GDNのクリック単価(CPC)を詳しく解説!平均単価や費用相場、高騰する原因、費用を抑える方法などをご紹介

GDNのクリック単価(CPC)を詳しく解説!平均単価や費用相場、高騰する原因、費用を抑える方法などをご紹介

様々なWebサイトで商材・サービスを広く宣伝したい際は、Google広告のGDNがおすすめです。そこでGDNを利用する際に気になってくるのが、クリック単価(CPC)になります。

クリック単価について理解しておくことで、費用対効果の高い広告運用を実現可能です。本記事では、GDNの概要や平均単価、費用相場、高騰する要因などを詳細に解説していきます。

これからGDNを利用していきたい方、GDNのクリック単価について知りたい方は、ぜひ一読してみてください。

目次

まずは押さえておきたいGDNの基本

まず初めに、GDNの概要・YDNとの違い・課金方式などの基本を解説します。

GDNとは?

引用元:https://www.livedoor.com/

GDN(Googleディスプレイネットワーク)とは、Google広告のひとつであり、ディスプレイ広告の一種です。WEBサイトにアクセスすると、上記のように画像広告を見かけることがあります。

このような画像広告をディスプレイ広告と呼びます。GDNと提携しているサイトの場合、表示されるディスプレイ広告は基本的にGDNのみです。

また、個人ブログなどでもGDNが配信されるので、幅広いユーザーに広告を配信することが可能になっています。

※参考:ディスプレイ広告について詳しく解説した記事はこちら
関連記事

ディスプレイ広告は、WEB広告の中でも主要な手法の一つです。WEB広告を利用している多くの企業が、ディスプレイ広告を活用しています。 今回こちらの記事では、これからディスプレイ広告の導入を検討している方に向けて ディスプ[…]

ディスプレイ広告の費用がまるわかり!課金形態や媒体別費用相場、代理店手数料まで詳しく解説

 GDNとYDNの違い

GDNと対をなすディスプレイ広告として、YDN(Yahoo!ディスプレイアドネットワーク)が挙げられます。

YDNはYahoo!プロモーション広告の一種です。GDNと同様に、ディスプレイ広告を配信することが可能になっています。

GDNとYDNの違いとして、掲載サイトの違いが挙げられます。YDNはYahoo!ニュースやYahoo!メールなどでもディスプレイ広告が配信可能です。

また、GDNと提携していないサイト(ニコニコ動画、朝日新聞など)でも広告を表示できます。ただし、YDNの場合は個人ブログで配信するのが難しいです。

個人ブログの多くはGoogleアドセンスを貼って収益を得ているため、GDNの配信がメインになります。Yahoo!プロモーション広告は、Googleアドセンス広告のようなクリック収益型の個人向け広告を提供していません。

このため、YDNの配信先は企業サイトが中心になります。

※参考:YDNについて詳しく解説した記事はこちら
関連記事

Yahoo!広告のYDNは現在多くの企業に利用されています。YDNとGDNを併用しているケースもあることでしょう。 ただし、これからYDNを利用する担当者にとっては、「YDNとYDAって何が違うの?」「GDNと混同してよくわからない」[…]

YDN(YDA)広告出稿入門ガイド!種類、費用などの基本情報からYDNの始め方、各種設定方法までわかりやすく解説

GDNの課金方式

GDNの課金方式はクリック課金とインプレッション課金が採用されています。クリック課金は、広告をクリックした際に広告費が発生する課金方式です。

GDNではクリック課金が主流となっています。インプレッション課金は、広告が表示された際に広告費が発生する課金方式になります。

商材・サービスの認知度拡大を目的とする場合は、インプレッション課金を選択した方が費用対効果は高くなります。

GDNが効果を発揮するシーン

GDNが効果を発揮するシーンとして、企業・個人サイトを問わず広く商材・サービスの宣伝を行うシーンが挙げられます。

GDNは、Googleアドセンスが組み込まれているサイトであれば、サイトの大小を問わずに配信されます。幅広いユーザーに商材をPRできるので、認知度拡大において効果を発揮しやすいです。

 

GDNのクリック単価(CPC)や入札単価の費用相場、仕組みについて詳しく解説

GDNのクリック単価(CPC)や入札単価の費用相場、仕組みについて詳しく解説

次に、GDNのクリック単価、入札単価の費用相場、仕組みについて確認していきましょう。

そもそも、クリック単価(CPC)とは?

