運用型広告代理店に運用を任せよう!基礎知識や代理店手数料など詳細解説!

運用型広告に強みをもつおすすめ代理店9選と上手な選び方

スマホやインターネットの普及によって、以前にも増して運用型広告の需要・重要性が高まってきています。運用型広告を上手く使いこなせるか否かで、製品・サービスの売上が大きく変わってくるといってもよいでしょう。

運用型広告の運用は「広告代理店」に依頼することがおすすめです。本記事では運用型広告の基礎知識や代理店手数料なども含めて、情報を詳細に解説していきます。これから運用型広告の運用を検討している方、運用型広告の運用代行を依頼したい方はぜひ一読してみてください。

目次

運用する前に確認しておきたい「運用型広告」の基礎知識

運用型広告の運用を進めていく前に、運用型広告の基礎知識を今一度確認していきます。運用型広告について知識をお持ちの方はもちろん、特にこれから初めて運用を行う方、基礎知識に不安がある方は、この章で確認していきましょう。

そもそも「運用型広告」とは?

(引用元:Google

運用型広告とは、配信内容やキーワード、ターゲットなどを設定して運用が行えるWeb広告になります。内容・金額を柔軟に変更できるので、広告運用担当者の力量が問われる広告ともいえます。

予約型広告との違い

予約型広告は、あらかじめ決められた広告枠を買い取って広告を掲載する広告形態です。運用型広告の場合、広告枠はあらかじめ設定されていません。設定したキーワードや広告予算などによって、掲載される広告が変わってきます。予約型広告は広告費さえ払えば、一定期間確実に広告を掲載できますが、運用型広告の場合は広告が掲載されるよう各種設定を継続的に行っていく必要があります。

したがって、運用型広告の方が「広告運用の専門知識・経験」が問われてきます。運用型広告の運用経験が乏しいと、満足のいく広告運用ができない可能性が高いです。

※参考:予約型広告の代表例「純広告」について詳しく解説された記事はこちら

関連記事

「純広告の運用代行を利用してみたいが、具体的なメリットや料金がいまいち分からない。」 このような悩みを抱えている担当者・経営者の方、少なくないと思います。そもそも、広告の運用代行でどのようなことをしてくれるのか、イメージしづらい点もあ[…]

純広告の運用代行におすすめの代理店

主な運用型広告の種類

主な運用型広告の種類として、下記の3種類が挙げられます。

  • 検索連動型広告(リスティング広告)
  • ディスプレイ広告
  • SNS広告

それぞれ詳細を確認していきましょう。

検索連動型広告(リスティング広告)

(引用元:Yahoo!

検索連動型広告(リスティング広告)とは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで検索を行った際に、検索結果の上部・下部に表示されるテキスト広告になります。検索されたキーワードに応じて、最適なリスティング広告が表示される仕組みになっています。

たとえば、「運用型広告」というキーワードで検索をかけた場合、検索連動型広告には「リスティング広告」・「SNS広告の広告代理店」など運用型広告と関連した広告が表示されます。キーワード検索をかけた人の潜在的なニーズを満たす広告が表示されるので、効率よく広告宣伝することが可能です。

ディスプレイ広告

(引用元:Yahoo!

ディスプレイ広告とは、Yahoo!などのメディアサイトに設置されているバナー形式の広告になります。運用型のディスプレイ広告の場合、ユーザーの情報から関心が高いと考えられる広告が優先的に配信されます。自社の商品・サービスに合った層に絞って広告配信を行える点はディスプレイ広告のメリットです。

SNS広告

(引用元:Facebook

SNS広告とは、TwitterやFacebook、Instagramなど各種SNSで配信されるWeb広告になります。通常の投稿と形式を合わせて広告配信が行えるので、広告であることが認知されづらい点が特徴になります。また、ユーザーの情報から配信対象を絞ることも可能です。

その他

上記3つの運用型広告以外にも、DSP広告リターゲティング広告なども運用型広告として挙げられます。DSP広告は「Demand Side Platform」と呼ばれる広告プラットフォームを通じて配信が行われるWeb広告です。DSPは広告主側の広告運用効果を最大化してくれるので、高いコンバージョン率を獲得できる点が特徴です。

