SNS広告を学べるおすすめの本を厳選紹介!SNSやマーケティングに関して学べる本からSNS広告運用を学ぶコツまで幅広く解説

SNS広告を学べるおすすめの本を厳選紹介!SNSやマーケティングに関して学べる本からSNS広告運用を学ぶコツまで幅広く解説

私たちが普段何気なく利用しているFacebookやTwitter上では、SNS広告と呼ばれる広告がタイムラインに表示されることがあります。そのSNS広告を契機として、新しい商品やサービスに対して興味関心を持ったりモノを購入をしてみたりと、私たちは様々な行動をします。

本記事では、そのようなSNS広告に焦点を当てて、SNS広告運用を本格的に学習できる本や学習のコツを中心に解説します。

目次

SNS広告の基礎知識と上手に運用方法を学ぶコツ

そもそもSNS広告とはどのような広告手段なのか、SNSマーケティングとの比較やSNS広告のメリットを解説します。SNS広告を効果的に運用できるようになるための学習のコツについても紹介します。

SNS広告とは?

SNS広告とは、FacebookやTwitter等のSNSプラットフォーム上で表示される広告のことを指します。広告は画像や動画等を使ったフォーマットで、タイムライン上に表示されます。業態を問わず様々な企業が、自社サービスの売上拡大や認知向上に向けてSNS広告を活用しています。

Twitter広告

引用:Twitter広告

※参考:SNS広告について詳しく解説した記事はこちら
関連記事

SNS広告は、リスティング広告などと同じく、WEB集客の手法として非常に多く利用されています。SNS媒体ごとにユーザー属性などが異なるため、販売する商品などに適した媒体を選んで利用するケースが多くなっています。 また、SNS特有のユー[…]

SNS広告の費用がまるわかり!課金方式や費用相場、代理店手数料まで詳しく解説

 SNS広告とSNSマーケティングの違い

SNS広告とSNSマーケティングとの大きな違いは費用にあります。SNS広告は有償となりますが、SNSマーケティングは費用をかけることなく行うことが可能です。SNSマーケティングは、主に自社アカウントをフォローしているユーザに対してリーチしますが、SNS広告はフォロワー以外の幅広いユーザへリーチできます。

 SNSマーケティングとインフルエンサーマーケティングの違い

SNSマーケティングとインフルエンサーマーケティングの大きな違いは、投稿する立場にあります。SNSマーケティングは自社のSNSアカウントから自社の立場で投稿しますが、インフルエンサーマーケティングはYouTuberや有名人が第三者の視点で、自社サービスについて紹介します。

インフルエンサーマーケティングの主要なターゲットは、そのインフルエンサーをフォローしているファンです。また、インフルエンサーマーケティングはインフルエンサーへ支払う費用がかかります。

SNS広告を利用する3つのメリット

  1. 拡散性がある
  2. フォロワーに対して広告をリーチさせやすい
  3. SNSのタイムライン上でUXを損なうことなく広告表示できる

 1.拡散性がある

FacebookやTwitterのようなSNSは自分の周りのユーザへシェアする機能があるため、SNS広告を見たユーザから見ていないユーザへ拡散されることがあります。一方でリスティング広告やバナー広告はそのようなシェア機能がないため、拡散性を期待することができません。

 2.フォロワーに対して広告をリーチさせやすい

SNS広告は自社のSNSアカウントのフォロワーをターゲットに広告配信することが可能です。自社サービスに関するプロモーションを、ファンに対してより確実に伝えるにはSNS広告は有用な手段です。SNS外で表示されるリスティング広告やバナー広告は、そうした自社サービスのファンに限定した広告表示が困難です。

 3.SNSのタイムライン上でUXを損なうことなく広告表示できる

SNS広告はSNSのタイムライン上に表示されるため、リスティング広告やバナー広告など他の広告形態と比べ、UXを損なうことなく広告表示できます。ユーザがSNSのタイムラインを上下にスクロールする際に自然な形でSNS広告は表示されます。

