楽天広告の費用がまるわかり!広告種類から代理店手数料まで詳しく解説!

楽天広告の費用がまるわかり!広告種類から代理店手数料まで詳しく解説!

リスティング広告やディスプレイ広告など、様々なWeb広告が利用される中、現在注目を集めているのが楽天広告です。楽天と聞くと、楽天市場などのECサービスを連想する方が多いかもしれませんが、実はWeb広告のサービスも提供しています。

本記事ではこの楽天広告について、広告種類から広告費用、代理店手数料まで詳しく解説していきます。楽天広告について知りたい方、これから楽天広告を利用してみたい方は、ぜひ一読してみてください。

目次

運用する前に押さえておきたい!楽天広告の基礎知識

はじめに楽天広告の概要、効果を発揮するシーン、出稿までの流れについて確認していきましょう。

楽天広告とは?

引用元:楽天市場

楽天広告とは、楽天市場やメルマガなど、楽天が提供しているサービス上で掲載されるWeb広告になります。楽天のサービスは、幅広い層のユーザーが利用しています。

このため、楽天広告を利用することで、商材・サービスを広く宣伝できます。

楽天広告が効果を発揮するシーン

楽天広告が効果を発揮するシーンとして、楽天市場でニーズが高い商材・サービスを宣伝するシーンが挙げられます。宣伝したい商材・サービスの種類が楽天市場で人気があれば、楽天広告で出稿した際にコンバージョンを獲得しやすいです。

人気商材・サービスであれば、たとえ広告であると認知されても、広告をクリックしてもらえる可能性は高まります。商材・サービスと楽天市場の親和性を踏まえて、楽天広告の利用を検討することが大切です。

楽天広告の一般的な出稿までの流れ

楽天広告の出稿までは、大まかに下記の流れになります。

  1. 広告掲載の審査
  2. 申込書の提出
  3. 原稿審査
  4. 入稿・掲載

 STEP1:広告掲載の審査

はじめに広告掲載の審査です。楽天広告で扱う商材・サービスとして適切であるか確認されます。

 STEP2:申込書の提出

広告掲載の審査に通ったら、申込書の提出を行います。申込書は、広告掲載の10営業日前までに提出してください。

 STEP3:原稿審査

次に、原稿審査が行われます。ここでいう「原稿」とは、広告文や広告画像のことです。楽天広告として掲載して問題ない内容・クオリティであるかチェックされます。

 STEP4:入稿・掲載

原稿審査の通過後、5営業日ほどで入稿が行えます。広告入稿から3~8営業日で、広告が掲載される流れです。

 

楽天広告の3つの分類と課金方式

楽天広告の3つの分類と課金方式

次に、楽天広告の分類と課金方式について確認していきましょう。

楽天広告の3つの分類と課金方式まとめ

分類 課金方式 具体的な広告種類
掲載系広告 固定課金 楽天市場広告、特別大型企画
成果報酬型広告 クリック課金 RPP広告、クーポンアドバンス広告、CPA広告
メルマガ配信系広告 クリック課金 楽天配信、店舗配信

1.掲載系広告

楽天市場のサイト、商品紹介のページなどに表示されます。主力の配信形態です。

 掲載系広告の特徴

画像を使った視覚的なアピールが行える点が特徴です。商材・サービスの画像を直接掲載できるので、視覚的に認知させたい際に最適の配信形態となります。

 掲載系広告の種類

種類は下記の2つになります。

  • 楽天市場広告
  • 特別大型企画

 掲載系広告の課金方式:固定課金

課金方式は固定課金となっています。あらかじめ設定した費用に応じて、広告が掲載される形式です。

2.成果報酬型広告

広告クリック・商品購入などに応じて広告費が生じる配信形態です。

 成果報酬型広告の特徴

広告表示のみでは広告費が発生しない点が特徴です。実際にコンバージョンを獲得できた段階で費用が生じるので、費用対効果の高い広告運用を実現可能です。

 成果報酬型広告の種類

種類は下記の3つになります。

  • RPP広告
  • クーポンアドバンス広告
  • CPA広告

 成果報酬型広告の課金方式:クリック課金、固定課金

課金方式はクリック課金・固定課金となっています。種類によって課金方式が異なるので注意してください。種類ごとの課金方式については、後の章にて詳しく解説します。

3.メルマガ配信系広告

楽天、または楽天に出店している店舗が配信するメルマガに表示されます。

 メルマガ配信系広告の特徴

ユーザーの購入履歴など、各種データをもとに配信先を選定してくれる点が特徴です。宣伝する商材・サービスへの興味・関心が高いであろうユーザーに広告配信できるので、購入へ繋げやすいです。

