TikTok広告出稿入門ガイド!種類、費用などの特徴から各種設定方法までわかりやすく解説

TikTok広告出稿入門ガイド!種類、費用などの特徴から各種設定方法までわかりやすく解説

TikTok広告は、ショートムービーが共有できるアプリTikTok上に広告出稿が可能なサービスです。

若い世代にアプローチが可能な広告媒体のため、今注目を集めていますがTikTok広告を出稿する上で、

「TikTok広告ってなに?」

「TikTok広告の出稿方法が分からない」

「TikTok広告を成功させるポイントを知りたい」

上記のようなお悩みはないでしょうか?本記事ではこれからTikTok広告出稿を検討する企業担当者様へ向けて「TikTok広告の基礎」「出稿方法」「運用する上でのポイント」を分かりやすく解説しています。

目次

運用する前に押さえておきたい!TikTok広告の基礎知識

TikTok広告の基礎知識について紹介します。TikTok広告は「リスティング広告」「ディスプレイ広告」といった広告媒体と目的や特徴が大きく異なるため、TikTok広告の基礎知識について事前に理解し、自社に向いている広告媒体か確認しておきましょう。

TikTok広告とは?

TikTok広告とは?

引用元:TikTok For Business

TikTok広告とは、ByteDanceが提供する動画共有アプリ上に広告が出稿できるサービスです。TikTokのアプリダウンロード数は15億を超えており、2018年以降日本国内でも多くのユーザーが利用しています。

5Gの普及により、今後も増加傾向が続くであろうと言われている広告媒体となります。

TikTok広告の特徴

TikTok広告の特徴を「利用者層」「掲載費用面」「運用上」の3つの観点で紹介します。自社の広告出稿の目的とTikTokの特徴をすり合わせてみましょう。

 TikTok利用者層の特徴

TikTokの月間アクティブユーザーは950万人です。詳細なユーザー層で言うと「10~20代の男女」の利用者が一番多いのも特徴と言えます。

30代以降に関しては、利用者が少なくなるため、自社のターゲットが10~20代の男女であれば向いている広告媒体と言えるでしょう。

 TikTok広告の掲載費用面での特徴

TikTok広告には、いくつかの課金方式が取り入れられているのが特徴と言えます。TikTok広告に用意されている課金方式は下記の通りです。

課金方式 詳細
インプレッション課金型 1000回表示の度に課金
クリック課金型 広告のCTAクリック時に課金される
期間契約型 1日あたりで契約する形式
再生課金型 一定の再生数を超えると課金

また、TikTok広告では広告の発注数や継続の有無によって費用が割引になるケースがあり、他広告媒体と異なる費用面も特徴と言えます。

 その他TikTok広告の媒体の特徴

TikTok広告の運用のしやすさも特徴と言えます。TikTok広告では高精度の自動AIを導入しているため、ユーザー情報の収集や的確なユーザーへの広告配信が可能となっています。

手動でターゲティングを行うよりも効率良く広告配信が行えるので、運用上においてもメリットが高い広告媒体となります。

また、クリエイティブ作成に関してもTikTok広告の管理画面上でテンプレートや音源が用意されているので、デザインスキルがなくても誰でも簡単にクリエイティブの作成が行えるのもメリットといえます。

TikTok広告が効果を発揮するシーン

TikTok広告の効果を発揮するシーンは、10代~20代へのアプローチと拡散を求めている場合といえます。冒頭でも紹介したようにTikTokのユーザーの半数は10代~20代です。

それに合わせてTikTok広告には「ハッシュタグチャレンジ広告」というユーザーが参加する広告があります。これにより拡散が見込めるので、多くの若者に認知したいといった場合にTikTok広告は効果を発揮します。

TikTok広告の主な種類

TikTok広告の主な種類について紹介します。自社の目的に合ったTikTok広告を見つけてみましょう。

起動画面広告

起動画面広告

引用元:TikTok公式サイト

起動画面広告は、TikTokアプリを起動した際に表示される広告です。静止画もしくはアニメーションの表示が可能となります。

スマートフォン全体に広告が表示されるのでインパクトを与えることが可能ですが、1日1枠限定となっているため費用は高額となります。

インフィード広告

インフィード広告

引用元:TikTok公式サイト

インフィード広告は、TikTokアプリ内のおすすめ投稿に表示される広告です。広告表示時間が9秒~15秒と長いため多くの情報を伝えたい場合に適している広告となります。インフィード広告は更に3つの種類に分けられます。

