Googleショッピング広告の費用がまるわかり!課金形態や費用相場、代理店手数料まで詳しく解説

Googleショッピング広告の費用がまるわかり!課金形態や費用相場、代理店手数料まで詳しく解説

「Googleショッピング広告にはどのような特徴がある?」
「Googleショッピング広告の掲載にかかる費用はどのくらい?」
「Googleショッピング広告を運用できるおすすめの代理店や、手数料の金額は?」

Googleショッピング広告に関わる、上記のような疑問にお答えします。

Googleショッピング広告は、Google広告の中でも、ネットショッピングに適した広告メニューです。欲しいものがある場合、楽天やamazonへアクセスする前に、まずGoogleで検索する人が多いのが現状です。

検索ツールとして圧倒的なシェアを占めるGoogle内で広告を打てば、より多くの消費者にアプローチでき、コンバージョン率アップが期待できます。データフィード広告としての注目度も高く、運用を検討している企業も徐々に増えてきています。

しかし、Googleショッピング広告の情報発信は活発ではなく、利用すべき広告なのか判断できない、と考えている担当者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は、Googleショッピング広告の概要やメリット・デメリットや、特に「費用」にフォーカスして詳しく解説していきます。

なお、Googleショッピング広告には、「商品ショッピング広告」「ショーケース広告」「ローカル在庫広告」の3種類が用意されていますが、本記事では最もメジャーな「商品ショッピング広告」のみを取り扱います。

目次

まずは押さえておきたいGoogleショッピング広告の基本

Googleショッピング広告を運用する前に、まずは基本的な情報を押さえておきましょう。この章ではGoogleショッピング広告の概要やGoogleリスティング広告との違い、配信面の種類、効果を発揮するシーンについて説明していきます。

Googleショッピング広告とは?


引用元:Google

Googleショッピング広告とは、Googleが提供する検索連動型広告の一つです。ユーザーの検索語句に対して、関連性の高い商品の写真や名前、値段、販売されている店舗名などを表示します。

例えば、「パソコン」というキーワードで検索すると、上記画像のようにパソコンの情報が複数出てきます。ここで表示される商品は、全て広告として配信されているものです。

Googleショッピング広告を利用するためには、「Google広告」及び「Googleマーチャントセンター」のアカウントが必要です。

Google広告では配信に関する設定をおこない、Googleマーチャントセンターでは、「データフィード」と呼ばれる、広告用の商品データを管理・運用します。

Googleリスティング広告との違い

Googleショッピング広告は、検索連動型広告の一種であることを説明しました。では、同じくGoogleで出稿可能な通常のリスティング広告とは、どのように異なるのでしょうか。Googleリスティング広告との違いは、以下の3つです。

・画像を使える

Googleショッピング広告は、Google広告の中で、唯一画像を使うことができる広告メニューです。実際の商品写真を用いることで、ユーザーに与えられる情報量が多くなります。

また視覚的なアピールポイントが加わるため、テキストのみで構成されたリスティング広告よりも、興味を持ってもらいやすい、という特徴があります。

・ユーザーに見てもらいやすい

Googleショッピング広告は、ユーザーの目に留まりやすい広告です。検索画面上でリスティング広告の上に出てくる、画像を使用することで表示面積が大きくなる、といった理由のためです。

特にスマートフォンの場合は、画面が小さいので、それだけショッピング広告の占有率も高くなります。Googleショッピング広告は、表示される位置、大きさともに優れており、リスティング広告よりも検索時に目をひきやすい広告といえます。

・商品ページに直接誘導できる

リスティング広告は、誘導先の設定が難しく、ほとんどの場合広告主のサイトTOPページへアクセスします。しかしGoogleショッピング広告では、設定が比較的容易なため、それぞれの商品ページへの直接リンクが可能です。

商品ページに直に誘導することで、高まった購買意欲を削ぐことなく、スピーディーな購入を後押しします。

※参考:リスティング広告について詳しく解説した記事はこちら
関連記事

リスティング広告は、WEB広告の定番ともいえる手法の一つです。最近は、SNS広告や動画広告などの利用も増えてきていますが、そんな中でもリスティング広告は、主要な広告として多くの企業が利用しています。 オーソドックスな手法でありながらも[…]

Googleショッピング広告の配信面の種類

Googleショッピングを配信できる場所は、以下の5つです。

  • Google検索のショッピングタブ内
  • Google検索結果の画面上
  • Google検索の画像タブ内及びGoogle画像検索
  • Google検索の外部パートナーサイト
  • Googleディスプレイネットワーク上

