Google広告の電話コンバージョン測定完全ガイド!測定・設定方法から確認方法、分析のポイントまで詳しく解説

Google広告の電話コンバージョン測定完全ガイド!測定・設定方法から確認方法、分析のポイントまで詳しく解説

目的のお店をスマートフォンで検索して、電話をかけるシーンがあります。このとき、Google広告経由で電話しているケースがあることをご存じでしょうか。

こうした広告は、ワンクリックでお店に電話がかけられるため、ユーザーにとって利便性が高く、集約方法としても非常に有効な手段の一つです。

そこで今回こちらの記事では、Google広告の電話コンバージョンを測定する方法や、分析方法について詳しく解説していきたいと思います。

目次

Google広告の「電話コンバージョン」に関する基礎知識

Google広告の「電話コンバージョン」に関する基礎知識

まずはじめに、Google広告の電話コンバージョンについて、基礎的な情報を確認していきましょう。電話コンバージョンとはどういうものなのか、そして電話コンバージョンのCVRなどについてみていきます。

Google広告における「電話コンバージョン」とは?

Google広告の電話コンバージョンとは、広告として表示された電話番号から、ユーザーがお店などに電話することを指しています。

この電話コンバージョンには、いくつかのカウント方法があります。ひとつは、広告の電話番号をタップした回数のカウントです。そしてもう一つは、電話番号をタップして通話した数をカウントする方法です。

Google広告の電話コンバージョンの平均CVR

一般的なリスティング広告のCVRは、業種などにもよりますが、平均1%~5%程度と言われています。これに対し、電話コンバージョンの平均CVRについては、正確なデータは公表されていませんが、電話番号を表示することで向上する傾向があります。

もちろんこれも、表示の仕方などによって効果は変化しますが、適切な表示をすれば、電話コンバージョンによって総合的なCVRを高めることは可能と言えます。

 

Google広告の電話コンバージョンを最大化するための3つの運用ポイント

Google広告の電話コンバージョンを最大化するための運用ポイントについて解説します。より多くのユーザーからの反応を得るために、以下を参考としてみてください。

  1. 住所も同時に表示する
  2. 営業時間に合せて表示する
  3. ターゲットをモバイルに絞る

1.住所も同時に表示する

電話番号_住所表示

引用元:COMIX

電話番号と一緒に店舗住所を表示すると、コンバージョン率がアップする場合があります。

ユーザーが直接来店する必要がある飲食店などは、電話での問い合わせと同時に、近隣の店舗を探しているケースがほとんどなので、現在地から近い電話番号にかける可能性が高くなります。

2.営業時間に合せて表示する

店舗の営業時間に合わせて、電話番号を表示する方法もおすすめです。

電話番号を表示することでコンバージョン率はアップしやすくなりますが、店舗の営業時間外にも電話番号が表示されていると、つながらない時間帯にもかかわらず、ユーザーが電話番号をタップしてしまうケースがあります。

もちろん電話はつながりませんが、広告をタップされてしまっているので、広告費だけは発生します。このような無駄を省くために、電話番号を表示する設定を、店舗の営業時間と同じにするのがよいでしょう。

3.ターゲットをモバイルに絞る

電話番号表示をする際は、ターゲットをモバイルに絞ることもおすすめです。

パソコンで検索して、パソコンから電話をするシーンはあまり現実的ではありません。やはり、スマートフォンで検索してそこから電話するシーンが多くなりますので、ターゲットをモバイルに絞り込みましょう。

そうすることで、電話番号が表示された広告の配信先がモバイルだけになるため、より効果的なターゲットにのみ配信できます。

 

Google広告の電話CVを最大化するにはコンバージョン測定がおすすめ

Google広告の電話CVを最大化するにはコンバージョン測定がおすすめ

Google広告の電話CVを最大化するには、CV測定がおすすめです。リスティング広告などと同じく、しっかりとCV計測を行うことで、費用対効果を改善するヒントを得られるなどのメリットがあります。

Google広告の電話コンバージョン測定の3つのメリット

Google広告の電話コンバージョン計測のメリットを3つご紹介します。

  1. 広告経由の電話問い合わせや予約状況を把握できる
  2. 広告の費用対効果を改善できる
  3. マイクロコンバージョン(MCV)計測にも活用できる

 広告経由の電話問い合わせや予約状況を把握できる

Google広告の電話コンバージョン計測を行うことで、広告経由の電話問い合わせや、電話予約の状況を把握できます。

もし、広告経由ではない電話問い合わせばかりであれば、電話の広告はもしかしたらあまり意味がないのかもしれません。反対に、広告経由の電話が多いことがわかれば、その広告の効果が発揮できていることが理解できます。

