Google広告の費用がまるわかり!課金方式や費用相場、予算の決め方、代理店手数料まで詳しく解説

Google広告の費用がまるわかり!課金方式や費用相場、予算の決め方、代理店手数料まで詳しく解説

Google広告といえば、WEB広告の中でも最も有名な広告媒体の一つです。リスティング広告やディスプレイ広告、動画広告などさまざまな広告が利用できます。

以前まではYahoo!ユーザーが多かった国内ユーザーも、Google利用者が増加したことによって、さらにGoogle広告の効果が高まってきています。

そんなGoogle広告をこれから利用される方は、まず費用について気になる部分が多いのではないでしょうか。そこで今回こちらの記事では、Google広告の課金方式や費用相場、予算の決め方、代理店手数料など、費用に関する情報を解説していきます。

目次

まずは押さえておきたいGoogle広告の基本

まずはじめに、Google広告の基本的な情報から見ていきましょう。Google広告とはどのような広告なのか、広告の種類や効果を発揮するシーンなどを解説します。

Google広告とは?

Google広告とは

引用元:Google

Google広告とは、Googleが提供するサービスや、Googleと提携しているメディア上に広告を配信できるサービスです。検索キーワードやユーザー属性など、さまざまなターゲティングが可能です。

Google広告の種類一覧

Google広告の種類一覧をご紹介します。

 検索広告(リスティング広告)

Googleで何かを検索した際に、検索結果画面に表示されるテキスト形式の広告です。

 ディスプレイ広告(GDN)

Googleが運営するYouTubeや、提携しているメディア(ライブドア・食べログ等)に、画像または動画形式で表示される広告です。

 動画広告(YouTube)

YouTubeの中や、動画視聴前後などに流れる動画形式の広告です。

 ショッピング広告

Googleの検索結果に表示される広告で、ECサイトへアクセスしなくても商品画像や価格が確認できる広告です。

 アプリキャンペーン

Googleの検索結果やGoogle Playに、アプリの広告を配信できます。

Google広告が効果を発揮するシーン

Google広告は、さまざまなターゲットやフォーマットを利用した広告配信が可能となっており、どのようなシーンにおいても効果を発揮できます。

ターゲットに合わせて広告の種類を使い分けたり、ターゲティングを調整することで、販売したい商品、認知させたいサービスに最適な広告運用を行うことができます。

 

Google広告の掲載費用の基礎知識を課金方式と共に詳しく解説

Google広告の掲載費用の基礎知識を課金方式と共に詳しく解説

Google広告の掲載費用の基礎知識を、課金方式と共に詳しく解説していきます。最低出稿金額、課金方式ごとの掲載費用相場、支払方法などを見ていきましょう。

Google広告は無料で掲載できる?最低出稿金額は?

最低出稿金額の制限は特に設けられておらず、好きな金額で出稿できます。また、基本的には広告出稿のための費用が必要となりますが、Googleショッピング広告については、無料で利用することも可能です。

※参考:Googleショッピング広告について詳しく解説した記事はこちら
関連記事

「Googleショッピング広告にはどのような特徴がある?」 「Googleショッピング広告の掲載にかかる費用はどのくらい?」 「Googleショッピング広告を運用できるおすすめの代理店や、手数料の金額は?」 Googleショッピング広[…]

Googleショッピング広告の費用がまるわかり!課金形態や費用相場、代理店手数料まで詳しく解説

Google広告の掲載費用相場

月間平均でおよそ30万円前後となります。利用する広告の種類や、事業規模などによりますが、最低でも数万円程度の予算を組んだ上で利用するのがおすすめです。

Google広告の支払い方法

現在利用できる支払方法は、クレジットカードのみです。以前は銀行振込やデビットカードなど複数の支払方法が選択できましたが、現在は一種類のみです。

ただし、一定の条件を満たすと請求書支払いが可能となるケースもあります。(最初から請求書支払いを選択することはできません)

Google広告の主な課金方式の種類と費用相場まとめ

課金方式種類 費用相場
クリック課金(CPC) 50~100円/click
インプレッション課金(CPM) 10~500円/1,000imp
コンバージョン課金(コンバージョンに対するお支払い) CPAの1.5倍程度

クリック課金とインプレッション課金は、他のWEB広告でも、比較的多く利用される方式です。

コンバージョン課金は、CVが発生した場合のみ費用を支払う、やや特殊な方式で、利用には一定の条件がありますので、すぐにどなたでも利用できる課金方式ではありません。

Google広告の課金方式1:クリック課金(CPC)

