動画広告運用代行おすすめ代理店ランキングと上手な選び方

動画広告運用代行おすすめ代理店ランキングと上手な選び方

リスティング広告、バナー広告に加えて、現在注目を集めているのが「動画広告」です。動画広告の運用も広告代理店に依頼することが可能です。本記事では動画広告運用代行でおすすめの代理店、また代理店を選ぶ際のポイントなどを詳細に解説していきます。これから動画広告の運用を進めていきたい方、また動画広告の導入を検討している方はぜひ最後まで一読してみてください。

目次

運用する前に確認しておきたい動画広告の基礎知識

運用する前に確認しておきたい動画広告の基礎知識

動画広告の運用代行について解説していく前に、動画広告の基礎知識について確認していきましょう。

動画広告とは?仕組みをわかりやすく解説!

動画広告とは、文字通り動画を利用した広告になります。YouTubeなどの動画投稿サイトの広がりもあり、動画広告の需要は高まってきています。またSNSでの動画広告配信も活発になってきており、従来のテキスト広告やバナー広告に次ぐ広告形態として注目されています。

動画広告が効果を発揮するシーン

動画広告はテキスト広告やバナー広告と比べて、数分の間に多くの情報を詰め込むことができます。動的な情報であるため、広告を見た人の注意を惹きつけることも可能です。商品やサービスの実情報をリアルに伝えられる点も動画広告の強みになります。

YouTubeなどの動画媒体で、幅広い世代に商品・サービスを認知したいときにも効果を発揮します。特に動画媒体をよく利用する若年層をターゲットとする場合は、テキスト広告やバナー広告よりも効率的にアプローチすることが可能です。

※参考:併せて読みたい動画広告の効果測定に関する記事はこちら
関連記事

5Gの普及にともない、ますます動画が日常に浸透しつつある今日この頃。電車の中でもスマートフォンで動画を見ている人がたくさんいます。そんな流れを受けてYouTubeやSNSなどの動画広告に挑戦し始めた広告担当者様も多いのではないでしょうか? […]

動画広告の効果測定方法マスターガイド!動画広告で見るべき指標やおすすめ効果測定ツールを解説

動画広告の種類

動画広告の種類として、下記の3種類が挙げられます。

  • インストリーム広告
  • インフィード広告
  • インバナー広告

それぞれ詳細を確認していきましょう。

インストリーム広告

youtube インストリーム広告

(引用元:https://www.youtube.com/intl/ja/ads/how-it-works/

インストリーム広告とは、YouTubeなどの動画媒体で配信される動画広告です。バナー広告と比較して大画面で広告配信することが可能で、視聴者の興味・関心を惹きやすいメリットがあります。

映像や音声、表示させる文字などを工夫することで、商品・サービスの細かな点まで訴求することが可能です。

インフィード広告

動画広告 インフィード広告

(引用元:https://promotionalads.yahoo.co.jp/online/infeed.html

インフィード広告は、Webサイトの記事やコンテンツに挿入されている動画広告になります。インフィード広告が表示されると動画広告が自動的に再生されるので、動画を初めから表示させることが可能です。

Webサイトをスクロールすることでインフィード広告が表示されるので、スクロールの多いスマホに適した動画広告となっています。

インバナー広告

動画広告 インバナー広告

(引用元:https://ads-help.yahoo.co.jp/yahooads/ydn/articledetail?lan=ja&aid=12072

インバナー広告はWebサイトのバナー広告の枠で配信される動画広告です。PV数の多いメディアに掲載することで効率よく集客することが可能です。また性別や年代、Web検索履歴などに合わせて配信ターゲットを絞り込むこともできます。

動画広告の出稿先媒体

動画広告を運用していく際にポイントになるのが、動画広告の出稿先媒体です。どの出稿先媒体を選択するかで動画広告の運用成果が大きく変わってきます。

主要な動画広告の出稿先媒体として下記の媒体があります。

  • YouTube動画広告
  • SNS動画広告
  • SNS以外の動画広告

YouTube動画広告

YouTubeは幅広い年齢層、国籍の人が利用している動画媒体です。YouTube動画広告ではインストリーム広告の配信がメインになります。商品やサービスの認知度を世代を問わず高めていきたい際におすすめの媒体です。

