インスタグラムストーリーズ広告の費用がまるわかり!課金方式や費用相場、代理店手数料まで詳しく解説

インスタグラムストーリーズ広告の費用がまるわかり!課金方式や費用相場、代理店手数料まで詳しく解説

ストーリーズ広告は、インスタグラムで配信できる広告の一つです。広告感が少なく全画面に表示できるのが特徴で、インスタグラムの主なユーザー層である、若い世代へのアプロ―チに最適な広告手法です。本記事では、ストーリーズ広告の課金方式や費用相場、代理店手数料など、ストーリーズ広告の費用について詳しく解説していきますので、ぜひご覧ください。

目次

まずは押さえておきたいインスタのストーリーズ広告の基本

ストーリーズ広告の費用について解説する前に、ストーリーズ広告の種類や効果を発揮するシーンなどをご紹介します。ストーリーズ広告の基本を押さえ、理解を深めておきましょう。

インスタのストーリーズ広告とは?

引用元:Instagram for Business

ストーリーズ広告とは、インスタグラムの上部に位置する「ストーリーズ枠」に配信でき、画面全体に表示される縦長の広告です。ユーザーが、フォローしているアカウントのストーリーズ投稿を3回視聴する度に、ストーリーズ広告が1回表示される仕組みになっています。

ストーリーズ広告は、通常の投稿の間に差し込まれているため、広告感が少なく自然な形でのアピールが可能です。ストーリーズの日間アクティブユーザー数は約5億人(2019年1月時点)といわれており、ストーリーズ広告の配信によって、より多くのリーチ獲得が期待できます。

ただし、Instagramにおいてストーリーズはスマートフォンでしか利用できず、ストーリーズ広告もスマートフォンユーザーにしか配信されないので、注意が必要です。

インスタのストーリーズ広告の種類一覧

ストーリーズ広告は、静止画広告と動画広告の2種類に分けられます。

静止画広告

静止画広告では、商品やサービスの画像を掲載することで、商材の魅力をアピールしたり、ブランドの個性を表現したりできます。静止画広告は5秒間、もしくはユーザーが広告をスワイプして終了するまで表示されます。

動画広告

動画広告は、動きや音声を取り入れることができ、ユーザーの興味を引きやすい広告フォーマットです。静止画広告より多くの情報を伝えることが可能で、商材の魅力をアピールしやすいという特徴があります。動画広告の表示時間は、最長15秒です。10秒以上の動画広告では、「続きを見る」が自動的に表示され、タップすることで動画の続きを視聴できる仕組みになっています。

インスタのストーリーズ広告が効果を発揮するシーン

ストーリーズ広告では画像や動画を用いることができ、視覚的に訴えかけやすい商材のアピールに効果的です。インスタグラムのユーザーは若年層を中心に女性が多いので、コスメやファッション、スイーツ、インテリアなどの宣伝に効果を発揮すると考えられます。

インスタのストーリーズ広告の成功事例3選

ここでは、ストーリーズ広告の成功事例を3つご紹介します。ストーリーズ広告を活用することで、どのような効果を得られるのか、イメージをつかんでおきましょう。

1.Reserved(リザーブド)

引用元:Instagram for Business

ポーランド発のファッションブランド「Reserved」は、ブランドの認知度向上のためにストーリーズ広告を導入しました。広告の内容は、タレント兼モデルのケンダル・ジェンナーを起用し、ストーリーズ広告内に二択のボタンを設定できるアンケートスタンプ機能を使って、彼女に着てもらいたい洋服を投票してもらうというものです。

効果測定のために、アンケートスタンプのない標準的なストーリーズ広告、アンケートスタンプを設置したストーリーズ広告、アンケートスタンプとCTA(Call To Action)を設置したストーリーズ広告の3つを掲載しました。この試みの結果、標準的なストーリーズ広告と比較して、ブランド認知度がアンケートスタンプの設置によって1.5倍、アンケートスタンプ及びCTAの設置によって12倍向上しました。

2.ANA(全日本空輸)

