Googleマイビジネスの料金に関する疑問を徹底解説!ローカル検索広告との連携やMEO対策など有料になるケースも紹介

Googleマイビジネスの料金に関する疑問を徹底解説!ローカル検索広告との連携やMEO対策など有料になるケースも紹介

「店舗に思うように集客できずに困っている」
「広告とGoogleマイビジネスのどちらを使えば良いかわからない」
「Googleマイビジネスを使いたいけど料金がどれくらいかかるか不安」

などとお悩みではないでしょうか。

当記事では、Googleマイビジネスに関する疑問を払拭するため、Googleマイビジネスの詳細やローカル検索広告・リスティング広告との連携、MEO対策との関係性などについて徹底解説します。

GoogleマップやGoogle検索での店舗ページ上位表示により、店舗への集客数増加を狙いたい方は、ぜひ最後までご覧ください。

目次

押さえておきたい「Googleマイビジネス」の基礎知識

まずはGoogleマイビジネスの基本を押さえましょう。この章では、Googleマイビジネスがどのようなサービスなのかについて解説します。

Googleマイビジネスとは?

Googleマイビジネスのイメージ画像
引用元:Googleマイビジネス

Googleマイビジネスとは、Google検索や GoogleマップなどGoogleの提供する諸サービス上に、店舗の情報を登録・表示させられるツールを指します。Googleマイビジネスには、下記7つの機能があります。

機能 概要
情報 店舗の基本的な情報について掲載できる
投稿 店舗の最新情報について掲載できる
インサイト WEB上の店舗に訪れたユーザーの反応を分析できる
口コミ・メッセージ ユーザーとの簡易的なやりとりができる
写真・動画 写真の管理・投稿ができる
商品 商品情報を掲載できる
ウェブサイト 簡易なホームページを作成できる

いずれの機能も店舗へより多くのお客さんを集客し、リピーターを増やしていく上で役立つものとなっています。

Googleマイビジネスの代表的な機能

Googleマイビジネスの代表的な機能は、下記の3つです。

  1. 情報
  2. 投稿
  3. インサイト

これらについて見ていきましょう。

 情報

Googleマイビジネスの機能1

引用元:Googleマイビジネス

Googleマイビジネスの「情報」機能では、登録店舗についての下記15種類の情報掲載が可能です。

項目名 詳細
名前 店舗名
カテゴリー 店舗の業種
ビジネス拠点 店舗の住所
サービス提供地域 宅配を行っている場合の対応地域
営業時間 店舗の営業時間
営業時間の詳細 営業時間についての補足情報
特別営業時間 臨時休業や祝日など
電話番号 店舗の電話番号
プロフィールの略称 Googleマップ上に表示される名称の略称
ウェブサイト 店舗のウェブサイト
商品情報 店舗の取扱商品やサービス
属性 バリアフリーや決済方法、Free Wi-Fiなどサービスの情報
ビジネス情報 店舗の紹介文
開業日 店舗の開業した日
写真 店舗の写真(外観や内装、商品等)

基本的な機能ですが、重要な役目を果たすものです。店舗についての詳細な情報をユーザーに公表すれば、店舗に関心を持ってもらいやすくなります。

 投稿

Googleマイビジネスの機能2

引用元:Googleマイビジネス

Googleマイビジネスの「投稿」機能では、登録店舗についての下記5種類の情報を掲載できます。

項目名 詳細
特典の追加 店舗で実施中のセール情報やキャンペーンの情報
商品の追加 新商品に関する情報
最新情報の追加 入荷情報やお知らせなど、さまざまな最新情報
イベントの追加 イベントに関する情報
COVID–19の最新情報 新型コロナウイルスに関する情報

「情報」機能と同様の基本的な機能ですが、こちらも重要なものです。店舗に関する最新情報やキャンペーン情報を日々アップデートすれば、ユーザーの関心を高められます。

 インサイト

Googleマイビジネスの機能3

引用元:Googleマイビジネス

Googleマイビジネスの「インサイト」機能では、WEB上で登録した店舗におけるユーザーからの反応を分析できます。分析項目は、大きく分けて下記の9つです。

項目名 詳細
ユーザーが店舗を検索した方法 どのような検索方法により、ユーザーが店舗ページへとたどり着いたのか
検索に使用された検索語句(クエリ) どのような語句で検索し、ユーザーが店舗ページへとたどり着いたのか
どのGoogleサービス経由なのか Google検索なのかGoogleマップなのか
ユーザーの行動 WEBサイトへのアクセス数や電話をかけた回数はどのくらいなのか
ルートのリクエスト ユーザーがどのエリアからルート検索をしたのか
電話 ユーザーが実際に電話をした曜日や時間帯はいつなのか
混雑する時間帯 曜日ごとの混雑する時間帯はいつなのか
写真の閲覧 ユーザーは登録した写真をどのくらい閲覧したのか
写真の枚数 店舗主が店舗に登録した写真は、何枚なのか

