Amazon広告の料金がまるわかり!課金方式から代理店手数料まで詳しく解説

Amazon広告の料金がまるわかり!課金方式から代理店手数料まで詳しく解説

オンラインショッピングサイトの中で、日本人がもっとも多く利用するサイトの一つがAmazonです。楽天市場、そしてYahoo!ショッピングを加え3大ECモールとして数えられるAmazonは、その中でももっともユーザー数が多く、5,000万人以上のユーザーが利用しています。

そんなAmazonですから、単に商品を出品しても競合が多いため売り上げを上げることは容易ではありません。そこでおすすめなのがAmazon広告の利用です。

こちらの記事では、Amazon広告の概要から料金、そしてAmazon広告の運用を代理店へ依頼した場合の手数料などを解説していきます。

目次

まずは押さえておきたいAmazon広告の基本

はじめに、Amazon広告の基本的な情報を見ていきましょう。

Amazon広告とは?

Amazon広告

引用元:Amazon

Amazon広告とは、Amazon内に掲載できる広告のことを指します。上図はAmazonで「パソコン」と検索した画面です。

上段と中段に商品が掲載されていますが、これらはすべてAmazon広告です。商品の近くに「スポンサー」と表記があるものが、Amazon広告ということになります。

Amazon広告が効果を発揮するシーン

Amazon広告は、さまざまなWEB広告の中でも特に「顕在層」へのアプローチに特化しています。そのため、コンバージョン数のアップ(商品の購入)に直接的な効果を発揮します。

そもそもAmazonで商品を探している時点で、ユーザーはなんらかの商品を購入しようとしている購買意欲の高いユーザーであることがわかります。

そこへユーザーが求める商品を提示できれば、購入につながる可能性は極めて高いと言えます。

Amazon広告の一般的な広告の始め方

Amazon広告を出稿するまでの手順は以下の通りとなります。

STEP1:アカウント開設

出品アカウントを開設します。出品アカウントの開設はこちらから行います。

STEP2:商品の登録

Amazonへ商品の登録を行います。商品はAmazonセラーセントラルへ登録します。

Amazonセラーセントラルへ商品登録が完了したら、Amazon Advertisingの登録を行い、商品登録をしたセラーセントラルとの紐づけも行います。

STEP3:広告の設定

商品登録、そしてAmazon Advertisingとセラーセントラルの紐づけが済んだら、広告の設定を行います。

広告の設定は、キャンペーンの種類を選び、キャンペーンを作成します。また、ターゲティングの設定もここで行います。

STEP4:配信スタート

広告の設定が完了したら、配信をスタートします。

※参考:Amazon広告の始め方について詳しく解説した記事はこちら
関連記事

ECサイトを運営している方であればAmazonへ出品している方も多いと思いますが、多くの商品の中から自社商品を見つけてもらうのは大変でしょう。 そんな方におすすめなのがAmazon上に広告出稿が可能なAmazon広告です。 しか[…]

Amazon広告の掲載料金を種類別に課金方式と共に詳しく解説

Amazon広告の掲載料金を種類別に課金方式と共に詳しく解説

Amazon広告には4種類の広告があります。こちらではそれぞれの違いや課金方式、費用の相場などを解説していきます。

Amazon広告の課金方式

Amazon広告の課金方式はクリック課金型です。

表示された広告がユーザーにクリックされると費用がかかるシステムです。表示回数によって費用が発生することはありません。

クリック課金型の広告は、基本的に商品に興味を持っている見込み客がクリックするため、インプレッション課金型の広告に比べて、費用対効果が高い運用が可能となります。

また、同じクリック課金を採用しているリスティング広告と比較すると、基本的にAmazon広告は「Amazonの中」だけで運用する広告なので、GoogleやYahoo!で行うリスティング広告よりも少ない費用で成果を得られるという特徴もあります。

Amazon広告の掲載費用相場

Amazon広告の掲載費用相場は、1クリックあたり5~10円程度となります。

ただし、クリック単価の上限金額は自由に設定できますので、広告費予算の範囲内で無理なく運用が可能です。

課金方式のところでも触れましたが、Amazon広告はリスティング広告と違い配信面が限られています。そのため、1クリックあたりの単価は圧倒的にリスティング広告よりも低くなります。