※参考:YouTube広告について更に詳しく解説している記事はこちら
関連記事

Youtube広告は、動画需要が高まっている中で非常に注目されている広告です。このYoutube広告を利用してwebマーケティングを行いたい、あるいはすでに実施している企業も多くなっています。Youtube広告の運用には広告製作や運用管理の[…]

Youtube広告運用代行おすすめ広告代理店7選と上手な選び方

SNS動画広告

FacebookやInstagram、Twitterなど各種SNS媒体で動画広告を配信することも可能です。Facebookはビジネスパーソン、個人事業主の利用が多く、ユーザー層の年齢が高めである点が特徴です。

Instagramは若年層や女性の利用が多く、見栄えのする商品・サービスがヒットしやすいです。Twitterは年齢層を問わず広く利用されている傾向にあります。SNSごとの特徴に合わせて、どの出稿先を選ぶかがポイントです。

※参考:下記の記事ではSNS広告について更に詳しく解説しています
関連記事

SNS広告は、SNSの利用者増加と共に活用する企業が続々と増えてきているマーケティング手法のひとつです。一般的な広告に比べて拡散力があったり、細かなユーザーのターゲティングができるといった点が、リスティング広告などとは異なります。 上[…]

SNS広告運用代行おすすめ代理店11選と上手な選び方

SNS以外の動画広告

SNS以外にも、Webサイトなどで動画広告を配信することが可能です。Webサイトの種類によってユーザー層が異なってくるため、SNSと同様にWebサイトの特徴と自社商品・サービスの相性を踏まえた上で出稿先を選ぶ必要があります。

動画広告の掲載料金

動画広告の掲載料金は掲載先によって異なってきます。大半の動画広告の料金は下記の3方式のいずれかが採用されることが多いです。

  • CPV
  • CPM
  • CPC

CPV

CPV(Cost Per View)は動画広告が1回再生されるごとに料金が発生する方式です。1回再生の定義は動画媒体ごとに異なります。たとえば、「30秒以上再生したら1回視聴」とカウントするところもあれば「最後まで視聴したら1回視聴」とするところもあります。

CPM

CPM(Cost Per mile)は動画広告が1,000回表示されるごとに料金が発生する方式です。CPVとは異なり、再生回数ではなく動画広告の表示回数で課金されます。

CPC

CPC(Cost Per Click)は視聴者が広告リンクを1回クリックするごとに料金が発生する方式です。CPCを確認することで、視聴者がどれくらい動画広告に感化されてリンクをクリックしたか把握することができます。

主な動画出稿先の料金体系

主な動画出稿先の料金体系は下記の通り設定されています。

YouTube
  • 30秒以上、動画広告が視聴された場合に発生(CPV課金)
  • 広告リンクがクリックされた場合に発生(CPC課金)
Facebook、Instagram
  • 動画広告が1,000回表示されるごとに発生(CPM課金)
  • 広告リンクがクリックされた場合に発生(CPC課金)
Twitter
  • 3秒以上、動画広告が視聴された場合(CPV課金)
  • 6秒以上、動画広告が視聴された場合(CPV課金)
  • 動画がフルスクリーン表示で視聴された場合(CPV課金)

どれくらいの広告予算をかけるかは、広告主側が自由に決められます。予算が多いほど動画広告の露出が増えていく形です。

 

動画広告の運用代行代理店にお願いする5つのメリット

動画広告運用代行のメリット、デメリット

動画広告の運用代行を代理店にお願いするメリットとして下記のメリットが挙げられます。

  1. 動画広告のプロに運用を依頼できる
  2. リソースが足りなくても動画広告が利用できる
  3. 広告の最新情報が手に入る
  4. クリエイティブな動画を制作してもらえる
  5. インハウス運用のサポートを受けられる

それぞれ詳細を確認していきましょう。

メリット1:動画広告のプロに運用を依頼できる

広告代理店を利用することで、動画広告のプロに運用を依頼することができます。動画広告が広く利用されるようになってから、そこまで年月が経過していないため、動画広告の運用ノウハウをもっている人は少数派です。