クリック単価(CPC)とは、広告が1クリックされた際の費用のことです。CPCはクリック単価の英訳「Cost Per Click」の頭文字からとられています。

クリック単価は下記の計算式で算出できます。

広告費÷クリック数

クリック単価を確認することで、広告の費用対効果を把握できるようになります。一般的にクリック単価が低い分だけ、費用対効果が高いという認識です。

 クリック単価(CPC)とインプレッション単価(CPM)の違い

クリック単価が1クリックあたりの費用であるのに対して、インプレッション単価は(CPM)は、広告が1,000回表示されるごとに生じる費用を表しています。

CPMは「Cost Per Mile」の略称です。「Mile」というラテン語が「1,000」の意味を表します。インプレッション単価の場合、広告クリックの有無は考慮しません。

広告の表示回数に対する費用を算出します。

GDNのクリック単価(CPC)が決まる入札の仕組みとは?

GDNのクリック単価(CPC)は、オークション形式で決まります。ただし、オークションのみで決まる訳ではありません。

GDNではオークションが行われる前に、広告ランクによって順位付けされます。広告ランクは、下記の要素を総合的に判断して決められます。

  • 入札価格
  • 広告の品質
  • 流入先のランディングページの品質
  • 広告ランクの下限値
  • オークションにおける競争度
  • ユーザーが検索した背景
  • 広告表示オプション、その他の広告フォーマットの効果

そして最終的に、広告ランクの高いものが上位表示されます。ただし、上記基準に関する詳細はGoogleの公式ページでも公開されていません。

実際にかかるクリック単価を確かめるためには、運用を進めながらデータを集めていく必要があります。

※参考:Google広告の広告ランクを決める要素である品質スコアについて詳しく解説した記事はこちら
関連記事

Google広告を運用する上で重要となる要素の一つが「品質スコア」です。品質スコアを正しく理解した上でGoogle広告を出稿すれば、費用対効果の高いGoogle広告運用が可能となります。 そこでこちらの記事では、Google広告の品質[…]

Google広告の品質スコア攻略ガイド!確認方法と改善方法を詳しく解説

GDNの平均クリック単価(CPC)と他媒体との比較

GDNの平均クリック単価は、50円~200円ほどになります。キーワードによって平均クリック単価は変わるので、明確に数値を予想するのは難しいです。

GDNの場合は、最大でもクリック単価が200円であるケースが多いです。

 【参考】一般的なGoogle広告の平均クリック単価

リスティング広告など、一般的なGoogle広告の平均クリック単価は100円~1,000円ほどで、GDNよりもやや高くなります。

特にリスティング広告に関しては、1,000円を超えるケースもあります。ここまで単価が高騰すると、商材の単価を考慮しないと利益が出にくいです。

※参考:リスティング広告のクリック単価について詳しく解説した記事はこちら
関連記事

リスティング広告は、主要なWEB広告としてさまざまな場面で活用されています。テキストのみでターゲットに訴求できるため、比較的簡単に利用できます。 費用についても、クリック課金方式なのでリスクやコストをコントロールしやすく、運用しやすい[…]

リスティング広告のクリック単価(CPC)を詳しく解説!平均単価や費用相場、高騰する原因、費用を抑える方法などをご紹介

 【参考】他のディスプレイ広告の平均クリック単価

YDNの場合は50円~100円ほどで、GDNとほぼ同じ水準ですが、YDNの方がやや単価が低い傾向です。

実際にどれくらいクリックされる?GDNの平均クリック率

GDNの平均クリック率は0.60%ほどとなっています。1,000回広告が配信されて、6回ほどクリックされる形です。

クリック率を増やすことは重要ですが、増えた分だけ広告費用もかさんでくるので注意しなければいけません。

クリック単価(CPC)と共にチェックしたい「入札単価」とは?

