PPC広告運用代行に強みをもつ代理店5選と上手な選び方

PPC広告運用代行に強みをもつ代理店5選と上手な選び方

インターネット広告に関する知識を少しでもお持ちの方でしたら、今のインターネット広告の主流が「PPC広告」であることはご存知であるかもしれません。

しかし、いざPPC広告の運用を検討される際に、下記のような疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

・そもそも「PPC広告」はどんな特徴があるの?
・「PPC広告」の運用代行を代理店にお願いするとしたら、どんな基準で選ぶべき?
・「PPC広告」の運用代行に強みを持つおすすめの代理店はどこ?

本記事では、PPC広告の基本(特徴、効果のある利用シーン、掲載費用など)を振り返りつつ、PPC広告の運用代行に強みを持つ代理店と、上手な選び方を解説します。

目次

まずは確認しておきたいPPC広告の基礎知識

PPC広告の基礎知識

PPC広告の代理店を探す前に、まずはPPC広告とは何かを知っておきたいですね。

PPC広告とは何か?どんな時に利用すると効果的か?どんな種類があるか?などを解説いたします。

PPC広告とは?仕組みをわかりやすく解説!

PPC広告とは、クリックごとに料金が発生する広告形態のことです。

「Pay Per Click」の頭文字を取り、PPC広告と呼ばれています。

クリックしてはじめて料金が発生するということは、「広告が表示されただけでは広告費は発生しない」ということでもあります。

具体例を挙げると、SNSの広告のほとんどがクリック課金型広告(PPC広告)になります。

※参考:PPC広告についてさらに詳しく解説している記事もあります。是非併せてご覧ください。

関連記事

Web広告には様々な種類がありますが、中でも主要な広告として利用されている広告が「PPC広告」です。PPC広告と他の広告を混同している方、少なくないかもしれません。本記事ではこのPPC広告について詳細を解説していきます。 PPC広告の[…]

PPC広告が効果を発揮するシーン

PPC広告は、クリックされなければ課金されないまま媒体上で表示され続けるため、認知度の向上にも効果があります。

しかし、多くの場合、PPC広告はブランド形成ではなく、ターゲットユーザーへの「販売」を目的とします。

PPC広告はクリックされなければ課金されませんが、実際にクリックされた際には販売につなぐことができなければ、広告費が流出する一方です。ブランド性を伝える広告という目的で出すには、費用対効果が優れるとは言えないのです。

PPC広告の種類

主なPPC広告の種類は下記3つです。

リスティング広告

主に検索連動型広告を指します。検索キーワードに応じて、適切な広告を表示するGoogle広告やYahoo!スポンサードサーチが有名です。

ディスプレイ広告

主に閲覧中のサイトに表示されます。ターゲットに応じて調整された広告や、見ているサイトに応じて表示される広告が変化します。Googleディスプレイネットワーク(GDN)や、Yahoo!ディスプレイネットワーク(YDN)が有名です。

SNS広告

SNS利用中に表示されます。記事やつぶやきを広告として発信することができます。Facebook広告やTwitter広告が有名です。

※参考:PPC広告の種類について詳しく特集した記事はこちら

関連記事

PPC広告は、費用対効果の高いWEB広告手法です。インターネット上で商品を販売したり、サービスの申込みを獲得する目的の場合、もっとも適したWEB集客手法とも言えます。 しかしPPC広告というのは、広告手法を指す言葉であって、PPC広告[…]

PPC広告の種類と上手な選び方を完全ガイド!広告手段の種類から媒体種類、メリット・デメリットまで詳しく解説

PPC広告の費用相場

PPC広告の相場は一概には言えず、広告のジャンルや表示位置、選ぶ広告種類によっても異なります。設定次第で、1クリック数十円に抑えることも出来ますし、1クリックが500円を超えることもあります。

運用費用はクリック数×広告単価になるため、何回クリックされたら実際の売り上げにつながるかを考えて費用算出をすることができます。

仮に100円~300円を平均クリック単価、クリック100回で1件の問い合わせ(販売)とした場合、広告費は合計「10,000円~30,000円/件」となります。

※参考:PPC広告の費用について詳しく解説した記事はこちら。

関連記事

PPC広告は、インターネット広告の中でもっとも多く利用されている広告のひとつです。自社サイトへのアクセスや、商品の販売を行う際にとても有効な手段でもあります。 すでに自社サイトやECサイトをお持ちの方でまだPPC広告を利用していない場[…]

PPC広告の費用がまるわかり!種類別費用相場、代理店手数料まで詳しく解説

 

PPC広告の運用代行を広告代理店にお願いする5つのメリット

PPC広告は自社でも運用することができますが、広告代理店に運用をお願いするメリットとは何があるのでしょうか?

