YouTube広告の費用がまるわかり!課金形態や費用相場、代理店手数料まで詳しく解説

YouTube広告の費用がまるわかり!課金形態や費用相場、代理店手数料まで詳しく解説

動画を使ったインパクトのある広告は、数あるWEB広告の中でも特に強力な効果を発揮します。そんな動画広告の中でも特に有名なのが、YouTube広告です。

YouTubeユーザーが急増したこともあり、YouTube広告はWEBマーケティングの手法としてなくてはならないものとなっています。

しかし、実際に企業がYouTube広告を利用することを考えた場合、気になるのは費用面ではないでしょうか。そこで今回こちらの記事では、YouTube広告の課金形態や費用相場、そして広告の運用代行に必要な代理店の手数料など、YouTube広告の費用に関する情報を、詳しく解説していきます。

目次

まずは押さえておきたいYouTube広告の基本

まずはじめに、YouTube広告の基本的な情報を確認していきましょう。YouTube広告とはどのような広告なのか、他の広告との比較、効果的な使い方などを解説します。

YouTube広告とは?

YouTube広告とは

引用元:YouTube

YouTube広告とは、YouTubeアプリやブラウザ上に表示される広告のことです。いろいろな形式のYouTube広告がありますが、代表的なものは、上図のように動画を視聴している最中に再生される、動画広告です。

他のWEB広告と比較した際のYouTube広告の長所

他のWEB広告と比較した際のYouTube広告の長所を3つご紹介します。

 費用対効果が高い

YouTube広告は、とても費用対効果が高い広告です。なぜかというと、YouTube広告は、スキップ機能があるからです。

もし、ユーザーが広告に興味がないと感じた場合、スキップをクリックして動画広告を飛ばすことができます。この場合、YouTube広告としての費用は発生しない仕組みになっています。

つまり、広告に興味があるユーザーにだけ広告費をかけて宣伝できるという仕組みなのです。

 ユーザーに伝えられる情報量が多い

ディスプレイ広告にも、動画クリエイティブを使用するケースはありますが、やはりYouTube広告は大画面で動画広告を再生するため、一度にユーザーへ伝えられる情報量が圧倒的に多くなります。

小さなバナーサイズではなく、パソコンやスマートフォンの画面いっぱいに動画広告を表示して、ユーザーが閲覧します。そのため、商品やサービスをより魅力的に見せることができます。

 テレビCMに匹敵する宣伝効果

いまやYouTube広告は、テレビCMに匹敵するほどの宣伝効果があると言われています。近年特に若年層では、テレビは見ないけれどYouTubeは見るという方も増えてきています。

そのため、これまではもっとも強力な宣伝効果を持つ媒体といえばテレビでしたが、現在はYouTube広告も、同じくらい大きな宣伝効果を持っているのです。

YouTube広告の利用が効果的なシーン

YouTube広告の利用が効果的なシーンは、新しい商品やサービスの認知向上・ブランディングを目的として利用するシーンです。

YouTube広告は、広告に興味を持たないユーザーがスキップできる機能がありますが、それでも最低限数秒は動画を視聴しなくてはなりません。

また、スキップできない形式での広告配信も可能となっています。そのため、多くのユーザーが半強制的に動画広告を視聴します。

これによる認知向上やブランディング効果は非常に高いものとなります。

 

YouTube広告の掲載費の課金方式の種類とメリット、デメリットを解説

YouTube広告の掲載費の課金方式の種類とメリット、デメリットを解説

YouTube広告の掲載費の課金方式の種類とメリット、デメリットを解説していきます。YouTube広告には3種類の課金方式があります。

それぞれのメリットデメリット、そして費用相場を見ていきましょう。

YouTube広告の主な課金方式の種類まとめ

課金方式 メリット デメリット 費用相場
クリック課金(CPC) 興味があるユーザーのみ課金になる クリック数が増えすぎると費用対効果が悪化する 3~20円
インプレッション課金(CPM) コスパが良い 動画が短いとコスパが悪くなる 400~600円
動画視聴課金(CPV) 条件を満たさない場合費用は発生しない クリエイティブ次第で効果が大きく変わる 5~10円