クリック課金は広告がクリックされると費用が発生する課金方式です。

クリック課金方式を採用しているGoogle広告の種類

  • 検索広告
  • ディスプレイ広告
  • 動画広告
  • ショッピング広告
  • アプリキャンペーン

 Google広告のクリック課金(CPC)の費用相場

50~100円/clickです。

Google広告の課金方式2:インプレッション課金(CPM)

インプレッション課金は広告が表示されるごとに費用が発生します。(1,000回表示ごと)

 インプレッション課金方式を採用しているGoogle広告の種類

  • ディスプレイ広告
  • 動画広告

 Google広告のインプレッション課金(CPM)の費用相場

10~500円/1,000impです。

Google広告の課金方式3:コンバージョン課金(コンバージョンに対するお支払い)

コンバージョン課金はコンバージョンすると費用が発生します。ただし、過去30日間に100件以上のCVが発生しており、そのうちの9割がクリックから7日以内にCVしていなければ、利用できません。

 コンバージョン課金方式を採用しているGoogle広告の種類

  • ディスプレイ広告

 Google広告のコンバージョン課金の費用相場

CPAの1.5倍程度です。

 

Google広告の主要な種類と費用を詳しく解説

Google広告の主要な種類と費用を詳しく解説していきます。それぞれのメリットデメリット、課金方式、費用目安をご紹介していきますので、こちらを参考にどの広告を利用するべきかご検討ください。

Google広告の種類と費用目安まとめ

広告種別 メリット デメリット 課金方式 費用目安
検索広告(リスティング広告) 顕在層に訴求できる テキスト形式しか利用できない クリック課金 20万円/月
ディスプレイ広告(GDN) 認知向上に効果的 コンバージョン率が低い クリック課金

インプレッション課金

コンバージョン課金

20~50万円/月
動画広告(YouTube) 多くの情報を伝えられる 動画制作費が必要 クリック課金

インプレッション課金

20万円/月
ショッピング広告 クリック率・コンバージョン率が高い 商品データの作成が必要 クリック課金 20万円/月
アプリキャンペーン 複数の媒体に配信可能 キーワード分析ができない クリック課金 20万円/月

広告の種類ごとに、得意な訴求が違います。よって、広告を運用する目的に合わせて広告種別を選択するのがベストと言えます。

ただし、例えば動画広告なら動画制作費が必要となるなどのデメリットもあるため、そうした問題を解消できるかどうかも含めて利用する広告を検討してみてください。

検索広告(リスティング広告)

リスティング広告

引用元:Google

リスティング広告は、ユーザーが検索したキーワードに連動した広告が表示されます。

 検索広告(リスティング広告)のメリット

検索キーワードに連動した広告が表示できるため、購買意欲の高いユーザーへ訴求できます。よって、クリック率やコンバージョン率も高く、さらにクリック課金なので費用対効果も高くなります。

 検索広告(リスティング広告)のデメリット

テキスト形式での表示しかできない、事前に設定したKWで検索されなければ表示できない点がデメリットです。

 検索広告(リスティング広告)の課金方式

クリック課金を採用しており、1クリックあたり50~100円程度となります。

 検索広告(リスティング広告)の費用目安

月間の費用目安はおよそ20万円程度です。

※参考:Googleリスティング広告の費用について詳しく解説した記事はこちら

関連記事

Googleリスティング広告は、数あるWEB広告の中でも、特に有名な手法の一つです。すでに、多くの企業が利用しており、さまざまな業種のマーケティングが実施されています。 これから新たにWEB広告を活用したマーケティングを検討されている[…]

Googleリスティング広告の費用がまるわかり!課金方式や費用相場、予算の決め方、代理店手数料まで詳しく解説

ディスプレイ広告(GDN)

ディスプレイ広告

引用元:ライブドアニュース

ディスプレイ広告は、Googleが提携するメディア(上記のようなライブドアニュースなど)に画像や動画の広告を表示します。

 ディスプレイ広告(GDN)のメリット

画像や動画を用いた広告を、ユーザーの興味関心などのターゲティングにより配信できるため、潜在層へのアプローチや、認知向上に効果的です。

 ディスプレイ広告(GDN)のデメリット

広告色が強く出てしまう点や、リスティング広告に比べてコンバージョン率が低くなる点がデメリットです。

 ディスプレイ広告(GDN)の課金方式

3種類の課金方式を選択できます。また、それぞれの単価相場は以下のようになります。

  • クリック課金:50~100円/click
  • インプレッション課金:10~500円/1,000imp
  • コンバージョン課金:運用中の広告のCPAの1.5倍程度

