WEB広告のシミュレーションツール完全ガイド!予算や効果の予測ができるツールを主要媒体別に詳しく紹介

WEB広告のシミュレーションツール完全ガイド!予算や効果の予測ができるツールを主要媒体別に詳しく紹介

WEB広告をはじめて運用する場合、あるいは新しい媒体の利用、新しいターゲットへの出稿を行う場合など、さまざまな場面でWEB広告のシミュレーションが活用できます。シミュレーションを作成することで、事前にどのようなWEB広告運用パフォーマンスになるかを把握できるためです。

しかし、シミュレーション作成に時間を割くことができず、WEB広告の運用を実施しているといったケースも少なくありません。そこで今回こちらの記事では、WEB広告のシミュレーションを簡単に実施できるツールを、主要な広告媒体ごとに詳しく解説していきます。

目次

WEB広告のシミュレーションに関する基礎知識

はじめに、WEB広告のシミュレーションに関する基礎知識から見ていきましょう。WEB広告におけるシミュレーションの内容や重要性、実施のタイミングなどを解説していきます。

WEB広告のシミュレーションとは?

WEB広告のシミュレーションとは、運用前にどれくらいの成果が得られるのか、どれくらいの費用が必要となるのかといった「WEB広告運用の結果」を予測することです。あくまでも予測や目安であるため、必ずしもシミュレーション通りの結果になるとは限りません。

しかし目安を知ることで、広告を出稿すべきかどうかを検討する判断材料となります。また、複数の媒体でシミュレーションを作成すれば、どの媒体への出稿が最も効果的かを判断することも可能です。

WEB広告でシミュレーションを作成する重要性

WEB広告でシミュレーションを作成する重要性について、3つのポイントにまとめましたのでご覧下さい。

  1. 出稿すべきかどうかの判断材料になる
  2. 広告設計の検討材料になる
  3. 効果測定に利用できる

 1.出稿すべきかどうかの判断材料になる

広告のシミュレーションは、広告を出稿すべきかどうかの判断材料になります。広告は出稿する領域やタイミングによって、競合の出稿も激しい場合があります。その場合、コストがかかりすぎてしまって費用対効果が悪くなる可能性があります。

シミュレーションを作成すれば、事前にCPCやCPAが高騰しそうであることを予測できるため、費用対効果の合わない領域への出稿をしない、という判断を下せます。もちろんその場合、新たにシミュレーションを作成して、費用対効果の高い運用が可能な領域を見つけて広告を出稿します。

 2.広告設計の検討材料になる

シミュレーションは広告設計の検討材料にもなります。シミュレーションによってどれくらいのコストが必要か、かけたコストに対してどのような成果が得られるかの目安がわかりますので、さらに効果の高い運用を行うための計画を練ることが可能です。

担当者の感覚に頼って安易に広告を出稿してみたら赤字だった、というような失敗の可能性を抑制して、より効果の高い広告運用のための設定を模索できるので、広告運用前には必ずシミュレーションを実施するのがおすすめです。

 3.効果検証に利用できる

広告のシミュレーション結果は、広告運用後の効果検証にも利用できます。事前のシミュレーションを行い広告を出稿して、運用データがとれたらシミュレーションのデータと比較を行います。

シミュレーションよりも良い結果であれば問題ありませんが、悪い結果だった場合、運用中の広告には改善の余地があると考えられます。この比較結果を基に運用改善を行えば、シミュレーションと同等かそれ以上の結果を得られる可能性が高くなります。

広告のシミュレーションは運用前に行うものというイメージが強いですが、実はこの運用後の効果検証に利用するシーンが、とても重要なのでぜひ実施することをおすすめします。

WEB広告のシミュレーションを作成するおすすめのタイミング

WEB広告のシミュレーションを作成するおすすめのタイミングを、3つ紹介します。以下のタイミングでは、シミュレーションを作成して広告の出稿を検討するのがよいでしょう。

  1. WEB広告をはじめて利用する
  2. 新たなキーワードやターゲットへ広告を配信する
  3. 広告運用の成果が思わしくない

 1.WEB広告をはじめて利用する

WEB広告をはじめて利用する場合、シミュレーションの作成を行うことをおすすめします。シミュレーションを行うことは、事前にどれくらいの成果が得られるかはもちろんですが、広告予算を決めるための目安にもなります。

