YouTubeバンパー広告の費用がまるわかり!広告単価から制作費用・代理店手数料まで詳しく解説

YouTubeバンパー広告の費用がまるわかり!広告単価から制作費用・代理店手数料まで詳しく解説

YouTubeバンパー広告は、動画広告の中でも特にユーザーに対する訴求効果が高い手法の一つです。新しい商品やサービスの認知向上やブランディングを行う際は、ほかのYouTube広告フォーマットよりもおすすめできるのが、YouTubeバンパー広告です。

ただ、実際にバンパー広告を利用するとなると、どの程度の費用が必要となるのかが気になるところではないでしょうか。

そこで今回こちらの記事では、YouTubeバンパー広告の広告単価や制作費用、代理店手数料など費用に関する情報を解説していきます。

目次

まずは押さえておきたいYouTubeバンパー広告の基本

まずはじめに、YouTubeバンパー広告の基本的な情報を見ていきましょう。インストリーム広告との違いや、他のYouTube広告との比較、効果を発揮するシーンなどを解説します。

YouTubeバンパー広告とは?

YouTubeバンパー広告

引用元:Google広告ヘルプ

YouTubeの動画視聴前や途中、視聴後に表示される動画広告です。途中でスキップすることができず、6秒間必ず視聴しなくてはなりません。

そのため、広告内で伝えたい内容を多くのユーザーにアピールできるメリットがあります。

バンパー広告とインストリーム広告の違い

大きな違いは、途中でスキップできるかどうかです。インストリーム広告は、広告に興味がなければ、5秒視聴した後で広告をスキップできます。

そのため、ユーザーに伝えたい内容を最後まで伝えることができません。

一方バンパー広告は、スキップすることができず、必ず最後まで視聴されますので、動画内で伝えたい内容をすべて伝えることが可能となります。

YouTubeの他の種類の広告と比較した際のバンパー広告の長所

YouTubeの他の種類の広告と比較した際のバンパー広告の長所は、確実に訴求できる点です。

インストリーム広告は、興味がなければスキップされてしまいます。ディスカバリー広告は、ユーザーが自らクリックしなければ、動画広告は視聴できません。

アウトストリーム広告は、YouTube以外の媒体に広告を配信できるメリットがありますが、広告をクリックしなければ音声が再生されません。

マストヘッド広告も、クリックしなければ音声が再生されません。バンパー広告は、ユーザーが見たい動画をYouTubeで視聴する際に再生されて、スキップすることができません。

ある意味強制的に広告を見ることとなりますので、訴求力は非常に強いと言えます。

YouTubeの他の広告と比較した際のバンパー広告の短所

他の広告と比較した際のバンパー広告の短所は、効果を把握しにくい点にあります。

バンパー広告は、インプレッション課金です。インプレッション課金は、広告が1,000回表示されるごとに課金となるシステムです。

クリック課金であれば、クリック数から反応率を理解できますが、インプレッション課金なので、そうしたユーザーの反応を得られないのが短所となります。

YouTubeバンパー広告が効果を発揮するシーン

YouTubeバンパー広告が効果を発揮するシーンは、認知向上やブランディングで活用するシーンです。

すでに解説しましたように、バンパー広告はユーザーに対して、ある意味強制的に動画広告を視聴してもらうことができます。

よって、ユーザーが興味を持つかどうかにかかわらず、大勢の方に動画広告を視聴してもらうことで、認知向上が期待できます。

 

YouTubeバンパー広告の成功事例3選

YouTubeバンパー広告の成功事例を3つご紹介します。実際にYouTubeバンパー広告を利用したマーケティングの事例となりますので、これからバンパー広告の運用を検討されている方は、是非参考にご覧下さい。

1.株式会社明治

明治ザ・チョコレートバンパー広告

引用元:YouTube

一つ目の事例は、明治製菓の「明治ザ・チョコレート」のバンパー広告です。明治ザ・チョコレートは、テレビCMやYouTubeのマストヘッド広告、TrueViewディスカバリー広告も利用した施策となっており、その中でバンパー広告は472万人のリーチを獲得しました。