 ディスプレイ広告(GDN)の費用目安

月間の費用目安はおよそ20~50万円程度となります。

※参考:ディスプレイ広告(GDN)の費用について詳しく解説している記事はこちら

関連記事

ディスプレイ広告は、WEB広告の中でも主要な手法の一つです。WEB広告を利用している多くの企業が、ディスプレイ広告を活用しています。 今回こちらの記事では、これからディスプレイ広告の導入を検討している方に向けて ディスプ[…]

ディスプレイ広告の費用がまるわかり!課金形態や媒体別費用相場、代理店手数料まで詳しく解説

動画広告(YouTube)

動画広告

引用元:YouTube

動画広告は、YouTube広告の動画視聴前後や、関連動画部分などに表示されます。

 動画広告(YouTube)のメリット

動画という形式の特性上、リスティング広告やバナー広告に比べ、多くの情報や、商品の魅力を伝えることができます。

 動画広告(YouTube)のデメリット

基本的には動画制作費が必要となります。他の広告クリエイティブに比べ、やや費用が高くなる点や準備に手間がかかる点がデメリットです。

 動画広告(YouTube)の課金方式

クリック課金、またはインプレッション課金を採用しています。それぞれの費用単価相場は50~100円/click、10~500円/1,000imp程度となります。

 動画広告(YouTube)の費用目安

月間の費用目安はおよそ20万円程度です。

※参考:YouTube広告の費用について詳しく解説している記事はこちら

関連記事

動画を使ったインパクトのある広告は、数あるWEB広告の中でも特に強力な効果を発揮します。そんな動画広告の中でも特に有名なのが、YouTube広告です。 YouTubeユーザーが急増したこともあり、YouTube広告はWEBマーケティン[…]

YouTube広告の費用がまるわかり!課金形態や費用相場、代理店手数料まで詳しく解説

ショッピング広告

ショッピング広告

引用元:Google

Googleの検索結果に、直接商品画像や価格を掲載できるのが、ショッピング広告です。

 ショッピング広告のメリット

商品を探しているユーザーに対して、直接アプローチできるため、クリック率やコンバージョン率が高くなる点がメリットです。

 ショッピング広告のデメリット

出稿のためには、商品データを作成する必要があり、一定の工数がかかる点がデメリットとなります。

 ショッピング広告の課金方式

クリック課金を採用しており、1クリックあたり50~100円程度となります。

 ショッピング広告の費用目安

月間の費用目安はおよそ20万円程度です。

※参考:Googleショッピング広告の費用について詳しく解説した記事はこちら
関連記事

「Googleショッピング広告にはどのような特徴がある?」 「Googleショッピング広告の掲載にかかる費用はどのくらい?」 「Googleショッピング広告を運用できるおすすめの代理店や、手数料の金額は?」 Googleショッピング広[…]

Googleショッピング広告の費用がまるわかり!課金形態や費用相場、代理店手数料まで詳しく解説

アプリキャンペーン

アプリキャンペーン

引用元:Google Play

Googleの検索結果や、GooglePlay上にアプリインストールを促す広告を表示できます。

 アプリキャンペーンのメリット

Google検索やGooglePlay、YouTubeなど複数の媒体へ一つの設定で配信できる点がメリットです。

 アプリキャンペーンのデメリット

どのキーワードからコンバージョンが発生したかなど、キーワード単位でのデータが取得できない点がデメリットです。

 アプリキャンペーンの課金方式

クリック課金を採用しており、1クリックあたり50~100円程度となります。

 アプリキャンペーンの費用目安

月間の費用目安はおよそ20万円程度です。

 

店舗運営されている方は広告料金なしで利用できるGoogleマイビジネスもおすすめ!

飲食店など店舗を持っている方は、無料のGoogleマイビジネスを使うのもおすすめです。いきなり費用を使って広告を出稿する前に、まずは費用をかけずGoogleマイビジネスをスタートしてみるのもよいでしょう。

Googleマイビジネスとは?

