YouTube広告の予算設定がまるわかり!種類別単価や上手な予算管理方法まで詳しく解説

YouTube広告の予算設定がまるわかり!種類別単価や上手な予算管理方法まで詳しく解説

動画コンテンツが人気となっている現在、YouTube広告の需要もそれに比例して高まっています。YouTube広告は、リスティング広告やディスプレイ広告にはない多数のメリットがあり、自社の商品やサービスをアピールするための非常に効果的な手段です。

こうした特徴を持つYouTube広告なので、これから出稿を検討されている方も多数いらっしゃるかと思いますが、予算について気になっている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回こちらの記事では、YouTube広告の予算設定について解説します。YouTube広告の種類別単価や、上手な予算管理方法も併せて解説します。

目次

まずは押さえておきたいYouTube広告の基本

まずはYouTube広告の基本から見ていきましょう。YouTube広告がどんな広告なのか、他の広告にはない強みなどを紹介します。

YouTube広告とは?

YouTube広告とは

引用元:YouTube

YouTube広告とは、YouTube広告の画面上に現われる広告です。例えばYouTubeで動画を視聴している際、途中で流れる動画広告や、動画に重なる形で表示される広告、関連動画の部分に表示される広告、これらすべてYouTube広告です。

他のWEB広告と比べた際のYouTube広告の強み

他のWEB広告と比べた際のYouTube広告の強みには、以下のようなものがあります。

  1. 多くのYouTubeユーザーにリーチできる
  2. 動画によってインパクトを与えられる
  3. 多くの情報を伝えられる

 1.多くのYouTubeユーザーにリーチできる

YouTube広告は、多くのYouTubeユーザーにリーチできるという強みがあります。2021年12月現在のデータによると、YouTubeのアクティブユーザー数は月間6,500万人にものぼります。

YouTube広告を配信すれば、これだけ多くのユーザーに対してリーチできる可能性があるということなので、WEB広告として非常に高い効果が期待できます。

 2.動画によってインパクトを与えられる

YouTube広告の種類には動画広告が多いため、他の広告よりもユーザーにインパクトを与えられるという強みもあります。リスティング広告のようなテキスト型の広告や、ディスプレイ広告のようなバナー画像を用いた広告も一定の効果を得られます。

しかしYouTube広告の場合は、広告クリエイティブが動画となりますので、テキストやバナー画像よりもさらにユーザーの目を引くことができます。

 3.多くの情報を伝えられる

YouTube広告には、多くの情報を一度に伝えられるという強みもあります。リスティング広告なら、限られた文字数でしか商品をアピールできません。バナー広告もクリエイティブに収まる情報しかユーザーに提供できません。

YouTube広告は動画なので、限られた時間内にはなりますが、他の広告よりも多くの情報を音や映像によって伝えられます。

YouTube広告が効果を発揮するシーン

YouTube広告は、検討期間が長い商品やサービスの訴求に効果を発揮します。テキストや画像では伝えきれない商品の雰囲気や魅力を動画で詳しく解説すれば、ユーザーの理解が深まり、購入や申込みにつながる可能性が高くなります。

※参考:YouTube広告の出稿方法について詳しく解説した記事はこちら
関連記事

YouTube広告はさまざまな使い方ができるため、これから運用を開始される方も多いでしょう。動画コンテンツが主流となりつつあるため、今後さらにYouTube広告を含めた動画広告の需要も高まっていくことが想定されます。 ただ、YouTu[…]

YouTube広告出稿入門完全ガイド!種類、費用などの特徴から掲載のやり方までわかりやすく解説

 

YouTube広告の予算を考える上で知っておきたい!課金方式の種類と費用相場まとめ

YouTube広告の予算を考える上で知っておきたい!課金方式の種類と費用相場まとめ

YouTube広告の予算を考える上で重要となる課金方式の種類、そして費用相場についてまとめました。

課金方式の種類 概要 費用相場
クリック課金(CPC) 表示された広告をクリックすることによる課金 3~20円/クリック
インプレッション課金(CPM) 広告が表示された回数に応じた課金 400~600円/Imp
動画視聴課金(CPV) 動画広告を一定時間視聴することによる課金 5~10円/視聴