2.大塚製薬

大塚製薬バンパー広告

引用元:YouTube

2つ目の事例は、大塚製薬のオロナインのバンパー広告です。大塚製薬のオロナインと言えば、すでにかなりの認知度がある商品です。

今回のバンパー広告では、携帯チューブの商品を紹介するための内容となっています。非常にシンプルな作りですが、2秒間隔の音によるテンポが特徴的な広告です。

3.NURO

nuroバンパー広告

引用元:YouTube

3つ目の事例は、NUROのバンパー広告です。「ニューお風呂」とNUROを掛け合わせたユニークな広告になっています。

NURO回線に切り替えることと、ゆずの入ったお風呂でのリフレッシュのイメージを重ねています。こちらもやはり、すでにある程度の認知があるので、イメージやインパクトを重視した内容になっています。

YouTubeバンパー広告の出稿方法まとめ

YouTubeバンパー広告の出稿には、まず広告クリエイティブとなる動画を作成する必要があります。クリエイティブができあがったら、以下の手順で広告の設定を行います。

  1. Google広告を開く
  2. 新しいキャンペーンの作成
  3. 目標の設定
  4. キャンペーンタイプの選択
  5. バンパー広告の詳細設定

 

YouTubeバンパー広告にまつわる「費用」の種類

YouTubeバンパー広告にまつわる「費用」の種類

YouTubeバンパー広告にまつわる費用の種類について解説します。バンパー広告を掲載するためには、主に3種類の費用が必要となります。

1:バンパー広告の掲載費用

一つ目は、バンパー広告の掲載費用です。バンパー広告は、Google広告の管理画面から設定を行うため、Googleへ支払う形となります。

自社の広告予算に合わせて設定しましょう。

2:バンパー広告の制作費用

二つ目は、バンパー広告の制作費用です。たった6秒の動画広告ではありますが、尺が短いからこそ、その短い時間の中でいかにユーザーに情報を届けられるか、インパクトを与えられるかが重要となります。

そのため、YouTube広告やバンパー広告の制作実績がある会社で、クオリティの高い動画を制作することが望ましいです。

3:バンパー広告の運用代行費用(広告代理店手数料)

三つ目は、バンパー広告の運用代行費用です。自社で広告運用を実施する場合は不要ですが、広告代理店に運用を依頼する場合に必要となります。

自社で運用した方がコストがかかりませんが、しっかりと成果の出る運用をと考えた場合、YouTubeバンパー広告の運用実績やノウハウを保有している代理店に依頼するのがおすすめです。

 

YouTubeバンパー広告の掲載費用を課金方式と共に詳しく解説

YouTubeバンパー広告の掲載費用を、課金方式と共に詳しく解説します。掲載費用相場や、その他のYouTube広告の費用との比較なども解説します。

バンパー広告の掲載費用相場

バンパー広告はインプレッション課金による掲載となりますので、トータルの費用はインプレッションをどこまで伸ばすかによります。

あらかじめ広告予算を決めて、その中でインプレッションを最大化する、あるいはインプレッション数の目標値を決めて、必要な広告費を算出する方法のいずれかとなります。

ですから、掲載費用相場を目安にするのではなく、インプレッション単価と目標のインプレッション数、そして広告予算の上限から、インプレッション数と掲載費用を想定するのがおすすめです。

バンパー広告の課金方式:インプレッション課金(CPM)