YouTube広告で利用できる3種類の課金方式は、それぞれにメリットデメリットがあります。どのようなシーンで利用するかによって、最適な課金方式は異なってきますので、まずはすべての課金方式について理解した上で、活用していきましょう。

それぞれの課金方式について、詳しくはここから一つずつ解説していきます。

YouTube広告の課金方式1:クリック課金(CPC)

動画広告上に表示される広告を、ユーザーがクリックすると課金される方式です。

 メリット

クリック課金方式の広告は、基本的に広告の商品に興味を持ったユーザーだけがクリックします。そのため、ターゲットとなるユーザーにだけ広告費を使うことが可能です。

広告に興味がないユーザーは広告をクリックしないので、無駄なコストが発生しにくいのがメリットです。

 デメリット

クリック課金は、想定している以上にクリック数が伸びてしまうと、費用対効果が悪化するリスクがあります。

もちろんクリックからコンバージョンが発生していれば問題ありませんが、クリック率が低いままクリック数が増えてしまうと、広告コストばかり増えてしまうという可能性があります。

 費用相場

YouTube広告のクリック課金の費用相場は、1クリックあたりおよそ3~20円です。

YouTube広告の課金方式2:インプレッション課金(CPM)

動画広告の表示回数に応じて課金される方式です。1,000回表示ごとに費用が発生します。

 メリット

インプレッション課金は、他の課金方式に比べて低コストで運用できるメリットがあります。

 デメリット

動画広告が短すぎると、コスパが悪くなるため、ある程度長さのある広告を作成する必要があります。また、インプレッション課金方式のインストリーム広告では、スキップできないことによって、ユーザーの反感を買ってしまうリスクもあります。

 費用相場

YouTube広告のインプレッション課金の費用相場は、1,000インプレッションあたりおよそ400~600円です。

YouTube広告の課金方式3:動画視聴課金(CPV)

動画視聴課金は、動画広告をスキップせずに30秒以上視聴すると課金される方式です。

 メリット

動画広告を30秒以内にスキップすると課金されません。つまり、広告に興味がないユーザーは課金が発生する可能性が低く、無駄なコストを抑えて運用できます。

 デメリット

動画視聴課金のでメリットは、動画クリエイティブ次第で効果が大きく変わってしまう点です。ユーザーが広告に興味を持って動画を視聴しても、最終的に商品やサービスに魅力を感じてもらえなければ、広告費だけかかって成果は得られません。

 費用相場

動画視聴課金の費用相場は、1再生あたりおよそ5~10円です。

YouTube広告の課金方式を上手に選択するヒント

YouTube広告の課金方式を上手に選択するヒントは、広告の目的によって使い分けるということです。

例えば、自社サイトへ誘導してコンバージョン獲得を目指すのであれば、クリック課金が最適と考えられます。

一方、商品やサービスの認知向上やブランディング目的であれば、動画視聴課金がおすすめです。ただし、低コストで運用したい場合は、インプレッション課金を採用するのも良いでしょう。

 

YouTube広告の掲載料金を種類別に詳しく解説

YouTube広告の掲載料金を種類別に詳しく解説

YouTube広告の掲載料金を、種類別に詳しく解説していきます。YouTube広告の4種類の広告について、それぞれの特徴や課金方式、目安費用などを見ていきましょう。

YouTube広告の掲載費用相場

YouTube広告の掲載費用相場は、利用する広告の種類や課金方式、プロモーションの規模感にもよりますが、最低でも月間20~30万円程度は準備しておいた方がよいでしょう。

本腰を入れてYouTube広告を利用するのであれば、月間100万円ほどは用意することが望ましいでしょう。

YouTube広告の最低出稿金額

YouTube広告に最低出稿金額の設定はありません。よって、広告主の自由な金額で広告出稿が可能です。ただし、あまり費用が少なすぎると、広告の露出が少ないため、広告の効果を得られないので注意しましょう。