リターゲティング広告とは、一度特定のサイトを訪問したユーザーに対して、サイト内で紹介されていた商品・サービスを他のサイトでも表示させる広告になります。リターゲティング広告はサイト離脱者に対して継続的に商品・サービスをアピールしてくれるので、離脱ユーザーのサイト再訪率を高めてくれます。

主な運用型広告の課金方式と掲載費用相場

主な運用型広告の種類 課金方式 掲載費用相場
リスティング広告 クリック課金方式 1クリックあたり数十円~数千円
ディスプレイ広告 クリック課金方式

インプレッション課金方式

1クリックあたり数十円~数千円

1,000impsあたり数十円

SNS広告 クリック課金方式

インプレッション課金方式

1クリックあたり数十円~数千円

1,000impsあたり数十円

運用型広告の運用では、主に「クリック課金方式」「インプレッション課金方式」が課金方式として採用されています。クリック課金方式は、広告がクリックされるごとに広告費が発生する課金方式です。広告がクリックされずに表示されるのみである場合は、費用は発生しません。

インプレッション課金方式は、広告が1回表示されるごとに広告費が発生する課金方式になります。インプレッション課金の場合、広告がクリックされなくても費用は発生します。

運用型広告では、設定したキーワードやユーザー情報、広告予算によって実際に発生する費用が異なってきます。そのため、明確な費用相場というものが存在しません。広告主側で自由に広告予算が設定できる点が、運用型広告のメリットとなります。

 

運用型広告の運用代行を代理店にお願いする5つのメリット

運用型広告の運用代行を代理店に依頼するメリット、デメリット

運用型広告の運用を行いたいけれど、自社で広告運用を行う余裕がない。

このような悩みを抱えている広告運用担当者の方は少なくないかと思います。

そんな方におすすめな方法が「広告代理店に運用型広告の運用代行を依頼する」ことです。運用型広告の運用を広告代理店に依頼するメリットとして下記の5つが挙げられます。

  1. 運用型広告運用のプロに依頼できる
  2. 自社に広告運用人材がいなくても広告運用ができる
  3. 運用型広告のインハウス支援を行ってくれる
  4. 運用型広告の最新情報を共有できる
  5. 他のWeb広告の運用も合わせて依頼できる

運用型広告の運用代行会社(代理店)とは?

運用型広告の運用代行会社(代理店)とは、自社に代わって広告運用を代行してくれる会社・代理店になります。Web広告の需要が高まる中で、運用型広告の運用代行を行ってくれる代理店も増えてきています。東京や大阪などの都心部のみならず、地方都市でも広告代理店の数は増えてきています。

メリット1:運用型広告運用のプロに依頼できる

運用型広告の運用を広告代理店に依頼することで、広告運用のプロの運用を行ってもらうことができます。運用型広告の運用は、数あるWeb広告の中でも運用担当者の力量が問われやすい広告です。経験豊富な広告運用のプロに依頼すれば、着実に広告運用で成果を出してくれます。

メリット2:自社に広告運用人材がいなくても広告運用ができる

広告代理店に運用型広告の運用代行を依頼することで、自社に広告運用人材がいなくても広告運用を行うことが可能です。中小企業やベンチャー企業の場合だと、運用型広告の運用に回せる人材が少ないケースが多いです。そのような状況でも、広告代理店に依頼すれば問題なく運用型広告の運用を行うことが可能になります。

メリット3:運用型広告のインハウス支援を行ってくれる

運用型広告の運用を請け負ってくれる広告代理店の中には、運用型広告のインハウス支援を行ってくれる代理店もあります。将来的には自社で運用型広告の運用を行っていきたい場合に、広告代理店のインハウス支援は非常に頼りになります。実際の広告運用の現場で培った知識をもとに指導をしてくれるので、成果に繋がりやすい広告運用のノウハウを吸収することが可能です。

メリット4:運用型広告の最新情報を共有できる

広告代理店を利用することで、現在の運用型広告の動向や注目を浴びているキーワードなど、広告代理店しか知らないような情報を知ることが可能です。広告代理店から情報を得られれば、セミナーに参加したり、書籍を購入して情報を手に入れる手間もなくなります。