インプレッション課金は、広告が1,000回表示されるごとに課金となる仕組みです。

途中で動画がスキップされることがありませんので、他の動画広告のように、視聴時間による課金ではありません。

 バンパー広告の平均インプレッション単価

およそ1,000回表示ごとに500円程度と言われています。

そのため、仮に目標インプレッション数を100万回とするのであれば、50万円前後の掲載費用が発生すると言うことになります。

【参考】YouTube広告の種類まとめ

ここからは、YouTube広告の種類それぞれの特徴などを見ていきましょう。他の広告についてもある程度把握した上で、自社に最適な広告を利用しましょう。

 YouTube広告の種類と費用一覧

広告種別 特徴 費用感
インストリーム広告 スキップ可能な広告 3〜20円/1,000imp
ディスカバリー広告 ユーザーがクリックすると課金 3〜20円/1,000imp
バンパー広告 スキップ付加の6秒再生 500円/1,000imp
アウトストリーム広告 YouTube外にも配信可能 400~600円/1,000imp
マストヘッド広告 YouTubeトップページ最上部に表示 固定単価

インストリーム広告やディスカバリー広告は、やや費用が安くなります。これは広告のスキップによる影響や、クリックされないと再生されないなどの仕組みによるものです。

一方バンパー広告はスキップ不可で必ず再生されるという特徴から、やや高くなっています。

アウトストリーム広告はバンパー広告に近い費用感です。アウトストリーム広告は、YouTube外に広告を配信できるため、露出拡大に効果的である一方、クリックされなければ音声が再生されないため、広告に興味を持ったユーザーにしか訴求ができないのです。

最後にマストヘッド広告ですが、こちらは1日1社限定となっていて、固定費用がかかります。ある程度まとまった費用が発生しますので、利用する際は問い合わせが必要になります。

 

バンパー広告の費用対効果を最大化する5つのTIPS

バンパー広告の費用対効果を最大化する5つのTIPS

バンパー広告の費用対効果を最大化するためのポイントを5つにまとめました。インプレッション課金で運用するバンパー広告の、費用対効果について以下を参考にしてみてください。

  1. クオリティの高い動画を制作する
  2. ターゲティングを慎重に行う
  3. TrueView広告を併用する
  4. リターゲティング配信を行う
  5. 効果測定と分析を的確に行う

1.クオリティの高い動画を制作する

バンパー広告は、クリエイティブの質がとても重要です。尺の短い動画なので、6秒間でいかにユーザーの心を掴めるかが勝負となります。

インパクトはもちろんですが、たった6秒でユーザーが商品やサービスに興味を持ってもらえるような、クオリティの高い動画を制作することがポイントです。

また、6秒間しかないため、あれこれ詰め込みすぎるのはNGです。シンプルにひとつのメッセージを伝えるようにしましょう。

2.ターゲティングを慎重に行う

バンパー広告は、ターゲティングも慎重に行わなくてはなりません。インプレッション課金での運用となり、しかもバンパー広告はスキップできないため、配信されればほぼ確実に課金対象となります。

よって、ターゲティングを誤ると、まったく意味のないユーザーに広告を配信して、その費用を支払うことになりかねません。

3.TrueView広告を併用する

バンパー広告と一緒にTrueView広告を併用するのも効果的です。インストリーム広告やディスカバリー広告を併用すれば、商品やサービスに興味を持ったユーザーが、自社サイトへアクセスしたり、コンバージョンにつながる可能性が高まります。

また、過去にバンパー広告からTrueView広告へ、ストーリー性を持たせた展開をしたケンタッキーの広告が話題となり、高い効果を得られた事例もあります。

4.リマーケティング配信を行う

バンパー広告を運用する際は、リマーケティング配信も実施しましょう。

YouTube広告では、特定の動画を視聴したりコメントをしたユーザーや、広告をしたユーザーに対して、リマーケティング配信が実施できます。

自社の公式YouTubeチャンネルを運用している場合、TrueView広告を併用している場合にも、リマーケティング配信は効果的です。

※参考:YouTubeリマーケティングについて詳しく解説した記事はこちら
関連記事

日本国内だけでも6,200万人以上が利用しているYouTubeを活用した、YouTubeリマーケティングをご存知でしょうか?見込み客を獲得しやすい手法となるため、多くの企業で採用されていますが、運用を行う上で、 「YouTubeリ[…]

