【沖縄】WEB広告運用代行おすすめ代理店7選と上手な選び方

【沖縄】WEB広告運用代行おすすめ代理店6選と上手な選び方

沖縄でWEB広告運用代行を依頼するときは、地元の代理店を選ぶのがおすすめです。沖縄には独自の文化や方言があり、沖縄に住む人々の心の琴線に触れる広告運用を行うには、沖縄を深く理解していることが必要不可欠です。

そこで本記事では、まず「WEB広告の基礎知識」「WEB広告の主な媒体」「WEB広告運用代行のメリットや代理店の上手な選び方」を紹介し、その後、沖縄でWEB広告運用に長けたおすすめの代理店を紹介します。

目次

運用する前に確認しておきたいWEB広告の基礎知識

WEB広告は非常に便利で有用なものですが、上手く運用するには基礎知識の理解が必須です。

この項目では、WEB広告についておさえておくべき基礎知識について紹介します。

WEB広告とは?特徴とメリットをわかりやすく解説!

引用元:google

WEB広告とは、WEBサイトや検索エンジンの検索結果画面などに表示できる広告のことです。広告媒体が用意している広告枠に自社の商品やサービスを掲載して、ユーザーにアピールします。WEB広告は、「インターネット広告」「オンライン広告」「デジタル広告」などと呼ばれることもあります。

WEB広告にはさまざまなメリットがありますが、最大のメリットは細かいターゲティングができることです。たとえば、渋谷にある整骨院の集客を目的とする場合、「東京在住・30代~50代の男性・オフィスワークで肩こりに悩む人」といった内容をターゲット設定し、この属性に当てはまるユーザーに向けてピンポイントで広告を表示できます。

上記以外にも以下のようなメリットが挙げられます。

  • 広告効果の測定に必要な数値が簡単に取得できるため、分析・改善がしやすい
  • 少額から試すことができる
  • 広告内容の修正やターゲティング設定の変更を即時実行できる
  • 短期間で成果を出しやすい

少額で始めることができ、改善策やアイデアを即時運用に反映させられることがWEB広告のメリットと言えるでしょう。

主要なWEB広告の種類と費用相場、おすすめの利用シーン

この項目では、代表的なWEB広告の概要と、費用、役立つシーンなどについて紹介します。

リスティング広告

引用元:google

リスティング広告とは、検索エンジンで検索したキーワードに合わせて表示できる広告のことです。ユーザーの検索ニーズに合わせて広告を表示できるので、ユーザーが検索した時点で、ある程度需要と供給がマッチした状況を用意できます。

代表的な媒体は、Google広告(Google AdWords)、Yahoo!広告(Yahoo!プロモーション広告)の2種類です。

リスティング広告は、即日配信が可能で、即座に分析・調整が行えます。

 おすすめの効果の出る利用シーン

リスティング広告は、自社サイトを上位表示させるための手間を省きたいときに効果を発揮します。

たとえば、新商品のキャンペーンサイトをSEOで上位表示させるには、3ヵ月~6ヵ月ほどかかる可能性があります。しかし、リスティング広告であれば、一定の料金と一定の条件を満たすだけで自社のキャンペーンサイトを上位表示させられるのです。

 リスティング広告の費用相場(月間あたり)

リスティング広告の月あたりの費用は、目的によって変わります。

一般的には月50万円以下で始めるケースが多く、まず試してみたい人は月10万円以下で始めることが可能です。大手企業が新商品の宣伝を始める場合は、月100万円以上かけるのが一般的です。

料金は1クリックされるごとに発生します。オークション形式(+品質スコア)で広告の表示順位が決まるため、人気のあるキーワードは、入札価格が高くなる傾向があります。

※参考:リスティング広告に関して沖縄事情も踏まえて解説した記事はこちら

関連記事

「沖縄でリスティング広告の運用を考えているが、どの広告代理店に依頼すればよいか分からない。」 このような悩みを抱えているマーケティング担当の方・経営者の方、少なくないと思います。 このような悩みを解決するべく、沖縄でおすすめのリ[…]