それぞれの配信場所における特徴は、以下のとおりです。

Google検索のショッピングタブ、画像タブ

5つの配信場所のうち、一度に表示される広告数が最も多くなります。クリックすることでGoogle内の専用ページに遷移し、サイズや色、素材、価格相場など、より詳細な商品情報を提供します。

Googleの検索画面

Google検索の結果画面では、ショッピング広告とリスティング広告の両方を表示できます。検索連動型広告を2種類同時に配信することで、顕在層へのアプローチがより確実になります。

外部サイトやGoogleディスプレイネットワーク

別サイトやYouTube、Gmailなどにショッピング広告を表示します。Google以外の場所に配信することで、広告の露出度を増やし、リーチを幅広く拡大できます。

また、主な配信面である「Google検索のショッピングタブ内」「Google検索結果の画面上」「Google検索の画像タブ内」の3つについて、以下で詳しく解説していきます。

Googleショッピング広告の主要な配信面1.Google検索のショッピングタブ内


引用元:Google

Google検索のショッピングタブ内に、広告として配信されている商品情報の一覧が表示されます。検索画面からショッピングタブを選び、ページを切り替えることで閲覧できます。

ショッピングページでは、ユーザーが欲しい商品を検索しやすいように、サイズや色、ブランドなどの絞り込みが可能です。また広告色が強くなく、自然な形でアプローチできるため、ユーザーに不信感を抱かれにくいのが特徴です。

Googleショッピング広告の主要な配信面2.Google検索結果の画面上

引用元:Google

Google検索結果画面の上部、もしくは右側に表示されます。表示位置は、ブラウザや閲覧環境、デバイスによって異なります。

表示形式は、楽天やamazonなどのショッピングモールと同じようなフォーマットです。広告をクリックすると、広告主の商品ページへ直接移ります。

Googleショッピング広告の主要な配信面3.Google検索の画像タブ内


引用元:Google

Google検索の画像タブ内に表示されます。検索画面から画像タブを選ぶか、「Google画像検索」を利用することで閲覧可能です。

ページ上部に表示されるのがショッピング広告で、左上に「スポンサー」と表記されます。

一方、下には関連度の高い「商品」タグがついた画像が表示されます。広告をクリックすると商品ページに飛びますが、タグのついた画像をクリックしても写真を閲覧できるだけで、商品ページに直接アクセスしません。

Googleショッピング広告が効果を発揮するシーン

Googleショッピング広告の最大の特徴は、画像を使ってアピールできる点にあります。そのため、視覚的に訴えかけやすい商品やサービスの宣伝に効果を発揮します。

例えば、有名人や可愛らしいモデルを起用し、売り出したいワンピースを着ている写真を使用すれば、ファッションに関心の高い女性の購買意欲に働きかけられるでしょう。

実際に着用している画像を見せることで、着こなしの雰囲気やイメージをユーザーが想像しやすくなる、という効果もあります。このように、ビジュアル面で魅力を伝えられる商品やサービスであれば、広告出稿による成果を高められるでしょう。

 

Googleショッピング広告のメリット

Googleショッピング広告のメリット

Googleショッピング広告がどのようなものか、お分かりいただけたでしょうか。基本的な情報をお伝えしたところで、次は利用することで得られるメリットをご紹介します。Googleショッピング広告には、以下の3つのメリットがあります。

  1. コンバージョンを獲得しやすい
  2. 広告の露出度が高い
  3. ニーズに柔軟に対応できる

1.コンバージョンを獲得しやすい

Googleショッピング広告は、ユーザーの関心度が高い商品について、イメージが伝わる写真や価格など、詳細なデータを提供します。事前に情報を把握することで、予算内に収まるか考えたり、他社商品と比較したりできます。

ユーザーは十分に検討したうえで判断できるので、購入につながりやすくなるのです。また、広告クリック後に直接商品ページに遷移し、スムーズな購入手続きを促せることも、コンバージョンを獲得しやすい一因となります。

2.広告の露出度が高い

リスティング広告などでは、広告のリンク先を一つの商品ページにしか設定できません。しかし、Googleショッピング広告では、検索語句と関連度の高い商品であれば、いくつでも表示できます。