まったく目安がわからないまま広告を出稿することは、リスクが高い行為です。また、必ずシミュレーション通りになるとは限りませんが、社内で予算を確保する際にもシミュレーションは根拠として活用できます。

 2.新たなキーワードやターゲットへ広告を配信する

すでにWEB広告を運用している方は、新たなキーワードやターゲットへ広告を配信する際に、シミュレーションを作成しましょう。キーワードやターゲットが変わると、市場や競合の状況も変化しますので、CPCやCPAが大きく変わるケースがあります。

同じ商品を販売することを目的とする広告であっても、キーワードが変わるだけでCPCが高騰するといったことは十分考えられます。シミュレーションを作成して目安を確認しておけば、広告運用の大きな失敗のリスクを軽減できます。

 3.広告運用の成果が思わしくない

運用している広告の成果が思わしくない場合も、シミュレーションを作成してみましょう。特に成果が悪い原因がわからない場合におすすめです。まずはシミュレーションを作成してみて、現在運用している広告と比較します。

すると、効果が得られない原因のヒントを得られる場合があります。仮にクリック数やクリック率は同等なのにコンバージョン率が極端に低い場合、ランディングページに問題がある可能性が考えられるため、LPOを実施するといった判断ができます。

広告のシミュレーションツールとは?

広告のシミュレーションツールとは?

引用元:Google広告

広告のシミュレーションツールとは、広告のシミュレーションを実施するツールのことです。広告媒体によって利用するツールが異なりますが、それぞれ過去の媒体のデータを参考にした、シミュレーション結果を確認できます。

現在運用している広告の実績を基に、未来の運用結果をシミュレーションすることができるツールなどもあります。基本的に広告のシミュレーションは、こうしたツールを利用して行うことになります。

 

広告シミュレーションツールで実現できる3つのこと

広告シミュレーションツールで実現できる3つのこと

広告シミュレーションツールで実現できることを3つ紹介します。以下を参考に、シミュレーションツールの利用を検討してみてください。

  1. 簡単に広告のシミュレーションを作成できる
  2. 精度の高いシミュレーション結果が得られる
  3. 最適な出稿領域を発見できる

1.簡単に広告のシミュレーションを作成できる

シミュレーションツールを使うと、簡単に広告のシミュレーションを作成できます。細かい使用方法はツールごとに異なりますが、大まかな使用手順としては、出稿したいキーワードやターゲットの設定と予算を入力するだけです。

これだけで、簡単に広告のシミュレーションが作成できてしまうので、シミュレーションの作成自体にほとんどリソースを必要としません。

2.精度の高いシミュレーション結果が得られる

シミュレーションツールなら、精度の高いシミュレーション結果を得ることが可能です。基本的に広告のシミュレーションツールは、どれもその媒体の過去のデータを参考に予測データを算出します。

よって、実際の運用結果にかなり近いシミュレーションが可能となります。完全に一致するデータではないものの、実際の運用データを参考にしたシミュレーション結果なら、これから運用する広告の参考とするには十分なデータです。

3.最適な出稿領域を発見できる

シミュレーションツールは、最適な出稿領域の発見にも役立ちます。シミュレーションツールによるシミュレーション作成は原則無料で利用できますので、何度行っても問題ありません。ですから、どのキーワードで広告を出稿すべきか迷っている場合は、候補となるキーワードすべてのシミュレーション作成を作成できます。

そして、シミュレーション同士を比較すれば、どのキーワードでの出稿が最適なのかを判断して、広告出稿が行えます。

 

広告シミュレーションツールを利用する上で注意すべき3つのポイント

広告シミュレーションツールを利用する上で注意すべき3つのポイント

広告シミュレーションツールを利用する上で注意すべきポイントを紹介します。シミュレーションツールは非常に便利なツールですが、以下のポイントに注意しながら利用しましょう。

  1. 必ずシミュレーション通りの結果が出るとは限らない
  2. クリエイティブなどが原因で結果が大きく乖離するケースもある
  3. 運用後の効果測定も重要

POINT1.必ずシミュレーション通りの結果が出るとは限らない

過去のデータを基に精度の高い結果を予測できるシミュレーションツールですが、必ずしもシミュレーション通りの結果が出るとは限りません。シミュレーションツールが参照するデータは、過去12ヶ月分のデータであることが多いのですが、昨年と今年では市場や競合にも変化があるものです。