 メルマガ配信系広告の種類

種類は下記の2つになります。

  • 楽天配信
  • 店舗配信

 メルマガ配信系広告の課金方式:クリック課金

課金方式は楽天配信・店舗配信ともにクリック課金となっています。

 

楽天広告の掲載料金を種類別に課金方式と共に詳しく解説

次に、楽天広告の掲載料金の種類・費用相場・課金方式について確認していきましょう。

楽天広告の種類と費用相場まとめ

広告種類 分類 特徴 費用
楽天市場広告 掲載系広告 幅広い楽天市場ユーザーに商材・サービスを宣伝できる 4万円〜120万円
特別大型企画 掲載系広告 短期間でコンバージョン獲得を狙える 200万円以上
RPP広告 成果報酬型広告 検索された商品と関連した広告を表示 5,000円以上
クーポンアドバンス広告 成果報酬型広告 楽天ユーザーの購買意欲を高められる 40円×発行されたクーポン数
CPA広告 成果報酬型広告 好きなタイミングで広告配信を行える 広告経由の売上高×20%
楽天配信 メルマガ配信系広告 幅広いメルマガ購読者に商材・サービスを宣伝できる 5,000円以上
店舗配信 メルマガ配信系広告 既存顧客のニーズと相性のよい商材の宣伝に向いている 3万円以上

【掲載系広告】楽天市場広告

引用元:楽天市場

楽天市場広告とは、楽天市場のトップページ、商品紹介ページに表示される広告になります。

 楽天市場広告の特徴

楽天市場広告の特徴として、楽天市場ユーザーに商材・サービスを幅広く宣伝できる点が挙げられます。楽天市場のユーザーは、老若男女問わず非常に幅広いです。

自社の商材・サービスのターゲット層に合わせて配信することで、費用対効果の高い広告運用を行えます。

 楽天市場広告の費用体系

楽天市場広告は、他の予約型ディスプレイ広告と同様に固定課金となっています。設定した広告費の金額によって、掲載場所・掲載期間が決まる形式です。

実際にどれくらいの頻度で広告掲載されるかは、広告運用を行っていく中でデータを集めて確認していく必要があります。

 楽天市場広告の費用相場

楽天市場広告の費用は広告主が自由に設定できるので、明確な費用相場はありません。4万円~120万円の範囲で費用設定が可能となっているので、自社の広告予算に合わせて柔軟に費用設定できます。

【掲載系広告】特別大型企画

特別大型企画は、楽天スーパーセール・お買い物マラソンなどの期間中に表示される、特別枠での楽天広告になります。

 特別大型企画の特徴

特別大型企画の特徴として、短期間でコンバージョン獲得を狙える点が挙げられます。楽天スーパーセール・お買い物マラソンでは、普段楽天市場を利用しないユーザーもサイトに集まってきます。

このため、広告の露出を増やすことができ、コンバージョン獲得に繋げやすいです。

 特別大型企画の費用体系

特別大型企画は、楽天市場広告と同様に固定課金となっています。

 特別大型企画の費用相場

特別大型企画の費用相場は200万円以上になるケースが多いです。楽天市場広告よりも掲載費用が高くなるため、広告予算にゆとりがある場合におすすめの配信形態となります。

【成果報酬型広告】RPP広告

引用元:楽天市場

RPP広告とは、楽天公式サイトの検索結果画面に掲載される楽天広告です。「楽天版リスティング広告」と考えてもらって相違ありません。

※参考:リスティング広告について詳しく解説した記事はこちら
関連記事

リスティング広告は、WEB広告の定番ともいえる手法の一つです。最近は、SNS広告や動画広告などの利用も増えてきていますが、そんな中でもリスティング広告は、主要な広告として多くの企業が利用しています。 オーソドックスな手法でありながらも[…]