インフィード広告の種類 詳細
TopView おすすめ投稿の一番目に表示
OneDayMax おすすめ投稿の4番目に表示
Brand Premium おすすめ投稿の80番目以内に表示

ハッシュタグチャレンジ

ハッシュタグチャレンジ

引用元:TikTok公式サイト

ハッシュタグチャレンジとは、TikTokユーザーに特定のハッシュタグの投稿を促すユーザー参加型の広告です。広告感がないため若い世代も参加しやすく拡散も狙える広告となります。ハッシュタグチャレンジの種類は全部で4つあります。

種類 詳細
ベーシックハッシュタグチャレンジ 初回限定の格安チャレンジ
スタンダードハッシュタグチャレンジ 定番のハッシュタグチャレンジで最も利用が多い
ハッシュタグチャレンジプラス ブランドコミュニケーションがプラスされている
バトルハッシュタグチャレンジ 2つのハッシュタグを競わせる形式

TikTok広告の掲載費用

一般的なTikTok広告の掲載費用相場を解説します。広告の種類により費用が異なります、詳細は下記の通りです。

広告種類 課金方式 費用相場
起動画面広告 期間契約型 770円(1,000imp)
インフィード広告 imp/クリック/再生型 100〜1,000円(1,000imp)
30〜100円(1クリック)
5〜60円(1再生)
ベーシックハッシュタグチャレンジ 期間契約型 1,000万円
スタンダードハッシュタグチャレンジ 期間契約型 1,500万円
ハッシュタグチャレンジプラス 期間契約型 1,700万円
バトルハッシュタグチャレンジ 期間契約型 1,000万円

 

TikTok広告スタートガイド!出稿方法、設定方法チュートリアル

TikTok広告の出稿方法の手順について紹介します。下記手順を参考にインハウスでTikTok広告を運用してみましょう。

出稿前に確認しておきたいTikTokの広告審査基準について

出稿手順の前にTikTokの広告審査基準について紹介します。TikTok広告では、クリエイティブに関して下記のような入稿規定があるので事前に確認しておきましょう。

項目 詳細
動画 5秒~15秒(容量500MB以下)
静止画 98px×98px
テキスト 12文字~80文字以内

また、TikTok広告では下記業種の広告出稿が禁止されています。自社の業種が当てはまらないか確認しましょう。

  • ギャンブル
  • 風俗
  • アルコール、タバコ
  • ライブ配信アプリ
  • SNSアプリ
  • 出会い系
  • 動画撮影アプリ
  • アダルト関連の出版物
  • 医療機構(整形外科など)
  • 医療機器
  • サプリメント
  • ゲーム
  • 金融
  • 音楽関連のアプリなどを宣伝するコンテンツ
  • アルコール、タバコ

TikTok広告の入稿STEPまとめ

TikTok広告の入稿STEPを紹介します。下記ステップに沿って広告出稿してみましょう。

  • STEP1:広告アカウント開設
  • STEP2:検証作業
  • STEP3:詳細情報入力
  • STEP4:請求先の情報の入力
  • STEP5:支払い情報の入力
  • STEP6:広告の目的を選択
  • STEP7:ターゲットの設定
  • STEP8:予算とスケジュール
  • STEP9:広告フォーマットの選択
  • STEP10:クリエイティブの作成

STEP1:広告アカウント開設

STEP1:広告アカウント開設

引用元:TikTok

こちらのページから広告アカウントを作成します。「今すぐ申し込む」を選択します。

STEP2:検証作業

詳細情報入力

引用元:TikTok

メールアドレス、パスワードなどの情報を入力します。メールアドレスを入力後「検証コード」を送るを選択するとメールアドレスにコードを送られるのでそちらを入力し「登録」を選択しましょう。