メリット5:他のWeb広告の運用も合わせて依頼できる

運用型広告の運用代行を請け負っている広告代理店の多くは、予約型広告など他の広告運用代行にも対応しています。運用型広告の運用に加えて、予約型広告の運用も合わせて依頼することも可能です。Web広告全体の運用を代理店にすべて任せることもできますので、広告運用を効果的に活用することができます。

 

運用型広告運用代行を広告代理店にお願いする3つのデメリット

運用型広告の運用代行を広告代理店にお願いする場合、メリットのみならずデメリットも少なからず生じてきます。デメリットとして挙げられるのは下記の3点です。

  1. 初期費用・運用代行費用がかかる
  2. 100%広告運用の成果がでるとは限らない
  3. 広告運用のノウハウを蓄積しづらい

デメリット1:初期費用・運用代行費用がかかる

運王型広告の運用を広告代理店に依頼することで、広告運用における初期費用・運用代行費用が発生してきます。料金の相場に関しては後ほど詳しく解説しますが、費用によって対応してもらえる業務範囲が異なってくるので注意しなければなりません。

 デメリットの対応策

広告代理店の中には、1年以上の長期契約を結ぶことで運用代行費用を安くしてくれるところもあります。長期運用を前提としている場合は広告代理店にその旨を打診して、料金を安くしてくれないないか交渉してみるのも一つの手です。

また、運用代行費用は代理店によって金額が変わってきます。複数の代理店をピックアップして、運用代行費用の比較を必ず行うようにしてください。

デメリット2:100%広告運用の成果が出るとは限らない

広告代理店は広告運用のプロではありますが、100%広告運用の成果を出せるとは限りません。これはどの世界でも言えることですが、プロであっても失敗してしまうことはあります。運用型広告の運用代行を依頼する際は、広告運用の成果が出ない可能性も考慮しておかねばなりません。

 デメリットの対応策

満足のいく広告運用成果を得られるよう、代理店の広告運用実績を必ずチェックするようにしましょう。広告代理店のホームページ上に掲載されている実績情報のみでは不十分なので、広告代理店への問い合わせの際に直接実績を見せてもらうよう交渉してみてください。実績の提示に難色を示す代理店の場合は、運用型広告の運用実績が芳しくない可能性があるので、別の代理店へ依頼した方がよいでしょう。

デメリット3:広告運用のノウハウを蓄積しづらい

運用型広告の運用を広告代理店に依頼した場合、広告運用の業務は基本的に代理店がすべて行ってくれます。このため、自社の広告運用のノウハウが蓄積しづらい点でデメリットになります。

 デメリットの対応策

広告運用のノウハウを蓄積したい場合は、インハウス支援を行っている広告代理店の利用をおすすめします。インハウス支援を受けられれば、広告運用の代行を依頼しつつ、自社に広告運用のノウハウを蓄積することが可能です。ホームページ上にインハウス支援の記載がなくでも、打診することで請け負ってくれるケースもあります。こちも問い合わせの際に確認してみてください。

 

運用型広告運用代行の代理店手数料相場とサービス範囲

運用型広告運用代行の代理店手数料相場とサービス範囲

次に運用型広告の運用代行を依頼する際の手数料相場・サービス範囲について確認していきましょう。

運用型広告運用代行の代理店手数料体系

運用型広告運用代行の手数料体型は、「初期費用+運用代行費用」で構成されています。初期費用は「5万円~10万円」ほどが相場です。代理店の中には初期費用が無料のところもあります。

運用代行費用に関しては、「広告費の20%」が料金相場となります。ただし、代理店の多くは「最低金額」を設けているため、場合によっては広告費の20%以上の代行費用が発生することもあるので注意してください。

一般的な代理店手数料の料金体系

一般的な代理店手数料の料金体系に関しても、「初期費用+運用代行費用」で設定されているケースが多いです。運用代行費用の料率に関しては、20%でない代理店もあるので要確認になります。

