リスティング広告の運用改善を目指すPDCAの回し方を徹底解説!見るべき指標やPDCAのポイント、実施方法などを詳しく紹介

リスティング広告の運用改善を目指すPDCAの回し方を徹底解説!見るべき指標やPDCAのポイント、実施方法などを詳しく紹介

リスティング広告は、顕在ユーザーへのアプローチを得意とする即効性のある運用型広告です。しかし、リスティング広告の恩恵を受けるには、パフォーマンス分析を基にPDCAを回す必要があります。リスティング広告を運用する上で、

「リスティング広告の成果が上がらない」

「リスティング広告改善の流れが知りたい」

「広告代理店へ運用を依頼したい」

上記のような課題が生じるかと思います。本記事では、企業の広告担当者様へ向けて「リスティング広告のPDCA基礎知識」「PDCAを上手に回すポイント」「おすすめ広告代理店3選」を紹介しています。

目次

【おさらい】リスティング広告のPDCAに関する基礎知識

はじめにリスティング広告のPDCAに関する基礎知識について理解しましょう。

リスティング広告とは?

リスティング広告

引用元:Yahoo!

リスティング広告とは、Google検索エンジンやYahoo!検索エンジン上にテキスト型の広告を出稿できるサービスです。事前に登録したキーワードを検索したユーザーに対して広告表示します。ユーザーが求めている情報を広告として表示するため、顕在ユーザーへのアプローチに優れています。

※参考:リスティング広告について詳しく解説した記事はこちら
関連記事

リスティング広告は、WEB広告の定番ともいえる手法の一つです。最近は、SNS広告や動画広告などの利用も増えてきていますが、そんな中でもリスティング広告は、主要な広告として多くの企業が利用しています。 オーソドックスな手法でありながらも[…]

リスティング広告運用におけるPDCAとは?

PDCAサイクルは、企業が正しい方向に向かっていることを確認するための手段です。リスティング広告は出稿して終わりではありません。常に「計画ー実行ー効果検証ー改善」を繰り返すことで、広告パフォーマンスの向上や費用対効果を改善できます。

 

リスティング広告運用においてPDCAを回す重要性

リスティング広告運用においてPDCAを回す重要性

リスティング広告運用においてPDCAを回す重要性は「広告パフォーマンス改善」「同じ失敗を繰り返さないため」「目標・アクションが明確になる」の3つです。それぞれの詳細について紹介します。

  1. 広告パフォーマンス改善
  2. 同じ失敗を繰り返さない
  3. 目標・アクションが明確になる

1.広告パフォーマンス改善

広告パフォーマンス改善のためにもPDCAサイクルは重要です。PDCAサイクルでは、改善を実行する前に必ず仮説を立ててから検証を実施します。計画があるからこそ、リスティング広告における課題を見つけることができ、広告パフォーマンスの改善に繋がります。

2.同じ失敗を繰り返さない

同じ失敗を繰り返さないためにもPDCAサイクルは重要です。リスティング広告の成果が見込めない場合、見切り発車で改善策を実行しても、根本が改善されているわけではないので、同じ失敗を繰り返すリスクがあります。

しかしPDCAを回せば、根本の原因を突き詰めるために行動するので、同じ失敗を繰り返すことなく広告運用が実施できます。

3.目標・アクションが明確になる

PDCAを回すと目標・アクションが明確になります。計画段階で目標を設定するので、組織の目標を明確にできますし、明確になった目標に対する課題設定や改善へのアクションまで具体化できます。

また、目標と現状のギャップを認識することで、具体的な施策も考えやすくなります。

 

リスティング広告におけるPDCAサイクルの回し方

リスティング広告におけるPDCAサイクルの回し方は「Plan(計画)」→「Do(実行)」→「Check(評価)」→「Act(改善)」です。それぞれの詳細は下記の通りです。

Plan(計画)

最初のステップは「Plan(計画)」です。このステップは、問題を特定し、解決するための改善策を考えることからはじめます。リスティング広告における「Plan(計画)」は下記手順で進めます。

  1. 問題を特定する
  2. 問題の詳細を分析する
  3. 問題の根本原因を評価する
  4. 行動計画を立てる

仮に「コンバージョン数が低い」といった問題なのであれば、下記内容を詰めていきます。

  • コンバージョン数が低い原因は何か?
  • コンバージョン数増加には、どのようなリソースが必要か?
  • 問題の最適な解決策は何か?
  • コンバージョン目標値はどうするか?