ですから、リスティング広告など他のWEB広告を運用する場面に比べて、運用開始までのハードルは低くなります。

Amazonにおいて売上の向上を検討している場合は、まず少額でいいので広告運用を始めてみて、その効果をいかに高められるかに注力するのがおすすめです。

※参考:リスティング広告について詳しく解説した記事はこちら
関連記事

リスティング広告運用は、自社で行うパターンと代理店が行うパターンがあります。リソースの兼ね合いやノウハウを活用した効果の高い運用を求めるため、代理店を利用している企業も多くなっていますが、そこで気になるのが手数料です。 リスティング広[…]

楽天広告運用代行の代理店手数料相場とサービス範囲

主要なAmazon広告の種類と費用目安まとめ

広告種別 特徴 目安費用
スポンサープロダクト広告 ユーザーの検索に類似した商品を掲載してコンバージョンを狙える
  • 1クリックあたり5~10円
  • 1日あたり1,000円~
スポンサーブランド広告 商品やブランド認知向上に最適
  • 1クリックあたり5~10円
  • 1日あたり1,000円~
スポンサーディスプレイ広告 関連商品やカテゴリーによるターゲティングで、商品詳細ページへ掲載可能
  • 1クリックあたり5~10円
  • 1日あたり1,000円~
AmazonDSP広告 Amazon以外のサイトへ配信可能
  • 1クリックあたり5~10円
  • 1日あたり1,000円~

Amazon広告は、それぞれ掲載箇所や利用目的が異なります。初めてAmazon広告を利用する場合は、まずスポンサープロダクト広告から利用するのがおすすめです。

そして、ブランド認知が目的の場合はスポンサーブランド広告、詳細なターゲティングを行う場合はスポンサーディスプレイ広告、外部サイトへ配信したい場合はAmazonDSP広告といった形で、使い分けていきます。

なお、掲載費用の目安ですが、すべてクリック課金制でオークション形式によってクリック単価が決まるため、広告の種類というよりは競合商品などの影響を受けます。

とはいっても、リスティング広告に比べればクリック単価は低いため、運用ハードルも低く上手に運用すれば費用対効果の高い運用によって着実に利益を作りだすことが可能です。

スポンサープロダクト広告

スポンサープロダクト広告

引用元:Amazon

Amazonの検索結果ページに表示される広告です。真っ先に目に留まりやすい位置に表示されていますので、検索結果からそのまま商品の購入にユーザーを誘導しやすい広告でもあります。

各商品のところに「スポンサー」という表示が入りますが、他のWEB広告と比べるとそれほど広告っぽさがないため、抵抗感を感じるユーザーは少ないと想定できます。

 スポンサープロダクト広告の特徴

ユーザーがAmazonで検索をする場合、特に商品購入が目的である場合が多いため、コンバージョンにつながりやすい特徴があります。

また、少額の予算からでも配信が可能であったり、クリエイティブの制作が不要といったメリットもありますので、Amazon広告を初めて運用する場合にもおすすめの広告です。

 スポンサープロダクト広告の課金方式

課金方式はクリック課金になります。ユーザーがAmazonで検索した商品に関連した商品が表示されるため、クリック率はもちろんのこと、コンバージョン率も高くなります。

 スポンサープロダクト広告の費用目安

費用目安は、広告費予算に合わせて1日あたり数千円程度から始めても問題ありません。ただ、リスティング広告よりもクリック単価は低い傾向があり、さらにコンバージョン率も高くなるため、費用を投下した方がコンバージョン数は伸びるでしょう。

スポンサーブランド広告

スポンサーブランド広告

引用元:Amazon

スポンサープロダクト広告よりもさらに上部に表示される広告です。商品だけでなく、自社ブランドのアイコンも一緒に掲載できます。

上図は「洗濯機」をAmazonで検索した際の検索結果画面ですが、東芝の商品とブランドロゴが表示されているのがわかります。

 スポンサーブランド広告の特徴

画面最上部に表示できる広告のため、ユーザーの目に留まりやすいという特徴があります。

また、自社のアイコン(ロゴ)と商品を3つまで表示させることができます。自社アイコンをクリックすると、自社のストアページへユーザーを誘導することも可能です。

こちらもクリエイティブは商品画像となっており、広告以外の商品と見比べても違和感がないので、広告だからといってクリック率が著しく低下するといったリスクは少ないでしょう。