YouTube広告の種類と目安費用まとめ

広告種別 特徴 課金方式 目安費用
インストリーム広告 動画途中でスキップ可能 動画視聴課金(CPV) 5~10円
バンパー広告 6秒の動画でスキップ不可 インプレッション課金(CPM) 400~600円
ディスカバリー広告 購買意欲の高いユーザーを誘導可能 クリック課金(CPC) 3~20円
アウトストリーム広告 YouTubeの外に配信可能 インプレッション課金(CPM) 400~600円

上記が主な広告種別です。それぞれ課金方式や特徴が異なっています。広告の表示場所や動画の長さ、スキップできるかどうかなどの違いが主な内容となります。

こうした特徴は、どのような広告効果を求めるかによって使い分ける必要があります。

YouTube広告の種類1.インストリーム広告

YouTube広告の種類1.インストリーム広告

引用元:YouTubeヘルプ

インストリーム広告は、YouTube動画の再生前後や、再生途中に表示される広告です。

 インストリーム広告はこんな人にオススメ!

インストリーム広告は、すべてのユーザーが必ず数秒はスキップせずに広告を視聴するので、認知向上などを目的とする際におすすめです。

 インストリーム広告の課金方式

インストリーム広告の課金方式は、動画視聴課金(CPV)です。

 インストリーム広告の費用目安

インストリーム広告の費用目安は、動画1再生あたり5~10円ほどです。

 インストリーム広告の支払い方法

インストリーム広告の支払い方法は、クレジットカードまたはデビットカードとなります。

YouTube広告の種類2.バンパー広告

YouTube広告の種類2.バンパー広告

引用元:YouTubeヘルプ

バンパー広告は、動画の再生前後や再生中に表示される広告で、6秒以内の動画広告です。インストリーム広告のようにスキップすることはできません。

 バンパー広告はこんな人にオススメ!

バンパー広告は、6秒以内の短い動画に宣伝内容をまとめられる場合におすすめの広告です。尺が短い動画広告ではありますが、スキップできないので、すべてのユーザーに視聴してもらうことが可能です。

6秒という短い時間なので、スキップができなくても、それほどユーザーにストレスを与えません。

 バンパー広告の課金方式

バンパー広告の課金方式は、インプレッション課金(CPM)です。

 バンパー広告の費用目安

バンパー広告の費用目安は、1,000回表示あたり400~600円ほどです。

 バンパー広告の支払い方法

バンパー広告の支払い方法は、クレジットカードまたはデビットカードとなります。

YouTube広告の種類3.ディスカバリー広告

YouTube広告の種類3.ディスカバリー広告

引用元:YouTubeヘルプ

ディスカバリー広告は、関連動画や動画の検索結果に表示される広告です。

 ディスカバリー広告はこんな人にオススメ!

ディスカバリー広告は、ユーザーが自ら広告をクリックしなければ再生されないため、広告に興味のあるユーザーにピンポイントでアプローチしたい場合におすすめの広告です。

 ディスカバリー広告の課金方式

ディスカバリー広告の課金方式は、クリック課金(CPC)です。

 ディスカバリー広告の費用目安

ディスカバリー広告の費用目安は、1クリックあたり3~20円ほどです。

 ディスカバリー広告の支払い方法

ディスカバリー広告の支払い方法は、クレジットカードまたはデビットカードとなります。

YouTube広告の種類4.アウトストリーム広告

YouTube広告の種類4.アウトストリーム広告

引用元:YouTubeヘルプ

アウトストリーム広告は、YouTube外のwebサイトなどに配信できる広告です。

 アウトストリーム広告はこんな人にオススメ!

