YouTubeディスカバリー広告の費用がまるわかり!課金方式や制作費用・代理店手数料まで詳しく解説

YouTubeディスカバリー広告の費用がまるわかり!課金方式や制作費用・代理店手数料まで詳しく解説

Web広告やSNS広告には様々な種類がありますが、近年特に注目を集めているのがYouTube広告です。今回こちらの記事では、YouTube広告の中からYouTubeディスカバリー広告に焦点をあてて解説していきます。

これからディスカバリー広告の運用を検討している方は、ぜひ一読してみてください。

目次

まずは押さえておきたいYouTubeディスカバリー広告の基本

まずはじめに、YouTubeディスカバリー広告の基本事項について確認していきましょう。

YouTubeディスカバリー広告とは?

YouTube広告で配信される広告フォーマットの1つです。YouTubeの検索結果・関連動画の画面に表示される広告になります。

<検索結果画面の表示>

引用元:Display Spaceヘルプ

上記画像のように、検索したキーワードに関連したディスカバリー広告が、検索結果上部に表示されます。

<アプリの表示>

<関連動画の表示>

引用元:Display Spaceヘルプ

YouTubeで動画を見ていると、PC版では画面右側、スマホ版ではアプリのトップ、動画の直下に関連動画が表示されます。関連動画の表示画面の上位にも広告が表示される形です。

他のYouTube広告と比較した際のディスカバリー広告を利用するメリット

他のYouTube広告と比較した際のメリットとして、下記の3点が挙げられます。

  1. 質の高いユーザーを集客できる
  2. 検索キーワードに関連した広告を表示できる
  3. チャンネル登録につなげられる

それぞれ詳細を確認していきましょう。

 メリット1:質の高いユーザーを集客できる

質の高いユーザーを集客しやすいメリットがあります。動画の最中に流れる広告の場合だと、広告に対して嫌悪感を抱くユーザーが少なくありません。

広告をスキップする際に、たまたま広告をクリックしてしまうことも多いため、成果獲得につながらない広告費用が発生してしまうケースもあります。

これに対して、ディスカバリー広告の場合は「広告内容に興味のあるユーザー」がクリックする傾向にあります。広告内容に興味のあるユーザーなら、広告クリック後に商品・サービス購入をしてくれる可能性が高くなります。

 メリット2:検索キーワードに関連した広告を表示できる

動画の検索キーワードに関連した広告を表示できます。たとえば、「女性 美容」というキーワードで検索が行われた場合、美容関連商品やサービスの広告が表示される形です。

検索キーワードと関連する広告であれば、ユーザーの興味・関心を惹きつけやすくなります。

 メリット3:チャンネル登録につなげられる

配信される広告動画は、自社チャンネルを通して配信される形です。ディスカバリー広告をきっかけにして、自社チャンネルの他の動画を見てもらえる可能も高まります。

動画を評価してもらえば、チャンネル登録につなげることもできます。自社チャンネルの登録者数を増やしていきたい場合にも、ディスカバリー広告は最適です。

YouTubeディスカバリー広告が効果を発揮するシーン

効果を発揮するシーンとして、「ターゲット層が限定された商材・サービスを宣伝する」場面が挙げられます。前述したように、ディスカバリー広告では検索キーワードと関連性の高い商材の広告を表示できます。

また、年齢や性別などのセグメント設定も可能です。広告動画のコンテンツに合わせて、配信先を絞ることができます。

 

YouTubeディスカバリー広告にまつわる「費用」の種類

YouTubeディスカバリー広告にまつわる「費用」の種類

YouTubeディスカバリー広告を利用する際は、大きく分けて下記の3つの費用が発生してきます。

  1. 掲載費用
  2. 制作費用
  3. 運用代行費用(広告代理店手数料)

1:YouTubeディスカバリー広告の掲載費用

YouTubeディスカバリー広告の掲載費用は「1クリックあたり2円~6円」ほどが相場です。YouTubeディスカバリー広告ではクリック単価方式が採用されているので、広告がクリックされた場合のみ費用が発生します。広告表示のみでは、費用は発生しません。

2:YouTubeディスカバリー広告の制作費用

広告代理店・制作会社にYouTubeディスカバリー広告の作成を依頼する際は、制作費用が発生してきます。費用は依頼先の広告代理店・制作会社によって様々ですが、相場は「10万円~50万円」ほどです。

動画のクオリティや作成する本数によっては、100万円以上の制作費用がかかることもあるので、事前に確認するようにしましょう。

3:YouTubeディスカバリー広告の運用代行費用(広告代理店手数料)

