飲食店業界リスティング広告攻略ガイド!効果を出すポイントやおすすめ代理店を紹介

「飲食店の集客にリスティング広告を活用するメリットを知りたい」
「飲食店がリスティング広告で効果を出すための方法は?」
「飲食店業界向けのリスティング広告運用を扱う代理店を教えてほしい」

飲食店オーナーや、集客担当者様が抱える、上記のような疑問にお答えします。

飲食店情報を集めるために利用されるプラットフォームは、従来のチラシやフリーペーパーなどの紙媒体から、WebメディアやSNSなどにシフトしてきており、Web集客対策が必須となっています。

飲食店業界の方がWeb集客を始める際には、主要なWeb広告である、リスティング広告がおすすめです。しかし、リスティング広告を効果的に運用するにはノウハウが必要ですし、運用に時間を割けない店舗であれば、代理店に外注したい、というニーズが生まれるでしょう。

今回は、飲食店業界の方に向けて、リスティング広告を活用するメリットや、効果的に運用するための方法、代理店選びのポイントや、おすすめの代理店などをご紹介します。

リスティング広告を利用して、効率的に集客したい、という飲食店業界の方は、ぜひお読みください。

目次

運用する前に確認しておきたいリスティング広告の基礎知識

リスティング広告と飲食店業界についての情報をお伝えする前に、リスティング広告自体の基礎知識について説明していきます。特徴や掲載費用についてご紹介しますので、基本を押さえておきましょう。

リスティング広告とは?特徴をわかりやすく解説!


引用元:Google

リスティング広告とは、GoogleやYahoo!などで検索されたキーワードに応じて表示される広告です。「検索連動型広告」「PPC広告」とも呼ばれています。

上記スクリーンショットのように、検索結果画面の最上部、もしくは最下部に表示されます。リスティング広告以外にも、検索エンジンの最適化(SEO)を図ることで、検索結果上に自社のHPなどを表示可能です。

SEO対策は無料でできますが、コンテンツの表示順位を完全にコントロールすることはできません。検索エンジンのアルゴリズムによって大きく変動するので、表示順位が下がったり、そもそも画面上に出てこなかったりなど、確実に表示できるとは限らないのです。

一方、リスティング広告はコントロール性が高く、掲載費用を調整することで、広告を検索結果の1ページ目に表示させやすくなります。

リスティング広告の掲載費用

リスティング広告の掲載料金体系や、出稿時の費用相場など、掲載費用に関する情報をご紹介します。

 リスティング広告の掲載料金体系

リスティング広告の掲載料金体系は、クリック課金方式です。広告がクリックされた回数に応じて、費用が発生します。広告の表示回数は、一切関係ありません。

1クリックごとの費用を示すクリック単価は、金額が定められておらず、広告主側で自由に設定できます。最終的なクリック単価は、競合他社とのオークション形式で決まります。

広告費は「クリック単価×クリック数」で算出可能です。

 リスティング広告の掲載費用相場

リスティング広告の一般的な掲載費用相場は約50万円、クリック単価の相場は50~200円です。

また、飲食業界におけるリスティング広告の掲載費用相場は、約10万円といわれています。

クリック単価は、店の知名度や、広告の出稿時期などによって異なり、それに伴い掲載費用の総額も変動します。今回ご紹介した金額は、あくまでも目安として考えてください。

 

他の広告手段と比較した際のリスティング広告のメリット

集客手段としてリスティング広告を選ぶメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。この章では、他の広告手段と比較した際のリスティング広告のメリットをご紹介します。

オフライン広告と比較した際のリスティング広告のメリット

飲食店の集客によく使われるチラシやフリーペーパーなどの紙媒体は、紙面サイズによって掲載できる情報量が制限されてしまい、一回発行すると広告文などを修正できません。

テレビCMや新聞・雑誌広告などのマス広告は、ネットを見ない世代にも幅広くアプローチできる分、掲載費用が高くなります。

また、オフライン広告全般の特徴として、店舗の認知度や、実際に店舗へ訪れた人数などを数値で測りにくく、広告出稿による効果検証が難しいことも挙げられます。

リスティング広告は、比較的自由に広告内容を修正できますし、運用方法を工夫すれば、予算を捻出できない企業でも少額での運用が可能です。広告の表示回数やクリック数などが可視化され、データとして閲覧できるので、効果計測や改善を容易に行えます。