入札単価とは、広告出稿の際に設定できるクリック単価の上限のことです。GDNを出稿する際、入札単価設定することで、高額な費用の発生を防げます。

 入札単価とクリック単価の違い

入札単価は、広告主側が自由に設定可能な上限単価です。

これに対して、クリック単価はオークション・広告ランクによって決まるので、自由に決めることはできません。

GDNの入札単価の特徴

GDNでは自動入札戦略を利用することが可能になっています。自動入札戦略とは、機械学習(AI)を活用した自動入札制度です。

クリック数やインプレッション数、コンバージョンなどの目標値に応じで、AIが自動で入札や配信の調整を行ってくれます。

予算の範囲内で最大限の効果を出せるよう、AIが動いてくれる点も特徴です。

 

GDNのクリック単価(CPC)が高くなってしまう主な3つの原因

GDNのクリック単価(CPC)が高くなってしまう主な3つの原因

次に、GDNのクリック単価(CPC)が高くなってしまう原因について確認していきましょう。GDNのクリック単価が高くなる原因として、下記の3つが挙げられます。

  1. オーディエンスターゲティングを使用している
  2. 人気の商材を扱う
  3. 自動入札でコンバージョンの最大化を行う

原因1:オーディエンスターゲティングを使用している

GDNではオーディエンスターゲティングと呼ばれるターゲティング機能が搭載されています。

広告グループでオーディエンスターゲティングを導入することで、ユーザー属性・興味・習慣・調べている情報などに基づいて広告の配信先を絞ることが可能です。

オーディエンスターゲティングは非常に便利な機能ですが、利用するとサービス手数料が発生するケースがあります。

オークションの終値に手数料が加算される形です。オーディエンスターゲティングの利用時は、手数料が発生することを考慮しましょう。

原因2:人気の商材を扱う

扱う商材によっては、平均クリック単価が高く設定されているケースもあります。特に、人気商材の場合だとクリック単価が高くなることが多いです。

人気商材を扱いたい場合は、あらかじめクリック単価が高い点を踏まえて予算を組むようにしましょう。

原因3:自動入札でコンバージョンの最大化を行う

自動入札機能を利用する際に、「コンバージョンの最大化」を設定すると、クリック単価が高くなることがあります。

コンバージョン数のアップは期待できますが、その分費用がかかりやすくなるので注意してください。

 

GDNのクリック単価(CPC)を抑えつつ効果を最大化する5つのTIPS

GDNのクリック単価(CPC)を抑えつつ効果を最大化するポイントとして、下記の5つが挙げられます。

  1. 自動入札(入札戦略)の「クリック数の最大化」を利用する
  2. Google広告のシミュレーション機能を活用する
  3. 不要なオーディエンスターゲティングを外す
  4. 適切な入札単価を設定する
  5. 宣伝する商材を見直す

1.自動入札(入札戦略)の「クリック数の最大化」を利用する

自動入札を利用する際に、「クリック数の最大化」を設定すると、クリック単価が低くなるケースが多いです。GDNでは、広告のクリック率が上がるとクリック単価が低くなる仕様になっています。

クリック数が多い分、1回あたりのクリック単価を下げてもGoogle側に十分な収益が入るためです。

2.Google広告のシミュレーション機能を活用する

Google広告では、パフォーマンスプランナーと呼ばれる広告費用のシミュレーションツールが提供されています。

パフォーマンスプランナーでは、広告キャンペーンの成果予測や、季節性の傾向に基づく最適化案などを確認することが可能です。

また、目標とするCPA(目標コンバージョン単価)内でどれくらいの成果が見込めるかも予測できます。

シミュレーションの結果をもとにしてCPAの数値を調整すれば、無駄な広告費のカットを行いやすくなり、CPCの抑制にもつながってきます。

3.不要なオーディエンスターゲティングを外す

不要なオーディエンスターゲティングを加えてしまうと、手数料がかさんでしまいます。

クリック単価を抑えるためには、優先度が低いターゲティングは外すようにしましょう。

4.適切な入札単価を設定する

商材に合わせて適切な入札単価を設定することも、クリック単価を抑える上で重要です。入札単価を高く設定しすぎてしまうと、相場より高い金額でも入札が実行されてしまいます。