  1. 初期設定を任せられる
  2. ターゲットやキーワードの設定などを相談できる
  3. 実際の運用まで人手をかけずに進められる
  4. 成果や効果を分析してくれる
  5. 代理店のみの機能や情報を使える

メリット1:初期設定を任せられる

PPC広告を始めようと思った際の一番のハードルは、やはり初期設定の煩雑さでしょう。

広告運用初心者にとっては、初めて見る単語ばかりの中、手探りで設定するより、代理店に任せてしまった方が、スピードも正確性も間違いないものになります。

メリット2:ターゲットやキーワードの設定などを相談できる

PPC広告は主にキーワードに応じて表示させたり、ターゲットに応じて広告を表示させたりします。その設定は最も重要と言えるので、ノウハウを豊富に持った代理店に相談できることは大きなメリットと言えるでしょう。

メリット3:実際の運用まで人手をかけずに進められる

PPC広告を運用するとなると、日々の数字を確認しながら修正を繰り返していく必要があります。通常自社で運用していく場合は、多くのケースで専任の担当者を付けます。専任担当者をつけるほどの手間を外部に任せることにより、本業に投下できる貴重なリソースを確保することができます。

メリット4:成果や効果を分析してくれる

PPC広告を実際に運用していくと、広告のクリック率や、その後の成果率など、改善ポイントは次々に生まれてきます。その改善ポイントを導き出すには、PPC広告の運用データを正確かつ効果的に分析できることが重要となります。様々な業種での広告運用経験を持つ広告代理店であれば、PPC広告の運用データを迅速かつ効果的に分析することができるので、ミスリードを防ぐこともできます。

メリット5:代理店のみの機能や情報を使える

PPC広告には、代理店や、一定額の運用をしている人だけに解放される機能など、代理店に頼むことでスムーズに使える機能もあります。また、日ごろから広告運用をしている代理店だからこそ持つ情報もありますので、それを効果的に利用できるのは強みと言えるでしょう。

 

PPC広告運用代行を代理店にお願いする3つのデメリット

広告代理店に運用をお願いすれば良いことばかりにも思えますが、やはりデメリットも存在します。運用を考えている方は、デメリットまで踏まえて判断していきましょう。

デメリット1:費用が余分にかかってしまう

一般的に、代理店に運用を頼んだ場合、広告費用の20%が手数料として加算されます。

高い広告効果を目指す分、それに応じた費用も必要になりますから、結果として手数料も増えてしまうというデメリットがあります。

 デメリットの対応策

先に予算を決め、同じ広告費用内で効率よく成果につなげる施策や、クリック当たりの単価を下げる施策を代理店に検討してもらいましょう。

残念なことに広告代理店にもっと成果を増やしたいと相談すると、「では、広告費用を増やしましょう」となるケースがあるため、理解してくれる代理店や、上手く付き合える代理店を見極めましょう。

デメリット2:成果が出るとは限らない

PPC広告に限らず、広告というものは必ずしも効果が出るとは限りません。PPC広告の成果は設定だけではなく、競合や商品サービスの魅力なども関係してきますから、代理店だけで解決できない部分もあるのです。

 デメリットの対応策

成果が出るよう何を改善すれば良いのかアドバイスや提案をしてくれる代理店を選ぶことで、結果的に広告費用を減らすことができます。広告代理店だから広告以外触れてこない……ではもったいないです。

デメリット3:対応スピードは遅くなりがち

代理店に依頼すると、どうしても広告内容の修正や反映のスピードは遅くなってしまいます。

急を要してリアルタイムで変更させていきたい場合などは、代理店を介さない方が良い場合もあります。

 デメリットの対応策

基本的な操作方法は自分たちでも理解しておきましょう。そして、広告の操作権限ももらっておくことが重要です。

 

PPC広告運用代行の料金相場とサービス範囲

次はPPC広告の運用代行を依頼した場合の料金相場とサービス範囲を解説していきます。

PPC広告運用代行の料金体系

PPC広告の費用は、「クリック数×広告単価」によって決まりますが、PPC広告の運用代行費用は、「広告費用+手数料」が広告費とは別で必要になります。一般的には広告費用に応じて手数料が変化する料率型がほとんどです。

PPC広告運用代行の料金相場

PPC広告の相場としては、「広告費用の20%」が手数料とされています。

少額の代行の場合、広告費用に応じて固定の手数料がかかる場合もあります。その手数料は5万円前後が相場です。

月10万円以下のサービス範囲

料金 月10万円
こんな方にオススメ
  • 部分的に代行をお願いしたい
  • 費用を抑えたい
サービス対応範囲
  • 初期設定
  • 広告作成
  • 設定アドバイス