これらのデータの分析により、店舗ページの問題点や改善点を探れます。この機能を活用すれば、ユーザー体験を高められ、店舗への集客数やリピーター数を増やせます。

Googleマイビジネスを活用するメリット

Googleマイビジネスを活用するメリットは下記3点です。

  1. 費用を抑えて集客できる
  2. 簡易的なホームページを作成できる
  3. 集客数を増やすことができる

 ⒈費用を抑えて集客できる

Googleマイビジネスの活用により、費用を抑えて集客できます。他の類似サービスを使用する場合は、登録こそ無料であるものの本格的に活用する場合には、数万円の機能利用料(月額)がかかるものもあります。

一方Googleマイビジネスは、無料で多くの便利な機能を利用でき、費用対効果高く集客が可能です。

 2.簡易的なホームページを作成できる

Googleマイビジネスの「ウェブサイトビルダー」機能の活用により、簡易的なホームページを作成できます。スマートフォーンやパソコンを用いて簡単に作成ができ、WEBサイト制作の知見がなくとも制作可能です。

 3.集客数を増やせる

Googleマイビジネスの活用により、集客数を増やせます。競合店舗も多数存在するため、登録しただけでは大幅な集客数の増加は見込めないでしょう。しかし、WEB上に店舗情報を公開するだけでも、これまでよりも多くのお客さん(ユーザー)へのアプローチができるものです。

少しでもユーザーに認知される機会が増えれば、その分、お客さんが店舗に訪れる確率が上がります。Googleマイビジネスの諸機能を使いこなし、ハイレベルな運用ができれば、一層多くのお客さんを誘致できます。

Googleマイビジネスを利用する3つのデメリット

Googleマイビジネスは、メリットだけではありません。下記のデメリットもあります。

  1. 写真が任意の場所に表示できない
  2. ネガティブな口コミも表示される
  3. 手を抜くと効果が現れない

これらの詳細と対策について見ていきましょう。

 デメリット⒈写真が任意の場所に表示できない

Googleマイビジネスでは、オーナー(店舗ページの登録主)がアップロードした写真を任意の場所に表示できません。店舗ページにはオーナーだけでなく、ユーザーも写真を投稿できる仕組みになっており、ユーザーの写真が大々的に表示されてしまう場合があります。

 デメリットの対応策:Googleが推奨する写真を掲載する

Googleが推奨する写真の掲載により、オーナーの写真が検索上位に表示されやすくなります。写真の枚数については、各要件の推奨枚数をそのまま掲載しましょう。

写真の種類 推奨枚数
外観の写真 3枚
店内の写真 3枚
商品の写真 3枚
サービスの写真 3枚
食べものや飲み物の写真 3枚
共有エリアの写真 それぞれの共有エリアの写真を少なくとも1枚ずつ
客室 ホテルの場合3枚(もっとも人気の高い客室)
チーム(経営者・従業員など)の写真 3枚

 デメリット2. ネガティブな口コミも表示される

Googleマイビジネスでは、お客さんからのネガティブな口コミも表示されます。店舗に訪れたお客さんから、必ずしも良い評価をもらえるわけではありません。

 デメリットの対応策:指摘に真摯に向き合う

残念ながら、通常のネガティブな口コミはオーナーの裁量による削除ができない仕組みになっています。このため、ネガティブな意見と真摯に向き合い、サービス改善に努めることも大事です。誠実に向き合えば、これまでよりも顧客満足度を高められ、良い評価が増えます。

そうすれば、ネガティブな口コミの存在感が薄まります。なお、Googleが公表するポリシー違反に該当する悪質な口コミであれば、削除申請により削除される可能性があります。