自社の予算も考慮して、入札単価を設定するようにしましょう。

5.宣伝する商材を見直す

GDNで宣伝したい商材が人気ジャンルである場合、クリック単価はどうしても高くなってしまいます。クリック単価が高くなった結果、トータルの収支が赤字になってしまうケースも少なくありません。

広告費と商品単価のバランスを考慮して、宣伝する商材を選ぶことが肝要です。

 

費用対効果を最大化するならGDNに強みを持つ代理店利用もおすすめ!

費用対効果を最大化するならGDNに強みを持つ代理店利用もおすすめ!

GDNの運用で費用対効果を最大化したい場合は、GDNに強みを持つ広告代理店の利用もおすすめです。ここでは、GDNの運用を代理店に依頼するメリット、代理店の利用がおすすめな人について解説していきます。

GDNの運用を代理店に依頼する3つのメリット

GDNの運用を広告代理店に依頼するメリットとして、下記の3点が挙げられます。

  1. GDNのプロに運用してもらえる
  2. 広告用画像・動画の制作も依頼できる
  3. GDN以外の広告運用も行える

 GDNのプロに運用してもらえる

広告代理店に依頼することで、GDNのプロに運用してもらうことが可能です。GDN運用のポイントやノウハウを踏まえて運用してくれるので、費用対効果の高い広告運用を実現できます。

 広告用画像・動画の制作も依頼できる

広告用画像・動画も合わせて制作してくれる代理店も多く存在します。クリック数やコンバージョン数の上昇には、質の高い画像・動画が不可欠になります。

広告代理店は、どのような画像・動画がユーザーの興味を惹きつけるか熟知しているので、安心して制作を依頼することが可能です。

 GDN以外の広告運用も行える

多くの広告代理店は、GDN以外のWeb広告運用代行も提供しています。リスティング広告やFacebook広告、Instagram広告など、幅広くWeb広告運用を行うことが可能です。

代理店の利用はこんな人に特におすすめ!

広告代理店の利用は、本業を回しつつGDNの運用も平行して行いたい人におすすめです。中小企業やスタートアップ企業の場合、GDN運用に時間を割けないケースも少なくありません。

仮に時間を割けたとしても、人員をGDN運用に動員する必要があります。広告代理店に依頼すれば、本業にかける時間・人員リソースを消費せずにGDN運用を行うことが可能です。

自社で新たにWeb広告運用の人材を雇う必要もありません。

 

GDNの運用を代理店に依頼する際の費用

次に、GDNの運用を代理店に依頼する際の費用構造、費用相場、手数料を抑えるポイントについて確認していきましょう。

広告代理店を利用してGDNを運用する場合の費用の構造

広告代理店にGDNの運用を依頼する場合、一般的に費用構造は初期費用運用代行費用で構成されます。運用代行費用とは別に、広告用画像・動画の制作費用が設けられているケースもあります。

広告代理店を利用してGDNを運用する場合の費用の相場

広告代理店を利用してGDNを運用する場合、初期費用の相場が「1万円~3万円」、運用代行費用の相場が「広告費の20%」となります。

広告代理店の中には、初期費用を無料としているところもあるので、依頼前に確認するようにしてください。

代理店を利用する場合に手数料を抑えるポイント

広告代理店を利用する場合に手数料を抑えるポイントとして、「別の代理店の利用も検討している」旨を伝えることが挙げられます。

代理店としては、競合他社に顧客を取られてしまうのは避けたいのが本音です。別代理店の利用を示唆すれば、初期費用の減額などに応じてくれるケースもあります。

実際に、別代理店で出してもらった見積もりを提示することも有効です。

 

