YouTubeインストリーム広告の費用がまるわかり!課金方式や制作費用・代理店手数料まで詳しく解説

YouTubeインストリーム広告の費用がまるわかり!課金方式や制作費用・代理店手数料まで詳しく解説

YouTubeインストリーム広告は、動画広告の中でも特によく目にする広告の一つです。動画コンテンツや動画広告の需要が高まっているため、今後YouTubeインストリーム広告が活用される場面もどんどん増えてくることでしょう。

多くのイメージを伝えられたり、ユーザーの目を惹きやすいメリットを持つYouTubeインストリーム広告なので、これから利用を検討される方も多いかと思います。

そこでやはり気になるのが、費用ではないでしょうか。そこで今回こちらの記事では、YouTubeインストリーム広告の課金方式や制作費用、代理店の手数料など、YouTubeインストリーム広告にまつわる費用について、解説していきます。

目次

まずは押さえておきたいYouTubeインストリーム広告の基本

はじめに、YouTubeインストリーム広告の基本的な情報を確認していきましょう。どのような広告なのか、利用するメリット、効果を発揮するシーンなどを解説していきます。

YouTubeインストリーム広告とは?

YouTubeインストリーム広告とは?

引用元:YouTube

YouTubeで視聴したい動画を再生した際に、動画の前後や途中で流れる広告です。上図のように、「広告をスキップ」と表示されて、一定時間視聴すると広告をスキップできるものと、スキップできないものがあります。

他のYouTube広告と比較した際のインストリーム広告を利用するメリット

YouTubeにはさまざまな広告の種類があります。それらと比較した際のメリットについて解説します。

  1. 費用対効果の高い運用が可能
  2. 潜在顧客への認知に高い効果を発揮する
  3. 一定時間必ず視聴してもらえる

 メリット1:費用対効果の高い運用が可能

YouTubeインストリーム広告は、費用対効果の高い運用が可能というメリットがあります。これは、動画視聴課金(CPV)という課金方法に理由があります。

広告をクリックする、または動画広告を30秒以上視聴された場合のみ、課金となる仕組みです。よって、広告に興味がないユーザーはほとんどが広告をスキップします。

そのため、無駄な広告費を費やすことがないのです。これに対しYouTubeバンパー広告は、インストリーム広告と同様に、動画の前後などで流れる広告です。

しかし、スキップ機能がないため、すべてのユーザーに対して広告費が発生してしまいます。こうした点から、インストリームの方が費用対効果が高いことがわかります。

※参考:YouTubeバンパー広告について詳しく解説した記事はこちら
関連記事

YouTubeバンパー広告は、動画広告の中でも特にユーザーに対する訴求効果が高い手法の一つです。新しい商品やサービスの認知向上やブランディングを行う際は、ほかのYouTube広告フォーマットよりもおすすめできるのが、YouTubeバンパー広[…]

YouTubeバンパー広告の費用がまるわかり!広告単価から制作費用・代理店手数料まで詳しく解説

 メリット2:潜在顧客への認知に高い効果を発揮する

YouTube広告は、さまざまな目的で運用します。そんな中、インストリーム広告は「潜在顧客」へのアプローチに非常に高い効果を発揮します。

顕在層からのコンバージョン獲得が目的であれば、ディスカバリー広告の方がマッチするでしょう。しかし、潜在層顧客が「見込み客」であるかどうかを判断する場合は、インストリーム広告が最適です。

見込み客となる場合は、広告をクリックする、もしくは最後まで広告を視聴する可能性が高いと言えます。反対に、途中でスキップするようであれば、ターゲットではない顧客と判断することが可能です。

 メリット3:一定時間必ず視聴してもらえる

スキップ可能なインストリーム広告は、最低5秒視聴しなければスキップできません。つまり、必ず5秒間は動画広告を視聴してもらえるというメリットがあります。

5秒経過して、広告に興味がなければスキップされるので、広告費がかかることはありません。しかし、その5秒間で商品やサービスの名前やイメージを少しでも伝えることができれば、広告費無料で宣伝ができたということになります。

