Googleアナリティクス4(GA4)のイベント完全ガイド!UAとの違いや、種類、計測設定手順、分析ポイントを詳しく解説

Googleアナリティクス4(GA4)のイベント完全ガイド!UAとの違いや、種類、計測設定手順、分析ポイントを詳しく解説

  • 2023年5月12日
  • 2023年6月27日
  • GA4
  • 98228view
GA4 Googleアナリティクス4(GA4)のイベント完全ガイド!UAとの違いや、種類、計測設定手順、分析ポイントを詳しく解説

Googleアナリティクス4(GA4)が正式に次世代のアナリティクスと発表され、2023年7月1日にはUAのサポートが終了することから、すでにGA4を利用している方も多いでしょう。

とはいえ、UAとGAではかなり使用方法が違うため、困っている方もいるのではないでしょうか。

GA4のイベント設定について

「GA4のイベント設定の仕方がわからない」

「UAとGA4のイベントの違いは何か」

「GA4で分析したいが、どのレポートを使うべきかわからない」

などの疑問などは出ていませんか?本記事では、GA4のイベントについて、種類や設定方法から分析の仕方まで徹底的に解説します。

UAのサポートが終了してから慌ててGA4へ移行することがないように、今からGA4について理解しておきましょう。

なお、これからGA4へ移行する方は、以下の記事を参考にUA→GA4への移行を実施してみてください。

※参考:UAからGA4へ移行する方法について詳しく解説した記事はこちら
関連記事

アクセス解析ツールとして真っ先に思いつく人気ツールでもある「Googleアナリティクス」。ユニバーサルアナリティクスの次世代版として発表されたGA4は、利用者の間ではニュースとなりました。しかし、現行のGAとかなり仕様が違うので、お困りの担[…]

Googleアナリティクス4(GA4)移行ガイド!導入メリットや移行方法を詳しく解説

また、弊社ではUAからGA4への移行代行サービスも行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

目次

Googleアナリティクス4(GA4)のイベントに関する基礎知識

まず、Googleアナリティクス4(GA4)のイベントについて、基本的な知識をご紹介します。

Googleアナリティクス4(GA4)のイベントの特徴

GA4では、ほぼすべてのデータが「イベント」で送信されるようになりました。今まで「ページビュー」「セッション」などそれぞれの指標で計測していたデータもイベントで計測します。

これにより、ページの概念がないアプリにも対応できるようになりました。

ユニバーサルアナリティクス(UA)のイベントとの違いは?

ユニバーサルアナリティクス(UA)とGA4のイベントは、仕様自体が変更になっています。UAでは「カテゴリ」「アクション」「ラベル」「値」を設定していましたが、GA4にはこれらの概念がありません。

「イベント名」と複数のパラメータというシンプルな仕様になっています。このため、UAとGAはまったく別物としてとらえた方が、頭の整理もつきやすくなるでしょう。

 

Googleアナリティクス4(GA4)でイベントを計測・分析するメリット

GA4では、利用すること自体がGA4でイベントを計測・分析する意味になります。UAのようにイベントだからと分けて考える必要がありません。

ここではGA4を利用するメリットについてご紹介しましょう。

  1. ウェブとアプリを横断した分析ができる
  2. 機械学習による予想機能を使った分析ができる
  3. BigQueryとの連携で分析の幅が広がる

1.ウェブとアプリを横断した分析ができる

今までは、ウェブとアプリは別々に集計する必要があったため、両方の横断分析などができませんでした。GA4では、ウェブとアプリが一緒に計測可能になり、両方をまたいだ動きをしたユーザーも、正しく認識して分析できるようになりました

2.機械学習による予想機能を使った分析ができる

Googleの機械学習モデルを利用した、「予測機能」を使った分析ができるようになりました。例えば、ある商品を買う可能性があるユーザー数や売り上げ予測など、GA4が収集したデータを元に導きだした値を利用した分析が可能です。

3.BigQueryとの連携で分析の幅が広がる

ユニバーサルアナリティクスでは、BigQueryとの連携は有料版のGA360だけが利用できる機能です。それがGA4では無料で連携可能になりました

これによりデータが集計される前の生データ(raw data)を取得できるので、さらに細かい分析が可能になり、幅が広がりました。

※参考:GA4とBigQueryの連携方法について詳しく解説した記事はこちら
関連記事

2020年10月にリリースされたGoogleアナリティクスの新しい規格である、GA4(Googleアナリティクス4プロパティ)。GA4は、BigQueryと連携することで活用の幅を大きく広げることができます。 また、UA(ユニバーサル[…]