商品掲載数が限定されていないので、自社商品の表示回数が多くなり、クリック率や購入に至る可能性が高くなります。また、テキスト広告が一緒に掲載されることもあるので、さらなる露出度の向上が期待できるでしょう。

3.ニーズに柔軟に対応できる

Googleショッピング広告は、ユーザーのニーズに応じて広告を表示しますが、データフィードを活用することで、さらに柔軟な対応が可能となります。

例えば、検索時に「チョコレート」というキーワードに対し、「東京」や「大阪」などエリア別の語句を加えたとしましょう。この場合、{timei}というカテゴリを使えば、検索語句に合わせて、自動的に広告が表示されます。

Googleショッピング広告では、複数のカテゴリを設定できるので、ユーザーニーズに最適な商品情報を提示します。

 

Googleショッピング広告のデメリット

利用することで、多くのメリットを受けられるGoogleショッピング広告ですが、いくつかのデメリットも存在します。利用するデメリットと併せて対応策も紹介しますので、参考にしてみてください。

1.最適化が難しい

通常の検索連動型広告であれば、品質スコアやクリック率などの指標があるため、広告内容を改善しやすくなります。

しかし、Googleショッピング広告における広告の表示回数や位置は、商品の情報を集めたデータフィードに基づく、ということしか分かっていません。

明確な指標が存在しないため、最適化が難しく、思うように成果を上げられない可能性があります。

 対応策

広告の最適化を図りたい場合には、入札単価を上げてみましょう。フィード内容を充実させることが最も大切ですが、クリック単価が低すぎると、そもそも広告の掲載に至りません。

少しずつ値段を引き上げることで、広告を表示できる価格帯を探し、最適な単価を判断しましょう。また、商品数を増やすことでも、広告表示の可能性を高められます。

Googleショッピング広告は、アパレルなど多くの商品を扱う業種に向いているため、商品の登録数が広告の表示に大きな影響を与えることがあります。

2.キーワードを設定できない

Googleショッピング広告では、広告の出稿に対してキーワードを設定できません。そのため、キーワードごとに入札単価を変更し、検索率の高い語句に予算を集中させる、といった施策をとれません。

広告の表示は、Googleのアルゴリズムがユーザーの検索キーワードとフィード情報を参照し、自動的に決定します。

キーワードを設定する手間はかかりませんが、手動で調整できないため、検索語句から推測できる細かいニーズに対応できないなどのデメリットが生じます。

 対応策

通常のキーワードは使えませんが、除外キーワードの使用は可能です。広告グループを分け、売上につながらない商品群に除外キーワードを設定するなどの方法で対策しましょう。

こうすれば、ニーズごとにグループを作成できますし、表示する商品を利益率の高いものに絞れるため、広告のコストパフォーマンスを高められます。

3.運用を始めるまでに手間がかかる

Googleショッピング広告を利用するためには、商品情報をまとめたデータフィードを作成し、Googleマーチャントセンターにアップロードしなければなりません。

フィードに登録する商品は、それぞれにタイトルや特徴などの情報を用意したり、Googleポリシーに違反していないかチェックしたりと、準備に労力がかかります。

ほかにも、GoogleマーチャントセンターとGoogle広告の紐づけなど、手間のかかる作業をこなさなければなりません。

 対応策

準備に手間をかけたくないという場合には、広告代理店や広告運用ツールを利用しましょう。外部サービスの利用には費用がかかりますが、社内業務の負担を軽減しつつ、広告効果の最大化が期待できるので、費用対効果も高くなります。

人手不足で準備に時間をかけられない、という場合にも対応できるので、運用体制が整っていない企業にもおすすめです。

 

Googleショッピング広告の掲載費用の種類

Googleショッピング広告の掲載費用の種類

Googleショッピング広告の掲載方式には、有料と無料の2種類が用意されています。ここでは、Googleショッピング検索における、有料掲載と無料掲載の概要について説明します。より詳しい説明は、後述のセクションをご覧ください。

有料掲載

費用を設定して広告を配信する、通常の掲載方式です。Googleショッピング広告は、基本的にすべて有料掲載となっています。

「ショッピング広告」と呼ぶことで、下記の無料掲載枠の広告と区別します。入札単価の調整など、便利なツールを利用できるので、成果の最適化が可能です。

無料掲載

2020年10月に提供が開始された、費用を設定することなく、無料で広告を出稿できる掲載方式です。主な配信面の一つである、「Google検索のショッピングタブ内」でのみ利用可能です。