STEP3:詳細情報入力

STEP3:詳細情報入力

引用元:TikTok

広告アカウント作成に必要な詳細情報を記入します。

STEP4:請求先の情報の入力

STEP4:請求先の情報の入力

引用元:TikTok

詳細情報を記入すると、TikTok広告マネージャーが立ち上がります。「プロモーションリンク」と「請求先の情報」を記入しましょう。

STEP5:支払い情報の入力

STEP5:支払い情報の入力

引用元:TikTok

続いて支払い情報を記入します。クレジットカードの情報を入力して「次のステップ」を選択してください。

STEP6:広告の目的を選択

STEP6:広告の目的を選択

引用元:TikTok

キャンペーンの作成に入ります。初めに広告出稿の目的を選択しましょう。自社の商品・サービスに合ったものを選択しましょう。

STEP7:ターゲットの設定

STEP7:ターゲットの設定

引用元:TikTok

続いてターゲティングの設定を行います。TikTok広告で下記のようなターゲティングが可能となっています。

項目 詳細
性別 男性/女性/両方
年齢 13歳~55歳以上
地域 16か国から選択
言語 英語/日本語/中国語等
デバイス iOS/Android
通信環境 WiFi/4G等
バージョン iOS8.0〜12.1以上/Android4.0〜9.0以上
興味 ペット/ゲーム/グルメ/教育等

上図右側に表示されている「オーディエンスサイズ」が狭くなりすぎないように注意しターゲティングを設定しましょう。

STEP8:予算とスケジュール

STEP8:予算とスケジュール

引用元:TikTok

広告費の1日あたりの予算と広告配信の希望に時間帯があれば入力し「次のステップ」を選択します。

STEP9:広告フォーマットの選択

STEP9:広告フォーマットの選択

引用元:TikTok

広告フォーマットを選択します。「動画」「画像」「カルーセル」のいずれかから選択しましょう。

STEP10:クリエイティブの作成

STEP10:クリエイティブの作成

引用元:TikTok

最後にクリエイティブの作成を行います。下記項目を参考にクリエイティブを作成してみましょう。

項目 詳細
メディア 広告素材のアップロード、もしくはテンプレートで作成が可能
テキストリンク 広告に表示されるテキストを入力
誘導アクション 今すぐ登録、新規登録などのアクションボタンを選択
URL 誘導先のURLを入力

クリエイティブの作成後「確認」をクリックするとキャンペーンの作成完了です。

 

TikTok広告を上手に運用する3つのポイント

TikTok広告を上手に運用するポイントを紹介します。TikTok広告運用は若い世代が対象となるため、リスティング広告等と比べると運用上のポイントも異なるのでこちらでポイントしっかり押さえておきましょう。

  1. TikTok広告の特徴を理解する
  2. 真似のしやすさと楽しさを重視する
  3. インフルエンサーを活用する

TikTok広告の特徴を理解する

TikTok広告の広告配信は、売上げに直結することが難しいということを理解しましょう。そのため、他広告媒体でよくみられるクーポンの配布などはTikTok広告に向いていません。

TikTokは広告を出稿し、若い世代と企業が繋がりを持ち認知度を向上させるブランディング要素が強い広告媒体となります。これを理解せずにTikTok広告出稿しても効果は見込めません。そのため、すぐ売上に直結するPRを検討している方は別媒体の広告運用を検討しましょう。

※参考:TikTok以外のWEB広告媒体でおすすめの特集記事
関連記事

リスティング広告の運用代行を担う代理店は、クライアントに代わってリスティング広告の運用全般を行ってくれます。この運用代行サービスは、自社でリスティング広告の運用が難しい企業にとって、非常に有用なサービスです。 しかし、リスティング広告[…]

リスティング広告代理店選び完全ガイド〜上手な選び方や手数料の仕組み詳しく解説〜
関連記事

SNS広告は、SNSの利用者増加と共に活用する企業が続々と増えてきているマーケティング手法のひとつです。一般的な広告に比べて拡散力があったり、細かなユーザーのターゲティングができるといった点が、リスティング広告などとは異なります。 上[…]

SNS広告運用代行おすすめ代理店11選と上手な選び方

真似のしやすさと楽しさを重視する

TikTok広告を運用する上では、真似のしやすさと楽しさを重視したクリエイティブの作成が重要となります。TikTok広告は、広告を見た若い世代のユーザーがいかにして拡散してくれるかがポイントになります。