Googleでは、Googleポリシーや法律を遵守するため、問題が報告されたクチコミを削除することがあります。

引用元:禁止および制限されているコンテンツ |ローカルガイドヘルプ

 デメリット3.手を抜くと効果が現れない

Googleマイビジネスは、手を抜くと効果が現れません。無料で始められ、高性能な諸機能が提供されているため、成果を出しやすいサービスであることは事実です。しかし、成果を出す上では試行錯誤と長期間の継続(主に更新)も必要になってきます。

 デメリットの対応策:長期間継続して運用をする

長期間継続して、試行錯誤をしつつ運用しましょう。例えば、定期的な情報更新(写真追加や店舗情報の更新など)やSNS・ホームページなどでの情報発信を継続的に行いましょう。Googleマイビジネスはそれ単体でも魅力的なサービスですが、複数メディアとの掛け合わせにより、一層成果を出しやすくなります。

 

Googleマイビジネスの使用料金について詳しく解説

ここからは、Googleマイビジネスの使用料金について、詳しく見ていきましょう。

Googleマイビジネスの利用料金は無料

Googleマイビジネスの利用料金は無料です。店舗情報の登録や分析、ユーザーとのやりとりなど、上述した下記機能をすべて無料で利用できます。

  • 店舗・商品・サービスに関する情報掲載・投稿
  • 分析
  • ユーザーへの返信
  • 写真・動画投稿・管理
  • ホームページ作成

Googleマイビジネスを利用する上で有料となるケース

Googleマイビジネスを利用する上で、下記の場合は有料となります。

  1. MEO対策を業者に依頼する場合
  2. Google広告を利用する場合
  3. 360°写真(インドアビュー)を撮影して掲載する場合
  4. Googleマイビジネスの運用代行を利用する場合

 1.MEO対策を業者に依頼する場合

MEO対策を業者に依頼する場合は、有料です。詳細は後述しますが、MEO対策業者とは、一言で言えば「Googleマップで店舗を目立ちやすく(上位表示)すること」を専門に請け負う業者を指します。

 2.Google広告を利用する場合

Google広告を利用する場合も、有料です。広告の利用により、通常の検索結果よりもオーナーの店舗が目立ちやすくなります。

※参考:Google広告について詳しく解説した記事はこちら
関連記事

多くのユーザーに対してアプローチ可能なGoogle広告について紹介します。Googleのプラットフォームを活用しているユーザーは多く、1日に約35億回も検索されています。 これだけ多くのユーザーにアプローチができるGoogle広告は、[…]

Google広告出稿入門ガイド!種類、費用などの基礎からGoogle広告のやり方、各種設定方法までわかりやすく解説

 3.360°写真(インドアビュー)を撮影して掲載する場合

360°写真(インドアビュー)を撮影して掲載する場合も、有料です。パノラマ撮影された360°の写真により、写真をより効果的に演出できます。

 4.Googleマイビジネスの運用代行を利用する

Googleマイビジネスの運用代行を利用する場合も、有料です。Googleマイビジネスの運用代行では、精通したプロがGoogleマイビジネスを効果的に運用してくれます。

 

GoogleマイビジネスでMEO対策を依頼する場合の料金を詳しく解説

ここからは、MEO対策の概要やGoogleマイビジネスでMEO対策を依頼する場合の料金を見ていきましょう。

【前提】MEO対策とは?

MEO対策とは、Googleマップで目立ちやすく(上位表示)するための施策を指します。MEOは、Map Engine Optimization(地図エンジン最適化)の略語です。下記は、「六本木 美容院」で検索した際の検索結果画面です。

MEO対策度合いが強い店舗ページほど上位(画面上方)に表示され、ユーザーの目にとまりやすくなります。

Googleマップ検索結果画面

引用元:Google

MEO対策で実現できること

MEO対策では、下記2点を実現可能です。

  • Googleマップで上位表示
  • Google検索の検索結果ページで上位表示

Googleマップで店舗ページが上位表示できれば、競合よりもユーザーに発見されやすくなり、ユーザーの検討候補に上がりやすくなります。またGoogleマップで上位表示された店舗は、Google検索の検索結果ページ(SEO)でも上位に表示される傾向にあります。

これにより、一層集客力が増します。下記は、「六本木 美容院」で検索した際の検索結果画面です。マップおよび評価が表示されている部分がMEOであり、その下部以降の記事が表示されている箇所(画像中のホットペッパー)がSEOです。

Googleマップ検索結果画面

引用元:Google

MEO対策はこんな方におすすめ!