広告代理店に依頼すれば、経験豊富な動画広告のプロが運用を行ってくれるので、他社に差を付けた動画広告配信を展開することが可能です。

メリット2:リソースが足りなくても動画広告が利用できる

動画広告を配信するとなると、動画広告の作成・管理・分析など各種作業が発生してきます。リソースが十分でない企業にとって、動画広告の配信は負担になってしまいます。広告代理店に依頼すれば動画広告に関する各種業務を代行してくれるので、リソースが不足している企業でも動画広告を運用することが可能です。

メリット3:広告の最新情報が手に入る

広告代理店には動画広告をはじめとした各種広告の最新情報が蓄積されています。自前で動画広告の情報を集めるとなると、セミナーや勉強会などに参加する必要があり、人手が足りない企業にとって負担になります。

広告代理店に動画広告の運用を依頼すれば、各種広告の最新情報に触れることができます。運用も依頼しつつ、効率よく情報を集めることが可能です。

メリット4:クリエイティブな動画を制作してもらえる

動画広告はバナー広告やテキスト広告と比べて、クリエイティブ要素が強い広告です。そのため、経験者が作成した動画広告と初心者が作成したものでクオリティーに差がつきやすいです。

広告代理店に依頼すれば、クリエイティビティが高い動画広告を作成してくれます。要望にも細かく応じてくれるので、迅速にかつ確実に質の高い動画広告を作成したい際は広告代理店に依頼した方がよいでしょう。

メリット5:インハウス運用のサポートを受けられる

広告代理店によっては、動画広告のインハウス運用をサポートしてくれます。最終的に自前で動画広告を運用したい場合、動画広告のノウハウを蓄積しなければいけません。動画広告の知識・経験が豊富な広告代理店からサポートを受けることで、着実に運用ノウハウを積み上げていけます。

 

動画広告運用代行を担う広告代理店にお願いする3つのデメリット

動画広告運用代行を広告代理店にお願いする際は、下記のデメリットも生じてきます。

  1. 手数料が発生する
  2. 確実に成果が出るとは限らない
  3. 代理店によってクオリティに差がある

デメリット1:手数料が発生する

広告代理店に動画広告の運用代行を依頼することで、手数料が発生してきます。広告費によって手数料は変わってきますが、相応の金額をかけて広告を配信する場合、それに応じて手数料も高くなる傾向にあります。

 デメリットの対応策

代理店に運用代行を依頼する前に、手数料の比較を必ず行うようにしましょう。費用を抑えたい場合は、少しでも手数料が安い広告代理店に依頼するのがおすすめです。ただ、費用が安すぎる場合はユーザーからの評価が低く、集客ができていない可能性もあるので要注意です。

デメリット2:確実に成果が出るとは限らない

これは動画広告に限らず、すべての広告運用代行に言えることですが、広告代理店に広告運用を依頼したとしても、確実に成果が出るとは限りません。安くない費用を支払ったのに、まったく成果がでない可能性もあります。

 デメリットの対応策

依頼先候補の代理店が動画広告の運用で実績を出しているか、必ず確認するようにしてください。リスティング広告やSNS広告で実績を出していたとしても、動画広告で実績を出せていない代理店には依頼しない方が無難です。

デメリット3:代理店によってクオリティに差がある

代理店によって動画広告の作成・運用クオリティに差があるのも事実です。一見するとそこまで差がないような代理店同士でも、クオリティが異なるケースがあります。

 デメリットの対応策

依頼先候補の代理店の評判や口コミをチェックするようにしましょう複数の口コミサイトで評判を確認して、広告運用のクオリティを確認するようにします。代理店のホームページではネガティブな情報が記載されることはほとんどないので、ホームページの文言を100%信用するのは避けるようにしてください。

 

動画広告運用代行の料金相場とサービス範囲

動画広告運用代行の料金相場とサービス範囲

次に、動画広告運用代行の料金体系・料金相場・サービス範囲について確認していきましょう。

動画広告運用代行の料金体系

動画広告運用代行の料金体系は「初期費用」「広告費」「運用代行費用」の3つで構成されています。初期費用に関しては、2万円~5万円ほどの範囲で収まることが多いです。広告費は依頼主側で設定を行います。