YouTubeディスカバリー広告の運用を広告代理店に依頼する場合は、運用代行費用が発生します。運用代行費用の相場は「広告費の20%」です。

広告代理店によっては、契約期間・運用広告数によって費用を割り引いてくれるところもあります。

※参考:その他のYouTube広告の費用について詳しく解説した記事はこちら
関連記事

動画を使ったインパクトのある広告は、数あるWEB広告の中でも特に強力な効果を発揮します。そんな動画広告の中でも特に有名なのが、YouTube広告です。 YouTubeユーザーが急増したこともあり、YouTube広告はWEBマーケティン[…]

YouTube広告の費用がまるわかり!課金形態や費用相場、代理店手数料まで詳しく解説

YouTubeディスカバリー広告の課金方式と掲載予算相場を詳しく解説

次に、YouTubeディスカバリー広告の課金方式と掲載予算相場について確認していきましょう。

一般的なYouTube広告の掲載予算相場

一般的なYouTube広告の掲載予算相場は、「1再生あたり3円~20円」ほどになります。広告動画の月間再生回数が2万回ほどであれば、月あたりの掲載予算は「6万円~40万円」です。

資金にゆとりを持たせてYouTube広告の運用を行いたい場合は、100万円ほどの動画予算を組んでおくと安心です。

YouTubeディスカバリー広告の掲載予算相場

YouTubeディスカバリー広告の掲載予算相場に関しては、広告のクリック数によって掲載予算相場が変わってきます。クリック数が多くなるほど、広告予算も高くなる形です。

掲載するキーワードでどれくらいのクリック数が見込まれるか、確認する必要があります。とはいえ、最初は運用しながら確認することになるので、初期の予算感としては50万円ほど準備しておくと安心です。

掲載キーワードの需要が高い場合は、100万円ほどの予算を準備しておきましょう。

YouTubeディスカバリー広告の課金方式

YouTubeディスカバリー広告の課金方式は、クリック課金方式となっています。クリック課金方式では、広告がクリックされた場合にのみ広告費が発生します。

広告が表示されたのみでは、広告費は発生しませんので安心してください。

YouTubeディスカバリー広告のクリック単価相場

YouTubeディスカバリー広告のクリック単価相場は、「1クリックあたり3円~20円」となっています。ただし、YouTubeディスカバリー広告は質の悪い広告クリックが少ないため、月あたりの予算を抑えることが可能です。

 

YouTubeディスカバリー広告の費用対効果を最大化する3つのTIPS

YouTubeディスカバリー広告の費用対効果を最大化する3つのTIPS

YouTubeディスカバリー広告の費用対効果を最大化するポイントとして、下記の3点が挙げられます。

  1. 商材に合わせて、適切なキーワードを選択する
  2. ユーザーの興味・関心を惹きつけるサムネイル画像を設定する
  3. クリック数の推移を分析する

1.商材に合わせて、適切なキーワードを選択する

YouTubeディスカバリー広告の費用対効果を最大化するためには、商材に合わせたキーワード設定が必須です。検索キーワードに対して、ユーザーがどのようなニーズを抱えているのか把握する必要があります。

実際にYouTubeの動画検索で、商材に関連するキーワードを入力して検索をかけてみてください。表示されるYouTubeディスカバリー広告がどのような種類なのか、確認を行いましょう。

2.ユーザーの興味・関心を惹きつけるサムネイル画像を設定する

クリック数を増やすためには、ユーザーの興味・関心を惹きつけるサムネイル画像の設定が不可欠です。画像の色使いや広告文のフォントなど、細部にこだわっていく必要があります。

自前でサムネイル画像を制作するのが難しい場合は、制作会社に依頼するようにしましょう。

3.クリック数の推移を分析する

クリック数の推移を分析することも、費用対効果の高い広告運用で重要です。日によってクリック数に差がある等、ユーザー行動の特徴・パターンを発見できる可能性があります。

時期ごとにクリック数に差があることもしばしばです。傾向が分かれば、今後のディスカバリー広告の運用で、配信期間を絞って運用することができます。

※参考:YouTube広告の効果測定方法について詳しく解説した記事はこちら
関連記事

YouTube広告は、月間利用者数6,500万人を超えるYouTube上に動画広告を配信する広告媒体です。幅広いユーザーにアプローチできることから、YouTube広告を採用している企業も増えてきています。 YouTube広告を運営する[…]

YouTube広告の効果測定方法マスターガイド!

