Amazon広告運用代行おすすめ代理店5選と上手な選び方

Amazon広告運用代行おすすめ代理店5選と上手な選び方

Amazon広告を運用する際、自社内で広告運用するか代理店に広告運用代行を依頼するか悩まれる方もいらっしゃるでしょう。
結論として、Amazon広告運用を代理店に依頼することで「売上の向上が見込める運営」や「自社の業務負担の軽減」を実現することができます。
本記事では、Amazon広告の運用をご検討される方に向けて、Amazon広告運用代行のメリット・デメリット、料金相場、代理店を選ぶチェックポイント、おすすめの広告代理店をご紹介します。
また、Amazon広告運用を自社運用される際の、広告運用におけるデータ収集、分析業務の効率を高める専門的なツールもご紹介しますので最後まで読んでみてください。

※参考:Amazon広告の基本をおさえたい方におすすめの記事はこちら
関連記事

ECサイトを運営している方であればAmazonへ出品している方も多いと思いますが、多くの商品の中から自社商品を見つけてもらうのは大変でしょう。 そんな方におすすめなのがAmazon上に広告出稿が可能なAmazon広告です。 しか[…]

目次

Amazon広告の運用代行を代理店にお願いする3つのメリット

Amazon広告の運用代行を代理店に依頼すると、自社運用に比べ、「成果に直結する運用や成果が出るまでの時間」、「自社内の業務負担の軽減」などの効果が期待できます。Amazon広告運用代行の主なメリットを5つご紹介します。Amazon広告運用代行の利用判断の材料としてチェックしてみてください。

メリット1:広告運用における作業を一任することができる

Amazon広告の運用を代理店に依頼することで、広告運用における作業を一任することができます。
広告運用にはAmazonのアカウント登録や商品登録などの初期設定、キーワード設定やターゲティング、広告文の作成、商品ページの最適化、客単価対策など売り上げを拡大するための施策考案、日々の仮説検証や効果分析、在庫管理や発注業務など多くの作業が必要になります。
上記のような作業を自前で運用するには、人件費などのコストや多大な労力、時間が必要になります。
広告運用における様々な作業を一任することで、自社内における広告運用業務負担を軽減し、広告運用失敗のリスクを下げることができます。

メリット2:成果が出るまでの時間を短縮できる

代理店に運用を代行してもらうことで、Amazon広告の成果が出るまでの時間を短縮することも可能になります。
自社でAmazon広告を運用する場合、成果を出すための施策を考案し、仮説検証、分析を何度も繰り返し、試行錯誤しながら勝ちパターンを見つけていくため、多くの時間が必要になります。
しかし、広告代理店は日々仮説や検証、分析などの業務を行う過程で成果が出るノウハウやデータを蓄積させています。代理店の持つノウハウの具体的な例としては、購入可能性の高い顧客層のターゲティングノウハウや、クリック率やコンバージョン率の高い広告文などが挙げられます。これらのノウハウを確立するには、時間を要するでしょう。
代理店に依頼することで、仮説検証・分析といった過程に必要な時間を短縮しながら、最適な施策を運用初期の段階から実施することが可能になります。

メリット3:広告運用業務の負担が軽減できる

代理店にAmazon運用代行を依頼することで、自社で広告運用をする様々な作業の負担を軽減することができます。
例えば、広告の出稿・管理の業務以外にも、成果を出すために日々施策の結果を検証・分析する必要があります。また、その結果を報告、共有するために資料作りなどの作業も発生します。
そのような、広告運用に関わる出稿や管理、施策の検証・分析、レポートは代理店に任せることができるため、自社の広告運用に関わる業務の負担を軽減し、本業に集中できる体制を実現できます。

Amazon広告運用代行を代理店にお願いする3つのデメリット

一方、Amazon広告運用を代理店に依頼することで生じるデメリットもあります。代理店に広告運用代行を依頼するデメリットと、その対応策を事前に把握しておくと、問題の発生を未然に防止することや、問題発生による影響を小さくすることができます。