 RPP広告の特徴

RPP広告の特徴として、検索された商品と関連した広告を表示してくれる点が挙げられます。ユーザーニーズに直接訴求できるので、効率よく広告配信を行えます。

 RPP広告の費用体系

RPP広告の費用体系はクリック課金です。広告がクリックされると、広告費が発生する形式です。広告表示のみでは広告費は発生しませんので、費用を無駄にせず広告運用を行えます。

 RPP広告の費用相場

RPP広告の予算は、広告主が自由に設定可能です。最低予算は5,000円からで、柔軟に広告予算を決められます。RPP広告に関しても、費用相場は明確になっていません。

周りの費用相場を考慮するよりも、自社の広告予算との兼ね合いを重視して広告費を設定した方が、費用対効果の高い運用を実現できます。

【成果報酬型広告】クーポンアドバンス広告

引用元:楽天市場

クーポンアドバンス広告は、楽天市場で使える割引クーポンが付与される広告です。値引きの予算を設定すると、クーポンを自動表示させることができます。

 クーポンアドバンス広告の特徴

クーポンアドバンス広告の特徴として、楽天ユーザーの購買意欲を高められる点が挙げられます。クーポンが掲載されるため、ユーザーの注意を引きやすく、効率よく商品の売上を伸ばすことが可能です。

 クーポンアドバンス広告の費用体系

クーポンアドバンス広告の費用体系は、クーポンの発行数に応じて決まります。クーポン発行数を調整できるので、広告費の管理を行いやすいです。

 クーポンアドバンス広告の費用相場

クーポンアドバンス広告の費用は、1つのクーポン発行あたり40円となっています。クーポン発行数は広告主によってバラつきがあるため、費用相場は明確ではありません。

【成果報酬型広告】CPA広告

引用元:楽天市場

CPA広告は、広告を経由して購入が行われた際に費用が発生する配信形態になります。

 CPA広告の特徴

CPA広告の特徴として、好きなタイミングで広告配信を行える点が挙げられます。広告出稿の同意を行えば、24時間以内にCPA広告が配信されるので、迅速に広告出稿を行いたい方に最適です。

 CPA広告の費用体系

CPA広告の費用体系は「広告経由の売上高×20%」となっています。実際に商品・サービスが購入されるまで費用は発生しません。

 CPA広告の費用相場

CPA広告の費用相場は、広告掲載する商品・サービスの金額によって変わってきます。商品・サービスが高額であるほど、広告費も高くなるので注意してください。

【メルマガ配信系広告】楽天配信

引用元:楽天市場

楽天広告のメルマガ広告では、楽天が配信しているメルマガに広告掲載することが可能になっています。

 楽天配信の特徴

楽天配信のメルマガ広告では、幅広いメルマガ購読者に商材・サービスを認知させることができます。楽天市場に加えて、楽天の各種サービスのメルマガでも広告を配信できるので、ターゲット層が広い商材・サービスを宣伝する際に、楽天配信のメルマガ広告は最適です。

 楽天配信の費用体系

楽天配信のメルマガ広告では、クリック課金が採用されています。メルマガに掲載された広告がクリックされる都度、広告費が発生する形式です。

 楽天配信の費用相場

楽天配信の費用は、月あたり5,000円から予算設定できます。予算金額により、広告の掲載頻度が変わってきます。費用相場に関しては、広告予算を自由に設定できることもあり、明確に公表されていません。

【メルマガ配信系広告】店舗配信

引用元:楽天市場

メルマガ広告は、楽天配信に加えて店舗配信のメルマガにも掲載できます。

 店舗配信の特徴

店舗配信のメルマガ広告の特徴として、既存顧客ニーズと相性のよい商材の宣伝に向いている点が挙げられます。店舗で扱っている商材と似ている商材を楽天広告で配信すれば、商品の購入に繋げやすいです。

 店舗配信の費用体系

楽天配信と同様に、店舗配信のメルマガ広告でもクリック課金が採用されています。

 店舗配信の費用相場

店舗配信のメルマガ広告費用は3万円から設定できます。3万円以上であれば、自由に広告予算を決められます。店舗配信の費用相場に関しても、明確な金額は公表されていませんが、月あたり数十万円ほどで運用している企業が多数です。

 