YouTube広告の課金方式は、上記の3種類があります。課金方式の選び方としては、それぞれのメリット・デメリットを理解した上で最適なものを選択します。

例えばクリック課金の場合、広告に興味のないユーザーはクリックしないケースが多いため、費用対効果が高くなります。ただし、認知拡大を目的とした運用の場合には、インプレッション課金の方がコストパフォーマンスは良いといえるでしょう。

また、動画視聴課金は一定時間動画を視聴した場合のみ課金となるので、こちらもクリック課金同様に費用対効果が高くなりやすい傾向があります。

※参考:YouTube広告の費用について詳しく解説した記事はこちら
関連記事

動画を使ったインパクトのある広告は、数あるWEB広告の中でも特に強力な効果を発揮します。そんな動画広告の中でも特に有名なのが、YouTube広告です。 YouTubeユーザーが急増したこともあり、YouTube広告はWEBマーケティン[…]

YouTube広告の費用がまるわかり!課金形態や費用相場、代理店手数料まで詳しく解説

 

YouTube広告の主要な種類と目安予算を詳しく解説

YouTube広告の主要な種類と目安予算を詳しく解説

YouTube広告の主要な種類、そして目安予算について詳しく解説します。これからYouTube広告の運用をはじめる方は、こちらを参考に予算を検討してみてください。

一般的にYouTube広告は目安としてどのくらいの予算が必要?

一般的にYouTube広告を運用する場合、少なくとも月間の予算として30万円程度は見積もっておいた方がよいでしょう。少額予算でも運用可能ではありますが、あまりに予算が少ないとリーチできるユーザーが限られてしまい、広告の効果も少なくなってしまいます。

YouTube広告の種類と予算目安まとめ

広告種別 特徴 課金方式 月間予算目安
インストリーム広告 途中でスキップできる広告 動画視聴課金(CPV) 30万円程度~
バンパー広告 6秒以内のスキップできない広告 インプレッション課金(CPM) 30万円程度~
ディスカバリー広告 関連動画や検索結果に表示される広告 クリック課金(CPC) 30万円程度~
アウトストリーム広告 YouTube外に配信できる広告 インプレッション課金(CPM) 30万円程度~
マストヘッド広告 予約型、YouTubeホームの最上部に配置される広告 インプレッション課金(CPM) 1日あたり数百万円以上かかる場合もあり

YouTube広告は、それぞれ配置できる場所や、スキップ機能の有無などの違いがあります。インストリーム広告のようにスキップできる広告は、広告に興味のないユーザーがスキップすることで費用が発生しないので、費用対効果重視の場合におすすめです。

月間予算は基本的に30万円程度は最低でも見積もっておくのがおすすめです。ただし、マストヘッド広告についてはYouTubeホームの最上部に大きく表示され、非常に目立つことから1日あたり数百万円以上かかるケースもあるので、注意が必要です。

自社にマッチするYouTube広告の種類の上手な選び方

自社にマッチするYouTube広告の種類を上手に選ぶ方法を紹介します。

  1. 広告の目的に合わせる
  2. リーチしたいターゲットに合わせる
  3. 予算に合わせる

 POINT1.広告の目的に合わせる

YouTube広告を運用する目的に合わせて種類を選びましょう。認知拡大などを目的とする場合は、スキップできないバンパー広告や、YouTube外に配信できるアウトストリーム広告などがおすすめです。

 POINT2.リーチしたいターゲットに合わせる

YouTube広告でリーチしたいターゲットに合わせて選ぶ方法もあります。潜在顧客へのリーチを目的とする場合はインストリーム広告、購買意欲の高い顕在層ユーザーへリーチしたい場合は、ディスカバリー広告などがおすすめです。

 POINT3.予算に合わせる

YouTube広告にかけられる予算に合わせて、広告の種類を選ぶ方法もあります。大きな予算をかけて大々的にプロモーションを行いたいのであれば、もっともユーザーの目につくマストヘッド広告が利用できます。