PDCAをスムーズに回せるように、非の打ちどころのない計画を立てる必要があります。この計画段階ですべてが決まるといっても過言ではありません。

Do(実行)

実行する改善策が決定したら、計画を実行します。これは「Plan(計画)」で作成した計画を実行するフェーズです。「Do(実行)」では、予期しない問題が発生する可能性が高いため、エラーが多い場合は再度「Plan(計画)」を練り直す必要があります。

計画内容で、しっかり仮説か立てられているか確認しながら実行しましょう。

Check(評価)

「Check(評価)」は、実行した改善策を測定するフェーズです。PDCAサイクルの最も重要な段階です。改善策によって、問題点が解決しているかを評価してください。コンバージョン増加を目的としているのであれば、増加率の変動や目標達成率を確認します。

また、最初の計画が実際に機能したかどうかも確認しましょう。結果が目標値に届かない場合は、問題を特定し、より良い解決策を探す必要があります。個人で判断するのではなく、改善策の結果をグラフなどに可視化して、計画に問題がなかったかをチームで共有しましょう。

Act(改善)

PDCAサイクルの最終段階は「Act(改善)」です。結果に基づいて計画を繰り返すフェーズです。目標を達成し良い結果を生み出した場合は、大規模な計画を立てます。コンバージョン増加という目標を達成したのであれば、「さらにコンバージョンを増加するための施策」「コンバージョン単価を低くするための施策」等を計画します。

良い結果が得られなかった場合は、最初のステップに戻って再度計画を練り直します。再度計画を練るときは、この失敗したデータを反映させることで、前回よりも精度の高い改善策を考えることができるはずです。

 

リスティング広告のPDCAで見るべき指標を詳しく解説

リスティング広告のPDCAで見るべき指標を詳しく解説

リスティング広告のPDCAで見るべき指標を詳しく解説します。PDCAの評価ポイントが分からない方は、下記内容を参考にしてください。

  1. クリック率
  2. コンバージョン率
  3. コンバージョン単価

【前提】リスティング広告を運用する目的は主にコンバージョン獲得

前提として、リスティング広告を運用する目的は、主にコンバージョン獲得であることを理解しましょう。リスティング広告は、ユーザーが検索したキーワードに関連する広告を表示する運用型広告なので、顕在ユーザーをターゲットとしたコンバージョン獲得に優れているためです。

下記にて紹介する指標に関しても、基本コンバージョン獲得を軸とした評価になると理解してください。

指標1.クリック率

クリック率は、広告をクリックした割合です。クリック数÷インプレッション数×100で算出できます。

 この指標が重要である理由

コンバージョンを獲得するには、クリック率を上げる必要があります。リスティング広告は「広告クリック」→「LPへ誘導」→「LP上でコンバージョン」の流れとなるので、広告がクリックされない限り、コンバージョンが見込めないからです。

主にクリック率が低い原因は「ターゲットのズレ」「訴求ポイントのズレ」「広告が表示されていない」の3点です。下記対策を実施してクリック率を改善しましょう。

  1. 「ターゲットのズレ」=キーワードの再選定
  2. 「訴求ポイントのズレ」=見出し・説明文の見直し
  3. 「広告が表示されていない」=入札金額の調整

指標2.コンバージョン率

コンバージョン率は、クリック数に対するコンバージョン数の割合です。

 この指標が重要である理由

コンバージョン率は、LPに誘導できたがコンバージョン達成できなかった理由を分析していきます。例えば「会員登録」がコンバージョンの場合、コンバージョン率に影響するのは「会員登録画面」だけではありません。