YouTubeリマーケティング入門ガイド!実施手順と効果的なリスト作成ノウハウを詳しく解説

5.効果測定と分析を的確に行う

バンパー広告の費用対効果を高めるためには、効果測定と分析も重要になります。

漠然と運用しただけでは、どの程度の効果があったのかが把握できません。しっかりと効果測定を行い、データを分析してPDCAを回すことで、バンパー広告の効果を改善していくことが可能となります。

※参考:YouTube広告の効果測定方法について詳しく解説した記事はこちら
関連記事

YouTube広告は、月間利用者数6,500万人を超えるYouTube上に動画広告を配信する広告媒体です。幅広いユーザーにアプローチできることから、YouTube広告を採用している企業も増えてきています。 YouTube広告を運営する[…]

YouTube広告の効果測定方法マスターガイド!

 

バンパー広告の制作を制作会社へ依頼する際の費用

バンパー広告の制作を制作会社へ依頼する際の費用

バンパー広告の制作を制作会社へ依頼する際の費用について解説します。すでにお伝えしましたように、バンパー広告は動画のクオリティがとても重要なポイントとなります。

その動画を制作するために、どのような費用がどれ位必要となるのか見ていきましょう。

バンパー広告の制作を制作会社へ依頼するメリット

バンパー広告の制作を制作会社へ依頼するメリットは、やはりクオリティの高いクリエイティブを制作できる点にあります。

GIF形式の動くバナー広告程度であれば、ある程度の知識や経験があれば、自社で制作することもそれほど難しくはありません。

しかし、バンパー広告で使う動画は、たった6秒ですが非常に質の高い動画が必要になります。そのため、バンパー広告や動画広告の制作を専門に行っている制作会社に依頼するのがおすすめです。

バンパー広告の制作に強みを持つ制作会社なら、動画としてのクオリティはもちろん、「広告」としての効果を見据えた制作が期待できます。

バンパー広告の制作を制作会社へ依頼する際の費用の構造

バンパー広告の制作を制作会社へ依頼する際の費用構造は、シンプルに「制作費」のみとなります。

制作する動画の内容によって、費用の幅は異なってきます。

バンパー広告の制作を制作会社へ依頼する際の費用の相場

バンパー広告を制作会社で製作する場合の費用相場は、5万円から30万円程度となります。

一般的にYouTube広告に使用する動画制作は、10万円以上で高い場合は100万円単位の費用が発生します。しかしバンパー広告は6秒という短い尺になりますので、安ければ5万円程度、高くても30万円以内くらいで制作できます。

バンパー広告の制作を制作会社へ依頼する際の費用を抑えるポイント

バンパー広告の制作を制作会社へ依頼する際、費用を抑える方法として考えられるのは、以下の2つの方法になります。

1.まとめて発注する

制作会社へ依頼する際に、複数の動画クリエイティブの制作をまとめて発注することを条件に、ディスカウントの交渉を行ってみましょう。

単発で依頼するよりも、若干安く制作してもらえる場合があります。

2.広告運用も一緒に依頼する

バンパー広告の制作と、広告運用のどちらにも対応できる会社を見つけて、まとめて依頼する方法もあります。

動画制作と広告運用を一緒に依頼すると、動画の制作費用が安くなる会社も少なくありません。

 

費用を抑えたバンパー広告制作が実現できるおすすめ制作会社3選

費用を抑えたバンパー広告制作が実現できる、おすすめの制作会社を3社ご紹介します。自社に動画制作環境がない方は、こちらを参考に制作会社をお探しください。

株式会社高陽印刷所

株式会社高陽印刷所

引用元:https://www.koyo-printing.com/bumper/

こんな方におすすめ!