SNS広告の運用方法を上手に学ぶ3つコツ

  1. 常日頃からSNSを利用する
  2. 競合他社のSNSアカウントをフォローする
  3. SNSプラットフォームが発信する最新情報をキャッチする

 1.常日頃からSNSを利用する

日々自らSNSを利用することは、そのSNSを理解する上でとても重要です。ユーザがSNSをどのように活用しているのか、またどのようなSNS広告に反応しているのかを観察することは、SNS広告運用に役立てられるからです。自ら投稿するのもSNSの各機能の理解に繋がります。

 2.競合他社のSNSアカウントをフォローする

競合他社のSNSアカウントをフォローして、コミュニケーションの打ち出し方やクリエイティブの使用方法をチェックすることは、SNS広告運用に大いに役立ちます。さらに他社がSNS上で実施するキャンペーンへ自ら参加することも、キャンペーンの仕組みを理解できるのでおすすめです。

 3.SNSプラットフォームが発信する最新情報をキャッチする

SNSはアップデートと変化を繰り返しています。例えば、新しいクリエイティブフォーマットや広告配信方法の導入、利用しているユーザ層の変化など、SNSの世界では多くの変化が起きます。そのほか各SNSプラットフォームが公式に発信しているニュース情報を日頃からキャッチし、SNS広告運用へ役立てることが重要です。

 

SNS広告の運用方法を「本」で学ぶ上で知っておきたいこと

SNS広告の運用方法を「本」で学ぶ上で知っておきたいこと

SNS広告の運用方法を本で学ぶには、その本を選ばなければなりません。ここでは、本を選ぶ際の前提知識としての注意点をいくつか説明します。

1:SNS広告に特化した本は少ない

SNS広告に特化した本は少ない傾向にあります。特にSNS広告における具体的な出稿方法や運用改善方法等、広告運用担当者の視点で解説した本は少ないです。

2:WEB広告やSNSマーケティングについて解説された書籍の一部として紹介されていることがある

SNS広告は、WEB広告やSNSマーケティングを解説している本の一部として説明されているケースがあります。この場合、SNS広告はWEB広告やSNSマーケティングにおいてどのように活用されているのかといった概要説明に留まるため、残念ながらSNS広告運用担当者にとってあまり役に立つ内容が少ない場合があります。

SNS広告を本で学ぶ際の3つの注意点

SNS広告を本で学ぶ際の注意点を、3つ解説します。本からSNS広告を学ぶ場合は、以下の点に注意して学習を進めましょう。

  1. 必ずしも最新の情報ではない
  2. 本に書いている通りに成果が出ない場合がある
  3. 情報や著者の考え方に偏りがある場合がある

 1.必ずしも最新の情報ではない

SNSはその時におけるトレンドや、市場の状況によって常に変化しています。例えば、Facebook広告やTwitter広告においては、新しいクリエイティブ形態やターゲティング方法が随時導入されています。そのため、本が出版された頃にはそのような情報が本の中で解説されていないことがあります。

 2.本に書いている通りに成果が出ない場合がある

本は著者がSNS広告運用を通じて得たこれまでの経験に基づいて説明しているため、扱う商材や広告予算、広告配信するクリエイティブ等によっては本で解説されている通りに成果が出ない場合があります。例として、「ニッチな市場をターゲティングしたFacebook広告では、元々のオーディエンス人口がFacebookプラットフォーム上では少ないので、本が解説している通りにリード獲得できなかった」ということも発生し得ます。

 3.情報や著者の考え方に偏りがある場合がある

SNS広告を扱う本は、特定のSNSプラットフォームに特化している場合や、著者の経験則に基づいている場合があります。例えば、数あるSNS広告の中でもFacebook広告のみを解説していることや、著者が扱う商材に関してのみに当てはまる事例を解説しているケースがあります。

 

SNS広告の運用方法が学べるおすすめ本3選

ここではSNS広告の始め方や運用方法について、実践的に学ぶことができるおすすめの本を3つ紹介します。

ビジネスを加速させるFacebook広告&Instagram広告制作・運用の教科書

Facebook広告とInstagram広告を、初めて出稿する方向けに執筆された本です。広告出稿前の下準備から、出稿時の注意点、出稿後の改善の方法まで事細かに解説しています。

ビジネスを加速させるFacebook広告&Instagram広告制作・運用の教科書

引用:ビジネスを加速させる Facebook広告&Instagram広告制作・運用の教科書

この本はこんな方におすすめ!

