ディスプレイ広告運用代行に強みをもつ代理店5選と上手な選び方

ディスプレイ広告運用代行に強みをもつ代理店5選と上手な選び方

ディスプレイ広告は、パソコンやスマートフォンを利用する中で非常に多く目にする広告の一つです。そのため、多くの企業でもマーケティング手法の一つとして取り入れられています。

こちらの記事では、そんなディスプレイ広告の運用代行に強みを持つおすすめの代理店と、代理店の選び方について解説します。

目次

まずは確認しておきたいディスプレイ広告の基礎知識

ディスプレイ広告の運用代行をしてくれる代理店についてご紹介する前に、まずはディスプレイ広告がどんなものなのか解説します。

ディスプレイ広告とは?仕組みをわかりやすく解説!

ディスプレイ広告とは、インターネット上のサイトやアプリに表示される広告の一種です。
インターネット上に表示される広告はさまざまな種類がありますが、その中でもディスプレイ広告は画像や動画で表示されています。

Yahoo!ydn
出典:https://www.yahoo.co.jp/

上記はYahoo!公式サイトです。赤枠の部分がディスプレイ広告で、かなり目立つことがわかります。インターネット上の広告にはテキストのみの広告も数多く表示されていますが、それに比べてディスプレイ広告は視覚的な訴求効果が高いといえます。

ディスプレイ広告が効果を発揮するシーン

リスティング広告は検索連動型広告なので、ユーザーの検索履歴に基づいて広告を表示させることが可能です。そのため、訴求したいサービスや商品に対して明確に興味があるユーザーへ配信することができます。

一方ディスプレイ広告は、検索キーワードに対しての配信もできますが、それ以外に年齢や性別といったさまざまなターゲティングを行って、提携サイト上に表示させることが可能です。リスティング広告ほどターゲットが絞り込めていないことがデメリットのように思えるかもしれませんが、潜在層も含めより幅広い層に向けて訴求をできるというメリットがあります。

ディスプレイ広告の種類

ディスプレイ広告の種類について解説します。

 GDN

GDNはGoogleディスプレイネットワークの略で、Googleが提携しているサイトに広告を配信することができます。代表的な例を挙げるとYouTubeや楽天、カカクコム、食べログなどがあります。

広告配信先のターゲティングとしては、年齢や性別から地域、使用デバイスなどが設定できます。ただし、サーチターゲティングといって過去に検索したキーワードに基づく配信や、ユーザーが閲覧したインターネットサイトの履歴をもとに配信するインタレストマッチは利用できません。

▼参考:GDNおよびGDNのおすすめ代理店を紹介した記事

関連記事

GDNは、潜在的な顧客にアプローチしやすい「ディスプレイ広告」を配信するネットワークです。高いコンバージョンを得ることはもちろん、自社製品やサービスの認知度を広めるのにも役立ちます。 ただし、ターゲティングの設定など構成要素が多く運用[…]

GDN広告運用代行おすすめ代理店

 YDN

YDNはYahoo!ディスプレイアドネットワークの略で、主にYahoo!のページや提携先サイトへ広告が配信されます。GDNと同様にさまざまな条件でのターゲティングを行うことが可能です。

また、GDNではできないサーチターゲティングとインタレストマッチの配信も可能です。反対に、GDNで利用できるコンテンツターゲット配信ができません。コンテンツターゲットは、指定したキーワードに関連性の高いサイトへ広告を配信することができる方法です。

コンテンツターゲットはサーチターゲティングやインタレストマッチに比べて、潜在顧客への訴求力が強い方法となります。なお、ディスプレイ広告(YDN)は2021年春に提供が終了するとYahoo!からアナウンスがありました。
とはいっても、Yahoo!のディスプレイ広告がなくなってしまうのではなく、ディスプレイ広告(運用型)というものへ移行する形になります。YDNと運用型の違いですが、管理画面などがリニューアルされて、キャンペーンの作成方法や配信アルゴリズムにも変更があります。