アウトストリームは、YouTubeの外に広告を配信できるので、より多くのリーチを獲得したい場合におすすめです。

 アウトストリーム広告の課金方式

アウトストリーム広告の課金方式は、インプレッション課金(CPM)です。

 アウトストリーム広告の費用目安

アウトストリーム広告の費用目安は、1,000回表示あたり400~600円ほどです。

 アウトストリーム広告の支払い方法

アウトストリーム広告の支払い方法は、クレジットカードまたはデビットカードとなります。

 

自社にマッチする上手なYouTube広告の選び方

自社にマッチする上手なYouTube広告の選び方

自社にマッチする上手なYouTube広告の選び方について解説します。複数あるYouTube広告の中から、最適な広告を選んで運用することで、YouTube広告の特徴を最大限活かすことが可能となります。

  1. ブランディング目的ならバンパー広告やアウトストリーム広告
  2. 潜在顧客へアプローチするならインストリーム広告
  3. 購買意欲の高いユーザーへアプローチするならディスカバリー広告

POINT1.ブランディング目的ならバンパー広告やアウトストリーム広告

新しい商品の認知向上や、ブランディングを目的としてYouTube広告を運用するのであれば、バンパー広告かアウトストリーム広告がおすすめです。

バンパー広告は、インストリーム広告のようにスキップできませんので、すべてのユーザーが必ず動画広告をすべて視聴します。

また、アウトストリーム広告は、YouTubeの外にも配信を広げられるので、より多くのユーザーにアプローチできるので、高いブランディング効果が期待できます。

POINT2.潜在顧客へアプローチするならインストリーム広告

潜在顧客にアプローチするのであれば、インストリーム広告が効果的です。

インストリーム広告は、興味がなければスキップできる機能がありますので、まったく広告に興味がないユーザーに対しては、広告コストがかかりません。

反対に広告に興味があるユーザーは、動画広告を最後まで視聴するか、自社サイトへアクセスしてくれるため、見込み客であると判断できます。

POINT3.購買意欲の高いユーザーへアプローチするならディスカバリー広告

購買意欲の高いユーザーにアプローチするなら、ディスカバリー広告がおすすめです。

ディスカバリー広告は、YouTubeの関連動画や検索結果部分に表示されています。インストリーム広告やバンパー広告と違い、ユーザーが自らクリックというアクションを起こさなければ、動画広告は視聴できません。

つまり、ディスカバリー広告を視聴するユーザーは、広告の商品に興味を持って自ら行動を起こす、購買意欲の高いユーザーだと判断できます。

 

YouTube広告の費用対効果を最大化する5つのポイント

YouTube広告の費用対効果を最大化する5つのポイント

YouTube広告の費用対効果を最大化する5つのポイントをご紹介します。以下のポイントを参考に、YouTube広告の費用対効果を高めていきましょう。

  1. 広告の目的を明確にする
  2. ターゲティングを重視する
  3. 運用データの分析を行う
  4. 動画クリエイティブに力を入れる
  5. 自社のチャンネルがある場合はリマーケティングを活用する

POINT1.広告の目的を明確にする

YouTube広告を運用する際は、まずどのような目的でYouTube広告を運用するのか、目的を明確にしましょう。

商品のブランディングを行いたいのか、自社サイトへ誘導したいのか、目的が明確にならなければ、広告戦略全体の設計ができません。

目的を定めてから、その目的を達成するための広告を選び、運用を進めます。

POINT2.ターゲティングを重視する

どのようなユーザーに広告を配信するのがもっとも効果的なのか、しっかりとペルソナを設定した上で、ターゲティングを行いましょう。

YouTube広告に限らず、WEB広告はターゲティングの精度がとても重要です。まったく需要のないユーザー層に対して広告を配信しても、大きな成果は得られないでしょう。

ブランディング効果を目的とした広告運用においても、単に多くのユーザーに配信するのではなく、広告に興味を持ってくれそうなユーザーへ配信することで、大きな反応を得られる可能性が高まります。

POINT3.運用データの分析を行う

YouTube広告の費用対効果を最大化するためには、運用データの分析も欠かせません。

設定したターゲティングが正しいのか、広告クリエイティブのクオリティに問題がないかなど、運用データを分析することで得られるヒントはたくさんあります。

また、広告を配信するタイミング(時間帯や曜日など)も、運用データから分析できますので、もっとも効果が高いタイミングで広告配信を行うといった判断も可能となります。

※参考:YouTube広告の効果測定について詳しく解説した記事はこちら
関連記事

YouTube広告は、月間利用者数6,500万人を超えるYouTube上に動画広告を配信する広告媒体です。幅広いユーザーにアプローチできることから、YouTube広告を採用している企業も増えてきています。 YouTube広告を運営する[…]

YouTube広告の効果測定方法マスターガイド!