例えば、真似をしやすいダンス動画を配信すると、多くの若い世代が真似してTikTok上に投稿することで、どんどん拡散していきます。

トレンドを取り入れて、いかにユーザーに「楽しいと」と思ってもらえるかが重要なポイントとなります。

インフルエンサーを活用する

TikTok広告を運用する際は、インフルエンサーの活用も非常に効果的です。Instagramのインスタグラマー同様、TikTokにもTikTokerといったインフルエンサーが多く存在します。TikTokerを活用することでより効率的に広告を拡散できるでしょう。

TikTokerの活用は当然費用も掛かりますが、その分高い広告効果を生み出すことが可能なので、予算に余裕がある企業は是非、チャレンジしてみましょう。

※参考:下記の記事ではInstagram広告について詳しく解説しています。
関連記事

Instagram広告は、SNSの中でも特に若年層のユーザーを多く抱えている媒体です。リスティング広告などの検索連動型広告とは違ったターゲティングやリーチが獲得できることから、マーケティングに取り入れる企業も増えてきています。 Ins[…]

Instagram広告運用代行おすすめ代理店7選と上手な選び方

TikTok広告の出稿・運用を代理店に依頼することもおすすめ

TikTok広告の出稿・運用を代理店に依頼することもおすすめ

TikTok広告は、他広告媒体と比べてクリエイティブの制作や運用法が特殊であるため、インハウスでの出稿・運用を自社で行うのが困難な場合は代理店に依頼することもおすすめです。

TikTok広告の運用代行を代理店に依頼する3つのメリット

TikTok広告の運用代行を代理店に依頼する3つのメリットは下記の通りです。下記メリットを参考に代理店に依頼をかけるか検討しましょう。

  1. 広告効果が見込める可能性が高くなる
  2. 広告運用業務の削減
  3. 企業全体のWeb集客の見直しが可能

メリット1:広告効果が見込める可能性が高くなる

TikTok広告運用を代理店に依頼することで、広告効果が見込める可能性が高くなるメリットがあります。代理店にはTikTok広告運用の実績ノウハウがあるためです。例えば、自社でTikTok広告用のクリエイティブを作成するとしましょう。

しかし、経験のない方が、TikTokメインユーザーの10代にバズりそうなクリエイティブを作成することは、非常に難しいでしょう。そういった際に、代理店にクリエイティブの作成を依頼すれば、自社で作成するよりは確実に効果の見込めるクリエイティブ作成が可能です。

メリット2:広告運用業務の削減

TikTok広告運用を代理店に依頼することで、広告運用業務を削減できるメリットもあります。広告運用業務には「クリエイティブ作成」「効果測定」「競合調査」など多くの工数が必要ですが、代理店に依頼することで、これらの業務を削減することが可能です。

特に人材不足の企業にとっては、1人の社員の業務を削減できるだけでもかなり大きなメリットといえるでしょう。

メリット3:企業全体のWeb集客の見直しが可能

TikTok広告運用を代理店に依頼することで、企業全体のWeb集客の見直しが可能になるメリットがあります。

TikTok広告は「認知」「拡散」を目的とした広告媒体となるため、TikTok広告を検討している企業は、他の媒体での広告出稿やSNSなどのWeb集客に力を入れていると思います。

代理店によっては、TikTok広告運用だけではなく、企業全体のWeb集客のコンサルにも対応しているケースもあるので、そのような代理店に依頼することで企業全体のWeb集客の見直しが可能となります。

TikTok広告の代理店を上手に選ぶ3つのチェックポイント

TikTok広告の代理店を上手に選ぶポイントを紹介します。TikTok広告運用が成功するかは、代理店の選定で決まるといっても過言ではありません。下記ポイントを押さえて代理店を選定するようにしましょう。

  1. TikTok For Business公式クリエイティブパートナーで選ぶ
  2. 取り扱いの広告媒体で選ぶ
  3. クリエイティブの作成スキルで選定する

ポイント1:TikTok For Business公式クリエイティブパートナーで選ぶ

TikTok広告の代理店は、TikTok For Business公式クリエイティブパートナー企業から代理店を選定すると良いでしょう。TikTok For Business公式クリエイティブパートナーとはTikTokとパートナー契約を結んでいる企業です。