▼参考:YDNおよびYDNのおすすめ代理店を紹介した記事

関連記事

YDNは、広告で表示される商材に興味を持ちうるインターネットユーザーに対して、閲覧中のコンテンツページに広告を表示するサービスです。高いコンバージョンを得ることはもちろん、自社製品やサービスの認知度を広めるのにも役立ちます。 ディスプ[…]

YDN運用代行に強みをもつおすすめ代理店

 その他

ディスプレイ広告の代表的なものとしては上記でご紹介したGDNとYDNがありますが、これ以外にもディスプレイ広告はあります。もっともメジャーなのはYouTube広告です。

YouTube広告はその名の通りYouTube上に配信される広告です。なんといっても大きな違いは、広告が配信される場所です。YouTube広告は、YouTube上のさまざまなところに表示されますが、それ以外にも動画が再生される前後や途中で動画が流れるインストリーム広告というものがあります。

インストリーム広告は、視聴者が広告をスキップできるものや一定時間視聴しなければならないものがあります。これらの広告は、YouTubeで動画を見る際に必ず見なければならないため、他のディスプレイ広告に比べてより多くのユーザーに届きます。

ディスプレイ広告の掲載費用相場

ディスプレイ広告の掲載費用は、基本的に1クリックごとの課金となります。金額は1クリック数十円から数百円程度が多く、ジャンルやキーワードによってはそれ以上になる場合もあります。

また、一部クリック課金ではなくコンバージョン課金での配信を行うこともできます。コンバージョン課金はクリックされただけでは課金されませんので、コンバージョンが発生しないまま広告費予算だけ消化してしまうようなケースや、CPAの高騰を抑えることが可能です。

ただし、クリック課金ほど想定通りに予算が消化できない(コンバージョンが発生しない)というケースもありますので、状況に合わせて使い分ける必要があります。

関連記事

ディスプレイ広告は、WEB広告の中でも主要な手法の一つです。WEB広告を利用している多くの企業が、ディスプレイ広告を活用しています。 今回こちらの記事では、これからディスプレイ広告の導入を検討している方に向けて ディスプ[…]

ディスプレイ広告の費用がまるわかり!課金形態や媒体別費用相場、代理店手数料まで詳しく解説

ディスプレイ広告の運用代行を代理店にお願いする5つのメリット

ディスプレイ広告運用代行のメリット、デメリット

ディスプレイ広告の運用代行を代理店にお願いした場合の5つのメリットを解説します。

メリット1:社内リソースが不要

ディスプレイ広告の運用代行を利用するもっとも大きなメリットともいえるのが、リソースです。それなりの予算を投じて広告を配信する場合は特に、きちんとコンバージョンが獲得できているか、CPAは高騰していないか、予算は消化できているかなど多くの数値を管理しなくてはなりません。

また、ディスプレイ広告は一度広告を設定したらおしまいではなく、状況に応じてキャンペーンを停止したり新たに作成するなどの工数も発生します。最低でも専任の担当者が一人必要となりますが、代理店に運用代行をしてもらえればそういったリソースを使うことなく広告が運用できます。

メリット2:最新の情報をキャッチしやすい

ディスプレイ広告に限らず、広告業界は常に最新の情報をキャッチして対応していく必要があります。自社での運用を行っていた場合には、担当者がそうした情報にも常にアンテナを張っておかなくてはなりません。

しかし、運用代行を行う代理店はいくつものクライアントを抱えながら広告運用に携わっており、情報もしっかりとキャッチして共有してくれます。

メリット3:運用方法や管理画面について学ぶ時間を省ける

はじめてディスプレイ広告の運用を行うとなると、管理画面の見方から操作方法や、設定方法などを学ばなくてはなりません。正しい運用方法を理解していないと、予算をかけても広告が意図するユーザーに全く届かないといった可能性もあります。