ユーザーは広告の後に流れる動画を見たいので、テレビCMのように広告が流れたからといってチャンネルを変えるといったこともありません。

例えばこれがYouTubeディスカバリー広告であれば、ユーザーが自ら広告に興味を持ってクリックしなければなりません。よって、そもそも認知度の低い商品やサービスにはあまり効果的ではありません。

こうした場合は、インストリーム広告の活用がおすすめとなります。

YouTubeインストリーム広告が効果を発揮するシーン

インストリーム広告は、潜在顧客の中から見込み客を洗い出す、あるいは認知やコンバージョンを後押しする場合に効果を発揮します。

ピンポイントでコンバージョンを狙う広告運用とは異なり、やや広めにターゲティングすることで、潜在層顧客へもアプローチが可能となります。

その中で、広告をクリックしたり、広告を最後まで視聴するユーザーがいれば、見込み客であると判断ができます。場合によっては、そこから直接コンバージョンが発生するといったケースもあります。

 

YouTubeインストリーム広告にまつわる「費用」の種類

YouTubeインストリーム広告にまつわる「費用」の種類

次に、費用について見ていきましょう。YouTubeインストリーム広告を掲載するための費用、広告を制作するための費用、そして運用を依頼する場合の代理店手数料に分かれます。

1:YouTubeインストリーム広告の掲載費用

まずは、広告を掲載するのに必要な費用があります。支払先はGoogleです。広告運用を行うにあたって、必ず発生する費用です。

2:YouTubeインストリーム広告の制作費用

YouTubeインストリーム広告は動画クリエイティブとなるため、制作が必要です。自社で制作する、あるいは外部に制作を依頼するなど方法はいろいろありますが、いずれの場合も制作コストがかることは理解しておきましょう。

3:YouTubeインストリーム広告の運用代行費用(広告代理店手数料)

制作と同様に、自社で運用するか外部に依頼するかによりますが、YouTubeインストリーム広告の運用を広告代理店に依頼した場合、手数料が発生します。

 

YouTubeインストリーム広告の課金方式と掲載予算相場を詳しく解説

インストリーム広告の課金方式と予算相場をみていきましょう。一般的なYouTube広告の予算相場、インストリーム広告の予算相場、課金方式や動画視聴単価について解説します。

一般的なYouTube広告の掲載予算相場

予算は月間20~30万円程度は、最低でも必要と考えておいた方がよいでしょう。

もちろんこれより少ない費用でも可能ですが、少額だと配信ボリュームが少なく、効果をあまり感じられない場合があります。

※参考:YouTube広告の費用について詳しく解説した記事はこちら
関連記事

動画を使ったインパクトのある広告は、数あるWEB広告の中でも特に強力な効果を発揮します。そんな動画広告の中でも特に有名なのが、YouTube広告です。 YouTubeユーザーが急増したこともあり、YouTube広告はWEBマーケティン[…]

YouTube広告の費用がまるわかり!課金形態や費用相場、代理店手数料まで詳しく解説

YouTubeインストリーム広告の掲載予算相場

一般的なYouTube広告の予算相場と同じくらいで考えてよいでしょう。また、費用対効果が高いので、はじめは少ない金額感でスタートしても問題ありません。実際に運用してみて、データを確認しながら費用を追加するかどうか、といった流れでも大丈夫です。

できれば、ある程度運用効果を改善できた段階で、費用を追加するのがおすすめです。

YouTubeインストリーム広告の課金方式

動画視聴課金となります。広告をクリックする、あるいは30秒以上動画を視聴した場合にのみ、課金となります。

YouTubeインストリーム広告の動画視聴単価相場

5~10円程度となります。そもそも単価が低いことに加えて、スキップされると課金されないので、非常に費用対効果が高いと言えます。

 

YouTubeインストリーム広告の費用対効果を最大化する3つのTIPS

YouTubeインストリーム広告の費用対効果を最大化する3つのTIPS

YouTubeインストリーム広告の費用対効果を最大化するための方法をご紹介します。もともと費用対効果の高いインストリーム広告ですが、その効果を最大化するためには、次のような方法が挙げられます。

  1. はじめの5秒間でユーザーの興味を惹く動画を制作する
  2. ターゲットを意識した運用を行う
  3. 素早くPDCAを回す

1.はじめの5秒間でユーザーの興味を惹く動画を制作する

はじめの5秒間でユーザーの興味を惹く動画を制作することです。YouTubeインストリーム広告は、5秒経過するとスキップできてしまうため、最初の5秒間が勝負と言っても過言ではありません。