運用型広告運用代行の代理店料金相場まとめ表

料金 こんな方におすすめ サービス対応範囲
月10万円 ・運用型広告運用の一部を依頼したい方
・運用代行費用を最小限に抑えたい方
・運用型広告のアカウント作成
・運用型広告の運用補助 など
月20~30万円 ・運用型広告運用を全般的に任せたい方 ・運用型広告のアカウント作成
・運用型広告の全般的な運用業務
・広告運用レポートの作成 など
月50万円以上 ・運用型広告運用の依頼に加えて、詳細なレポート作成や改善案の提案を行ってもらいたい方 ・運用型広告のアカウント作成
・運用型広告の全般的な運用業務
・詳細な広告運用レポートの作成
・広告運用の改善案の提案
・広告運用における総合的なコンサルティング など

 

運用型広告運用を代理店に依頼する際、料金が高くなるほど対応してもらえる業務範囲が広くなります。相場としては「20~30万円」の料金となりますが、50万円以上の料金を支払えば、より詳細な業務まで対応してもらえることもあります。

広告費にもよりますが、月あたり10万円未満の料金となると、広告運用業務の一部のみ依頼できる形になるケースが多いです。運用型広告の運用代行を全般的に依頼したい場合は、月あたり20万円以上の予算を見込んで置いた方が安心です。

 

運用型広告運用を担う広告代理店を上手に選ぶ5つのチェックポイント

運用型広告運用を担う広告代理店を上手に選ぶ5つのチェックポイント

運用型広告運用を担う広告代理店を選ぶ際のポイントとして、下記の5つのチェックポイントが挙げられます。

  1. 担当者1人あたりの運用広告数
  2. 契約期間と途中解約の有無
  3. 運用型広告の運用実績
  4. 運用料金の最低金額
  5. 他のWeb広告運用に対応しているかどうか

POINT1.担当者1人あたりの運用広告数

担当者1人あたりの運用広告数が適正な範囲内か、確認をとるようにしてください。人員が限られている広告代理店の場合だと、1人の運用担当者が20以上の広告を一度に運用しているケースもあります。当然ながら、担当する広告数が多いほど1つの広告にかけられる時間は少なくなりますので、運用の質が低下してしまう可能性が生じてきます。

多くても1人あたり10までの広告数になっているか、代理店に確認をとりましょう。回答を渋るような代理店であった場合は利用を見送って、別の代理店に依頼することをおすすめします。

POINT2.契約期間と途中解約の有無

広告代理店を利用する際は、契約期間と途中解約の有無を必ず確認するようにしてください。広告代理店によって、設定されている契約期間は異なってきます。1ヵ月単位で契約期間を設けているところもあれば、数か月・半年単位で契約期間を設定している代理店もあります。ちゃんとした広告代理店であれば、契約期間について説明を行ってくれますが、代理店によっては説明を割愛するケースもあります。何か月単位の契約になっているのか、忘れずにチェックしましょう。

また、途中解約に関しても代理店によって規定が様々です。特にポイントになってくるのが「違約金の有無」になります。途中解約した際の違約金が高額に設定されていると、満足いく成果が得られない場合でも多額の損失を出してしまうことになりかねません。どのようなケースで違約金が発生するのか、詳細な条件も合わせて確認するようにしてください。

POINT3.運用型広告の運用実績

利用を検討している広告代理店が、運用型広告で運用実績を出しているかどうかもチェックポイントになります。運用型広告以外の運用実績が充実していても、必ずしも運用型広告で成果を出せるとは限りません。運用型広告の運用自体で成果を出せているか、数値データを含めて詳細に確認しましょう。

POINT4.運用料金の最低金額

広告代理店によって、運用型広告の運用料金に「最低金額」を設けているケースがあります。多くの広告代理店では「広告費の20%」が運用代行費用となっていますが、広告費が一定の金額に満たない場合は、広告費20%以上の費用が請求されることもしばしばです。運用料金の最低金額がいくらに設定されているか、依頼前に把握しておきましょう。

POINT5.他のWeb広告運用に対応しているかどうか

Web広告には運用型広告以外にも「ディスプレイネットワーク」や「予約型広告」など様々な形態があります。幅広くWeb広告運用を行いたい場合は。他のWeb広告運用にも代理店が対応しているかチェックするようにしてください。運用型広告の運用に特化している代理店もあれば、Web広告全般を幅広く扱っている代理店も存在します。代理店によっては、各種広告媒体の専属運用者を雇っているケースもあるので、合わせて確認することをおすすめします。

 

【厳選】運用型広告運用代行に強みをもつおすすめ広告代理店TOP3

次に、運用型広告運用代行に強みをもつおすすめの広告代理店を厳選して3社紹介していきます。

株式会社SEMエージェンシー

(引用元:https://sem-agency.co.jp/

株式会社SEMエージェンシーは東京都渋谷区に本社を置く広告代理店です。運用型広告の運用代行を中心に、デジタルマーケティングや越境EC事業など幅広いサービスを提供しています。

こんな方におすすめ!