【沖縄】リスティング広告運用代行おすすめ代理店7選と上手な選び方

ディスプレイ広告

引用元:Yahoo!JAPAN

ディスプレイ広告とは、WEBサイトやアプリで表示できる広告のことです。広告は、WEBサイトの右側や、WEBサイト内にあるコンテンツ終了部分の下側などに表示されますテキストだけでなく、動画や画像を組み合わせて表示できるため、視認性の高い広告を作成できます。

代表的な媒体は、GDN(Googleディスプレイネットワーク)とYDN(Yahoo!ディスプレイアドネットワーク)YouTube広告の3種類です。

ディスプレイ広告は、リスティング広告よりも細かくターゲット設定できるので、より精度の高いターゲティングが可能です。

 おすすめの効果の出る利用シーン

ディスプレイ広告には、自社のWEBサイトから離脱したユーザーを追いかけて広告を表示させる機能があります。この機能をリターゲティングと言います。

リターゲティングを利用すれば、ユーザーが自社サイト離脱後に他社サイトを閲覧しているとき、自社の広告を他社サイトの広告枠に表示することが可能です。

この機能を上手く活用すれば、ユーザーが何らかのWEBサイトを閲覧しているかぎり、一定期間、複数回の接点を確保できます。

 ディスプレイ広告の費用相場(月間あたり)

ディスプレイ広告の月の予算は、クリック単価と1日の希望クリック数で決定します。

たとえば、1日の希望クリック回数は10回、クリック単価は1回あたり166円とすると、1日に必要な予算は約1,660円です。1ヶ月を30日間として計算すると、1,660円×30日分で約50万円になるので、このケースでは月の予算を50万円用意する必要があります。

※参考:ディスプレイ広告について更に詳しく解説した記事はこちら

関連記事

ディスプレイ広告は、パソコンやスマートフォンを利用する中で非常に多く目にする広告の一つです。そのため、多くの企業でもマーケティング手法の一つとして取り入れられています。 こちらの記事では、そんなディスプレイ広告の運用代行に強みを持つお[…]

ディスプレイ広告運用代行に強みをもつ代理店5選と上手な選び方

 

SNS広告

引用元:Twitter

SNS広告とは、各SNS媒体(Twitter、Facebook、Instagram、LINEなど)に出稿できる広告のことです。

SNSユーザーは、自分の好きなアカウントやジャンルを重点的に閲覧する傾向が強いので、広告を出稿するときは、ジャンルを絞り込んでターゲティングを行えば、ピンポイントでアピールすることが可能です。

また、ユーザーが気に入った広告は、リツイートやいいね!によって拡散されることがあるので、SNS広告は、認知度拡大に適した広告媒体と言えるでしょう。

 おすすめの効果の出る利用シーン

SNS広告は、ターゲット層が10代~20代のときに効果を発揮します。これは、10代~20代の若者は、商品やサービスの評判を調べるとき、索エンジンよりもSNSで検索する傾向が強いためです。

SNS広告は、広告主が積極的にユーザーの目に留まるように広告を表示させることから「プッシュ型広告」と呼ばれます。

 SNS広告の費用相場(月間あたり)

SNS広告の料金体系は、クリック課金・インプレッション課金・インストール課金・動画視聴課金などがあります。

月の予算は、扱う商材やターゲットによって変わりますが、一般的に1日あたり5,000円~1万円、月換算で15万円~30万円です。

また、目指す目標値で予算を設定するケースもあります。たとえば、1件のエンゲージメントにつき3万円ほどかかると予想し、月の希望エンゲージメント数を15回に設定すれば、月の予算は45万円です。

※参考:各SNS広告について更に詳しく解説した記事はこちら

関連記事

SNS広告は、SNSの利用者増加と共に活用する企業が続々と増えてきているマーケティング手法のひとつです。一般的な広告に比べて拡散力があったり、細かなユーザーのターゲティングができるといった点が、リスティング広告などとは異なります。 上[…]

SNS広告運用代行おすすめ代理店11選と上手な選び方

 