Facebook広告とInstagram広告を出稿してみたいが、経験がないのでどこから始めたらいいのか分からないという初心者の方におすすめです。Facebookページ、ビジネスマネージャ、Facebookピクセル等の広告出稿時に欠かせないFacebookプラットフォーム特有の機能を丁寧に解説しています。

 この本の特徴

検索型広告ではリーチできない潜在的な顧客をFacebook広告によって獲得し、売上増加へつなげた著者の経験に基づいてこの本は執筆されています。広告指標の見方や運用効果を高めるクリエイティブ選定の仕方を解説しており、出稿後の運用改善についてアドバイスします。

Facebook広告の武器である縦型動画広告や類似オーディエンスによって、リード獲得と売上を飛躍的に上げるノウハウも解説しています。

この本の基本情報

・レベル:初級者~中級者向け
・価格:1,760円
・出版社:つた書房
・著者:小林雄樹
・URL:https://www.amazon.co.jp/dp/4905084393/ref=cm_sw_r_tw_dp_SVTB1MXESV0FG3JGBB9J

予算が見える・効果が上がる ネット広告徹底活用ガイド

インターネット広告と一口で言っても、そこには様々な形態の広告が存在します。本書はインターネット広告を類型化し、それぞれの広告における特徴について解説しています。

予算が見える・効果が上がる ネット広告徹底活用ガイド

引用:予算が見える・効果が上がる ネット広告徹底活用ガイド

この本はこんな方におすすめ!

SNS広告と他のインターネット広告との違いについて、いまいち分からないという方におすすめです。また、SNS広告はFacebookやTwitter等のSNSプラットフォームで展開する広告という、基本的な知識から更に理解を深めたい方にもおすすめです。

 この本の特徴

インターネット広告を、SNS広告、リスティング広告、アドネットワーク広告、アフィリエイト広告等のカテゴリに分類することで、インターネット広告を俯瞰的に把握できます。それぞれの広告における課金形態、予算感、広告表示スペース、運用の難易度を説明し、実際に広告を運用する方にアドバイスします。

この本の基本情報

・レベル:初級者向け
・価格:2,420円
・出版社:エムディエヌコーポレーション
・著者:株式会社フリーライズ/七宮雄祐
・URL:https://www.amazon.co.jp/dp/4844366092/ref=cm_sw_r_tw_dp_KVAVNKN3CKTZVF0GJ53W

ネット広告運用“打ち手”大全 成果にこだわるマーケ&販促 最強の戦略102

SNS広告は出稿した後の運用改善を繰り返すことで、さらなる広告成果を上げられるようになります。本書はGoogle広告とFacebook広告に焦点を当てて、具体的な運用改善のノウハウについて解説しています。

ネット広告運用“打ち手”大全

引用:ネット広告運用“打ち手”大全 成果にこだわるマーケ&販促 最強の戦略102

この本はこんな方におすすめ!

Facebook広告に出稿してみたが思うように成果が上がらないので、改善策の具体的な手順について知りたいという方におすすめです。具体的な手段について解説しているため、自分でFacebook広告を出稿して運用している方に役立ちます。

 この本の特徴

Google広告とFacebook広告の運用において、コンバージョンを上げるための具体的な手段を、広告運用者の視点に沿って解説しています。Facebook広告については、ビジネスマネージャ内のアカウント構成の仕方やリターゲティング、類似オーディエンス等、より詳細に解説しています。

この本の基本情報

・レベル:中級者~上級者向け
・価格:2,750円
・出版社:インプレス
・著者:寳 洋平, 辻井 良太, 高瀬 順希
・URL:https://www.amazon.co.jp/dp/4295003204/ref=cm_sw_r_tw_dp_X1HG3X2D5X540YY9F9BD

