リターゲティング広告の費用がまるわかり!課金形態から代理店手数料まで詳しく解説

リターゲティング広告の費用がまるわかり!課金形態から代理店手数料まで詳しく解説

インターネット上で、ユーザーに対し同じ広告を繰り返し表示させることが可能なリターゲティング広告は、リスティング広告やディスプレイ広告、SNS広告など多くのWEB広告の中でも特に効果が高いものとして多く利用されています。

費用対効果の高いと評価されるリターゲティング広告の導入をご検討されている方に向けて、本記事では、リターゲティング広告の「費用」や「料金」にフォーカスをして解説していきます。本記事を是非リターゲティング広告の利用検討の材料にしてみてください。

目次

まずは押さえておきたいリターゲティング広告の基本

はじめに、リターゲティング広告の基本的な情報を確認していきましょう。

リターゲティング広告とは?

リターゲティング広告について

引用元:Yahoo!広告ヘルプ

リターゲティング広告とは、ユーザーが一度訪れたLPや商品の広告を後日配信することで、購入や申し込みを目的とする広告配信です。インターネット上では、およそ9割以上のユーザーが、商品やサービスの申し込みのために訪れたサイトから一度離脱すると言われています。

購入前に他の商品と比較したい、サービスの口コミを調べてみたいなど理由はさまざまですが、このようなユーザーはすでに商品やサービスを認知しているため、リターゲティング広告で訴求すると、非常にコンバージョン率が高いということがわかっています。

リターゲティング広告が効果を発揮するシーン

リターゲティング広告は、主にコンバージョンをピンポイントで狙うことが目的の広告です。よって、費用対効果の高い広告運用を目指したい場合に効果を発揮します。

多くのWEB広告では、ユーザーの検索キーワードや興味関心などでターゲットを絞り込み、購買意欲が高そうなユーザー層に対して広告を配信します。しかし、必ずしもユーザーが商品に興味を持つとも限らず、そもそもその商品を知らないユーザーが多いという状況が想定できます。

しかし、リターゲティング広告の場合はすでにLPを訪れたことがあるユーザーなので、商品について知識があり、なんらかの理由で購入を迷っている、あるいは忘れているといった状態になります。

こうした状態のユーザーへ広告を配信すると、商品に無知なユーザーへ配信する広告に比べ、コンバージョンする確率が高くなるのです。

 

リターゲティング広告の掲載費用を課金方式と共に詳しく解説

リターゲティング広告の掲載費用を課金形態と共に詳しく解説

次に、リターゲティング広告の掲載費用と課金形態など、掲載費用に関する詳細を解説していきます。代理店へ依頼を検討する場合、どのような費用がどれくらい必要なのかも理解した上で検討しましょう。

リターゲティング広告の掲載費用相場

リターゲティング広告の掲載費用は、予算規模に合わせてコントロールが可能です。1日あたりの消化金額の上限を設定できますので、想定している以上に広告費を消化してしまうといったことはありません。

WEB広告の費用相場は、一般的に月間で20~50万円程度となりますが、リターゲティング広告の場合はターゲットが「過去にLPを訪問したことがあるユーザー」となるため、母数はLPによって大きく異なります。

ただし、GDNのコンテンツターゲットやYDNのサーチターゲティングによって配信した場合は、ターゲットユーザーの母数が増えるため広告費をどこまで使うかも考えなくてはなりません。

リターゲティング広告の課金方式の種類

リターゲティング広告には、2種類の課金方式があります。

クリック課金

クリック課金(CPC課金)は、広告がクリックされない限り課金となりません。広告に興味を持たないユーザーに課金が発生する可能性が低く、費用対効果が高い特徴があります。

インプレッション課金

インプレッション課金(CPM課金)は、広告が1,000回表示されるごとに課金される方式です。クリックされなくても広告が表示されるだけで課金となりますが、クリック率が高い場合には、インプレッション課金の方がコストパフォーマンスが良い傾向があります。

クリックの課金方式の場合のリターゲティング広告費用相場

リターゲティング広告をクリック課金方式で掲載した場合、1クリックあたりの単価はおよそ数十円程度となります。ただし、クリック単価は出稿する広告や競合などによってさらに高くなる場合もあります。