なるべく少ない予算で費用対効果の高い運用を行いたい場合は、インストリーム広告などがおすすめです。

 

YouTube広告の適切な予算を決める5つの方法

YouTube広告の適切な予算を決める5つの方法

YouTube広告の適切な予算を決める方法を見ていきましょう。YouTube広告の運用を検討する場合、どれくらい予算が必要となるかあらかじめ検討する必要があります。しかし、予算の決め方がわからないと、具体的な目安もわかりません。

そこで、以下の方法を参考にして、YouTube広告の予算を算出してみましょう。

  1. コンバージョン獲得目標から算出
  2. リード・問い合せ獲得目標から算出
  3. 売上目標から算出する
  4. 損益分岐点から算出する
  5. LTVから算出する

1.コンバージョン獲得目標から算出

どれくらいコンバージョンを獲得したいのか、その目標を決めた上で予算を算出します。

予算=コンバージョン獲得目標数×目標CPA

なお、ここで利用する目標CPAは、コンバージョン1件獲得にかけることができる広告費となります。商品の原価や販管費に利益を加算したものが、目標CPAとなります。

2.リード・問い合せ獲得目標から算出

リードや問い合せ獲得目標を定め、そこから予算を算出する方法もあります。BtoB商材などで利用するケースが多い算出方法です。

予算=リード(問い合せ)獲得目標数×目標CPA

この方法で注意しなければならないのは、あくまでもリードや問い合せベースの予算であるという点です。そのため、リードや問い合せからどの程度コンバージョンが発生するのか(成約率)も含めて考える必要があります。

3.売上目標から算出する

売上げ目標を決定して、そこから予算を算出する方法です。

予算=(売上目標÷商品1つあたりの売上)×目標CPA

4.損益分岐点から算出する

コンバージョン獲得目標から算出するよりも、さらに細かく算出したい場合には損益分岐点から計算します。

予算=商品1つあたりの価格-販売コスト

ここで出てくる販売コストは、商品原価や販管費を含めたものとなります。

5.LTVから算出する

定期購入型や、顧客が繰り返し購入する商品の場合、LTV(ライフタイムバリュー)から予算を算出します。

予算=顧客単価×リピート購入回数×月間販売数

リピート購入回数は、1人の顧客が平均何回購入するかをあらかじめ算出しておきます。

 

YouTube広告の予算を設定・管理する方法

YouTube広告の予算を設定・管理する方法

YouTube広告の予算を設定・管理する方法を紹介します。YouTube広告の予算設定方法・管理方法を正しく理解して運用に臨みましょう。

YouTube広告の予算の設定方法の種類

YouTube広告の予算設定の方法は2種類あります。

 種類1.日別予算を設定する

一つ目の予算設定方法の種類は、日別予算を設定する方法です。YouTube広告で1日あたりに消化する予算の平均を設定します。

 種類2.キャンペーンの合計の予算を設定する

二つ目の予算設定方法の種類は、キャンペーンの合計の予算を設定する方法です。キャンペーンの合計の予算を設定すると、複数のキャンペーンの予算をまとめて管理できます。

YouTube広告の予算の設定方法

YouTube広告の予算の設定方法

引用元:Google広告

YouTube広告の予算の設定は、キャンペーン作成画面から行います。キャンペーン作成の中の「予算と日程」にある「予算タイプ」では、「日別」と「キャンペーンの合計」のいずれかが選択できます。

特定のキャンペーンに対して日別予算を設定する場合は「日別」を、キャンペーン全体の予算を設定したい場合は「キャンペーンの合計」を選択します。

そして、予算額を入力すれば予算設定が完了します。

 

YouTube広告で予算超過を起こさないための3つのポイント

YouTube広告で予算超過を起こさないための3つのポイント

YouTube広告を運用するにあたって、予算超過を起こさないためのポイントを3つ紹介します。以下の内容を参考に、予算超過してしまわないような運用を目指しましょう。

