い傾向にあります。そのため、楽天広告運用のクオリティが想定よりも低いこともしばしば見られます。

デメリットの対応策

依頼候補先の広告代理店が、楽天広告の運用代行をどれくらい長く行っているか、確認するようにしてください。会社設立時から楽天広告の運用を扱っている場合は、楽天広告の運用に力を入れている可能性が高いです。

最終的には、楽天広告の運用実績を確認することが必要ですが、楽天広告の運用代行を数年以上に渡って提供しているか否かも合わせてチェックするようにしましょう。

 

楽天広告運用代行の代理店手数料相場とサービス範囲

楽天広告運用代行の代理店手数料相場とサービス範囲

次に、楽天広告運用代行の代理店手数料体系・料金相場・サービス範囲について確認していきましょう。

楽天広告運用代行の代理店手数料体系

料金体系は「初期費用+運用代行費用」としている代理店が多いです。初期費用に関しては「2万円~3万円」、運用代行費用は「広告費の15~20%」が料金相場です。

広告代理店の中には、初期費用を設けていない代理店もあるので、依頼前に確認するようにしてください。

一般的な代理店手数料の料金体系

一般的なWeb広告代理店の料金体系も同様に「初期費用+運用代行費用」となっているケースが多いです。ただ、ディスプレイ広告などの運用ではクリエイティブ制作も併せて必要になるケースがあるため、楽天広告の運用代行よりも費用が高くなることが多いです。

楽天広告運用代行の代理店料金相場まとめ表

料金 こんな方におすすめ サービス対応範囲
月10万円
  • 楽天広告の運用代行を一部依頼したい方
  • 運用代行費用を抑えたい方
  • 楽天広告のアカウント開設
  • 楽天広告の一部運用 など
月20~30万円
  • 楽天広告の運用全般を依頼したい方
  • 楽天広告のアカウント開設
  • 楽天広告の運用全般
  • 広告運用レポート作成 など
月50万円以上
  • 楽天広告の運用に加えて、ECサイト・商品ページの制作・改善まで依頼したい方
  • 楽天広告のアカウント開設
  • 楽天広告の運用全般
  • 詳細な広告運用レポートの作成
  • ECサイト・商品ページの制作・改善
  • Webマーケティング業務の代行 など

月10万円ほどの広告予算で代理店に依頼する場合は、楽天広告運用の一部を依頼する形になります。費用を抑えたい場合は月10万円の予算でもやむを得ませんが、運用代行全般のサービスは受けられないことが多いので要注意です。

月20~30万円ほどの予算であれば、楽天広告の運用代行全般を依頼することが可能です。広告運用レポート制作など、手間のかかる業務も任せることができます。

月50万円以上の広告予算となってくると、ECサイト・商品ページの制作依頼まで可能になってきます。広告代理店によっては、Webマーケティング業務まで代行してくれるところもあるので、見積もり時に確認しておくようにしましょう。

 

楽天広告運用代行を担う代理店を上手に選ぶ5つのチェックポイント

新楽天広告運用代行を担う代理店を上手に選ぶ5つのチェックポイント

楽天広告の運用代行代理店を選ぶ際は、下記の5つのポイント押さえるようにしてください。

  1. 楽天広告の運用実績が充実しているか
  2. 担当者一人あたりの担当広告数は適正か
  3. 楽天広告の運用を他社に外注していないか
  4. 料金体系が明確かどうか
  5. 楽天広告に精通した運用担当者が在籍しているか

POINT1.楽天広告の運用実績が充実しているか

こちらは繰り返しになりますが、代理店を選ぶ際は必ず「楽天広告」の運用実績が充実しているかどうか、チェックするようにしてください。広告代理店のホームページ上で楽天広告の運用実績が確認できない場合は、問い合わせ時・相談時に直接確認をとるようにしましょう。