YouTubeディスカバリー広告の制作を制作会社へ依頼する際の費用

次に、YouTubeディスカバリー広告の制作を制作会社へ依頼する際の費用、依頼するメリットやポイントについて確認していきましょう。

ディスカバリー広告の制作を制作会社へ依頼する3つのメリット

ディスカバリー広告の制作を制作会社へ依頼するメリットとして、下記の3点が挙げられます。

  1. 広告制作のプロに依頼できる
  2. 本業を回しながら広告制作ができる
  3. 広告運用の計画を立てやすい

 メリット1:広告制作のプロに依頼できる

制作会社に依頼することで、広告制作のプロが制作を行ってくれます。自前で制作するよりも、クオリティの高いディスカバリー広告を制作することが可能です。

制作会社に依頼する際は、自社業界の広告制作実績があるか確認するようにしてください。

 メリット2:本業を回しながら広告制作ができる

制作会社を利用すれば、本業のリソースを減らさずに広告制作を行えます。ディスカバリー広告の制作に人員を割くと、少なからず本業に影響が出てきます。

本業を回しながらディスカバリー広告の制作を行いたい場合に、制作会社の利用は最適です。

 メリット3:広告運用の計画を立てやすい

広告運用の計画を立てやすい点も、制作会社を利用するメリットです。制作会社は、決められた納品日に合わせてディスカバリー広告を制作してくれます。

広告制作の見通しが明確になるので、実際の広告運用の計画も立てやすいです。

制作会社の利用はこんな人に特におすすめ!

制作会社の利用は中小企業、またはスタートアップ企業の経営者・広告運用担当者の方におすすめです。

中小企業・スタートアップ企業の場合、ディスカバリー広告の運用まで手を回せないケースが多くなります。仮に自前で制作するとなっても、社員への負担は大きいです。

制作会社に依頼すれば、自社の広告制作部門のように利用することができます。新たに広告制作の人材を採用する必要もありません。

YouTubeディスカバリー広告の制作を制作会社へ依頼する際の費用の構造

YouTubeディスカバリー広告の制作を制作会社に依頼する際の費用構造は、「制作費用」と「初期費用」に分かれてきます。制作会社によっては、動画広告運用サービスの一環として広告制作を提供しているケースがあります。

この場合、契約に際して初期費用が発生することも少なくありません。広告運用の依頼を考えていない場合は、動画制作を単発で請け負ってくれる制作会社を利用するようにしましょう。

YouTubeディスカバリー広告の制作を制作会社へ依頼する際の費用の相場

YouTubeディスカバリー広告の制作を制作会社に依頼する際の費用は、動画内容やクオリティ、動画の再生時間などによって変わってきます。

相場としては「10万円~50万円」ほどです。撮影が大規模になる場合は、100万円以上の費用が発生することもあります。

YouTubeディスカバリー広告の制作を制作会社へ依頼する際の費用を抑えるポイント

YouTubeディスカバリー広告の制作を制作会社へ依頼する際、費用を抑えるポイントとして見積もり時に、複数の制作会社を比較している旨を伝える点が挙げられます。

引越し業者の利用と同様に、複数の会社で比較している旨を伝えれば、費用を割り引いてくれることもあります。実際に他社で出してもらった見積書を提示するのも効果的です。

※参考:YouTube広告制作について詳しく解説した記事はこちら
関連記事

YouTube広告と言えば、今注目が高まっている動画広告のひとつです。これまでWEB広告と言えばリスティング広告やディスプレイ広告でしたが、今後は5Gの普及によって、さらにYouTube広告などの動画広告の需要が高まってくることが考えられま[…]

YouTube広告制作ガイド!制作手順やツール、おすすめ制作会社を詳しく解説

費用を抑えたYouTubeディスカバリー広告制作が実現できるおすすめ制作会社3選

次に、費用を抑えたYouTubeディスカバリー広告制作が実現できるおすすめ制作会社を、厳選して3社紹介していきます。

Crevo株式会社

引用元:https://crevo.jp/service/usage/youtube_trueview/

Crevo株式会社は、東京都目黒区に本社を置く動画・映像制作会社です。YouTubeディスカバリー広告の制作をはじめとして、Facebook広告・Twitter広告用の動画制作など、幅広く動画制作を行っています。

こんな方におすすめ

Crevo株式会社では、動画制作の用途に合わせて最適な見せ方を提案してくれます。扱ってきた商材の種類も幅広いです。自社商材を効果的に紹介・宣伝していきたい方に、Crevo株式会社は最適といえるでしょう。