株式会社SEMエージェンシーは、広告運用担当者が直接依頼主とやり取りを行ってくれます。営業窓口を通さずに、直にコミュニケーションをとって広告運用を進めていきたい方におすすめの広告代理店です。

 株式会社SEMエージェンシーの強み

株式会社SEMエージェンシーの強みとして、大型案件の運用対応実績が豊富な点が挙げられます。月間予算3,000万円以上の大型運用案件を扱った実績もあり、ハイレベルな広告運用の経験値を積み上げています。

運用を行ってきた業種も豊富で、小売・証券・情報通信・食品など様々な業界の広告運用に対応しています。

株式会社SEMエージェンシーの概要

  • 料金体系:要問い合わせ
  • 会社名:株式会社SEMエージェンシー
  • 本社所在地:東京都渋谷区渋谷2-2-5クルスビル3F
  • URL:https://sem-agency.co.jp/

株式会社ルネイム

(引用元:https://www.lunaim.co.jp/

株式会社ルネイムは、東京都中央区に本社を置く広告代理店です。検索連動型広告、ディスプレイ広告など幅広い運用型広告の運用代行サービスを提供しています。

こんな方におすすめ!

株式会社ルネイムは顧客の要望に対応するのは勿論のこと、広告運用の改善案などを積極的に提案してくれる点が特徴です。新しいアイディアや広告運用ノウハウを共有したい方におすすめの広告代理店となっています。

 株式会社ルネイムの強み

株式会社ルネイムの強みとして、運用型広告のインハウス化支援に力を入れている点が挙げられます。社内完結で成果に繋がる広告運用の仕組みを提案・構築支援してくれるので、将来的にインハウス運用を検討している会社に最適です。

経験豊富な広告運用担当者が広告戦略の考え方、アカウント設計、広告運用の効果検証など各種ノウハウを指導してくれます。

株式会社ルネイムの概要

  • 料金体系:月額150,000円~
  • 会社名:株式会社ルネイム
  • 本社所在地:東京都中央区銀座6-6-1銀座風月堂ビル5F
  • URL:https://www.lunaim.co.jp/

株式会社ADrim

株式会社ADrim

引用先:https://adrim.co.jp/

株式会社ADrimは東京都千代田区に本社を置くWebマーケティング企業です。リスティング広告、SNS広告やDSP広告など幅広い媒体での運用代行に加え、アフィリエイト広告やインフルエンサー施策、SNSアカウント運用など、幅広いマーケティング支援を行っています。

こんな方におすすめ!

運用型広告に限らず、Webマーケティング全体の成果向上へ向けたプランニングを相談したい方におすすめです。

 ADrimの強み

株式会社ADrimでは、無料でのアカウント診断を実施しており、広告運用の発注前に、課題に対しての具体的な意見交換をすることが可能です。

また、幅広い予算規模・ジャンルでの運用改善実績が豊富です。世界展開の外資系企業のWebマーケティング支援や、大手美容クリニックの広告運用を行う一方、1店舗の美容クリニックの全国規模への拡大に貢献するなど、事業規模を問わず様々な実績があります。

また、Webマーケティングでカバーする範囲が広いため、運用型広告に限らず、マーケティング戦略から相談することができる点も強みです。

株式会社ADrimの概要

  • 料金体系:要相談(初期費用や最低出稿金額の設定は無し)
  • 会社名:株式会社ADrim
  • 本社所在地:東京都千代田区神田錦町二丁目2番地1 WeWork KANDA SQUARE内12F
  • URL:https://adrim.co.jp/

 

リスティング広告運用代行に強みをもつおすすめ広告代理店2選

次にリスティング広告の運用代行に強みをもつおすすめの広告代理店を厳選して2社紹介していきます。

アナグラム株式会社

(引用元:https://anagrams.jp/

アナグラム株式会社は東京都渋谷区に本社を置く広告代理店です。リスティング広告を中心とした各種運用型広告の運用代行、Webマーケティング支援など幅広いサービスを提供しています。

こんな方におすすめ!