運用代行費用は広告費の20%で設定されることが多いです。ただし、代理店によって最低金額の設定を設けていることもあるので、広告費の20%以上の費用が発生することもあります。

動画広告運用代行の料金相場

動画広告運用代行の料金相場は、どれくらいの広告費をかけるかで変わってきます。広告費が高ければその分、運用代行費用も高くなります。一律に相場を決めることはできませんが、10万円~100万円の範囲で収まると考えてください。

月額料金が「月10万円以下」「月20~30万円」「月50万円以上」のパターンで分けて、サービス範囲を確認していきましょう。

月10万円以下のサービス範囲

料金 月10万円
こんな方におすすめ
  • 部分的に代行をお願いしたい
  • 費用を抑えたい
サービス対応範囲
  • アカウント開設
  • クリエイティブの作成

月10万円の料金の場合、受けられるサービスは限定的になります。アカウント開設や最低限のクリエイティブ作成など、部分的に業務を依頼したい際におすすめです。

月20~30万円のサービス範囲

料金 月20~30万円
こんな方におすすめ
  • 動画広告の運用、作成を全面的にお願いしたい
  • レポート作成を行って欲しい
サービス対応範囲
  • アカウント開設
  • クリエイティブの作成
  • 動画広告の分析
  • レポートの作成
  • 運用改善の提案

月20~30万円ほどの月額料金であれば、動画広告の運用を全面的に依頼することが可能です。動画広告の分析やレポート作成なども請け負ってくれる代理店が多くなります。

月50万円以上

料金 月50万円以上
こんな方におすすめ
  • 動画広告の運用に加えて、詳細な分析や総合的なサポートも行って欲しい
  • 動画広告運用以外の面でもサポートして欲しい
サービス対応範囲
  • アカウント開設
  • クリエイティブの作成
  • 動画広告の分析
  • 詳細なレポートの作成
  • 運用改善の提案

月50万円以上の料金となると、詳細なレポート作成・分析なども行ってくれます。また、代理店によってはWebマーケティングなど動画広告運用以外のサポートを行ってくれることもあります。

広告予算にゆとりがある場合は、月額50万円以上の費用をかけても良いでしょう。

 

動画広告の運用代行を担う広告代理店を上手に選ぶ5つのチェックポイント

動画広告の運用代行を担う広告代理店を選ぶポイントとして、下記の5つのチェックポイントが挙げられます。

  1. 動画広告の運用実績が充実しているか
  2. 広告アカウントの開示を行っているか
  3. 業界に精通した担当者が在籍しているか
  4. クリエイティブ作成のイメージが自社のイメージと一致しているか
  5. 料金設定が明快かどうか

POINT1.動画広告の運用実績が充実しているか

まずチェックして欲しいのが「動画広告の運用実績が充実しているか」どうかです。リスティング広告やSNS広告の実績が充実していても、動画広告の運用実績が充実していない場合は、別の代理店に依頼した方が安心です。

広告代理店によっては、ホームページ上で動画広告の運用実績を公開していないこともあるので、問い合わせの際に確認するようにしましょう。

POINT2.広告アカウントの開示を行っているか

代理店が動画広告の運用を行う際は、代理店自身の広告アカウントを使用することが多いです。そのため、広告主側では基本的にアカウントを閲覧できない状態になります。

代理店側が広告アカウントを開示しているかどうか、確認するようにしてください。代理店によっては広告アカウントの開示を認めていないところもあるので、要注意です。

POINT3.業界に精通した担当者が在籍しているか

広告で取り扱う商品やサービスの業界に精通した担当者がいるかどうかも重要なチェックポイントです。業界に精通した担当者がいた方が、コミュニケーションをスムーズにとることができます。

業界特有の情報を共有するのも容易ですので、なるべく自社の業界について知っている担当者がいる代理店を選ぶようにしましょう。

POINT4.クリエイティブ作成のイメージが自社のイメージと一致しているか

動画広告の運用代行では、クリエイティブの作成を請け負ってくれるところが多いです。クリエイティブ作成の手間がなくなる点、非常に有用なのですが、クリエイティブ作成のイメージが自社のイメージと一致しているか確認しておく必要があります。