他のウェブ広告と比べた際のリスティング広告のメリット

ディスプレイ広告及びSNS広告と比べた際の、リスティング広告のメリットを解説します。

ディスプレイ広告

潜在層へ働きかけるディスプレイ広告とは異なり、顕在層へアピールできる点が、リスティング広告のメリットです。ディスプレイ広告は、ユーザーの閲覧ページに広告を表示できるので、店舗の認知度向上に向いています。

リスティング広告は、検索語句に連動して表示されるもので、対象キーワードを入力しない、認知していないユーザーには、広告を見てもらえません。

一方、既に店舗を知っている、興味を持っている、というユーザーに対して広告を配信できるので、高い集客効果が期待できます。

※参考:ディスプレイ広告について詳しく解説した記事はこちら
関連記事

ディスプレイ広告は、WEB広告の中でも主要な手法の一つです。WEB広告を利用している多くの企業が、ディスプレイ広告を活用しています。 今回こちらの記事では、これからディスプレイ広告の導入を検討している方に向けて ディスプ[…]

ディスプレイ広告の費用がまるわかり!課金形態や媒体別費用相場、代理店手数料まで詳しく解説

SNS広告

広告運用の手間が少なくて済む、という点が、SNS広告とリスティング広告を比較した際のメリットです。SNS広告は、他の広告よりも細かくターゲティングできます。

しかし、効果的に運用するためには、顧客層のリサーチや最適なターゲット設定が必要となり、時間や手間がかかってしまいます。また、複数のSNSに広告を出稿する場合には、それぞれのSNSの特徴を押さえておく必要がありますし、管理も難しくなるでしょう。

リスティング広告の主な出稿先は、GoogleとYahoo!の2つだけですので、SNS広告よりも管理コストが低くなります。また、拡散力が高いSNS広告特有の炎上リスクも、リスティング広告にはありません。

※参考:SNS広告について詳しく解説した記事はこちら
関連記事

SNS広告は、SNSの利用者増加と共に活用する企業が続々と増えてきているマーケティング手法のひとつです。一般的な広告に比べて拡散力があったり、細かなユーザーのターゲティングができるといった点が、リスティング広告などとは異なります。 上[…]

SNS広告運用代行おすすめ代理店11選と上手な選び方

飲食店業界のリスティング広告による集客は相性がいい!

飲食店業界のリスティング広告による集客は相性がいい!

飲食店業界の方がリスティング広告を活用することで、高い集客効果が期待できます。飲食店業界とリスティング広告の相性がいい理由としては、以下の3つが挙げられます。

理由1.少額で運用できる

リスティング広告には、最低出稿金額が定められておらず、広告主が予算やクリック単価を自由に設定できます。また、表示順位に関わる広告の品質スコアを上げれば、入札単価が低くても、競合に勝てる可能性が高まります。

品質スコアを決める広告の推定クリック率や、キーワードと広告文の関連性、LPの利便性などを高めれば、クリック単価の上昇を防ぎ、低コストでの運用が可能です。

※参考:下記の記事では品質スコアに関して詳しく解説しています。

関連記事

Google広告を運用する上で重要となる要素の一つが「品質スコア」です。品質スコアを正しく理解した上でGoogle広告を出稿すれば、費用対効果の高いGoogle広告運用が可能となります。 そこでこちらの記事では、Google広告の品質[…]

Google広告の品質スコア攻略ガイド!確認方法と改善方法を詳しく解説

理由2.エリアやターゲットを絞り込める

広告を配信するターゲットの性別や年齢、地域などを設定可能です。例えば、「名古屋市」「20代」「女性」と設定することで、名古屋市内の20代女性にターゲットを絞ってアプローチできます。

客単価が高い、リピート率が高い顧客層に広告を配信することで、売上の最大化が見込めます。また、普段とは異なる層に向けて広告を配信すれば、新たな顧客獲得につなげられるでしょう。

理由3.配信する曜日や時間を選べる

飲食店を検索するユーザーは、すぐに行ける店舗を探していることが多いものです。広告を見てもらえたとしても、店が休みでは集客につながりません。

リスティング広告には、スケジュール設定機能があり、広告を表示する曜日や時間を指定できます。広告配信のタイミングを限定すれば、予算のムダ使いを防止できます。

また、特定の曜日もしくは時間帯に行われるイベントや、キャンペーンの告知にもおすすめです。

 