引用元:Instagram for Business

ANAは、夏季スポーツ祭典のキャンペーンにストーリーズ広告を採用しました。3枚の静止画をもとにスライドショー形式の動画を制作し、ブランドカラーを引き立たせてブランドの個性を表現したり、画面下部に常時ロゴやキャンペーンメッセージを表示させたりなどの工夫を施しました。幅広いユーザーをターゲットとして配信した結果、200万人以上にリーチし、目標値に対してリーチが24%増加、リーチ単価を85%削減などの成果を獲得しています。

3.VISA JAPAN

引用元:Instagram for Business

VISA JAPANは、Visaデビットカードの若年層における認知度向上に、ストーリーズ広告を活用しています。広告画面を2分割して、上部ではブランドロゴやアピールポイントを、下部ではアスリートがカードを利用するシーンを表示し、わかりやすくインパクトのあるクリエイティブを制作しました。

また、最後まで視聴しないユーザーにも印象を与えるため、冒頭にブランド要素を入れ込んだり、キャンペーンサイトへ誘導するCTAに動きを加えたり、などの工夫を凝らしています。広告をユーザーの特性に合わせて設計したことで、広告想起率は業界平均の6.1ポイントに対して10.5ポイントを上回り、利用意向は3.4ポイント向上と、業界平均の0.9ポイントを大きく上回る結果となりました。

 

インスタのストーリーズ広告にまつわる「費用」の種類

インスタのストーリーズ広告にまつわる「費用」の種類

インスタのストーリーズ広告を配信するためには、掲載費用、制作費用、運用代行費用の3つが必要です。この章では、それぞれがどのような費用なのか解説します。

1:インスタのストーリーズ広告の掲載費用

ストーリーズ広告の掲載にあたり、出稿先であるインスタグラムに支払います。費用は「1日の予算」と「通算予算」の2つから選択可能です。「1日の予算」とは、1日あたりの平均予算を指します。日割りで細かく予算が決まっている場合は「1日の予算」を、一定期間内の大まかな予算が決まっている場合は「通算予算」を選ぶと管理しやすくなります。

2:インスタのストーリーズ広告の制作費用

ストーリーズ広告のクリエイティブ制作を外注した際には、制作会社に対して制作費用が発生します。クリエイティブを静止画にするのか動画にするのか、などによって費用は大きく変動します。また、キャスティングや出張撮影などのオプションを利用する場合、別途費用が発生します。

3:インスタのストーリーズ広告の運用代行費用(広告代理店手数料)

ストーリーズ広告の運用を自社で行わず、広告代理店へ運用を依頼する場合は、運用代行費用が発生します。アカウントの開設や設定、広告の入稿、配信結果の分析など、広告運用業務を代行してもらう手数料です。依頼する業務が多くなるほど、費用も高くなる傾向にあります。

 

インスタのストーリーズ広告の掲載費用を課金方式と共に詳しく解説

インスタのストーリーズ広告の掲載費用を課金方式と共に詳しく解説

ここでは、Instagramのストーリーズ広告の掲載費用について解説します。費用の相場や課金方式、最低出稿金額、費用の支払方法について説明しますので、ストーリーズ広告の掲載費用について詳しく知りたい方は、ぜひご覧ください。

インスタ広告の掲載費用相場

インスタ広告の一般的な掲載費用の相場は、3万円です。この金額は、1日あたりの予算を1,000円とした場合の月額費用となります。ストーリーズ広告の掲載費用も、3万円を目安にするとよいでしょう。ただし、マーケティングの規模によっては数十万~数百万円の予算が必要です。

インスタのストーリーズ広告の課金方式

インスタのストーリーズ広告の課金方式は、クリック課金、インプレッション課金、動画視聴課金、アプリインストール課金の4つです。ここでは、それぞれの課金方式について解説していきます。

クリック課金

広告がクリックされるごとに、課金されます。広告の表示回数は問わず、広告がクリックされなければ費用は発生しません。広告クリックによってユーザーをLPへ誘導できるので、コンバージョン獲得に向いています。費用相場は、1クリックにつき40~100円です。

インプレッション課金

広告が1,000回表示されるごとに、費用が発生します。広告が表示されるだけで課金対象となるため、商材やブランドの認知を拡大したい、リーチ数を増やしたいという場合に効果的です。費用相場は、1回の表示につき0.5~1円といわれています。