動画広告

引用元:Youtube

動画広告は、動画の本編再生前や、視聴途中に配信できる広告のことです。代表的な媒体はYouTube広告です。

動画広告の中には、4秒~6秒でスキップできる広告とスキップできない広告、6秒の広告を2本連続して配信する広告などさまざまなパターンがあります。

動画広告は映像で配信できるので、画像やテキストと比べると、より多くの情報をユーザーに届けられます。

 おすすめの効果の出る利用シーン

動画広告は、ユーザーが視聴している動画に関連する広告を配信できます。

たとえば、ビジネス系の動画であれば、ビジネスセミナーやスキルアップ講座の映像を流したり、ゲームの実況やゲームメーカーの公式チャンネルであれば、ゲーム機やゲームソフトの映像を流すなど、自社の商品に興味を抱きやすいユーザーに絞り込んだ配信が可能です。

 動画広告の費用相場(月間あたり)

動画広告の費用は、CPV(1回あたりの視聴単価)、CPM(広告が1,000回表示されときにかかる費用)、CPC(広告内のリンクを1回クリックしたときにかかる費用)の3つの要素で決まります。

月の予算については、動画のプラットフォームによって異なりますが、最もメジャーな媒体であるYouTubeでは、1日1,000円から始められます。

仮に1日1,000円で動画広告を始めるならば、月の予算は3万円です。

※参考:YouTube広告について更に詳しく解説した記事はこちら

関連記事

Youtube広告は、動画需要が高まっている中で非常に注目されている広告です。このYoutube広告を利用してwebマーケティングを行いたい、あるいはすでに実施している企業も多くなっています。Youtube広告の運用には広告製作や運用管理の[…]

Youtube広告運用代行おすすめ広告代理店7選と上手な選び方

 

 

WEB広告の運用代行をインターネット広告代理店にお願いする3つのメリット

WEB広告の運用代行をインターネット広告代理店にお願いする3つのメリット

WEB広告運用代行をインターネット広告代理店に依頼したときのメリットを3つ紹介します。

  1. 初期設定から分析・改善まですべてまかせられる
  2. 広告業界の最新情報をすぐに取り入れられる
  3. 最短で結果を出せる

メリット1:初期設定から分析・改善まですべてまかせられる

WEB広告運用代行を利用すると、運用の一切をまかせることができます。

「代行」の名のとおり、代理店が運用のすべてを行ってくれるので、経験のない管理画面の設定や、広告内容の作成などに自社のリソースを使わなくてすみます。

未経験の作業は得てして時間がかかるもの。いくつもの案件をこなしてきた広告のプロに依頼することは、合理的な選択と言えるでしょう。

メリット2:広告業界の最新情報をすぐに取り入れられる

WEB広告運用代行を利用すると、広告業界の最新情報をいち早く取り入れられます。特に媒体に正式に認定された代理店はGoogleやYahoo!と情報を共有しているので、一般ユーザーと比べて、最新情報を取得するスピードが速い傾向にあります。

もともと代理店が蓄積しているデータに加え、最新情報もスピーディーに活かせるので、常に一歩先を行く広告運用が可能です。

具体的には、認定代理店であれば、アップデート情報の共有、新機能のβ版を一般ユーザーより早く試せるなど、業界に精通した代理店ならではのスピーディーで効果的な運用が期待できます。

メリット3:最短で結果を出せる

WEB広告運用代行を利用すると、最短で成果を出せる可能性が高まります。なぜなら、代理店は、商材や業種に合わせた最善手が前もってわかるからです。

たとえば、ディスプレイ広告で認知度を向上させた後、リスティング広告でコンバージョンを獲得するといった複合的な運用を行ったり、通販番組のようにユーザーに使用感を伝えられる動画を制作したりなど、ケースバイケースの運用を行ってくれます。

 

沖縄エリアのWEB広告運用代行の料金相場とサービス範囲

沖縄エリアのWEB広告代理店の料金とサービス範囲

この項目では、沖縄エリアでWEB広告運代行を依頼したときの料金相場やサービス範囲について紹介します。

沖縄エリアのWEB広告運用代行の料金体系

WEB広告運用代行は、「初期費用」と「広告費」、そして「広告費の20%の手数料」を合算した金額が費用としてかかります。運用代行費用の一例を挙げると、広告費が300万円の場合、初期費用5万円、手数料が20%なら365万円用意する必要があります。