デメリット1:広告掲載費用と別にコストがかかる

代理店にAmazon広告の運用代行をお願いすると、広告掲載費とは別に代理店手数料などのコストが発生します。
内容にもよりますが、一般的に代理店の手数料は広告掲載費の20%です。仮に広告掲載費が100万円の場合は20万円の手数料が必要になります。
そのため、小規模の事業所などはコストをかけることが難しい場合があります。

 デメリットの対応策

最初は自前でAmazon広告を運用をすることで初期費用を抑えることが可能です。
代理店の初期費用は、Amazonに広告出稿するために必要な事前の初期設定費用になります。
例えば、アカウント登録や商品登録、キーワードの選定、また、広告文の作成などがあります。
上記の初期設定を自前で済ませることでコストを抑えることができます。
さらに、自前で運用することで基本的なAmazon広告運用の知識やノウハウを蓄積することも可能になります。

デメリット2:自社運用に比べ、各種設定変更に時間がかかる

広告代理店は自社の1社だけではなく、多くのクライアントを受け持っているケースがほとんどです。
そのため、Amazon広告の内容やキャンペーンの予算、広告したい商品の変更などをタイムリーにお願いしたいと考えていても、代理店による即時の対応は難しくなる場合もあります。
また、広告内容だけではなく、効果検証の結果を代理店から定期的にフィードバックをもらう場合も、期待通りのタイミング、スパンで対応してもらえないこともあります。

 デメリットの対応策

対応策として、事前に十分な時間を取って、ターゲットや商品キーワード、広告内容などは可能な限り変更が必要ないよう、事前に決めておくことをおすすめします。
また、Amazon広告の基本的な操作方法や、広告の効果の検証に必要なKPIやKGIの設定、基本的な分析・検証ノウハウを事前に習得しておくことで、自社でも定期的な効果検証とタイムリなー改善策実施ができるようになります。

デメリット3:自社内での広告運用ノウハウ蓄積が難しい

代理店にお願いをすると、自社の広告運用におけるノウハウの蓄積が難しくなります。
例えば、広告運用を開始した初期段階では、何が成功し何が失敗しているかわかりません。そのため、キーワード設定やターゲティング、広告文の変更など、試行錯誤をしながら改善を繰り返す必要があります。
代理店にAmazon広告運用を代行してもらうと、上記のような日々の試行錯誤から得られるノウハウを蓄積することが難しくなるため、今後、自前での広告運用を検討されている場合は、代理店にお願いすることが適していない場合もあります。

 デメリットの対応策

代理店に運用を依頼しつつ、自前で分析や検証を行いノウハウを身に着けることで対策できます。
また、不明点や改善点があった際に、依頼している代理店から広告の意図や目的、施策の仮説を確認し、自社の運用にも取り入れましょう。

Amazon広告運用代行の料金相場とサービス範囲

Amazon広告運用代行の料金相場は、一般的に20万円〜50万円です。
また、広告運用代行のサービス内容は一般的に現状の診断や競合の分析、対策箇所の提案、レポーティング等幅広く用意されています。自社の状況を踏まえ、事前に予算やサービスを想定し、代理店にお願いすると良いでしょう。

Amazon広告運用代行の料金体系

Amazon広告運用代行の料金体系は、主に「初期費用」「広告出稿費用」「運用代行手数料」で構成されるケースが多く、代理店によっては初期費用や運用代行手数料が一切かからない「成果報酬費用」のみを請求する代理店もあります

初期費用

初期費用は広告を出稿するまでに必要な、アカウントの登録や商品登録、キーワード設定、広告文の作成など、事前の準備、初期設定にかかる費用です。
代理店によっては無料の場合もありますが、一般的に2万円〜10万円の費用が必要です。

広告出稿費

広告出稿費はAmazonに支払う費用なので、代理店運用や自社運用に関係なくかかる費用です。
Amazon広告には主に、スポンサープロダクト広告、スポンサーブランド広告、ディスプレイ広告があります。
スポンサープロダクト広告とスポンサーブランド広告はクリック課金制の広告で、1クリックの平均単価は5円前後になります。クリック単価はオークション形式で決まり、競争が激しければ高くなり、競争が落ち着いている場合は低くなります。
一方、ディスプレイ広告は最低出稿金額が150万円以上になるため、予算と期待効果を考えて運用する必要があります。