仮に競合の参入が激化していた場合などは、同じ領域への広告出稿も当然急増しますので、CPCが一気に高騰するといったこともありますので、シミュレーションを過信せず、運用していくことが重要です。

POINT2.クリエイティブなどが原因で結果が大きく乖離するケースもある

広告クリエイティブが原因で、結果が大きく乖離するケースもあります。広告費を同じだけ使っていてもクリエイティブの質が低いため、クリック率がシミュレーションツールよりも低下するといったことが考えられます。

また、クリック率はシミュレーションツールと同等であっても、ランディングページの質が低いと流入したユーザーの離脱率が高く、CPA高騰の原因にもなりかねません。よって、運用を進める中で改善点を見つけ出すことも大切なポイントです。

POINT3.運用後の効果検証も重要

広告のシミュレーションツールは、広告の出稿前だけではなく、運用後の効果検証に利用することも忘れてはいけません。シミュレーションツールによって可視化された過去の数値と現在のデータを比較して、PDCAを回していくことで、広告の最適化をスムーズに進められます。

広告のシミュレーションツールはただの予測ツールではなく、さまざまな使い方ができるツールであると理解しておきましょう。

 

広告シミュレーションツールの種類

広告シミュレーションツールの種類について解説します。広告のシミュレーションツールには、大きく分けて2つの種類が存在しています。

1.媒体の公式ツール

1つ目は、媒体の公式ツールです。Google広告やYahoo!広告、Facebook広告などそれぞれの媒体が提供するツールになります。これらのツールは、その媒体のシミュレーションしかできませんが、過去の正確なデータを基にしたシミュレーションが可能です。

2.有料広告シミュレーションツール

2つ目は、有料の広告シミュレーションツールです。有料のシミュレーションツールは、他にも予算管理やレポート作成などの機能を備えているものが大半です。

 

自社に合う広告シミュレーションツールを選ぶ3つのポイント

自社に合う広告シミュレーションツールを選ぶ3つのポイント

自社に合う広告シミュレーションツールを選ぶポイントを見ていきましょう。媒体の公式ツールや有料の広告シミュレーションツールの中から、最適なツールを選択する方法を紹介します。

  1. シミュレーションにコストをかけられない場合は媒体の公式ツール
  2. シミュレーション以外にも利用したい機能があれば有料ツール
  3. 複数の媒体を利用している場合は有料ツールで効率化もあり

POINT1.シミュレーションにコストをかけられない場合は媒体の公式ツール

広告のシミュレーションにコストをかけられない場合は、媒体の公式ツールが最適です。媒体の公式ツールは無料で利用できるので、自由に好きなだけシミュレーションが可能です。公式のツールなので、無料でも精度の高いシミュレーション結果を得られます。

POINT2.シミュレーション以外にも利用したい機能があれば有料ツール

シミュレーション以外にも利用したい機能があれば、有料ツールも選択肢のひとつとなります。有料ツールには、レポーティングや広告の予算管理といったさまざまな機能が搭載されています。こうした機能と併せてシミュレーション機能も利用したいのであれば、有料ツールを選択しても良いでしょう。

POINT3.複数の媒体を利用している場合は有料ツールで効率化もあり

複数の広告媒体で運用を行っている場合は、有料ツールを使って業務の効率化を目指すという考え方もあります。複数の媒体で運用を行っていると、シミュレーションをはじめ広告のデータ管理、レポート作成などすべての業務において、各媒体の管理画面へのアクセスが必要となります。

こうした作業を有料ツールであれば一括で行えたり、自動化できたりするので、ツールに多少のコストをかけても広告運用業務全体を効率化できるメリットを得られます。

 

媒体の公式の広告シミュレーションツール6選

媒体の公式の広告シミュレーションツールを紹介します。これらは無料ですぐにでも利用できるツールなので、シミュレーションをまったく実施したことがない方は、ぜひ活用してみてください。

キーワードプランナー【Google検索広告】

キーワードプランナー【Google検索広告】

引用元:Google広告

キーワードプランナーは、Google広告の管理画面から利用できるツールで、主に検索広告(リスティング広告)のシミュレーションに利用します。

 ツールの特徴

キーワードプランナーは、出稿したいキーワードを入力することで、シミュレーション結果を表示します。想定コンバージョン率を入力してシミュレーションを行うことも可能です。