沖縄エリアの代理店は、他の都市と変わらず、初期費用無料~約5万円、運用手数料は20%の企業が一般的です。

WEB広告運用代行を行う代理店は、広告主のビジネスを最大化させるために運用プランを練る必要があります。運用プラン策定にはヒアリングが必須なので、運用費用決定の流れは、問い合わせ→ヒアリング→プラン提案→費用決定が一般的です。

沖縄エリアのWEB広告運用代行の料金相場まとめ表

料金 こんな方におすすめ サービス対応範囲
月10万円
  • 低額で試したい
  • 月10万円以下の予算で運用したい
  • 運用方針策定・戦略立案
  • 初期設定(アカウント設定など)
  • ターゲット・市場リサーチ
  • 広告出稿
  • 分析・改善
  • レポート作成・提供
月20~30万円
  • 成果を意識した運用がしたい
  • 月50万円以下で運用し、費用対効果を確認したい
  • 運用方針策定・戦略立案
  • 初期設定(アカウント設定など)
  • ターゲット・市場リサーチ
  • 広告出稿
  • 分析・改善
  • レポート作成・提供
月50万円以上
  • 成果を最大化させたい
  • 複数のプラットフォームを駆使し、商品の認知度と売上アップを狙いたい
  • 運用方針策定・戦略立案
  • 初期設定(アカウント設定など)
  • ターゲット・市場リサーチ
  • 広告出稿
  • 分析・改善
  • レポート作成・提供

 

沖縄エリアのインターネット広告運用代理店の3つの特徴

この項目では、沖縄エリアでインターネット広告運用代行を依頼できる代理店の特徴を紹介します。

  1. 沖縄での実績が豊富
  2. メディアミックスを提案してくれる
  3. 広告運用からLPOまで幅広く対応してくれる

特徴1:沖縄での実績が豊富

沖縄エリアの代理店は、沖縄での運用実績が豊富です。大半の代理店が地域密着型の運営を行い、地元の感性を活かした広告運用を行っているためです。

WEB広告運用は、ユーザーへの理解が深ければ深いほど成果に結びつきます。地元に根ざしたマーケティングができる代理店を選ぶことは、最短で成果を出すための合理的な選択と言えるでしょう。

特徴2:メディアミックスを提案してくれる

沖縄では、WEB広告とマスメディア広告を組み合わせたメディアミックスを行う代理店があります。

メディアミックスはWEB広告だけでなく、テレビCMやラジオ・雑誌などにも広告を出稿するので、普段WEB広告を見ないターゲット層にまでアプローチできます。

特徴3:広告運用からLPOまで幅広く対応してくれる

沖縄エリアの代理店の中には、リスティング広告運用代行・SNS広告運用代行・ランディングページの最適化など、WEBに関するあらゆることを相談できる代理店があります。

さらに、Googleアナリティクスの解析・環境調査・サイト分析も相談できるので、広告運用はA社、自社サイト制作はB社といった複数の代理店とやり取りする必要がなく、コミュニケーションコストや費用の浪費を避けることができます。

 

沖縄のインターネット広告代理店を上手に選ぶ5つのチェックポイント

沖縄のインターネット広告代理店を上手に選ぶ5つのチェックポイント

この項目では、沖縄でインターネット広告代理店を上手に選ぶ5つのポイントを紹介します。

  1. 運用手数料は適正な額か
  2. どのような運用体制をとっているか
  3. 途中解約は可能か
  4. レポートにコンバージョン数の記載はあるか
  5. レポートの内容が素人にもわかりやすいか

POINT1.運用手数料は適正な額か

WEB広告運用代行を依頼する代理店を選ぶときは、運用手数料は適正な額か必ず確認しておきましょう。運用手数料が相場より極端に高過ぎたり、低過ぎたりした場合、満足できる結果を得にくいケースがあるためです。

たとえば、相場より高い手数料がかかる場合、それに見合う成果が出れば問題ないですが、成果が手数料に見合っていなければ、運用代行を利用したことを後悔することになるかもしれません。