※参考:SNS広告の一つであるTwitter広告を学べるオススメの本を紹介した記事はこちら
関連記事

SNSを使ったマーケティング・集客方法に興味がある方は、Twitterで見かける広告アカウントや広告タグ付きツイートにも関心があるのではないでしょうか。 この記事ではTwitter広告の概要とメリット・デメリット、Twitterを使用[…]

【仮】Twitter広告に関する本を探すときの注意点とおすすめ書籍をまとめて紹介

 

SNSマーケティングについて学べるおすすめ本3選

SNS広告を運用する上で、各SNSにおけるマーケティングの仕方を学ぶことは重要です。ここではSNSマーケティングを学ぶメリットとおすすめの本について解説します。

SNS広告運用においてSNSマーケティングを学ぶメリット

利用するユーザ層、コミュニケーションの仕方、コンテンツ内容等は、各SNSによって全く異なります。そのためSNS広告を運用する企業側も、各SNSについてマーケティングの視点で理解する必要があります。各SNSの適切なコミュニケーション方法やコンテンツ運用の仕方を予め学ぶことによって、効果的なSNS広告を運用することが可能となります。

SNSマーケティングのやさしい教科書。

各SNSにはそれぞれの特徴があるため、その特徴に応じた適切なマーケティングを実施していかなければなりません。本書は、Facebook、Twitter、Instagramを中心に各SNSの特徴や運用改善方法について解説します。

SNSマーケティングのやさしい教科書。

引用:SNSマーケティングのやさしい教科書。

この本はこんな方におすすめ!

これから自社でFacebookやTwitterアカウントを開設し、投稿を通じてフォロワー獲得やマーケティング活動をしていきたい方におすすめです。各SNSの特徴、PDCAを通じた運用改善方法、効果測定の仕方に至るまでSNSマーケティングの初心者向けに解説しています。

 この本の特徴

各SNSにおける特性や利用しているユーザ層、機能の違いについて解説しているため、SNS広告を配信する前にどのSNSが自社の商材に適しているのか把握できます。各SNSにおいて得られる拡散性等の効果、リーチできるユーザ層を予め把握することで、適切なSNS広告の配信が可能となります。

この本の基本情報

・レベル:初級者向け
・価格:3,480円
・出版社:エムディエヌコーポレーション(MdN)
・著者:株式会社グローバルリンクジャパン/清水将之
・URL:https://www.amazon.co.jp/dp/B01M1MDDX5/ref=cm_sw_r_tw_dp_9J0D4YY1KVQV32JKD1K4

デジタル時代の基礎知識『SNSマーケティング』第2版

ユーザや企業に利用されているSNSは数多くあります。本書は全体的なSNSマーケティングにおけるFacebook、Twitter、Instagram、LINE、YouTube、TiKTokを対象とした各SNSの特徴や選び方、効果的な運用方法について解説しています。

デジタル時代の基礎知識『SNSマーケティング』第2版

引用:デジタル時代の基礎知識『SNSマーケティング』第2版

この本はこんな方におすすめ!

数多くあるSNSの中でどのSNSが自社に適しているのか分からない、投稿してもいいね!がなかなか増えない等、SNS運用に悩みを抱えている担当者におすすめです。効果的な写真や動画の使い方、効果測定の仕方まで解説しているため、より実践的なSNS運用をサポートしてくれます。

 この本の特徴

特定のSNSにフォーカスしたSNSマーケティングの解説本はありますが、本書は企業の最新事例を紹介しながら6つの主要なSNSプラットフォームを、それぞれ詳しく解説していますSNSの選定方法、効果を上げるための運用方法、データ検証の仕方についても説明しているので、SNS広告を運用する上でも本書は大変役立ちます。

この本の基本情報

・レベル:初級者向け
・価格:1,628円
・出版社:翔泳社
・著者:林 雅之,本門 功一郎
・URL:https://www.amazon.co.jp/gp/product/B088M1MP23?ref_=dbs_m_nmg_rwt_calw_tkin_2

SNSマーケティング100の法則

大手電機メーカーから中小企業に至るまで、幅広い業態のクライアントに対してSNSマーケティングのコンサルティングを行ってきた専門家集団によって執筆された本です。

SNSマーケティング100の法則

引用:SNSマーケティング100の法則

この本はこんな方におすすめ!