MEO対策は、GoogleマップやGoogle検索における登録店舗の上位表示を狙いたい方におすすめです。上位表示ができれば、WEB上でお客さん(ユーザー)に認知される頻度が高まり、店舗への誘致数を増やせます。

MEO対策の利用料金

MEO対策の利用料金は、大きく分けて下記の3種類があります。

費用名 概要 費用相場
成果報酬 対策したキーワードにおいて、Googleマップ検索結果の3位以内に表示された日を成果と見なし、日額での課金 1日あたり800円~1,200円
月額費用 検索順位にかかわらず支払う費用(毎月) 月額2万円~8万円
初期費用 依頼時にかかる費用(初月のみ) 0円~5万円

それでは、成果報酬・月額費用・初期費用の3つを設けている業者の例を見てみましょう。

  • 対策キーワード:「六本木 美容院」
  • 3位以内表示日数:10日間
  • 成果報酬費用:1,000円×日数
  • 月額費用:4万円
  • 初期費用:2万円

この場合の初月の費用は、下記のとおりです。

初月の費用:10,000+40,000+20,000=70,000円
翌月以降の費用:毎月5万円(初期費用を差し引き)

※成果報酬費用=10×1,000=10,000円

MEO対策の料金を抑えるポイント

実績のある業者へ依頼すれば、契約費用がかさむでしょう。しかし、実績が豊富であればあるほど、より多くの成果(利益)を出してくれる可能性が高まります。その結果、手元に残るお金が大きくなります。

また、シンプルに契約費が安い業者へ依頼するのもおすすめです。安価であるからといって、必ずしも質が低いわけではありません。運用の実力はあるものの、運用実績の少なさから料金を下げているところもあります。

 

GoogleマイビジネスにおけるGoogle広告の料金について詳しく解説

Googleマイビジネスを活用する上では、Google広告との連携も効果的です。ここからは、その詳細やGoogleマイビジネスにおいてGoogle広告を利用する際の料金について、見ていきましょう。

Googleマイビジネスと連携して利用するGoogle広告は2種類

 種類1:ローカル検索広告

ローカル検索広告とは、ユーザーがGoogle検索やGoogleマップ、YouTubeなどで近隣の店舗検索をした際に、広告出稿者(オーナー)の店舗を優先的に表示させるものです。下記画像における「広告:デンタルオフィス六本木東京」がこれに該当します。

ローカル検索広告

引用元:Google

これにより、店舗の近くにいるユーザーにアプローチしやすくなり、来店数や問い合わせ数の増加が見込めます。なおローカル検索広告を利用するためには、Googleマイビジネスアカウントとの提携が必要となります。

※参考:ローカル検索広告について詳しく解説した記事はこちら
関連記事

ローカル検索広告は、Googleマップに掲載できるため、店舗を持つ事業者にとっては非常に高い集客効果が期待できます。 しかし、実際にはローカル検索広告の出稿方法や、費用についてよくわからず、運用を諦めている方もいらっしゃるのではないで[…]

Googleマップに掲載するローカル検索広告入門ガイド!費用や出稿方法、運用のポイントを完全解説

 種類2:スマートアシストキャンペーン

スマートアシストキャンペーン(旧Adwrods EXPRESS)は、初心者向けに設けられたサービスです。広告出稿の専門知識がない方でも、簡単に登録・運用ができるように設計されています。

スマートアシストキャンペーン

引用元:Google広告

スマートアシストキャンペーンでは、リスティング広告が採用されています。リスティング広告とは、ユーザーが広告出稿者の店舗と関連のあるキーワードを、Google検索やGoogleマップなどで検索した際に、オーナーの店舗を優先的に表示させる広告です。

当キャンペーンは、Googleマイビジネスとの提携により、高い効果を発揮します。Googleマイビジネスのビジネスプロフィール機能を活用し、店舗に関する情報を詳細に記述すれば、ユーザーが広告を閲覧した際にどのような店舗であるのかをより把握してもらいやすくなります。

※参考:リスティング広告について詳しく解説した記事はこちら
関連記事

リスティング広告は、WEB広告の定番ともいえる手法の一つです。最近は、SNS広告や動画広告などの利用も増えてきていますが、そんな中でもリスティング広告は、主要な広告として多くの企業が利用しています。 オーソドックスな手法でありながらも[…]

Google広告を使って実現できること

ローカル検索広告とスマートアシストキャンペーン(リスティング広告)、これら2つのGoogle広告の活用により、下記のメリットが得られます。

  • Google検索、Googleマップなどでの上位表示ができる
  • 店舗への電話問い合わせ数が増える
  • 店舗への来客数が増える
  • WEBサイトでの商品購入や申し込み数が増える

Google広告はこんな方におすすめ!