アナグラム株式会社は、依頼主名義の広告アカウントでの運用にも対応しています。透明性の高い広告運用を希望する方におすすめの代理店です。

 アナグラム株式会社の強み

アナグラム株式会社には、リスティング広告などの運用型広告を専門に扱うプロ集団が在籍しています。リスティング広告で成果を出すポイントを熟知しているので、安心して広告運用を依頼することが可能です。リスティング広告の最新トレンドも運用に反映してくれる点、アナグラムの強みになります。

アナグラム株式会社の概要

  • 料金体系:月額広告費の20%
  • 会社名:アナグラム株式会社
  • 本社所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷4-4-4フィールド北参道1・2F
  • URL:https://anagrams.jp/

株式会社グラッドキューブ

(引用元:https://www.glad-cube.com/

株式会社グラッドキューブは大阪府大阪市に本社を構える広告代理店になります。リスティング広告、SNS広告、動画広告など幅広い広告媒体の運用代行に対応しています。

こんな方におすすめ!

株式会社グラッドキューブでは、透明性のあるリスティング広告の運用を行っています。各種レポートを常時共有しており、指標データをリアルタイムで確認可能です。運用担当者と同じ目線に立って広告運用の推移を見ていきたい方におすすめの代理店です。

 株式会社グラッドキューブの強み

株式会社グラッドキューブの強みとして、「契約中の代理店からの乗り換え」で運用成果を出している点が挙げられます。契約中の代理店における広告運用の問題点を洗い出して、グラッドキューブで改善を行い成果を出していきます。

グラッドキューブは1社で広告運用代行・クリエイティブ政策・各種データの解析を完結できるため、各プロセスにおいて柔軟な対応を行える点も強みになっています。

株式会社グラッドキューブの概要

  • 料金体系:月額広告費の20%(広告費は25万円以上)
  • 会社名:株式会社グラッドキューブ
  • 本社所在地:大阪府大阪市中央区瓦町2-4-7新瓦町ビル8F
  • URL:https://www.glad-cube.com/

※参考:リスティング広告に強みをもつ代理店を特集した記事も併せてご覧ください。

関連記事

リスティング広告の運用代行を担う代理店は、クライアントに代わってリスティング広告の運用全般を行ってくれます。この運用代行サービスは、自社でリスティング広告の運用が難しい企業にとって、非常に有用なサービスです。 しかし、リスティング広告[…]

リスティング広告代理店選び完全ガイド〜上手な選び方や手数料の仕組み詳しく解説〜

 

ディスプレイ広告運用代行に強みをもつおすすめ広告代理店2選

次にディスプレイ広告運用代行に強みをもつおすすめ広告代理店を紹介していきます。

株式会社アイレップ

(引用元:https://www.irep.co.jp/

株式会社アイレップは東京都渋谷区に本社を置くWebマーケティング会社です。運用型広告や動画広告、EC広告、アフィリエイト広告など様々な広告媒体を扱っています。

こんな方におすすめ!

株式会社アイレップでは、専門コンサルタントが目的に応じたツールを使い分けて、最適な戦略立案を行ってくれます。ディスプレイ広告の運用を一からすべて任せたい方におすすめの会社です。

 株式会社アイレップの強み

株式会社アイレップの強みとして「メディア仕様を踏まえたクリエイティブの設計」に対応している点が挙げられます。掲載するディスプレイ広告が最も効果を出せるよう、広告文や画像の作成を行ってくれます。

また、広告ごとのターゲティングに関しても運用ノウハウを蓄積している点もアイレップの強みです。

株式会社アイレップの概要

  • 料金体系:要問い合わせ
  • 会社名:株式会社アイレップ
  • 本社所在地:東京都渋谷区恵比寿4-20-3恵比寿ガーデンプレイスタワー21F
  • URL:https://www.irep.co.jp/

オーパスプラン有限会社

(引用元:https://opus-plan.net/

オーパスプラン有限会社は大阪市浪速区にある広告代理店です。ディスプレイ広告などの各種運用型広告の運用代行に加えて、Webサイト制作のサービスも提供しています。

こんな方におすすめ!