飲食店業界においてリスティング広告の効果を最大化させる3つのポイント

飲食店業界においてリスティング広告の効果を最大化させる3つのポイント

飲食店業界において、リスティング広告を効果的に運用するポイントをご紹介します。以下の3点を押さえ、広告効果を最大限に引き出しましょう。

  1. キーワードや広告文にも地名を含める
  2. 店舗型ビジネス向きの機能を活用する
  3. LPの内容を見直す

POINT1.キーワードや広告文にも地名を含める

飲食店を探す際には、「渋谷×ランチ」「品川駅×バイキング」など、「地名・駅名×ジャンル」で検索するユーザーがほとんどです。広告の配信設定でもエリアを指定できますが、キーワードや広告文にも地名及び駅名を含めることで、検索結果にさらにヒットしやすくなります。

また、「道玄坂二丁目×ランチ」のように地域を絞れば、検索回数は少なくなりますが、ニーズが顕在化されているので、来店してもらえる可能性が高くなります。

POINT2.店舗型ビジネス向きの機能を活用する

飲食店や小売店、美容院など、実店舗を運営するタイプのビジネスに適した機能を利用しましょう。例えば、電話番号がクリックされた回数を計測する「電話発信コンバージョン」は、GoogleとYahoo!の両方で利用できます。

また、Google広告のみで利用できる「来店コンバージョン」機能は、広告のクリック数や閲覧数が、どの程度店舗への来店につながっているか計測する機能です。入電数や来店数を把握できれば、その数字を基準に費用対効果を測り、広告を改善しやすくなります。

POINT3.LPの内容を見直す

広告クリック後に表示されるLPのクオリティは、問い合わせや予約の獲得につながる重要な要素です。リスティング広告を出稿しても効果を実感できない、という場合には、LPに記載した内容を見直して改善することで、成果を獲得できる可能性が高まります。

具体的には、

  • メニューの価格が明記されているか
  • 問い合わせの入力項目数は適切か
  • 他店との違いやアピールポイントを打ち出せているか

といった点を見直しましょう。

 

飲食店業界向けリスティング広告で注意するべき3つのポイント

飲食店業界向けリスティング広告で注意するべき3つのポイント

飲食店業界の方がリスティング広告を利用する際には、以下の3点に注意して運用しましょう。

  1. クリック単価が高くなる可能性がある
  2. 運用業務に注力しないとコストパフォーマンスが悪化する
  3. 広告を嫌うユーザーからのクリックは得られない

POINT1.クリック単価が高くなる可能性がある

他店とのオークション形式で決まるクリック単価は、広告の表示順位を左右する要素の一つです。飲食店が集中しているエリア名で広告を上位表示させたい場合には、競合が多くなるので、高めの価格設定が必要となります。

リスティング広告には、比較的低コストで運用できるという特徴がありますが、競合の入札状況によっては、予算が高額になる可能性があるので注意してください。

POINT2.運用業務に注力しないとコストパフォーマンスが悪化する

リスティング広告は、クリックされたときだけ課金される仕組みになっていますが、広告がクリックされたとしても、予約や来店につながらなければ、予算をムダに消化してしまいます。

管理画面で確認できる表示回数やクリック数などのデータを用いて、コンバージョンを獲得できるように、広告内容を改善していかなければなりません。

リスティング広告を出稿するだけで満足するのではなく、常に運用状況を監視し、広告の最適化に向けた施策を実行することが大切です。

POINT3.広告を嫌うユーザーからのクリックは得られない

リスティング広告は、枠内に「広告」と表示されることで、自然検索と区別されます。しかし、広告であることが一目で分かってしまうので、広告を嫌うユーザーには避けられてしまう可能性が高いです。

特に、ネットに慣れているユーザーはあからさまな広告を避ける傾向にあるので、来店意欲が高いターゲットであっても、クリックしてもらえない可能性があることは考慮しておきましょう。

 

飲食店業界向けリスティング広告の運用代行を代理店にお願いする3つのメリット

飲食店業界向けリスティング広告の運用代行を代理店にお願いする3つのメリット

上記セクションで、リスティング広告の効果を最大化させるポイントをご紹介しましたが、さらに広告効果を高めるためには、自社運用よりも、広告代理店での運用代行がおすすめです。

飲食店業界の方が、リスティング広告の運用代行を依頼するメリットは、以下の3つです。

  1. 本業に集中できる
  2. 代理店のノウハウを活用できる
  3. スピーディーに成果を獲得できる

メリット1.本業に集中できる

リスティング広告の運用では、予算の調整や広告文の作成など、多くの作業をこなさなければなりません。広告運用業務に時間を割きすぎてしまうと、本業がおろそかになってしまう可能性があります。