「LPの表示速度」「コンバージョンページまでの導線」などもコンバージョン率低下に関わってきます。コンバージョン率が低い場合は、LP全体の最適化が必要になるということです。

指標3.コンバージョン単価

コンバージョン単価は、1つのコンバージョンを獲得するのにかかった単価です。主に広告費用対効果を見るときに活用する指標です。

 この指標が重要である理由

コンバージョン単価を見ると、広告利益を算出できます。利益が1万円の商材をリスティング広告で販売していると仮定しましょう。現状自社のコンバージョン単価が15,000円だったとすれば、

10,000(商材の利益)-15,000(コンバージョン単価)=-5,000円(広告利益)

リスティング広告によって5,000円の赤字であることが分かります。この企業がリスティング広告で利益を出すには、コンバージョン単価を1万円以下にしなくてはいけないということです。

 

リスティング広告の成果が上がらないよくある5つの原因

リスティング広告の成果が上がらないよくある5つの原因

リスティング広告の成果が上がらないよくある原因は、「キーワード設定ができていない」「マッチタイプがすべて部分一致になっている」「エリア設定ができていない」「魅力的な見出しが設定できていない」「A/Bテストを実行していない」の5つです。

詳細は下記の通りです。

  1. キーワード設定ができていない
  2. マッチタイプがすべて部分一致になっている
  3. エリア設定ができていない
  4. 魅力的な見出しが設定できていない
  5. A/Bテストを実行していない

1.キーワード設定ができていない

リスティング広告の成果が上がらない原因1つ目は、キーワード設定ができていない点です。リスティング広告では、コンバージョンを見込みやすいキーワードを設定することで、コンバージョンを増加させることができます。

キーワードは主に「顕在キーワード」と「潜在キーワード」の2つに分類できます。ダイエット器具をリスティング広告で販売していると仮定して、キーワードを分類すると下記の通りになります。

キーワード
顕在キーワード ダイエット器具 最安値/ダイエット器具 販売店舗
潜在キーワード ダイエット方法 おすすめ/ダイエット 続かない

顕在キーワードは、コンバージョンに近いキーワードです。「ダイエット器具 最安値」と検索するユーザーは、すでにダイエット器具が欲しいと思っており、安く買える方法を探しています。

潜在キーワードは、コンバージョンから遠いキーワードです。「ダイエット方法 おすすめ」と検索するユーザーは、ダイエット方法を探しているので、ダイエット器具購入から少し遠いキーワードになります。

「潜在キーワード」を多く登録していると、広告はクリックされるかもしれませんが、コンバージョンを達成する確率は低いといえるでしょう。リスティング広告では「顕在キーワード」を登録するようにしましょう。

※参考:リスティング広告のキーワード探しに役立つツールについて詳しく解説した記事はこちら
関連記事

リスティング広告ツールには主に「キーワード調査」「レポートツール」「シミュレーションツール」3つの種類があり、自社の課題にあったツール選択が必要です。しかし、自社でリスティング広告ツールを選定する上で、 「リスティング広告ツールの[…]

リスティング広告運用で役に立つツール15選!レポート作成・シミュレーション・キーワード探しのお悩みを解決

2.マッチタイプがすべて部分一致になっている

マッチタイプがすべて部分一致になっている場合は、至急改善が必要です。マッチタイプは「ユーザーの検索キーワード」と「設定キーワード」の一致度を設定できます。主にマッチタイプには下記3つの種類があります。

マッチタイプ種類 詳細
完全一致 検索キーワードと設定キーワードが完全に一致した場合に広告表示する
フレーズ一致 キーワードと並びが一緒であれば、広告表示する
部分一致 登録したキーワードの類似語に対しても広告表示する

特に気を付けたいのは「部分一致」です。「部分一致」の場合、類似語に対しても広告表示するため、無駄な広告クリックが多くなります。「部分一致」が適しているのは、複数の商品・サービスを扱う企業の場合です。例えば、家電のECサイトを運営しており「キッチン家電」をマッチタイプに登録すれば「食器洗い機」「電子レンジ」と検索したユーザーに対しても広告表示ができます。