POINT2.担当者一人あたりの担当広告数は適正か

広告代理店では、運用担当者一人あたりに複数の広告運用が割り振られます。担当している広告数が多すぎると、広告運用のクオリティが下がってしまうこともあるので要注意です。

担当広告の数は、多くても10個ほどを目安にしましょう。広告代理店側が、担当広告数の回答を渋った場合は、キャパシティを超えた運用を行っている可能性が高いので、別の広告代理店に依頼することをおすすめします。

POINT3.楽天広告の運用を他社に外注していないか

広告代理店の中には、楽天広告の運用を下請けの運用代行会社に外注しているところもあります。楽天広告はGoogle広告などの主要なWeb広告と比べると需要が少ないため、運用業務を他社に外注して利益を得ているケースも少なくありません。

基本的に、外注先へ依頼する際はマージンを抜いた金額を提示して依頼するため、下請け企業が得られる利益は少なくなってしまいます。下請けの代理店が十分な収益を出すには、安い人件費で回転率を高く業務を進めていく他ありません。このような状態では、クオリティの高い広告運用を期待するのは難しくなってしまいます。

POINT4.料金体系が明確がどうか

広告代理店が料金体系を明確に提示しているか、確認するようにしましょう。基本的には、見積もり時に費用を明確に見せてくれますが、中には用途不明の費用が含まれていることもあります。

各費用がどの業務に対して充てられているのか、詳細をチェックするようにしてください。

POINT5.楽天広告に精通した運用担当者が在籍しているか

依頼先の広告代理店に「楽天広告に精通した運用担当者」がいるかどうかもチェックポイントです。精通した担当者が在籍している場合は、その担当者に運用を行ってもらうよう打診してみましょう。

ホームページ上に情報が記載されていなくても、楽天広告運用のプロが在籍している可能性はあります。こちらから尋ねないと、在籍の有無を教えてくれないケースもあるので、忘れずに確認するようにしてください。

 

【厳選】楽天広告に強みをもつおすすめ広告代理店5選

次に、楽天広告に強みをもつおすすめの広告代理店を厳選して5社紹介していきます。

株式会社ザーナス

引用元:https://e-em.net/

株式会社ザーナスは、東京都港区に本社を構える広告代理店・ネットショップ運営代行会社です。楽天広告をはじめとしたWeb広告の運用代行に加えて、HP制作やECサイト運営代行など、幅広いサービスを提供しています。

こんな方におすすめ!

株式会社ザーナスは、楽天広告のRPP広告の運用で強みを持っています。集客に特化した効率のよい広告運用を希望している方におすすめの広告代理店です。

 株式会社ザーナスの強み

株式会社ザーナスの強みとして、楽天広告のプロが広告予算を24時間徹底して管理してくれる点が挙げられます。広告で扱う商品が売れやすい時間帯を徹底してリサーチしてくれるので、広告費を無駄にしない費用対効果の高い広告運用を実現してくれます。

また、ザーナスではECサイトの運営代行も行ってくれます。楽天広告の運用と合わせてECサイトの運用も依頼したい際に、ザーナスは心強いパートナーになってくれます。

株式会社ザーナスの概要

  • 会社名:株式会社ザーナス
  • 本社所在地:東京都港区赤坂2-21-5
  • URL:https://e-em.net/

株式会社ALL WEB CONSULTING

引用元:https://allweb-consulting.co.jp/

株式会社ALL WEB CONSULTINGは、東京都渋谷区に本社を置くWebマーケティング会社です。楽天広告やGoogle広告、Yahoo!広告、SNS広告など幅広い広告媒体で運用代行を請け負っています。

こんな方におすすめ!