 広告の費用対効果を改善できる

電話コンバージョン測定は、広告の費用対効果改善にも役立ちます。

飲食店などは、広告経由でウェブサイトから予約ができれば、ある程度広告の効果を知ることができます。しかし、予約なしで来店するユーザーもいますので、広告経由の予約数だけではデータとして不十分です。

そこへ、電話コンバージョンのデータも追加すれば、より精度の高い広告の分析ができるため、費用対効果改善のヒントを得られます。

 マイクロコンバージョン(MCV)計測にも活用できる

電話コンバージョン測定を、MCV計測に活用することも可能です。

電話問い合わせやメール問い合わせなど、複数のCVポイントがあるウェブサイトの場合、MCVを設定して、広告の最適化や分析に利用するシーンがあります。

このとき、電話問い合わせがある場合は、電話コンバージョン測定も実施することで、正確なデータを補足することが可能になります。

※参考:Google広告のマイクロコンバージョン設定について詳しく解説した記事はこちら
関連記事

Google広告を運用していると耳にする「マイクロコンバージョン」をご存じでしょうか。 マイクロコンバージョンについて正しく理解することは、広告運用の最適化につながる可能性を高めます。 そこで、こちらの記事ではGoogle広告の[…]

Google広告のマイクロコンバージョン設定ガイド!設定手順や効果的な活用方法を詳しく解説

Google広告で測定できる電話コンバージョンの種類

Google広告では、各種設定によって、「電話番号をタップした回数」と「広告経由の通話」という2種類の測定が可能となっています。

前者の場合、単に電話場号をタップしただけの回数なので、通話したかどうかについての測定はできません。後者であれば、実際に通話したことがわかるため、より精度の高い分析ができます。

 

Google広告の電話コンバージョン計測方法の種類

Google広告の電話コンバージョン計測方法について解説します。計測方法は、全部で4種類ありますので、それぞれの特徴を理解した上で、計測方法を選ぶ必要があります。それぞれの計測方法は次のセクションから具体的に解説していきます。

Google広告の電話コンバージョン計測方法の種類まとめ

計測方法の種類 メリット デメリット
Google広告の専用転送電話番号で計測する方法 計測が簡単 転送番号なのでユーザーが怪しむ可能性がある
電話番号表示オプションで計測する方法 リスティング広告に表示可能 通話回数にズレが生じる
電話専用広告で計測する方法 通話レポートが利用可能 LPへ誘導できない
Googleタグマネージャーで計測する方法 GTM利用中であればすぐに導入できる タップ回数のみカウント

Google広告の専用転送電話番号で計測

 メリット

Google広告を利用している場合、比較的簡単に導入できる方法です。新たに電話番号を用意する必要もありません。

 デメリット

「0800」からはじまる電話番号になり、見慣れない番号なので、ユーザーから怪しまれたり、電話することを躊躇される可能性があります。

電話番号表示オプションで計測

 メリット

リスティング広告の中に、電話番号を表示することが可能です。そのため、スマートフォンユーザーからのアクションを得やすくなります。

 デメリット

リスティング広告に表示された電話番号のタップ回数をカウントするので、発信前にキャンセルした回数もカウントしてしまいます。

これによって、通話回数にずれが生じてしまうケースがあります。

電話専用広告で計測

 メリット

スマートフォンにのみ配信できる上、タップしてもLPなどには飛ばず、電話をかけられます。すぐに電話で問い合わせたいサービス、例えば水漏れ修理業者のようなサービスに向いています。

 デメリット

すぐに電話につながりますが、LPへの誘導ができないため、一般的な店舗などの利用にはあまり向いていません。

Googleタグマネージャーで計測

 メリット

すでに広告運用などでGTMを使用していれば、タグを追加することで簡単に設定できます。

 デメリット

通話したかどうかまでの細かい計測ができません。カウントできるのは、電話番号をタップした回数のみです。

 

Google広告の専用転送電話番号で計測する場合のCV計測設定方法

Google広告の専用転送電話番号で計測する場合の、CV測定設定方法を解説します。Google広告の管理画面で設定が完了できますので、手っ取り早く計測したい方におすすめの方法です。

【前提】Google広告の専用転送電話番号とは?