この5秒間でいかに興味を持ってもらえるかがとても重要です。ですから、YouTubeインストリーム広告用の動画を制作する際は、最初の5秒間に特に力を入れて制作することをおすすめします。

強めの訴求文章などを、冒頭にもってくるなどの工夫も効果的です。

2.ターゲットを意識した運用を行う

まずは、ターゲティングをしっかりと行いましょう。潜在層にアプローチしやすいのがYouTubeインストリーム広告の特徴ではありますが、あまりにもターゲットを広げすぎると、無駄な広告配信となってしまう可能性があります。

また、クリエイティブについても、ターゲットがどんな悩みを抱えているか、どんなことを求めているかなど、ターゲット側の視点で考えることも大切です。

このように、ターゲットをしっかりと意識した運用を行いましょう。

3.素早くPDCAを回す

YouTubeインストリームの運用において、一発で最適なターゲティング設定、最適なクリエイティブの制作が実現することは非常に困難です。

そのため、まずは仮説を元に運用してみましょう。そして効果測定を実施して分析し、改善点を洗い出したら新たな仮説を元に改善策を実施して、運用を繰り返します。

このように、いかに素早くPDCAを回せるかが、費用対効果を高める重要なポイントとなります。

※参考:YouTube広告の効果測定方法について詳しく解説した記事はこちら
関連記事

YouTube広告は、月間利用者数6,500万人を超えるYouTube上に動画広告を配信する広告媒体です。幅広いユーザーにアプローチできることから、YouTube広告を採用している企業も増えてきています。 YouTube広告を運営する[…]

YouTube広告の効果測定方法マスターガイド!

 

YouTubeインストリーム広告の制作を制作会社へ依頼する際の費用

YouTubeインストリーム広告の制作を制作会社へ依頼する際の費用

YouTubeインストリーム広告の制作を、制作会社へ依頼する際の費用について見ていきましょう。そもそも制作会社へ依頼するメリット、制作会社を利用するのがおすすめな方、そして制作に関する費用について解説します。

インストリーム広告の制作を制作会社へ依頼する3つのメリット

インストリーム広告の制作を、制作会社へ依頼する3つのメリットをご紹介します。

  1. 高品質な動画制作が可能
  2. 短期間で制作できる
  3. 自社のリソースを使わずに済む

 メリット1:高品質な動画制作が可能

制作会社でクリエイティブを制作すれば、高品質な動画広告が制作できます。制作会社によって得意分野が異なる場合もありますが、アニメーションや実写、CGを使った動画なども制作可能です。

また、どういった動画を制作するか、シナリオ制作から携わってくれる制作会社もあります。いずれにしても、動画制作のプロである制作会社なら、クオリティの高いインストリーム広告用の動画制作が実現できるでしょう。

 メリット2:短期間で制作できる

短い制作期間で、YouTubeインストリーム広告用の動画を制作できる点も、制作会社へ依頼するメリットです。動画制作を専門とする制作会社は多くのリソースを抱えています。

また、動画制作に関するノウハウや制作工程も整備されていますので、スムーズに動画制作が進められます。制作会社によっては、短い動画だと数日間で納品可能なところもあります。

 メリット3:自社のリソースを使わずに済む

自社のリソースを使うことなく、YouTubeインストリーム広告用の動画を制作できる点は、制作会社を利用する大きなメリットの一つです。

現在は、動画制作ソフトも普及してきているので、自社でYouTubeインストリーム広告用の動画を自社で制作したいと考える方もいらっしゃるでしょう。

確かに自社で制作すれば、コストカットできるように見えますが、実際にはそう簡単なものではありません。初心者の方が動画制作ソフトを利用して制作する場合、納得のいくクオリティの動画が完成するまでに、非常に多くの時間を費やすこととなり、リソースを圧迫しかねません。

もちろんプロではないので完成度も担保されませんから、社内に動画制作のプロが在籍している場合を除き、自社での制作はおすすめできません。

制作会社の利用はこんな人に特におすすめ!