また、相場より手数料が低過ぎると、代理店が充分なサポートを行わないケースが予想できるので、期待した成果を得にくい状況になるでしょう。

POINT2.どのような運用体制をとっているか

広告代理店の運用体制を確認しておくことも大事です。専任制と分業制ではコミュニケーションコストや代理店の対応スピードが大きく違ってきます。

代理店を選ぶときは、「1人の担当者との密な関係を重視するのか」それとも「人数の多さによる対応力を重視するのか」を明確にする必要があります。

POINT3.途中解約は可能か

WEB広告運用代行を依頼するときは、途中解約が可能かを確認することも重要です。仮に、思ったよりも運用成果が出なかった場合、契約を続行しても費用が無駄になってしまうことが考えられます。

代理店の運用に不満があっても途中解約できなければ、次の契約更新まで耐える必要があります費用と時間を浪費してしまうリスクを回避するためにも、途中解約の可否は確認しておきましょう。

POINT4.レポートにコンバージョン数の記載はあるか

WEB広告運用代行の依頼を検討するときは、レポートにコンバージョン数が記載されるかも確認しましょう。コンバージョン数は、広告主である自社にとって一番大事な数字となります。

WEB広告は、コンバージョン設定を行えばコンバージョンの数値を計測できます。この数値を曖昧にする代理店は要注意です。「レポートにコンバージョン数を記載するか」「記載しないのならその理由は何か」を確認し、納得のいく説明がなければ契約を再考する必要があります。

POINT5.レポートの内容が素人にもわかりやすいか

レポートの内容が誰にでもわかりやすい形で提供されるかも大事です。

本業に専念するためにWEB広告運用代行を利用しているにもかかわらず、レポートの内容を理解するのに時間がかかるなら本末転倒です。親身な代理店は、広告主の時間を必要以上に奪わないレポートを提供してくれます。

たとえば、確認したい数値だけをみやすく記載してくれたり、運用成果の経過を概要でまとめてくれたりなど、わかりやすくまとめてくれます。WEB広告運用代行の依頼を検討するときは、提供されるレポートの見本を見せてもらい、理解しやすい内容になっているかを確認しましょう。

 

【沖縄】WEB広告運用代行に強みをもつおすすめ広告代理店6選

株式会社ブレーン沖縄

引用元:株式会社ブレーン沖縄

こんな方におすすめ!

  • メディアミックスが得意な代理店に依頼したい
  • さまざまなWEB広告を扱う代理店に依頼したい

 株式会社ブレーン沖縄の強み

株式会社ブレーン沖縄は、WEB広告だけでなく、テレビ・ラジオ・新聞・雑誌・交通広告など、さまざまな広告媒体を扱う代理店です。

WEB広告運用については、月間PV4000万の「てぃーだブログ」や、沖縄在住ライターが沖縄の面白さを伝える「DEE OKINAWA」などに広告を出稿することで、情報感度の高いターゲット層へのアプローチを行います。

株式会社ブレーン沖縄の概要

・料金体系:お問い合わせ
・会社名:株式会社ブレーン沖縄
・本社所在地:〒900-0015 沖縄県那覇市久茂地3-21-1国場ビル4F
・URL:https://www.brain-ok.co.jp/

 

株式会社アザナ

引用元:株式会社アザナ

こんな方におすすめ!

  • 自社運用しているが成果が出ない
  • WEBマーケティングが得意な代理店を探している

 株式会社アザナの強み

株式会社アザナは、沖縄県内の企業に特化した提案を行ってくれる代理店です。社内文書「BIBLE」で社員全員が価値観を共有し、社員の「考える力」を磨くことに注力しています。

WEB広告運用については、ターゲットの共感を戦略立案の軸に据えてプランを練り、広告主の商材に最適な提案を行ってくれます。広告運用からLPOまで一貫してまかせられる代理店です。

株式会社アザナの概要

・料金体系:お問い合わせ
・会社名:株式会社アザナ
・本社所在地:〒901-0213 沖縄県豊見城市高嶺368-58 2階
・URL:https://azana.co.jp/

株式会社アイエヌジーアットマーク沖縄

引用元:株式会社アイエヌジーアットマーク沖縄

こんな方におすすめ!