  • 広告配信も併せて依頼したい方

 株式会社高陽印刷所の強み

株式会社高陽印刷所は、グラフィックデザインやWEBサイト制作を行っている会社です。バンパー広告の制作と広告配信が5万円から依頼できる、非常にリーズナブルなプランが用意されています。

バンパー広告の再生回数目安に応じて料金が設定されており、最も安いプランなら5万円でバンパー広告の制作と1万回程度のバンパー広告再生が可能となっています。

動画制作の依頼が初めての方でも、しっかりサポートを受けられるので安心して依頼できます。

株式会社高陽印刷所の概要

・料金体系:5万円
・会社名:株式会社高陽印刷所
・本社所在地:横浜市南区白妙町3-39
・URL:https://www.koyo-printing.com/bumper/

株式会社 Global Japan Corporation

株式会社Global Japan Corporation

引用元:https://gjc.me/

こんな方におすすめ!

  • とにかくバンパー広告を安く制作したい方

 株式会社 Global Japan Corporationの強み

株式会社 Global Japan Corporationは、低価格な動画からハイクオリティな動画まで制作できる会社です。

これまでに中小から大手まで、そして幅広い業種の動画制作を行ってきています。6秒以内のバンパー広告であれば、最低3万円からの制作が可能なため、コストを抑えてバンパー広告を制作したい方におすすめです。

また、もっと尺の長い動画や、ハイクオリティな動画制作もできるので、バンパー広告以外にも動画広告の運用を検討している方にもおすすめです。

株式会社 Global Japan Corporationの概要

・料金体系:3万円~
・会社名:株式会社 Global Japan Corporation
・本社所在地:東京都千代田区内神田1-8-9 フォーチュンスクエア(福田ビル)2階
・URL:https://gjc.me/

Off Beat 株式会社

Off Beat 株式会社

引用元:https://offbeat-inc.co.jp/

こんな方におすすめ!

  • 大量発注でバンパー広告の制作コストを下げたい方

 Off Beat 株式会社の強み

Off Beat 株式会社が運営する「エディワークス」では、実写やアニメーション動画作成から、企画案やシナリオ、キャラクター作成などを行っています。

30秒以内の実写動画の作成のみであれば、1本あたり2万円から制作が可能となっています。また、大量発注の場合は、さらに割安価格で提供可能な場合もあるので、大量発注を検討されている方におすすめです。

Off Beat 株式会社の概要

・会社名:Off Beat 株式会社
・本社所在地:東京都渋谷区松濤1-28-2WORK COURT 渋谷松濤
・URL:https://offbeat-inc.co.jp/

※参考:下記の記事では、動画広告の制作に強みを持つ制作会社を特集しています。併せてご覧ください。

関連記事

近年、ネット広告の中でも特に注目を集めているのが動画広告です。動画広告はユーザーの視覚と聴覚を通じて情報を伝達できる上、インパクトも強いため、従来の広告よりも高い効果が期待できます。 しかし、動画広告を運用するためには動画の制作が必要[…]

動画広告の制作会社選びガイド!上手な選び方や費用を詳しく解説

 

広告代理店にバンパー広告の運用代行を依頼する際の費用

広告代理店にバンパー広告の運用代行を依頼する際の費用

バンパー広告の運用代行費用について見ていきましょう。バンパー広告の運用を社内で行わず、代理店へ依頼する方は、以下の内容を把握しましょう。

バンパー広告の運用を代理店へ依頼するメリット

運用を代理店へ依頼するメリットは、「運用の手間を省ける」「的確な運用による効果の最大化」の2点です。

自社で運用するとなると、広告アカウントの準備から設定、運用管理に運用レポートの作成など、多数の業務が発生します。社内リソースに余裕がないと、他の業務に支障が出てしまう恐れがあります。

また、バンパー広告の効果を高めていくには、経験やノウハウも重要です。そのため、自社で運用経験がない場合は、経験豊富な代理店の利用がおすすめです。

広告代理店を利用してバンパー広告を運用する場合の費用の構造

広告代理店を利用してバンパー広告を運用する場合、必要となる費用は以下の2点になります。

  • 運用代行手数料(代理店へ支払)
  • 広告費(Googleへ支払)