  1. 予算進捗を定期的に確認する
  2. 過剰な予算の入金を行わない
  3. 正しく予算設定を行う

1.予算進捗を定期的に確認する

YouTube広告で予算超過しないためには、運用中に予算の進捗を定期的に確認しましょう。YouTube広告のクリック単価やインプレッション単価などは、さまざまな影響によって急に変動するケースがあります。

単価が高騰したまま運用を続けてしまうと、短期間で予算を消化してしまい、広告配信が止まってしまうなどのリスクがあります。広告単価の変化になるべく早く気がつけるように、こまめにチェックすることが重要です。

2.過剰な予算の入金を行わない

YouTube広告は、あらかじめ広告アカウントに予算を入金して消化していきます。入金の手間を省くために過剰な予算の入金を行うことはできるだけ避けましょう。

例えば2ヶ月分の予算を入金してしまうと、広告単価が高騰して1ヶ月で使い切ってしまうといったケースも想定されます。万が一の場合に備えて、なるべく小分けにして入金するのがおすすめです。

3.正しく予算設定を行う

予算超過を防ぐもっとも重要なポイントは、正しい予算設定を行うことです。日別やキャンペーンの合計で正しく予算設定を行っていれば、そもそも大幅な予算超過が起きることはありません。

ですから、運用開始前にしっかりシミュレーションを行い、適切な予算設定を行いましょう。

 

予算内でYouTube広告の費用対効果を最大化する5つのTIPS

予算内でYouTube広告の費用対効果を最大化する5つのTIPS

予算内でYouTube広告の費用対効果を最大化する方法を5つ紹介します。

  1. 最適な広告の種類を選択する
  2. 正確なターゲティングを行う
  3. 効果の高いクリエイティブ制作を目指す
  4. リマーケティングを活用する
  5. スピーディーにPDCAを回す

1.最適な広告の種類を選択する

まずは最適な広告の種類を選択するようにしましょう。YouTube広告は、種類ごとに適した運用方法があります。ブランディングを行いたいのか、コンバージョン数獲得を目指したいのかなどの目的によって、選ぶべき広告は異なっています。

2.正確なターゲティングを行う

ターゲティングは、YouTube広告においても重要なポイントです。商品のターゲットと異なるターゲティングを行って広告を配信しても、効果が得られる可能性は低いでしょう。

そして無駄な広告費を消化してしまいます。そうならないためには、商品のターゲットとなるユーザー層をしっかりターゲティングして、広告を配信することが重要です。

3.効果の高いクリエイティブ制作を目指す

YouTube広告の効果に大きな影響を与えるのが、クリエイティブです。どんなに商品が良くてもクリエイティブの質が低いと、ユーザーには響きません。

ユーザーが何を知りたいのか、どんな風に訴求すれば商品の魅力がしっかりと伝わるのかなどを検討し、クオリティの高いクリエイティブを制作しましょう。

4.リマーケティングを活用する

リマーケティングも忘れず活用しましょう。YouTube広告では、配信した広告を視聴したユーザー、自社の公式チャンネルの動画を視聴したりアクセスしたユーザーに対して、リマーケティング配信が可能です。

リマーケティング配信なら、すでに自社商品を知っていたり購入を検討しているといった可能性が高く、費用対効果の高い運用が実現できます。

※参考:YouTubeのリマーケティングについて詳しく解説した記事はこちら
関連記事

日本国内だけでも6,200万人以上が利用しているYouTubeを活用した、YouTubeリマーケティングをご存知でしょうか?見込み客を獲得しやすい手法となるため、多くの企業で採用されていますが、運用を行う上で、 「YouTubeリ[…]

YouTubeリマーケティング入門ガイド!実施手順と効果的なリスト作成ノウハウを詳しく解説

5.スピーディーにPDCAを回す

YouTube広告の効果を最大化するには、PDCAが必要不可欠です。はじめから効果の高い広告配信を行うことは難しいですが、PDCAを回して改善していくことはできます。