インプレッション課金方式の場合のリターゲティング広告費用相場

リターゲティング広告をインプレッション課金方式で掲載した場合、1,000回表示あたり数十円~数百円程度の費用がかかります。クリック課金に比べ多くのユーザーに広告を表示できますが、クリック率が低いと費用対効果が悪くなる場合もあります。

 

リターゲティング広告の種類と費用感

リターゲティング広告の種類別に、特徴と費用感をまとめてみましたのでご覧ください。

リターゲティング広告の種類と費用感まとめ

広告種別 特徴 費用感
GDN(Google広告) ライブドア・食べログなどのパートナーサイトへ掲載可能
  • 50~100円/クリック
  • 10~500円/1,000インプレッション
YDN(Yahoo!広告) パートナーサイトやYahoo!関連サイトへ掲載可能
  • 50~100円/クリック
  • 10~500円/1,000インプレッション
Facebook広告 Facebookの情報を元にした詳細なターゲティングが可能
  • 1,000円/日~
Instagram広告 若年層や女性ユーザーに強い
  • 1,000円/日~
LINE広告 アクティブユーザーが多い
  • 24円/クリック~
  • 400円/インプレッション~

どの媒体もリターゲティング広告を出稿できるという点は共通しています。しかし、媒体ごとにユーザー層に違いがあったり、ターゲティング方法が異なるなど特徴があるので、商材との相性によって選択するのがおすすめです。

広告予算に余裕があれば、すべての媒体を利用することでより多くのユーザーにアプローチできますが、費用対効果を考えた場合、まずはもっとも相性が良いと思われる媒体からスタートさせ、徐々に広げていく方が良いでしょう。

GDN(Google広告)

GDN_LIVEDOOR

引用元:ライブドアニュース

GDN(Googleディスプレイネットワーク)は、YouTubeやライブドア、朝日新聞デジタルなどGoogleの提携先へ広告を配信可能なディスプレイ広告です。

 GDNのリターゲティング広告の特徴

GDNで配信するリターゲティング広告は、正式名称を「リマーケティング広告」と呼びます。YDNに比べ広告出稿できる画像サイズが豊富であることや、コンテンツターゲットと言って、設定したキーワードに関連したサイトへ広告を配信できるなどの特徴があります。

 GDNのリターゲティング広告の費用

GDNのリターゲティング広告には、クリック課金とインプレッション課金があります。クリック課金の場合の相場は1クリックあたり50~100円ほど、インプレッション課金の場合の相場は1,000回表示ごとに10~500円ほどとなっています。

YDN(Yahoo!広告)

YDN_Yahoo!

引用元:Yahoo!

YDN(Yahoo!ディスプレイアドネットワーク)は、Yahoo!ニュースやYahoo!天気などYahoo!が提供するサービスサイトや、その他提携先へ広告を配信可能なディスプレイ広告です。

 YDNのリターゲティング広告の特徴

YDNは、ユーザーが検索したことがあるキーワードを指定して広告を配信する「サーチターゲティング」や、ユーザーの閲覧履歴を元に広告を配信する「インタレストマッチ」など、ターゲティング方法に特徴があります。

 YDNのリターゲティング広告の費用

YDNの課金方式は、GDNと同じくクリック課金とインプレッション課金があります。それぞれの相場はクリック課金が「50~100円/クリック」、インプレッション課金が「10~500円/1,000回表示」となっています。

Facebook広告

Facebook広告画像

引用元:Facebook

Facebook広告は、Facebookアプリやブラウザ上のタイムライン、広告枠などに配信できる広告です。Facebookは基本的に実名制のため、精度の高いターゲティングが可能です。

 Facebookのリターゲティング広告の特徴

Facebookのリターゲティング広告は、カスタムオーディエンスのウェブサイトトラフィックを利用します。最長180日までのターゲティングが可能となり、さらにサイトの滞在時間による絞り込みができるといった特徴があります。

 Facebookのリターゲティング広告の費用

Facebook広告では、クリック課金とインプレッション課金のほか、ThruPlay(動画再生)による課金方式が利用できます。1クリックあたり100円程度が相場となっており、月間50,000円前後からスタートするのがおすすめです。