リスティング広告の運用代行が可能な代理店では、一部もしくはすべての業務を依頼可能です。必要に応じて作業を外注し、空いた時間を活用することで、店舗の運営に集中できるようになります。

メリット2.代理店のノウハウを活用できる

飲食店の方がリスティング広告を運用しようとしても、ノウハウを持ち合わせていないことがほとんどでしょう。リスティング広告を効果的に運用するためには、キーワードやクリック単価などの最適化が求められますが、知識がなければ対応は難しくなります。

代理店には、数多くの企業との取引で培ったノウハウが蓄積されているので、優れたコストパフォーマンスを発揮しつつ、効果の最大化が可能です。

メリット3.スピーディーに成果を獲得できる

リスティング広告は、一度出稿して終わりではなく、分析や改善を繰り返し、完成度を高めていくことが大切です。代理店ではPDCAサイクルを迅速に回し、広告を何度も配信することで、成功パターンを見つけやすくなります。

また、配信される広告は問題点が改善されているので、効果が出やすい傾向にあります。最短で成果を得たい、という場合にも、代理店への依頼はおすすめです。

 

飲食店業界向けリスティング広告運用代行の料金相場とサービス範囲

飲食店業界向けに行われている、リスティング広告の運用代行にかかる料金の相場と、そのサービス範囲について解説します。

飲食店業界向けリスティング広告運用代行の料金体系

飲食店業界向けリスティング広告運用の代行費は、基本的に広告費と運用手数料の2つで構成されています。広告費は、自身で設定した予算や入札単価で、運用手数料は、代理店側の担当者に支払う報酬です。

これらの費用以外にも、代理店によっては、アカウントの開設・設定などの初期費用や、最低出稿費用が設けられていることがあります。

リスティング広告の運用代行にかかる手数料の相場は、広告費の20%が一般的です。広告費にかかわらず、料金が固定されている代理店では、手数料が1~3万円に設定されており、低コストで運用を始められます。

飲食店業界向けリスティング広告運用代行の料金相場まとめ表

以下の表は、飲食店業界向けリスティング広告運用代行の対応サービス範囲と、料金の相場をまとめたものです。

料金 こんな方におすすめ サービス対応範囲
月10万円 ・リスティング広告の運用を試験的に導入したい
・一部の運用業務だけ依頼したい
・代行費用を抑えたい
アカウント開設
キャンペーン設定
キーワード選定
広告グループの作成
広告文の作成
予算・入札単価管理
広告入稿・運用

広告運用の基本的な業務のみを扱うことが多く、自社では対応が難しい作業を外注すれば効率化を図れます。また、リスティング広告の運用代行を試したい、依頼費用を安く抑えたい、という場合にもおすすめです。

料金 こんな方におすすめ サービス対応範囲
月20~30万円 ・リスティング広告を本格的に運用したい
・戦略提案やデータ分析も依頼したい
戦略・施策提案
アカウント開設
キャンペーン設定
キーワード選定
広告グループの作成
広告文の作成
広告文のA/Bテスト
予算・入札単価管理
広告入稿・運用
データ分析・改善
レポート作成

リスティング広告を本格的に運用できます。戦略・施策の提案や、広告文のA/Bテスト、データ分析・改善など、広告運用業務のほかに、より集客効果を高められるサービスが加わります。

料金 こんな方におすすめ サービス対応範囲
月50万円以上 ・リスティング広告の運用を総合的にサポートしてほしい
・LPや自社サイトの制作も依頼したい
・将来的にはインハウス運用に切り替えたい
戦略・施策提案
アカウント開設
キャンペーン設定
キーワード選定
広告グループの作成
広告文の作成
広告文のA/Bテスト
予算・入札単価管理
広告入稿・運用
LP・自社サイト制作
データ分析・改善
レポート作成
ノウハウ共有

レポートの提出回数が増えたり、対面での打ち合わせに対応してもらえたり、手厚いサポートを受けられるようになります。代理店によっては、LPや自社サイトの制作・改善も可能です。

また、リスティング広告の自社運用を検討している場合には、相談することでノウハウを共有してもらえます。

※参考:下記の記事では、リスティング広告代理店の手数料について詳しく解説しています。

関連記事

リスティング広告運用は、自社で行うパターンと代理店が行うパターンがあります。リソースの兼ね合いやノウハウを活用した効果の高い運用を求めるため、代理店を利用している企業も多くなっていますが、そこで気になるのが手数料です。 リスティング広[…]