POINT4.動画クリエイティブに力を入れる

YouTube広告を利用する以上、当然のことではありますが、動画クリエイティブにはこだわって制作しましょう。

クリエイティブの質が低いと、どれだけ精度の高いターゲティングを行っても、ユーザーは広告に反応してくれません。商品の魅力も伝わりません。

ユーザーに必要な情報をしっかり伝えられて、尚且つユーザーの興味を惹くことができる、高品質なクリエイティブ制作を目指しましょう。

※参考:YouTube広告の制作について詳しく解説した記事はこちら
関連記事

YouTube広告と言えば、今注目が高まっている動画広告のひとつです。これまでWEB広告と言えばリスティング広告やディスプレイ広告でしたが、今後は5Gの普及によって、さらにYouTube広告などの動画広告の需要が高まってくることが考えられま[…]

YouTube広告制作ガイド!制作手順やツール、おすすめ制作会社を詳しく解説

POINT5.自社のチャンネルがある場合はリマーケティングを活用する

もしも、自社や商品の公式YouTubeチャンネルを運用している場合は、リマーケティングも活用しましょう。

自社チャンネルの動画を視聴したことがあるユーザーや、評価を付けたユーザーなどに限定して、リマーケティング配信を実施することができます。

自社チャンネルの動画を視聴しているユーザーは、すでに自社や商品に興味を持っているため、新規ユーザーへのアプローチに比べて広告の反応率が高くなり、費用対効果の高い運用が実現しやすくなります。

※参考:YouTubeにおけるリマーケティングの実施方法を詳しく解説した記事はこちら

関連記事

日本国内だけでも6,200万人以上が利用しているYouTubeを活用した、YouTubeリマーケティングをご存知でしょうか?見込み客を獲得しやすい手法となるため、多くの企業で採用されていますが、運用を行う上で、 「YouTubeリ[…]

YouTubeリマーケティング入門ガイド!実施手順と効果的なリスト作成ノウハウを詳しく解説

 

費用対効果を最大化するならYouTube広告に強みを持つ代理店利用もおすすめ!

費用対効果を最大化するならYouTube広告に強みを持つ代理店利用もおすすめ!

費用対効果を最大化するなら、YouTube広告に強みを持つ代理店利用もおすすめです。自社で運用した方がコスパは良いですが、ノウハウを持たない企業が、費用対効果の高いYouTube広告の運用を実現することは、そう簡単ではありません。

YouTube広告の運用を代理店に依頼する3つのメリット

YouTube広告の運用を代理店に依頼するメリットをご紹介します。自社での運用を検討されている場合、以下のメリットを確認した上で、自社運用か代理店運用かを検討してみてください。

  1. 運用の負担を軽減できる
  2. 費用対効果の高い運用が短期間で実現可能
  3. クリエイティブ制作も依頼できる

 運用の負担を軽減できる

代理店にYouTube広告の運用を依頼すれば、運用負担を軽減することができます。

YouTube広告の運用を行うには、アカウントの作成から広告の作成、入稿、効果測定など多数の業務が発生します。これらの業務にしっかりと対応できる体制やノウハウがない場合、満足のいくYouTube広告運用ができなかったり、本来の業務に支障が出てしまう恐れがあります。