自社に適した楽天広告を上手に選ぶポイント

自社に適した楽天広告を上手に選ぶポイント

自社に適した楽天広告を選ぶポイントとして、下記の3点が挙げられます。

  1. どのような課金方式を利用したいか
  2. 広く配信したいか、それともターゲットを絞りたいか
  3. どこまで広告費用をかけられるか

POINT1.どのような課金方式を利用したいか

どのような課金方式を利用したいかで、選ぶべき楽天広告の種類が異なってきます。たとえば、クリック課金を利用したいのであれば、クリック課金を採用しているRPP広告、メルマガ広告などが最適です。

POINT2.広く配信したいか、それともターゲットを絞りたいか

広告を広く配信したいか、それとも配信先のターゲットを絞りたいかでも、選択する楽天広告が異なってきます。たとえば、楽天市場広告なら、楽天市場を利用している幅広いユーザーに商材をアピールできます。

POINT3.どこまで広告費用をかけられるか

どこまで広告費用をかけられるかも、広告種類の選択ポイントです。楽天市場広告のように、広告出稿の最低金額が4万円以上で設定されているものもあれば、特別大型企画のように200万円以上の費用が必要な広告もあります。

自社の広告予算に応じて、配信形態を選ぶことも肝要です。

 

楽天広告運用の費用対効果を最大化する3つのポイント

楽天広告運用の費用対効果を最大化するポイントとして、下記の3点が挙げられます。

  1. 広告費に対するコンバージョンを分析する
  2. 複数の配信形態を試して比較する
  3. 流入先の商品ページ・ランディングページを充実させる

POINT1:広告費に対するコンバージョンを分析する

発生した広告費に対して、どれだけコンバージョンを獲得できているか分析することが、費用対効果の高い楽天広告運用では必須です。

扱う商材や配信形態、予算によって、費用対効果は異なってきます。楽天広告の運用歴が浅いうちは、コンバージョンのデータを集めることに注力してください。

データが蓄積されれば、獲得したいコンバージョンに合わせて最適な広告費設定を行えるようになってきます。

POINT2:複数の配信形態を試して比較する

複数の配信形態を試して、費用対効果を比較するのもおすすめです。商材・サービスによっては、配信形態ごとにパフォーマンスが異なることもしばしばです。

複数の配信形態で運用すれば、実際の運用データを比較して、最も費用対効果の高い配信形態を選ぶことができます。

POINT3:流入先の商品ページ・ランディングページを充実させる

流入先の商品ページ・ランディングページを充実させることも重要です。広告で集客を行えても、流入先の商品ページ・ランディングページが充実していないと、ユーザーの離脱に繋がってしまいます。

商品情報や画像など、ユーザー目線に立って整備しましょう。

 

費用対効果を最大化するなら、楽天の広告出稿、運用を代理店に依頼することもおすすめ

費用対効果を最大化するなら、楽天の広告出稿、運用を代理店に依頼することもおすすめ

楽天広告の費用対効果を最大化したい際は、広告代理店に広告出稿・運用を依頼するのもおすすめです。近年は、楽天広告の需要が高まっていることもあり、楽天広告を扱う広告代理店が増えてきています。

楽天広告運用代行を代理店に依頼する3つのメリット

楽天広告運用代行を代理店に依頼するメリットとして、下記の3点が挙げられます。

  1. 楽天広告のプロに運用を依頼できる
  2. 商材に合わせて最適な配信形態を選定してくれる
  3. 商品ページ、ランディングページの制作・改善も依頼できる

 1.楽天広告のプロに運用を依頼できる

広告代理店に依頼することで、楽天広告のプロに運用を行ってもらえます。楽天広告の運用データを豊富に蓄積している点に加えて、それらのデータを無駄なく活用して運用できる点も、楽天広告のプロに依頼するメリットです。

 2.商材に合わせて最適な配信形態を選定してくれる

広告代理店は、商材に合わせて最適な配信形態を選定してくれます。楽天広告の運用歴が浅い場合だと、どの配信形態を選択すればよいか迷ってしまいますが、広告代理店に依頼すれば、そのような心配もありません。

 3.商品ページ、ランディングページの制作・改善も依頼できる

楽天広告の流入先である商品ページ・ランディングページの制作・改善に対応している代理店も多いです。自社にクリエイティブ制作の人材がいなくでも、広告代理店に依頼すれば、広告運用と併せて対応してくれます。

代理店の利用はこんな人に特におすすめ

代理店の利用は、自前で広告運用を行う余裕がない人におすすめです。広告代理店は、自社の楽天広告部門のごとく運用業務を進めてくれます。

本業で手一杯である場合でも、広告代理店に依頼すれば無理なく楽天広告の運用を行えます。

 