TikTok広告の企画から広告配信をスピーディに実施するだけでなく「高クオリティ」のクリエティブ作成が可能となっています。広告効果が期待できる代理店を選定する上では重要な選定ポイントとなります。

ポイント2:取り扱いの広告媒体で選ぶ

はじめに取り扱いの広告媒体を確認するようにしましょう。公式HPにてTikTok広告運用の実績等を公開している代理店がおすすめです。

また、自社で別広告媒体も運用している場合、その媒体に関しても対応している代理店の方が良いでしょう。代理店を複数利用すると、自社の管理も複雑となるのでなるべく多くの広告媒体の実績がある代理店を選ぶのも重要です。

ポイント3:クリエイティブの作成スキルで選定する

TikTok広告の代理店を選定する際は、代理店のクリエイティブの作成スキルで選定するようにしましょう。TikTok広告は、若い世代に楽しんでもらえるようなクリエイティブを作成する必要があります。

そのため、代理店の公式HPページで必ず実績を確認するようにしましょう。社内に若い世代の社員がいればヒアリングを行い若い世代に影響力があるクリエイティブが作成できるか、事前に把握しておくことが重要です。

 

TikTok広告の運用代行おすすめ代理店3選

TikTok広告の運用代行おすすめ代理店を紹介します。自社でTikTok広告の代理店選定が難しい場合は、下記代理店に依頼することをおすすめします。

株式会社セプテーニ

株式会社セプテーニ

引用元:株式会社セプテーニ

こんな方におすすめ!

  • TikTok広告のクリエイティブ制作に力を入れたい
  • 大手の広告代理店に運用を依頼したい

株式会社セプテーニの強み

株式会社セプテーニは、2018年にTikTok For Business公式クリエイティブパートナーに選ばれた大手の広告代理店です。

株式会社セプテーニでは、TikTok専門のクリエイティブ制作チームを結成しているので、TikTok広告に適したクリエティブの制作が可能です。

TikTokerのキャスティング等も行っているため、TikTok広告のクリエイティブ制作~運用までを一括で依頼することが可能です。

株式会社セプテーニの概要

  • 料金体系:要問合せ
  • 会社名:株式会社セプテーニ
  • 本社所在地:東京都新宿区西新宿8-17-1住友不動産新宿グランドタワー28F
  • URL:https://www.septeni.co.jp/

株式会社オプト

株式会社オプト

引用元:株式会社オプト

こんな方におすすめ!

  • 複数の広告媒体の運用を依頼したい
  • どこにも負けないクリエイティブを制作したい

株式会社オプトの強み

株式会社オプトは、2018年にTikTok For Business公式クリエイティブパートナーに選ばれた広告代理店で「リスティング広告」「ディスプレイ広告」「SNS広告」運用を得意としています。

TikTok広告用に最適化したクリエティブパーケージを販売しているのも強みです。自社のクリエイティブ制作スタジオに「サウンドユニット」を設置することにより、詳細なサウンド分析が可能となっているため、クオリティの高いTikTok広告専用のクリエイティブ制作が可能となっています。

株式会社オプトの概要

  • 料金体系:要問合せ
  • 会社名:株式会社オプト
  • 本社所在地:東京都千代田区四番町6 東急番町ビル
  • URL:https://www.opt.ne.jp/

Nativex Japan

Nativex Japan

引用元:Nativex Japan

こんな方におすすめ!

  • TikTokerを起用した広告運用を検討している
  • 日本国内だけではなく海外への広告配信も検討している

Nativex Japanの強み

Nativex Japanは中国最大の広告代理店の日本法人です。「広告運用代行」「アプリの中国展開」「インフルエンサーマーケティング事業」をメインに手掛けています。

母体が中国企業ということもあり、TikTokの開発元である「Bytedance」とパートナーシップを交わしているため、TikTokの仕様変更等にも迅速対応することが可能です。

またNativex Japanでは、各国のインフルエンサー在籍事務所と提携しているため、海外日本国内問わずTikTokerを起用することも可能となっています。

Nativex Japanの概要

  • 料金体系:要問合せ
  • 会社名:Nativex Japan
  • 本社所在地:東京都渋谷区神宮前1-5-8 神宮前タワービルディング14階
  • URL:https://www.nativex.com/jp/