 Crevo株式会社の強み

Crevo株式会社の強みとして、動画のイメージに合ったナレーターを提案してくれる点が挙げられます。動画では「音声」の要素も重要になります。

どのような声をあてるかで、動画のイメージが変わるといってよいでしょう。Crevoではナレーターのオーディションを行っており、実際に原稿を読み上げている複数のナレーターを提案してくれます。

Crevo株式会社の概要

  • 会社名:Crevo株式会社
  • 本社所在地:東京都目黒区中目黒2-10-15フロンティア中目黒3F
  • URL:https://crevo.jp/

株式会社 Global Japan Corporation

引用元:https://gjc.me/case/youtube/

株式会社 Global Japan Corporationは、東京都千代田区に本社を構える動画・映像制作会社です。商品・製品の紹介動画や採用PR動画など、幅広いジャンルの動画・映像制作サービスを提供しています。

こんな方におすすめ

株式会社 Global Japan Corporationは、英語・中国語を中心に30ヵ国語以上に対応して動画制作を行ってくれます。ディスカバリー広告でグローバルに広告宣伝を行いたい方におすすめの制作会社です。

 株式会社 Global Japan Corporationの強み

株式会社 Global Japan Corporationの強みとして、スマホメインで再生される動画広告に特化したクリエイティブ制作を行ってくれる点が挙げられます。

動画のテンポやロゴ、無音でも理解できるビジュアルなど、スマホでの視聴者にも情報が効率的に伝わるよう、工夫を凝らしてくれる点、Global Japan Corporationの強みです。

株式会社 Global Japan Corporationの概要

  • 会社名:株式会社 Global Japan Corporation
  • 本社所在地:東京都千代田区内神田1-8-9 フォーチュンスクエア(福田ビル)2階
  • URL:https://gjc.me/

株式会社サムシングファン

引用元:https://www.somethingfun.co.jp/service/sns

株式会社サムシングファンは、東京都千代田区に本社を置く動画・映像制作会社です。YouTubeディスカバリー広告、Facebook広告など幅広い媒体の広告動画を作成しています。

こんな方におすすめ

株式会社サムシングファンは、ディスカバリー広告の制作に加えて、配信作業や効果測定まで行ってくれます。配信後にレポートも制作してくれるので、動画配信の成果を明確に把握したい方におすすめの制作会社です。

 株式会社サムシングファンの強み

株式会社サムシングファンの強みとして、映像制作者の育成サービスを提供している点が挙げられます。ゆくゆくは、自前でディスカバリー広告の制作を行いたい場合におすすめのサービスです。

自社のYouTubeアカウントで動画を公開していきたい場合にも、サムシングファンは心強いパートナーになってくれます。

株式会社サムシングファンの概要

  • 会社名:株式会社サムシングファン
  • 本社所在地:東京都千代田区九段南3-1-1 久保寺ビル7階
  • URL:https://www.somethingfun.co.jp/
※参考:動画広告の制作会社選びについて詳しく解説した記事はこちら
関連記事

近年、ネット広告の中でも特に注目を集めているのが動画広告です。動画広告はユーザーの視覚と聴覚を通じて情報を伝達できる上、インパクトも強いため、従来の広告よりも高い効果が期待できます。 しかし、動画広告を運用するためには動画の制作が必要[…]

動画広告の制作会社選びガイド!上手な選び方や費用を詳しく解説

広告代理店にYouTubeディスカバリー広告の運用代行を依頼する際の費用

次に、広告代理店にYouTubeディスカバリー広告の運用代行を依頼する際の費用・メリットについて確認していきましょう。

YouTubeディスカバリー広告の運用を代理店に依頼する3つのメリット

YouTubeディスカバリー広告の運用を代理店に依頼するメリットして、下記の3点が挙げられます。

  1. 広告運用業務に時間をかけなくて済む
  2. プロに広告運用を行ってもらえる
  3. 他の動画広告の運用も依頼できる

 メリット1:広告運用業務に時間をかけなくて済む

広告代理店にYouTubeディスカバリー広告の運用を依頼することで、広告運用業務に時間をかけなくて済みます。本業にかける時間を削減したくない方に、広告代理店への依頼は最適です。

 メリット2:プロに広告運用を行ってもらえる

広告代理店に依頼することで、動画広告のプロに運用を行ってもらえます。ポイントを押さえた広告運用を実現してくれるので、自前で運用するよりも運用成果を得やすいです。

 メリット3:他の動画広告の運用も依頼できる

広告代理店の多くは、YouTubeディスカバリー広告以外の動画広告運用も行っています。ディスカバリー広告に加えて、幅広い媒体で広告運用を行っていきたい際にも、代理店の利用は最適です。

代理店の利用はこんな人に特におすすめ!