※参考:Facebook広告に関して更に詳しく解説している記事はこちら

関連記事

Facebook広告の運用を自社で行えない際に活用してもらいたいのが「Facebook広告運用代行」です。Facebook広告の運用代行を利用すれば、自社に広告部署がなくても広告運用が可能になります。 本記事ではFacebook広告の[…]

Facebook広告運用代行おすすめ代理店7選と上手な選び方

Instagram広告

Instagram広告画像

引用元:Instagram

Instagram広告は、Instagramへ配信可能な広告で、Facebook広告からの配信も可能です。写真や動画に特化したアプリで、若年層や女性向け商材に適しています。

 Instagramのリターゲティング広告の特徴

一般ユーザーの投稿と並べても違和感のない広告を配信できるほか、複数の画像を使ったカルーセルや、動画を用いたストーリーズなどが利用できるといった特徴があります。

ターゲティングにはFacebookの情報を活用することも可能です。

 Instagramのリターゲティング広告の費用

Instagram広告は、Facebook広告と同じくクリック課金、インプレッション課金、そしてThruPlay(動画再生)があります。最低100円からの配信が可能で、月間30,000円程度が最初にInstagram広告を始める際の目安となります。

※参考:インスタグラム広告について更に詳しく解説している記事はこちら

関連記事

Instagram広告は、SNSの中でも特に若年層のユーザーを多く抱えている媒体です。リスティング広告などの検索連動型広告とは違ったターゲティングやリーチが獲得できることから、マーケティングに取り入れる企業も増えてきています。 Ins[…]

Instagram広告運用代行おすすめ代理店7選と上手な選び方

LINE広告

LINE広告画像

引用元:LINE

LINE広告は、LINEアプリへ配信できる広告です。他のSNSアプリと比較してもアクティブユーザー数が非常に多いことから、一度に多くのユーザーへの広告配信が可能です。

 LINEのリターゲティング広告の特徴

LINE広告は、タイムラインやLINEマンガ、LINEニュースなど配信面が豊富です。また、LINE公式アカウントの友だちを獲得することを目的とした配信や、LINEの情報を用いた詳細なターゲティングが特徴です。

 LINEのリターゲティング広告の費用

LINE広告の課金方式は、クリック課金とインプレッション課金、そしてLINE公式アカウントの友だち登録されたタイミングで課金となる「友だち追加課金型」があります。

クリック課金は24円/クリック、インプレッション課金は400円/1,000回表示、友だち追加課金は50円/友だち1名追加、が最低金額となっており、広告の表示はオークション形式なので、競合の価格と調整しながら運用が可能です。

※参考:LINE広告について更に詳しく解説している記事はこちら

関連記事

本記事では、LINE広告出稿ガイドを初心者向けに解説しています。LINE広告はコミニケーションツールのライン上に広告出稿できるサービスです。 多くのユーザーにリーチが可能となるため人気を集めている広告媒体ですが、LINE広告をはじめる[…]

LINE広告出稿入門ガイド!種類、費用などの特徴から各種設定方法までわかりやすく解説

 

自社にマッチするリターゲティング広告の上手な選び方

自社にマッチするリターゲティング広告の上手な選び方

さまざまな媒体で配信可能なリターゲティング広告ですが、自社の商材にマッチした媒体を選ぶ方法をご紹介します。

  1. ターゲットユーザー
  2. 広告配信の目的
  3. 広告費用(費用対効果)

POINT1.ターゲットユーザー

どのようなユーザーをターゲットとするかによって、選ぶ広告媒体は異なります。例えば女性向けの商材や若年層をターゲットとする場合は、Instagram広告が向いており、ビジネス向け商材であれはFacebook広告、より多くのユーザーをターゲットとしたい場合はGDNやYDN、LINE広告などが向いています。

POINT2.広告配信の目的

広告を配信する目的に応じて、適した媒体を選ぶことも重要です。シンプルに商品の購入やサービスの申し込みを目的とする場合もあれば、ブランド認知やリピーター獲得などさまざまな目的があります。

ブランド認知であれば、GDNのコンテンツターゲットやYDNのサーチターゲティング。リピーター獲得や類似商品の購入を目的とする場合は、GDNやInstagram広告のカルーセル広告を利用して、複数の商品を並べるなどの方法もあります。