Google広告専用転送電話番号

引用元:Google

Google広告の専用転送電話番号とは、Googleから提供される電話番号を使用する方法です。広告に表示する場合だけでなく、ランディングページなどへ表示する電話番号としても利用できます。

ただし、「0800」からはじまる電話番号なので、本来の店舗や会社の電話番号とは異なるという特徴があります。

手順1.Google広告にログイン

Google転送専用電話番号設定1

引用元:Google広告

はじめに、Google広告へログインします。そして、画面右上にある「ツールと設定」をクリックします。

手順2.コンバージョン

Google転送専用電話番号設定2

引用元:Google広告

メニューが開いたら、「コンバージョン」をクリックします。

手順3.コンバージョンアクションの追加

Google転送専用電話番号設定3

引用元:Google広告

画面左上にある「+」をクリックします。

手順4.コンバージョン測定の選択

Google転送専用電話番号設定4

引用元:Google広告

トラッキングするコンバージョンの種類を「電話件数」にします。さらに、トラッキングする通話の発生元を選択します。今回は「ウェブサイトに掲載した電話番号への問い合わせ」にします。

ここは必要に応じて選択してください。

手順5.コンバージョンアクションの設定

Google転送専用電話番号設定9

引用元:ドメディ

コンバージョンアクションの設定を行います。コンバージョン名はわかりやすいものにしましょう。

手順6.タグの取得方法

タグ設置方法

引用元:Google広告

タグの取得方法を選択します。

手順7.タグの取得と設置

Google転送専用電話番号設定8

引用元:ドメディ

グローバルサイトタグの設定と、電話番号スニペットの設定で「ウェブサイトに表示されている電話番号を入力する」を選択して、電話番号を入力します。

最後に、グローバルサイトタグと電話番号スニペットを、計測したいウェブサイトへ貼付けます。これで、入力した電話番号は自動的に「0800」から始まる番号に置き換わります。

この方法で設定する場合の注意点

こちらの行程でGTMを利用することも可能です。ただし、GTMを利用すると、番号のタップしか計測できなくなります。そのため、GTMは使用せずに、ウェブサイトへ直接タグを設置します。

 

電話番号表示オプションで計測する場合のCV計測設定方法

次は、電話番号表示オプションで計測する場合の、CV計測設定方法について解説します。こちらも、管理画面で比較的簡単に設定が完了できます。

【前提】電話番号表示オプションとは?

電話番号表示オプション

引用元:Google広告

電番号表示オプションは、Google広告のリスティングで利用できるオプションです。上図のように、広告内に会社や店舗の電話番号を表示することができます。

スマートフォンの場合、この電話番号をタップすれば、すぐに電話がかけられます。

手順1.Google広告にログイン

電話番号表示オプション1

引用元:イノアークス

はじめに、Google広告へログインします。そして、「広告と広告表示オプション」を選択したのち、「+」をクリックします。すると新たにメニューが開くので、「電話番号表示オプション」を選択します。

手順2.電話番号表示オプションを追加

電話番号表示オプション2

引用元:イノアークス

電話番号表示オプションの追加画面が開いたら、電話番号の追加先と電話番号を入力します。右側に表示されているのは、広告のプレビュー画像です。

手順3.アカウント設定

電話番号表示オプション3

引用元:イノアークス

すべてのキャンペーンに戻ったら、「設定」を選択して、画面上部にある「アカウント設定」をクリックします。

手順4.通話レポート

電話番号表示オプション4

引用元:イノアークス

通話レポートを「オン」にします。これで、広告に表示される電話番号が「0800」から始まる番号に置き換わり、通話レポートで計測できるようになります。

 

電話専用広告で計測する場合のCV計測設定方法

次は電話専用広告で計測する場合の、CV計測設定方法を解説します。スマートフォンのみに配信できる広告となりますので、パソコンにも配信したい場合は、電話番号表示オプションなどを利用してください。

【前提】電話専用広告とは?