Googleマイビジネスとは

引用元:Google

上図のように店舗の情報をGoogleの検索結果や、マップ上に表示できます。

広告費を支払って利用もできますが、情報を登録するだけで、無料で利用することも可能です。

※参考:Googleマイビジネスについて詳しく解説した記事はこちら
関連記事

「Googleマイビジネスの運用には代理店を利用するべき?」 「Googleマイビジネスの代理店を選ぶポイントは?」 「Googleマイビジネスの運用に強いおすすめの代理店は?」 上記のような疑問をお持ちではないでしょ[…]

Googleマイビジネスの運用に強みをもつおすすめの代理店6選と上手な選び方

自社にマッチするGoogle広告の上手な選び方

自社にマッチするGoogle広告の上手な選び方

自社にマッチするGoogle広告の上手な選び方について解説します。さまざまな広告フォーマットの中から、適切な広告を選んで利用することが、広告効果の最大化につながります。

  1. 広告の目的で選ぶ
  2. 取り扱う商品で選ぶ
  3. 費用対効果で選ぶ

POINT1.広告の目的で選ぶ

まずは、広告の目的で選びましょう。広告を運用する際には、大まかに分けて2種類の目的があります。

ひとつは、商品を販売したり、サービスの申込みを目的とする運用です。この場合、できるだけ少ないコストでコンバージョンを獲得することが必要となるため、購買意欲の高いユーザーに訴求できる検索広告が最適です。

また、新商品の認知向上やブランディングを行う場合は、商品の魅力を多く伝えられるディスプレイ広告や、動画広告などがおすすめです。

POINT2.取り扱う商品で選ぶ

広告で取り扱う商品にマッチする広告を選択するケースもあります。スマートフォンアプリの広告であれば、アプリキャンペーンが最適であることは言うまでもありません。

もし、ひとつの商品を販売しているランディングページがあるなら、リスティング広告を使ってサイトへの流入を増やしてもよいでしょう。

複数の商品を取り扱っている場合、特にファッション関係の商材の販売であれば、ショッピング広告で複数の商品情報を掲載することで、コンバージョン率を高めることも可能です。

POINT3.費用対効果で選ぶ

費用対効果を重視するようなシーンでは、クリック課金方式を利用した広告がおすすめです。クリック課金は、広告に興味を持ったユーザーしかクリックしないため、無駄なコストを抑えられるメリットがあります。

ただ、ディスプレイ広告はクリック率やコンバージョン率が若干低くなる傾向があるため、検索広告やショッピング広告などの利用がおすすめです。

 

Google広告の適切な予算を決める方法

Google広告の適切な予算を決める方法

Google広告の適切な予算を決める方法を解説します。広告出稿を進めるにあたり、どの程度の予算が必要となるのか、その算出方法を見てみましょう。

1.コンバージョン獲得目標から算出

一つ目の決め方は、コンバージョン獲得目標から算出する方法です。月間でどれ位のコンバージョン数を目標にするのかを決めて、そこから予算を算出します。

この場合、以下の計算式によって算出します。

Google広告の予算 = コンバージョン獲得目標 × 目標CPA

仮にコンバージョン獲得目標が50件だとして、目標CPAが1,500円だったとしましょう。この場合は、50×1,500=75,000なので、75,000円の予算が必要となります。

2.リード・問い合せ獲得目標から算出

二つ目の決め方は、リードや問い合せ獲得目標から算出する方法です。問い合せ獲得をコンバージョンポイントとする場合は、以下の計算式によって算出します。

Google広告の予算 = 問い合せ数 × 目標CPA

ただし、問い合せがすべてコンバージョンにつながる訳ではないので、コンバージョン獲得目標に対する予算を考える場合は、問い合せからの成約率も加味しておく必要があります。

 

Google広告の費用対効果を最大化する5つのTIPS

Google広告の費用対効果を最大化する5つのTIPS

Google広告の費用対効果を最大化するための方法について解説します。なるべくコストを抑えて効果を高める方法をご紹介しますので、Google広告運用の参考にしてみてください。

  1. 目的に合った広告、課金方式を利用する
  2. リマーケティングを実施する
  3. ディスプレイ広告や動画広告はフリークエンシーキャップを設定する
  4. ユーザーにとって魅力的な広告・クリエイティブにする
  5. PDCAサイクルを速く回す