Googleアナリティクス4(GA4)とBigQuery連携まとめ!Exportの方法からデータの確認、可視化までを詳しく解説

 

Googleアナリティクス4(GA4)でイベントの種類と使い分け方

Googleアナリティクス4(GA4)でイベントの種類と使い分け方

GA4には大きく分けて3種類のイベントがあります。各イベントの内容と使い分け方を解説します。

Googleアナリティクス4(GA4)でイベントの種類まとめ

▼GA4のイベント種別一覧

イベント種別 手動で設定する必要性 計測可能な具体的なイベント例
自動収集イベント なし(ただし、一部のイベントの表示・非表示は手動で行う必要あり) page_view、first_visit、scroll、click、file_download
拡張計測機能イベント あり(管理画面でオプション(イベント)を有効に設定) page_view、scroll、click、view_search_results、file_download
推奨イベント あり(管理画面やGTMで設定) join_group、login、purchase、search、sign_up
カスタムイベント あり(管理画面やGTMで設定) 必要に応じて任意の名前で各自設定する

GA4のイベントの種類1:自動的に収集されるイベント

GA4が自動的に収集するイベントには、「ユーザー側の設定は不要なもの」、「収集するデータの種類をGA4の管理画面で設定するもの」の2種類があります。

GA4の管理画面で設定が必要なイベントの詳細については、後述します。

  計測できる具体的なイベント例

GA4が自動で計測を行うイベントの例をあげます。

  • ページビュー数(page_view)
  • 初回訪問(first_visit)
  • 訪問回数(session_start)
  • スクロール(scroll)※ページの90%までスクロールした場合に計測される
  • クリック数(click)※外部へのリンクをクリックした場合に計測される
  • サイト内検索(view_search_result)
  • ファイルのダウンロード数(file_download)

すべての自動収集イベントを知りたい場合は、GA4のヘルプで確認をしてください。

 自動的に収集するイベントについてのヘルプ

GA4のイベントの種類2:拡張計測機能イベント

拡張計測機能イベントは、管理画面でオプション(イベント)を有効にすることで、計測が可能となるイベントです。そのほかコードの編集などは不要で、簡単に実装できます。

初期状態で拡張計測機能イベントの設定はオンになっているため、不要な場合はオフにする必要があります。

拡張計測機能イベント

引用元:Googleアナリティクス

将来を見越してできるところは準備しておいた方がよさそうです。

  計測できる具体的なイベント例

業種に関係なく全般的に推奨されているイベントの一例をあげます。

  • ページビュー数(page_view)
  • スクロール(scroll)※ページの90%までスクロールした場合に計測される
  • クリック数(click)※外部へのリンクをクリックした場合に計測される
  • サイト内検索(view_search_results)
  • ファイルのダウンロード(file_download)

上記以外の拡張計測機能イベントを知りたい場合は、GA4のヘルプを確認してください。

 拡張計測機能イベントについてのヘルプ

GA4のイベントの種類3:推奨イベント

推奨イベントとは、Googleから推奨されているイベントのことで、必要に応じて手動で設定・実装します。業種別におすすめのイベントをGoogleがリストアップしているので、各自のニーズに合ったものを実装するのが望ましいでしょう。

実際に推奨されたとおりに設定をしておくと、今後のアップデートで分析の拡張機能が使用できるようになるとも言われています。

将来を見越してできるところは準備しておいた方がよさそうです。

  計測できる具体的なイベント例

業種に関係なく全般的に推奨されているイベントの一例をあげます。

  • グループに参加(join_group)
  • ログイン(login)
  • 購入(purchase)
  • 検索(search)
  • ユーザー登録(sign_up)

上記以外の推奨イベントや、業種別のイベントのリストを知りたい場合は、GA4の各ヘルプをご参照ください。

 推奨イベント(全般)

 小売りとeコマース

 求人、教育、地域限定セール、不動産

 旅行(ホテル、航空券)

 ゲーム

GA4のイベントの種類4:カスタムイベント

カスタムイベントは、上記3つのイベント以外のイベント計測を行いたいときに設定します。独自でイベント名とパラメータ名を付けることが可能です。設定は、GA4の管理画面やGTMを使用して、手動で行う必要があります。