社内に動画広告用の動画制作経験者がいない場合は、制作会社の利用をおすすめします。目先のコストをカットするよりも、制作会社によって質の高い動画を、スムーズに制作してもらった方が、費用対効果は高いと考えられます。

YouTubeインストリーム広告の制作を制作会社へ依頼する際の費用の構造

広告動画の制作を制作会社へ依頼する場合の費用構造は、基本的に「制作費」のみとなります。制作会社によっては、シナリオ制作やナレーション、テロップなど細かく料金が分かれているケースもありますが、多くの制作会社は一連の作業込みのパッケージです。

YouTubeインストリーム広告の制作を制作会社へ依頼する際の費用の相場

YouTubeインストリーム広告の制作費用相場は、安くて3万円程度から、高いと100万円以上かかるケースもあります。できるだけコストを抑えたい場合は、安い制作費のプランを選択できます。

ただし、あくまでコストパフォーマンス重視となっており、動画自体のクオリティにはあまり期待できません。YouTubeインストリーム広告でしっかりと効果を出したいのであれば、最低でも30万円程度は見積もっておくことをおすすめします。

YouTubeインストリーム広告の制作を制作会社へ依頼する際の費用を抑えるポイント

制作会社の費用を抑えるポイントとしては、「まとめて発注する」あるいは「広告運用も併せて依頼する」のいずれかの方法を取ることです。

まず一つ目のまとめて発注ですが、制作会社に1本の動画制作だけを依頼するのではなく、複数の動画制作を依頼します。YouTube広告で使用する動画や、その他にもなにか必要な動画があれば、同時に発注をかけるのです。

まとめて発注をする代わりに、1本あたりの単価をディスカウント交渉します。制作会社も、複数の発注を同時に受けられるのであれば、多少の価格交渉には乗ってくれる可能性があります。

次に広告運用も併せて依頼するパターンです。広告運用にも対応している制作会社、あるいは動画制作にも対応している広告代理店があります。こうした会社へ、動画制作と広告運用を一緒に依頼します。

すると、動画制作費用を通常よりも安く請け負ってくれるケースがあります。また、制作会社と代理店が同じだと、やり取りも1社とだけで済むので、非常にスムーズになるメリットもあります。

※参考:YouTube広告の制作について詳しく解説した記事はこちら
関連記事

YouTube広告と言えば、今注目が高まっている動画広告のひとつです。これまでWEB広告と言えばリスティング広告やディスプレイ広告でしたが、今後は5Gの普及によって、さらにYouTube広告などの動画広告の需要が高まってくることが考えられま[…]

YouTube広告制作ガイド!制作手順やツール、おすすめ制作会社を詳しく解説

 

費用を抑えたYouTubeインストリーム広告制作が実現できるおすすめ制作会社3選

費用を抑えたYouTubeインストリーム広告制作が実現できる、おすすめの制作会社を3社ご紹介します。短期間で質の高いクリエイティブをお求めの際は、こちらを参考にしてみてください。

株式会社Global Japan Corporation

株式会社Global Japan Corporation

引用元:https://gjc.me/

こんな方におすすめ!

  • コスパ重視で動画制作を依頼したい方

 株式会社Global Japan Corporationの強み

株式会社Global Japan Corporationは、低価格の動画からハイクオリティ動画まで、クライアントの予算に合わせて制作を行う、動画制作・映像制作会社です。

制作実績は4,000社以上、満足度96%と非常に高い評価を得ています。商品やサービスの紹介動画から3DCG動画、ドローン撮影、アニメーション動画まで幅広く対応しています。

短尺の動画であれば最安3万円から制作可能で、30万円以上かけたハイクオリティな動画制作を依頼することもできます。

株式会社Global Japan Corporationの概要

・会社名:株式会社 Global Japan Corporation
・本社所在地:東京都千代田区内神田1-8-9 フォーチュンスクエア(福田ビル)2階
・URL:https://gjc.me/

株式会社プルークス

株式会社プルークス

引用元:https://proox.co.jp/

こんな方におすすめ!