費用を抑えたGDN運用が実現できるおすすめ代理店3選

次に、費用を抑えたGDN運用が実現できるおすすめの広告代理店を厳選して3社紹介していきます。

株式会社リンクル

引用元:https://rincrew.jp/service/listing/gdn/

株式会社リンクルは、東京都新宿区に本社を構える広告代理店です。GDNやYDNなどのディスプレイ広告をはじめ、幅広い広告媒体で運用サービスを提供しています。

こんな方におすすめ

株式会社リンクルは、Googleから広告運用力を評価されており、創業以来連続で表彰を受けています。裏付けされた運用力のある代理店に依頼した方に、リンクルはおすすめです。

 株式会社リンクルの強み

株式会社リンクルの強みとして、クライアントに合わせた配信手法のカスタマイズを行ってくれる点が挙げられます。

ブランディング、ダイレクトレスポンスなど各種運用目的に応じたGDN運用を実現してくれる点、リンクルの強みです。

株式会社リンクルの概要

  • 料金体系:運用代行費用 広告費の20%
  • 対応可能な媒体:Google広告、Yahoo!広告、Facebook広告、Twitter広告など
  • 会社名:株式会社リンクル
  • 本社所在地:東京都新宿区神楽坂2-17 中央ビル6F
  • URL:https://rincrew.jp

杉山メディアサポート株式会社

引用元:https://www.sugiyama-ms.co.jp/service/web_attract/display/

杉山メディアサポート株式会社は、静岡県浜松市に本社を置く広告代理店です。GDN、YDN、リスティング広告、Twitter広告の運用代行をメインにサービスを提供しています。

こんな方におすすめ

杉山メディアサポート株式会社は、広告で使用するバナー画像の制作も行ってくれます。商品に合わせたバナー画像の制作を併せて依頼したい方に、おすすめの広告代理店です。

 杉山メディアサポート株式会社の強み

杉山メディアサポート株式会社の強みとして、折込広告やダイレクトメールの作成まで対応している点が挙げられます。

折込広告・ダイレクトメールを併せて活用することで、より広範に集客することが可能です。

杉山メディアサポート株式会社の概要

  • 料金体系:運用代行費用 月額5万円~/バナー制作費1点あたり7,000円
  • 対応可能な媒体:Google広告、Yahoo!広告、Twitter広告、YouTube TrueView広告
  • 会社名:杉山メディアサポート株式会社
  • 本社所在地:静岡県浜松市東区丸塚町196-1
  • URL:https://www.sugiyama-ms.co.jp/

株式会社DCT

引用元:https://www.dctweb.jp/

株式会社DCTは、東京都渋谷区に本社を置く広告代理店です。GDN、YDNをはじめとしたディスプレイ広告、Facebook広告の運用代行を中心に請け負ってくれます。

こんな方におすすめ

株式会社DCTは、GDNのターゲット設定から実際の運用計画、広告設定まで広告運用のフローをすべて代行してくれます。

GDNの運用を全面的に任せたい方に、おすすめの広告代理店です。

 株式会社DCTの強み

株式会社DCTの強みとして、広告の流入先となるWebサイト制作まで対応している点が挙げられます。流入先のWebサイトが充実していないと、せっかく広告で集客しても売上アップにつながりにくいです。

DCTであれば、商材・サービスに合わせた最適なWebサイトを制作してくれます。

株式会社DCTの概要

  • 料金体系:初期費用50,000円/広告管理費:20,000円(広告費が10万円以下の場合)、広告費の20%(広告費が10万円以上の場合)
  • 対応可能な媒体:Google広告、Yahoo!広告、Facebook広告
  • 会社名:株式会社DCT
  • 本社所在地:東京都渋谷区代々木1-45-6 豊田ビル2F
  • URL:https://www.dctweb.jp/
※参考:GDN運用代行に強みを持つ広告代理店について詳しく解説した記事はこちら
関連記事