 スポンサーブランド広告の課金方式

クリック課金となります。目立つ場所へ配信可能なため、クリック率は高くなる傾向にあります。

 スポンサーブランド広告の費用目安

キーワードターゲティングと商品ターゲティングという2種類のターゲティングが可能なため、目的によって使い分けることが重要です。

より詳細なターゲティングを行えば、費用対効果の高い運用が可能です。1クリックあたり5~10円なので、クリック数やコンバージョン率などを見極めながら1日の予算を調整していきましょう。

 

スポンサーディスプレイ広告

スポンサーディスプレイ広告

引用元:Amazon

個別の商品ページ内に配信可能な広告です。上図はシャープの洗濯機の商品ぺージですが、広告枠には他社の洗濯機カバーが表示されています。

 スポンサーディスプレイ広告の特徴

ユーザーが興味を持っているカテゴリーや特定の商品を元にターゲティングを行います。

そして、個別の商品ページへ配信できることから、購買意欲の高いユーザーを獲得するのに向いています。

表示される広告は、すでに登録済の商品が表示されるため、改めてクリエイティブの制作を行う必要もありません。

すでに個別の商品ページに到達しているユーザーに配信する広告なので、類似商品を提示してユーザーに刺されば、そこからコンバージョンする可能性はとても高くなります。

 スポンサーディスプレイ広告の課金方式

課金方式はクリック課金です。関連商品のページへ配信しているため、商品に興味のないユーザーがクリックする可能性は低く、費用対効果も高くなります。

 スポンサーディスプレイ広告の費用目安

ターゲティング次第ですが、シンプルに商品購入を促す目的であれば、他の広告と同様に費用対効果の高い運用が見込めます。

よって、クリック単価とコンバージョン率を見ながら1日単位で調整していくと良いでしょう。

また、他社の類似商品ページへ配信を行ってブランド認知の効果を求める場合は、コンバージョン率がやや落ちる可能性があるため、1日あたりの予算は通常よりも若干多めに見積もっておくのがおすすめです。

AmazonDSP広告

AmazonDSP広告

引用元:ジョルダン

Amazon以外のメディアへ広告を配信できます。上図は、ジョルダンに配信されているAmazon広告です。

 AmazonDSP広告の特徴

Amazon広告の中で唯一Amazon以外のメディアへ配信できる広告です。基本的に購買意欲の高いユーザーへ広告配信を行い、コンバージョンにつなげることを目的とする使い方が多いAmazon広告ですが、AmazonDSP広告の場合はブランド認知の向上や、やや潜在層に近いユーザーへの訴求を行うこともできます。

Amazonサイトへアクセスしていなくても、広告経由でアクセスをうながすことができます。もちろん、そのままコンバージョンを促す目的での利用も可能です。

 AmazonDSP広告の課金方式

課金方式はクリック課金ですが、外部のメディアへ配信する形となるので、他のAmazon広告に比べてコンバージョン率が下がる可能性があります。

低コストで多くのコンバージョンを獲得したい場合などは、他の広告を利用するのがおすすめです。

 AmazonDSP広告の費用目安

クリック単価は他のAmazon広告と同じ目安で問題ありませんが、ブランド認知目的であったり、外部サイトからの流入となるため、トータルの予算はやや多めに見積もっておくとよいでしょう。

 

自社にマッチするAmazon広告の上手な選び方

これまでご紹介した主要なAmazon広告ですが、実際に運用する際にはどの広告を利用すればよいのか、上手なAmazon広告の選び方について解説します。

  1. 目的に合った広告を選ぶ
  2. 広告予算に合った広告を選ぶ
  3. Amazon外部へ配信するかどうか

POINT1.目的に合った広告を選ぶ

まず第一に、どのような目的でAmazon広告を配信するかによって選ぶ広告は変わってきます。

単に商品購入を促したいのであれば、スポンサーディスプレイ広告やスポンサープロダクト広告を利用すると良いでしょう。

もちろん、ターゲティング方法にもよりますが、この2種類の広告は購買意欲の高いユーザーに対して、ユーザーが興味を持っている商品の広告を配信できますので、コンバージョン率が高くなります。

POINT2.広告予算に合った広告を選ぶ

できるだけ少ない予算で広告を運用したい、費用対効果を重視して運用したいといった場合も、やはりスポンサーディスプレイ広告やスポンサープロダクト広告の利用がおすすめです。

反対に、広告予算に余裕があればスポンサーブランド広告などを利用することで、若干費用対効果は下がりますがブランド認知を行ったり、潜在層へのアプローチを行うこともできるでしょう。