しかし、取り扱う商材が少ない場合は、ニーズのズレが多くなるので「完全一致」「フレーズ一致」をメインとして使うことをおすすめします。

3.エリア設定ができていない

リスティング広告の成果が上がらない原因3つ目は、エリア設定ができていない点です。特にローカルビジネスの場合、エリア設定を間違えると大きな影響が出ます。リスティング広告には、下記2つのエリア設定があります。

エリア設定 詳細
ターゲット地域在住ユーザー ターゲット地域在住のユーザーのみ広告表示する
ターゲット地域在住ユーザーと地域に関心を示しているユーザー 地域に関心を示しているユーザーにも広告表示する

ローカルビジネスにおいては、ターゲット地域に関心を示しているユーザーは、コンバージョン達成する可能性が低いため、無駄な広告クリックを獲得している可能性があります。

例えば、東京都にてリフォーム工務店を経営しているのに、関西や九州などのユーザーに広告表示しても、意味がないということです。ローカルビジネスの方は一度、エリア設定内容を確認してみましょう。

※参考:ローカルビジネス向け検索広告もオススメです。
関連記事

ローカル検索広告は、Googleマップに掲載できるため、店舗を持つ事業者にとっては非常に高い集客効果が期待できます。 しかし、実際にはローカル検索広告の出稿方法や、費用についてよくわからず、運用を諦めている方もいらっしゃるのではないで[…]

Googleマップに掲載するローカル検索広告入門ガイド!費用や出稿方法、運用のポイントを完全解説

4.魅力的な見出しが設定できていない

魅力的な見出しが設定できていないと、リスティング広告ではクリックを獲得できません。クリック率を改善したい方は下記対策を試してみましょう。

対策 詳細
見出しにキーワードを含める 検索キーワードが見出しに表示されていると、直感的にクリックされやすい
見出しに数字を含める 「30%OFFセール実施中!」「累計販売数10万個突破!」など
見出しを疑問文にする ペルソナを作成して、ターゲットに響く見出しを考える

また、レスポンシブ検索広告の活用もおすすめです。レスポンシブ検索広告は、設定した複数の広告見出しと説明文を、自動で組み合わせて表示するリスティング広告です。見出しは「3~15個」説明文は「2~4個」まで設定可能となっており、最適な組み合わせを自動選定するので、クリック率を改善したい方は活用してみましょう。

5.A/Bテストを実行していない

A/Bテストを実行していないと、リスティング広告のパフォーマンスを向上させるのは難しいでしょう。広告テキストを定期的にテストして調整すると、効率的にリスティング広告を改善できます。A/Bテストの詳細に関しては記事後半で解説しています。

 

リスティング広告運用においてPDCAを上手に回す5つのポイント

リスティング広告運用においてPDCAを上手に回す5つのポイント

リスティング広告運用においてPDCAを上手に回すポイントは「目標を明確にする」「改善策を詰め込み過ぎない」「目標は定期的に確認する」「評価データは必ず可視化する」「PDCAサイクルは継続する」の5点です。

詳細は下記の通りです。

  1. 目標を明確にする
  2. 改善策を詰め込み過ぎない
  3. 目標は定期的に確認する
  4. 評価データは必ず可視化する
  5. PDCAサイクルは継続させる

POINT1:目標を明確にする

リスティング広告運用においてPDCAを上手に回すには、目標を明確にします。目標が明確でないと答え合わせが難しくなるためです。例えば「コンバージョンを上げる」といった目標ではなく「コンバージョンを年間で120件獲得する」といった数字の目標がベストです。

また、長期的な目的だけではなく、四半期や月ごとの小さな目標を設定することで、PDCAを上手に回すことができます。

POINT2:改善策を詰め込み過ぎない

リスティング広告運用においてPDCAを上手に回すには、改善策を詰め込み過ぎないのも重要です。計画段階で多くの改善策を思いついたとしても、すべてを実行できなければ意味がありません。