今後サービス範囲の拡大に伴い、検索画面上や画像検索でも利用できるようになる、と考えられています。

「無料リスティング」と呼ばれ、有料掲載枠の広告とは明確に区別されています。ショッピング広告に比べて設定は簡単ですが、使用できるツールに制限があります。

 

Googleショッピング広告・有料掲載の特徴と費用を詳しく解説

ここからは、Googleショッピング広告の有料掲載に関する情報について、詳しく解説していきます。具体的な解説内容は、有料掲載の特徴、有料掲載時の費用相場、課金方式、クリック単価の相場についてです。

Googleショッピング広告有料掲載の特徴


引用元:Google

有料で掲載できるGoogleショッピング広告(以下、ショッピング広告)には、ページ内の目立つ場所に出稿できる、という特徴があります。

特にショッピングタブ内では、有料掲載枠はページ上部に設定されているため、上記画像のようにユーザーの目を引きやすい位置に広告が表示されます。

ショッピング広告には、売上への貢献度が高い商品を中心に掲載すると効果的です。例えば、人気の高い主力商品や新商品、季節商品など、注目度が高く購入されやすいもので構成すれば、成果の最大化が期待できます。

ショッピング広告には商品の販売促進を強化できる、という特徴があるので、後述する無料広告と使い分けて併用することをおすすめします。

Googleショッピング広告の有料掲載費用相場

Googleショッピング広告では、広告出稿者が予算を自由に設定できます。企業の規模や扱う商品などによって、最適な金額は大きく異なるので、明確な費用相場は算出できません。

しかし、Google Merchant Center ヘルプでは、推奨されている1日あたりの予算額は、1,000~5,000円となっています。特にGoogleショッピング広告を初めて出稿する、という場合には、予算を1,000~5,000円に設定することをおすすめします。

Googleショッピング広告の課金方式

Googleショッピング広告の課金方式は、クリック課金方式です。広告が表示された回数に関係なく、広告がクリックされたときだけ費用が発生します。

クリック単価は、希望額を入札するオークション形式によって決まります。入札額が低すぎると掲載順位が落ちたり、表示されなかったりするので、注意が必要です。

Googleショッピング広告のクリック単価相場

Googleショッピング広告のクリック単価相場は、10~30円です。この数字は、通常の検索連動型広告におけるクリック単価の相場よりも、低くなっています。

ショッピング広告は、出稿方法がやや複雑、EC事業者に特化している、という理由から競合が少なくなります。

そのため、クリック単価が安くなり、費用の負担を抑えた運用が可能なのです。もちろん、クリック単価の相場は商材や業種によって異なるので、あくまで目安として考えてください。

 

Googleショッピング広告無料掲載について詳しく解説

ここからは、無料で掲載できるGoogleショッピング広告の特徴について、詳しく解説していきます。

Googleショッピング広告無料掲載の特徴


引用元:Google

広告の無料掲載は、Googleショッピング検索でのみ利用できます。ページ下部に設けられた無料掲載枠に、事前に登録したそれぞれの商品情報が掲載されます。

無料で掲載できる広告(以下、無料リスティング)は、有料掲載枠の下に表示されるものです。そのため、有料広告(以下、ショッピング広告)を補助する目的で利用するのが効果的です。

例えば、まず全商品を無料リスティングで掲載します。その中で売れ行きのよい商品を有料掲載枠に移せば、全ての商品の販売機会を確保しつつ、売上の最大化が見込めるでしょう。

ショッピング広告と無料リスティングを一緒に配信することで、平均クリック数が50%以上、平均インプレッション数が100%以上増加した、というデータも確認されています(参考:Google広告)。

このようなメリットを得られるのは、今のところGoogleショッピングタブ内だけなので、ぜひ併用することをおすすめします。

また、無料リスティングには、他にも以下の特徴があります。

・海外に向けて配信できる

無料リスティングは、日本だけでなく、ヨーロッパやアジアなど、合計47の国や地域で表示されます。つまり、国外の消費者に向けて、無料で広告を表示できるのです。海外市場を開拓したい、商品の露出を拡大したい、という場合に利用すると効果的です。

・予算を用意できなくても出稿できる

広告出稿に費用がいらないので、予算の捻出が難しい中小企業や個人でも利用できます。無料リスティングの表示順位は、予算額ではなく、ユーザーの検索語句との関連度で決まります。