たとえば、固いイメージで売っている企業の動画広告で、ファンシーな動画広告を打ち出してしまうと動画広告の効果が薄れてしまう可能性があります。自社のイメージに合った動画広告を作成してくれるかどうか、必ずチェックするようにしてください。

POINT5.料金設定が明快かどうか

動画広告運用の料金設定が明快かどうかもチェックするようにしましょう。料金設定が曖昧な代理店の場合だと、契約後のトラブルに発展しかねません。料金設定がいくらで、どこまでのサービスに対応してくれるのか、必ず確認するようにしてください。

 

動画広告運用代行に強みをもつおすすめ広告代理店ランキングTOP7

それでは、動画広告運用代行に強みをもつおすすめ広告代理店ランキングを発表していきます。これから動画広告の運用代行を依頼する予定の方は、下記のランキングを参考にして依頼先候補を決めてみてください。

1位:株式会社グラッドキューブ

動画広告 グラッドキューブ

(引用元:https://www.glad-cube.com/service/video.html

株式会社グラッドキューブは大阪に本社を構える広告代理店です。動画広告の運用をはじめ、リスティング広告やSNS広告の運用代行も担っています。

こんな方におすすめ!

株式会社グラッドキューブは、詳細なレポート作成に定評のある代理店です。動画広告運用に関して詳細な報告を受けたい方におすすめです。

 株式会社グラッドキューブの強み

株式会社グラッドキューブはリスティング広告やSNS広告の運用代行も行っています。動画広告に合わせて、他の広告でも運用を進めたい場合に心強いサポーターになってくれるでしょう。

株式会社グラッドキューブの概要

  • 会社名:株式会社グラッドキューブ
  • 本社所在地:大阪府大阪市中央区瓦町2-4-7新瓦町ビル8F
  • URL:https://www.glad-cube.com/

2位:ASUE株式会社

動画広告 asue

(引用元:https://asue.jp/

ASUE株式会社は愛知県名古屋市に本社を置く広告代理店です。各種リスティング広告の正規代理店としても認可されている代理店になります。

こんな方におすすめ!

ASUE株式会社ではSNSに掲載する動画広告に特化して、動画広告の運用・制作を行っています。SNSでの集客向上を目指している方におすすめの代理店です。

 ASUE株式会社の強み

ASUE株式会社では、Instagram広告、Facebook広告、Twitter広告、LINE広告の運用を同時に契約することで、動画広告の制作を無料で請け負ってくれます。SNS広告を広く運用していきたい場合に、非常に頼りになる代理店です。

ASUE株式会社の概要

  • 会社名:ASUE株式会社
  • 本社所在地:愛知県名古屋市中区錦3-5-30三晃錦ビル6F
  • URL:https://asue.jp/

3位:株式会社ユニアド

動画広告 ユニアド

(引用元:https://www.uniad.co.jp

株式会社ユニアドは東京都港区に本社を置く広告代理店です。動画広告の運用代行をはじめとして、各種広告運用の代行サービスを提供しています。

こんな方におすすめ!

株式会社ユニアドではYouTube動画広告の運用代行に強みを持っています。YouTubeを使って動画広告の配信を進めていきたい方におすすめの代理店です。

 株式会社ユニアドの強み

株式会社ユニアドはYouTube動画広告の各フォーマットに対応して広告を制作してくれます。動画広告を配信する目的に合わせて動画広告の立案を行ってくれるので、初めてYouTube動画広告を運用する方でも安心です。

株式会社ユニアドの概要

  • 会社名:株式会社ユニアド
  • 本社所在地:東京都港区赤坂7-2-3赤坂ジートルンクビル2F
  • URL:https://www.uniad.co.jp/

4位:株式会社リスティングプラス

動画広告 リスティングプラス

(引用元:https://ppc-master.jp/

株式会社リスティングプラスは東京都新宿に本社を構える広告代理店です。動画広告の運用代行に加えて、リスティング広告の運用代行、ランディングページ・ホームページの作成、Webマーケティング代行など幅広いサービスを展開しています。

こんな方におすすめ!