代理店の担当者は広告運用に関するプロなので、こちらの意図を汲んで最適な広告運用を行ってくれます。

そのため、運用方法や設定に時間を投下する必要がなくなります。

メリット4:LPやサービスそのものの改善案をもらえる

ディスプレイ広告はサービスをユーザーに知ってもらうための入り口です。広告をクリックしたユーザーはサービスのLP(ランディングページ)を訪問してそこからコンバージョンが発生します。

いくら広告でLPへユーザーを誘導できていても、コンバージョンが発生しなければ予算をかけて広告を配信した意味がありません。こうした場合、代理店に相談すればLPの改善点についても考えてもらえたり、代理店によってはLPO(ランティングページ最適化)を実施してもらうことも可能です。

メリット5:PDCAを回してどんどん最適化できる

ディスプレイ広告の費用対効果を上げるためには、計画→実行→評価→改善といういわゆるPDCAサイクルを常に回す必要があります。PDCAサイクルを回すための分析や改善には工数はもちろんですが、専門的な知識や経験が必要不可欠です。もちろん代理店はそのような経験や知識がありますので、社内にノウハウがない場合には代理店にお任せするのがおすすめです

 

ディスプレイ広告運用代行を代理店にお願いする3つのデメリット/

デメリット1:手数料が発生する

ディスプレイ広告の運用代行を代理店が行う際には、手数料の支払いが必要です。多くの代理店の手数料は、運用した広告費の数%という設定をしているので、広告費が大きくなればなるほど手数料も膨れ上がることになります。

 デメリットの対応策

金銭的なデメリットは避けたいと考えるのが普通です。しかし、それを避けるために自社でノウハウもないまま代理店と同等のクオリティでディスプレイ広告を運用することは非常に困難です。

いずれディスプレイ広告の運用をインハウス化するとしても、まずは代理店に運用を任せてみましょう。運用代行を利用しながら社内で運用するための準備を進めるのがおすすめです

デメリット2:ノウハウの蓄積が難しい

代理店はもともとディスプレイ広告運用のノウハウを持っていますので、クライアントの意図を最大限反映できる形で運用を行います。しかし、それだと社内に情報を共有されない限り、クライアント側にノウハウが溜まりません。

 デメリットの対応策

運用のインハウス化を視野に入れている場合は、代理店の担当者とこまめに連絡を取り合い、運用に関する情報をヒヤリングします。定期的なレポートや運用結果についての報告はもちろんですが、わからないことや気になる点などは遠慮せず質問して知識として社内に残せるようにしましょう。

デメリット3:スピード感を持った運用が難しい

広告の変更や配信先の変更などを行う場合、自社運用のディスプレイ広告であればすぐに変更を反映することが可能です。一方代理店運用の場合、一定のスピード感を持って対応はしてくれるものの、自社運用時のようなスピード感で対応できるかというと、必ずしもそうはいかない可能性があります。

 デメリットの対応策

代理店に運用代行をしてもらっている場合は、あらかじめ対応に多少時間がかかることを前提として、変更などがある際にはスケジュールに余裕をもって連絡をします。その際、事前に変更の反映までどれくらいかかるかを確認しておくと、社内への情報共有もスムーズになります。

 

ディスプレイ広告運用代行の料金相場とサービス範囲

ディスプレイ広告運用代行の料金相場とサービス範囲について解説します。

ディスプレイ広告運用代行の料金体系

ディスプレイ広告運用代行の料金体系は、主に3つあります。

ひとつは「月額制の固定料金」、次に「成果報酬型」、そして「運用した広告費の数%が手数料として発生する体系」です。

1:月額制の固定料金

月額制の固定料金は、あらかじめ発生する手数料が明確であったり、他の体系に比べて料金を抑えられるメリットがあります。

2:成果報酬型

成果報酬型はコンバージョン件数に対して手数料が発生します。1コンバージョンあたりの金額は要相談となりますが、コンバージョンが発生しないまま手数料がかさむことはありません。ただし、別途月額料金が発生したり最低出稿金額の制限が設けられる場合があります。