株式会社ALL WEB CONSULTINGでは「上級ウェブ解析士資格」を保有するコンサルタントがサイト分析を担当してくれます。商品キーワードに合わせた楽天広告の運用代行を依頼したい方におすすめの代理店です。

 株式会社ALL WEB CONSULTINGの強み

株式会社ALL WEB CONSULTINGは、独自開発したツールを活用して楽天広告のデータ解析を行っています。分析データをもとにして、コンバージョンに繋がりやすいキーワード抽出を行ってくれるので、売上の最大化を実現することが可能になっています。

また、ALL WEB CONSULTINGでは広告運用に加えて、商品の転換率を上げるための施策も提案してくれます。流入先の商品ページの制作・改善まで請け負ってくれるので、楽天広告の運用成果を着実に高めることが可能です。

株式会社ALL WEB CONSULTINGの概要

  • 会社名:株式会社ALL WEB CONSULTING
  • 本社所在地:東京都渋谷区笹塚1-62-8キャッスルマンション笹塚802
  • URL:https://allweb-consulting.co.jp/

株式会社スタイリスト

引用元:https://stylist-ec.com/

株式会社スタイリストは、東京都渋谷区に本社を構えるEC・ネットショップの運営サポート会社です。楽天広告の運用代行・入稿画像の作成など、楽天広告に関する業務全般を代行してくれます。

こんな方におすすめ!

株式会社スタイリストでは、運用経験豊富な正社員が楽天広告の運用を行ってくれます。下請け企業に業務を流すことはありません。高いスキルを持った担当者に運用を行って欲しい方に最適の会社になります。

 株式会社スタイリストの強み

株式会社スタイリストの強みとして「楽天広告の効果測定データが豊富に蓄積されている」点が挙げられます。スタイリストでは、契約先を含めて月額2億円以上の広告費を楽天広告で利用しています。

楽天広告の運用を通じて、効果測定のデータを豊富に蓄積しているので、データに基づいた論理的な広告運用改善を実現することが可能です。

株式会社スタイリストの概要

  • 会社名:株式会社スタイリスト
  • 本社所在地:東京都渋谷区神泉町11-7セロンビル6F
  • URL:https://stylist-ec.com/

モネット株式会社

引用元:https://monet-world.co.jp/

モネット株式会社は、東京都品川区に本社を構える広告代理店です。楽天広告やAmazon広告、Criteo広告などECサイト向け広告を専門に扱っています。

こんな方におすすめ!

モネット株式会社は、運用代行費用が「定額制」となっています。「広告費の20%」といった定率制ではないため、広告費の無駄遣いを徹底して省いてくれます。依頼費用を少しでも抑えたい方に、モネット株式会社はおすすめです。

 モネット株式会社の強み

モネット株式会社の強みとして、依頼から1~3営業日で楽天広告の運用をスタートしてくれるスピード感が挙げられます。遠方の顧客に対してはSkypeなどで随時ミーティングを行ってくれるので、コミュニケーション面での心配もありません。

正規契約の期間は「6ヵ月」となっていますが、初めの1ヵ月は有料のお試しプランを選択可能です。1ヵ月の運用成果を確認してから、正規契約に移ることができます。

モネット株式会社の概要

  • 会社名:モネット株式会社
  • 本社所在地:東京都品川区東五反田2-8-5 KNビル5F
  • URL:https://monet-world.co.jp/

GMOコマース株式会社

引用元:https://www.gmo-c.jp/rpp/

GMOコマース株式会社は、ネットサービス会社大手GMOインターネット株式会社のグループ企業です。楽天広告などを利用したネットショップの集客サービスやSNS開設・運営サポートなど、幅広いサービスを提供しています。

こんな方におすすめ!