これは、広告主全員に共通する条件です。そのためニーズを汲み取り、運用方法を工夫することで、競合他社を抑えて上位表示も可能となります。

・ショッピング広告よりも配信の手間がかからない

ショッピング広告を配信するためには、Googleマーチャントセンターでデータフィードを登録した後、Google広告に戻って手続きします。

一方無料リスティングは、データフィードを登録し、「Googleに掲載」という項目をオンにするだけで、配信が可能になります。広告を配信するまでの手間が少ないことも、無料リスティングの特徴の一つです。

無料掲載の費用

無料リスティングは、広告予算や入札単価を設定する必要がありません。基本的に無料で利用できるので、安心してください。オプション機能などもなく、追加で費用がかかるということもありません。

 

Googleショッピング広告の費用対効果を最大化する3つのポイント

Googleショッピング広告の費用対効果を最大化する3つのポイント

ここからは、Googleショッピング広告の費用対効果を最大化するポイントをご紹介します。以下の3つを押さえて、効率的な運用を目指しましょう。

  1. 詳細な商品情報を登録する
  2. データフィードを常に更新する
  3. スマートショッピング機能を利用する

POINT1.詳細な商品情報を登録する

Googleショッピング広告では、データフィードの内容が、表示順位やクリック率に大きな影響を与えます。フィードのうち特に重要なのは、タイトル、画像、カテゴリの3つです。

商品タイトルは、15文字以内に収める、検索されそうなキーワードを左側に配置する、カラーバリエーションなどの情報を載せる、といった工夫が必要です。

また、画像は使用感が伝わるような情報量の多いものを選びましょう。商品カテゴリは、素材やサイズなどを最大10個まで設定できるので、全て登録することをおすすめします。

商品フィードを充実させれば、掲載費用を抑えつつ、広告表示やクリック回数を向上させられます。

POINT2.データフィードを常に更新する

Googleショッピング広告のフィード情報に気を配り、常に最新の状態を保ちましょう。情報が更新されていないと、例えば既に販売終了した商品が、まだ購入できるかのように掲載されます。

データフィードでは自動更新機能を利用できますが、在庫切れ情報を取得して掲載を取りやめる、といった高度なことはできません。

そのため、利益を生まない商品でも、クリックされることで広告費が発生し、費用対効果が低下してしまいます。販売の必要性がなくなった商品は速やかに削除し、フィードを常に最新の状態へ更新するよう心がけましょう。

POINT3.スマートショッピング機能を利用する

スマートショッピングとは、機械学習の活用により、最適な広告運用を可能にする機能です。自動入札もできるので、目標となるROASを算出・設定すれば、最大コンバージョン率を達成する単価を自動的に選択します。

ROASは、「売上÷広告費×100(%)」という計算式で算出できます。ある程度運用したら、ROASを出して、スマートショッピング機能を利用してみましょう。

 

費用対効果を最大化するならGoogleショッピング広告に強みを持つ代理店利用もおすすめ!

Googleショッピング広告に強みを持つ代理店利用もおすすめ!

Googleショッピング広告を効果的に運用したいのであれば、広告代理店の利用も検討しましょう。ここでは、代理店を利用するメリットなどについて解説します。

Googleショッピング広告の運用を代理店に依頼する3つのメリット

Googleショッピング広告の運用を代理店に依頼するメリットには、以下の3つがあります。

  1. 豊富なノウハウを生かせる
  2. 運用コストを削減できる
  3. 施策の選択肢が増える

 豊富なノウハウを生かせる

広告代理店は、複数のクライアントから依頼を受けているので、運用代行の実績が数多く蓄積されています。豊富な実績に基づくノウハウを生かせば、効率的かつ効果的な広告運用が実現するでしょう。

特に、Googleショッピング広告の運用代行では、Google広告の認定代理店への依頼がおすすめです。認定代理店になるためには、Google広告の運用に関する技術や知識が必要です。

総合的に高いスキルがある、と認められた代理店を選べば、優れた運用効果が期待できます。

 運用コストを削減できる

Googleショッピング広告は、他の広告よりも運用に手間がかかります。例えば、アカウントを2ヵ所で開設してリンクさせたり、商品全ての情報を登録したりと、大変な労力を必要とします。

また運用を始めてからも、データフィードを常に更新し続けなければならず、自社内で体制や仕組みが整っていないと、十分な成果を得られません。

広告代理店では、運用業務を一任できるので、運用にかかるコストを削減できます。特定の作業だけを代行してもらうことも可能なので、業務の最適化を図れます。

 施策の選択肢が増える

広告代理店では、複数の広告媒体に対応していることが多いため、Googleショッピング広告以外の手法も利用できます。

例えば、Google広告全般を試したり、SNS広告などの異なる媒体へ広告を出稿したりすれば、幅広い層へ広告を露出できます。

アプローチする手段が多ければ、マーケティング戦略を見直す機会も増え、より成果につながりやすい施策を選択できるようになるでしょう。

代理店の利用はこんな人に特におすすめ!