また、ここで重要なのはただPDCAを回すだけではなく、スピーディーに回すという点です。効果の悪い広告を配信し続けると、それだけ無駄な広告費を垂れ流していることになりますので、できるだけ迅速にPDCAを回して、どんどん運用改善を進めていきましょう。

※参考:YouTube広告の戦略的な運用方法を解説した記事はこちら

関連記事

Youtubeでは、毎日50億本の動画が視聴されており、毎分3億時間の動画がYoutubeにアップロードされています。ユーザーが消費するビデオコンテンツ量は、年々増加しているため、Youtube広告はマーケティングに欠かせない存在といえるで[…]

Youtube広告戦略的運用完全ガイド!成功事例・効果的な運用のコツを総解説

 

費用対効果を最大化するならYouTube広告に強みを持つ代理店利用もおすすめ!

費用対効果を最大化するならYouTube広告に強みを持つ代理店利用もおすすめ!

YouTube広告の費用対効果を最大化する場合は、YouTube広告に強みを持つ代理店を利用する方法があります。ここからは、代理店利用について解説します。

YouTube広告の運用を代理店に依頼する3つのメリット

YouTube広告の運用を代理店に依頼する3つのメリットを紹介します。

  1. 人手不足でも問題なく運用できる
  2. はじめから最適な運用を実施できる
  3. 他の施策と連動させられる

 人手不足でも問題なく運用できる

YouTube広告を代理店に依頼すると、人手不足でも問題なく運用できます。YouTube広告を社内で運用する場合には、広告の運用を担当する人員を用意しなくてはなりません。

ですが人手不足だと人員を割くことができず、YouTube広告の運用も実現できません。このような場合、代理店に運用を依頼してしまえば、自社で人員を割かなくてもYouTube広告運用をスタートさせることが可能です。

 はじめから最適な運用を実施できる

代理店はYouTube広告運用の経験が豊富なので、はじめから最適な運用を実施できるメリットがあります。はじめてYouTube広告を運用するようなケースでは、まず運用手順などを確認しながら進めていかなくてはならず、多くの時間を要します。

また、運用開始できても経験やノウハウがないことから、試行錯誤を繰り返していく必要があります。代理店を利用した場合、すでにYouTube広告の運用方法を熟知していますので、すぐに最適な運用を行い、成果を得ることが可能です。

 他の施策と連動させられる

YouTube広告運用を行う代理店の多くは、その他のWEB広告にも対応しています。そのため、YouTube広告と併せて他の施策を連動させることも可能となります。

YouTube広告は他の広告と比べて優れている点が多くありますが、すべての状況においてYouTube広告だけが優れているとは限りません。

場合によってはリスティング広告の方が高いパフォーマンスを発揮できることもあります。また、リスティング広告とYouTube広告を同時に運用することで相乗効果が得られるといったケースもあります。

このように、さまざまな施策を連動することで、YouTube広告単体で運用するよりも高い効果が期待できるようになります。

代理店の利用はこんな人に特におすすめ!

YouTube広告の運用が初めての方は、まず代理店の利用がおすすめです。いきなり自社でスタートさせるとなると、多くの時間とコストがかかってしまいます。

まずは代理店に依頼して、ある程度基盤を作り、運用が軌道に乗ってから徐々に自社での運用へスライドさせていくとスムーズです。

 

YouTube広告の運用を代理店に依頼する際の目安予算

YouTube広告の運用を代理店に依頼する際の目安予算

代理店を利用した場合の目安予算や構造について解説します。

広告代理店を利用してYouTube広告を運用する場合の費用の構造

代理店を利用してYouTube広告を運用する場合、広告費とは別に手数料が必要です。そのほか、場合よっては初期費用やアカウント構築費用といったものが発生するケースもあります。

これらの費用は代理店によって異なる部分が多いですが、手数料だけはすべての代理店に共通する費用と認識しておきましょう。

広告代理店を利用してYouTube広告を運用する場合の目安予算

YouTube広告の運用代行に必要な手数料は、月間広告費の20%前後が目安となります。これよりも高かったり安かったりするケースもありますので、代理店選びの際はいくつかの代理店を比較検討するのがおすすめです。