代理店はYouTube広告運用関する業務のすべてを担ってくれますので、自社にかかる負担は限りなく軽減することが可能です。

 費用対効果の高い運用が短期間で実現可能

費用対効果の高いYouTube広告運用を、短期間で実現できるのも、代理店を利用するメリットです。

代理店では、数多くのYouTube広告を運用してきていますので、どのような運用方法が費用対効果を高くできるのか、ノウハウを持っています。

このノウハウを活用できれば、自社で運用する場合と比べ、短期間で費用対効果の高いYouTube広告運用が実現できます。

 クリエイティブ制作も依頼できる

YouTube広告で使用する動画クリエイティブ制作を、代理店に依頼することも可能です。

すべての代理店が動画制作に対応している訳ではありませんが、多くの代理店ではYouTube広告の運用代行と併せて、動画制作も対応しています。

自社でYouTube広告を運用する場合は、動画制作も社内で行わなくてはならず、スキルを持った人材がいなければ新たに雇用するなどの労力がかかります。

でも、代理店で動画制作まで対応できれば、クリエイティブ制作から広告運用まで一貫して対応してもらえるため、効率良くYouTube広告運用を実施できます。

代理店の利用はこんな人に特におすすめ!

YouTube広告の運用経験がない方、動画制作に対応できない方は、代理店の利用をおすすめします。

リスティング広告などと違い、YouTube広告はクリエイティブ制作にも、多くの労力がかかります。もちろん広告運用にも、さまざまな知識やリソースが必要となりますので、初心者の方がいきなり着手してすぐに成果を出すことは非常に難しいと言えます。

まずは無理せず、YouTube広告運用のプロである代理店のサポートを利用しましょう。

 

YouTube広告の運用を代理店に依頼する際の費用

代理店に依頼する場合に必要となる費用について解説します。代理店の運用代行には、プラスで費用が発生するので、内容を理解した上で利用を検討しましょう。

広告代理店を利用してYouTube広告を運用する場合の費用の構造

広告代理店を利用してYouTube広告を運用する場合、「手数料」と「広告費」が必ず必要です。手数料とは、YouTube広告を代理店に運用してもらうための費用で、広告費はYouTube広告を出稿するために必要な費用です。

また、YouTube広告で使用する動画クリエイティブも一緒に制作してもらう場合は、動画制作費用も必要となります。

広告代理店を利用してYouTube広告を運用する場合の費用の相場

広告代理店を利用してYouTubeを運用する場合の、各費用の相場価格は以下のようになります。

  • 手数料:広告費の20%(初期費用5万円)
  • 広告費:自社の予算に合わせて決定
  • クリエイティブ制作費:50万円~

代理店へ支払う手数料は、使った広告費の20%、そして代理店によって初期費用が発生する場合は、5万円程度が相場です。

広告費は自社の予算に合わせて決定できます。そしてクリエイティブ制作費ですが、こちらは動画の内容次第ではありますが、簡単な広告用動画であれば、50万円程度から依頼が可能となっています。

 

YouTube広告を代理店に依頼する際に手数料を抑える3つのポイント

YouTube広告を代理店に依頼する際に手数料を抑える3つのポイント

YouTube広告を代理店に依頼する際に手数料を抑える3つのポイントをご紹介します。YouTube広告は、クリエイティブ制作費用なども発生するため、なるべくコストを抑えて依頼できるように進めましょう。

  1. 広告運用とクリエイティブ制作を一緒に依頼する
  2. 手数料設定の安い代理店を利用する
  3. ディスカウント交渉する

POINT1.広告運用とクリエイティブ制作を一緒に依頼する

手数料を抑えるためには、広告運用とクリエイティブ制作を一緒に依頼する方法があります。

この2つの業務を同時に依頼することで、手数料やクリエイティブ制作費用が安くなる場合があります。自社でクリエイティブが制作できない場合は、費用面はもちろん、いろいろな手間なども考えて、代理店にすべて依頼してしまうのがおすすめです。

POINT2.手数料設定の安い代理店を利用する

YouTube広告運用代行をしている代理店の中で、手数料の安い代理店を見つけて依頼しましょう。

YouTube広告の運用代行手数料相場は広告費の20%ですが、この手数料設定は代理店ごとに違います。中にはもっと安い手数料で対応してくれるところもありますので、安くて信頼できそうな代理店を利用するという方法もおすすめです。