楽天広告の運用を代理店に依頼する際の費用

次に、楽天広告の運用を代理店に依頼する際の費用構造・相場・手数料を抑えるポイントについて確認していきましょう。

広告代理店を利用して楽天広告を運用する場合の費用の構造

広告代理店を利用して楽天広告を運用する場合、初期費用運用代行費用が発生してきます。

商品ページの制作も依頼する場合は、制作費用が追加で発生することもあるので、依頼前に確認しておきましょう。

広告代理店を利用して楽天広告を運用する場合の費用の相場

広告代理店に楽天広告の運用を依頼する場合、初期費用の相場は1万円~3万円、運用代行費用の相場は広告費の20%となります。初期費用に関しては、無料としている代理店も多いです。

代理店を利用する場合に手数料を抑えるポイント

代理店を利用する際に手数料を抑えるポイントとして、長期契約を打診することが挙げられます。代理店によっては、半年以上の長期契約を結ぶことで、手数料を割り引いてくれるケースが少なくありません。

公式ホームページに、長期契約による割引が掲載されていなくても、直接問い合わせることで対応してくれることもあります。

 

費用を抑えた楽天広告運用代行が実現できるおすすめ代理店3選

費用を抑えた楽天広告運用代行が実現できる、おすすめの代理店を3社ご紹介します。これから楽天広告の運用を検討されている場合は、参考にしてみてください。

株式会社いつも

引用元:https://itsumo365.co.jp/service/rakuten/rkoukoku.html

株式会社いつもは、東京都千代田区に本社を置く広告代理店、ECマーケティング会社です。楽天広告の運用代行に加えて、各種ECマーケティングサービスを提供しています。

こんな方におすすめ!

株式会社いつもは、楽天広告運用に精通したプロフェッショナルが運用を担当してくれます。楽天広告で上位表示・コンバージョンアップを進めていきたい方におすすめの会社です。

 株式会社いつもの強み

株式会社いつもの強みとして、独自のアルゴリズム分析システムを利用している点が挙げられます。宣伝したい商材に合わせた最適なキーワードを、楽天サジェストから選定することが可能になっています。

費用対効果の高い広告運用を行いたい際に、株式会社いつもへの依頼は最適です。

株式会社いつもの概要

  • 会社名:株式会社いつも
  • 本社所在地:東京都千代田区有楽町1-12-1新有楽町ビル7階
  • URL:https://itsumo365.co.jp/

株式会社ALL WEB CONSULTING

引用元:https://allweb-consulting.co.jp/rpp-ad/

株式会社 ALL WEB CONSULTINGは、東京都渋谷区に本社を置くWebコンサルティング会社です。楽天広告をはじめ、多様なWeb広告の運用を行っています。

こんな方におすすめ!

株式会社ALL WEB CONSULTINGでは、上級Web解析士の資格をもったコンサルタントが、細かく分析を行って楽天広告を運用してくれます。

分析のプロに広告運用を依頼したい方に、株式会社ALL WEB CONSULTINGは最適です。

 株式会社ALL WEB CONSULTINGの強み

株式会社ALL WEB CONSULTINGの強みとして、商品の転換率を高める施策を提案してくれる点が挙げられます。広告運用の効果を最大限高めるためには、リンク先の商品ページまで充実させる必要があります。

株式会社ALL WEB CONSULTINGは、商品に合った最適なページ制作・改善を行ってくれるので、安心して依頼できます。

株式会社ALL WEB CONSULTINGの概要

  • 会社名:株式会社ALL WEB CONSULTING
  • 本社所在地:東京都渋谷区笹塚1丁目62-8 キャッスルマンション笹塚802
  • URL:https://allweb-consulting.co.jp/

株式会社スタイリスト

引用元:https://stylist-ec.com/rakuten/ad

株式会社スタイリストは、東京都渋谷区に本社を置くECコンサルティング会社です。楽天広告の運用代行、楽天市場運営のサポートなど、幅広いサービスを展開しています。

こんな方におすすめ!