広告代理店の利用は、広告の運用経験がない、もしくは少ない企業におすすめです。広告を出稿したことがないと、マーケティングの方向性も定まらず、効果の出ない戦略を考えてしまいがちです。

また、実際の運用業務にどれくらいの時間や労力がかかるのか分からないため、十分なリソースを確保できないケースも多くなります。広告代理店では、Googleショッピング広告運用に関するすべての業務の対応を行ってくれます。

代理店のノウハウを共有してもらい、依頼者と代理店との間で連携を強化すれば、さらなる運用効果の向上も見込めるでしょう。

 

Googleショッピング広告の運用を代理店に依頼する際の費用

Googleショッピング広告の運用を代理店に依頼する際の費用

代理店への依頼を検討する際に、費用がどのくらいかかるのか気になる、という方も多いでしょう。この章では、Googleショッピング広告の運用を依頼する際の費用について説明します。実際に代理店へ依頼する前に、大体の費用感をつかんでおきましょう。

広告代理店を利用してGoogleショッピング広告を運用する場合の費用の構造

広告代理店における、Googleショッピング広告の運用費は、広告費と運用手数料で構成されています。広告費は、Google広告で設定する広告予算や入札単価で、運用代行にかかる人件費が運用手数料です。

ほかに、初期費用やオプション費が発生する場合があります。また、依頼が集中する大手代理店では、広告費に最低出稿額を設定しているケースもみられます。

広告代理店を利用してGoogleショッピング広告を運用する場合の費用の相場

Googleショッピング広告の運用代行費用は、広告費の20%に設定されていることが多いです。この数字は、Googleショッピング広告にのみ適用されるわけではなく、リスティング広告などと同様の相場となっています。

そのため、他の広告を出稿したことがあるという場合には、同じような費用感で運用できる、と考えましょう。また、定額制を採用している代理店では、運用手数料が3~5万円ほどかかります。

運用費は、代理店の規模や強みによって大きく異なります。費用がどれくらいになるのか気になる場合は、依頼する前に代理店へ直接問い合わせて確認してください。

代理店を利用する場合に手数料を抑えるポイント

代理店が提供するサービスを見直すことで、支払う手数料を抑えられます。例えば、レポートの回数を減らしたり、ミーティング方式を訪問からオンラインに切り替えたりすることで、その分の人件費をカットできます。

広告を運用していく中で、必要性を感じないサービスが出てきたら、担当者に相談して、手数料を減らせないか交渉してみましょう。

 

費用を抑えたGoogleショッピング広告運用が実現できるおすすめ代理店3選

ここからは、Googleショッピング広告の運用代行を依頼できる、おすすめの代理店をご紹介します。費用を抑えた運用が可能な代理店を厳選したので、運用のコストパフォーマンスをよくしたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

株式会社グラッドキューブ


引用元:グラッドキューブ

株式会社グラッドキューブは、リスティング広告を中心に、ディスプレイ広告やSNS広告など、複数の広告媒体を幅広く手掛ける広告代理店です。大阪本社のほかに、東京、名古屋、福岡にオフィスを構え、全国各地からの依頼に対応しています。

こんな方におすすめ!

  • Google広告の認定代理店に依頼したい
  • 他店からの乗り換えを検討している
  • 広告費を25万円までに抑えたい

グラッドキューブの強み

Google認定代理店としての圧倒的な実績が、株式会社グラッドキューブ(以下、グラッドキューブ)の強みです。優秀な正規認定代理店を表彰する「Google Excellent Performer Award」で、5期連続受賞を達成していることからも、Google広告の運用に対する優れた実力がうかがえます。

高い運用力や分析力に加え、担当者との直接やりとり、アカウント開示による透明性の保証、他店からの乗り換えにも対応可能など、盤石の体制で広告運用をサポートしています。