POINT3.ディスカウント交渉する

思い切って代理店に、手数料のディスカウント交渉をするという方法もあります。ただし、いきなり手数料を安くして欲しいという風にお願いするのも不躾なので、例えばYouTube広告の運用代行を半年や1年の長期契約することを条件に、交渉します。

または、YouTube広告以外のWEB広告の運用代行も併せて依頼するといった方法もあります。実際、長期契約によって初期費用が無料になったり、手数料率が引き下げられると言ったケースはありますので、事前に交渉して見るのがおすすめです。

 

費用を抑えたYouTube広告運用が実現できるおすすめ代理店

費用を抑えたYouTube広告運用が実現できるおすすめ代理店をご紹介します。以下を参考に、代理店選びを進めてみてください。

東洋株式会社

東洋株式会社

引用元:https://www.toyo-grp.co.jp/

こんな方におすすめ!

  • 他の広告やWEB制作も依頼したい方

 東洋株式会社の強み

東洋株式会社は、WEB制作から広告運用、システム開発、マーケティングなどを行っている代理店です。

YouTube広告運用は、初期費用が3万円と、広告費の20%の手数料で依頼できます。他にGoogle広告やYahoo!広告、Facebook広告、Instagram広告の運用もできますので、複数の広告運用を依頼したい場合にもおすすめです。

東洋株式会社の概要

・対応可能な媒体:Google広告/Yahoo!広告/Facebook広告/Instagram広告/YouTube広告
・会社名:東洋株式会社
・本社所在地:北海道帯広市西10条南9丁目7番地
・URL:https://www.toyo-grp.co.jp/

株式会社アイビス

株式会社アイビス

引用元:https://ibis.gs/

こんな方におすすめ!

  • さなざまな広告を利用した相乗効果を目指したい方
  • オフライン広告も併用してみたい方

 株式会社アイビスの強み

株式会社アイビスは、リスティング広告やSNS広告の他、アドネットワーク広告やアフィリエイト広告、メルマガ、ネイティブ広告など、あらゆるWEB広告手法に対応できる代理店です。

いろいろな広告を利用することで、相乗効果を期待したい場合におすすめです。また、株式会社アイビスはオフライン広告にも対応しており、交通広告や看板広告、新聞広告、雑誌広告も利用できますので、オフラインを試して見たいという場合にも、スムーズに対応できます。

株式会社アイビスの概要

・対応可能な媒体:Google広告/Yahoo!広告/Facebook広告/Instagram広告/Twitter広告/LINE広告/DSP広告/YouTube広告/アフィリエイト広告
・会社名:株式会社アイビス
・本社所在地:大阪府大阪市浪速区湊町2-1-7 ルネッサ難波ビル5F
・URL:https://ibis.gs/

※参考:YouTube広告運用代行におすすめの広告代理店について詳しく解説した記事はこちら
関連記事

Youtube広告は、動画需要が高まっている中で非常に注目されている広告です。このYoutube広告を利用してwebマーケティングを行いたい、あるいはすでに実施している企業も多くなっています。Youtube広告の運用には広告製作や運用管理の[…]

Youtube広告運用代行おすすめ広告代理店7選と上手な選び方

 

動画広告制作も可能なYouTube広告運用におすすめの代理店

動画広告制作も可能なYouTube広告運用におすすめの代理店をご紹介します。YouTube広告運用から、動画制作までまとめて依頼できるので、効率良く業務が進められます。

株式会社ルミネージ

株式会社ルミネージ

引用元:https://luminage.co.jp/

こんな方におすすめ!