費用を抑えたい方は10万円以下で広告を開始することもできます。

ただし、その場合のサービス範囲は、主に初期設定とスポットでのアドバイスがメインとなるでしょう。

運用代行も可能ですが、その場合は広告費の約半額が手数料としてかかってしまいます。

基本は自分たちで運用していく中で、部分的な設定などを代行してもらうという感覚でしょう。

月20~30万円のサービス範囲

料金 月20~30万円
こんな方にオススメ
  • PPC広告運用をきちんと代行してほしい
  • 初めてのPPC広告でも効果を出したい
サービス対応範囲
  • 初期設定
  • キーワード選定
  • 広告作成
  • 設定代行
  • レポート作成

月に20万円~30万円の費用をかければ、広告運用代行のすべてを任せることが可能となります。

手数料は5万円前後に収まり、初めてPPC広告を出したいという場合にもオススメ出来る価格帯です。

ただし、大きな成果を出したい場合や、きちんと分析をして効率よく運用していきたい場合は、より多くの計測データが必要になります。20~30万円の価格帯では、分析に必要なデータを十分に収集できるまでの期間が長くなってしまうでしょう。

月50万円以上のサービス範囲

料金 月50万円以上
こんな方にオススメ
  • しっかりとPPC広告運用を代行してほしい
  • データ分析をして効率よく運用したい
サービス対応範囲
  • 初期設定
  • キーワード選定
  • 広告作成
  • 設定代行
  • レポート作成
  • データ分析

月に50万円以上の費用をかければ、しっかりとPPC広告運用代行を依頼することが可能になります。

手数料は広告費の20%となりますが、広告費用も多額になるため、分析に十分なデータが取れるようになり、運用していくごとにより効果的な設定が見つかるでしょう。

データ分析の内容に応じて、ホームページやサービス内容も見直せるようになるため、広告運用以外にも活かせるデータになります。

 

PPC広告の運用代行を担う広告代理店を上手に選ぶ5つのチェックポイント

PPC広告の代理店を選ぶチェックポイント

さて、実際にPPC広告の運用代行を依頼する場合、どんなポイントに注目して代理店選びを行えばよいのでしょうか?見逃せない5つのポイントを挙げてみます。

  1. 手数料は安いか?
  2. 対応している広告媒体の種類はどうか?
  3. レスポンスは早いか?
  4. ターゲット設定に合わせたキーワードなども考えてくれるか?
  5. 定期的にレポートを出してくれるか?

POINT1.手数料は安いか?

大切な予算ですから、代理店手数料は安いに越したことはありません。同じサービス内容であれば手数料は安い方がオススメです。また、高額な依頼の場合、別途手数料を割引できる場合もありますので、ぜひ確認してみましょう。

POINT2.対応している広告媒体の種類はどうか?

PPC広告と一言に言っても、たくさんの種類があります。PPC広告というと、多くはリスティング広告を指すことが多く、そのような場合はディスプレイ広告やSNS広告は対象外という場合もあります。事前に確認しましょう。

POINT3.レスポンスは早いか?

広告運用代行ですから、やはりレスポンスの早さは重要です。日頃の連絡の返信までの時間や丁寧さなど、きちんと確認して見極めましょう。

POINT4. ターゲット設定に合わせたキーワードなども考えてくれるか?

広告運用代行する代理店には、プロのマーケターとしての役割を期待したいものです。こちらからの提案だけでなく、目的のターゲットに合わせたキーワードなどを提案してくれる代理店が良いでしょう

POINT5. 定期的にレポートを出してくれるか?

広告運用を代行していると、毎日のデータを見ることは少ないでしょう。その分、定期的にレポートを出してくれるかが重要なポイントとなります。

 

【厳選】PPC広告運用代行に強みをもつおすすめ代理店5選

ヴァンテージマネジメント

引用元:http://net-agent.jp/lp1/10present/

こんな方におすすめ!

手数料を安く抑えたい方、小まめな報告が欲しい方

ヴァンテージマネジメントの強み

  • 手数料10%でリスティング広告運用
  • 週1回のレポート報告
  • Google,Yahoo!リスティング正規代理店

ヴァンテージマネジメントの概要

・会社名:ヴァンテージマネジメント株式会社

・本社所在地:東京都中央区築地2-3-4 築地第一長岡ビル7階

・URL:http://net-agent.jp/lp1/10present/

株式会社ZERO

引用元:https://zero-s.jp/

こんな方におすすめ!