動画視聴課金

動画の再生時間に応じて、課金されます。動画広告を用いて商材やサービスの認知度を向上させたい場合に、利用する課金方式です。費用相場は、1再生につき4~7円となっています。

アプリインストール課金

アプリがインストールされると費用が発生し、アプリのインストールを目的とする場合に利用されます。費用相場は、1回のインストールにつき100~150円です。

インスタ広告は1日500円からでも掲載できる?インスタ広告の最低出稿金額

インスタ広告は、1日100円から掲載できます。「セルフサーブ型」という配信形式を採用しているので、予算や掲載期間を自由に設定でき、低予算での広告配信が可能です。ただし、金額が小さすぎると広告がほとんど表示されないおそれがあるため、注意が必要です。まずは少額から運用を始め、配信結果と照らし合わせながら、予算を調整していくことをおすすめします。

インスタ広告の費用の支払方法

インスタ広告の費用を支払う方法は、以下の4種類です。

・クレジットカード(American Express、MasterCard、VISA、JCB)
・デビットカード
・PayPal
・オンライン銀行振込

クレジットカードの期限切れなどで、費用が支払われなかった場合、配信を止められてしまうので注意しましょう。

 

インスタのストーリーズ広告の費用対効果を最大化する5つのTIPS

インスタのストーリーズ広告の費用対効果を最大化する5つのTIPS

  1. 最初の数秒でユーザーを引きつける
  2. 音声を取り入れる
  3. ストーリーズ広告用のクリエイティブを使う
  4. テキストを入れ込む
  5. 最適なCTAを選択する

インスタのストーリーズ広告における、費用対効果を最大化するための方法をご紹介します。下記の5点を押さえ、ストーリーズ広告を効果的に活用しましょう。

1.最初の数秒でユーザーを引きつける

ストーリーズ広告は表示時間が短く、スキップされやすい広告です。そのため、最初の数秒でユーザーを引きつけられないと、広告を最後まで見てもらえません。冒頭に伝えたいメッセージを持ってくる、インパクトのある動きを取り入れるなどの工夫を施し、ユーザーに興味を持ってもらえるような広告を制作しましょう。

2.音声を取り入れる

Instagram for Businessによると、ストーリーズ投稿の60%は音声ありで再生されていることがわかっています。ストーリーズ広告にもBGMや効果音、ナレーションなどの音声を取り入れ、ユーザーの聴覚に訴えかけましょう。ただし音声を再生しないユーザー向けに、登場人物のセリフを字幕にするなど、音声がなくても内容が伝わるクリエイティブ制作を心がけてください。

3.ストーリーズ広告用のクリエイティブを使う

インスタグラムでは、ストーリーズ広告のほかに、フィード広告の掲載が可能です。フィード広告とは、インスタグラムのタイムラインに配信できる広告で、正方形のクリエイティブが多く用いられます。

フィード広告用のクリエイティブをストーリーズ広告で使うこともできますが、サイズが合わず適切に表示されないおそれがあります。全画面に表示されるというメリットを生かすために、ストーリーズ広告専用のクリエイティブを使うようにしましょう。

4.テキストを入れ込む

テキストを活用すれば、広告の内容を一言で表現できます。キャッチコピーを取り入れ、伝えたいメッセージを強調しましょう。Facebookの調査では、画像及び動画内のテキストを20%未満に抑えると、広告効果を高められることがわかっています。文字数をできるだけ抑えたり、フォントサイズを小さくしたりすることで、広告内のテキスト量を少なくできるので試してみましょう。

また、テキストを中央に配置したクリエイティブの方が、75%の確率でより高いパフォーマンスを発揮していることもわかっています。テキストを入れ込む場合にはできるだけ中央に配置し、ユーザーの視線を集めましょう。

5.最適なCTAを選択する

ユーザーの行動を促せるCTA(Call To Action)は多くのパターンが考えられますが、目的に合わせて最適なものを選びましょう。例えばコンバージョンを獲得したいのであれば「今すぐ購入」、商材やブランドの認知度を高めたいのであれば「詳しくはこちら」のようなCTAが適しています。また、ユーザーが思わず続きを見たくなるような仕掛けを施すと、さらに効果的です。

 

費用対効果を最大化するならインスタ広告に強みを持つ制作会社利用もおすすめ!