Google広告は、店舗・WEBサイトへの問い合わせ数や来店・アクセス数、リピーター数を増やしたい方におすすめです。Googleが提供する諸サービスや高性能な広告出稿システムが広告効果最大化に向け、最大限のサポートをしてくれます。

Google広告の利用料金

ローカル検索広告やスマートアシストキャペーン(リスティング広告)では、クリック型課金が採用されており、クリックに応じて料金が発生します。閲覧されただけでは料金は発生しません。クリックポイントは、以下のとおりです。

「場所の詳細を取得」のクリック
「ルート検索」のクリック
「モバイルのclick-to-call」のクリック
「ウェブサイト」のクリック

引用元:ローカル検索広告について|Google広告ヘルプ

なおローカル検索広告およびリスティング広告の利用料金は、下記の要素により決定されます。

同じ地域のほかの広告主様がかけている費用
広告とユーザーの検索内容との関連性
検索したユーザーが商品を購入する可能性

引用元:費用とお支払いについて|Google広告ヘルプ

それぞれの費用相場は、以下のとおりです。

  • ローカル検索広告:一ヶ月あたり2~3万円
  • リスティング広告:一ヶ月あたり10万円~100万円

Google広告の料金を抑えるポイント

Google広告で料金を抑えるためには、入札単価を抑えましょう。Google広告ではオークションが採用されています。自社が希望する金額でオークションがかけられた後、競合との競り合いなどの影響を受け、最終的な広告出稿額(入札単価)が決定されます。

入札単価を抑えるためには、Googleが正式に提唱する「広告品質スコア」を上げましょう。ユーザーからの反応が高い広告やGoogleが推奨する各ガイドラインを遵守した広告は、このスコアが高まります。ひいては、入札単価の低下へとつながります。

また競合が少ない領域での出稿も、入札単価を下げる上で効果的です。

※参考:Google広告の費用について詳しく解説した記事はこちら
関連記事

Google広告といえば、WEB広告の中でも最も有名な広告媒体の一つです。リスティング広告やディスプレイ広告、動画広告などさまざまな広告が利用できます。 以前まではYahoo!ユーザーが多かった国内ユーザーも、Google利用者が増加[…]

Google広告の費用がまるわかり!課金方式や費用相場、予算の決め方、代理店手数料まで詳しく解説

Googleマイビジネスにおける360°写真(インドアビュー)の料金について詳しく解説

Googleマイビジネスの効果を高める上では、360°写真(インドアビュー)の活用も重要です。ここからは、その詳細やGoogleマイビジネスにおいてインドアビューを利用する際の料金について見ていきましょう。

【前提】360°写真(インドアビュー)とは?

360°写真(インドアビュー)とは、店内、施設内といった屋内の360°パノラマ画像をGoogleマイビジネス(Googleマップ)に掲載できる有料サービスです。通常のストリートビューと同様に、タップやクリックにより視点を移動させられます。

下記は『北品川温泉 天神湯』のインドアビューです。当スクリーンショットでは静止画ですが、リンク先(引用元)にアクセスすると、タップ・クリックにより店内をぐるぐると巡回できます。

360°写真(インドアビュー)

引用元:Googleマップ

360°写真(インドアビュー)で実現できること

360°写真(インドアビュー)では、無料で掲載できる通常の写真では伝えきれない、内装・外装の細部をお客さんに見せられます。これにより、お客さんが来店せずとも店舗の雰囲気をより鮮明にイメージしてもらえ、来店確率が上がります。

360°写真(インドアビュー)はこんな方におすすめ!