代理店の利用は、効率よく動画運用の成果を獲得したい人におすすめです。自前で運用するよりも代理店に広告運用してもらった方が、着実に広告運用の成果を得ることができます。

将来的に自前で広告運用を行いたい場合も、まずは広告代理店に依頼してノウハウを学ぶことをおすすめします。

広告代理店を利用してYouTubeディスカバリー広告を運用する場合の費用の構造

広告代理店を利用してYouTubeディスカバリー広告を運用する場合の費用構造は、おおまかに「運用代行費用」と「初期費用」になります。

代理店によっては、レポート作成費やコンサルティング費用を別途設けている場合もあるので、利用前に確認するようにしてください。

広告代理店を利用してYouTubeディスカバリー広告を運用する場合の費用の相場

運用代行費用の相場は「広告費の20%」、初期費用の相場は「1万円~3万円」ほどになります。初期費用に関しては、無料としている代理店も多数あります。

 

費用を抑えたYouTubeディスカバリー広告運用が実現できるおすすめ代理店3選

次に、費用を抑えたYouTubeディスカバリー広告運用が実現できるおすすめ代理店について、厳選して3社紹介していきます。

株式会社ユニアド

引用元:https://www.uniad.co.jp/service/youtube

株式会社ユニアドは、東京都港区に本社を構える広告代理店です。YouTubeディスカバリー広告の運用代行に加えて、Facebook広告・Instagram広告・リスティング広告・LINE広告の運用代行も手掛けています。

こんな方におすすめ

株式会社ユニアドは、ディスカバリー広告の運用開始までのフローにおいて、細かくヒアリングを行ってくれます。担当者と密にコミュニケーションを取りながら広告運用を進めていきたい方に、ユニアドは最適です。

 株式会社ユニアドの強み

株式会社ユニアドの強みとして、ディスカバリー広告の運用実績が充実している点が挙げられます。ディスカバリー広告の運用で、YouTubeチャンネルの登録者数を短期間で増やした実績もあり、自社チャンネルを伸ばしていきたい際にも心強いです。

株式会社ユニアドの概要

  • 会社名:株式会社ユニアド
  • 本社所在地:東京都港区赤坂7-2-3 赤坂ジートルンクビル 2F
  • URL:https://www.uniad.co.jp/

株式会社アクシス

引用元:https://www.axis-corp.com/service/youtube-ad/

株式会社アクシスは、岐阜市に本社を置く広告代理店です。YoouTubeディスカバリー広告、各種SNS広告の運用代行を中心にサービスを提供しています。

こんな方におすすめ

株式会社アクシスは、過去の広告運用データをもとにして運用提案・改善提案を行ってくれます。憶測ではなく、根拠にもとづいたディスカバリー広告運用を行いたい方に最適の代理店です。

 株式会社アクシスの強み

株式会社アクシスの強みとして、Web集客全般のコンサルティングに対応している点が挙げられます。ホームページのSEO対策やGoogleアナリティクスを活用したアクセス解析など、各種支援を受けることが可能です。

YouTubeディスカバリー広告に加えて、他の集客手段も活用していきたい際にも、アクシスであれば安心して依頼できます。

株式会社アクシスの概要

  • 会社名:株式会社アクシス
  • 本社所在地:岐阜県岐阜市金宝町1-3 第一生命ビル2階
  • URL:https://www.t-axis.co.jp/

株式会社リスティングプラス

引用元:https://ppc-master.jp/youtube/

株式会社リスティングプラスは、東京都新宿区に本社を置く広告代理店です。YouTubeディスカバリー広告、リスティング広告、Facebook広告など幅広い媒体で広告運用を行っています。

こんな方におすすめ

株式会社リスティングプラスは、ディスカバリー広告の流入先となるランディングページの制作まで対応しています。広告運用と合わせて、ランディングページの制作を依頼した方にリスティングプラスはおすすめです。

 株式会社リスティングプラスの強み

株式会社リスティングプラスの強みとして、YouTubeディスカバリー広告のインハウス支援を行ってくれる点が挙げられます。広告運用アカウントの引き渡しやコンサルティングにも対応しており、将来的に自前でディスカバリー広告運用を行いたい場合に最適です。