費用対効果を最大化するならインスタ広告に強みを持つ制作会社利用もおすすめ!

ストーリーズ広告を活用して成果を獲得したいのであれば、インスタ広告及びストーリーズ広告に強みを持つ制作会社を利用し、クリエイティブ制作の費用対効果を高めましょう。ここからは、制作会社を利用するメリットなどをご紹介します。

ストーリーズ広告の制作を制作会社に依頼する3つのメリット

ストーリーズ広告の制作を、制作会社に依頼するメリットは以下の3つです。

 メリット1:クオリティの高いクリエイティブを制作できる

インスタ広告に強みを持つ制作会社には、インスタ広告やストーリーズ広告の制作ノウハウが蓄積されており、クオリティの高いクリエイティブを制作可能です。また、広告配信の目的に合った演出を選び、ユーザーへの適切なアプローチが可能になります。ユーザーの興味を引き、的確に行動を促せるクリエイティブであれば、成果を獲得できる可能性が高まります。

 メリット2:制作コストを抑えられる

ストーリーズ広告に限らず、広告制作には多くのコストがかかります。例えば、画像・動画を撮影する機材や編集ソフトを用意する必要がありますし、制作担当者に高いスキルを求めるのであれば、高額な人件費を支払わなければなりません。制作会社には広告制作に必要なものがそろっているので、自社で用意する必要がなく、制作コストを大幅に抑えることができます。

 メリット3:制作以外の業務にも対応できる

制作会社によっては、クリエイティブの目標設定や効果測定、改善まで実施しています。広告は出稿して終わりではなく、分析と改善を繰り返し、必要に応じて目標を設定し直すなどして、効果を高めていく必要があります。クリエイティブ制作に関する一連の業務を実施している制作会社を利用すれば、成果を獲得できる可能性がより高くなるでしょう。

制作会社の利用はこんな人に特におすすめ!

制作会社の利用は、広告制作にかかるコストを抑えたい場合におすすめです。クリエイティブの制作では、機材や編集ソフト、人件費などを負担しなければなりません。クオリティの高いものを作ろうとすると、それだけ多くのリソースが必要になるでしょう。

制作会社には、広告制作に必要な環境が整っているので、自社の負担を最小限に抑えられます。また、効果測定や改善まで実施している制作会社であれば、他の業者に依頼する必要がなくなり、広告制作に関するコストを大幅に削減できます。

 

制作会社にインスタのストーリーズ広告の制作を依頼する際の費用

制作会社にインスタのストーリーズ広告の制作を依頼する際の費用

ストーリーズ広告制作を、制作会社に依頼する際の費用について解説します。費用構造や相場、依頼時に費用を抑えるポイントをご紹介しますので、実際に制作会社を利用する際の参考にしてみてください。

制作会社を利用してストーリーズ広告を制作する場合の費用の構造

制作会社を利用してストーリーズ広告を制作する場合、企画・撮影・編集にかかる費用をまとめて支払うのが一般的です。制作会社によっては、撮影に必要な小道具や、BGM・ナレーションを用意する費用も含まれていることがあります。一方、キャスティングや出張撮影などはオプションで提供されており、別途費用を支払うことで対応してもらえることが多いです。

制作会社を利用してストーリーズ広告を制作する場合の費用の相場

制作会社を利用してストーリーズ広告を制作する場合の費用相場は、10~30万円です。相場の金額でもクオリティの高い広告制作が実現しますが、値段が上がるにつれサービス範囲も広がります。例えば30万円以上の予算だと、キャスティングや出張撮影に対応してもらえる、動画にCGやアニメーションを使用できるなど、ニーズに合ったサービスを受けられます。

