Googleアナリティクス4(GA4)のデータポータルを活用した分析ガイド!連携方法からレポート作成まで詳しく解説

Googleアナリティクス4(GA4)のデータポータルを活用した分析ガイド!連携方法からレポート作成まで詳しく解説

  • 2021年7月16日
  • GA4
  • 1793view
GA4 Googleアナリティクス4(GA4)のデータポータルを活用した分析ガイド!連携方法からレポート作成まで詳しく解説

2020年10月に正式に発表されたGA4(Googleアナリティクス4)。

次世代Googleアナリティクスと発表されたGA4への移行が行われてきている現在、レポートも旧アナリティクスとの違いが大きいことがわかってきました。

日頃、Googleアナリティクスを利用している企業の担当者の方の中に、次のような悩みや疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではありませんか。

「GA4でレポートの様式が変わったので、レポートツールを探している」

「Googleデータポータルに興味はあるが、使い方をまったく知らない」

「できるかぎり旧アナリティクスと同じようなレポートが欲しい」

今回は、GA4とデータポータルを連携させた効果的な使い方を、連携方法からレポートの作り方まで総合的に解説しました。GA4でレポーティングや分析を行う担当者のお役に立つ情報をご紹介します。

目次

新旧GAの標準レポート機能の比較で見る!GA4のレポート機能の特徴

現在まだ主流のアナリティクスとして使用しているユーザーが多いUA(ユニバーサルアナリティクス)。最初に、UA版のレポートについておさらいしておきましょう。

ユニバーサルアナリティクス(UA)の標準レポート機能の特徴

従来のUAのレポートのホーム画面は以下のとおりです。GAを利用している方にとっては見慣れた画面のはずです。

各項目の頭にある右向き▲マークを押すと、さらに詳細情報のブレイクダウンができ、目的のレポートを選択する仕様となっています。

UAレポート画面

引用元:Googleアナリティクスデモサイト

UA(ユニバーサルアナリティクス)の標準レポート

レポート種別 概要
カスタムレポート ユーザーが任意の項目を選択して自由に作れるレポート
ユーザーレポート ユーザーの各種属性(年齢・性別・地域・ブラウザ・デバイス)などに関するレポート
集客レポート 参照元などユーザーの流入に関するレポート
行動レポート ユーザーのサイト内における行動レポート。イベントレポートは行動レポートに入っている
コンバージョンレポート 商品の購入やダウンロードなど、コンバージョンに関するレポート

基本的な使い方は、

  • サイトに訪問したユーザーを理解したい⇒ユーザーレポート
  • どの流入元から入ってきたかを知りたい⇒集客レポート
  • ユーザーの行動や広告と連携したデータが見たい⇒行動レポート
  • 商品の売り上げや収益状況を確認したい⇒コンバージョンレポート

いずれにも当てはまらない独自のレポートを作りたい⇒カスタムレポート

を見ていくとよいでしょう。セグメントを使ったデータの絞り込みや、セカンダリディメンションを設けて2つ目のディメンションが置けるレポートもあります。

ただし、あくまでも既成のレポートのため、自由度は高くありません。独自の組み合わせのレポートが欲しい場合は、カスタムレポートやGoogleデータポータルを使ったレポート作成が必要です。

Googleアナリティクス4(GA4)の標準レポート機能の特徴

次に、GA4の標準レポートを見ていきます。2021年7月時点のGA4のホーム画面は以下となります。

GA4ホーム画面

引用元:Googleアナリティクスデモサイト

GA4は頻繁なアップデートが行われ、メニューの配置や見た目が今後も変更される可能性があります

最新のアップデートでレポートのメニューが大幅にリニューアルされ、さらにUAのメニューとの違いが出てきました。まずはGA4のメニューに慣れていくことから始めてみましょう。

GA4の標準レポート

レポート種類 概要
ユーザー属性レポート 国・市区町村・言語・インタレストカテゴリ・年齢・性別など、ユーザーに関するレポート
テクノロジーレポート プラットフォーム・OS ・デバイス・ブラウザ・アプリバージョンなどデバイスに関するレポート
集客レポート 流入元・ユーザー数・新規ユーザー流入元・セッション流入など集客に関するレポート
エンゲージメントレポート ページ表示回数・イベント発生回数・コンバージョンなどに関するレポート
収益化レポート 収益・購入者数・平均購入額・購入商品などeコマース関連のレポート
維持率レポート 新規ユーザーとリピーター・ユーザー継続率・エンゲージメント時間などのレポート
分析レポート 自由形式またはテンプレートを選択して、利用者が内容を選択して気づきを得るためのレポート
モデル比較レポート 2つのアトリビューションモデルを指定して、モデルの成果を比較できるレポート
コンバージョン経路レポート コンバージョンや収益に貢献したチャネルやキャンペーンが確認できるレポート