電話専用広告

引用元:Google広告

電話専用広告は、見た目は電話表示オプションに似ていますが、2つ相違点があります。

1つは、配信先がスマートフォンに限定されることです。PCへ配信することができないので注意してください。

2つ目は、電話リンクしか設定されていない点です。上図の電話専用広告をスマートフォンでタップすると、直接電話発信になります。ランディングページなどへリンクすることはできません。

よって、電話問い合わせに特化したリスティング広告を運用したいシーンで利用します。

手順1.Google広告の電話専用広告

電話専用広告1

引用元:イノアークス

Google広告を開いたら、「広告と広告表示オプション」をクリックして「広告」を選択した状態で、「+」をクリックします。そして開いたメニューから、「電話専用広告」を選択します。

手順2.電話専用広告の作成

電話専用広告2

引用元:イノアークス

電話専用広告作成画面で、電話番号やその他の広告に必要な情報を入力していきます。

手順3.アカウント設定

電話番号表示オプション3

引用元:イノアークス

すべてのキャンペーンに戻ったら、「設定」を選択して、画面上部にある「アカウント設定」をクリックします。

手順4.通話レポート

電話番号表示オプション4

引用元:イノアークス

通話レポートを「オン」にします。これで、広告に表示される電話番号が「0800」から始まる番号に置き換わり、通話レポートで計測できるようになります。

 

Googleタグマネージャーで計測する場合のCV計測設定方法

最後に、Googleタグマネージャーで計測する場合の、CV計測設定方法の解説です。すでに広告運用などで、Googleタグマネージャーを利用している方は、簡単に導入ができます。

【前提】Googleタグマネージャーとは?

GTMとは

引用元:Googleタグマネージャー

Googleタグマネージャーは、ウェブサイトに設置する各種タグを管理するツールです。Googleタグマネージャーを事前にウェブサイトに導入しておくと、タグを追加する際には、Googleタグマネージャーに一カ所だけタグを貼付けることで、反映できるようになります。

手順1.Googleタグマネージャーのアカウント設定

GTM設定1

引用元:リスマガ

はじめに、Googleタグマネージャーを開いて、アカウント設定を行います。

手順2.タグの取得と設置

GTM設定2

引用元:リスマガ

取得したタグを、指示通りにウェブサイトへ設置します。

手順3.変数の設定

GTM設定3

引用元:リスマガ

Googleタグマネージャーの左にあるメニューから「変数」を選択します。そして、「クリック」にある項目全てにチェックを入れます。

手順4.トリガーの作成

GTM設定4

引用元:リスマガ

次に、左側メニューの「トリガー」をクリックして、右上にある「新規」を選択します。

手順5.トリガーのタイプを選択

GTM設定5

引用元:リスマガ

新規トリガー作成画面で、トリガーのタイプを「リンクのみ」に設定します。

手順6.トリガーの設定

GTM設定6

引用元:リスマガ

トリガーの設定を行います。待ち時間の上限と妥当性のチェックを入れたら、計測するウェブサイトのURLを入力します。

手順7.トリガーの発生場所

GTM設定7

引用元:リスマガ

トリガーの発生場所では、「Clock URL」「含む」を選択して、電話番号を入力します。

手順8.タグの生成

GTM設定8

引用元:リスマガ

Googleタグマネージャーの左にあるメニューの、「タグ」をクリックして、右上の「新規」を選択します。タグタイプの選択になるので、「Googleアナリティクス」を選んでください。

手順9.タグの設定

GTM設定9

引用元:リスマガ

タグの設定では、各項目の名称を入力します。わかりやすい名称を入力してください。トラッキングIDには、GoogleアナリティクスのトラッキングIDを入力します。

他に設定の変更などは必要ありません。

手順10.トリガーの選択

GTM設定10

引用元:リスマガ

Googleタグマネージャーの左にあるメニューで「トリガー」をクリックし、先ほど作成したトリガーが表示されているので、選択して保存します。

手順11.公開設定

GTM設定11

引用元:リスマガ

最後に、画面右上にある「公開」をクリックして完了です。Googleタグマネージャーの動作確認をする場合は、公開ボタン横にある「プレビュー」をクリックして、正常に動作しているか確認を行います。

 

Google広告の電話コンバージョン測定結果の確認方法

測定結果は、Google広告の通話レポートから確認します。以下は、通話レポートの表示手順になります。

手順1.通話データ詳細

通話レポート

引用元:Google広告

すべてのキャンペーン画面で、「レポート」をクリックします。するとメニューが開くので「広告表示オプション」を選択してください。さらにメニューが開くので、「通話データの詳細」を選択します。

手順2.通話データの確認

通話レポート1

引用元:Google広告

通話データの詳細では、通話の開始時間や通話時間などを細かく確認することが可能です。

 