1.目的に合った広告、課金方式を利用する

Google広告には、広告の種類と課金方式が複数ありますので、広告の目的に合ったものを利用しましょう。

商品販売であれば検索広告やショッピング広告をクリック課金で、ブランディングならディスプレイ広告や動画広告をインプレッション課金で運用します。

最適な広告の種類、課金方式を利用することで、広告のパフォーマンスを最大限発揮することが可能となります。

2.リマーケティングを実施する

リマーケティングは、Google広告の費用対効果を高めるのに特に効果的な方法の一つです。すでに自社サイトを訪問済みのユーザーに対して広告を配信するため、コンバージョン率が高くなる傾向にあります。

また、CPAも抑制できますので、Google広告全体の費用対効果にプラスの影響を与えることが可能です。

※参考:Google広告のリマーケティングについて詳しく解説した記事はこちら
関連記事

Google広告のリマーケティングは、購買意欲が高いユーザーにアプローチ可能な出稿方法として多くの企業で採用されているため、自社でも運用を検討している方も多いかと思います。 しかし、リマーケティング広告を検討する上で、下記のようなお悩[…]

Google広告のリマーケティング設定完全ガイド!下準備から配信開始まで丁寧に解説

3.フリークエンシーキャップを設定する

ディスプレイ広告や動画広告を運用する際は、フリークエンシーキャップの設定も活用してみてください。一人のユーザーに対して、何度も広告を配信することは問題ありません。

しかし、過度な広告配信は逆効果となる恐れがある上、無駄な広告費を費やしてしまう可能性もあります。よって、コンバージョンに最適な広告接触頻度を見極めて、フリークエンシーキャップの設定を行うのがおすすめです。

※参考:GDNのフリークエンシー設定について詳しく解説した記事はこちら
関連記事

Google広告のGDNは、画像や動画を活用した広告によって、視覚的な訴求が可能な広告です。 また、リマーケティングによって費用対効果の高い広告運用が実施できる手法としても用いられています。しかし、同じユーザーに繰り返し広告を配信する[…]

GDNのフリークエンシー設定ガイド!実施手順と効果的な活用方法を詳しく解説

4.ユーザーにとって魅力的な広告・クリエイティブにする

ユーザーにとって魅力的な広告や、クリエイティブを作成しましょう。検索広告であれば広告文、ディスプレイ広告や動画広告、アプリキャンペーンなら画像や動画、ショッピング広告であれば商品画像や商品データは、広告効果に大きな影響を与えます。

ユーザーの反応を少しでも多く得ることができる広告文を作成したり、クリエイティブの質を向上させることで、コンバージョン率が向上して、費用対効果も高めることが可能です。

5.PDCAサイクルを速く回す

Google広告の費用対効果を最大化するには、いかに速くPDCAサイクルを回せるかがポイントとなります。運用データを取得したら、すぐに分析をして改善の仮説を立て、実行します。

市場や競合は常に変化していきますので、継続的にPDCAを回していくことが求められます。また、仮説を検証する際には、A/Bテストの活用もおすすめです。

※参考:Google広告のA/Bテストについて詳しく解説した記事はこちら
関連記事

A/Bテストは、自社にとって最適な「クリエイティブ」「LP」を把握するために欠かせない機能です。しかし、自社でA/Bテストを実施する上で、 「A/Bテストを実施するメリットが理解できない」 「実施方法が分からない」 「[…]

Google広告のA/Bテスト完全ガイド!設定・実施方法から効果的な分析・活用のポイントまで詳しく解説

費用対効果を最大化するならGoogle広告に強みを持つ代理店利用もおすすめ!

費用対効果を最大化するならGoogle広告に強みを持つ代理店利用もおすすめ!

費用対効果を最大化するなら、Google広告に強みを持つ代理店を利用するのもおすすめです。Google広告に強みを持つ代理店なら、低コストで高い効果を発揮するGoogle広告運用が実現できます。

Google広告の運用を代理店に依頼する3つのメリット

Google広告の運用を代理店に依頼するメリットには、以下のようなものがあります。

  1. 代理店の知識や情報・ノウハウを活用できる
  2. 社内のリソースを使わなくて済む
  3. 最適な広告を選択して運用できる

 代理店の知識や情報・ノウハウを活用できる

代理店は、Google広告の運用を多数経験してきているので、知識とノウハウが蓄積されています。また、Google広告の認定代理店には、優先的に共有される情報もあります。