オーパスプラン有限会社は、限られた広告予算の中でも最適なディスプレイ広告運用を行ってくれます。これまで多くの中小企業や個人事業主の広告運用代行を引き受けてきた実績もある点も特徴です。広告予算が多く確保できない方に、オーパスプランはおすすめです。

 オーパスプラン有限会社の強み

オーパスプラン有限会社の強みとして、SEOコンサルタントやWeb制作ディレクターもディスプレイ広告の分析・改善に携わってくれる点が挙げられます。各分野の知見を活かして、より効果的なディスプレイ広告の運用を実現してくれます。

また、オーパスプランではディスプレイ広告の運用実績は媒体ごとに詳細にレポートを作成してくれるので、どのように広告運用が進んでいるのか明確に把握することが可能です。

オーパスプラン有限会社の概要

  • 料金体系:広告費の20%(出稿費用が10万円未満の場合は20,000円)
  • 会社名:オーパスプラン有限会社の概要
  • 本社所在地:大阪府大阪市浪速区桜川2-1
  • URL:https://opus-plan.net/

※参考:ディスプレイ広告の運用に強みをもつ代理店を特集した下記の記事も併せてご覧ください。

関連記事

ディスプレイ広告は、パソコンやスマートフォンを利用する中で非常に多く目にする広告の一つです。そのため、多くの企業でもマーケティング手法の一つとして取り入れられています。 こちらの記事では、そんなディスプレイ広告の運用代行に強みを持つお[…]

ディスプレイ広告運用代行に強みをもつ代理店5選と上手な選び方

 

SNS広告運用代行に強みをもつおすすめ広告代理店2選

次にSNS広告の運用代行に強みをもつおすすめの広告代理店を紹介していきます。

株式会社プロモスト

(引用元:https://www.promost.co.jp/

株式会社プロモストは東京都中央区に本社を置くWebマーケティング会社です。SNS広告の運用をはじめとして、MEO対策やSEO対策、Web制作、動画制作などWeb領域全般のサービスを提供しています。

こんな方におすすめ!

株式会社プロモストはFacebook広告、Instagram広告、Twitter広告など主要SNS広告の運用にすべて対応しています。SNS広告の運用を媒体に縛られず幅広く行いたい方におすすめの会社です。

 株式会社プロモストの強み

株式会社プロモストの強みとして、依頼主の予算に合わせたSNS広告の運用を行ってくれる点が挙げられます。広告予算に限りがある場合でも、プロモストであれば柔軟に対応してくれます。

また、プロモストは各種SNS広告のクリエィティブも低価格で制作してくれます。別のデザイン会社にクリエイティブの制作を依頼する必要もありません。

株式会社プロモストの概要

  • 料金体系:月額50,000円~
  • 会社名:株式会社プロモスト
  • 本社所在地:東京都中央区銀座3-13-19東銀座313ビル6F
  • URL:https://www.promost.co.jp/

ASUE株式会社

(引用元:https://asue.jp/

ASUE株式会社は愛知県名古屋市に本社を置く広告代理店です。Facebook広告やLINE広告、Twitter広告など各種SNS広告の運用代行に対応しています。

こんな方におすすめ!

ASUE株式会社はSNS広告の運用で利用する動画を無料で制作してくれます。クオリティの高い動画を使ってSNS広告の運用を行いたい方におすすめ広告代理店です。

 ASUE株式会社の強み

ASUE株式会社では、ユーザーの流入先となるランディングページの制作まで対応しています。SNS広告で扱う商材・サービスに合わせたランディングページを制作してくれます。広告運用担当者が直接対応をしてくれるので、営業部を挟んでたらい回しになるといってこともありません。細かい部分を共有しながら、納得のいく形で広告運用を進めることが可能です。

ASUE株式会社の概要

  • 料金体系:月額広告費の20%
  • 会社名:ASUE株式会社
  • 本社所在地:愛知県名古屋市中区錦3-5-30三晃錦ビル6F
  • URL:https://asue.jp/