広告予算が15万円以下の方、サイト改善も相談したい方

株式会社ZEROの強み

  • 15万円以下の予算なら手数料3万円
  • サイト改善提案も無料で行ってくれる

株式会社ZEROの概要

・会社名:株式会社ZERO

・本社所在地:東京都港区浜松町1-1-10 立川ビル5階

・URL:https://zero-s.jp/

アナグラム

リスティング広告運用代行

引用元:https://anagrams.jp/

こんな方におすすめ!

広告費用を後払いしたい方、海外プロモーションをしたい方

アナグラムの強み

  • 広告費用の後払いが可能(アナグラムのアカウント使用)
  • 多言語(日英独)でのプロモーションが可能
  • 多数の本を出版しており実績多数
  • Google、Yahoo!リスティング正規代理店

アナグラムの概要

・会社名:アナグラム株式会社

・本社所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷4丁目4-4フィールド北参道 1F・2F (受付:1F)

・URL:https://anagrams.jp/

BRUCE CLAY

引用元:https://bruceclay.jpn.com/

こんな方におすすめ!

広告費用の閲覧権限が欲しい方、SNS広告を運用したい方

BRUCE CLAYの強み

  • 担当者変更なしで安心
  • 閲覧権限が付与してもらえる
  • LP,DSP,SNS広告などオプション多数

BRUCE CLAYの概要

・会社名:ブルースクレイ・ジャパン株式会社

・本社所在地:東京都渋谷区渋谷 3-19-1 オミビル8F

・URL:https://bruceclay.jpn.com/

ペコリス

引用元:https://peccolis.com/listing/

こんな方におすすめ!

月単位で運用代行依頼をしたい方、権限が欲しい方、SNS広告を運用したい方

ペコリスの強み

  • チャットワークで連絡が早い
  • 契約は月単位で縛りなし
  • 広告アカウントを共有して運用
  • Googleリスティング正規代理店
  • SNS広告運用可能

ペコリスの概要

・会社名:株式会社ペコリス

・本社所在地:京都府京都市下京区岩上通高辻下る吉文字町471番地1

・URL:https://peccolis.com/

※参考:PPC広告のひとつ「リスティング広告」の運用代理店に関するおすすめの記事はこちら
関連記事

リスティング広告は、WEBマーケティングにおいて最も活用されている広告手法のひとつです。日々進化しているWEBマーケティング業界では、新たな広告手法が続々と増えてきています。 そんな中でリスティング広告はかなり古くからありますが、いま[…]

【大手厳選】リスティング運用代行おすすめ広告代理店7選

PPC広告を自社運用する際にオススメの業務効率化ツール

PPC広告を代理店に頼まず、社内でPPC広告を運用される場合は、業務効率化ツールを使用するのがオススメです。

PPC広告運用の効果を可視化する「Databeat Explore」

Databeat Explore

デジタルマーケティングを実施する全ての企業の、データ・ドリブン・マーケティングの基盤となる、Marketing Data Platformです。データ運用に最も重要な、データ抽出・更新・集計・可視化を自動化できます。

「Databeat Explore」の3つの特徴

  • APIで自動データ収集。データを一元管理し常に最新状態。
  • データ分析が簡単設定で可能に。リアルタイムコントロール。
  • 必要な場所に応じたデータフィードを出力。レポートも自動化。

 

まとめ

PPC広告の基礎、広告運用を代理店に依頼する際のポイントをまとめて解説させていただきました。

広告代理店を選ぶポイントは、手数料や対応広告の種類が重要です。

ぜひご参考にしていただき、PPC広告の運用に活用いただけますと幸いです。

広告レポート作成を自動化しませんか?

 

Databeat Explore_CTA

「広告データの集計に時間を取られている」
「アクセス解析と広告データを同時に集計したい」
「Looker Studio(旧Googleデータポータル)を使ってレポート作成工数や手動によるミスを削減したい」

このような課題は、Databeat Exploreで解決できます。

Databeat Exploreとは、自動で収集した広告データをオリジナルフォーマットでレポート化する、広告レポート作成自動化ツールです。

  • 導入にエンジニアスキルは不要
  • 国内最多の37サービスと連携が可能
  • 無料BIツールLooker Studio(旧Googleデータポータル)でレポート作成を自動化できる

詳しくは以下のリンクよりサービスサイトをご覧ください。

PPC広告運用代行に強みをもつ代理店5選と上手な選び方
最新情報をチェックしよう!
>広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

Databeat Exploreは、WEB広告データの見える化を実現するサービスです。
様々な広告データを抽出・統合・一元化し、見たいデータを見たい時に見たい場所で見ることができます。

CTR IMG