 費用

キーワードプランナーは無料で利用できます。

こんな方におすすめ

キーワードプランナーは、Googleでリスティング広告の出稿を行う方におすすめです。指定したキーワードのシミュレーションは、来年までの予測やデバイスごとの予測、地域別などで分けて閲覧可能です。

パフォーマンスプランナー【GDN】

パフォーマンスプランナー【GDN】

引用元:Google広告ヘルプ

パフォーマンスプランナーは、Google広告の管理画面から利用できるツールで、主にディスプレイ広告(GDN)のシミュレーションに利用します。

 ツールの特徴

パフォーマンスプランナーは、既存のキャンペーンの予測に利用できるツールです。目標とするコンバージョン数を設定して、目標達成に必要な費用を予測したり、費用を入力して獲得できるコンバージョン数の予測を表示します。

 費用

パフォーマンスプランナーは無料で利用できます。

こんな方におすすめ

パフォーマンスプランナーは、Googleでディスプレイ広告の運用を行っている方におすすめです。作成したキャンペーンで目標を達成するために必要な費用やコンバージョン単価が予測できるほか、運用結果と予測データの比較を行うことも可能です。

※参考:Google広告のシミュレーション作成方法について詳しく解説した記事はこちら
関連記事

Google広告を運用する際、事前にシミュレーションを作成することで、さまざまなメリットを得られます。また、Google広告運用によってどのような効果が得られるか、運用にあたってのリスク(費用面など)も把握できます。 そこで今回こちら[…]

Google広告シミュレーション作成ガイド!費用と効果の予測方法や適切な予算の考え方を詳しく解説

キーワードアドバイスツール【Yahoo!検索広告】

キーワードアドバイスツール【Yahoo!検索広告】

引用元:Yahoo!広告

キーワードアドバイスツールは、Yahoo!広告の管理画面から利用できるツールで、主に検索広告(リスティング広告)のシミュレーションに利用します。

 ツールの特徴

キーワードアドバイスツールは、出稿したいキーワードを入力することで、シミュレーション結果を表示します。希望入札単価やマッチタイプを指定したシミュレーションも可能です。

 費用

キーワードアドバイスツールは無料で利用できます。

こんな方におすすめ

キーワードアドバイスツールは、Yahoo!でリスティング広告を運用する方におすすめです。入札単価やマッチタイプの設定など、Googl広告のキーワードプランナーよりもさらに細かいシミュレーションができるといった特徴があります。

在庫確認・シミュレーション【YDN】

在庫確認・シミュレーション【YDN】

引用元:Yahoo!広告ヘルプ

在庫確認・シミュレーションは、Yahoo!広告の管理画面から利用できるツールで、主にディスプレイ広告(YDN)のシミュレーションに利用します。

 ツールの特徴

在庫確認・シミュレーションは、YDNの予想リーチ数をシミュレーションできます。事前に在庫確認を行うことで、在庫設定をもとにしたシミュレーションを実施可能です。

 費用

在庫確認・シミュレーションは無料で利用できます。

こんな方におすすめ

在庫確認・シミュレーションは、Yahoo!でディスプレイ広告運用を行う方におすすめです。総販売在庫数に対する予想総リーチ数がシミュレーションできるほか、予想フリークエンシー数のシミュレーションも可能です。

※参考:Yahoo!広告のシミュレーション作成方法について詳しく解説した記事はこちら
関連記事

日本一のポータルサイトであるYahoo!に広告出稿が可能なYahoo!広告ですが、広告運用していく上で、下記のようなお悩みはないでしょうか? 「Yahoo!広告出稿を検討しており、予算を予測したい」 「新しいキャンペーンにかかる予算が知[…]

Yahoo!広告シミュレーション作成ガイド!費用と効果の予測方法や適切な予算の考え方を詳しく解説

広告マネージャ【Facebook広告・Instagram広告】

広告マネージャ【Facebook広告・Instagram広告】

引用元:Facebook for Business

広告マネージャは、Facebook広告の管理画面から利用できるツールで、Facebook広告またはInstagram広告のシミュレーションに利用します。

 ツールの特徴

広告マネージャは、Facebook広告とInstagram広告どちらのシミュレーションも可能です。出稿する広告のターゲットや予算設定などを行うと、対象となるオーディエンス数やリーチ数のシミュレーションが表示されます。