仮説を立てる時に、優先順位も決めるようにしましょう。一度のPDCAですべての課題解決はできないので、1つずつ改善策を実行しましょう。

POINT3:目標は定期的に確認する

リスティング広告運用においてPDCAを上手に回すには、目標を定期的に確認してください。目標の確認回数が少ないほど、PDCAサイクルの回転が少なくなり、問題解決が難しくなります。計画段階で目標を確認する頻度についても決めておくことをおすすめします。

POINT4:評価データは必ず可視化する

リスティング広告運用においてPDCAを上手に回すには、評価データを可視化してください。評価データは個人で分析するのではなく、グラフへまとめてチームで共有することで、違う角度からの意見をもらえます。次の改善策へのヒントにもなるので、共有を忘れないでください。評価データの可視化には、広告レポートツールを利用することがオススメです。

※参考:広告レポートツールについて詳しく解説した記事はこちら

関連記事

広告レポート自動化ツールは、WEB広告の運用業務を効率化する以外にも、多くのメリットがあります。そのため、現在WEB広告の運用を担当されている方には、ぜひ導入をおすすめしたいツールです。 そこで今回こちらの記事では、さまざまな広告レポ[…]

広告A-Dark

POINT5:PDCAサイクルは継続させる

リスティング広告運用においてPDCAを上手に回すには、PDCAサイクルを継続してください。継続するほど広告運用の問題が解決に繋がります。

 

リスティング広告運用を改善するPDCAにはA/Bテストの活用もおすすめ

リスティング広告運用を改善するPDCAには、A/Bテストの活用もおすすめです。A/Bテストの詳細について紹介します。

A/Bテストとは?

A/Bテストは管理画面上で設定、実施できる!

引用元:Google Ads

A/Bテストは広告パフォーマンステストです。「テキスト」「LP」等の要素を変更し、広告を複数出稿した後に、どちらの広告パフォーマンスが高いか判断します。

テキスト要素のA/Bテストであれば、それぞれの訴求ポイントを変えた広告を出稿し、パフォーマンスを比較することで、自社に向いている訴求ポイントを把握できます。

リスティング広告において効果的なA/Bテストを実施する3つのポイント

リスティング広告において、効果的なA/Bテストを実施する3つのポイントは下記の通りです。

  1. タイトルをテストする
  2. 広告文をテストする
  3. LPをテストする

 POINT1.タイトルをテストする

リスティング広告の見出しは、クリック率を左右する重要な要素です。見出しをテストするときは必ず仮説を立ててから実行しましょう。

例えば「クリック率が低い」→「見出しがユーザーニーズとズレている」→「ベネフィット/恐怖など各訴求ポイントで見出しをテストする」など、現状の課題を基に要素を選定するようにしてください。

 POINT2.広告文をテストする

広告文をテストする場合は、見出しを補助しており、ユーザーが求めている内容を簡潔に伝えた要素を複数用意します。よくある間違いとしては「キャンペーン詳細」「サービスの特徴」を広告文で伝えてしまうことです。

詳細については、LP上で伝えます。広告文では「いかにユーザーに興味を持ってもらえるか」を意識しましょう。

 POINT3.LPをテストする

LPはユーザーがコンバージョンを判断する重要な要素です。「ファーストビュー」「導線」「広告との関連性」を加味してテストを実施しましょう。

※参考:リスティング広告のA/Bテストについて詳しく解説した記事はこちら
関連記事

「リスティング広告」は顕在ユーザーにアプローチができる運用型広告ですが、競合も多いため成果が出ず、悩んでいる企業も多いのではないでしょうか? コンバージョン率など成果を高めるのに有効な手段の一つにリスティング広告の「A/Bテスト」があ[…]