  計測できる具体的なイベント例

条件を付けることで、特定のリンクをクリックした数、特定のページを開いたページビュー数、40%をスクロールされたらカウントするなど、業務の状況に応じて柔軟に設定していくことが大切です

GA4のイベントの使い分け方のポイント

まず「自動収集イベント」「拡張計測機能イベント」「推奨イベント」の中に計測したいイベントがないかどうか、ヘルプのイベントリストを確認します。それでも見つからなかった場合に「カスタムイベント」を設定します。

また、カスタムイベントに推奨イベントで利用しているイベント名を付けることは避けたほうが無難です。今後、分析の拡張機能強化などがあった際に、不具合が起こる可能性があるためです。

GA4におけるイベント計測設定方法(測定機能の強化の設定編)

前章でご紹介した、データの収集・計測は自動的に行われるが、設定はGA4の管理画面で手動で行う必要があるイベントについて解説します。実際の設定方法をステップで紹介していきます。

自動的に収集されるイベントにおける「測定機能の強化」とは?

イベントの収集自体はGA4が自動的に行い、収集を開始するかどうかはユーザーが選択できる機能です。この機能を利用することで、本当に必要なデータのみを計測できるようになります。

難しい設定もないので、最初に現在の設定を確認した上でイベント計測の取捨選択を行っていきましょう。

手順1.管理画面からデータストリームを開く

測定機能の強化1

引用元:Googleアナリティクス

管理画面のプロパティの列にある「データストリーム」(赤枠)を選びます。

測定機能の強化2

引用元:Googleアナリティクス

「データストリーム」で「ウェブ」を選択します。

手順2.ウェブストリームを確認する

測定機能の強化3

引用元:Googleアナリティクス

「ウェブストリームの詳細」画面で現在計測中のイベントが確認できます。

赤枠内にある「測定中」と出ている項目が現在計測されている自動収集イベントです。右側にある歯車マークを選ぶと拡張計測機能の画面が開きます。

手順3.計測するイベントを選ぶ

測定機能の強化4

引用元:Googleアナリティクス

「拡張計測機能」で測定するイベントを選びます。右側にあるトグルが右になっていれば、イベントが収集されています。

不要なイベントがあれば、トグルを左側に移動させると収集がストップします。

測定機能の強化の設定において注意すべきこと

拡張計測機能で設定するイベントは、ウェブサイトのみで収集されます。アプリには反映されないのでご注意ください。また、これらのデータを収集するとき、メールアドレスやユーザー名などの個人情報をGoogleアナリティクスに送らないように気をつけましょう。

 

GA4におけるイベント計測設定方法(推奨イベント・カスタムイベント設定編)

「推奨イベント」と「カスタムイベント」は手動で設定する必要がありますが、どちらも同じ方法で設定することができます。

「GA4の管理画面」「Googleタグマネージャー(GTM)」と2通りの方法を使用します。今回は、より簡単に設定できる管理画面を使用してイベントの設定方法を解説します。

手順1.ホーム画面からイベントを作成する

イベント1

引用元:Googleアナリティクス

GA4のホーム画面の左メニューから「イベント」を選択して、「イベントを作成」ボタンを押します。

イベント2

引用元:Googleアナリティクス

「イベントの作成」画面が出たら、「作成」ボタンをクリックします。

手順2.イベントの内容を設定する

引用元:Googleアナリティクス

「イベントを作成」するのページで必要事項を入力し、カスタムイベントを設定していきます。

「カスタムイベント名」は自分の好きなイベント名を付けることができます。このとき、大文字と小文字は区別されるのでご注意ください

「パラメータ」には、イベントを計測する際の条件を設定します。上記の例では「URLにthanks.htmlが含まれているページのページビュー数をカウントする」という条件を設定しています。

「ソースイベントからパラメータをコピー」は、計測中のイベントのパラメータをコピーする場合にチェックを入れます。デフォルトでチェックが入っているので、基本的にはそのままでよいでしょう。