自社サービスのマーケティング用にSNSアカウントを開設したが、思うように効果が得られないと悩んでいるSNS運用担当者におすすめの本です。ユーザの目を惹くコンテンツ作成術やコミュニケーション方法、SNS広告の活用、キャンペーン活用術等、すぐにSNS運用で実践できるノウハウを解説しています。

 この本の特徴

SNSマーケティングのコンサルティング集団によって執筆された本であるため、単なる知識だけにとどまらず実際に自社SNSの運用へすぐに活用できる内容が、100項目にわたり記載されています。Facebook、Twitter、Instagram、LINE、YouTube、TiKTokなど各SNSの特徴についても解説していますので、SNS選定に悩んでいる方にも役立ちます。

この本の基本情報

・レベル:初級者、中級者向け
・価格:1,650円
・出版社:日本能率協会マネジメントセンター
・著者:カーツメディアワークス
・URL:https://www.amazon.co.jp/gp/product/B08DR89ZW2/ref=dbs_a_def_rwt_hsch_vapi_tkin_p1_i0

 

本以外でSNS広告の運用方法やマーケティングを体系的に学べる方法おすすめ3選

本を活用した学習以外にも、動画を通じて効果的に学習できるコンテンツがあります。ここではSNS広告やSNSマーケティングについて学ぶことのできる、おすすめの動画を3つご紹介します。

【視聴無料】2時間で学ぶ/SNS運用担当者初級講座

SNS運用の初級者向けに作成された動画講座です。2時間の中でSNSの基礎知識、BtoCにおけるSNSの活用方法とリスク対策、SNS広告の基礎知識を学習します。

【視聴無料】2時間で学ぶ/SNS運用担当者初級講座

引用:【視聴無料】2時間で学ぶ/SNS運用担当者初級講座

この学習方法の特徴

動画配信サービスViemoに掲載された動画セミナーとなります。学習したい時にいつでも動画を視聴できます。インターネット環境さえあれば動画セミナーを視聴できるため、場所を選ばすモバイル端末やタブレット端末でも学習できます。

 こんな方におすすめ!

自社でこれからFacebook、Twitter、Instagramを活用したSNS運用を始める担当者におすすめです。SNS運用する上で重要となるリスク対策もカバーしており、長期的な目線に沿った運用方法を解説しています。さらにSNS広告の基礎知識としてFacebook広告、Twitter広告、Instagram広告、LINE広告の活用ポイントを説明しています。

講座の概要

・料金:無料
・URL:https://marke.members.co.jp/membersseminar23_sns.html

【ウェビナー】明日からSNS運用に活かせる!企業間コラボの実施方法とメリット

SNSを活用した企業間コラボレーションのメリットや、進め方について解説したウェビナーです。企業間コラボレーションの知識がなくても理解できるよう構成されています。

【ウェビナー】明日からSNS運用に活かせる!企業間コラボの実施方法とメリット

引用:【ウェビナー】明日からSNS運用に活かせる!企業間コラボの実施方法とメリット

この学習方法の特徴

動画で視聴するウェビナー形式となりますので、好きな時にいつでも動画を視聴することが可能です。途中で視聴を止めても、また見たい時に再開できるので隙間時間での学習にも向いています。

 こんな方におすすめ!

既にSNSを活用したマーケティングを実施していて、投稿内容にマンネリを感じていたり、拡散性のある投稿を試してみたいSNS運用担当者におすすめです。企業コラボレーションを実施する際の相手企業の探し方や、事例紹介までカバーしています。

ウェビナーの概要

・料金:無料
・URL:https://www.comnico.jp/ja-jp/webseminar2021-0803-mov

Facebook広告実践講座(オンデマンド配信)

Facebook広告に焦点を当てた動画講座です。自社サービスの効果を最大化させるための、Facebook広告に関する具体的な運用方法について解説しています。

Facebook広告実践講座(オンデマンド配信)

引用:Facebook広告実践講座(オンデマンド配信)

この学習方法の特徴

申し込み後、特定の期間中のみ任意のタイミングで、所定のWEBサイト内で動画視聴できます。視聴期間中であれば動画の一時中断や再開が可能ですので、自分のスケジュールに合わせて学習ができます。

 こんな方におすすめ!