代理店を利用する場合に手数料を抑えるポイント

代理店の手数料を抑えるためには、その代理店に長期的に運用代行を依頼することと引き換えにディスカウントする、あるいは手数料が相場よりも低いところを利用するといった手段があります。ただし長期契約については、途中解約する際に違約金が発生するといったリスクがあるので注意が必要です。

 

低予算でYouTube広告運用が実現できるおすすめ代理店3選

低予算でYouTube広告運用が実現できる、おすすめの代理店を3社紹介します。

デジマール株式会社

デジマール株式会社

引用元:デジマール株式会社

こんな方におすすめ!

  • YouTube広告とその他のWEB広告も運用してみたい方

 デジマール株式会社の強み

デジマール株式会社はGoogle広告の認定パートナーにもなっているので、YouTube広告の運用でも高いパフォーマンスが期待できます。運用前には予算に合わせたシミュレーションを行い、運用後はレポート作成と報告会が開催されますので、代理店運用であってもしっかりと内容を把握できます。

少額予算でも対応可能であるほか多くの広告媒体に対応しているので、YouTube広告と他の広告媒体を同時に運用することも可能です。

デジマール株式会社の概要

・会社名:デジマール株式会社
・本社所在地:東京都品川区北品川5-5-15 大崎ブライトコア4F
・URL:https://digimarl.com/

サイバーホルン株式会社

サイバーホルン株式会社

引用元:サイバーホルン株式会社

こんな方におすすめ!

  • YouTube広告をお試しで運用してみたい方

 サイバーホルン株式会社の強み

サイバーホルン株式会社へYouTube広告運用を依頼する場合、初期費用などはかからず、契約期間の縛りもないため、少額でのお試し運用も可能です。また、少額の運用であっても成果に結びつく提案を積極的に行ってくれるので、費用対効果の高い運用を目指すことができます。

別途費用で動画の制作も依頼できます。

サイバーホルン株式会社の概要

・会社名:サイバーホルン株式会社
・本社所在地:東京都新宿区津久戸町4-7OSビル9F
・URL:https://cyberhorn.co.jp/

株式会社シーエムエー

株式会社シーエムエー

引用元:株式会社シーエムエー

こんな方におすすめ!

  • 定額制の代理店を利用したい方

 株式会社シーエムエーの強み

株式会社シーエムエーでは、予算に応じてさまざまなプランを選択してYouTube広告を依頼できます。通常であれば広告費の20%が手数料となりますが、予算を抑えたい場合には定額制プランが選択できます。

ライトプランは月額8万円、スタンダードプランは月額20万円、アドバンスプランは月額50万円となっているので、予算に見合ったプランを選択可能です。動画制作は別途見積もりで、分析や改善提案も月額3万円程度からオプションとして利用できます。

株式会社シーエムエーの概要

・会社名:株式会社シーエムエー
・本社所在地:静岡県浜松市中区板屋町111-2 アクトタワー15階
・URL:https://www.akindo2000.net/

※参考:YouTube広告運用代行におすすめの広告代理店について詳しく解説した記事はこちら
関連記事

Youtube広告は、動画需要が高まっている中で非常に注目されている広告です。このYoutube広告を利用してwebマーケティングを行いたい、あるいはすでに実施している企業も多くなっています。Youtube広告の運用には広告製作や運用管理の[…]

Youtube広告運用代行おすすめ広告代理店7選と上手な選び方

 

動画制作に強みを持つYouTube広告運用におすすめの代理店

最後に、動画制作に強みを持つYouTube広告運用におすすめの代理店を紹介します。動画制作も併せて依頼することを検討されている場合は、こちらの代理店を参考にしてみてください。

【前提】YouTube広告は動画クリエイティブが重要

YouTube広告は、動画クリエイティブの質がとても重要なポイントとなります。動画のクオリティが低いと、多くのユーザーは動画の途中でスキップしてしまって、しっかりと情報を伝えることができません。

ですから、YouTube広告運用代行を利用する場合は、クオリティの高いクリエイティブを制作できる環境を整えることも忘れないようにしましょう。

株式会社EXIDEA

株式会社EXIDEA

引用元:CINEMATO

こんな方におすすめ!