Google広告における電話コンバージョン測定結果の分析のポイント

Google広告における電話コンバージョン測定結果の分析のポイント

Google広告における電話コンバージョン測定結果の分析のポイントについて解説します。電話コンバージョンの設定後は、必ず分析を行い、データを有効活用するようにしましょう。

  1. 広告運用の改善に利用する
  2. ランディングページの改善に利用する
  3. 全体のコンバージョンからユーザー心理を理解する

POINT1:広告運用の改善に利用する

電話コンバージョンの測定結果を、広告運用の改善に利用できます。

通常の広告運用では、クリック率やコンバージョン率などを元に、出稿キーワードの調整などを行います。これと同じように、電話コンバージョンのデータを利用して、どのキーワードで出稿すると、電話コンバージョンの向上が見込めるのかなどを分析し、改善していきます。

POINT2:ランディングページの改善に利用する

ランディングページに電話番号を載せている場合は、LPOのヒントとして活用することも可能です。

どこに電話番号を掲載するかによって、電話コンバージョンは変化します。こちらも広告運用の改善を行う際と同じで、テストを行って電話コンバージョンが最大化する表示場所を見つけることができます。

POINT3:全体のコンバージョンからユーザー心理を理解する

ウェブサイトからのコンバージョンと、電話コンバージョンの数や割合を比較して、ユーザーの心理を理解することもできます。

業種や取り扱う商品・サービスによりますが、中にはメールでの問い合わせよりも、電話で問い合わせたいというユーザーが多いケースがあります。

このような場合、電話コンバージョンを増やすことで、コンバージョン自体を増やせる可能性がありますので、電話番号の表示場所に手を加えたり、電話対応可能数を増やすなどの施策を検討します。

 

Google広告初心者は広告代理店に設定、運用依頼するのもおすすめ

Google広告初心者は広告代理店に設定、運用依頼するのもおすすめ

Google広告初心者の方は、電話コンバージョンの設定や運用を、広告代理店に依頼するのもおすすめです。設定も運用も初心者の方が一から始めるには、若干ハードルが高くなります。

はじめはある程度時間もかかってしまうので、代理店に任せてしまうのが良いでしょう。

Google広告の運用代行を代理店に依頼する3つのメリット

Google広告の運用代行を代理店に依頼するメリットをご紹介します。Google広告の自社運用に不安がある場合は、以下を参考に代理店利用を検討してみてください。

  1. 分析から広告運用まですべての作業を担ってくれる
  2. ノウハウに基づく運用が可能
  3. Google広告以外のサポートも依頼できる

 メリット1.分析から広告運用まで全ての作業を担ってくれる

広告代理店の運用代行を利用すれば、データの分析から広告運用まですべての作業を担ってもらえます。

自社でGoogle広告の運用を行うには、事前の準備から運用、そして分析など非常に多くのリソースを必要とします。自社リソースに余裕があったり、Google広告の運用経験者がいればよいですが、そうでない場合は、本業に支障が出てしまう可能性もあります。

 メリット2.ノウハウに基づく運用が可能

代理店は、Google広告の運用を多数経験しており、ノウハウが蓄積されているので、成果に直結する運用が可能です。

Google広告は、多くの企業が利用しており、競合企業と競う形になりますので、初心者の方が簡単に成果を出すことは非常に困難です。

成果を第一に考えるのであれば、経験豊富な代理店を利用するのがおすすめです。

 メリット3.Google広告以外のサポートも依頼できる

広告運用は、商材と広告媒体の相性によって成果が変わることがあります。また、複数の広告を利用することで、利益を上乗せすることが可能な場面もあります。

自社でGoogle広告を運用していると、そういった場面ですぐに他の媒体に切り替えたり、複数の広告を同時に運用することは簡単ではありません。

しかし、代理店はさまざまな広告媒体の運用に対応しているため、スムーズに媒体の切り替えや、複数の広告運用代行を依頼できます。

 

Google広告運用代行に強みをもつおすすめ広告代理店

Google広告の運用代行に強みをもつおすすめの代理店をご紹介します。代理店を利用したGoogle広告運用を検討されている場合は、こちらを参考に代理店を選んでみてください。

ヴァンテージマネジメント株式会社

ヴァンテージマネジメント株式会社

引用元:http://net-agent.jp/

こんな方におすすめ!