POINT3.広告費用(費用対効果)

広告配信の目的とやや重複する部分もありますが、広告費用がどのくらい使えるか、費用対効果重視で運用するのかどうかといった点でも、選ぶ媒体が変わります。

限られた広告費の中で、費用対効果の高いリターゲティング広告運用を行うのであれば、LPを訪れたけれど購入に至っていないユーザーをターゲットにしてGDNやYDNを運用する方法があります。

一方、多くのユーザーに広告を配信して商品の認知度を高めたいなどの場合は、GDNやYDNやLINEのインプレッション課金を利用して、配信ボリュームを増やすといった方法が考えられます。

 

リターゲティング広告の運用を代理店に依頼する際の費用

リターゲティング広告は、基本的にコンバージョン率が高く費用対効果も高くなります。しかし、正しい運用が前提なこと、運用に一定のリソースを用意しなくてはならないという点を考慮しなくてはいけません。

仮に運用に関するノウハウを持ってない、あるいは運用にあてるリソースを確保できないといった際は、代理店に運用をお願いする方法があります。

では、運用代行を使った場合の費用構造、そして費用相場を詳しく見てみましょう。

広告代理店を利用してリターゲティング広告を運用する場合の費用の構造

広告代理店に運用代行を委託した場合、支払う費用の構造は以下のようになります。

費用の種類 内容
初期費用 アカウント初期設定等の費用
運用代行手数料 運用代行費用
広告費 広告媒体に支払う費用

の中で、必須となるのは運用代行手数料、広告費の2つです。

まず、広告費は広告を出稿するにあたって必要なもので、一般的に広告主が広告媒体へ支払います。次に運用代行手数料、これは代理店が運用を行うことの対価として支払うものです。

初期費用は、広告代理店が運用代行を始めるにあたってのアカウント初期設定などにかかる費用ですが、代理店ごとに有料の場合と無料(運用代行手数料に含まれる)のケースがあります。

どちらの方が良いと一概には言えませんが、契約前に必ずどのような費用がいくら発生するのか確認しておきましょう。

広告代理店を利用してリターゲティング広告を運用する場合の費用の相場

リターゲティング広告の運用代行を代理店へお願いした場合の費用相場は、以下の通りです。

費用の種類 相場価格
初期費用 0円~50,000円
運用代行手数料 広告費の20%
広告費 実費

初期費用は0円で対応している代理店もありますが、有料の場合は概ね50,000円程度が相場です。

運用代行手数料も代理店により設定が異なりますが、もっとも多いのは広告費の20%です。広告費を使えば使った分だけ、代理店へ支払う運用代行手数料も増えていきます。

広告費は、広告主側の予算に応じて自由に決められます。

 

リターゲティング広告を代理店に依頼する際に手数料を抑える3つのポイント

リターゲティング広告を代理店に依頼する際に手数料を抑える3つのポイント

リターゲティング広告の運用を代理店に依頼すると、自社リソースを使わずに適切な運用を行うことができます。しかし、代理店への手数料が発生するため、コスト面での負担がやや不安でもあります。

そこで、リターゲティング広告を代理店に依頼する際に手数料を抑える3つのポイントをご紹介します。

  1. 手数料の安い代理店に依頼する
  2. コンバージョン率をアップさせる
  3. 最適な配信調整をする

POINT1.手数料の安い代理店に依頼する

リターゲティング広告の運用代行を行う代理店の多くは、広告費の20%を運用代行手数料としています。しかし、中には20%以下や月額固定制の料金体系で運用代行を行っている代理店もあります。

このような安価な料金体系の代理店を利用すれば、手数料を抑えることができます。

POINT2.コンバージョン率をアップさせる

リターゲティング広告はクリック課金、またはインプレッション課金が基本となります。よって、コンバージョン率が低いと広告費がかさみ、運用代行手数料も比例して高くなります。

無駄な手数料を発生させないためには、LPのコンバージョン率を高めることも効果的です。

POINT3.最適な配信調整をする

リターゲティング広告と言っても配信方法はさまざまです。手数料をなるべく抑えた運用を目指すのであれば、費用対効果が高くなるよう購買意欲の高いユーザーをターゲットとして運用するのが望ましいでしょう。

ターゲットの幅を広げすぎると、ユーザーに商品を認知させる効果はありますが、直接のコンバージョンに繋がりにくく、広告費や運用代行手数料共に高騰する恐れがあるので注意が必要です。

 

費用を抑えたリターゲティング広告運用が実現できるおすすめ代理店3選

費用を抑えたリターゲティング広告運用が可能な広告代理店を3社ご紹介します。

株式会社カルテットコミュニケーションズ

株式会社カルテットコミュニケーションズ

引用元:https://quartet-communications.com/

こんな方におすすめ!