GDNは、潜在的な顧客にアプローチしやすい「ディスプレイ広告」を配信するネットワークです。高いコンバージョンを得ることはもちろん、自社製品やサービスの認知度を広めるのにも役立ちます。 ただし、ターゲティングの設定など構成要素が多く運用[…]

GDN広告運用代行おすすめ代理店

 

GDNの広告効果検証におすすめのツール

GDNを運用する際は、広告効果を検証することが肝要です広告効果の検証によって、課題の抽出や目標値の設定が行いやすくなります。

ただ、人手不足の企業だとGDNの広告効果検証を行う余裕がないかもしれません。そこでおすすめしたいのが、Databeat Exploreです。

Databeat Explore

Databeat Explore
Databeat Exploreを活用することで、GDNの広告運用データを自動で収集し、レポートを作成することができます。手作業で情報を収集したり、データを入力する必要がないので、広告運用担当者の負担を軽減することが可能です。

GDN運用における「Databeat Explore」の3つの活用ポイント

GDN運用におけるDatabeat Exploreの活用ポイントとして、下記の3点が挙げられます。

  1. GDNの運用レポートを自動で作成できる
  2. GDNの広告データを必要な場所にフィード可能
  3. 抽出データは常に最新の状態で保持される

 GDNの運用レポートを自動で作成できる

Databeat Exploreを活用することで、GDNの運用レポートを自動で作成できます。

運用データを数値やグラフで可視化して、視覚的にすぐに広告効果を確認することができる点、Databeat Exploreのメリットです。

 GDNの広告データを必要な場所にフィード可能

Databeat Exploreで取得したGDNの運用データは、Googleアナリティクスなどの外部ツールに出力することが可能です。

データ抽出はDatabeat Exploreで行い、データ分析は使い慣れたツールで行うといった使い方もできます。

 抽出データは常に最新の状態で保持される

Databeat Exploreで抽出したデータは、常に最新の状態で保持されます。データ掲載元のページにアクセスして、データ更新をかける必要もありません。

最新のGDN運用データをチェックできるので、古いデータを誤って使う心配もなくなります。

 

まとめ

GDNの平均クリック単価は「50円~200円」ほどになります。リスティング広告の平均クリック単価と比べると、GDNのクリック単価の方が低いです。

ただ、GDNのクリック単価は扱う商材・サービスによって変動するので注意しなければなりません。GDNの運用を行いながら、クリック単価の変遷をチェックしていくことは必須です。

GDNのクリック単価や広告効果を分析する際は、記事の最後に紹介したDatabeat Exploreの利用がおすすめになります。

Databeat Exploreは2週間無料で試すことが可能です。GDNの運用を行っていく方は、これを機にぜひDatabeat Exploreも利用してみてください。

広告レポート作成を自動化しませんか?

 

Databeat Explore_CTA

「広告データの集計に時間を取られている」
「アクセス解析と広告データを同時に集計したい」
「Looker Studio(旧Googleデータポータル)を使ってレポート作成工数や手動によるミスを削減したい」

このような課題は、Databeat Exploreで解決できます。

Databeat Exploreとは、自動で収集した広告データをオリジナルフォーマットでレポート化する、広告レポート作成自動化ツールです。

  • 導入にエンジニアスキルは不要
  • 国内最多の36サービスと連携が可能
  • 無料BIツールLooker Studio(旧Googleデータポータル)でレポート作成を自動化できる

詳しくは以下のリンクよりサービスサイトをご覧ください。

GDNのクリック単価(CPC)を詳しく解説!平均単価や費用相場、高騰する原因、費用を抑える方法などをご紹介
最新情報をチェックしよう!
>広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

Databeat Exploreは、WEB広告データの見える化を実現するサービスです。
様々な広告データを抽出・統合・一元化し、見たいデータを見たい時に見たい場所で見ることができます。

CTR IMG