こうした知識やノウハウ、そして情報を活用できるのが、代理店を利用するメリットです。

 社内のリソースを使わなくて済む

Google広告の運用を代理店に依頼すると、基本的に広告運用に関する業務はすべて代理店が行ってくれます。

アカウントや広告の作成、クリエイティブの作成、キーワードやターゲティングの設定など、さまざまな業務に使うリソースを改めて捻出する必要がありません。

リソースに余裕がない企業は特に、代理店による運用代行がおすすめです。

 最適な広告を選択して運用できる

Google広告の中から最適な広告を選択して運用してもらえるのも、代理店を利用するメリットです。また、場合によってはGoogle広告以外のWEB広告を選択したり、併用する方が成果を得やすいといったケースもあります。

このような場合でも、代理店ならスムーズに対応してもらうことが可能です。

代理店の利用はこんな人に特におすすめ!

Google広告の運用方法についての知識がそれほどない、またはGoogle広告を運用するリソースが用意できない場合に、代理店の利用はおすすめです。

専門的な知識を活用した広告運用が実現できる上、リソース問題に頭を悩ませる必要もなくなります。

 

Google広告の運用を代理店に依頼する際の費用

Google広告の運用を代理店に依頼する際の費用を解説します。代理店を利用することで追加となる費用を把握した上で、依頼を検討してみてください。

広告代理店を利用してGoogle広告を運用する場合の費用の構造

代理店の運用代行には、「手数料」が必要です。また、Google広告の広告費も必要なので、この2つのコストが発生することを理解しておきましょう。

広告代理店を利用してGoogle広告を運用する場合の費用の相場

代理店手数料の相場は、以下のようになります。

手数料:広告費の20%(別途5万円前後の初期費用が必要なケースもあり)

よって、広告費をたくさん使うと、それだけ支払う手数料も増えていきます。なお、広告費は特に制限がありませんので、自社の予算に応じて決めて問題ありません。

代理店を利用する場合に手数料を抑えるポイント

手数料を抑えるためには、手数料の安い代理店を選ぶことです。相場より低い料金で対応しているところもあります。

また、運用改善能力の高い代理店を利用するのもおすすめです。できるだけ低コストで効果の高い運用が実現できれば、無駄な広告費や手数料を支払うことなく、Google広告の運用が実施できます。

 

費用を抑えたGoogle広告運用が実現できるおすすめ代理店3選

費用を押えたGoogle広告の運用が実現できるおすすめの代理店を3社ご紹介します。代理店の運用代行でGoogle広告の運用を検討されている方は、ぜひ参考ご覧下さい。

株式会社GPC

株式会社GPC

引用元:https://www.ppcbiz.biz/

こんな方におすすめ!

  • リスティング広告だけ運用したい方

 株式会社GPCの強み

株式会社GPCは、広告運用代行やホームページ制作・改善を行なっている代理店です。広告運用については、Google広告とYahoo!広告に対応していますが、ディスプレイ広告や動画広告、ショッピング広告などには対応していないため、リスティング広告だけを運用したい場合の選択肢となります。

手数料は広告費の金額によるテーブル制となっていますが、広告費の10~15%程度に収まっていますので、手数料コストを押えたい場合におすすめです。

ホームページの改善を実施することで、コンバージョン率を向上させ、費用対効果を高めることもできます。

株式会社GPCの概要

・料金体系:初期費用5万円/広告費の10~15%
・対応可能な媒体:Google広告/Yahoo!広告(リスティング広告のみ)
・会社名:株式会社GPC
・本社所在地:福岡県福岡市博多区千代2-2-8 一豊ビル202
・URL:https://www.ppcbiz.biz/

株式会社TONOSAMA

株式会社TONOSAMA

引用元:https://tonosama-listing.com/

こんな方におすすめ!

  • 手数料の安い代理店を利用したい方

 株式会社TONOSAMAの強み

株式会社TONOSAMAは、広告費の10%の手数料で運用代行が依頼できる代理店です。リスティング広告とディスプレイ広告の運用に対応しており、手数料は月額1万円からスタートすることが可能です。

Google広告以外にもYahoo!広告、Facebook広告、Instagram広告の運用やSEOの依頼もできます。とにかく手数料を抑えて広告運用をはじめたい方におすすめの代理店です。

株式会社TONOSAMAの概要

・料金体系:初期費用0円/広告費の10%
・対応可能な媒体:Google広告/Yahoo!広告/Facebook広告/Instagram広告
・会社名:株式会社TONOSAMA
・本社所在地: 福井県福井市毛矢2丁目1-9
・URL:https://tonosama-listing.com/

株式会社キーワードマーケティング

株式会社 キーワードマーケティング

引用元:https://www.kwm.co.jp/

こんな方におすすめ!