運用代行手数料は、代理店に運用代行してもらうための費用、広告費は広告出稿に必要な費用です。

広告代理店を利用してバンパー広告を運用する場合の費用の相場

運用代行を代理店に依頼した場合の費用相場は、以下のようになります。

  • 運用代行手数料:広告費の20%
  • 広告費:自社予算による

運用代行手数料は、実際に利用した広告費の20%程度です。広告費は、自社の予算に応じて決められます。

また、運用代行手数料以外に「初期費用」が5万円程度請求されるケースもあります。これは代理店によって異なりますので、事前に確認しておくことをおすすめします。

バンパー広告を代理店に依頼する際の手数料を抑えるポイント

代理店に依頼する際の手数料を抑えるポイントは、「手数料設定の安い代理店を利用する」「素早くPDCAを回してくれる代理店を利用する」の2点です。

まず一つ目の手数料の安い代理店ですが、広告費の10%から15%程度で運用代行が可能な代理店がありますので、こうした代理店に依頼することで、手数料を抑えられます。

また、二つ目のPDCAですが、バンパー広告を継続的に運用していく場合PDCAを回すことで費用対効果の改善が見込めます。

よって、素早くPDCAを回しながら運用してくれる代理店を選ぶと良いでしょう。

 

費用を抑えたバンパー広告運用が実現できるおすすめ代理店3選

費用を抑えたバンパー広告運用が実現できるおすすめの代理店を3社ご紹介します。バンパー広告運用代行の代理店をお探しの際は、こちらを参考にしてみてください。

株式会社ジェー・ピー・シー

株式会社ジェー・ピー・シー

引用元:https://www.jpc-ltd.co.jp/

こんな方におすすめ!

  • すぐにでも運用開始したい方
  • 他の媒体でも動画広告を運用したい方

 株式会社ジェー・ピー・シーの強み

株式会社ジェー・ピー・シーは、リスティング広告からSNS広告の運用代行まで行う代理店です。

YouTube広告の運用にも力を入れており、インストリーム広告とディスカバリー広告を併用することで、ディスカバリー広告のクリック率を向上させたり、バンパー広告とTrueView広告の併用によるアクション促進など、柔軟な対応が可能です。

最短5営業日で配信開始できる、Facebook広告やTwitter広告などYouTube以外の媒体での動画マーケティングが可能と言った特徴もあります。

株式会社ジェー・ピー・シーの概要

・料金体系:初期費用4万円/広告費の20%
・会社名:株式会社ジェー・ピー・シー
・本社所在地:京都市下京区恵美須屋町193
・URL:https://www.jpc-ltd.co.jp/

Start-X合同会社

Start-X合同会社

引用元:https://start-x.work/

こんな方におすすめ!

  • 動画制作も併せて依頼したい方

 Start-X合同会社の強み

Start-X合同会社は、YouTubeを利用したマーケティング支援を中心とした代理店です。

バンパー広告をはじめとするYouTube広告の運用はもちろん、それ以外にYouTubeチャンネル用動画の制作や、その他の媒体・ホームページで利用する動画の制作にも対応しています。

YouTube広告用の動画制作は、1本2万円からとなっており、低コストでの制作依頼が可能です。

Start-X合同会社の概要

・料金体系:初期費用0円/広告費の20%
・会社名:Start-X合同会社
・本社所在地:東京都渋谷区恵比寿ガーデンプレイス
グラススクエアB1
・URL:https://start-x.work/

サイバーホルン株式会社

サイバーホルン株式会社

引用元:https://cyberhorn.co.jp/

こんな方におすすめ!

  • バンパー広告以外の広告運用やランディングページの制作を依頼したい方

 サイバーホルン株式会社の強み

サイバーホルン株式会社は、各種WEB広告の運用、ランディングページ制作、動画制作を行っている代理店です。

リスティング広告、Facebook広告、Instagram広告、LINE広告の運用が可能なので、YouTube広告と併せて運用したい方におすすめです。

また、動画制作とランディングページ制作にも対応しているので、動画素材がない、ランディングページがないという場合、まとめて依頼することができます。

サイバーホルン株式会社の概要

・料金体系:初期費用0円/広告費の20%
・会社名:サイバーホルン株式会社
・本社所在地:東京都新宿区津久戸町4-7OSビル9F
・URL:https://cyberhorn.co.jp/