制作会社を利用してストーリーズ広告を制作する場合の費用を抑えるポイント

制作会社を利用してストーリーズ広告を制作する場合に費用を抑えたいのであれば、低価格プランを提供している制作会社を探しましょう。制作会社によっては、10万円以下の金額で広告制作が可能です。相場よりも安い価格設定の制作会社を利用すれば、制作費を抑えられます。特にストーリーズ広告で簡単な商品紹介をしたい、ストーリーズ広告を試しに配信してみたいという場合に利用するとよいでしょう。

 

費用を抑えたインスタのストーリーズ広告制作が実現できるおすすめ制作会社3選

ここからは、ストーリーズ広告の制作に対応している制作会社をご紹介します。今回取り上げた3社のいずれかを利用すれば、費用を抑えながらストーリーズ広告を制作できます。

株式会社Sand Sun Creative(サンドサンクリエイティブ)

引用元:Sand Sun Creative

株式会社Sand Sun Creativeは、動画・映像制作に特化した大阪の制作会社です。外注を使わずに自社で制作を完結させることでコストを抑え、限られた予算でもクオリティの高い動画制作を実現します。

こんな方におすすめ

・インパクトのあるストーリーズ広告を制作したい
・ストーリーズ広告制作の費用対効果を高めたい

 Sand Sun Creativeの強み

株式会社Sand Sun Creativeの強みは、斬新なアイディアを生かした動画制作です。インスタグラムの特性を加味し、ユーザーに興味を持ってもらえるストーリーズ広告を制作します。制作は少人数で行うので、迅速かつ柔軟な対応が可能です。

また、ニーズに合わせてプランを選べば、費用対効果の高いストーリーズ広告制作が実現します。10万円のお試しプランでは、クライアント側で素材を用意する必要がありますが、編集にかかる手間や時間を削減可能です。企画・構成から撮影まで可能な20万円の月額プランを利用すれば、撮影スタジオの使用やロケーションの選定など、ハイクオリティな動画制作に必要なサービスを受けられます。

Sand Sun Creativeの概要

・会社名:株式会社Sand Sun Creative(サンドサンクリエイティブ)
・本社所在地:〒550-0014 大阪府大阪市西区北堀江3-4-1 3F
・URL:http://sandsun.jp/

株式会社Muve Creations(ムーブクリエイション)

引用元:Muve Creations

株式会社Muve Creationsの主な事業内容は、動画やHP制作です。広告運用やWEB解析なども実施し、企業のWEBマーケティングを総合的にサポートしています。

こんな方におすすめ

・動画制作の実績が豊富な制作会社に依頼したい
・ニーズや予算に合わせて料金プランを選びたい

 Muve Creationsの強み

株式会社Muve Creationsは、これまでに3,000社以上の企業と取引し、1万件以上の動画を制作してきました。その豊富な実績を生かし、広告配信の目的に合わせて、成果を獲得できるストーリーズ広告を制作します。広告制作においては独自の管理ツールによって、低コスト・スピード対応が可能で、他社の半分以下の納期を実現しています。

用意されている料金プランは、10万円以下、10~30万円、30万円以上の3つです。10万円以下のプランは、予算を抑えて動画広告を制作したい方向けで、30万円以上のプランではハイクオリティな動画を制作できます。複数のプランが用意されているので、ニーズや予算に合わせて柔軟に選びたい方におすすめの制作会社です。

Muve Creationsの概要

・会社名:株式会社Muve Creations(ムーブクリエイション)
・本社所在地:〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町4-15
・URL:https://muve.co.jp/

 

QuickMovies(クイックムービーズ)

引用元:QuickMovies

QuickMoviesでは、イベントやHPで使う動画や、SNS用の動画広告を制作しています。高品質な動画を安く、スピーディーに提供し、クライアントの動画マーケティングにおける課題解決を支援します。

こんな方におすすめ

・相場よりも安い金額でストーリーズ広告を制作したい
・スピーディーに対応してほしい

 QuickMoviesの強み

QuickMoviesではクライアントが素材を提供することで、相場よりも安い6万9,800円という金額で動画広告を制作できます。写真やチラシ、パンフレットなどのデータがあれば、新しく素材を用意する必要はありません。納品は最短15営業日、仕上がりに満足できない場合は全額返金も可能です。