 費用

広告マネージャは無料で利用できます。

こんな方におすすめ

広告マネージャは、Facebook広告およびInstagram広告を運用する方におすすめです。広告マネージャで広告の設定を進めて行くと、自動的にシミュレーション結果が表示されますので、手間をかけることなく予測値を確認できます。

パフォーマンスシミュレーター【LINE広告】

パフォーマンスシミュレーター【LINE広告】

引用元:AD JOURNAL

パフォーマンスシミュレーターは、LINE広告の管理画面から利用できるツールです。

 ツールの特徴

パフォーマンスシミュレーターは、過去のデータを基にLINE広告の1日あたりの予測を表示できます。リーチ数とクリック数が表示されますが、シミュレーションには入札単価と1日あたりの予算を入力します。

 費用

パフォーマンスシミュレーターは無料で利用できます。

こんな方におすすめ

パフォーマンスシミュレーターは、LINE広告をはじめて運用する方におすすめです。コンバージョンに関する予測はできませんが、クリック数とリーチが確認できますので、目安となるコンバージョン率を基にどの程度の効果が得られるかを把握することが可能です。

 

おすすめの有料広告シミュレーションツール2選

ここからは、おすすめの有料広告シミュレーションツールを紹介します。有料ツールはコストがかかるものの、シミュレーション以外にも活用できる機能があります。

Lisket

Lisket

引用元:Lisket

Lisketは、WEB広告の運用などを行う代理店「株式会社カルテットコミュニケーションズ」が提供するツールです。

シミュレーション可能な媒体

  • 検索広告(Google広告/Yahoo!広告)

 ツールの特徴

Lisketは、広告のレポート作成や予算管理が可能なツールです。複数の広告媒体の運用データを自動で集計してくれるので、たくさんの管理画面へログインする必要はなく、Lisketのみで把握できます。

また、リスティング広告向けのシミュレーションツールとして「キーワード候補提案ツール」が利用できます。キーワード候補提案ツールは、メインキーワードを入力すると候補となる複合キーワードが表示されるため、出稿キーワードの検討やシミュレーションが可能です。

 費用

広告アカウント上限数 月額料金
20 1万円/月
60 3万円/月
100 5万円/月
140 7万円/月
180 9万円/月
181~ お問い合わせ

こんな方におすすめ

Lisketは、広告のレポート作成や予算管理の手間を省きたい方におすすめです。たくさんの指標の中から、必要な指標のみをピックアップしてレポートとしてまとめられるため、複数の媒体の運用を行っていても全体を把握しやすくなります。

また予算もひとつの画面でチェックできるので、効率良く広告運用を進められます。実際にLisketを導入したことで、毎月広告レポート作成に費やしていた時間を、月間100時間短縮できたり、複数の広告媒体のデータ集計にかかる時間が1/5になったなどの例もあります。

https://lisket.jp/

AdNote

AdNote

引用元:AdNote

AdNoteは、ビッグデータ活用サービスなどを提供する株式会社ブレインパッドのツールです。

シミュレーション可能な媒体

  • Google広告
  • Yahoo!広告
  • Facebook広告
  • Twitter広告

 ツールの特徴

AdNoteは、広告運用の工数削減のサポートをしてくれるツールです。広告レポートの自動化機能は、媒体ごとに実績レポートを出力できます。レポートをメールで自動送信することも可能です。

また、ブレインパッドが独自に開発した自動入札アルゴリズムによって、広告運用そのものを自動化できるといった特徴もあります。さらに、過去のデータを基にして未来の運用結果を予測するシミュレーション機能も活用できます。

 費用

料金プラン 料金
5アカウント 10アカウント 30アカウント 50アカウント
スタンダードプラン 10,000円 18,000円 45,000円 60,000円
ビジネスプラン 50,000円 58,000円 85,000円 100,000円

こんな方におすすめ

AdNoteは、広告のシミュレーションと運用の効率化を同時に進めたい方におすすめです。AdNoteにはレポート機能だけでなく、自動入札機能も搭載されているため、広告運用に関する多くの工程を自動化できます。

自動入札機能は、広告媒体の自動入札とクロス活用を前提としたロジックになっており、広告の運用経験がない担当者でも、ツールに従って操作することで、安定した広告運用が可能となります。

https://www.web-adnote.com/

 

広告シミュレーションツールは広告レポート自動化ツールの併用がおすすめ

広告シミュレーションツールは、広告レポート自動化ツールの併用がおすすめです。まずは広告レポート自動化ツールの概要、そして併用がおすすめの利用について解説します。

広告レポート自動化ツールとは?