株式会社スタイリストは、月あたり2億円規模の広告費を運用しています。このため、楽天広告の効果測定データが豊富に蓄積されており、広告運用のノウハウを熟知しています。

運用データで裏付けされた方針で広告運用を行いたい方に、株式会社スタイリストは最適です。

 株式会社スタイリストの強み

株式会社スタイリストの強みとして、入稿画像・キャッチコピーの作成まで対応してくれる点が挙げられます。株式会社スタイリストは、楽天広告の運用効果を最大化するために、入稿画像やキャッチコピーの効果テストも日ごろから行っています。

コンバージョン獲得につながるクリエイティブ作成を依頼したい場合にも、株式会社スタイリストはおすすめといえます。

株式会社スタイリストの概要

  • 会社名:株式会社スタイリスト
  • 本社所在地:東京都渋谷区南平台町16-28 グラスシティ渋谷9F
  • URL:https://stylist-ec.com/
※参考:楽天広告に強みをもつおすすめの代理店について詳しく解説した記事はこちら
関連記事

Google広告やYahoo!広告など、Web広告には様々なものがありますが、中でも楽天サービスでの広告表示に特化しているのが「楽天広告」です。本記事ではこの楽天広告について、利用するメリットやおすすめの広告代理店など詳細を解説していきます[…]

楽天広告に強みをもつおすすめ代理店5選と上手な選び方

 

楽天広告運用の効果を可視化するオススメの広告効果検証ツール

楽天広告の運用を行う際は、広告効果を検証してデータを蓄積していくことが肝要です。ただ、データ収集や効果検証を手動で行うとなると、広告運用担当者の負担になってしまいます。

そこでおすすめしたいのが、広告効果検証ツール「Databeat Explore」です。

Databeat Explore

Databeat exploreイメージ
Databeat Exploreは、収集した楽天広告のデータをもとに、広告結果を自動でレポートに可視化することが可能です。表やグラフなど、視覚的に見やすい形で広告成果を確認できます。

データ収集も対応している媒体であればDatabeat Exploreが自動で行ってくれます。手動でデータ収集・入力を行う必要がないので、人的ミスを削減することも可能です。

楽天広告運用における「Databeat Explore」の3つの活用ポイント

楽天広告運用におけるDatabeat Exploreの活用ポイントとして、下記の3点が挙げられます。

  1. 広告運用レポートを自動で作成可能
  2. Google Analyticsなど、外部ツールにデータを出力できる
  3. 広告運用データを最新の状態で保持可能

 広告運用レポートを自動で作成可能

Databeat Exploreは、楽天広告の運用レポートを自動で作成できます。運用レポートの作成は、広告運用担当者にとって負担の大きい作業です。

この作業を自動化することで、担当者の負担軽減が可能になります。

 Google Analyticsなど、外部ツールにデータを出力できる

Databeat Exploreで取得したデータは、Goolge Analyticsなど外部ツールに出力できます。使いなれたツールでデータ分析を行いたい方でも、安心してDatabeat Exploreを利用可能です。

 様々な広告運用データを最新の状態で保持可能

Databeat Exploreの広告データは、対応した媒体であれば最新の状態で保持されます。データ元のページにアクセスして更新をかける必要もありません。古い広告データの誤用も防げます。

 

 

まとめ

楽天広告を活用すれば、楽天ユーザーに対して効率よく商材・サービスをPRできます。楽天広告は配信形態が豊富なので、ターゲットや運用目的に合わせて使い分けることも可能です。

楽天広告の運用に不安がある場合は、広告代理店に運用依頼することをおすすめします。本記事で紹介した選定ポイントを参考にしてもらえると幸いです。

自前で楽天広告の運用を行う際は、記事の最後に紹介したDatabeat Exploreの利用がおすすめです。Databeat Exploreは2週間無料で利用できます。

この機会に、Databeat Exploreの機能をぜひ体験してみてください。

Googleデータポータルを活用して分析業務を効率化するツール
DatabeatExplore

こんな方にオススメ

・広告数字の集計が大変

GAと広告数字を同時に集計したい

・人力レポートではミスが発生する

Googleデータポータルを活用したい

楽天広告の費用がまるわかり!広告種類から代理店手数料まで詳しく解説!
最新情報をチェックしよう!
>広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

Databeat Exploreは、WEB広告データの見える化を実現するサービスです。
様々な広告データを抽出・統合・一元化し、見たいデータを見たい時に見たい場所で見ることができます。

CTR IMG