  • GoogleやYahoo!の認定代理店に依頼したい
  • 初期費用がかからない代理店に依頼したい

 株式会社カルテットコミュニケーションズの強み

株式会社カルテットコミュニケーションは、リスティング広告からSNS広告、DSP広告まで対応可能な代理店です。

GoogleとYahoo!の認定を受けているので、Google広告とYahoo!広告での確かな運用実績があります。

もちろんリターゲティング広告にも対応可能で、運用は有資格者が担当します。これまでに1,000以上の業種に対応してきているので、あらゆる業種の広告運用を依頼できます。

費用は初期費用無料、広告費が200,000万円以内なら月額30,000円で依頼できます。

株式会社カルテットコミュニケーションズの概要

・料金体系:初期費用0円/月額3万円~(広告費20万円以内)
・対応可能な媒体:Google広告/Yahoo!広告/Facebook広告/Instagram広告/Twitter広告/LINE広告/DSP広告
・会社名:株式会社カルテットコミュニケーションズ
・本社所在地:愛知県名古屋市中区錦2-4-15 ORE錦二丁目ビル11階
・URL:https://quartet-communications.com/

ハイスピード・リスティング

ハイスピード・リスティング

引用元:https://high-speed-listing.com/

こんな方におすすめ!

  • スピーディーに広告運用を開始したい
  • 初期費用がかからない代理店に依頼したい

 ハイスピード・リスティングの強み

ハイスピード・リスティングは、リスティング広告・ディスプレイ広告・SNS広告の運用が可能な代理店です。

月間の広告費が200,000円以上だと運用代行手数料が広告費の10%、さらに広告費1,000,000円以上で3ヵ月契約だと2カ月間手数料が無料となるなど、格安で依頼できるのが強みとなります。

格安料金ではありますが、キャンペーン数や広告グループ、キーワードなどに制限はありませんので、一般的な代理店と同様のサービスを提供しています。

リターゲティング広告などのWEB広告運用以外に、WEBサイト制作などにも対応可能です。また、最短2日で配信開始できるスピーディーな対応もポイントです。

ハイスピード・リスティングの概要

・料金体系:Google広告・Yahoo!広告[初期費用0円/広告費20万円以下の場合定額2万円/広告費20万円以上の場合広告費の10%/広告費100万円以上の場合広告費の10%+手数料2か月無料]

SNS広告[初期費用3万円/広告費20万円以下の場合定額2万円/広告費20万円以上の場合広告費の10%] ・対応可能な媒体:Google広告/Yahoo!広告/Facebook広告/Instagram広告/Twitter広告/LINE広告
・会社名:ハイスピード・リスティング
・本社所在地:東京都世田谷区祖師谷1-3-8
・URL:https://high-speed-listing.com/

株式会社クロスバズ

株式会社クロスバズ

引用元:https://x-buzz.co.jp/

こんな方におすすめ!

  • 手数料が定額制の代理店に依頼したい
  • 契約縛りのない代理店に依頼したい

株式会社クロスバズの強み

株式会社クロスバズは、定額制の手数料で運用代行が依頼できる代理店です。

料金プランは3段階となっており、広告費250,000万円以下は初期費用30,000円+月額25,000円、広告費250,000円~1,000,000円は初期費用50,000円+月額50,000円、広告費1,000,000円~2,000,000円は初期費用70,000円+月額100,000円となります。