  • 沖縄でリスティング広告に強い代理店を探している
  • 自社のランディングページの課題を教えて欲しい

 株式会社アイエヌジーアットマーク沖縄の強み

株式会社アイエヌジーアットマーク沖縄は、データセンターサービスとWEBマーケティングサービスを提供する代理店です。WEBサイトに関する相談から各種WEB広告まで幅広く取り扱っています。

Yahoo!リスティング広告正規代理店で、キーワード入札調査・広告ABテストなど、リスティング広告運用をワンストップでまかせることができます。

株式会社アイエヌジーアットマーク沖縄の概要

・料金体系:広告費(商材により別途お見積もり)広告運用月額費用 33,000円〜(広告費15万円以上の場合:広告費の20%)
・会社名:株式会社アイエヌジーアットマーク沖縄
・本社所在地:〒904-0322 沖縄県中頭郡読谷村波平434
・URL:https://www.ing-host.jp/

※参考:Yahoo!広告を更に詳しく解説した記事はこちら

関連記事

Yahoo!JAPANは、検索、ニュース、地図、ファイナンスなど100以上のサービスを提供する国内最大級のポータルサイトです。スマートフォン、PCそれぞれの月間アクティブユーザー数は6,800万UU、2,100万UUに達し、スマートフォン利[…]

Yahoo!広告運用代行ならここ!おすすめ正規代理店5選と上手な選び方

 

株式会社MARUKIN -映像部門MARUKIN Create-

引用元:株式会社MARUKIN -映像部門MARUKIN Create-

こんな方におすすめ!

  • 動画広告に強い代理店に依頼したい
  • プロのクリエイターに動画制作を依頼したい

 株式会社MARUKIN -映像部門MARUKIN Create-の強み

株式会社MARUKINは、広告動画の制作が得意な代理店です。取り扱う媒体はYouTube広告・Instagram広告・Facebook広告で、動画制作から広告配信まで請け負ってくれます。

費用が少額でも相談できるので、これまで動画広告導入に二の足を踏んでいた企業も安心して始められるでしょう。ある家具メーカーの広告運用を例に挙げると、セール商品の動画広告を2週間ほど出稿したところ、1日の総売上が約30%アップし、客単価も向上したそうです。

株式会社MARUKIN -映像部門MARUKIN Create-の概要

・料金体系:お問い合わせ
・会社名:株式会社MARUKIN -映像部門MARUKIN Create-
・本社所在地:北中城村屋宜原540 崎浦ビル 6F
・URL:https://marukincreate.com/

 

合同会社グラフブース

引用元:合同会社グラフブース

こんな方におすすめ!

  • SNS広告運用が得意な代理店に依頼したい
  • WEB関連のコンサルティングを依頼したい

 合同会社グラフブースの強み

合同会社グラフブースは、リスティング広告運用やSNS広告運用、webサイト制作などを幅広く取り扱う代理店です。リスティング広告については、実務経験豊富なスタッフが徹底した競合調査や分析を行い、広告主の商材に最適な広告を出稿してくれます。

合同会社グラフブースは、SNS広告運用も得意としており、TwitterやFacebookなどの主要SNSに精通したスタッフが、集客のファーストタッチをSNS上に拡大するためのサポートを行ってくれます。

合同会社グラフブースの概要

・料金体系:お問い合わせ
・会社名:合同会社グラフブース
・本社所在地:〒901-2223 沖縄県宜野湾市大山5-1-5-503
・URL:http://graphbooth.com/

 

株式会社イーストクリエイティブ

 

引用元:株式会社イーストクリエイティブ

こんな方におすすめ!