株式会社リスティングプラスは動画広告の運用以外にリスティング広告の運用代行も手掛けています。リスティング広告の運用代行も合わせて依頼したい方におすすめの代理店です。

 株式会社リスティングプラスの強み

株式会社リスティングプラスはランディングページ、ホームページ作成も請け負っています。広告で集客しても、流入先のランディングページ、ホームページが充実していないと売上に結び付きにくいです。

広告運用の成果を最大限に生かせるよう、各種ページも充実させたい際にリスティングプラスはおすすめです。

株式会社リスティングプラスの概要

  • 会社名:株式会社リスティングプラス
  • 本社所在地:東京都新宿区西新宿6-24-1西新宿三井ビルディング4階
  • URL:https://ppc-master.jp/

5位:株式会社エクスコア

動画広告 エクスコア

(引用元:https://xscore.co.jp/service/

株式会社エクスコアは東京都渋谷区に本社を置く広告代理店です。動画広告、リスティング広告、ディスプレイ広告など多様なWeb広告の運用代行を手掛けています。

こんな方におすすめ!

株式会社エクスコアはSEO対策のサービスも行っています。Webサイトでの集客も改善していきたい方におすすめの代理店です。

 株式会社エクスコアの強み

株式会社エクスコアは動画広告の制作スピードが非常に速い点が強みです。依頼日から最短で3営業日で動画広告を作成してくれます。作成した動画広告をそのまま運用してくれるので、スピーディーな動画広告運用を実現することが可能です。

株式会社エクスコアの概要

  • 会社名:株式会社エクスコア
  • 本社所在地:東京都渋谷区東3-12-11 A-PLACE恵比寿東7F
  • URL:https://www.xscore.co.jp/

6位:株式会社ロックハーツ

動画広告 ロックハーツ

(引用元:https://rockhearts.jp/

株式会社ロックハーツは福岡県に本社を置く映像制作・広告代理店です。YouTube動画広告、リスティング広告、SNS広告など各種広告運用サービスを提供しています。

こんな方におすすめ!

株式会社ロックハーツは最短即日で動画広告を制作してくれます。動画広告の運用を今すぐに始めたい方におすすめの会社です。

 株式会社ロックハーツの強み

株式会社ロックハーツは映像制作に強みを持った会社です。動画広告以外にも、プロモーション動画やリクルート動画などの制作も手掛けており、映像制作のノウハウを蓄積しています。質の高い動画広告を作りたい際に、非常に心強いパートナーになってくれます。

株式会社ロックハーツの概要

  • 会社名:株式会社ロックハーツ
  • 本社所在地:福岡県春日市春日公園1-1
  • URL:https://rockhearts.jp/

7位:株式会社ジェー・ピー・シー

動画広告 jpc

(引用元:https://www.jpc-ltd.co.jp/

株式会社ジェー・ピー・シーは京都府京都市に本社を置く広告代理店です。動画広告の運用をはじめとして、Webサイト作成、空間プロデュースなど幅広いサービスを展開しています。

こんな方におすすめ!

株式会社ジェー・ピー・シーは最短5日で広告運用をスタートしてくれます。なるべく早く動画広告の運用を始めたい方におすすめの広告代理店です。

 株式会社ジェー・ピー・シーの強み

株式会社ジェー・ピー・シーはYouTube動画広告の運用と合わせて、各種SNS広告の運用も依頼することが可能です。動画広告とSNS広告を組み合わせて、より効率的に集客・売上アップを実現することが可能です。

株式会社ジェー・ピー・シーの概要

  • 会社名:株式会社ジェー・ピー・シー
  • 本社所在地:京都府京都市下京区江見須屋町193
  • URL:https://www.jpc-ltd.co.jp/

 

【番外編】動画広告用動画制作も対応可能なおすすめ広告代理店

株式会社メディックス

動画広告 メディックス

(引用元:https://www.medix-inc.co.jp/service/

株式会社メディックスは東京都千代田区に本社を構える広告代理店です。動画広告の運用に加えて、広告用の動画制作まで対応してくれます。

こんな方におすすめ!