メニューは上から「レポート」「探索」「広告」「設定」の4つに分かれています。レポートは、以下の図の一番上にある「レポート」メニューにあると覚えておきましょう。

GA4メニュー1

引用元:Googleアナリティクスデモサイト

見慣れない「レポートのスナップショット」ですが、UAでの「ホーム」とほぼ同じと考えてよいでしょう。上記のレポート一覧表の上から6つが、この「レポート」の中に含まれています。

GA4メニュー2

引用元:Googleアナリティクスデモサイト

「分析レポート」は、「探索」メニュー内にあります。テンプレートの名前が従来と変更になった箇所がありますが、使い方の変更はありません。

GA4メニュー3

引用元:Googleアナリティクスデモサイト

今回のメニュー変更で新たに追加された「広告」メニューに「モデル比較」「コンバージョン経路」レポートがあります。これからまだアップデート予定の新機能です。更新内容は、GA4のヘルプをご参照ください。

UAとGA4は計測方法が根本的に異なるので、結果にも違いが出ます。さらにレポートで一番大きな違いは「カスタムレポート」が廃止されたことです。

「レポート」の中にあるレポート群は、UAの標準レポートに似ています。こちらはUAと同じ感覚で使いこなすことができるでしょう。カスタムレポートを多く作成していたユーザーは、GA4では「分析レポート」を使う機会が増えてくると予想されます。

分析レポートは、表形式だったカスタムレポートに比べて、グラフィカルに仕上げられます。しかし、ある程度決まった形にはめる必要があり、完全にカスタムレポートの代用となる訳ではないので、注意が必要です。

GA4の各レポートで使用しているディメンションと指標については、以下のGA4のヘルプをご参照ください。

参考:GA4のレポート、ディメンション、指標(GA4ヘルプ)

 

GA4ではデータポータル連携で自由度の高いレポートを作成可能

GA4では、UAでおなじみだった「カスタムレポート」が廃止されました。分析レポートも完全にカスタムレポートの代用にはならないと前章で解説しました。

この時、便利に使えるのが「Googleデータポータル」です。ここからGoogleデータポータルとGA4の連携についてご紹介していきます。

Googleデータポータル とは?

データポータル

引用元:Googleデータポータル

Googleデータポータルは、BI(ビジネスインテリジェンス)ツールのひとつで、GA4と同じくGoogleが提供しています。Google同士ですのでUAの頃からアナリティクスとの相性がよく、カスタムレポートがないGA4では、ますますその働きが注目されています。

UAよりもグラフィカルなレポートが用意されているGA4ですが、Googleデータポータルはさらに柔軟に希望に合ったレポートが作成できます。

すべての機能を「無料」で使用できるので、GA4とペアで使っていくことをおすすめします。UAでカスタムレポートを作っていた人は、GA4ではデータポータルで作成するとイメージしてください。

DataPortal

引用元:Google Analytics Acquisitions Overview

GA4とデータポータルを連携することで実現できること

GA4とデータポータルを連携させると、GA4のデータを使って自由度が高く見た目も美しいレポートが作れます。一度作成すればあとは自動的にGA4のデータが反映されるので、更新の手間もかかりません。

データポータルとの連携によって実現できることを3つご紹介します。

 1.カスタムレポートをグラフィカルに再現できる

GA4でカスタムレポートが廃止されると繰り返してきましたが、UAのカスタムレポートはグラフィカルに表現することはできませんでした。データポータルは自分用のシンプルな確認データから、クライアントに提出するレポートまで用途にあった柔軟なレポートが作れます

デザインにこだわれば、データポータルでここまで表現できるのかと思えるような、個性的なレポートを作ることも可能です。

サンプル

引用元: Aro Digital – Performance

 2.同じレポートにGA4と他のデータソースの情報を載せることができる

データポータルは、同じ画面に違うデータソースのグラフや表を並べることが可能です。データポータルはGoogle製品はもちろん、他社データとの連携も強力です。

独自のデータをスプレッドシートに書けばそのデータも利用できます。データの連携作業も難しくないので、だいたい直感で操作できる場合が多いのも特徴です。

分野は違いますが、タグマネージャーよりデータポータルのほうが使いやすく、慣れるまでに時間もかかりません。

連携ソース

引用元:Googleデータポータル

 3.一度作れば、更新や共有の手間がかからない

データポータルは、一度作成すればGA4のデータが自動的に更新されるので、手間がかかりません。レポートの共有もリンクを知らせれば、知っている人ならいつでもそのレポートをリアルタイムで確認でき、レポート配布の煩わしさからも解放されます。