リスティング広告のA/Bテスト完全ガイド!設定・実施方法から効果的な分析・活用のポイントまで詳しく解説

リスティング広告初心者は代理店にPDCAや運用を依頼するのもおすすめ

リスティング広告初心者は代理店にPDCAや運用を依頼するのもおすすめ

インハウスにてPDCAを回すのが難しいと感じた方は、代理店に依頼するのもおすすめです。代理店の特徴について見ていきましょう。

リスティング広告の運用代行を代理店に依頼する3つのメリット

リスティング広告の運用代行を代理店に依頼する3つのメリットは下記の通りです。

  1. 質の高いPDCAサイクルが実現できる
  2. 本業に集中できる
  3. 的確なアドバイスが受けられる

 メリット1.質の高いPDCAサイクルが実現できる

代理店を利用すると、質の高いPDCAサイクルが実現できます。代理店には多くの実績があるため、インハウスでPDCAを回すよりも質の高い広告運用改善が可能です。代理店であれば「計画」~「改善」を代行してくれます。

 メリット2.本業に集中できる

代理店を利用すると、本業に集中できます。PDCAサイクルをインハウスで実施する場合、通常の広告運用業務以外の作業も発生するので、本業に集中できません。しかし、代理店に依頼すれば、余裕が生まれるので、本業に支障が出ません。

 メリット3.的確なアドバイスが受けられる

代理店を利用すると、的確なアドバイスが受けられます。広告運用をすべて代行する場合でも、相談窓口として代理店を依頼する場合でも、代理店から有益なアドバイスをもらうことができます。

 

リスティング広告運用代行に強みをもつおすすめ広告代理店3選

リスティング広告運用代行に強みをもつ、おすすめ広告代理店3選を紹介します。代理店選定にお悩みの方は下記代理店に問い合わせをしてみましょう。

株式会社ユニアド

株式会社ユニアド

引用元:株式会社ユニアド

こんな方におすすめ

・戦略をしっかり練ってくれる代理店に依頼したい
・インハウス支援を検討している

 株式会社ユニアドの強み

ユニアドは2015年創業の広告代理店です。多くの広告媒体を扱っていますが、その中でもリスティング広告を得意としており、6ヶ月以上継続しているユーザーは94%となっています。

ユニアドの強みは業種ごとの戦略設計です。業種によって「ビッグキーワード偏重型」「ロングテールキーワード積上型」を選定した上で運用するため、業種にあった的確な広告運用が可能です。

また広告運用代行以外にも、Webコンサルやインハウス支援も展開しているので、様々な目的に合った代理店といえます。

株式会社ユニアドの概要

・料金体系:月額広告費の20%/初期費用8万円/最低契約期間なし
・対応可能な媒体:リスティング広告/SNS広告/YouTube広告
・会社名:株式会社ユニアド
・本社所在地:東京都港区赤坂7-2-3 赤坂ジートルンクビル 2F
・URL:https://www.uniad.co.jp/

デジマール株式会社

デジマール株式会社

引用元:デジマール株式会社

こんな方におすすめ

・多くの運用実績がある代理店に依頼したい
・高速のPDCAサイクルを実現したい

 デジマール株式会社の強み

デジマール株式会社は、運用型広告を主軸にしたデジタルマーケティング企業です。デジマール株式会社には、運用型広告、Web解析それぞれの有資格者が在籍しているため、状況に応じて様々な施策を立案し実行できます。

これまでに2,000アカウント以上の運用実績があるため、高速でPDCAサイクルを回す体制を構築しています。高度で専門的なノウハウを蓄積した代理店に依頼したい方にピッタリです。

デジマール株式会社の概要

・料金体系:月額広告費用の20%
・対応可能な媒体:リスティング広告/SNS広告
・会社名:デジマール株式会社
・本社所在地:東京都品川区北品川5-5-15 大崎ブライトコア4F
・URL:https://digimarl.com/

株式会社PULL-NET

株式会社PULL-NET

引用元:株式会社PULL-NET

こんな方におすすめ

・LP制作も依頼したい
・少額運用だが、代理店に依頼したい

 株式会社PULL-NETの強み

株式会社PULL-NETは、LP制作やリスティング広告運用事業を展開する代理店です。株式会社PULL-NETでは、商材やサービスについて理解するために、ヒアリングを徹底的に行います。その結果、リスティング広告より別のWeb広告手法が適している場合でも、しっかり提案してくれます。