POINT3.Amazon外部へ配信するかどうか

スポンサープロダクト広告、スポンサーブランド広告、スポンサーディスプレイ広告はすべてAmazonの中だけに配信できる広告です。

これだけでも十分な効果は得られますが、一定数配信を行うと頭打ちとなってしまう場合があります。このような場合に、Amazonの外にも広告を配信してさらにリーチを広げたいというのであれば、AmazonDSP広告を利用する方法があります。

 

Amazon広告の費用対効果を最大化する3つのTIPS

Amazon広告の費用対効果を最大化する3つのTIPS

Amazon広告を、費用対効果重視で運用する場合に着目すべき点を3つご紹介します。

  1. 費用対効果に関する指標を常にチェックする
  2. 購買意欲の高いユーザーにターゲティングを絞る
  3. 競合他社の広告に注意する

1.費用対効果に関する指標を常にチェックする

広告運用をする上では当然のことですが、売上やROASをはじめとした指標を常に監視することが重要です。

これは、Amazon広告全体だけではなく、商品ごとや広告ごとに管理していくことが必要です。数字がよくなかったり悪化していたりする商品や広告があれば、その理由を解明して改善を行っていきましょう。

2.購買意欲の高いユーザーにターゲティングを絞る

費用対効果を高く維持するためには、コンバージョン率を高く保つ必要があります。そのためには、できるだけ購買意欲の高いユーザーへターゲティングを行わなくてはなりません。

商品購入から距離のあるユーザーをターゲットとしてしまった場合、当然コンバージョン率は低下しますので、売上につながらないクリックが増えてしまいます。

3.競合他社の広告に注意する

Amazon広告は、商品名やブランド名を指定して広告配信ができます。つまり、競合他社が自社商品のページに広告を配信することが可能なのです。

これにより、はじめは自社商品を購入しようと思っていたユーザーを奪われてしまう可能性があります。こうしたことが起こらないよう、競合他社の広告に注意しなくてはなりません。

場合によっては、自社商品やブランド名に対しても広告を配信して、競合他社へユーザーが流れることを阻止する施策も必要です。

 

費用対効果を最大化するならAmazon広告に強みを持つ代理店利用もおすすめ!

費用対効果を最大化するならAmazon広告に強みを持つ代理店利用もおすすめ!

Amazon広告の運用は、その運用方法によって効果は大きく変わります。また、費用対効果についても最大化するには、常に広告の運用状況を監視して、分析と改善を継続しなければなりません。

しかし、こうした作業を自社で行うことは容易ではなく、それなりのコストもかかってしまいます。もし、運用面に不安がある場合は、Amazon広告に強みを持つ代理店を利用するという方法もおすすめです。

Amazon広告の運用を代理店に依頼する3つのメリット

Amazon広告の運用を代理店に依頼した場合、どのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

① 運用にかかるリソース負担がなくなる

Amazon広告に強みを持つ代理店へ運用を依頼すると、広告の準備から出稿、そしてデータの分析まですべて実施してもらえます。

ほとんどの作業を代行してもらえるので、自社でAmazon広告運用にリソースを割く必要がなくなります。

② スムーズに費用対効果の最大化を実現できる

Amazon広告の費用対効果を最大化するためには、運用ノウハウを元にした分析や設定などが欠かせません。

代理店はAmazon広告の運用経験が豊富で、その経験に戻づくノウハウを保有していますので、スムーズに費用対効果の最大化を実現できます。

③ Amazon広告の運用ノウハウを習得できる

代理店にAmazon広告の運用を依頼すると、定期的に運用レポートを提出してもらえます。また、運用状況や方向性、他社の状況などさまざまな情報を得ることもできます。

こうした情報を元に社内にAmazon広告の運用ノウハウを蓄積していき、いずれ内製化することも視野に入れやすくなります。

代理店の利用はこんな人に特におすすめ!