  • 動画の企画から携わって欲しい方

 株式会社プルークスの強み

株式会社プルークスは、これまでに日本航空や資生堂、ファミリーマートなど国内有名企業の動画制作を手がけてきた制作会社です。

単に依頼された動画を制作するだけでなく、企業の課題やサービス概要を把握した上で、最適な動画制作を行っています。

30~50万円のエントリープラン、50~80万円のスタンダードプラン、80~150万円のプレミアムプラン、200万円以上のハイグレードプランがあります。

株式会社プルークスの概要

・会社名:株式会社プルークス
・本社所在地:東京都中央区日本橋大伝馬町14-17大伝馬町千歳ビル4階
・URL:https://proox.co.jp/

株式会社ジム

株式会社ジム

引用元:https://www.gym-ts.com/

こんな方におすすめ!

  • とにかく安く動画を制作したい方

 株式会社ジムの強み

株式会社ジムは、格安でYouTubeインストリーム広告の動画を制作したい方に、おすすめの制作会社です。動画制作には2つのプランが用意されており、費用を抑えて制作する場合には、「編集のみプラン」がおすすめです。

編集のみプランは、あらかじめ用意された動画テンプレートから好みのものをセレクトします。必要な写真やテキストもあらかじめ準備しておき、編集の部分のみを依頼する形です。

1本あたり19,000円、5本以上の場合は1本あたり10,000円となるため、非常にリーズナブルに動画制作が可能です。もし、テンプレート選びや素材の準備も難しい場合は、若干費用がアップしますが「おまかせプラン」で依頼することもできます。

株式会社ジムの概要

・会社名:株式会社ジム
・本社所在地:東京都千代田区九段南4-7-22 メゾンドシャルー407
・URL:https://www.gym-ts.com/

 

広告代理店にYouTubeインストリーム広告の運用代行を依頼する際の費用

広告代理店にYouTubeインストリーム広告の運用代行を依頼する際の費用

広告代理店に、YouTubeインストリーム広告の運用代行を依頼する際の費用について解説します。広告代理店に依頼するメリットや、どんな方が代理店の利用に向いているのか、そして代理店にかかる費用などを見ていきましょう。

YouTubeインストリーム広告の運用を代理店に依頼する3つのメリット

まずは、YouTubeインストリーム広告の運用を代理店に依頼するメリットから見ていきましょう。

  1. 広告運用業務にリソースを割く必要がなくなる
  2. 早く効果が出やすい
  3. さまざまな提案を受けられる

 メリット1:広告運用業務にリソースを割く必要がなくなる

代理店を利用すると、広告運用業務に自社のリソースを割く必要がなくなります。広告運用は、事前の準備からリサーチや設定、さらに運用管理やレポート作成、データ分析など多岐に渡る業務が発生します。

決して他の業務の片手間でできることではありません。そのため、自社で運用した場合には、広告運用業務に時間を取られてしまい、本来の業務支障が出てしまうといったケースもあります。

ですが、代理店に依頼してしまえば、基本的には自社で作業することはなくなりますので、リソースの心配をすることなく、本業に取り組めます。

 メリット2:早く効果が出やすい

代理店に運用を依頼した方が、YouTubeインストリーム広告の効果が早く出やすいというメリットもあります。YouTubeインストリーム広告の効果を出すためには、効果的なクリエイティブももちろん必要ですが、運用方法による影響も非常に大きいと言えます。

適切なターゲティング、素早いPDCAなど、YouTubeインストリーム広告についてそれなりの知識や経験がないと、効果の高い運用は実現できません。その点代理店は、YouTubeインストリーム広告の運用を多数経験してきており、ノウハウも持っていますので、自社で運用するよりも早く、効果が出やすいと言えます。

 メリット3:さまざまな提案を受けられる

代理店とつながりを持つことで、さまざまな提案を受けられるのもメリットの一つです。例えば、インストリーム広告よりもディスカバリー広告の方が効果的である、あるいはそもそもYouTube広告よりもInstagram広告の方が高い効果が見込める、といったような提案です。

代理店は、YouTube広告やその他のWEB広告についても知識がありますので、クライアントの広告をどのように運用するのが、もっとも効果的かを判断できます。

そして、仮に別媒体で運用した方が効果的だと判断した場合も、そのまま代理店に運用を依頼できるので非常にスムーズです。

代理店の利用はこんな人に特におすすめ!