また、少額運用の代行にも対応しているので、他の代理店に断られた方にもおすすめです。

株式会社PULL-NETの概要

・料金体系:月額広告費用の20%(少額運用要相談)
・対応可能な媒体:リスティング広告
・会社名:株式会社PULL-NET
・本社所在地:大阪市中央区南船場3-10-26 吉川ビル6F
・URL:https://www.pull-net.jp/

※参考:リスティング広告の代理店選びについて詳しく解説した記事はこちら
関連記事

リスティング広告の運用代行を担う代理店は、クライアントに代わってリスティング広告の運用全般を行ってくれます。この運用代行サービスは、自社でリスティング広告の運用が難しい企業にとって、非常に有用なサービスです。 しかし、リスティング広告[…]

リスティング広告代理店選び完全ガイド〜上手な選び方や手数料の仕組み詳しく解説〜

リスティング広告運用のPDCAにオススメの広告効果検証ツール

リスティング広告運用のPDCAサイクルにオススメのツールを紹介します。下記ツールを活用すると様々なメリットがあります。

Databeat Explore

Databeat Explore

アジト株式会社が提供するPDCAにオススメの広告効果検証ツールです。マーケターの課題である広告分析業務自動化により、広告運用改善の強い味方となります。

リスティング広告運用における「Databeat Explore」の3つの活用ポイント

「Databeat Explore」の3つの活用ポイントを紹介します。下記ポイントを参考にリスティング広告運用を改善しましょう。

  1. データ分析のミスを軽減
  2. 目標をリアルタイムで管理できる
  3. LPの同時評価

 データ分析のミスを軽減

データ分析のミスが軽減されるのもDatabeat Exploreの活用ポイントです。手動での分析業務ではケアレスミスが発生しやすくなります。

ミスがあるとPDCAサイクルにも大きな影響を与えますが、Databeat Exploreでは、分析業務におけるすべての作業を自動化することで、ミスを軽減できます。

 目標をリアルタイムで管理できる

目標をリアルタイムで管理できるのもDatabeat Exploreの活用ポイントです。「BIツール」と連携すれば、PDCAで重要な評価作業をリアルタイムで実行できます。評価作業の回数を増やすほど、精度の高いPDCAを実現できます。

 LPの同時評価

Databeat Exploreを活用すると、LP分析も同時に評価できます。Googleアナリティクスと連携すれば、広告上のデータとLP上のデータを一括で評価できるので、自社の改善策にすぐ反映できます。

 

まとめ

リスティング広告の運用改善を目指すPDCAの回し方を徹底解説しました。リスティング広告運用においてPDCAを回す重要性は、「広告パフォーマンス改善」「同じ失敗を繰り返さない」「目標・アクションが明確になる」の3点です。

PDCAサイクルは「Plan(計画)」→「Do(実行)」→「Check(評価)」→「Act(改善)」の順序で回します。PDCAを上手に回すポイントは「目標を明確にする」「改善策を詰め込み過ぎない」「目標は定期的に確認する」「評価データは必ず可視化する」「PDCAサイクルは継続する」の5点です。

自社でPDCAサイクルを実行するのが難しい場合は、広告代理店への依頼も検討しましょう。

Googleデータポータルを活用して分析業務を効率化するツール
DatabeatExplore

こんな方にオススメ

・広告数字の集計が大変

GAと広告数字を同時に集計したい

・人力レポートではミスが発生する

Googleデータポータルを活用したい

リスティング広告の運用改善を目指すPDCAの回し方を徹底解説!見るべき指標やPDCAのポイント、実施方法などを詳しく紹介
最新情報をチェックしよう!
>広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

Databeat Exploreは、WEB広告データの見える化を実現するサービスです。
様々な広告データを抽出・統合・一元化し、見たいデータを見たい時に見たい場所で見ることができます。

CTR IMG