料金形態は価格が表示された買い物かご方式でわかりやすく、打ち合わせや見積もりの手間がかかりません。依頼から納品まで、テレビCMの制作現場で10年以上の経験を積んだスタッフによるサポートを受けられます。また、マーケティングの知識や経験に基づき、販売戦略からアドバイスを受けられるので、効果の高い動画マーケティングが実現します。

QuickMoviesの概要

・会社名:QuickMovies(クイックムービーズ)
・本社所在地:〒920-3115 石川県金沢市弥勒町ワ32-11
・URL:https://quick-movies.com/

 

費用対効果を最大化するならインスタのストーリーズ広告に強みを持つ代理店利用もおすすめ!

費用対効果を最大化するならインスタのストーリーズ広告に強みを持つ代理店利用もおすすめ!

ストーリーズ広告の運用を、インスタ広告やストーリーズ広告に強みを持つ代理店に依頼すれば、費用対効果の最大化が可能です。この章では、代理店を利用するメリットなどをご紹介します。

インスタのストーリーズ広告の運用を代理店に依頼する3つのメリット

ストーリーズ広告の運用を、代理店に依頼するメリットは以下の3つです。

 メリット1:広告運用における負担を減らせる

ストーリーズ広告に限らず、広告運用においては配信状況を常に確認し、高いパフォーマンスを保つ必要があります。また戦略の考案や、データ分析・改善まで自社でおこなう場合には、運用担当者の負担も大きくなってしまいます。代理店では、運用業務をまとめて代行してもらえることが多いです。必要に応じて作業を外注することで、業務の効率化が進み、運用担当者の負担を軽減できます。

 メリット2:ノウハウを生かして効果的に運用できる

広告代理店には、多くの企業との取引によって培われたノウハウが蓄積されています。その豊富なノウハウを生かすことで、効果の高いストーリーズ広告の運用が可能です。また、計画・実行・検証・改善のPDCAサイクルを素早く回せるので、スピーディーな成果獲得が期待できます。

 メリット3:インハウス化も支援してもらえる

インスタ広告やストーリーズ広告に強みを持つ代理店では、インハウス化支援を実施していることがあります。広告アカウントの設定や、レポートを共有してもらうことで、代理店の運用ノウハウを効率よく自社に蓄積できます。将来的にストーリーズ広告を自社で運用したいのであれば、インハウス化支援を実施している代理店を選ぶとよいでしょう。

代理店の利用はこんな人に特におすすめ!

代理店の利用は、ストーリーズ広告の運用経験がない企業におすすめです。ストーリーズ広告を効果的に運用するためには、豊富な知識やノウハウが求められます。しかし、運用経験がない場合には効果的な施策を打ち出せず、費用をムダに消化してしまう可能性があります。

代理店には、数多くの実績から培われたノウハウが蓄積されているため、費用対効果の高い施策の提案が可能です。また、インハウス化支援を実施している代理店も存在するので、ストーリーズ広告のインハウス化を検討している場合にもおすすめです。

 

広告代理店にインスタのストーリーズ広告の運用代行を依頼する際の費用

広告代理店にインスタのストーリーズ広告の運用代行を依頼する際の費用

広告代理店を利用して、ストーリーズ広告を運用する際の費用構造や相場、依頼費用を抑えるポイントなどについて解説します。

広告代理店を利用してインスタのストーリーズ広告を運用する場合の費用の構造

広告代理店を利用してストーリーズ広告を運用する場合、広告費と運用手数料が必要となります。広告費は媒体に支払う費用で、代理店に預けた上で支払ってもらうのが一般的です。運用手数料は、広告運用を代行してもらう報酬です。代理店によっては、アカウントの開設や設定にかかる初期費用や、オプション費用を設けていることがあります。また多くの依頼が集まる代理店では、広告費の最低出稿金額を設定していることがあるので注意が必要です。

広告代理店を利用してインスタのストーリーズ広告を運用する場合の費用の相場

ストーリーズ広告を運用する際の費用相場は、広告費の20%です。また、広告費を問わず一定金額の支払いが必要な代理店では、月額5~10万円に設定されていることが多いです。ただし、代理店によってサービス範囲は大きく異なり、運用手数料を相場より高く設定しているところもあるので、今回ご紹介した金額はあくまでも目安としてとらえてください。