運用代行手数料

運用代行にかかる費用で、運用代行手数料は20%に設定している代理店がほとんどです。
また、広告費が低い場合は代理店によって手数料ではなく月額固定費として費用がかかる場合もあります。
具体的な例として、広告費が25万円未満の場合、20%の手数料ではなく月額固定費として5万円かかる代理店もあります

成果報酬費用

代理店によっては、成果報酬費用のみの料金体系を採用しているケースもあります。

Amazon広告運用代行における成果報酬費用は一般的に、CV(コンバージョン)や売り上げなどの成果に対して10%〜20%の費用が発生する仕組みとなっています。

Amazon広告運用代行の料金相場とサービス範囲

Amazon広告運用代行の料金相場は広告出稿費用を除くと20万円から50万円程度が一般的です。

月10万円以下のサービス範囲

月10万円以下のサービス範囲
料金 10万円
こんな方におすすめ ・広告運用を代行するのは初めて
・費用を抑えたい
サービス対応範囲 現状の分析、キーワード選定、仮説検証による効果分析、月次レポートなどの現状を把握し徐々に売り上げ拡大を目指す一般的な広告運用代行サービス

広告代行月20~30万円のサービス範囲

広告代行月20~30万円のサービス範囲
料金 月20~30万円
こんな方におすすめ ・売り上げ拡大のためターゲティングの改善など具体的な施策を行いたい
・検索で上位表示され商品の認知度や購買の成果を高めたい
・現在の運用を見直したい
サービス対応範囲 一般的な広告運用代行サービスの他に、現状の分析・改善、商品詳細ページ作成・改善、売り上げアップの戦略提案など、売り上げ拡大に繋がる本格的なサービス

月50万円以上のサービス範囲

月50万円以上のサービス範囲
料金 月50万円以上
こんな方におすすめ ・大幅な売り上げ拡大を目指したい
・広告運用を担当する人材育成や売り上げ拡大に繋がる豊富なノウハウを養いたい
サービス対応範囲 Amazon内SEOやキーワードの最適化などのアクセス対策、商品ページの最適化による転換率対策、客単価向上のための施策提案など、本格的なサービスの他に、大幅な売り上げ拡大やインハウス化を目指したコンサルティングサポート

Amazon広告の運用代行を担う代理店を上手に選ぶ5つのチェックポイント

Amazon広告運用代行会社選びのチェックリスト

自社に適したAmazon広告運用代行会社を選ぶ上での主要なチェックポイントを5つご紹介します。これらのチェックポイントを事前に確認しておくことで、自社の課題を適切に解決できる代理店を選択できる可能性を高めることができます。

POINT1.売り上げ拡大の実績

まずは、Amazon広告の運用代行での売り上げ拡大の実績があるか確認しましょう。
実際に売り上げ拡大の実績がある代理店は、ホームページなどで売り上げアップ達成率や前年比増加率、売り上げが上昇した企業数など、実績をチェックできる情報を公開しています。その他、顧客のインタビュー内容や、代理店の取材記事なども参考になる情報源となるでしょう。
上記の実績を事前に確認し、自社に合ったサービスを展開している代理店を選びましょう。

POINT2.ノウハウが豊富

また、代理店にお願いする際は豊富なノウハウが備わっているかどうかも重要な判断基準になります。
信頼できる豊富なノウハウが備わっている判断基準として、Amazon運用におけるノウハウ提供関連の事業を行っているか確認しましょう。また、代理店の中には、今後自社でも広告運用ができるようにインハウス化を支援している代理店もあります
Amazon運用におけるノウハウ提供関連事業を推進している代理店や、インハウス化を支援している代理店の多くは、セミナーや説明会などを積極的に実施しています。
代理店が請け負っている案件以外にも、セミナーや説明会から現場の声を集めノウハウを蓄積しています。
その集めたノウハウを実戦で活用したり、新しい広告運用の提案などに活かしています。
そのため、Amazon運用におけるノウハウ提供関連事業を積極的に行っているかどうかも確認しましょう。