楽天広告運用代行の代理店手数料相場とサービス範囲

 

飲食店業界向けリスティング広告の運用代行を担う広告代理店を上手に選ぶ5つのチェックポイント

飲食店業界向けリスティング広告の運用代行を担う広告代理店を上手に選ぶ5つのチェックポイント

飲食店業界向けに、リスティング広告の運用代行を担う広告代理店を選ぶ際には、以下でご紹介する5つのポイントを押さえておきましょう。

  1. GoogleやYahoo!から認定を受けているか
  2. 担当者がリスティング広告や飲食店業界に詳しいか
  3. リスティング広告以外の媒体に対応しているか
  4. 契約期間の縛りがあるか
  5. アカウントを開示してもらえるか

POINT1.GoogleやYahoo!から認定を受けているか

GoogleやYahoo!には、認定パートナー制度が設けられています。パートナー契約を結べるのは、リスティング広告の運用で、優れた実績を認められた代理店だけです。

豊富な知識やスキル、ノウハウを有していることが客観的に評価されているので、費用対効果の高い運用が期待できます。認定パートナーかどうかは、代理店の公式サイトに記載されているので、必ずチェックしておきましょう。

POINT2.担当者がリスティング広告や飲食店業界に詳しいか

リスティング広告の運用を得意とする代理店であっても、運用担当者の知識が不足していたり、ノウハウが少なかったりするケースがあります。リスティング広告に詳しくない担当者の運用では、ニーズを満たせる可能性は低くなってしまうでしょう。

また、リスティング広告はもちろん、飲食店業界に関する知識も必要不可欠です。担当者が、リスティング広告や飲食店業界について、どの程度詳しいのか確認することをおすすめします。

POINT3.リスティング広告以外の媒体に対応しているか

飲食店の集客においては、ターゲットとなる顧客層によって、リスティング広告以外の手法が効果的な場合もあるでしょう。リスティング広告以外のWeb広告には、認知拡大に向いているディスプレイ広告や、ファンやリピーター獲得につなげやすいSNS広告があります。

複数の広告媒体を取り扱う代理店であれば、ターゲットに合わせて的確にアピールできるようになります。

POINT4.契約期間の縛りがあるか

代理店によっては、最低契約期間が設けられています。契約期間中に解約しようとすると、残りの期間分の手数料を支払わなければならず、費用がムダになってしまいます。

リスティング広告を試験的に運用していくつもりなのであれば、1~3ヶ月程度の短期間から依頼できる、もしくは契約期間が定められていない代理店を選ぶようにしましょう。

POINT5.アカウントを開示してもらえるか

リスティング広告のアカウントは、基本的に代理店が作成し、管理するものです。依頼主が広告の設定を確認するためには、代理店から許可を得る必要があります。

運用の透明性や、ノウハウ獲得に関わることなので、気になる場合は、アカウントの開示に対応しているか、依頼する前に確認しておきましょう。

 

飲食店業界向けリスティング広告運用に強みをもつおすすめ広告代理店5選

リスティング広告の運用代行を依頼したいが、よい代理店を見つけられない、という場合もあるでしょう。ここからは、飲食店業界向けにリスティング広告運用の代行を行う代理店を5社紹介しますので、代理店選びの参考にしてみてください。

株式会社STABBLE

引用元:STABBLE

株式会社STABBLEは、飲食店業界の集客を専門に取り扱う広告代理店です。Web集客や店舗プロデュース事業に携わり、継続的な集客体制の構築や、売上アップに尽力します。

こんな方におすすめ

・居酒屋を経営している
・広告運用だけでなく戦略・施策の提案もしてほしい
・実績が豊富なGoogle公式代理店を探している

 STABBLEの強み

株式会社STABBLEは、飲食店の販促コンサルティングを専門に取り扱う代理店です。飲食店の中でも、特に居酒屋の集客コンサルティングを得意としています。

これまでに通算300社以上から依頼を受け、売上450%アップ、広告コスト50%削減、顧客単価30%アップを達成した実績があります。

課題の洗い出し、販促媒体や広告費の最適化、集客プランの企画立案など、包括的なサポートを受けられる点が大きなメリットです。リスティング広告の運用では、Google公式代理店として、3,000万円以上の運用経験があり、安心して業務を任せられます。