基本的にAmazon広告の運用経験がない場合は、一度代理店を利用するのがおすすめです。いきなり未経験のまま運用を始めてしまうと、無駄な広告を使ってしまったりするリスクがあります。

先々内製化したいのであれば、そのことを代理店に伝えて、内製化に向けたコンサルティングを受けるのが良いでしょう。

Amazon広告の運用を代理店に依頼する際の費用

Amazon広告の運用を代理店に依頼した場合、どのような費用がどれくらい発生するのか見ていきましょう。

広告代理店を利用してAmazon広告を運用する場合の費用の構造

Amazon広告の運用を代理店に依頼すると、以下のような費用が必要となります。

  • 初期費用
  • 代行手数料
  • 広告費

初期費用は代理店によって無料の場合もありますが、代行手数料と広告費は必須です。

広告代理店を利用してAmazon広告を運用する場合の費用の相場

代理店によるAmazon広告の運用代行費用の相場は、概ね以下のようになります。

  • 初期費用:50,000円
  • 代行手数料:広告費の20%
  • 広告費:予算に合わせて

初期費用については無料とする代理店もありますが、有料の場合は大体50,000円前後です。

また、代行手数料は使った広告費に対する料率制としている代理店が多く、広告費の20%前後が相場になります。

最後に広告費ですが、こちらは広告予算に合わせて運用できますので、始めは少額でスタートしてみて、徐々に増やしていくイメージで問題ありません。

代理店を利用する場合に手数料を抑えるポイント

代理店の手数料をできるだけ抑えたい場合は、以下の2つのポイントを抑えるのが効果的です。

  • 手数料が安い代理店に依頼する
  • CVRの高い運用を目指す

代理店の手数料は、広告費の20%が相場です。しかし、中にはもう少し低い料率で対応可能な代理店もあります。

また、CVRを意識した運用も大切です。CVRが低いとROASも必然的に悪化しますので、無駄な広告費が増える原因となります。

そうならないためには、ターゲティングや商品情報など細かいところをしっかりと分析して改善していく必要があります。

 

費用を抑えたAmazon広告運用が実現できるおすすめ代理店3選

なるべく費用を抑えてAmazon広告の運用が可能な代理店を3社ご紹介します。

株式会社REALMS

株式会社REALMS

引用元:https://realms.co.jp/

こんな方におすすめ!

  • とにかく手数料を抑えてAmazon広告の運用を依頼したい

 株式会社REALMSの強み

株式会社REALMSは、初期費用なしで手数料は定額49,800円という、非常にリーズナブルな価格でAmazon広告の運用代行が可能です。

最低契約期間もないので、利用してみて効果を感じられなければいつでも解約できます。

Amazon広告の運用代行以外には、Amazon運用代行やAmazon販売支援ツールの提供、集客や物販のコンサルティング、SEO対策、リスティング広告やSNS広告の運用代行なども対応可能です。

株式会社REALMSの概要

・料金体系:初期費用0円/月額固定49,800円
・対応可能な媒体:Google広告/Yahoo!広告/Facebook/Twitter/Amazon/楽天/Yahoo!ショッピング
・会社名:株式会社REALMS
・本社所在地:東京都渋谷区神宮前6-23-4 桑野ビル2F
・URL:https://realms.co.jp/

株式会社アスコスメ

株式会社アスコスメ

引用元:https://ascosme.com/

こんな方におすすめ!

  • 成果報酬型の手数料で運用代行を依頼したい

 株式会社アスコスメの強み

株式会社アスコスメは、Amazon広告の運用や出品のサポートに特化した会社です。

Amazon広告の運用代行以外には、Amazonの新規出品サポートや商品ページ作成代行、画像作成代行などを行っています。

Amazon広告の運用代行費用は、広告経由の売上の5%という完全成果報酬型になっていますので、広告費ばかり増えてしまって利益を圧迫するといったことがありません。

株式会社アスコスメの概要

・料金体系:初期費用0円/広告経由の売上の5%
・対応可能な媒体:Amazon
・会社名:株式会社アスコスメ
・本社所在地:東京都杉並区天沼3-17-16-103
・URL:https://ascosme.com/

株式会社エスプリム

株式会社エスプリム

引用元:https://amacon.jp/

こんな方におすすめ!

  • 成果報酬型の手数料で運用代行を依頼したい
  • 中国輸入ビジネスに興味がある

 株式会社エスプリムの強み

株式会社エスプリムは、Amazon広告の運用代行や中国輸入代行を行っている会社です。

Amazon広告の運用から画像作成、バナー作成、商品ページ作成なども対応可能となっています。

手数料は初期費用なしで、完全成果報酬型(広告経由の売上の5%)になります。日本国内のほか、アメリカやカナダ、イギリスへの出稿もできます。

さらに、中国輸入代行サービスも提供しているため、中国輸入ビジネスを展開したいと考えている方にもおすすめです。

株式会社エスプリムの概要

・料金体系:初期費用0円/広告経由の売上の5%
・対応可能な媒体:Amazon
・会社名:株式会社エスプリム
・本社所在地:千葉県千葉市中央区富士見1-7-2 903
・URL:https://amacon.jp/