広告代理店を利用してインスタのストーリーズ広告を運用する場合の費用を抑えるポイント

広告代理店を利用してストーリーズ広告を運用する際には、依頼する業務の量や範囲を限定することで、費用を抑えやすくなります。自社で対応できない作業だけを外注する、レポーティングや打ち合わせの回数を減らすなど、代理店側の負担を少なくすれば、手数料の減額に応じてもらえる可能性が高まります。

 

費用を抑えたインスタのストーリーズ広告運用が実現できるおすすめ代理店3選

ここからは、費用を抑えたストーリーズ広告運用を実現できる代理店を3社ご紹介します。おすすめの代理店を厳選しましたので、代理店選びの参考にしてみてください。

株式会社Next Stage(ネクストステージ)

引用元:Next Stage

株式会社Next Stageは、フェイスブックやインスタグラム広告など、SNS広告の企画・運用に特化した代理店です。ターゲット選定からクリエイティブ制作まで行い、企業のSNSマーケティングをサポートします。

こんな方におすすめ

・認定代理店としての実績を生かしてストーリーズ広告を運用してほしい
・戦略策定からデータ分析・改善までまとめて依頼したい

 Next Stageの強み

株式会社Next Stageは、フェイスブック及びインスタグラム広告の運用実績を認められ、Facebook Marketing Partner(フェイスブック マーケティング パートナー)に選ばれています。認定代理店としての豊富な経験や知識、実績を生かし、ストーリーズ広告の効果を最大限に引き出します。

戦略策定からターゲット選定、コンテンツ制作、分析・改善まで対応しているので、一気通貫のサポートが可能です。特にセグメント分析に力を入れており、検索キーワードを絞り込む専用ツールを使い最適なターゲットを見つけることで、広告効果の最大化を図ります。

Next Stageの概要

・会社名:株式会社Next Stage(ネクストステージ)
・本社所在地:〒170-0003 東京都豊島区駒込2-6-3 大和駒込ビル2F
・URL:https://next-stage.biz/

合同会社SNAPLACE(スナップレイス)

引用元:SNAPLACE

合同会社SNAPLACEの主な事業内容は、インスタグラムアカウント及び広告の運用です。撮影代行やインフルエンサーPRなどを実施することで、インスタグラムを用いたマーケティングを総合的に支援しています。

こんな方におすすめ

・インスタグラム運用のノウハウが豊富な代理店に依頼したい
・複数の料金プランの中から予算に合ったものを選びたい

 SNAPLACEの強み

合同会社SNAPLACEは、インスタグラム運用を中心に事業展開しています。媒体に関する豊富な知識を生かし、効果的なストーリーズ広告運用を実現します。広告運用の料金プランは3つ用意されており、予算に合わせて選択可能です。プランの違いは、広告画像の用意や加工ができるかという点だけです。

広告画像を自社で用意・加工すれば、最も安いプランを選ぶことで、ストーリーズ広告運用の費用対効果を高められます。また、レポーティングやアドバイス、相談のみが可能なプランもあり、自社でストーリーズ広告を運用したい場合にもおすすめの代理店です。

SNAPLACEの概要

・会社名:合同会社SNAPLACE(スナップレイス)
・本社所在地:〒140-0004 東京都品川区南品川四丁目4番17号 品川サウスタワー
・URL:https://snaplace-corp.jp/

ASUE(アスエ)株式会社

引用元:ASUE

ASUE株式会社は、WEB広告の運用代行を行う名古屋の広告代理店です。WEB制作やアクセス解析も実施することで、WEBマーケティングによるビジネス拡大に貢献します。

こんな方におすすめ

・短い期間で成果を獲得したい
・広告クリエイティブも制作してほしい
・インスタ広告以外の手法も活用したい

 ASUEの強み

ASUE株式会社(以下、ASUE)はWEB広告の運用実績が豊富で、インスタ広告及びストーリーズ広告の運用においても、効果の最大化が可能です。例えば、ECサイトの事例では広告からの売上率を3倍にし、アパレルの事例では広告コストを3分の1に削減しています。これまでに100社以上の運用実績があり、さまざまな業種・業界に対応可能です。