YouTube広告の運用経験がない方、とにかく最短でインストリーム広告による成果を上げたい方は、代理店の利用がおすすめです。

未経験の状態からの運用は、損失を生み出してしまうリスクがあるためおすすめできません。また、すぐにでも成果を出したいのであれば、YouTubeインストリーム広告を熟知したプロに任せるのが、最短ルートと言えるでしょう。

広告代理店を利用してYouTubeインストリーム広告を運用する場合の費用の構造

インストリーム広告を代理店に依頼して運用する際は、広告費の他に手数料が必要です。また、初期費用が別途必要となるケースもあります。

広告代理店を利用してYouTubeインストリーム広告を運用する場合の費用の相場

代理店によるYouTubeインストリーム広告の運用を行う場合の費用相場は、以下の通りです。

  • 初期費用:0~5万円程度
  • 手数料:広告費の20%
  • 広告費:自由

初期費用は必要のない代理店もありますが、有料となる場合は5万円前後が相場となります。手数料については、他のWEB広告と同じ広告費の20%程です。

広告費については特に決まりはないので、予算に合わせて運用できますが、代理店によっては一ヶ月あたりの広告費の最低金額を設定している場合もあるので、依頼前に確認しておくことをおすすめします。

 

費用を抑えたYouTubeインストリーム広告運用が実現できるおすすめ代理店3選

費用を抑えたYouTubeインストリーム広告運用が実現できる、おすすめの代理店を3社ご紹介します。代理店の運用代行を利用される際に、参考にしてみてください。

サイバーホルン株式会社

サイバーホルン株式会社

引用元:https://cyberhorn.co.jp/

こんな方におすすめ!

  • 気軽にYouTube広告を試してみたい方

 サイバーホルン株式会社の強み

サイバーホルン株式会社は、WEB広告運用やWEB制作を行っている代理店です。サイバーホルン株式会社にYouTubeインストリーム広告の運用代行を依頼する場合、初期費用や最低契約期間の縛りはありません。

よって、YouTube広告をちょっと試してみたいという場合でも、リスクなく依頼できるメリットがあります。また、動画制作にも対応しており、1本3万円からというとてもリーズナブルな料金設定となっています。

サイバーホルン株式会社の概要

・会社名:サイバーホルン株式会社
・本社所在地:東京都新宿区津久戸町4-7OSビル9F
・URL:https://cyberhorn.co.jp/

Start-X合同会社

Start-X合同会社

引用元:https://start-x.work/

こんな方におすすめ!

  • YouTubeチャンネルの運用も検討している方

 Start-X合同会社の強み

Start-X合同会社は、YouTube広告の運用やYouTubeの運用支援、動画制作を行っている代理店です。初期費用はなく、広告費の20%で最低3ヶ月から運用代行を依頼できます。

また、YouTube運用の支援も行っており、現役YouTuberやマーケター、クリエイターが戦略設計から運用、分析、改善まで対応してくれます。動画制作も1本あたり3万円からとなっているので、YouTubeチャンネルの運用や、動画制作も併せて依頼したい方におすすめの代理店です。

Start-X合同会社の概要

・会社名:Start-X合同会社
・本社所在地:東京都渋谷区恵比寿ガーデンプレイスグラススクエアB1
・URL:https://start-x.work/

株式会社六甲商会

株式会社六甲商会

引用元:https://www.rokko-gr.com/

こんな方におすすめ!

  • 手数料が定額制の代理店に依頼したい方

 株式会社六甲商会の強み

株式会社六甲商会は、WEB広告の運用からSNSアカウント運用、SEO、WEB制作などを行っている代理店です。一般的にYouTubeインストリーム広告の運用代行では、広告費に比例して手数料の金額も上がっていきます。

しかし株式会社六甲商会の手数料は定額制となっているので、広告費が多くなる月があっても、手数料が跳ね上がることはありません。この料金体系は、リスティング広告など他の広告運用にも共通していますので、YouTube広告以外の広告運用も併せて依頼したい場合におすすめです。