仮に広告費300,000円で運用した場合、運用代行手数料は50,000円なので広告費の約16%とリーズナブルな設定です。

媒体はGoogle広告やYahoo!広告をはじめ、各種SNS広告にも対応。契約期間の縛りもなく、契約終了後はアカウント権限の譲渡も可能となっています。

株式会社クロスバズの概要

・料金体系:広告費250,000万円以下は初期費用30,000円+月額25,000円/広告費250,000円~1,000,000円は初期費用50,000円+月額50,000円/広告費1,000,000円~2,000,000円は初期費用70,000円+月額100,000円
・対応可能な媒体:Google広告/Yahoo!広告/Facebook広告/Instagram広告/Twitter広告/LINE広告/YouTube広告
・会社名:株式会社クロスバズ
・本社所在地:東京都港区南青山3-8-40 青山センタービル2F
・URL:https://x-buzz.co.jp/

※参考:リターゲティング広告の代理店特集記事も是非併せてご覧ください。
関連記事

リターゲティング広告は、リスティング広告などを運用する際に、同時に運用することが多い広告手法のひとつです。WEB集客を行う上で、実は非常に重要な役割を果たしているリターゲティング広告。 しかし、自社で運用するとなると、運用経験や知識な[…]

リターゲティング広告運用代行に強みをもつおすすめ代理店7選と上手な選び方

リターゲティング広告の効果測定におすすめのツール

費用を抑えたリターゲティング広告運用を行うには、正確な効果測定が欠かせません。そこで、リターゲティング広告の効果測定におすすめのツールをご紹介します。

リターゲティング広告運用を可視化する「Databeat Explore」

データビートロゴ

Databeat Exploreは、リターゲティング広告運用のデータを簡単に可視化できるツールです。複数の媒体で広告運用を行っている場合も、Databeat Exploreに連携することですべての運用データを一元管理できるので、媒体ごとの管理画面へアクセスすることなく状況を把握できます。

リターゲティング広告運用における「Databeat Explore」の3つの活用ポイント

リターゲティング広告を運用する際に、Databeat Exploreを活用できる3つのポイントをご紹介します。

・広告データを一元管理できる

Databeat Exploreは、すべてのWEB広告のデータを一元管理できます。マーケターは毎日各媒体のデータを集計する必要がありますが、Databeat Exploreを使えばそれらの作業は自動で行われるため、データ集計や更新作業は不要となります。

管理工数が削減できるだけでなく、リターゲティング広告のデータを正確に管理することが容易になります。

・自由なフォーマットで出力できる

Databeat Exploreに集められたデータは、必要に応じて好みのフォーマットで出力できます。Excel、GoogleスプレッドシートやGoogleデータポータル、BIツールなど、形式を選びません。

リターゲティング広告のデータ共有を行う際に、わざわざフォーマットを変更する作業が必要なくなります。

・データの可視化工数を削減できる

リターゲティング広告で利用している広告媒体のデータは、Databeat Explore内ですべて閲覧できます。媒体ごとに異なる粒度のデータも、分析や比較しやすいよう整えられていますので、マーケターはDatabeat Exploreを開くだけで、現状の把握から分析まで迅速に行うことが可能となります。

まとめ

リターゲティング広告は、ユーザーの行動履歴を元にターゲティングを行った上で配信できる、費用対効果の高い広告手法です。

クリック課金やインプレッション課金がメインとなっており、広告配信の目的に応じて最適な媒体を利用することで、広告の効果を最大限に発揮できます。

また、費用を抑えたリターゲティング広告運用を目指す場合は、代理店選びやLPのCVR、配信方法の調整などがポイントとなります。

最適なリターゲティング広告の運用を行う上で、広告の効果測定はとても重要な部分となりますので、Databeat Exploreのようなツールを導入して、工数削減と正しい分析方法を取り入れることもおすすめです。

Googleデータポータルを活用して分析業務を効率化するツール
DatabeatExplore

こんな方にオススメ

・広告数字の集計が大変

GAと広告数字を同時に集計したい

・人力レポートではミスが発生する

Googleデータポータルを活用したい

リターゲティング広告の費用がまるわかり!課金形態から代理店手数料まで詳しく解説
最新情報をチェックしよう!
>広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

広告データ可視化ツール「Databeat Explore」

Databeat Exploreは、WEB広告データの見える化を実現するサービスです。
様々な広告データを抽出・統合・一元化し、見たいデータを見たい時に見たい場所で見ることができます。

CTR IMG