POINT3.レポートの頻度

レポートの頻度も代理店を選ぶ際の判断基準になります。
広告を出稿したままではなく、定期的なレポートを共有してもらうことで、広告運用上の課題を明確化でき、成果につなげるための施策や対策を立てやすくなります。
レポートの頻度が2ヶ月に1回など少ない回数ではなく、毎日1回など頻度が多いほど、自社に合った適切な改善の提案を受けられる回数が増えるため、成果に繋がるまでのスピードも上がります。
事前にレポートの頻度を確認し、最適なタイミングでレポートが受けられる代理店を選びましょう。

POINT4.費用の明確性

費用が明確に提示されていることもポイントです。
費用が曖昧に設定されていると、コスト管理が難しい上、代理店との間でトラブルの元にもなります。固定費用や成果報酬など、多種多様な料金体系がある業界であるため、初回打ち合わせ時に費用が明確に説明されているかをしっかりと確認しましょう。

POINT5.サービス内容が充実

サービス内容が充実しているかどうかも大切なポイントです。
広告運用代行のみを対応する代理店や、Amazon運営全般に関するコンサルティング、商品の出品からクレーム対応まで全てを請け負う代理店など、代理店によってはサービス範囲が異なります。各代理店のサービス内容を今一度確認し、自社に最も適したサービスを選ぶことが大切です。

【厳選】Amazon広告運用代行に強みをもつおすすめ代理店5選

広告運用代行に強みを持つ代理店にお願いをすることで、自社で抱えている問題をスピーディーに解決することが可能になります。
各代理店のおすすめポイントや強み、会社概要をご紹介しますので代理店選びの参考にしてください。

株式会社グラッドキューブ


引用元:株式会社グラッドキューブ

こんな方におすすめ!

  • Amazon広告の実績が豊富な代理店をお探しの方
  • 実績をもとにした専門チーム体制や24時間以内のメール返答、電話対応などサポート体制が充実した代理店をお探しの方
  • 英語・中国語に対応したサービスが必要な方
  • 新規でAmazonに出店したい方

株式会社グラッドキューブの強み

  • 商品ごとに合わせた柔軟な広告配信調整が可能
  • オーガニック検索順位に合わせた広告配信戦略を策定できる
  • 英語・中国語にも対応
  • 購買意欲を高める季節ごとに最適な広告文の提案や売り上げ増加に繋がるターゲティングなどの多彩なプロモーションが可能
  • 顧客1社に対し最低2名以上の担当者をつけ、24時間以内の返信対応などコミュニケーションを重視したサポート体制の充実

株式会社グラッドキューブの概要

・会社名:株式会社グラッドキューブ
・本社所在地:大阪府大阪市中央区瓦町2-4-7 新瓦町ビル 8F
・URL:https://corp.glad-cube.com/

株式会社リスティングプラス


引用元:株式会社リスティングプラス

こんな方におすすめ!

  • Amazon広告運用を実践する社員の育成を目指している方
  • Amazon広告運用や改善方法を見直したい方

株式会社リスティングプラスの強み

  • リスティング広告運用の経験や実績を活かした、商品企画、集客、セールス等の豊富なノウハウを持つ
  • Amazon広告を出稿するために事前に必要なAmazonアカウントの登録や商品登録、キーワード設定などの事前準備や出品準備もサポート可能
  • 広告運用に関する施策や検証、分析などの情報を共有し、自社内の人材を育成するためのインハウス化の支援が可能

株式会社リスティングプラスの概要

・会社名:株式会社リスティングプラス
・本社所在地:東京都新宿区西新宿6-24-1西新宿三井ビルディング4階
・URL:https://ppc-master.jp/

ASUE(アスエ)株式会社


引用元:ASUE(アスエ)株式会社

こんな方におすすめ!