※参考:Amazon広告運用代行におすすめの代理店に関する記事はこちら
関連記事

Amazon広告を運用する際、自社内で広告運用するか代理店に広告運用代行を依頼するか悩まれる方もいらっしゃるでしょう。結論として、Amazon広告運用を代理店に依頼することで「売上の向上が見込める運営」や「自社の業務負担の軽減」を実現するこ[…]

Amazon広告運用代行おすすめ代理店5選と上手な選び方

Amazon広告の効果測定におすすめのツール

Amazon広告で費用対効果の高い運用をめざすためには、広告運用を正しく把握することが必要不可欠です。そこで、Amazon広告の効果測定におすすめのツールをご紹介します。

Amazon広告運用を可視化する「Databeat Explore」

データビートロゴ

Databeat Exploreは、Amazon広告運用を可視化できるツールです。運用状況の把握からデータ分析まで、Databeat Exploreによってあらゆる作業を効率化できます。

Amazon広告運用における「Databeat Explore」の3つの活用ポイント

1.広告データの自動収集

Databeat Exploreを導入すると、Amazon広告の運用データを自動で収集することが可能となります。Amazon広告以外の広告も運用している場合は、すべての広告データを自動で収集します。

複数の広告媒体へアクセスする工数と、人為的なミスの削減に効果を発揮します。

2.自由な出力フォーマット

Databeat Exploreからデータを出力する際、ExcelやGoogleスプレッドシートをはじめ、Looker Studio(旧Googleデータポータル)やBIツールなどフォーマットは自由に選択できます。

柔軟なデータ出力が可能なため、これまで自社で利用していた環境を変えることなく運用が継続できます。

3.データ可視化工数削減

Amazon広告やその他の広告データ、マーケティングに必要なデータはすべてDatabeat Exploreが自動収集します。そして、収集したデータはDatabeat Exploreのテンプレートによって分析しやすい状態で表示します。

これにより、データの把握や分析のための可視化工数が大幅に削減できます。

 

広告運用レポート作りによくある悩みと解決方法を以下の記事で解説しています。レポート作成に課題を感じている方は、ぜひこちらもあわせてご覧ください。
関連記事

広告運用担当者の業務の中には、必ず広告運用レポート作りが含まれています。日々配信される広告の結果を把握するのは、担当者にとって必須です。クライアントや社内の経営陣にレポートを報告する業務を行う中で、こちらの意図が伝わらず困ってしまったことも[…]

広告運用レポート作りによくある悩みと解決策7選 | 読み手に伝わるレポート作成方法と効率化の方法まで詳しく解説

まとめ

Amazon広告は、リスティング広告などに比べてクリック単価も低く、コンバージョン率も高いので費用対効果の高い運用が実現しやすい広告です。

広告運用の目的に合った広告を使うことで、その効果は更に高めることが可能です。

また、リソース的な問題や、最短で効果を最大化したい場合には、Amazon広告の運用に強みをもつ代理店を利用するといった方法もあります。

さらに、Databeat Exploreを活用すれば、Amazon広告の正確な効果測定と運用の効率化が実現できるのでおすすめです。

 

広告レポート作成を自動化しませんか?

 

Databeat Explore_CTA

「広告データの集計に時間を取られている」
「アクセス解析と広告データを同時に集計したい」
「Looker Studio(旧Googleデータポータル)を使ってレポート作成工数や手動によるミスを削減したい」

このような課題は、Databeat Exploreで解決できます。

Databeat Exploreとは、自動で収集した広告データをオリジナルフォーマットでレポート化する、広告レポート作成自動化ツールです。

  • 導入にエンジニアスキルは不要
  • 国内最多の37サービスと連携が可能
  • 無料BIツールLooker Studio(旧Googleデータポータル)でレポート作成を自動化できる

詳しくは以下のリンクよりサービスサイトをご覧ください。

Amazon広告の料金がまるわかり!課金方式から代理店手数料まで詳しく解説
最新情報をチェックしよう!
>広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

Databeat Exploreは、WEB広告データの見える化を実現するサービスです。
様々な広告データを抽出・統合・一元化し、見たいデータを見たい時に見たい場所で見ることができます。

CTR IMG