株式会社六甲商会の概要

・会社名:株式会社六甲商会
・本社所在地:兵庫県神戸市中央区磯上通6-1-23
・URL:https://www.rokko-gr.com/

※参考:YouTube広告運用代行におすすめの広告代理店について詳しく解説した記事はこちら
関連記事

Youtube広告は、動画需要が高まっている中で非常に注目されている広告です。このYoutube広告を利用してwebマーケティングを行いたい、あるいはすでに実施している企業も多くなっています。Youtube広告の運用には広告製作や運用管理の[…]

Youtube広告運用代行おすすめ広告代理店7選と上手な選び方

 

YouTubeインストリーム広告の効果測定におすすめのツール

YouTubeインストリーム広告の効果測定におすすめのツールをご紹介します。費用対効果を最大化する方法としてご紹介した通り、YouTubeインストリーム広告の効果を高めるには、PDCAが必須です。

そこで活用できるのが、今回ご紹介するツールとなります。

YouTubeインストリーム広告運用を可視化する「Databeat Explore」

Databeat Explore

Databeat Exploreは、YouTubeインストリーム広告の運用を可視化できるツールです。手間をかけることなく、簡単に正確なデータを収集し、レポート化できるのが、Databeat Exploreの特徴となります。

YouTubeインストリーム広告運用における「Databeat Explore」の3つの活用ポイント

YouTubeインストリーム広告運用における「Databeat Explore」の3つの活用ポイントをご紹介します。

 運用データを常に最新の状態で保持

Databeat Exploreは、広告の運用データを常に最新の状態で保持します。YouTubeインストリーム広告はもちろん、その他の広告媒体も、Databeat Exploreと連携させるだけで、あとは自動的にデータを収集してくれます。

広告の管理画面へアクセスして、データを取り寄せる必要はありません。

 多彩なデータ出力方法

Databeat Exploreが取得したデータは、ExcelをはじめGoogleスプレッドシートなど、好みのフォーマットで出力が可能です。さらに、GoogleアナリティクスやGoogleデータポータル、BIツールへ出力して、Databeat Exploreとは違った環境で運用データの分析や、レポートを作成することもできます。

 オリジナルフォーマットを活用したレポート作成機能

Databeat Exploreには、さまざまな広告に対応したレポートのオリジナルフォーマットが用意されています。広告媒体とDatabeat Exploreを連携させるだけで、自動的にデータを収集するだけでなく、レポート作成までが自動化されます。

 

 

まとめ

YouTubeインストリーム広告は、広告に興味のないユーザーがスキップできる機能があるため、無駄なコストがかからない広告です。特に認知を目的とした運用に最適となっています。

費用相場は、月間30万円前後の広告費に、動画の制作費用が必要です。動画の制作費用はピンキリですが、一定の効果を求める場合には、それなりのクオリティが必要となりますので、30万円程度の予算で制作するのがおすすめです。

また、YouTubeインストリーム広告の運用については、リソースやスキルを考慮した上で、自社運用または代理店による運用の判断を下しましょう。代理店による運用の場合、広告費の20%程の手数が発生します。

自社で運用できる場合には、代理店手数料のコストはカットできますが、効率的に広告データの分析を行うため、広告効果測定ツール「Databeat Explore」などの活用もおすすめです。

広告レポート作成を自動化しませんか?

 

Databeat Explore_CTA

「広告データの集計に時間を取られている」
「アクセス解析と広告データを同時に集計したい」
「Looker Studio(旧Googleデータポータル)を使ってレポート作成工数や手動によるミスを削減したい」

このような課題は、Databeat Exploreで解決できます。

Databeat Exploreとは、自動で収集した広告データをオリジナルフォーマットでレポート化する、広告レポート作成自動化ツールです。

  • 導入にエンジニアスキルは不要
  • 国内最多の35サービスと連携が可能
  • 無料BIツールLooker Studio(旧Googleデータポータル)でレポート作成を自動化できる

詳しくは以下のリンクよりサービスサイトをご覧ください。

YouTubeインストリーム広告の費用がまるわかり!課金方式や制作費用・代理店手数料まで詳しく解説
最新情報をチェックしよう!
>広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

Databeat Exploreは、WEB広告データの見える化を実現するサービスです。
様々な広告データを抽出・統合・一元化し、見たいデータを見たい時に見たい場所で見ることができます。

CTR IMG