360°写真(インドアビュー)は、店舗の外装や内装にこだわりがある方におすすめです。無料で掲載できる通常の写真では、店舗内装・外装の大まかな部分しか見てもらえませんが、インドアビューでは細部のこだわりまで気付いてもらえます。

ホテルや結婚式場、美容院、介護施設、スクールと幅広い場面で活躍します。

360°写真(インドアビュー)の利用料金

360°写真(インドアビュー)の利用料金は、「契約料」と「撮影費」の2つがあります。

料金 概要 費用相場
契約料 写真を撮るための準備や機材などにかかる費用 5万円前後
撮影費 実際に写真を撮るための費用 撮影場所1ポイントにつき1万円

なお上記の費用は、最初に支払ってしまえば、その後の月々のランニングコストは必要ありません。

360°写真(インドアビュー)の料金を抑えるポイント

360°写真(インドアビュー)の料金を抑えたい場合には、契約料・撮影費を安く提供している業者に依頼しましょう。業者への依頼にこだわりがなければ、クラウドソーシングにて個人へ依頼をするのもよいでしょう。

業者に比べ、料金を安く抑えられます。ただし、一般的な業者よりも質が低い可能性があるため、慎重に受注者を選定しましょう。

 

Googleマイビジネスの運用代行料金について詳しく解説

Googleマイビジネスの運用代行の詳細や、依頼時に必要な料金について見ていきましょう。

【前提】Googleマイビジネスの運用代行とは?

Googleマイビジネスの運用代行とは、Googleマイビジネスの運用や登録の代行をしてくれるサービスです。具体的なサービス内容としては、Googleマイビジネスのアカウント開設やオーナー確認認証の代理認証、各種情報の登録・定期的な更新、写真掲載などが挙げられます。

Googleマイビジネスの運用代行で実現できること

Googleマイビジネスの運用代行により、下記2つのメリットが得られます。

  • 登録作業や管理の負担をなくせる
  • 高い効果を得られる

自社で登録作業や日々の管理業務を行えば、負担がかかるでしょう。しかし運用代行では、負担をなくせます。基本的な登録をすませるだけでは、なかなか成果が出にくいのが実状です。運用代行の依頼をすれば、Googleマイビジネスに精通したプロが効果を得られる運用を行ってくれます。

Googleマイビジネスの運用代行はこんな方におすすめ!

Googleマイビジネスの運用代行は、下記の方におすすめです。

  • 登録・運用作業がわからずに戸惑っている方
  • 登録作業や管理の負担を減らしたい方
  • 高い効果を得たい方

Googleマイビジネスに精通したプロが、上記の課題を解決してくれます。

Googleマイビジネスの運用代行の利用料金

Googleマイビジネスの運用代行の利用料金は、下記の3種類があります。

費用名 概要 費用相場
初期費用(登録代行費用) 契約初月にのみかかる費用 3万円前後
月額費用(運用代行費用) 毎月支払う費用 1万円~3万円
オプション費用 写真撮影など追加サービス希望時にかかる費用 1,000円~1万円

初期費用は、主に登録代行料金として扱われています。アカウント登録手続きや基本情報の登録などの代行にかかる費用です。初月のみであり、翌月以降の支払いはありません。月額費用は、主に運用代行料金として扱われています。

インサイト(分析)や写真・動画の追加登録、定期的な情報更新、口コミ管理などの代行にかかる費用です。オプション費用は、主に写真や動画の撮影依頼代金として発生します。

それでは具体例を見てみましょう。初期費用(登録代行)が2万円、月額費用(運用代行費用)が3万円、追加オプション(360°写真の撮影)が7,000円の場合の費用総額は、下記のとおりです。

  • 費用総額(初月):20,000+30,000+7,000=57,000円
  • 費用総額(翌月以降):30,000円

Googleマイビジネスの運用代行の料金を抑えるポイント

相場よりも契約費が安い代理店へ依頼するのがおすすめです。代理店の中には、登録代行費用が無料なところもあります。実績のある代理店への依頼もおすすめです。実績の豊富さ(運用の質の高さ)は、料金と比例する傾向にありますので、相場よりも費用が高くついてしまうかもしれません。

しかし、実績が豊富であれば、より多くの成果(利益)を出してくれる可能性が高まります。その結果、手元に残るお金が大きくなり、結果的に費用を抑えられます。

 

Googleマイビジネス運用代行に強みを持つ代理店3選

ここからは、Googleマイビジネス運用代行に強みを持つ代理店を3社ご紹介します。

株式会社サンシャインワークス

引用元:株式会社サンシャインワークス

こんな方におすすめ!