広告レポート自動化ツール

引用元:Databeat Explore

広告レポート自動化ツールは、WEB広告の運用データを自動で収集し、レポートを生成するツールです。レポートテンプレートによって、さまざまな切り口のレポートが、手間をかけずに手に入ります。

広告シミュレーションツールと広告レポート自動化ツールの併用がおすすめの理由

広告シミュレーションツールと広告レポート自動化ツールの併用がおすすめの理由は、主に広告運用後の効果検証にあります。本記事内でもお伝えしましたが、広告のシミュレーションは運用前に成果や費用を予測するだけではなく、運用後のデータと比較するといった使い方もあります。

その際、運用データをまとめるのにも手間がかかりますが、広告レポート自動化ツールならそういった心配も不要です。複数の媒体の運用を行っているシーンでも、自動ですべての広告データが集計されているので、すぐにシミュレーションとの比較が可能です。

オススメの広告レポート自動化ツール:「Databeat Explore」

Databeat Explore

Databeat Exploreは、あらゆるWEB広告のレポート作成を自動化できるツールです。エンジニアスキルも不要で、簡単に導入できます。複数のテンプレートが用意されているので、見やすくわかりやすいレポートが自動で取得可能です。

Databeat Exploreで実現できる3つのこと

Databeat Exploreで実現できることを3つ紹介します。以下の内容を参考に、Databeat Exploreの導入をご検討ください。

  1. 広告の運用データを自動取得
  2. 広告データを一元管理してレポート作成まで自動化
  3. 外部ツールとの連携もスムーズ

 広告の運用データを自動取得

Databeat Exploreは、広告の運用データを自動で取得できます。API等を利用して直接広告媒体からデータを抽出するので、一度連携させておけばあとはいつでもDatabeat Exploreで最新のデータが確認可能です。

いろいろな広告媒体の管理画面からデータを抽出する必要はなく、データ収集にかかる工数を大幅に削減できます。

 広告データを一元管理してレポート作成まで自動化

Databeat Exploreは、あらゆるWEB広告のデータを一元管理できます。そして、すべてのデータを自動でレポートに反映するので、表やグラフ作成に頭を悩ませる必要はありません。Databeat Exploreのテンプレートを使用したレポートは、広告の分析や社内外への共有に活用できます。

 外部ツールとの連携もスムーズ

Databeat Exploreが収集した広告データは、外部ツールとの連携もスムーズです。GoogleデータポータルなどのBIツール、Excel、Googleスプレッドシートなどへのエクスポートにも対応しています。普段お使いのツールをそのまま使えることもメリットです。

 

まとめ

広告のシミュレーションは、広告運用前に運用計画を立てたり、予算の目安を知るために活用できます。新しい媒体で広告を出稿する場合や、新たな広告を出稿するタイミングでの利用がおすすめです。

また、運用結果とシミュレーション結果を比較して、効果測定を行うことも重要です。シミュレーションと比較することで、運用中の広告の改善策を見つけられます。実際にシミュレーションを実施するにあたっては、各広告媒体のシミュレーションツール、または有料のシミュレーションツールを利用します。

媒体のツールは無料で利用できるメリットがあり、有料のツールはシミュレーション以外の機能を利用できるメリットがあります。どちらを利用するかは、ツールにコストをかけられるかどうか、シミュレーション以外に使いたい機能があるかどうかで選定しましょう。

最後に紹介した広告レポート自動化ツールは、広告シミュレーションツールとの併用がおすすめです。広告レポート自動化ツールは、簡単に運用中の広告データを集計してレポート化できます。シミュレーションと運用データの比較を、効率良く行うことが可能となります。

Googleデータポータルを活用して分析業務を効率化するツール
DatabeatExplore

こんな方にオススメ

・広告数字の集計が大変

GAと広告数字を同時に集計したい

・人力レポートではミスが発生する

Googleデータポータルを活用したい

WEB広告のシミュレーションツール完全ガイド!予算や効果の予測ができるツールを主要媒体別に詳しく紹介
最新情報をチェックしよう!
>広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

Databeat Exploreは、WEB広告データの見える化を実現するサービスです。
様々な広告データを抽出・統合・一元化し、見たいデータを見たい時に見たい場所で見ることができます。

CTR IMG