フィルターなどもレポートに設定できるので、見る人がフィルターを自由に使ってデータを確認できる柔軟性もあります。

データポータルとの連携で扱うことのできるGA4の指標

データポータルとの連携で扱えるGA4の指標の数は多数あります。連携後はレポート作成画面で使える「指標」「ディメンション」を視覚的に確認できます。

連携するGA4のプロパティによって、使える指標やディメンションの数は変化します。連携したGA4のプロパティで使える指標などは、データポータル内のデータソースの管理画面からいつでも確認可能です

現在、データポータルで扱えるGA4の指標は、UAと比較するとまだその数はかなり少ない状態です。標準レポートで使っている指標が対応していない場合もあります。

この点はアップデートで、いずれはUAと同等の指標が追加されると予想されます。現在利用できる指標を使ってレポートを作りながら、指標が追加され次第反映していくとよいでしょう。

そのためにも、データポータルのリリースノートは随時チェックしておくことを忘れないようにしましょう。

参考:データポータルのリリースノート

 

Googleアナリティクス4(GA4)とデータポータルの連携方法を詳しく解説

ここでは、実際にGA4とデータポータルを連携させる方法をステップで解説します。

手順1.データポータルを開く

データポータルホーム

引用元:Googleデータポータル

データポータルにログインします。GA4を利用しているGoogleアカウントと同じアカウントを使うのがおすすめです。

画面の下部には、初めてレポートを作る場合は「レポートの作成」、作成済みのデータがある場合はレポート名が表示されます。

手順2.GA4のデータソースを選択する

データポータル作成

引用元:Googleデータポータル

画面左上の「作成」ボタンから「データソース」を選択します。

データソース選択

引用元:Googleデータポータル

データソースの選択画面が表示されるので、「Googleアナリティクス」を選びます。

アカウントの選択

引用元:Googleデータポータル

アカウントを選択し、「GA4」と頭に記載されているプロパティを選びます。「UA」はユニバーサルアナリティクスですので、並行運用している場合は、お気をつけください。

UAのデータソースを選択する場合は、プロパティの次にもう1つビューを選ぶ必要がありますが、GA4は2つのみで完了です。

プロパティを選んだら、「無題のデータソース」を変更して任意のデータソース名を入力します。その後、右上にある「接続」ボタンをクリックしてください。

手順3.連携を完了する

接続データ

引用元:Googleデータポータル

接続したGA4のデータのディメンションと指標が表示されます。右上の「レポートを作成」をクリックすれば、新規のレポート画面が立ち上がります。

メッセージ

引用元:Googleデータポータル

その際、データの追加確認メッセージが出たら「レポートに追加」でOKです。次回から表示しないにチェックを入れれば、次回以降このメッセージは表示されなくなります。

DataPortalレポート

引用元:Googleデータポータル

無地のレポートが出てくるので、ここに表やグラフなどを追加してレポートを作成していきます。

 

基本的なデータポータル上でのGA4データ分析方法チュートリアル

データポータルでGA4のデータの分析レポートを作成する具体的な方法をご紹介します。

作成するレポートのイメージ

完成レポート

引用元:Googleデータポータル

今回は、1カ月間のGA4の基本的な指標と、ポピュラーな視聴回数の折れ線グラフ、デバイス利用者の円グラフなどが入ったレポートを作成してみましょう。

前章では、何も入っていない真っ白なレポートを作成しましたが、何もないキャンバスにゼロから絵を描くのと同じように少し手間がかかります。データポータルはテンプレートが多数用意されているので、テンプレートを自分が使いやすようにカスタマイズする方法をおすすめします

では、テンプレートの変更をしながらレポート作成する方法をご紹介します。

分析の概要

日々サイトのチェックを行うときに、基本指標がぱっと目に入り、瞬時にサイトの現状がを理解するためのレポートです。スコアカードは指定した期間と前期間との比較も確認できるようにしています。