  • 丁寧な運用体制が整った代理店をお探しの方
  • Amazonの商品検索結果画面で自社商品がなかなか上位表示されない方
  • Amazonにおける売上が上がらず販売方針が不安な方

ASUE株式会社の強み

  • 配信開始前から市場状況、競合商品情報など売り上げ増加に必要な分析などを綿密なリサーチ
  • 専任の運用担当者が日々チェックをし、検証・改善を重ね、広告配信しっぱなしにしない運用

ASUE株式会社の概要

・会社名:ASUE(アスエ)株式会社
・本社所在地:名古屋市中区 錦三丁目5番30号 三晃錦ビル6F
・URL:https://asue.jp/

株式会社いつも


引用元:株式会社いつも

こんな方におすすめ!

  • 導入実績、売り上げ増加実績、Amazonマーケティング支援実績など、実績が豊富な代理店をお探しの方
  • Amazon公認の代理店によるAmazonで売り上げを拡大するための専門のコンサルタントに相談したい方
  • Amazonにおいて売上が下がっている理由がわからない方

株式会社いつもの強み

  • Amazon専門チームが対応
  • 検索キーワード設定や商品名の改善、商品画像の強化など売れるための緻密な商品ページ改善
  • 売れるための専用ページデザイン作成
  • Amazon社内の担当者と都度打ち合わせを行うことで現在のAmazonの動向やルール今後予想される動きなどを事前に把握した対策
  • 独自のツールで売れるキーワードを調査
  • 支援実績や商品ごとの成果をレポートベースで説明

株式会社いつもの概要

・会社名:株式会社いつも
・本社所在地:東京都千代田区有楽町1-12-1 新有楽町ビル7階
・URL:https://itsumo365.co.jp/

アナグラム株式会社


引用元:アナグラム株式会社

こんな方におすすめ!

  • 国内で有名な代理店にお願いしたい方
  • スピーディーなAmazon広告運用がしたい方
  • 現在のAmazon広告運用が不安な方

アナグラム株式会社の強み

  • Amazon広告を含むリスティング広告運用のプロフェッショナル集団が成果を大きく伸ばす
  • SEOやアクセス解析、LPOなどのプロフェッショナルパートナーとの密な連携により、Amazon広告における最新情報や今後の動向に適した施策の情報を発信
  • 業種・エリアを問わず対応可能

アナグラム株式会社の概要

・会社名:アナグラム株式会社
・本社所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷4丁目4-4 フィールド北参道 1・2F(受付1F)
・URL:https://anagrams.jp/

Amazonでの広告運用&出品運用代行も一緒にお願いできるおすすめ代行会社

広告運用&出品運用代行も一緒にお願いできるおすすめの代行会社は「アグザルファ株式会社」です。

Amazonの出品やコンサルをするAmazon運用代行会社とは?

Amazon運用代行会社とは、Amazon広告運用代行はもちろん、出品までの準備から売上を上げるための検証や分析まで全てを担う会社です。また、Amazonに特化した専門の会社なので、個人では難しい対策を専門に行えます。出品が初めてで一からすべてお願いしたいときにおすすめの業者です。

Amazon運用代行会社はこんな方におすすめ!

  • Amazon広告に特化した専門的なサービスをご希望の方
  • Amazonでの売り上げ拡大を考えている方
  • 出品や広告運用の工数を削減し、本業に集中したい方

おすすめAmazon運用代行会社:「アグザルファ株式会社」


引用元:アグザルファ株式会社

Amazon広告運用に特化しており、Amazon内のSEO対策や競合分析・差別化、Amazonにおける最新情報の反映など、専門的なコンサルティングが受けられ、売り上げ拡大の実績から豊富なノウハウまで備わっている代理店です。

アグザルファ株式会社の強み

  • アクセス対策、カテゴリー最適化、転換率対策、客単価対策などAmazon広告に特化した専門のコンサルティング
  • Amazonマケプレアワード連続受賞、Amazon売れ筋ランキング大賞No. 1、Amazon検索結果No. 1などAmazon広告における多数の受賞実績