3:料率型

最後に消化した広告費に対して手数料が発生するパターンです。多くの場合10~20%程度の設定となっています。こちらも月額制の固定料金の場合と同様に、月間の予算を決めれば発生する手数料の金額が明確になりますので、予算の想定はしやすくなります。

ディスプレイ広告運用代行の料金相場

ディスプレイ広告運用代行の料金相場別にサービス範囲を解説します。

月10万円以下のサービス範囲

料金 月10万円
こんな方におすすめ
  • 費用を抑えたい
  • お試しで運用をはじめてみたい
  • LPやバナーを作ってもらいたい
  • 広告の運用をすべて任せたい
サービス対応範囲 広告の運用と管理・レポート作成など

月10万円までで費用を抑える場合には、月額制の固定料金で運用してくれる代理店がおすすめです。最低出稿金額の制限などもなく、お手軽にディスプレイ広告運用代行をスタートさせられます。

サービス範囲は広告の運用管理からレポートの作成まで代行可能です。

月20~30万円のサービス範囲

料金 月20~30万円
こんな方におすすめ
  • 費用を抑えたい
  • 本格的な運用をはじめたい
  • ディスプレイ広告運用以外の部分も相談したい
  • 広告の運用をすべて任せたい
サービス対応範囲 広告の運用と管理・レポート作成など

月10万円よりももうすこし多くの費用をかけられる場合には、月額制の固定料金か成果報酬型の運用代行が利用できます。また、サービス範囲については運用からレポート作成まで全てお任せすることが可能です。

月50万円以上のサービス範囲

料金 月50万円以上
こんな方におすすめ
  • トータルの費用を抑えたい
  • 大きな予算を使って運用したい
  • 市場のシェア率を上げたい
  • サービスの認知度を上げたい
サービス対応範囲 広告の運用と管理・レポート作成など

広告からの集客をメインの販路として考えている場合や、市場のシェア率をアップさせたい、新規サービスの認知度を上げたい場合などは、月50万円以上の費用をかけて運用するのがおすすめです。

月額制の固定料金や成果報酬型での運用代行も可能ですが、ディスプレイ広告の運用代行を行っている代理店は広告費×10~20%程度の料金設定をしている代理店が多いので、選択肢も広がります。

サービス対象範囲は低予算の場合と同じく運用管理からレポート作成までですが、予算規模が大きくなればマーケティング全般に係わる企画などを提案してもらうことも可能です。

 

ディスプレイ広告運用代行を担う代理店を上手に選ぶ5つのチェックポイント

  1. 料金体系
  2. ディスプレイ広告における実績
  3. ディスプレイ広告以外の広告運用状況
  4. 担当者の質
  5. アカウントの共有や譲渡の有無

POINT1.料金体系

これまでご紹介したように、運用代行の料金体系はさまざまです。料金が高ければ質も高いということでもありませんので、運用する広告費予算やそれに付随して発生する手数料などもあらかじめ加味した上で代理店を選択する必要があります。

POINT2.実績

運用代行はただ運用できれば良いという訳ではありません。運用データを元にPDCAサイクルを回して広告の効果を最大限引き出すことが重要です。それが実現できるのはしっかりとした実績のある代理店です。代理店のホームページや担当者から、信頼して任せることができるかどうかをチェックしましょう。

POINT3.ディスプレイ広告以外の広告運用状況

ディスプレイ広告は数ある広告の種類のひとつです。もしかしたらディスプレイ広告以外の広告の方がクライアントにマッチしていたり、他の広告も同時並行して利用することで費用対効果は良くなるケースも考えられます。

このような場合に代理店へ相談したり、他の広告運用代行もお願いできるような環境を持っておくのがおすすめです。

POINT4.担当者

代理店の担当者は、クライアントと代理店の橋渡し役です。運用に関してわかりやすく丁寧に説明してくれる担当者であれば、信頼して運用代行をお願いできますし、しっかりと情報共有もしてくれるでしょう。