グラフィカルな表現ができるデータポータルならではの見やすいレポートで、短時間で状況を把握する際に利用できます。

分析手順1.テンプレートをチェックする

テンプレート

引用元:Googleデータポータル

データポータルのトップ画面右上にある「テンプレートギャラリー」を選ぶと、Googleが提供しているテンプレートを確認できます。これ以外にもさまざまなテンプレートを紹介しているテンプレートギャラリーが用意されています。

Google以外にも世界中から集まったテンプレートがアップされているので、必見です。まずは、いろいろなレポートを見て作りたいレポートの土台となるテンプレートを選んでみましょう。

分析手順2.テンプレートをコピーする

元レポート

引用元:Google Analytics Audience Overview

今回は、Google提供の上記のテンプレートを利用します。テンプレートは共有OKになっているものはコピーすることが可能です。テンプレートのコピーを作り、コピーをカスタマイズしていきます。

コピーを作成

引用元:Googleデータポータル

画面の右上の共有の▼を押すと、「コピーを作成」のメニューが出てくるので、クリックします。

レポートをコピー

引用元:Googleデータポータル

レポートに適用するデータソースの選択画面が出てくるので、前章で作ったGA4のデータソースを選びます。

データソースの選択が終わったら、「レポートをコピー」ボタンを押せば完了です。自分のデータポータルのホーム画面にテンプレートのコピーが表示されます。

このコピーを編集モードでカスタマイズしていきましょう。

分析手順3.テンプレートをカスタマイズする

編集

引用元:Googleデータポータル

まず、テンプレートを編集モードに切り替えます。右上にある「編集」ボタンをクリックします。

編集1

引用元:Googleデータポータル

編集画面の基本的な使い方は、変更したいパーツをクリックすると、青枠で囲まれて編集可能な状態になります。右側でそのパーツの「ディメンション」や「指標」を設定します。

いずれもクリックすると、候補が出てくるのでそこから選ぶか、検索枠で探して設定していきます。すべてのパーツを1つずつクリックしていき、設定を変えていきましょう。

編集5

引用元:Googleデータポータル

パーツの種類を変えたいときは、右メニューの上にある赤枠部分をクリックすると、パーツの種類の選択メニューが出ます。

編集2

引用元:Googleデータポータル

アイコンで内容がわかりやすいので、使いたいパーツに変更しましょう。

編集4

引用元:Googleデータポータル

スコアカードに前期との比較を入れたい場合は、メニューの下の方に「比較期間」があるので、ここで比較する期間を設定すれば表示されるようになります。

編集6

引用元:Googleデータポータル

パーツの色などの見た目の変更は、右メニューの上にある「スタイル」のタブに切り替えて設定します。パーツによって設定できる内容が変化します。

編集7

引用元:Googleデータポータル

何もないところに新しくパーツを作る場合は、上のメニューから追加したいパーツを選びます。その後はカスタマイズと同じく、パーツをクリックしてから右メニューで設定していきます。

作ったパーツはコピペができるので、コピーをうまく使うと作るのが楽になるはずです。

上記を繰り返していくことで、テンプレートを完成レポートのように変更することができます。作成後はいつでも変更できるので、まずはいろいろ動かしながら感覚をつかんでいくのが、早くレポートを作成するコツです。

※参考:Googleデータポータルのテンプレートについて詳しく解説した記事はこちら
関連記事

簡単な操作でグラフィカルなレポートが作成できるGoogle データポータル。 広告の効果検証を行う上で、常に最新のデータをモニタリングし、分析結果を素早く把握しなければなりません。さまざまなデータを集計するときに、自動でキレイなレポー[…]

広告ダッシュボード-dark

 

GoogleデータポータルでGA4を上手に分析するポイント

Googleデータポータルを使って、GA4を分析するポイントをご紹介します。UAを使っていたユーザーはGA4でもUAと同じような分析をしたいと考える方が多いのではないでしょうか。

そこで、Googleデータポータルで作っておくと便利な分析レポートについてご紹介します。

  1. 主要指標がひと目でわかる集約レポートを作成する
  2. 日、週、月のトレンドを把握する
  3. 参照元の詳細を把握する

POINT1:主要指標がひと目でわかる集約レポートを作成する

日々のデータをスピーディーに把握していく上で、いくつもレポート画面を切り替えるのは、手間がかかります。また数個のレポートを分けて見ていては全体を俯瞰できません。

データポータルの画面1枚で見たい指標が確認できる集約レポートを作ることで、いつでも全体の動きを把握できるようになります。全体を把握するレポートは、数値は多くしすぎず、グラフなどを多めにして視覚的に理解しやすく作ることもポイントです。