それ以外にも、グルメサイトページの管理・リニューアルや、電話対応を代行可能なコールセンターの紹介も行っており、集客の効率化を後押しします。

STABBLEの概要

・料金体系:【運用手数料】広告費の20%
・対応可能な媒体:Google広告/SNS広告/ぐるなび/食べログ/ホットペッパーグルメ/ヒトサラ/Retty
・会社名:株式会社STABBLE
・本社所在地:〒141-0031 東京都品川区西五反田2-9-7-407
・URL:https://stabble.biz/

株式会社SYD(エスワイディ)

引用元:SYD

東京都中央区に本社を構える株式会社SYDでは、ネット販促・PR事業を取り扱っています。集客や販促、PRにインターネットを活用することで、新規顧客の獲得やリピーターの増加を支援します。

こんな方におすすめ

・代行費用を抑えたい
・リスティング広告の運用やネット集客の経験がない

 SYDの強み

株式会社SYD(以下、SYD)の強みは、代行費用を安く抑えられる点です。初期費用無料、月額3万円という少額で、GoogleとYahoo!にリスティング広告を出稿できます。

この数字は、実際にSYDが数百万円の広告費を投入し、運用した結果に基づいて設定された金額で、自社運用よりも2~3倍の集客効果が出ることが分かっています。

国内外3,000社以上の店舗や企業から依頼を受け、成果を上げてきた実績もあり、少額の予算であっても利益の拡大が期待できるでしょう。また、ホームページの制作にも対応しているので、リスティング広告の運用はもちろん、ネット集客に初めて取り組む、という飲食店の方にもおすすめの代理店です。

SYDの概要

・料金体系:【初期費用】無料【月額料金】3万円
・対応可能な媒体:Google広告/Yahoo!広告/食べログ
・会社名:株式会社SYD
・本社所在地:〒103-0024 東京都中央区日本橋小舟町9-4日本橋小舟町ビル7F
・URL:https://www.netpr.biz/

株式会社産案

引用元:産案

株式会社産案は、販促・集客プロモーションを手掛ける総合広告代理店です。インターネット広告だけでなく、マス広告やチラシなどの紙媒体にも対応することで、店舗の課題やニーズに沿ったアプローチ方法を提案します。

こんな方におすすめ

・課題解決に強みをもつ代理店に依頼したい
・豊富な集客ノウハウを活かしてほしい
・リスティング広告以外の手法も利用したい

 産案の強み

株式会社産案(以下、産案)では、プランニングから運用代行まで実施し、店舗のWebマーケティングを総合的に支援します。戦略立案に欠かせない課題抽出は、集客手段を熟知した上級ウェブ解析士が担当し、課題解決に最適な方法を提案します。

各種プロモーションが充実している点も、産案の特徴の一つです。飲食店向けに実施されている、食べログでの集客サポートで培われたノウハウを活用することで、リスティング広告の運用でも、高い集客効果を生み出します。また、SNS広告や動画広告、サイト制作やSEOにも対応することで、リスティング広告に頼らない柔軟な集客体制の構築を目指します。

産案の概要

・料金体系:要問い合わせ
・対応可能な媒体:Google広告/Yahoo!広告/Twitter広告/Facebook広告/Instagram広告/LINE広告/食べログ
・会社名:株式会社産案
・本社所在地:〒103-0014 東京都中央区日本橋蛎殻町1-16-8 水天宮平和ビル 2F
・URL:https://www.san-an.co.jp/index.html

株式会社kt-product(ケーティプロダクト)

引用元:kt-product

株式会社kt-productは、Web広告の運用代行を中心に展開する、兵庫県神戸市の広告代理店です。紙媒体や交通広告、屋外広告にも対応しており、ターゲットに合わせて幅広く働きかけられます。

こんな方におすすめ

・飲食店との取引実績が豊富な代理店に依頼したい
・複数の広告媒体に対応してほしい
・Webマーケティングを支援してほしい

 kt-productの強み

株式会社kt-productの強みは、飲食店業界との取引実績が豊富な点です。丸亀製麺、鳥貴族、大阪王将など、大手外食チェーンの運営会社から依頼を受け、成果を上げ続けており、優れた実力をもつ代理店であることが分かります。