  • 動画クリエイティブの制作から広告運用までまとめて依頼したい方

 株式会社ルミネージの強み

株式会社ルミネージは、YouTube広告運用のほか、SEOやインフルエンサーマーケティングなども行っている代理店です。

最低3ヶ月からの契約が条件となりますが、YouTube広告やその他のプラットフォームでの動画広告運用を依頼することも可能です。

また、動画クリエイティブの制作にも対応しているため、クリエイティブ制作から広告運用まで一貫して依頼できるメリットがあります。

株式会社ルミネージの概要

・対応可能な媒体:Google広告/LINE広告/YouTube広告
・会社名:株式会社ルミネージ
・本社所在地:東京都中央区京橋2-2-1京橋エドグラン26F
・URL:https://luminage.co.jp/

※参考:下記の記事では動画広告制作も強みを持つ広告代理店を特集しています。併せてご覧ください。

関連記事

Web広告の運用を行う際、画像やテキストに加えて「動画」を活用することで視覚効果の高い広告運用が可能になります。広告代理店の中には、広告用の動画制作に強みを持っている代理店も多いです。 本記事では動画制作にも強みをもつおすすめ広告代理[…]

動画制作にも強みを持つおすすめ広告代理店7選と上手な選び方

 

広告運用改善のヒントを得る!YouTube広告の広告効果検証におすすめのツール

広告運用改善のヒントを得ることが可能な、YouTube広告の広告効果検証におすすめのツールをご紹介します。YouTube広告の費用対効果を高めていくためにも、広告の効果検証は必ず実施しましょう。

Databeat Explore

Databeat Explore

Databeat Exploreは、YouTube広告の広告効果検証におすすめのツールです。YouTube広告の運用データを自動的に収集できる上、レポート作成も自動で実施可能となっており、広告効果検証を効率良く実施できるツールになっています。

YouTube広告運用における「Databeat Explore」の3つの活用ポイント

YouTube広告運用におけるDatabeat Exploreの活用ポイントをご紹介します。

 YouTube広告の運用データを自動で収集し、更新する

Databeat Exploreは、YouTube広告の運用データを、自動で収集することが可能です。また、更新も自動なので、毎日YouTube広告の管理画面を開いて、データをダウンロードする必要がありません。

 いろいろなフォーマットでデータの出力が可能

Databeat Exploreは、データの出力を自由なフォーマットで実施できます。例えば、ExcelやGoogleスプレッドシートに出力して、データを共有することも簡単にできます。

他にも、Googleアナリティクスへ出力して、アナリティクスベースで広告データを分析したり、BIツールやGoogleデータポータルに出力する機能も備わっています。

 広告レポートも自動で作成可能

Databeat Exploreは、YouTube広告のデータを収集するだけではありません。収集したデータは、複数のテンプレートによって、マーケターが見たい形に可視化されています。

広告レポートまで自動で作成されますから、YouTube広告の運用状況はもちろん、データの分析も簡単に行えるようになっています。

 

まとめ

YouTube広告は、費用対効果が高く、一度にたくさんの情報をユーザーに届けられる広告です。

複数の課金方式と、複数の広告フォーマットがありますので、広告の目的にあわせて最適な広告が利用できます。ただ、YouTube広告を効果的に運用するためには、経験やノウハウも必要なため、YouTube広告運用が未経験の場合は、代理店を利用するのもおすすめです。

YouTube広告は、動画クリエイティブも必要となるため、自社で対応できない場合は、動画制作も可能な代理店を利用してみてください。

もし、YouTube広告運用や動画制作を自社で実施できる環境をお持ちの場合は、広告の効果検証に便利なツール「Databeat Explore」の導入もご検討ください。

Googleデータポータルを活用して分析業務を効率化するツール
DatabeatExplore

こんな方にオススメ

・広告数字の集計が大変

GAと広告数字を同時に集計したい

・人力レポートではミスが発生する

Googleデータポータルを活用したい

YouTube広告の費用がまるわかり!課金形態や費用相場、代理店手数料まで詳しく解説
最新情報をチェックしよう!
>広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

Databeat Exploreは、WEB広告データの見える化を実現するサービスです。
様々な広告データを抽出・統合・一元化し、見たいデータを見たい時に見たい場所で見ることができます。

CTR IMG