  • Googleマップの登録を代わりにやってもらいたい方
  • 上位表示させる方法がわからない方
  • 運用する時間がなくて困っている方

 株式会社サンシャインワークスの強み

株式会社サンシャインワークスは、WEB広告やSEOなどWEB領域を幅広く手がけている代理店です。その中の1サービスとしてGoogleマイビジネス運用代行(MEO対策含む)も請け負っています。Googleマイビジネスの初期設定から本格的な運用までを代行してくれます。

同社の強みは、成果の出る運用代行です。運用代行宣伝ページで「ユーザー体験を向上させる」「ホームページへの流入を増やす」「上位表示するための施策を行う」と成果を出すことにコミットをしています。

同社への依頼により、これらの成果が期待されます。

株式会社サンシャインワークスの概要

・料金:月額運用費(初期設定込)27,500円〜
・会社名:株式会社サンシャインワークス
・本社所在地:〒910-0854 福井県福井市御幸4-14-21
・URL:https://sunshine-works.co.jp/

株式会社おもてなしドットコム

株式会社おもてなしドットコム

引用元:株式会社おもてなしドットコム

こんな方におすすめ!

  • 実績の豊富な企業に依頼したい方

 株式会社おもてなしドットコムの強み

株式会社おもてなしドットコムは、Googleマイビジネス・MEO対策に特化した代理店です。運用代行に関する特設サイト「Googleマイビジネス MEO対策サポート」にて、ノウハウや事例を多数公開しており、十分な知見・経験を持ち合わせていることがうかがえます。

実績が豊富な同社は、これまでに数百店舗以上のGoogleマイビジネスの運用代行経験があります。その過程で蓄積された知見・経験を活かして、貴社の運用代行でも高い成果を出してくれることが期待されます。

株式会社おもてなしドットコムの概要

・料金:基本契約料(月額)6,000円+(800円×店舗数)
・会社名:株式会社おもてなしドットコム
・本社所在地:〒651-2113 兵庫県神戸市西区伊川谷町有瀬569-2
・URL:https://meo.omotenashi.com/

株式会社グランド・ユー

株式会社グランド・ユー

引用元:株式会社グランド・ユー

こんな方におすすめ!

  • アフターサポートが手厚い代理店に依頼したい方
  • 登録だけ代理店に行ってもらい、運用は自社で行いたい方

 株式会社グランド・ユーの強み

株式会社グランド・ユーは、個人事業・スモールビジネスを専門に請け負う、WEBマーケティング企業(代理店)です。その中の1サービスとして、Googleマイビジネス登録代行をしています。

同社の強みは、アフターサポートの手厚さです。運用に関する質問・相談を受ける体制が整っており、何か不明点があれば気軽に相談ができます。サポートは、チャットでのやりとりだけではありません。パソコン画面を共有しながらの音声チャット・ビデオチャットでも受けられます。

登録代行の宣伝ページも依頼主の疑問に寄り添った構成となっており、安心して依頼のできる代理店です。

株式会社グランド・ユーの概要

・料金:29,000円(登録代行・運用サポート、月額費用なし)
・会社名:株式会社グランド・ユー
・本社所在地:〒562-0031 大阪府箕面市小野原東6-1-30-406
・URL:https://grand-u.jp/

※参考:Googleマイビジネスの運用に強みをもつおすすめの代理店について詳しく解説した記事はこちら
関連記事

「Googleマイビジネスの運用には代理店を利用するべき?」 「Googleマイビジネスの代理店を選ぶポイントは?」 「Googleマイビジネスの運用に強いおすすめの代理店は?」 上記のような疑問をお持ちではないでしょ[…]

Googleマイビジネスの運用に強みをもつおすすめの代理店6選と上手な選び方

Googleマイビジネスと一緒にWEB広告運用も可能なおすすめの広告代理店

Googleマイビジネスと一緒にWEB広告を運用する方法もあります。掛け合わせるメリットや、おすすめの広告代理店をご紹介します。

【参考】Googleマイビジネスと一緒にWEB広告を運用するメリット

WEB広告は、Googleマイビジネス単体ではうまくいかなかった際の代替手段として効果的です。Googleマイビジネスは確かにWEB集客において魅力的な媒体ですが、WEBでの集客方法はそれだけではありません。

SNS広告やリスティング広告などのWEB広告でも、お客さんを集められます。

オススメの代理店:株式会社カンリー

株式会社カンリー MEOクラウド

引用元:株式会社カンリー

こんな方におすすめ!