  • 運用力の高い代理店に依頼したい方

 株式会社キーワードマーケティングの強み

株式会社キーワードマーケティングは、リスティング広告・SNS広告・データフィード広告・アプリ広告などを運用している代理店です。

手数料は広告費の20%となっており、今回ご紹介する3社の中ではもっとも費用がかかる代理店ではあります。しかし、Google Premier Partnerに認定される実績を持っているので、高い運用力が期待できます。

株式会社キーワードマーケティングの概要

・対応可能な媒体:Google広告/Yahoo!広告/Facebook広告/Twitter広告/LINE広告/DSP広告
・会社名:株式会社キーワードマーケティング
・本社所在地:東京都中央区築地7-2-1 THE TERRACE TSUKIJI 2F
・URL:https://www.kwm.co.jp/

※参考:Google広告の運用に強みを持つ代理店を特集した記事も併せてご覧ください。

関連記事

Google広告の代理店に広告運用を依頼する際、どのように選べば良いか迷ってしまうケースが多いと思います。Google広告の代理店を選ぶポイントを把握しておけば、依頼する際に迷うこともありません。 本記事ではGoogle広告代理店の選[…]

Google広告代理店選び完全ガイド~上手な選び方や手数料の仕組みを詳しく解説~

 

Google広告の広告効果検証におすすめのツール

Google広告の広告効果検証におすすめのツールをご紹介します。Google広告の効果を正確かつ効率良く検証できるツールとなっています。

Databeat Explore

Databeat Explore

Databeat Exploreは、Google広告の広告効果を検証できるツールです。広告データを自動で集約し、最新の情報を元にしたレポートを自動で作成できます。

Google広告運用における「Databeat Explore」の3つの活用ポイント

Google広告運用におけるDatabeat Exploreの3つの活用ポイントをご紹介します。

 広告データの一元管理が可能

Databeat Exploreは、Google広告のデータを一元管理することが可能です。Google広告以外の媒体のデータも同時に管理できます。

データはすべて、Databeat Exploreが自動で収集・更新していきますので、データを集める手間がかかりません。

 データ出力フォーマットが多彩

Databeat Exploreは、データの出力フォーマットが多彩です。ExcelやGoogleスプレッドシートはもちろん、GoogleデータポータルやBIツール、Googleアナリティクスへの出力も可能です。

 クリエイティブの検証も可能

Databeat Exploreから、広告クリエイティブのサムネイルを自動出力することが可能です。この機能を活用すれば、広告クリエイティブの効果検証も簡単に実施できます。

 

まとめ

Google広告は、広告の目的や商材に合わせて検索広告・ディスプレイ広告・動画広告・ショッピング広告・アプリキャンペーンの中から、最適な広告を利用できます。

店舗を運営されている方は、Googleマイビジネスが無料で利用できますので、こちらも同時に活用するのがおすすめです。

広告費をかけてGoogle広告を運用する場合は、Google広告の運用経験や社内リソースの状況を見て、自社運用するか代理店で運用するかの判断をするとよいでしょう。

Google広告を自社で運用される場合は、効果検証やデータ管理の効率化のために、Databeat Exploreの導入をおすすめします。

広告レポート作成を自動化しませんか?

 

Databeat Explore_CTA

「広告データの集計に時間を取られている」
「アクセス解析と広告データを同時に集計したい」
「Looker Studio(旧Googleデータポータル)を使ってレポート作成工数や手動によるミスを削減したい」

このような課題は、Databeat Exploreで解決できます。

Databeat Exploreとは、自動で収集した広告データをオリジナルフォーマットでレポート化する、広告レポート作成自動化ツールです。

  • 導入にエンジニアスキルは不要
  • 国内最多の35サービスと連携が可能
  • 無料BIツールLooker Studio(旧Googleデータポータル)でレポート作成を自動化できる

詳しくは以下のリンクよりサービスサイトをご覧ください。

Google広告の費用がまるわかり!課金方式や費用相場、予算の決め方、代理店手数料まで詳しく解説
最新情報をチェックしよう!
>広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

Databeat Exploreは、WEB広告データの見える化を実現するサービスです。
様々な広告データを抽出・統合・一元化し、見たいデータを見たい時に見たい場所で見ることができます。

CTR IMG