GMOコマースでは、楽天広告のうち「RPP広告」の運用代行を専門に扱っています。RPP広告の日々の単価調整や予算管理などをすべて任せたい方におすすめの広告代理店です。

 GMOコマース株式会社の強み

GMOコマース株式会社の強みとして、GMOグループで蓄積してきた膨大なネットショップ運用データを活用できる点が挙げられます。広告内容に合わせた最適なキーワード設定、費用対効果が高い商品の選択など、豊富なデータを活用した楽天広告運用を実現することが可能です。

GMOコマース株式会社の概要

  • 会社名:GMOコマース株式会社
  • 本社所在地:東京都渋谷区道玄坂1-2-3糸日谷フクラス13階
  • URL:https://www.gmo-c.jp/rpp/

 

楽天広告運用の効果を可視化するオススメの広告効果測定ツール

楽天広告を自前で運用する際は、楽天広告の運用効果を詳細に測定する必要があります。ただ、運用効果の測定では、データを集計したりデータ分析を行うなど、広告運用担当者に負担が重くなる傾向にあります。

人員が不足している企業の場合だと、広告運用にリソースを割くことで会社全体の業務効率が落ちてしまうことも。

そこでおすすめしたいのが、楽天広告の運用効果測定ツール「Databeat Explore」です。

Databeat Explore

Databeat Explore
Databeat Exploreは、楽天広告の運用データを自動で収集してくれます。手動で広告運用データを集計する必要がないので、広告運用担当者の負担を抑えることが可能です。

集めたデータは項目ごとにブラッシュアップができ、知りたい数値データをすぐに確認することができます。

使用しているPCにインストールするのみで、すぐにDatabeat Exploreを利用することができますので、大がかりなサーバー整備なども必要ありません。

楽天広告運用におけるDatabeat Explore活用の3つのポイント

楽天広告運用におけるDatabeat Explore活用のポイントとして、下記の3点が挙げられます。

  • 楽天広告の運用レポートを自動で作成できる
  • 楽天広告の運用データを外部ツールに出力可能
  • 運用目標や広告予算の数値をリアルタイムで管理できる

 楽天広告の運用レポートを自動で作成できる

Databeat Exploreを利用することで、楽天広告の運用レポートを自動で作成することが可能です。運用レポート作成は、データ集計と並んで広告運用担当者の負担になりやすい業務です。

レポート作成を自動化できれば、広告運用担当者の業務効率を高めることができます。手動でデータを集める必要もないので、複数のレポートを同時進行で作成するのも問題ありません。

 楽天広告の運用データを外部ツールに出力可能

Databeat Exploreでは、集計した楽天広告の運用データをGoogle Analiticsなどの外部ツールへ出力することも可能です。Databeat Exploreで分析作業を行うこともできますが、情報の分析は手慣れたツールの方で行いたいという方でも問題なくDatabeat Exploreを利用できます。

 運用目標や広告予算の数値をリアルタイムで管理できる

Databeat Exploreでは、ダッシュボードで常に目標値・広告予算などの数値を確認することが可能です。数値目標に変更があった際もすぐに変更できるので、リアルタイムで目標値・広告予算の管理を行うのに最適です。

視覚的に見やすいレイアウトとなっている点もDatabeat Exploreの強みです。PC操作に慣れていない方でも直感的に数値を把握することが可能になっています。

 

まとめ

楽天広告を運用することで、楽天市場やメルマガを通じて幅広いユーザーに自社商品・サービスを宣伝することが可能です。楽天広告の運用では、楽天広告を扱う広告代理店に依頼することがおすすめです。

広告代理店を利用すれば、自社に楽天広告の運用人材がいなくても楽天広告を利用することができます。

自社で楽天広告を運用する際は、最後の章で紹介した「Databeat Explore」をおすすめします。Databeat Exploreは2週間無料で利用することが可能です。

実際にDatabeat Exploreを使ってみて、その性能を実感してみてください。

Googleデータポータルを活用して分析業務を効率化するツール
DatabeatExplore

こんな方にオススメ

・広告数字の集計が大変

GAと広告数字を同時に集計したい

・人力レポートではミスが発生する

Googleデータポータルを活用したい

楽天広告に強みをもつおすすめ代理店5選と上手な選び方
最新情報をチェックしよう!
>広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

Databeat Exploreは、WEB広告データの見える化を実現するサービスです。
様々な広告データを抽出・統合・一元化し、見たいデータを見たい時に見たい場所で見ることができます。

CTR IMG