そういった意味では代理店だけではなく、担当者の見極めも重要です。

POINT5.アカウントの共有や譲渡の有無

代理店によっては運用代行するアカウントの共有や譲渡を拒否するところもあります。アカウントを見られると代理店のノウハウを流用されてしまったり、クライアントから運用に関して指摘をされることを嫌う代理店に多くみられる傾向です。

しかし、実績のある代理店ならばアカウントを見られても問題ありませんし、きちんと説明もできます。一概にアカウントの開示を拒否する代理店が良くないという訳ではありませんが、社内にノウハウを溜めたいと考えているのであれば、できる限りアカウントの共有や譲渡をしてくれる代理店を選ぶことをおすすめします。

 

【厳選】ディスプレイ広告運用代行に強みをもつおすすめ広告代理店5選

ヴァンテージマネジメント株式会社

ヴァンテージマネジメント株式会社
出典:https://www.vantage.jp/

こんな方におすすめ!

  • 手数料費用を抑えたい
  • 実績のある代理店にお願いしたい
  • しっかりとしたレポートが欲しい

 ヴァンテージマネジメント株式会社の強み

ヴァンテージマネジメント株式会社は、ディスプレイ広告やリスティング広告などWEB広告の総合代理店です。Google Premier PartnerやYahoo!マーケティングソリューションパートナーにも認定されています。月間650社以上の運用で得たノウハウをもとに、さまざまな業種の運用代行を行っています。手数料10%の低価格設定もポイントです。

ヴァンテージマネジメント株式会社の概要

・会社名:ヴァンテージマネジメント株式会社
・本社所在地:東京都中央区築地2-3-4 築地第一長岡ビル7階
・URL:https://www.vantage.jp/

株式会社シード

株式会社シード
出典:https://www.seedinc.jp/

こんな方におすすめ!

  • 細かな運用を行ってほしい
  • こちらの意図をしっかりと汲み取って運用してほしい
  • LPも含めた総合的な支援をしてほしい

 株式会社シードの強み

株式会社シードは14年以上のリスティング広告代行実績のある代理店です。Yahoo!正規代理店とGoogleパートナーの認定も受けていますが、少額予算からでも丁寧な運用を実施してくれます。アフィリエイト代理店としても10年の実績がありますので、ディスプレイ広告に限定せず幅広い視点でのマーケティング運用を依頼できます。

株式会社シードの概要

・会社名:株式会社シード
・本社所在地:東京都千代田区飯田橋2-14-2 雄邦ビル3F
・URL:https://www.seedinc.jp/

株式会社Tumugu

株式会社Tumugu
出典:https://www.tumugu15.co.jp/

こんな方におすすめ!

  • ベテランコンサルタントに依頼したい
  • 総合的なコンサルティングを依頼したい
  • 初期費用を抑えたい

 株式会社Tumuguの強み

株式会社Tumuguは運用歴10年以上のベテランコンサルタントが運用代行を実施してくれます。また、顧客平均継続年数が4~5年で継続率90%以上という顧客満足度の高い代理店でもあります。初期費用無料でスタートできるほか、アクセス解析にSEO対策、バナーやLP制作なども行っているので、ディスプレイ広告に限らず総合的なコンサルティングを依頼することが可能です。

株式会社Tumuguの概要

・会社名:株式会社Tumugu
・本社所在地:大阪府大阪市阿倍野区昭和町2-7-20
・URL:https://www.tumugu15.co.jp/

サムライト株式会社

サムライト株式会社
出典:https://somewrite.com/

こんな方におすすめ!