  • 手数料をなるべく抑えて運用代行を依頼したい
  • Google広告の運用に実績がある代理店に依頼したい

 ヴァンテージマネジメント株式会社の強み

ヴァンテージマネジメント株式会社は、相場よりも安い手数料で、Google広告の運用代行が可能な代理店です。

一般的に、Google広告の運用代行手数料の相場は、広告費の20%程度ですが、ヴァンテージマネジメント株式会社は15%で依頼可能です。さらに、別のサービスを同時に依頼すると、10%まで引き下げることも可能です。

Google広告運用の実績については、Googleから「プレミアGooglePartner」に認定されており、確かな実績があることが確認できます。

ヴァンテージマネジメント株式会社の概要

・会社名:ヴァンテージマネジメント株式会社
・本社所在地:東京都中央区築地2-3-4 築地第一長岡ビル7F
・URL:http://net-agent.jp/

※参考:Google広告運用代行の代理店について詳しく解説した記事はこちら
関連記事

Google広告の代理店に広告運用を依頼する際、どのように選べば良いか迷ってしまうケースが多いと思います。Google広告の代理店を選ぶポイントを把握しておけば、依頼する際に迷うこともありません。 本記事ではGoogle広告代理店の選[…]

Google広告代理店選び完全ガイド~上手な選び方や手数料の仕組みを詳しく解説~

 

Google広告の効果を可視化するオススメの広告効果検証ツール

Google広告の効果を可視化するおすすめの広告効果検証ツールをご紹介します。Google広告の運用を自社で行う場合は、特にこういった広告効果検証ツールを利用して、業務の効率化と正確な効果検証が実施できる環境を作ることも重要です。

Databeat Explore

Databeat Explore

Databeat Exploreは、Google広告の効果を可視化するツールです。データの収集から可視化まで、すべて自動で行えますので、リソースに余裕がない企業でも導入しやすい特徴を持っています。

Google広告運用における「Databeat Explore」の3つの活用ポイント

Google広告運用におけるDatabeat Exploreの活用ポイントを3つご紹介します。

 広告データを自動集計・更新

Databeat Exploreは、Google広告の運用データを自動で集計可能です。更新も自動で行うため、常に最新のデータがDatabeat Exploreに格納されます。

Google広告との連携も簡単で、その他のWEB広告にも利用できます。

 あらゆるフォーマットに対応可能なデータ出力

Databeat Exploreに集められたデータは、ExcelやGoogleスプレッドシート、Googleデータポータル、BIツール、Googleアナリティクスなど、さまざまなフォーマットで出力できます。

データ共有から分析など、状況に応じて最適なフォーマットで出力できますので、データの取り扱いも非常に利便性が高くなっています。

 データ分析の効率化

Databeat Exploreは、ただ広告データを集計する訳ではなく、現状把握や分析がしやすいように、可視化される特徴も持っています。

Google広告や、その他のWEB広告と連携した場合、広告ごとのデータはもちろん、広告同士の比較もできるよう、媒体によって異なる指標を、わかりやすく整形してグラフなどで表示します。

 

まとめ

Google広告の電話コンバージョン測定は、リスティング広告のCVRを高めたり、電話問い合わせのデータを把握するためにとても重要です。

特に飲食店や、緊急性の高いサービス・業種は、電話での問い合わせ比率が高くなるため、測定を行って正しく分析することで、コンバージョン数アップのヒントにもなります。

ただし、Google広告の運用や電話コンバージョンの分析には、ある程度の経験や知識が必要となります。初心者の方や、自信がないと言う方は、経験豊富な代理店に運用代行を依頼してみましょう。

また、自社で運用を進める場合には、正確なデータの管理や分析、そして効率化を図るために、Databeat Exploreのような広告効果測定ツールのご利用をおすすめします。

Googleデータポータルを活用して分析業務を効率化するツール
DatabeatExplore

こんな方にオススメ

・広告数字の集計が大変

GAと広告数字を同時に集計したい

・人力レポートではミスが発生する

Googleデータポータルを活用したい

Google広告の電話コンバージョン測定完全ガイド!測定・設定方法から確認方法、分析のポイントまで詳しく解説
最新情報をチェックしよう!
>広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

Databeat Exploreは、WEB広告データの見える化を実現するサービスです。
様々な広告データを抽出・統合・一元化し、見たいデータを見たい時に見たい場所で見ることができます。

CTR IMG