依頼主の課題をしっかりヒアリングし、企画立案から運用代行を総合的にサポートすることで、成果の最大化を図ります。

ディスプレイ広告やSNS広告、DSP広告、動画広告の配信もでき、リスティング広告と組み合わせることで、幅広くアプローチ可能です。また、Web制作や動画制作にも対応しており、飲食店のWebマーケティングを多角的に支援します。

kt-productの概要

・料金体系:要問い合わせ
・対応可能な媒体:Google広告/Yahoo!広告/Twitter広告/Facebook広告/Instagram広告/YouTube広告
・会社名:株式会社kt-product
・本社所在地:〒650-0023 兵庫県神戸市中央区栄町通3-3-5 栄町マリンビル4F
・URL:https://kt-product.co.jp/

Y WAI MEDIA JAPAN(ワイワイメディアジャパン)株式会社

引用元:Y WAI MEDIA JAPAN

愛知県名古屋市で事業を展開するY WAI MEDIA JAPAN株式会社は、飲食店の集客・販促を支援しています。Web広告媒体やSNSを活用することで、最適なWebソリューションを提供します。

こんな方におすすめ

・グルメサイトの運用で得た集客ノウハウを活かしてほしい
・Yahoo!にリスティング広告を出稿したい
・集客の効率化サービスも受けたい

 Y WAI MEDIA JAPANの強み

Y WAI MEDIA JAPANでは、食べログ、ヒトサラ、SAVOR JAPANなど、複数のグルメサイトに対応しています。各グルメメディアの運用経験で獲得したノウハウを駆使し、Yahoo!に出稿できるリスティング広告の効果を最大限に引き出します。

もちろん、リスティング広告だけでなく、グルメサイトを活用することで集客体制を強化したい、という場合にもおすすめです。また、LINE@によるリピーターやファンの増加、個室・予約検索に特化したEPARKグルメでユーザーとのマッチングを促進など、より効率的に集客できるサービスが充実しています。

Y WAI MEDIA JAPANの概要

・料金体系:要問い合わせ
・対応可能な媒体:Yahoo!広告/食べログ/EPARKグルメ/ヒトサラ/SAVOR JAPAN
・会社名:Y WAI MEDIA JAPAN株式会社
・本社所在地:〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内2-14-20 スクエアビル3F
・URL:https://ywaimedia.com/

WEB制作も対応可能な飲食店業界向けリスティング広告代理店:株式会社ゴリラウェブ

引用元:ゴリラウェブ

リスティング広告の運用に加え、Web制作も依頼したい、というニーズがある場合には、両方に対応している業者を探しましょう。ここでは、Web制作も対応可能で、飲食店業界向けにリスティング広告の運用を行う、株式会社ゴリラウェブをご紹介します。

こんな方におすすめ

・高水準な集客ノウハウを活かしてほしい
・リスティング広告の資格所有者に運用してほしい
・Web集客を総合的に支援してほしい

 ゴリラウェブの強み

愛知県名古屋市に本社を構える株式会社ゴリラウェブは、Web制作やWebマーケティング事業を展開しています。Web制作会社でありながら飲食店を立ち上げ、1日3回転で利益が出るところを、最高1日27回転を達成した実績を有しています。そのノウハウが広告運用に活かされることで、優れた集客効果を実感できるでしょう。

リスティング広告の運用担当スタッフは、GoogleとYahoo!の専門資格を所持しているので、高い水準での運用が期待できます。また、リスティング広告以外にも、SNS運用やSEO対策、ホームページ・LP制作など、Web集客に欠かせない業務を網羅することで、飲食店の集客をトータルサポートしています。

ゴリラウェブの概要

・料金体系:要問い合わせ
・対応可能な媒体:Google広告/Yahoo!広告
・会社名:株式会社ゴリラウェブ
・本社所在地:〒460-0012 愛知県名古屋市中区千代田2-16-12 さくらビル3F
・URL:https://www.gorilla-web.net/

飲食店業界向けWEBマーケティング全般に強みを持つリスティング広告代理店:株式会社ParaWorks(パラワークス)

引用元:ParaWorks

飲食店業界向けにリスティング広告の運用を行い、Webマーケティング全般にも強い広告代理店を探している方には、株式会社ParaWorksがおすすめです。

こんな方におすすめ

・広告運用を全面的にサポートしてほしい
・ニーズに合わせて料金プランを選びたい
・SNS広告も配信したい

 ParaWorksの強み

1,000店舗以上の飲食店における集客を支援してきた株式会社ParaWorksは、飲食店業界に特化した広告運用サービスを実施しています。丁寧なヒアリングから始まり、集客プランの提案、実際の広告運用を経て、定時レポートの提出や、Web面談での進捗共有をおこないます。