Facebook広告を活用して自社サービスの売上向上や認知拡大といった、KPIを最大化させたいFacebook広告運用担当者におすすめです。Facebook広告のフォーマットやアルゴリズムの説明、効果指標の見方のみにとどまらず、効果的なクリエイティブの制作方法についても解説しています。

 

SNS広告運用の効率化にはレポート自動化ツールの利用がおすすめ

SNS広告運用担当者は、日々更新される広告データと向き合いながらデータ分析し、改善へ向けた次の打ち手を考えなければなりません。Databeat Exploreは、SNS広告データの集計や更新を自動化できるため、SNS広告運用担当者にとって大変役に立つツールです。

広告レポート自動化ツール「Databeat Explore」

Databeat Exploreは、SNS広告を始めとする3rd Partyの広告データや自社が保有する1st Party、外部の2nd Party等の様々なデータを自動的に収集し、外部ツールに出力するデータプラットフォームです。Databeat Exploreを活用することで、最新のデータを一元的に管理し、Googleデータポータル、Tableau等のツールと連携して効率的なデータ分析を実現します。

一度Databeat Exploreを広告データやツールと連携すれば、自動的にデータは更新されるため、データ更新と集計の工数が大幅に削減されデータ分析に集中することができます。

Databeat Explore

SNS広告運用における「Databeat Explore」の3つの活用ポイント

SNS広告運用におけるDatabeat Exploreの活用方法とそれぞれのメリットについて解説します。

  1. 複数のSNS広告データを一元管理する
  2. Googleデータポータル等のツールと連携してSNS広告データを可視化
  3. リアルタイムでSNS広告の予算や目標を管理

 複数のSNS広告データを一元管理する

Facebook広告、Instagram広告、YouTube広告等のSNS広告とDatabeat Exploreは連携できるため、広告データは自動的にDatabeat Exploreに取り込まれ一元管理されます。各SNS広告のダッシュボードにアクセスして集計する手間を大幅に削減することにもつながります。

連携している広告サービスは、2021年11月時点で国内最多クラスの32サービスにわたります。

 Googleデータポータル等のツールと連携してSNS広告データを可視化

Databeat ExploreはGoogleデータポータルに連携すると、常に最新のSNS広告データをGoogleデータポータルへ出力します。SNS広告の運用レポートはGoolgeデータポータル上で自動的にビジュアル化されるため、SNS広告運用担当者はレポート分析から次の打ち手の実施へと迅速に動くことが可能となります。

 リアルタイムでSNS広告の予算や目標を管理

Databeat Exploreのダッシュボード上で、各SNS広告の予算や目標をリアルタイムで設定し確認することができます。全体的な予算と目標を考慮した運用が可能なため、個別のSNS広告に対して最適化を図るよりも効率的なSNS広告運用ができます。

まとめ

現在SNSとして展開しているプラットフォームは数多くあり、それぞれのプラットフォームが提供しているSNS広告を、一度で全て学習することはなかなか大変です。SNS広告運用をこれから始める方は、本記事でご紹介したSNS広告全般について解説している書籍を基軸に理解を深め、そこから自社サービスと親和性のあるSNS広告や興味のある特定のSNS広告について学習するのも一つの方法です。

Googleデータポータルを活用して分析業務を効率化するツール
DatabeatExplore

こんな方にオススメ

・広告数字の集計が大変

GAと広告数字を同時に集計したい

・人力レポートではミスが発生する

Googleデータポータルを活用したい

SNS広告を学べるおすすめの本を厳選紹介!SNSやマーケティングに関して学べる本からSNS広告運用を学ぶコツまで幅広く解説
最新情報をチェックしよう!
>広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

Databeat Exploreは、WEB広告データの見える化を実現するサービスです。
様々な広告データを抽出・統合・一元化し、見たいデータを見たい時に見たい場所で見ることができます。

CTR IMG