株式会社メディックスは動画広告の企画・制作・分析までをワンストップで行ってくれます。動画広告の運用・制作をすべて任せたい方におすすめの代理店です。

 株式会社メディックスの強み

株式会社メディックスはでは広告クリエイティブ専任のチームが組織されています。専門知識を有するスペシャリストたちが在籍しており、質の高い動画広告の制作を行ってくれます。初めて動画広告の制作を依頼する場合も安心です。

株式会社メディックスの概要

  • 会社名:株式会社メディックス
  • 本社所在地:東京都千代田区神田神保町1-1-5神保町三井ビルディング19F
  • URL:https://www.medix-inc.co.jp/

 

動画広告の運用を自前でやる際にオススメの業務効率化ツール

動画広告の運用を自前で行う場合、なるべく広告運用業務を効率化することが肝要です。人員が少ない企業の場合だと、動画広告に人員を割いてしまうことで本業に支障をきたす可能性もあります。あくまでも、本業にアクセルをかけるものとして動画広告の運用を行わないといけません。

そこでおすすめしたいのが、業務効率化ツール「Databeat Explore」です。

動画広告運用の効果を可視化する「Databeat Explore」

データビートロゴ
Databeat Exploreは動画広告の運用で用いる各種データの抽出・更新・集計・可視化を自動的に行ってくれます。広告運用のリソースが不足している企業でも無理なく作業を行うことが可能です。

また、Databeat Exploreを利用して各種作業を自動化すれば、手作業でデータ入力する必要がなくなるので、人為的なミスを防ぐこともできます。

動画広告運用における「Databeat Explore」の3つの活用ポイント

動画広告運用におけるDatabeat Exploreの活用ポイントとして下記の3つが挙げられます。

  • データを常に最新の状態で保持できる
  • 自動的にレポート作成が可能
  • 各種データを外部ツールに出力できる

1:データを常に最新の状態で保持できる

Databeat Exploreを利用することで各種データを最新の状態で保持することが可能です。データを最新の状態にするためにメディアの管理画面等にアクセスする必要もなくなります。自動で最新情報を取得してくれるので、情報管理の手間も省くことが可能です。

2:自動的にレポート作成が可能

Databeat Exploreでは広告やアクセス解析などのレポートを自動的に作成してくれます。人員が限られている企業にとって、レポート作成業務は大きな負担になってしまいます。Databeat Exploreを利用すれば自動でレポートを作成できるので、レポート作成に人員を割く必要もありません。

浮いたリソースを本業にあてて、会社全体の業務効率を高めることにも繋げられます。

3:各種データを外部ツールに出力できる

Databeat Exploreで取得した各種データを外部ツールに出力することが可能です。Google AnalyticsやGoogle Data Portal、BIツールなど自社で使用している分析・解析ツールにデータを移すことができます。

これまで使用してきた分析ツールをそのまま利用できるので、工程を変更せずに運用業務の効率化を図れます。

まとめ

動画広告の運用を広告代理店に依頼することで、広告運用のリソースが不足している会社でも無理なく広告運用を行うことが可能です。YouTubeの視聴者数は今後も増えていくことが予想されるので、動画広告運用の重要性も高まっていくことが想定されます。

動画広告を運用するか否かで、広告宣伝の効率に差がついてくるといっても過言でないでしょう。

動画広告の運用代行を依頼する際は、まずは本記事で紹介した広告代理店の中から選んでみてください。複数の広告代理店に問い合わせをして、見積もりや対応を比較してみるのもおすすめです。

動画広告の運用代行を利用して、効率的に動画広告運用を行っていきましょう。

Googleデータポータルを活用して分析業務を効率化するツール
DatabeatExplore

こんな方にオススメ

・広告数字の集計が大変

GAと広告数字を同時に集計したい

・人力レポートではミスが発生する

Googleデータポータルを活用したい

動画広告運用代行おすすめ代理店ランキングと上手な選び方
最新情報をチェックしよう!
>広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

Databeat Exploreは、WEB広告データの見える化を実現するサービスです。
様々な広告データを抽出・統合・一元化し、見たいデータを見たい時に見たい場所で見ることができます。

CTR IMG