※参考:SNS広告に強みを持つ代理店を特集した記事も併せてご覧ください。

関連記事

SNS広告は、SNSの利用者増加と共に活用する企業が続々と増えてきているマーケティング手法のひとつです。一般的な広告に比べて拡散力があったり、細かなユーザーのターゲティングができるといった点が、リスティング広告などとは異なります。 上[…]

SNS広告運用代行おすすめ代理店11選と上手な選び方

 

 

運用型広告を自前で運用する際にオススメの業務効率化ツール

運用型広告を自前で運用する際は、広告運用担当者の負担を可能な限り最小化することが肝要です。特に、広告運用にリソースを割けない会社の場合は、広告運用業務を効率化することが必須といえます。

そこでおすすめしたい運用型広告の業務効率化ツールが「Databeat Explore」です。

運用型広告運用の効果を可視化する「Databeat Explore」

Databeat Explore

Databeat Exploreは運用型広告の運用で利用する各種指標を可視化してくれます。知りたい指標をすぐに確認できるので、マーケティングや会議での活用にも最適です。

また、Databeat Exploreは広告運用データを自動で取得してくれるので、手動でデータを集計したり整理する手間がなくなる点も強みです。運用型広告の運用担当者の負担を軽減することが可能になります。

運用型広告運用における「Databeat Explore」の3つの活用ポイント

運用型広告運用におけるDatabeat Exploreの活用ポイントとして、下記の3点が挙げられます。

  1. 運用型広告のデータをもとに自動でレポート作成
  2. Google Analyticsなど外部ツールへデータを出力可能
  3. 常に最新の状態でデータを保存できる

 運用型広告のデータをもとに自動でレポート作成

Databeat Exploreで取得した運用型広告のデータをもとにして自動でレポートを作成することが可能です。レポート作成は意外と負担が重く、リソースを多く使ってしまう作業です。レポート作成をDatabeat Exploreで自動化することで、広告運用担当者の負担を減らして業務を効率化することができます。

 Google Analyticsなど外部ツールへデータを出力可能

Databeat Exploreで取得した広告運用データは、Google AnalyticsやGoogle Data Portalなど各種外部ツールへ出力することが可能です。データの取得はDatabeat Exploreで行い、各種分析は使い慣れたツールで行うといった形で利用することもできます。データの保管場所を選ばない点、Databeat Exploreの強みです。

 常に最新の状態で運用型広告のデータを保存できる

Databeat Exploreで取得したデータは、常に最新の状態に自動で更新されます。データ記載元のページにアクセスして手動で更新する必要もありません。新しいデータをもとにして、柔軟に目標値を変更することが可能になります。

 

まとめ

運用型広告の運用には高いスキル、豊富な経験が求められます。未経験の方がいきなり運用型広告を運用して成果を出すのは至難です。運用型広告で着実に成果を出したい場合は、運用型広告を扱う広告代理店に依頼することをおすすめします。本記事で紹介した内容を参考にしてもらい、運用型広告に強みをもつ広告代理店を利用していきましょう。

広告レポート作成を自動化しませんか?

 

Databeat Explore_CTA

「広告データの集計に時間を取られている」
「アクセス解析と広告データを同時に集計したい」
「Looker Studio(旧Googleデータポータル)を使ってレポート作成工数や手動によるミスを削減したい」

このような課題は、Databeat Exploreで解決できます。

Databeat Exploreとは、自動で収集した広告データをオリジナルフォーマットでレポート化する、広告レポート作成自動化ツールです。

  • 導入にエンジニアスキルは不要
  • 国内最多の37サービスと連携が可能
  • 無料BIツールLooker Studio(旧Googleデータポータル)でレポート作成を自動化できる

詳しくは以下のリンクよりサービスサイトをご覧ください。

運用型広告代理店に運用を任せよう!基礎知識や代理店手数料など詳細解説!
最新情報をチェックしよう!
>広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

Databeat Exploreは、WEB広告データの見える化を実現するサービスです。
様々な広告データを抽出・統合・一元化し、見たいデータを見たい時に見たい場所で見ることができます。

CTR IMG