 

TikTok広告運用の効果を可視化するオススメの広告効果測定ツール

TikTok広告以外の媒体でも広告運用している場合、各広告媒体を比較することで更に広告効果を向上させることができます。しかし、広告媒体ごとに指標が異なったり、リアルタイムでの効果データの共有が難しいといった課題があります。

そんな課題を解決するのが今回紹介する広告効果測定ツールです。各広告媒体の効果測定にお悩みの方は是非、下記ツールの導入を検討してみてください。

Databeat Explore

Databeat Explore

Databeat Exploreは「TikTok広告」「リスティング広告」「ディスプレイ広告」などの、各広告媒体の広告効果を可視化するためのツールです。

各広告媒体の効果測定データの「抽出」「集計」「更新」「可視化」を自動で行うため広告運用の工数削減だけではなく、各広告媒体の効果を可視化することにより企業のマーケティング施策にも活用できるツールとなっています。

TikTok広告運用における「Databeat Explore」の3つの活用ポイント

TikTok広告運用における「Databeat Explore」の3つの活用ポイントを紹介します。各広告媒体の効果測定やマーケティング施策に課題がある方は下記3つのポイントを押さえて「Databeat Explore」を活用することをおすすめします。

・広告運用における作業負担の軽減

Databeat Exploreを導入することで、広告運用における作業負担の軽減が可能です。TikTok広告以外の媒体でも広告運用している場合、各広告媒体の管理画面からレポートを抽出しなくてはいけません。

また抽出したデータに関しても媒体ごとに効果を見ていかなければいけませんが、Databeat Exploreを活用すればデータ抽出自動化とツール上で各広告効果の比較が可能となるため、広告運用における作業負担を大きく削減することが可能です。

・指標の統一により正確な比較が可能

Databeat Explorを活用することで、各広告媒体の比較を正確に行うことが可能となります。通常広告媒体ごとに効果を比較する際は、指標を照らし合わせる必要がありますが、指標は広告により異なる場合があります。

そうなると各広告媒体の比較が非常に困難となるため、広告効果の比較は課題とされていましたが、Databeat Explorでは広告ごとに異なる指標を自動で同じ意味に統一する機能を搭載しています。

これにより、いままで困難であった各広告媒体の効果測定を正確に行うことが可能となりました。

・最新の広告効果をリアルタイムで共有

Databeat Explorを活用すると、広告効果をリアルタイムで共有することが可能です。Databeat Exploreでは、「Googleスプレッドシート」等へのデータ出力も自動で行うため、いつでも最新の広告効果を確認することができます。

また、出力できるフォーマットに関しても「Googleスプレッドシート」「BIツール」「Excel」などに対応しているため、企業に合わせたデータ出力も可能となっています。

 

まとめ

TikTok広告出稿入門ガイドについて紹介しました。TikTok広告は10~20代に人気のTikTok上に広告出稿が可能なサービスです。

通常の広告媒体と異なり、ハッシュタグチャレンジなどの参加型の広告配信面も用意されているため、多くの企業で採用されています。TikTok広告は、商品購入を促すような広告出稿には向いておらず、ブラディングを目的とした広告配信に適しています。

そのため、ユーザーが真似しやすく楽しんでもらえるようなクリエイティブ作成が必要となります。自社での作成が難しい場合はTikTok広告運用を得意とした代理店に依頼するようにしましょう。

また、複数の広告媒体を運用しており、管理や効果測定に課題がある企業は、広告測定ツールを活用すことで課題を解決できるケースもあるので、こちらも合わせて検討してみて下さい。

Googleデータポータルを活用して分析業務を効率化するツール
DatabeatExplore

こんな方にオススメ

・広告数字の集計が大変

GAと広告数字を同時に集計したい

・人力レポートではミスが発生する

Googleデータポータルを活用したい

TikTok広告出稿入門ガイド!種類、費用などの特徴から各種設定方法までわかりやすく解説
最新情報をチェックしよう!
>広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

Databeat Exploreは、WEB広告データの見える化を実現するサービスです。
様々な広告データを抽出・統合・一元化し、見たいデータを見たい時に見たい場所で見ることができます。

CTR IMG