参考.GTMで設定する場合

GTMを使って設定する場合は、先ほどの「パラメータ」で設定したような条件を、「トリガー」を作成して指定します。

引用元:Googleタグマネージャー

タグを作成する前にトリガーを作っておきましょう。

引用元:Googleタグマネージャー

タグの種類は「Googleアナリティクス:GA4イベント」を選び、「イベント名」を設定して先に作っておいたトリガーを選択すれば完了です。

推奨イベント・カスタムイベントの設定において注意すべきこと

GA4のイベント設定で、パラメータの「イベント名(event_name)」は必ず指定しましょう

今回の設定を例にすると「URLにthanks.htmlが含まれているページのページビュー数をカウントする」という条件でしたが、イベント名のページビューを省略してしまうと、「thanks.html」で発生した他のイベント(クリック・スクロールなど)もカスタムイベントとして計測されてしまうためです。

 

Googleアナリティクス4(GA4)で計測したイベントを確認する方法

イベントの設定が完了したら、計測できているかどうか確認しましょう。確認方法をご紹介します。

確認方法その1.イベントメニューで確認する

イベント確認

引用元:Googleアナリティクス

正しく計測できていれば、「イベント」メニューの「既存のイベント」(赤枠内)で設定したイベント名の確認ができます。ただし、計測されてイベントレポート画面に出てくるまで、数時間から1日かかる場合があります

確認できない場合は、少し時間を置いてから再確認してみましょう。

確認方法その2.GTMでタグの発火を確認する

GTMタグ発火

引用元:Googleタグマネージャー

GTMを導入してイベントを設定している場合は、GTMのプレビューモードを利用して確認できます。イベントタグが発火していれば、「Fired」と記載されます。

※参考:詳しいGTMでの確認方法については下記の記事で紹介しています。併せてご覧下さい。

関連記事

アクセス解析ツールとして圧倒的な人気を誇るGoogleアナリティクス。2020年に大型バージョンアップした次世代版である「GA4」のリリースが発表されて以来、導入や設定で悩んでいる担当者は多いのではないでしょうか。 システム関係に強い[…]

GTMを使用したGoogleアナリティクス4(GA4)の設定ガイド!GA4の導入方法とイベント設定方法を詳しく解説

確認方法その3.デバッグビューで確認する

デバッグビュー

引用元:Googleアナリティクス

GA4の左のメニューから「設定」-「DebugView」で上記のようなイベントのログを確認できます。赤枠は時系列で起こったイベント、青枠は直近起こったイベントを多い順から一覧で表示しています。

ただし、DebugViewを利用するには、いくつか設定が必要ですGoogle Analytics Debuggerを導入後タグを追加します。

※参考:DebugViewを利用するための詳しい手順については、下記の記事をご参照ください。

関連記事

Google Analytics4の新しい機能として搭載された「DebugView」について紹介しています。「DebugView」を活用できればより詳細なリアルタイム分析が可能となりますが「DebugView」を検討する上で、 「[…]

Googleアナリティクス4(GA4)のDebugView完全ガイド!実用シーン、設定方法、活用ポイントを詳しく解説

 

Googleアナリティクス4(GA4)で計測したイベントを上手に分析するコツ

GA4のレポートは「標準レポート」と「分析レポート」の2種類があります。GA4になったらどこを見たらよいか?など、GA4レポートの一例をご紹介していきます。

1.ページビュー数を確認するには

引用:Googleアナリティクスデモサイト

UAではおなじみだった「ページビュー数」はGA4ではどこを見ればよいのか?と困惑している方もいることでしょう。イベントレポートの「page_view」の件数が、対象期間内総ページビュー数です。

標準レポートで確認できる、こちらが一番簡単な方法となります。

2.新規ユーザー獲得の流入元を確認する

引用:Googleアナリティクスデモサイト

新規ユーザーを獲得したときの流入元別の数値の分析は、「集客」-「ユーザー獲得」の標準レポートで行えます。項目のところにあるプルダウンメニューから、プライマリディメンションの選択もできます。

さらに、分析レポートの「ユーザーのライフタイム」レポートを使用すれば、新規ユーザー獲得時のキャンペーンごとのLTVについて分析することも可能です。

3.セッションごとの流入元を分析する

引用:Googleアナリティクスデモサイト

セッション単位での流入分析を行うには、「集客」-「トラフィック獲得」の標準レポートを使用します。さらに分析レポートの「データ検索」を使えば、ランディングページごとの分析もできます。

ランディングページはGA4でなくなったUAおなじみのディメンションですが、GA4ではセッションがカウントされたページ(session_startイベント)をランディングページとみなして計測します。