特に全体サマリーデータは、上層部への報告などに利用するケースも多いので、分析に詳しくない人が見てもすぐにわかる、を念頭に置いて作成するとよいでしょう。

データポータル2

POINT2:日、週、月のトレンドを把握する

トレンドを把握するには、主要指標に日、週、月などの時系列のディメンションをかけたレポートを用意しておくとよいでしょう。この場合の形式は、表や折れ線グラフにしておくとトレンドが見やすくなります

まずベースとなるレポートを作り、それをコピーして日付のディメンション(日・週・月など)を変更すれば、同じ形式でディメンションだけが違うレポートを簡単に作成できます。

さらに、データ取得期間全体の数値を表示するスコアカードを配置する・同期間の比較を入れるなど、用途に応じてアレンジしていくうちに、自分が一番欲しい情報は何かがわかってくるはずです。

データポータル1

POINT3:参照元の詳細を把握する

参照元の把握はUAでも必ず見ていた指標ではないでしょうか。GA4の集客レポートも用意されていますが、他に入れたい項目があったり、レポートをそのまま社内やクライアントと共有したいケースも多いことでしょう。

参照元のデータもデータポータルで作っておくと、何かと便利に使えます。データポータルは、データのフィルタリングが簡単なところもポイントです。

レポートの頭に必要なフィルタを設置しておけば、必要に応じた参照元データをすぐに把握できます。見る人が見たい条件で瞬時に状況を確認できるので、標準レポートのアレンジ版をデータポータルで作っておくことをおすすめします。

表形式にヒートマップを付ける・グラフを追加する・スコアカードを使うなど、こちらもレポートの作り方はさまざまです。ぜひチャレンジしてみてください。

データポータル3

 

GA4と併せて利用したい広告レポート自動化ツール「Databeat Explore」

GA4と相性がよく、併せて利用すると効果的な広告レポート自動化ツールをご紹介します。

「Databeat Explore」とは?

Databeat Explore
Databeat Exploreは、広告レポートの作成を自動化するツールです。アジト株式会社が開発・提供しています。広告担当者が大量のデータを日々効率よく把握・分析するための環境づくりをサポートしてくれます。

「Databeat Explore」を利用する3つのメリット

Databeat Exploreを利用すると得られるメリットを3つご紹介します。

 豊富な広告データとの連携ができる

Databeat Exploreは、GA4やデータポータルをはじめとするGoogle製品や、各種BIツールと接続できます。難しい操作もすべてGUIで行えるので、部内にエンジニアがいなくても設定できます。複数の広告媒体のデータなどは、Databeat Exploreが集約して管理します。

 自動で最新データを維持できる

Databeat Exploreは、データ収集をAPI経由で自動的に行い、いつも最新の状態を保ちます。ユーザーは手動更新をする必要がなくなるので、データ管理の工程が減り作業時間の短縮になります。

Databeat Exploreの管理画面だけで収集したデータの閲覧・分析が可能なので、分析にかかる手間も省けて作業効率のアップも期待できます。

 豊富なデータポータルのテンプレートが利用できる

Databeat Exploreは、豊富なデータポータルのテンプレートを用意しています。レポートの作成も自動で行ってくれるので、自分でゼロから作るより美しくわかりやすいレポートが作成できます。さらにオリジナルなレポートを作りたい人も、カスタマイズ可能なので柔軟なレポーティングに対応しています。

 

まとめ

今回は、GA4とGoogleデータポータルを連携させた、レポートの作り方や分析のコツをご紹介しました。Googleデータポータルと連携させることで、分析やレポーティングの幅がますます広がっていくでしょう。

まだUAに比べて発展途上の箇所はあるものの、今後のアップデートをチェックしながら、Googleデータポータルを併用したレポート作成に挑戦してみましょう。

おすすめの広告レポート自動化ツールとして紹介したDatabeat Exploreも、データポータルのテンプレートを公開しているので、そちらもぜひ活用してみてください。

Googleデータポータルを活用して分析業務を効率化するツール
DatabeatExplore

こんな方にオススメ

・広告数字の集計が大変

GAと広告数字を同時に集計したい

・人力レポートではミスが発生する

Googleデータポータルを活用したい

Googleアナリティクス4(GA4)のデータポータルを活用した分析ガイド!連携方法からレポート作成まで詳しく解説
最新情報をチェックしよう!
>広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

Databeat Exploreは、WEB広告データの見える化を実現するサービスです。
様々な広告データを抽出・統合・一元化し、見たいデータを見たい時に見たい場所で見ることができます。

CTR IMG