  • Googleマイビジネスの登録・運用に加え、リスティング広告運用もしてもらいたい方

 株式会社カンリーの強み

株式会社カンリーは、Googleマイビジネス運用やMEO対策、店舗情報の管理を専門に請け負う代理店です。同社の強みは、MEO対策で登録店舗ページの上位表示を狙う際に、リスティング広告サービスも用意されている点です。

料金プランとしては「MEO対策サービス」と「リスティング広告」に分けられており、併用の際は別料金となります。しかし、MEO対策で上位表示を狙う事業「MEOクラウド」の一環として、リスティング広告運用が設けられています。

これはつまり、MEO対策・リスティング広告をそれぞれ別個のものとして取り扱うのではなく、それぞれの掛け合わせに長けていることを意味しています。これにより一般的な代理店よりも、MEO対策効果の高いリスティング広告運用代行が期待されます。

Googleマイビジネスの登録・運用に加え、リスティング広告運用もしてもらいたい方におすすめの代理店です。

株式会社カンリー概要

・対応可能な広告媒体:リスティング広告
・料金:MEO対策サービスは月額料金25,000円~、初期費用0円。リスティング広告は、要問い合わせ。
・会社名:株式会社カンリー
・本社所在地:〒152-0021 東京都目黒区東が丘1-14-2
・URL:https://corp.can-ly.com/

※参考:リスティング広告運用代行に特化した代理店について詳しく解説した記事はこちら
関連記事

リスティング広告はWEBマーケティングの中でも即効性のある広告手法のひとつです。しかし、リスティング広告の運用を行うには一定水準の知識や、ノウハウがなければ正しく運用することは困難です。 リスティング広告の経験の浅い方にとって、心強い[…]

リスティング広告運用代行に特化したおすすめ専門代理店7選

WEB広告運用の効果を可視化するオススメの広告レポート自動化ツール

店舗型ビジネスで集客する際には、Googleマイビジネスだけにこだわる必要はありません。WEB広告運用も集客において効果的です。そこで最後に、WEB広告運用を自社で行う方に向けて、広告レポート自動化ツールのご紹介をします。

Databeat Explore

Databeat Explore

Databeat Exploreは、広告運用に必要なデータの抽出・更新・集計・可視化を行うツールです。当ツールの活用により、WEB広告運用の質向上・業務効率化が実現できます。

WEB広告運用における「Databeat Explore」の活用ポイント

 柔軟なレポート出力ができる

Databeat Exploreでは、柔軟なレポート出力が可能です。当ツールで収集・蓄積したデータを、貴社のオペレーションに合わせたフォーマットでデータ出力をします。BIツール、Excel、Googleスプレッドシートなど数多くのツールに対応しています。

 複数の広告データをワンストップで管理できる

Databeat Exploreでは、集められたデータがダッシュボード上でまとめて管理されるため、複数の広告データをワンストップで管理・確認ができます。通常であれば複数のWEB広告を管理する場合には、Google広告ならGoogleのダッシュボード、Twitter広告ならTwitterのダッシュボードといった具合に、各広告のダッシュボードへとアクセスする必要があります。

これは一見単純な作業に見えて、多くの時間と労力を有するでしょう。しかし当ツールでは、ワンストップで管理できるため、そういった余計な手間を削減できます。

 

まとめ

当記事では、Googleマイビジネスの料金についてと料金が発生するケースなどについて解説してきました。Googleマイビジネスは基本的に無料ですが、効果を最大化するためには有料サービスの利用も検討しましょう。

MEO対策業者やGoogleマイビジネス運用代理店に依頼する際には、契約費用の安さもしくは実績を重視すれば、費用を抑えた運用が可能です。店舗の集客数を増やす上では、WEB広告も効果的です。この先WEB広告を活用していく中で、今回ご紹介した業務効率化ツール「Databeat Explore」もぜひご検討ください。

Googleデータポータルを活用して分析業務を効率化するツール
DatabeatExplore

こんな方にオススメ

・広告数字の集計が大変

GAと広告数字を同時に集計したい

・人力レポートではミスが発生する

Googleデータポータルを活用したい

Googleマイビジネスの料金に関する疑問を徹底解説!ローカル検索広告との連携やMEO対策など有料になるケースも紹介
最新情報をチェックしよう!
>広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

Databeat Exploreは、WEB広告データの見える化を実現するサービスです。
様々な広告データを抽出・統合・一元化し、見たいデータを見たい時に見たい場所で見ることができます。

CTR IMG