運用手数料は相場と同じ広告費の20%で、初期費用や最低出稿額も設けられていないため、費用を抑えつつ成果の最大化が期待できるでしょう。

また、グラッドキューブで特徴的なのが、料金プランが複数用意されている点です。広告費25万円までは定額制となっており、3.5万円から運用が可能となっています。

大手代理店にもかかわらず、少額の依頼にも対応できるきめ細かなサービスは、他の代理店には見られない特徴といってよいでしょう。Googleショッピング広告や、他のGoogle広告を利用したいのであれば、必ず押さえておきたい代理店の一つです。

グラッドキューブの概要

・料金体系:①広告費25万円以上【初期費用】0円【運用手数料】広告費の20%
②広告費25万円未満【初期費用】5万円【運用手数料】3万5,000円
・対応可能な媒体:Google広告/Yahoo!広告/Facebook広告/Instagram広告/Twitter広告/YouTube広告/LINE広告/indeed広告/アプリ広告/Apple Search Ads/Amazon広告
・会社名:株式会社グラッドキューブ
・本社所在地:〒541-0048 大阪府大阪市中央区瓦町2-4-7 新瓦町ビル 8F
・URL:https://www.glad-cube.com/

株式会社カルテットコミュニケーションズ


引用元:カルテットコミュニケーションズ

株式会社カルテットコミュニケーションズは、リスティング広告の運用代行を専門とする、名古屋の広告代理店です。Web制作など他の業務を扱わず、リスティング広告の運用のみに特化することで、スピーディーなノウハウの蓄積を実現しています。

こんな方におすすめ!

  • Google広告の運用実績が優れている代理店を選びたい
  • 他店よりも運用にかかる費用を抑えたい
  • リスティング広告を効果的に運用できる代理店を探している

カルテットコミュニケーションズの強み

運用手数料を固定化し、リーズナブルに利用できる点が、株式会社カルテットコミュニケーションズの最大の強みです。最も安い価格帯では3万円から依頼できるため、ムダなく効率的に広告を運用できます。

費用が安いからといって、効果が出ないわけではありません。Google広告コンテストで毎期表彰されているほどの実力をもち、運用者に専門資格取得を義務付けるなど、費用を抑制しつつ、確実に成果を獲得できる体制を整えています。

これまでに900社以上、1,000以上の業種で取引実績があり、信頼性の高さも申し分ありません。リスティング広告を専門に取り扱い、高い運用スキルをもっている代理店を探している場合に、特におすすめの代理店です。

カルテットコミュニケーションズの概要

・料金体系:【初期費用】0円【運用手数料】3万円~
・対応可能な媒体:Google広告/Yahoo!広告/Facebook広告/Instagram広告/Twitter広告/YouTube広告/LINE広告/indeed広告/Pinterest広告/TikTok広告/Microsoft広告
・会社名:株式会社カルテットコミュニケーションズ
・本社所在地:〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦2-4-15 ORE錦二丁目ビル11階
・URL:https://quartet-communications.com/

株式会社キーワードマーケティング


引用元:キーワードマーケティング

株式会社キーワードマーケティングは、東京都中央区に本社をもつ、ネット広告の運用に特化した広告代理店です。運用型広告のコンサルティングを実施するなど、企業内における運用体制の構築を積極的に支援しています。

こんな方におすすめ!

  • 依頼するならGoogleのパートナー代理店がいい
  • データフィード広告全般について相談したい
  • インハウス運用を検討している

キーワードマーケティングの強み

株式会社キーワードマーケティング(以下、キーワードマーケティング)は、2004年の設立以来16年以上にわたり、運用型広告の代行に携わっています。

これまでに運用した月間アカウント数は319に及び、118の業種・業界に対応してきました。幅広い実績から培われたノウハウや運用スキルを評価され、Googleのパートナー代理店に選ばれています。

キーワードマーケティングの特徴は、データフィード広告を取り扱っていることです。機械学習の知見を生かし、成果を最大化できるよう運用していくので、最終的な費用対効果が高くなります。

Googleショッピング広告だけでなく、Criteo広告など、他のデータフィード広告にも対応しています。また、運用型広告のインハウス化支援にも力を入れているため、将来的に自社運用を考えている企業にもおすすめです。