※参考:YouTube広告の運用に強みを持つ代理店を下記の記事では特集しております。併せてご覧ください。

関連記事

Youtube広告は、動画需要が高まっている中で非常に注目されている広告です。このYoutube広告を利用してwebマーケティングを行いたい、あるいはすでに実施している企業も多くなっています。Youtube広告の運用には広告製作や運用管理の[…]

Youtube広告運用代行おすすめ広告代理店7選と上手な選び方

 

バンパー広告の広告効果検証におすすめのツール

バンパー広告の広告効果検証におすすめのツールをご紹介します。バンパー広告の効果を最大化するためには、まずしっかりと効果検証する必要があります。

Databeat Explore

Databeat Explore

Databeat Exploreは、バンパー広告の広告効果検証が実施できるツールです。難しい設定や操作は必要なく、自動でバンパー広告のデータを集計し、レポート作成や効果検証まで行うことができます。

バンパー広告運用における「Databeat Explore」の3つの活用ポイント

バンパー広告運用におけるDatabeat Exploreの活用ポイントを3つご紹介します。

 運用データを自動収集できる

Databeat Exploreは、バンパー広告の運用データを自動収集できます。その他の媒体のデータや、マーケティングに必要なデータも同時に収集可能で、更新も可能です。

毎日データ収集や更新作業を行う必要がなく、業務を効率化できます。

 好みのフォーマットでデータ出力できる

Databeat Exploreで管理するデータは、ExcelやGoogleスプレッドシートなど、好みのフォーマットで出力が可能です。BIツールやGoogleアナリティクスに出力して、データ分析を行うこともできます。

 広告レポートを自動作成できる

Databeat Exploreでは、収集したデータから広告レポートを自動作成しますので、レポート作成の工数削減にも役立ちます。

さまざまなテンプレートによって、バンパー広告のデータが可視化されますので、すぐに運用状況の把握、効果検証が実施可能です。

 

 

まとめ

YouTubeバンパー広告は、YouTube広告の中でも特に高い効果が期待できます。動画広告の需要が増えていく中で、バンパー広告の利用もこれからさらに伸びていくでしょう。

YouTubeバンパー広告を運用する場合は、掲載費用以外に動画の制作費用も発生します。自社で動画制作が可能であればコストカットが可能ですが、バンパー広告は動画のクオリティが重要なため、バンパー広告制作を得意とする制作会社を利用するのがおすすめです。

また、バンパー広告の運用についても、ノウハウを保有している代理店による運用代行を活用することで、成果が出やすいと言えるでしょう。

最後にご紹介したDatabeat Exploreは、バンパー広告やその他WEB広告の効果検証が可能なツールです。バンパー広告運用の業務効率化にもつながりますので、自社運用の際は導入をご検討ください。

広告レポート作成を自動化しませんか?

 

Databeat Explore_CTA

「広告データの集計に時間を取られている」
「アクセス解析と広告データを同時に集計したい」
「Looker Studio(旧Googleデータポータル)を使ってレポート作成工数や手動によるミスを削減したい」

このような課題は、Databeat Exploreで解決できます。

Databeat Exploreとは、自動で収集した広告データをオリジナルフォーマットでレポート化する、広告レポート作成自動化ツールです。

  • 導入にエンジニアスキルは不要
  • 国内最多の35サービスと連携が可能
  • 無料BIツールLooker Studio(旧Googleデータポータル)でレポート作成を自動化できる

詳しくは以下のリンクよりサービスサイトをご覧ください。

YouTubeバンパー広告の費用がまるわかり!広告単価から制作費用・代理店手数料まで詳しく解説
最新情報をチェックしよう!
>広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

Databeat Exploreは、WEB広告データの見える化を実現するサービスです。
様々な広告データを抽出・統合・一元化し、見たいデータを見たい時に見たい場所で見ることができます。

CTR IMG