  • 広告運用を任せて他の業務に専念したい
  • スピーディーに運用を進めたい
  • 他の広告との連携も考えている

 サムライト株式会社の強み

サムライト株式会社はオウンドメディアやSNS、自社メディア事業などWEB広告に関する幅広い事業を行っています。ディスプレイ広告運用代行はノウハウを持った専門チームが行い、クライアントに最適なプランニングを実行してくれます。その他にもリスティングやSNS広告などを利用した効果最大化のためのプランニングも行ってくれます。

サムライト株式会社の概要

・会社名:サムライト株式会社
・本社所在地:東京都千代田区内幸町1-1-6 NTT日比谷ビル3階
・URL:https://somewrite.com/

株式会社オプト

株式会社オプト
出典:https://www.opt.ne.jp/

こんな方におすすめ!

  • 安心できる大手に依頼したい
  • WEB広告全般に精通している代理店に依頼したい
  • 商品の特性に合わせた広告運用を行いたい

 株式会社オプトの強み

株式会社オプトはYahoo!から23期連続で優秀代理店賞を、さらにベストパートナー賞も受賞した代理店です。ネット広告取扱高で業界No.1になった実績もあります。ディスプレイ広告以外にもリスティング広告・ソーシャルメディア広告・アフィリエイト広告などを取り扱っているので、費用対効果を最大限に高めるためのマーケティングを実施できます。

株式会社オプトの概要

・会社名:株式会社オプト
・本社所在地:東京都千代田区四番町6 東急番町ビル
・URL:https://www.opt.ne.jp/

 

ディスプレイ広告を自社運用する際にオススメの業務効率化ツール

ディスプレイ広告を自社で運用する際におすすめの業務効率化ツールをご紹介します。

ディスプレイ広告運用の効果を可視化する「Databeat Explore」

Databeat Explore

ディスプレイ広告の運用を行う場合、運用データを早く正確に把握し、分析をして改善を行う必要があります。しかし、広告の運用データを把握するのは意外と時間がかかります。そうした悩みを改善するツールがDatabeat Exploreです。

Databeat Exploreを利用すれば簡単に広告データの把握ができるだけでなく、BIツールやGoogleデータポータル、Excelなどさまざまなツールへの出力できます。

「Databeat Explore」の3つの特徴

  • データを自動収集して一元管理が可能
  • さまざまなフォーマットでデータ出力が可能
  • 必要な時に必要なデータを閲覧、分析することが可能

まとめ

ディスプレイ広告は動画や画像で広告訴求を行うことができるため、テキスト広告にくらべ幅広いユーザーの目に留まる広告です。GDNやYDN、YouTube広告などプラットフォームごとに異なる特性を活かし、リスティング広告では訴求しきれない潜在顧客へのアプローチも可能です。

リソースが足りなかったりノウハウがない場合は、代理店へ運用代行を依頼するという方法もあります。運用代行を利用する際は、料金相場やサービス対象範囲、代理店の実績などをチェックした上で選択することをおすすめします。

また、自社でディスプレイ広告を運用する場合は、Databeat Exploreなどのツールを活用して、業務の効率化を図れば社内リソースの圧迫を防げる上、正確なデータ分析を行うことができます。

※参考:ディスプレイ広告の成果改善にご興味のある方におすすめの記事はこちら
関連記事

Google広告やYahoo!広告などの代表的な運用型広告は、検索ネットワークとディスプレイネットワークの2つに分かれています。ディスプレイネットワークは、インターネット上の巨大なネットワークにディスプレイ広告を配置できるため、認知拡大など[…]

ディスプレイ広告を改善する7つの原因別ヒント~確認するべき指標から効果的な運用のポイントまで詳しく解説
Googleデータポータルを活用して分析業務を効率化するツール
DatabeatExplore

こんな方にオススメ

・広告数字の集計が大変

GAと広告数字を同時に集計したい

・人力レポートではミスが発生する

Googleデータポータルを活用したい

ディスプレイ広告運用代行に強みをもつ代理店5選と上手な選び方
最新情報をチェックしよう!
>広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

Databeat Exploreは、WEB広告データの見える化を実現するサービスです。
様々な広告データを抽出・統合・一元化し、見たいデータを見たい時に見たい場所で見ることができます。

CTR IMG