株式会社リスティングプラスの概要

  • 会社名:株式会社リスティングプラス
  • 本社所在地:東京都新宿区西新宿6-24-1西新宿三井ビルディング4階
  • URL:https://ppc-master.jp/
※参考:YouTube広告運用代行におすすめの代理店について詳しく解説した記事はこちら
関連記事

Youtube広告は、動画需要が高まっている中で非常に注目されている広告です。このYoutube広告を利用してwebマーケティングを行いたい、あるいはすでに実施している企業も多くなっています。Youtube広告の運用には広告製作や運用管理の[…]

Youtube広告運用代行おすすめ広告代理店7選と上手な選び方

YouTubeディスカバリー広告の効果測定におすすめのツール

YouTubeディスカバリー広告を運用する際、どれほど成果を獲得できているか効果測定を行うことになります。各種データを集計して入力する作業が必要ですが、この作業が意外と広告運用担当者の負担になってきます。

なるべく効果測定の業務を効率化していくことがYouTubeディスカバリー広告の運用で肝要です。そこでおすすめしたい効果測定ツールが「Databeat Explore」になります。

YouTubeディスカバリー広告運用を可視化する「Databeat Explore」

Databeat Explore
Databeat Exploreを利用することで、YouTubeディスカバリー広告の運用効果を可視化することが可能です。Databeat Exploreがディスカバリー広告の運用データを自動で取得し、数値化してくれます。

データの集計・入力作業に労力を使わなくて済むため、広告運用担当者の負担減少に繋げられる点も、Databeat Exploreの強みです。

YouTubeディスカバリー広告運用における「Databeat Explore」の3つの活用ポイント

YouTubeディスカバリー広告運用におけるDatabeat Exploreの活用ポイントして、下記の3点が挙げられます。

  1. 外部ツールに運用データを出力できる
  2. 広告運用レポートを自動で作成可能
  3. 運用データを常に最新の状態で保持できる

 外部ツールに運用データを出力できる

Databeat Exploreで取得したディスカバリー広告の運用データは、Googleアナリティクスなど各種外部ツールへ出力可能です。使い慣れたツールで分析を行いたい方は、Databeat Exploreをデータ取得用のツールとして利用できます。

 広告運用レポートを自動で作成可能

Databeat Exploreでは、ディスカバリー広告の運用レポートを自動で作成することが可能です。会議やミーティングなどで急にレポートが必要になっても、Databeat Exploreを使えばすぐにレポートを出力できます。

 運用データを常に最新の状態で保持できる

Databeat Exploreで取得した運用データは、常に最新の状態で保持されます。データ記載元のページにアクセスしなくても、自動でデータを更新することが可能です。

 

まとめ

YouTubeディスカバリー広告を利用することで、YouTubeユーザーに対して商材を効率よく宣伝できます。動画を使って商材を紹介できる点も、YouTubeディスカバリー広告の強みです。

YouTubeディスカバリー広告を自前で制作・運用するのが難しい場合は、動画制作会社・広告代理店の利用をおすすめします。制作会社・広告代理店を利用すれば、人員に余裕のない中小企業・スタートアップ企業でも無理なくYouTubeディスカバリー広告を活用することが可能です。

YouTubeディスカバリー広告を自前で運用する際は、記事の最後に紹介したDatabeat Exploreの利用をおすすめします。Databeat Exploreは2週間無料で試すことが可能ですので、ぜひ申し込んでみてください。

広告レポート作成を自動化しませんか?

 

Databeat Explore_CTA

「広告データの集計に時間を取られている」
「アクセス解析と広告データを同時に集計したい」
「Looker Studio(旧Googleデータポータル)を使ってレポート作成工数や手動によるミスを削減したい」

このような課題は、Databeat Exploreで解決できます。

Databeat Exploreとは、自動で収集した広告データをオリジナルフォーマットでレポート化する、広告レポート作成自動化ツールです。

  • 導入にエンジニアスキルは不要
  • 国内最多の35サービスと連携が可能
  • 無料BIツールLooker Studio(旧Googleデータポータル)でレポート作成を自動化できる

詳しくは以下のリンクよりサービスサイトをご覧ください。

YouTubeディスカバリー広告の費用がまるわかり!課金方式や制作費用・代理店手数料まで詳しく解説
最新情報をチェックしよう!
>広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

Databeat Exploreは、WEB広告データの見える化を実現するサービスです。
様々な広告データを抽出・統合・一元化し、見たいデータを見たい時に見たい場所で見ることができます。

CTR IMG