  • 広告効果の高いクリエイティブを制作できる代理店に依頼したい方

 株式会社EXIDEAの強み

株式会社EXIDEAが運営するCINEMATOは、YouTube広告の運用代行から動画制作、コンサルティングなどのサービスを提供しています。制作できる動画のクオリティについては、CINEMATOの動画制作実績のページで確認できます。

300社700本以上の動画制作実績があり、あらかじめマーケティング戦略を考慮した上で制作を行います。ただ依頼された動画を制作するのではなく、マーケティング視点で制作するので、効果的なクリエイティブが期待できます。

株式会社EXIDEAの概要

・会社名:株式会社EXIDEA
・本社所在地:東京都墨田区本所一丁目4番18号
・URL:https://exidea.co.jp/

 

YouTube広告の広告効果検証におすすめの広告レポート自動化ツール

YouTube広告を自社運用する上で広告効果検証が可能なおすすめの広告レポートツールを紹介します。

Databeat Explore

Databeat-Explore

Databeat Exploreは、YouTube広告の効果検証が可能な広告レポート自動化ツールです。YouTube広告の運用結果を簡単に把握し、分析や検証することが可能です。

YouTube広告運用における「Databeat Explore」の3つの活用ポイント

YouTube広告運用における「Databeat Explore」の活用ポイントをご覧下さい。

  1. YouTube広告の運用結果を自動的に集約
  2. 同時に運用している広告媒体との比較も可能
  3. データ収集からレポート作成まで自動化

 YouTube広告の運用結果を自動的に集約

Databeat Exploreは、YouTube広告の運用結果を自動的に集約します。管理画面にアクセスすることなくデータが確認できます。リアルタイムでダッシュボードに表示されるので、社内へのデータ共有にも活用できます。

 同時に運用している広告媒体との比較も可能

Databeat Exploreは、YouTube広告以外の広告媒体のデータも連携できます。連携している広告の運用データは、Databeat Explore内で整形した状態で表示できるので、YouTube広告と他の広告媒体の効果を比較することも可能です。

 データ収集からレポート作成まで自動化

Databeat Exploreを利用すれば、広告のデータ収集からレポート作成まで自動化できます。多くの工数がかかる行程を自動化することにより、YouTube広告の分析など重要な業務に集中できます。

 

 

まとめ

YouTube広告は、他の広告媒体にはないさまざまな強みがあります。広告の種類や課金方式も複数あるので、商材や広告の目的に適した運用を実施できます。

ただし、YouTube広告運用で利益を上げるためには、予算を正しく設定する必要があります。YouTube広告の予算は、コンバージョン数や売上げなどからできるだけ正確に算出し、管理画面では日別予算やキャンペーンの合計予算を設定しましょう。

運用開始後は、こまめな予算進捗の確認も重要です。また、YouTube広告運用を自社で行えない場合には、YouTube広告に強みを持つ代理店が利用できます。本記事で紹介した代理店の情報を参考に、自社にマッチする代理店を見つけてみてください。

代理店を利用せずにYouTube広告を運用する場合には、Databeat Exploreを使って効率のよい運用と、スムーズな効果検証を実施するのがおすすめです。

Googleデータポータルを活用して分析業務を効率化するツール
DatabeatExplore

こんな方にオススメ

・広告数字の集計が大変

GAと広告数字を同時に集計したい

・人力レポートではミスが発生する

Googleデータポータルを活用したい

YouTube広告の予算設定がまるわかり!種類別単価や上手な予算管理方法まで詳しく解説
最新情報をチェックしよう!
>広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

Databeat Exploreは、WEB広告データの見える化を実現するサービスです。
様々な広告データを抽出・統合・一元化し、見たいデータを見たい時に見たい場所で見ることができます。

CTR IMG