  • 初期設定から運用・分析・改善までワンストップで依頼したい
  • WEBサイトのアクセス解析も依頼したい

 株式会社イーストクリエイティブの強み

株式会社イーストクリエイティブは、WEBコンサルティング、WEBサイト制作、リスティング広告運用などを手掛ける代理店です。リスティング広告運用代行はSEOの一環として行っており、請負った予算内で可能なかぎり多くのユーザーを集める費用対効果の高い運用を行ってくれます。

また、希望すればWEBサイトのアクセス解析も依頼することができ、WEBサイトに訪れたユーザーの基本情報や行動を分析して、コンバージョン率向上のアドバイスをしてくれます。

株式会社イーストクリエイティブの概要

・料金体系:お問い合わせ
・会社名:株式会社イーストクリエイティブ
・本社所在地:〒104-0061 東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 13階
・沖縄出張所:〒900-0006 沖縄県那覇市おもろまち4-19-3-1005
・URL:http://itis.jp/

 

WEB広告を自前で運用する際にオススメの業務効率化ツール

この項目では、WEB広告を自社で運用するときに役立つ便利なツールを紹介します。

WEB広告運用を可視化する「Databeat Explore」

データビートロゴ

Databeat Exploreは膨大なデータを一元管理できる業務効率化ツールです。データを管理するときに発生するさまざまな工数を省くことができるので、マーケターはスピーディーに分析・改善に取り掛かれます。

WEB広告運用における「Databeat Explore」の3つの活用ポイント

  • データ収集・更新の自動化

Databeat Exploreは、データの収集・更新を自動で行います。そのため、複数の広告を運用しているときでも、わざわざ広告の管理画面でデータの収集や更新を行う必要がありません。

  • さまざまなデータ出力方式

Databeat Exploreは、さまざまなフォーマットに出力できるので、データの共有が簡単にできます。たとえば、GoogleスプレッドシートやBIツールなど、自社やクライアントの環境に合わせたフォーマットを利用できるので、最新のデータをスピーディーにやり取りできます。

  • データを可視化できる

Databeat Exploreには、全データをまとめたダッシュボード、広告パフォーマンスレポート、広告詳細レポートなどがあります。用途別にまとめられたこれらのレポートは、常に最新の状態を保っています。

必要なレポートをすぐに参照できる環境は、マーケターの作業効率を大幅にアップしてくれるでしょう。

 

 

まとめ

WEB広告と一口に言っても、実にさまざまな広告媒体があります。数多い選択肢の中から自社の商品やサービスに最適な広告媒体を選ぶのは、簡単なことではありません。

WEB広告の自社運用が困難な場合は、広告運用代行を依頼できる代理店に相談することをおすすめします。経験豊富なプロである彼らは、きっと最適なプランを提案してくれますよ。

さらに、広告運用代行を依頼すると、定期的にレポートが届きます。運用レポートは広告運用における資産なので、キチンと管理しておく必要があります。このようなとき、膨大なデータを簡単に管理できる「Databeat Explore」がおすすめです。

※参考:沖縄のYoutube広告運用代行のおすすめはこちらで解説しています。
関連記事

WEB広告は様々な形式で配信することができますが、近年最も注目されている広告媒体、それがYoutube広告です。 日本のYoutube利用者(月間アクティブユーザー数)は2023年8月時点で7,000万人を超えており、ターゲットに対し[…]

【沖縄】Youtube広告運用代行おすすめ代理店5選と上手な選び方

 

広告レポート作成を自動化しませんか?

 

Databeat Explore_CTA

「広告データの集計に時間を取られている」
「アクセス解析と広告データを同時に集計したい」
「Looker Studio(旧Googleデータポータル)を使ってレポート作成工数や手動によるミスを削減したい」

このような課題は、Databeat Exploreで解決できます。

Databeat Exploreとは、自動で収集した広告データをオリジナルフォーマットでレポート化する、広告レポート作成自動化ツールです。

  • 導入にエンジニアスキルは不要
  • 国内最多の37サービスと連携が可能
  • 無料BIツールLooker Studio(旧Googleデータポータル)でレポート作成を自動化できる

詳しくは以下のリンクよりサービスサイトをご覧ください。

【沖縄】WEB広告運用代行おすすめ代理店7選と上手な選び方
最新情報をチェックしよう!
>広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

Databeat Exploreは、WEB広告データの見える化を実現するサービスです。
様々な広告データを抽出・統合・一元化し、見たいデータを見たい時に見たい場所で見ることができます。

CTR IMG