キーワードマーケティングの概要

・料金体系:【初期費用】10万円【運用手数料】広告費の20%(最低出稿額:10万円)
・対応可能な媒体:Google広告/Yahoo!広告/Facebook広告/Instagram広告/Twitter広告/LINE広告/Criteo広告/SmartNews広告/Gunosy Ads
・会社名:株式会社キーワードマーケティング
・本社所在地:〒104-0045 東京都中央区築地7-2-1 THE TERRACE TSUKIJI 2F
・URL:https://www.kwm.co.jp/

※参考:Google広告に強みをもつ代理店を特集した記事も併せてご覧ください。
関連記事

Google広告の代理店に広告運用を依頼する際、どのように選べば良いか迷ってしまうケースが多いと思います。Google広告の代理店を選ぶポイントを把握しておけば、依頼する際に迷うこともありません。 本記事ではGoogle広告代理店の選[…]

Google広告代理店選び完全ガイド~上手な選び方や手数料の仕組みを詳しく解説~

Googleショッピング広告の効果測定におすすめのツール

Googleショッピング広告の運用は、広告代理店の利用がおすすめと説明してきました。しかし、効果測定に適した専用ツールを使って、分析作業を自社でまかなったり、インハウス運用に切り替えたりすることで、運用費を大きく削減できます。

ここからは、自前で効果測定が可能な「Databeat Explore」というツールをご紹介します。

Googleショッピング広告運用を可視化する「Databeat Explore」

データビートロゴ
「Databeat Explore」は、アジト株式会社が提供する、広告運用に関するあらゆるデータを自動的に可視化できるツールです。可視化だけでなく、データの抽出や集計にも優れた効果を発揮し、広告内容の分析や改善を効率的に進められます。

マーケターが自由にデータを閲覧できるようになるので、より良いマーケティング戦略を考案できる可能性があります。

Googleショッピング広告運用における「Databeat Explore」の3つの活用ポイント

「Databeat Explore」の活用ポイントは、以下の3つです。

・少ない工数でデータを可視化できる

Databeat Exploreでは、データの可視化に役立つテンプレートが数多く提供されているため、少ない工数で「見える化」が実現します。また、可視化されたデータは、ダッシュボードで好きなときにいつでも確認できるので、必要なデータを検索する時間を短縮できます。

・柔軟な形でデータを出力できる

Databeat Exploreで扱うデータは、CSVだけでなく、ExcelやGoogleスプレッドシートなど、複数のフォーマットに対応しています。元々のデータの形を損なうことなく出力できるため、他のツールに合わせて変形したり、出力後にデータを修正したり、といった作業が必要ありません。

・クリエイティブ内容を分析できる

Googleショッピング広告では、広告クリエイティブとなる商品画像が、非常に重要になってきます。Databeat Exploreはクリエイティブのサムネイルを自動で出力できるので、効果測定に時間や手間がかかりません。クリエイティブを迅速に修正することで、効率的に広告内容を改善できるでしょう。

 

まとめ

今回は、Googleショッピング広告の概要やメリット・デメリット、出稿費用などについて詳しく解説してきました。Googleショッピング広告は、運用に手間がかかる、専門知識が必要、などの理由から、参入ハードルが高くなっています。

しかし、その分利用している競合他社も少ないため、今のうちから運用を始めることで、優位性を獲得できるでしょう。運用代行を依頼するのであれば、Google広告への知見が深い、もしくはデータフィード広告を扱っている代理店がおすすめです。

自社での運用には、本記事でご紹介した「Databeat Explore」の利用も検討してみてください。

広告レポート作成を自動化しませんか?

 

Databeat Explore_CTA

「広告データの集計に時間を取られている」
「アクセス解析と広告データを同時に集計したい」
「Looker Studio(旧Googleデータポータル)を使ってレポート作成工数や手動によるミスを削減したい」

このような課題は、Databeat Exploreで解決できます。

Databeat Exploreとは、自動で収集した広告データをオリジナルフォーマットでレポート化する、広告レポート作成自動化ツールです。

  • 導入にエンジニアスキルは不要
  • 国内最多の39サービスと連携が可能
  • 無料BIツールLooker Studio(旧Googleデータポータル)でレポート作成を自動化できる

詳しくは以下のリンクよりサービスサイトをご覧ください。

Googleショッピング広告の費用がまるわかり!課金形態や費用相場、代理店手数料まで詳しく解説
最新情報をチェックしよう!
>広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

Databeat Exploreは、WEB広告データの見える化を実現するサービスです。
様々な広告データを抽出・統合・一元化し、見たいデータを見たい時に見たい場所で見ることができます。

CTR IMG