広告配信の終了時には、次回の配信に向けて改善案を提示するなど、フォロー体制も万全です。リスティング広告の運用で売上が122%改善した成功事例もあり、サポート内容の満足度の高さから、サービス利用者の継続率は91%に達しています。

料金プランは3つ用意されており、手数料は固定制で、1万5,000円から依頼可能です。また、リスティング広告以外にも、Twitter、Facebook、Instagram、LINE広告に対応しています。

Google、Twitter、LINEの認定パートナーでもあるので、知識やノウハウを活かした、高い運用効果が期待できます。

ParaWorksの概要

・料金体系:【初期費用】6万円【運用手数料】ライト:1.5万円 スタンダード:3万円 ハイパフォーマンス:5万円
・対応可能な媒体:Google広告/Yahoo!広告/Twitter広告/Facebook広告/Instagram広告/LINE広告
・会社名:株式会社ParaWorks
・本社所在地:〒164-0001 東京都中野区中野4-10-1 NAKANO CENTRAL PARK EAST 1F ICTCO
・URL:https://paraworks.jp/

 

リスティング広告運用を自前で運用する際にオススメの業務効率化ツール

リスティング広告の運用は、代理店を利用することで、効果を最大化できると説明してきました。しかし、代理店への依頼には、運用手数料が発生する、ノウハウを獲得できない、など複数の注意点があります。

運用代行のデメリットを考慮し、自社でリスティング広告を運用する場合には、データ分析に特化した専用ツールを利用しましょう。今回は、リスティング広告の運用に役立つ業務効率化ツール、「Databeat Explore」をご紹介します。

リスティング広告の効果を可視化する「Databeat Explore」

Databeat Explore
アジト株式会社が提供する「Databeat Explore」は、リスティング広告の運用データを可視化するツールです。「Databeat Explore」には、広告データの抽出や集計を自動化できる、という特徴があります。

それぞれの作業工数が削減されることで、業務効率の向上が実現します。

リスティング広告運用における「Databeat Explore」の3つの活用ポイント

リスティング広告の運用における「Databeat Explore」の活用ポイントは、以下の3つです。

 データを一元管理できる

データの収集は自動的におこなわれ、ダッシュボード上でまとめて管理できます。広告の管理画面にその都度ログインする必要はなく、データの抽出や集計にかかる時間を削減可能です。

閲覧できるデータは常に最新の状態に保たれるので、更新の手間も省けます。

 複数の外部ツールに対応している

取得したデータは、複数のフォーマットで出力できます。対応しているツールは、ExcelやGoogleスプレッドシート、Googleデータポータルなどです。

「Databeat Explore」で効率的にデータを収集し、使い慣れたツールで分析を行う、といった形で使い分けることもできます。

 レポートを自動的に作成できる

「Databeat Explore」では、レポートの作成も自動的に行われます。人員が不足していると、負担になりがちなレポート作成業務が自動化されることで、業務効率の大幅な改善が期待できるでしょう。

また、作成されたレポートは見やすく、分かりやすい形で出力されるので、データ分析もはかどります。

 

まとめ

今回は、飲食店業界の方に向けて、リスティング広告を活用するメリットや、効果的に運用するための方法、代理店選びのポイントや、おすすめの代理店などをご紹介しました。

リスティング広告は、少額で運用でき、顕在ニーズに働きかけられます。配信したいエリアや顧客層を絞れる、特定の曜日や時間帯に配信できる、という特徴から、飲食店業界の集客に効果的な広告といえます。

ただし、キーワードによっては高額な予算が必要、しっかり運用しないと費用対効果が落ちる、といったデメリットには注意が必要です。広告代理店を利用する場合には、代理店や運用担当者の実績を確認するなど、選び方のポイントを押さえ、最適な代理店に依頼しましょう。

自前でリスティング広告を運用するのであれば、今回ご紹介した「Databeat Explore」の導入も、検討してみてください。この記事の情報を参考に、効率的な集客を実現しましょう。

Googleデータポータルを活用して分析業務を効率化するツール
DatabeatExplore

こんな方にオススメ

・広告数字の集計が大変

GAと広告数字を同時に集計したい

・人力レポートではミスが発生する

Googleデータポータルを活用したい

最新情報をチェックしよう!
>広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

Databeat Exploreは、WEB広告データの見える化を実現するサービスです。
様々な広告データを抽出・統合・一元化し、見たいデータを見たい時に見たい場所で見ることができます。

CTR IMG