アグザルファ株式会社の概要

・会社名:アグザルファ株式会社
・本社所在地:東京都中央区日本橋本町4-5-13 日本橋本町THビル 5階
・URL:https://www.axalpha.com/

Amazon広告の運用を自前でやる際にオススメの業務効率化ツール

Amazon広告運用の効果を可視化する「Databeat Explore」

データビートロゴ

Databeat Exploreはマーケティング担当者が参照したい最新のデータを可視化するサービスです。
必要なデータはマーケティング担当者が自ら管理画面から抽出可能で、最新データをリアルタイムで可視化、共有、分析が行え、マーケティングに役立てられるツールです。

「Databeat Explore」の3つの特徴

  • ETL(Extract:収集 / Transform:整形 / Load:出力)機能
  • Google データポータルなどのBIツールにデータを出力
  • Google アナリティクスにデータを出力

ETL(Extract:収集 / Transform:整形 / Load:出力)機能

ELT機能はGoogle広告やYahoo!広告、Amazon広告などの主要なプラットフォームのクリック数や表示回数、獲得件数などのデータを自動で収集できます。また、各広告プラットフォーム間で同じ意味合いを持つ情報を整形し保存します。
例えば、Google広告の「クリック数」とTwitter広告の「リンクのクリック数」などを同一項目としてマッピングします。
特に、Amazon広告ではクリック数や表示回数、獲得件数がわかることで、ターゲティングやキーワード、広告文など、商品を売るまでの一連の流れの仮説検証が目視でき効果の分析を自ら行うことが可能になります。

Google データポータルなどのBIツールにデータを出力

マーケティング担当者が自ら作成した、必要な情報を抽出したデータをGoogleデータポータルなどのBIツールやExcel、Googleスプレッドシートと連携させ出力することができます。今までレポーティングで主流だったExcelでは難しかった、最新データのリアルタイムでの可視化、共有、分析が可能になります。
Amazon広告運用をする場合も最新データがリアルタイムで出力できるので、報告書や情報の共有がスムーズになります。
そのため、自社内で売り上げ増加に繋がる施策やキーワードずれ等のトラブル時の対策案などの仮説検証されたノウハウも可視化され、ノウハウを蓄積することが可能になります。

Google アナリティクスにデータを出力

収集したプラットフォームのデータをGoogleアナリティクスに自動インポートさせることができるので、Googleアナリティクスの詳しいアクセス解析データとあわせて広告データを管理することが可能です。
Googleアナリティクスのアクセス解析データは訪問者数やどこから自社ページに訪れたか、訪れた人の性別や年齢、地域、また、どのページにアクセスが多いかなど、詳しいデータを集めることができます。
その詳しいデータはAmazon広告運用にも活用でき、クリック単価の設定やターゲティングの設定、キーワードの設定など、成果につなげるための様々な施策の元になるデータを集めることができます。

 

 

まとめ

今回は、Amazon広告運用代行を依頼する際のメリット・デメリットや広告代行の料金相場、代理店の選び方のポイント、おすすめの代理店5選をご紹介しました。
Amazon広告で売り上げを拡大するために専門的な知識や検証、分析、出品作業など多くの工程が必須です。そのため、自社運用のみならずAmazon広告に特化した専門的な代理店を選び、運用していくことで売上拡大の可能性を高めることができます。
ぜひ、費用や目的に合わせて最適となる代理店を探してみましょう。

Googleデータポータルを活用して分析業務を効率化するツール
DatabeatExplore

こんな方にオススメ

・広告数字の集計が大変

GAと広告数字を同時に集計したい

・人力レポートではミスが発生する

Googleデータポータルを活用したい

Amazon広告運用代行おすすめ代理店5選と上手な選び方
最新情報をチェックしよう!
>広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

Databeat Exploreは、WEB広告データの見える化を実現するサービスです。
様々な広告データを抽出・統合・一元化し、見たいデータを見たい時に見たい場所で見ることができます。

CTR IMG