またASUEでは広告配信後の分析に時間を費やし、広告クリエイティブを素早く改善して、スピーディーな成果獲得を目指します。クリエイティブの制作にも対応しており、依頼することでクリエイティブ制作にかかる時間や手間を省けます。インスタ広告以外のWEB広告も取り扱っているので、他の広告手法を用いて売上の最大化が可能です。

ASUEの概要

・会社名:ASUE(アスエ)株式会社
・本社所在地:〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦三丁目5番30号 三晃錦ビル6F
・URL:https://asue.jp/

※参考:Instagram広告の運用に強みを持つ代理店を特集した下記の記事も併せてご覧ください。

関連記事

Instagram広告は、SNSの中でも特に若年層のユーザーを多く抱えている媒体です。リスティング広告などの検索連動型広告とは違ったターゲティングやリーチが獲得できることから、マーケティングに取り入れる企業も増えてきています。 Ins[…]

Instagram広告運用代行おすすめ代理店7選と上手な選び方

 

インスタのストーリーズ広告の効果検証におすすめのツール

ストーリーズ広告運用を代理店に依頼せず、自社で行う場合には、広告効果の検証に役立つツールを使いましょう。専用ツールを用いることで、業務の効率化が進みます。今回は、ストーリーズ広告の効果検証、分析が可能な「Databeat Explore」をご紹介します。

Databeat Explore

インスタのストーリーズ広告運用を可視化する「Databeat Explore」

「Databeat Explore」は、ストーリーズ広告の運用状況を可視化するツールです。データの収集や分析、レポート作成を自動化できるのが特徴で、スムーズな効果検証を実現します。

インスタのストーリーズ広告運用における「Databeat Explore」の3つの活用ポイント

ストーリーズ広告運用における「Databeat Explore」の活用ポイントは、以下の3つです。

・運用データを自動的に収集できる

「Databeat Explore」は、データの抽出・集計・更新を自動的に行います。常にリアルタイムな情報を把握でき、手動で更新する手間がかかりません。また、データ収集がシステム化されることで、入力ミスなどのヒューマンエラーを防止できます。

・広告クリエイティブを素早く検証できる

「Databeat Explore」を使えば、広告クリエイティブのサムネイルを自動的に出力できます。運用中のストーリーズ広告からサムネイルを出力することで、迅速な効果検証が可能です。クリエイティブを素早く改善できれば、スピーディーな成果獲得が期待できます。

・レポートを自動的に作成できる

「Databeat Explore」では、レポート作成も自動的に行われます。作成されたレポートは複数のテンプレートによって、視覚的にわかりやすい形で出力されます。また、ExcelやGoogleスプレッドシートなど外部ツールへの出力も可能で、社内外の関係者とのデータ共有に用いるなど柔軟に活用できます。

 

まとめ

今回は、ストーリーズ広告の課金方式や費用相場、代理店手数料などについてご紹介しました。ストーリーズ広告には複数の課金方式があるため、広告配信の目的に合わせて最適なものを選びましょう。

費用相場は商材やマーケティングの規模によって大きく異なりますが、少額から始めて調整していくことが大切です。制作会社や代理店を利用する際には、相場より安い価格設定の業者を探す、依頼内容を少なくするなどの方法で費用を抑えられます。

今回お伝えした情報を参考に、費用対効果の高いストーリーズ広告運用を実現しましょう。

Googleデータポータルを活用して分析業務を効率化するツール
DatabeatExplore

こんな方にオススメ

・広告数字の集計が大変

GAと広告数字を同時に集計したい

・人力レポートではミスが発生する

Googleデータポータルを活用したい

インスタグラムストーリーズ広告の費用がまるわかり!課金方式や費用相場、代理店手数料まで詳しく解説
最新情報をチェックしよう!
>広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

Databeat Exploreは、WEB広告データの見える化を実現するサービスです。
様々な広告データを抽出・統合・一元化し、見たいデータを見たい時に見たい場所で見ることができます。

CTR IMG