4.行動フローでユーザーの行動を把握する

行動フロー

引用:Googleアナリティクスデモサイト

分析レポートの「経路の分析」を使用すると、ユーザーの行動フローを知ることができます。特定イベントやコンバージョンまで、ユーザーの行動を確認したり、途中で障害となっている箇所を見つけるなど、さまざまな分析に応用可能です。

5.コホート分析でユーザーの滞在を把握する

引用:Googleアナリティクスデモサイト

分析レポートの「コホート分析」を使えば、ユーザーの定着率やサイトに訪問しなくなるタイミングなどを把握できます。設定するイベントの内容を変更して、自社が調べたいユーザー動向を設定すれば、数値の悪いところが改善ポイントして浮き彫りになってきます。

 

GA4のイベント分析を踏まえて見直すべきアクション

GA4のイベント分析を踏まえて見直すべきアクション

GA4を使って分析を行った後に、どんな点を見直したらよいかについての例をご紹介します。サイトの目的や目標によって改善ポイントはさまざまです。

分析を行う前には必ずサイトの目的とKPIをチェックしてください。

  1. 訪問ユーザーに合ったUXの改善にはユーザーに焦点を当てる
  2. Google広告からの流入増加にはGoogle広告と連携して分析する
  3. コンバージョン分析では経路分析で問題のある箇所を探す

1.訪問ユーザーに合ったUXの改善には、ユーザーに焦点を当てる

訪問ユーザーの傾向や行動を知るために、ユーザー属性やユーザー行動の分析レポートを見ていきます。どんなユーザーが多いのか、サイトのどの部分の反応が悪いのかを分析していくうちに、UXの改善点が見えてくるはずです。

2.Google広告からの流入増加にはGoogle広告と連携して分析する

GA4とGoogle広告を連携すると、Google広告キャンペーンごとの指標を確認できます。まずは広告ごとの主要な指標を確認して、明らかに数値がよくない指標をさらに深掘りしていきます。

全体を見て問題点をピックアップしてから詳細分析に移るのがコツです。逆の方法はミスリードの可能性が高くなるのでやめておきましょう。

※参考:GA4とGoogle広告の連携方法について詳しく解説した記事はこちら
関連記事

Googleアナリティクス4(GA4)とGoogle広告の連携方法について紹介しています。2つのアカウントをリンクすると、アカウント間で情報を共有して、広告キャンペーンをより適切に追跡することが可能です。 しかし、GA4とGoogle[…]

Googleアナリティクス4(GA4)とGoogle広告連携ガイド!リンクするメリットや手順、分析ポイントを詳しく解説

3.コンバージョン分析では経路分析で問題のある箇所を探す

コンバージョンに至るまでの流れは、さまざまな角度から分析できます。参照元や広告キャンペーン、ユーザーの行動など問題となりうる原因の仮定を立てて、そこを詳しく分析します

コンバージョンに至らない問題の原因が見つかれば、そこを重点的に改善していきましょう。

 

GA4のイベントに関するよくある疑問Q&A

GA4のイベントに関するよくある疑問Q&A

GA4のイベントでよくある疑問について、Q&A形式でお答えします。

GA4では最大でいくつまでイベントを設定できる?

イベント数の上限は、アプリあたり500個までです。このとき、自動収集されるイベントや測定機能の強化で収集するイベントは含まれません。

使い方はさまざまですが、通常は個数に余裕があると考えてよいでしょう。その他のイベント関連の上限数は、GA4のヘルプをご参照ください。

GTMを使ってGA4のイベント計測設定をすることはできる?

本記事でもお伝えしましたが、GTMを使用して、GA4のイベント計測ができます。GTMの扱いは初心者には難しいところもあるので、慣れていない方はまずは管理画面から設定してみましょう。

GA4で設定したイベントを使ってコンバージョン設定することはできる?

旧アナリティクス(UA)と違い、GA4ではCVもイベントの1つとして計測されます。そのため、既存イベントか新規に作成したイベントを「このイベントはCVとして計測する」と設定することで、CV計測が可能になります。

つまり、CV=GA4で設定したイベントということになります。

※参考:GA4でのコンバージョン計測方法について詳しく解説した記事はこちら

関連記事

Googleアナリティクス4(GA4)が次世代Googleアナリティクスと発表され、利用している企業も増加してきています。これにともなってUAのようなコンバージョンを、GA4でも設定する必要性が出てくることでしょう。 しかし、GA4で[…]

Googleアナリティクス4(GA4)のコンバージョン設定ガイド!UAとの違いや、設定手順、分析ポイントを詳しく解説

ユニバーサルアナリティクス(UA)で設定したイベントをGA4にそのまま反映することはできる?

冒頭でご説明しましたが、UAとGA4はイベントの仕様が違います。UAで設定したイベントをGA4にそのまま反映はできません。

まずは今回ご紹介したGA4のイベントの中に、UAで設定したイベントに近いものがないかをチェックしましょう。もし自動収集や推奨イベントでも該当がない場合、カスタムイベントを作成していきます

実際のUAからGA4への構文内容の変更方法についてはGoogleアナリティクスの設定ガイドをご参照ください。

GA4のカスタムイベントが表示されない!考えられる原因は?

GAのカスタムイベントが表示されない原因は、設定ミスが第一に考えられます。パラメータの設定は正しいか、もう一度確認してみましょう。

GTMを利用してる場合は、プレビューモードで細かく確認していきましょう。複雑な設定になるほど、ミスも多くなります。

また、イベントレポートで確認をする場合は、すぐには反映されないことも覚えておきましょう。1日経っても確認できない場合は、設定ミスの可能性大なのでもう一度設定を確認してみましょう。

 

GA4と併せて利用したい広告レポート自動化ツール「Databeat Explore」

GA4と一緒に利用すると効果があがる、広告レポート自動化ツールをご紹介します。

「Databeat Explore」とは?

Databeat Explore
Databeat Exploreは、アジト株式会社が提供する広告レポート自動化ツールです。日々、多くの情報を把握する必要がある広告担当者が、最新のデータを手間をかけずに確認・分析できる環境を提供してくれます。

「Databeat Explore」を利用する3つのメリット

Databeat Exploreを利用することで得られる3つのメリットをご紹介しましょう。

 外部ツールと簡単に連携できる

Databeat Exploreは、Googleアナリティクスをはじめとした、各種Google製品や多数のBIツールと連携できます。連携も簡単な操作でできるので、エンジニアスキル不要で利用可能です。BIツールで主要な広告媒体のデータを集約して分析できます。

 常に最新データを維持できる

Databeat Exploreは、APIでデータを自動的に収集し常に最新の状態をキープします。今まで手動で行っていたデータ更新作業から解放され、データの管理が一層楽になります。集約したデータは、Databeat Exploreが一元管理を行うので確認や分析も1つの画面で完結します。

 PCスキルがなくてもレポートが作れる

Databeat Exploreは、BigQueryからのデータ出力もGUIの操作で簡単に操作できます。レポート作成も自動化してくれるので、レポート作業の時間がぐっと短縮されます。PCスキルに自信がなくて困っていた人でも、グラフィカルでキレイなレポートを出力できるようになります。

 

まとめ

今回は、GA4のイベント完全ガイドとして、イベントの意味から内容、設定方法まで総合的に解説しました。UAを長く使ってきた人は違いにかなり戸惑ったかもしれません。

GA4はほぼすべてをイベントとして計測しています。イベントを計測・分析するということは、GA4を使うということと同じです。

2023年7月にはUAのサポートが終了してGA4がメインのGoogleアナリティクスとなります。本記事を参考に、少しずつGA4の使い方に慣れていってみてください。

広告レポート作成を自動化しませんか?

 

Databeat Explore_CTA

「広告データの集計に時間を取られている」
「アクセス解析と広告データを同時に集計したい」
「Looker Studio(旧Googleデータポータル)を使ってレポート作成工数や手動によるミスを削減したい」

このような課題は、Databeat Exploreで解決できます。

Databeat Exploreとは、自動で収集した広告データをオリジナルフォーマットでレポート化する、広告レポート作成自動化ツールです。

  • 導入にエンジニアスキルは不要
  • 国内最多の39サービスと連携が可能
  • 無料BIツールLooker Studio(旧Googleデータポータル)でレポート作成を自動化できる

詳しくは以下のリンクよりサービスサイトをご覧ください。

Googleアナリティクス4(GA4)のイベント完全ガイド!UAとの違いや、種類、計測設定手順、分析ポイントを詳しく解説
最新情報をチェックしよう!
>広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

Databeat Exploreは、WEB広告データの見える化を実現するサービスです。
様々な広告データを抽出・統合・一元化し、見たいデータを見たい時に見たい場所で見ることができます。

CTR IMG